エレショップblog

半導体・センサー・マイコン・電子工作キットほか、各種電子部品の専門店「共立エレショップ」から主に電子工作の関連情報をお届けします。 http://eleshop.jp/

カテゴリ: ハンダ付け必須/非マイコン系

記事担当:共立プロダクツ
ハンダ付け必要-マイコン系


人を検知するセンサと言えば「人感センサ(焦電型赤外線センサ)」が定番で、
お手軽に使えるセンサーですが静止している人体は検知できません
人感センサ

センサの原理が温度変化が生じたことを検知する構造になっているのでしかたないのですが、
トイレや机で、じっと座っている人を検知したいときなど用途によっては
静止した熱源を検知したいときがあります。

そこで、熱源が動かないなら、受光側を動かせば(受光状態の変化)反応するのでは?
ということでセンサー前面に遮光板を付けた「ソーラースイング」を設置し実験してみました。
ソーラースイング


センサーの前方を一旦遮ることで、熱源からの赤外線の受光状態が変化するため
結果的に熱源が動いた状態と同じになり人体(熱源)が静止していても反応するのではという理屈です。

 検知時(遮光板の温度/手の温度 交互に検知することにより変化を検出)
未検知時(遮光板の温度/空間の温度(何もないとき) ほぼ同じなので変化は、ほとんどなし)


※撮影者自身や、撮影台の光源(蛍光灯が熱くなる)を検知しないように後ろ側から撮影しています。

装置は検知をわかりやすくするため、検知時に赤LEDが点灯するようにしています。
手をセンサーの前にかざすと遮光板に同期して赤LEDが点滅しているのが動画からわかると思います。

結果としては、この方法の場合、検知感度が高くなりすぎ、正面以外の反射光や小さな熱源にも反応したりするので使い心地は微妙でした。
遮光板の遮り方を少しにする、リムーバーの動きを小さくする(太陽電池に当たる光を少なくする)
など遮光量で感度調整するなど実用にするには改良が必要そうですが、
興味のある方はぜひ試して見てください。

あと、照明(赤外線を多く含む)のON/OFF、
センサー前方に固定された熱源(高温になる電気製品)があると
誤検知する可能性があるので設置方向に注意が必要です。

またフレネルレンズの影響で遠方になるほど不感スポットが大きくなるので
その点にも注意してください。
検知範囲はメーカーのデータシートなどで確認してください。


今回使用した部材はこちら
・ソーラースイング【組立完成品】YUR-A3B ¥733 (2022.11.24現在)

ユニバーサル基板 50×70mm SDF-0507S ¥173 (2022.11.24現在)

焦電型赤外線センサPaPIRs EKMB1101112 ¥1,666 (2022.11.24現在)
※その他 EKMBxxxxxx,AMNxxxxxなどのシリーズでも使用可能です


--- 検知モニタ用 の部品 ---
・φ3mm LED 赤色 L-314ED ×1

・カーボン抵抗 1/4W 5% 100kΩ ×2

・カーボン抵抗 1/4W 5% 1.5kΩ ×1

・NPN型 小信号用トランジスタ ×1
 2SC1815L-GR-T92-K

・2.54mmピッチ L型ヘッダーピン 9P ×1
 JS-1110-09
※外部接続用に3Pのみ使用

・電解コンデンサ 50V 10μF ×1
 UVR1H100MDD

・両面テープまたはセロハンテープ
※基板貼り付け用 15×50mm程

・厚紙
※遮光板 10×40mm
※セロハンテープ少量




(記事:K)
更新予定:毎週木曜日(次回は12月1日です!) 

記事担当:共立プロダクツ
ハンダ付け必要-非マイコン系


ハンダ付けひよってるやついる?
はい、言ってみたかっただけです。



Halloweenが終わりました。
皆さん仮装されましたでしょうか?
ブログのグッズは参考にして頂けましたでしょうか?

今回はさらに入門しやすいキットを使い次のイベント「クリスマス」に向けた
プレゼントBOXを作ってみようと思います。

ジングルベルが流れるICオルゴールキットです。

wk66txxa

こちらブザー、IC、コンデンサ、電池ボックス、基板と大変シンプルな
キットになっています。
キットの写真

入門者にも何か作ってみたい方にもお勧めできる商品になります。

ではさっそく作りましょう。
WK66T-0A-mario-2

基本通り基板につけた時に安定する背の低い物からつけます。
抵抗もダイオードもないので今回はコンデンサ→IC→ブザーの順ですね
なるべく基板を安定させて横に向けましょう。
WK66T-0A-mario-3WK66T-0A-mario-4


電子部品は基本的に足の長いほうがプラスです。
※例外がございましたら申し訳ございません。私の知識不足です。
WK66T-0A-mario-5

ハンダの基本綺麗に掃除されたこて先でハンダ付けをすることです。
WK66T-0A-mario-6

中断する時はハンダのこて先は300度以上にもなりますので絶対に触らない、人に向けない
電源が入ってるかわからない場合は、こて先を触るのではなく電源コードがコンセントから
抜けているか、そのうえでまだ熱いか確認する場合は、こて台に置いてる掃除用のスポンジにつけて
みましょう。水が蒸発すれば100度以上の熱をまだもった状態ということです。
※スポンジには水を染込ませておいてください。
WK66T-0A-mario-7


基板の穴とICの足の幅が合いませんね。
WK66T-0A-mario-8

適度な力で引っ張ってください。
入れる方向は基板のマークと型を合わしてください
WK66T-0A-mario-9

ブザーも切り込みを基板の形と合わせてください。
WK66T-0A-mario-10

電池のケーブルもつけましょう。
※ほとんどの場合は赤がプラス、黒はマイナスでできている製品が多いですが、
一部製品では逆になっていたり、赤と黒以外の配線の場合もありますのでキットを作る場合は
毎回ちゃんと説明書を確認してください
WK66T-0A-mario-11

これでメロディーが鳴ることを確認できました。
WK66T-0A-mario-12

次はここから電池ボックスのケーブルを切ってしまいます。
※勿体ないので、配線をお持ちの方はお持ちの配線をお使いください。
予備の配線をお持ちでない方前提で進めております。
WK66T-0A-mario-13

切った配線の先端部分の被膜を剥きます。
WK66T-0A-mario-14

このような工具(★「細線用ワイヤーストリッパ[RoHS] / PA-06」)がない場合、ニッパーやカッターでする方法もありますが、危険ですので
自己責任でお願いします。

剥いた線にハンダをつけます。
※このことを予備ハンダといいます。
WK66T-0A-mario-15WK66T-0A-mario-16

ここで今回の目玉の1つソーラーパネル(★「アモルファス太陽電池 / SC1025IDS」)を使います。
このパネルの裏面にも予備ハンダをつけます
WK66T-0A-mario-17

パネルと配線をつければソーラー仕様のICオルゴールの完成です。
WK66T-0A-mario-18


この仕様にすると暗い場所では綺麗に音楽が流れません。
明るい場所でしか音楽は流れません。


その性質を利用して、箱に入れてみました。
入れる箱によっては光が入らず綺麗にならないことがあるので箱を合わせるか
ソーラー部分を光の当たりやすい場所に設置してください。

WK66T-0A-mario-19

今回の作り方では電源オフスイッチはありませんので、音を止めるときは
ソーラー部分を暗い場所に隠す、机や床面に向ける等で止めてください。




オルゴール付きの箱やメッセージカードは既存の製品で販売されていますが、自分で作ってみるのはどうでしょうか?

まりおでした。


担当:まりお(元みっきー)

更新予定:毎週木曜日(次回は11月17日です!) 

記事担当:
ハンダ付け必要-非マイコン系

先日テレビで『防災特集』を見る機会が何度かありまして。
その中で気になったのは、スマホのライトの上に水を入れたペットボトルを置いて簡易ランタンにしている場面。
確かに急な停電時、一番近くにある光源と言えばスマホですから、それを照明にするのは当然の成り行き。
しかしスマホと言えば今やライフラインのようなもので、できれば電力は温存しておきたいところ。

と言う訳で本日は。
LED1個で簡単なペットボトルLEDランタンを作ってみようと思います。

用意したのはこちらの部品。
LEDを照明にする最小限の部品構成
ペットボトルを乗せるので大きめのユニバーサル基板★UP-202と、5φ白色LED★OSW5DK5111A単3×2本の電池BOXBH321-1A電源ON/OFF用の小型スライドスイッチ★SS12D00G3の以上4点。
配線材すら用意しない最小構成のLED点灯基板を作ります

しかしLEDを光らせただけではペットボトルLEDランタンにはなりません。
LEDの上にペットボトルは乗せられませんからね。
なので、こんなものを用意しました。
今回の肝になるアクリル板
はい、レーザーカッターでカットしたアクリル板です。
100mm角のアクリル板に、ネジ穴とφ75mmの丸穴を開けました。
このφ75mmの丸い板にペットボトルを乗せ、丸穴の空いた四角い板はペットボトルが滑り落ちるのを防ぐ支えにしようと、そういった次第です。
ネジ穴以外無駄にならないエコな設計
「レーザーカッターなんて家にないよ!」
と言う声も聞こえてきそうですが、最近はレーザーカッターを備えたFABスペースが各地にできているので、そういうところを利用するのが良いんじゃないかと。
レーザーカッター以外にもいろんな工具や工作機械があるので、ものづくりの幅がグンと広がりますよ。

京阪沿線にお住まいのおけいはんには、枚方は光善寺駅近くにある「TAKE LABO (テイク・ラボ)」がオススメです。(宣伝)


と言う訳で、早速工作を始めましょう。

まずはユニバーサル基板にネジを取り付けるための穴を開けます。
基板の上に丸板を乗せますからね。
そのためのネジ穴です。

最初に外板と基板を重ねます。
基板のネジ穴に合わせて固定する
外板に開けたネジ穴はあらかじめ基板の四隅のネジ穴と重なるように開けています。
穴同士を重ねれば組み上がった際ズレずに底板を取り付けることができます。
この状態で底板をはめて、ネジ穴の位置をマーキングします。
丸型アクリル板用のネジ穴位置を基板にマーキング
こんな感じ。

次に電池BOX用のネジ穴をマーキングします。
電池ボックスは真ん中に配置する
電池BOXは裏側にネジ止めします。
バランスを考えて基板の真ん中に配置。
ネジを取り付ける穴をマジックでマーキングします。
電池BOXのネジ穴もマーキング完了
こんな感じ。

コレで基板の下準備は完了。
後はドリルやピンバイスで穴を開ければOK。
ピンバイス等で穴を開けて準備完了
今回はM3のネジを通すのでφ3.5mmの穴を開けました。

ではいよいよ部品をハンダ付けしていきましょう。
まずはLEDから。
ど真ん中にLEDを取り付ける
もちろんLEDはど真ん中に配置
四隅にスペーサーを付けたのは裏返してはんだ付けする時にガタガタしないように。
こうすると基板が動かないので楽にハンダ付けができます。

LEDは裏側で足を目いっぱいに広げてハンダ付け。
LEDの足も最大限利用する
今回はリード線を用意していないので、部品同士の接続にLEDの足もフル活用します。

次にスイッチの取付
ブレッドボードにも使えるくらい足が長くて小型。何より安い!と言う事でチョイス。
定格は低めですが、LED1個光らせる程度なら問題ありません。

このスイッチを、操作しやすいように横向きにします。
足が長いので折り曲げても基板にハンダ付けできる
ええ、無理やりグイッと足を曲げただけです。
褒められた方法ではありませんが、今回はコレで十分。
このSS12D00G3は足を曲げても基板にハンダ付けできるくらい足が長いのでほんとに使いやすい。
と言う訳でこのスイッチを基板の端っこに取り付けます。
スイッチは基板の端に配置
基板の上にはアクリル板が乗りますから、端っこで横向きにしないと操作しづらいですからね。

スイッチを固定したら、LEDとつなぎます
配線材を使わずに配線
LEDの足がちょっと足りなかったのでハンダでつなぎました。
このスライドスイッチは真ん中の端子を起点に左右の端子でON-ONの動作をします。
今回はLEDの真横に有った端の端子に接続しました。
この場合、真ん中の端子に電池BOXを繋げば回路になります。
LEDの足を真ん中の端子に接続した場合は、どちらか端の端子に電池BOXを繋げばOkです。

では最後に電池BOXを取り付けます。
電池BOXは基板に固定してから配線をハンダ付けします。
固定してからの方がハンダ付けしやすい

電池BOXを固定したほうが配線の長さを調節しやすいですし、配線の固定も楽になりますから。

と言う訳で配線完了。
+側はもうちょっとスッキリさせれたなぁと後悔
マイナス側の配線はスイッチと逆の方向に出ているLEDの足につなぎます。
プラス側の配線はスイッチの真ん中の端子につなぐのですが、LEDをの足をまたぐ形になってしまい、綺麗にできなかったとちょっと後悔。
電池BOXの方向とか、LEDの方向とか、スイッチの位置とか、ちょっと工夫するだけでスッキリ配線できたんですが。

そんなこんなで基板が完成しました。
早速電池を入れて点灯実験をしてみましょう。
電池を入れて準備完了!
電池を入れるときはスイッチをOFFにしておきましょうね。
スイッチがOFFの時~

では、スイッチON!
スイッチョンでビカー!!
無事に点灯しました。

なお、今回は乾電池2本(3V)で白色LED(順電圧3V)を点灯させるため、抵抗等は挟んでいません
ホントなら何か入れたほうが安全なんですけど、大した工作でもないので省略してます。
もし赤色とか電圧が3V未満で点灯するLEDを使用する場合は、適切な電圧になるように抵抗等入れてくださいね。

と言う訳で、基板も完成したのでアクリル板を取り付けていきましょう。

まずはペットボトルを乗せる底板から。
まずは底板を取付け
すでに取付けてある、長さ10mmのスペーサー★SJA-310に底板をネジで止めます。
今回は見た目がきれいなのでポリカーボネートビス★PC-B36-10を使用しました。

次に外板用のスペーサーと足を取り付けます。
支え板の支柱を取り付け
足は雄ネジの付いた20mmのスペーサー★SJB-320を使用。
それを基板のネジ穴に通して35mmのスペーサー★SJA-335で止めます。
外板用のスペーサーを長めにしたのは、底板との高低差がある方がペットボトルが倒れにくいかと思ったからです。
外板の高さはお好みで調整してくださいませ。

最後に外板をネジ止めしたら完成です。
支え板を取り付けて完成
うん、思ったよりもいい感じ。
ちなみに真横から見るとこんな感じ。
横から見るとこんな階層構造になってる

ではペットボトルをおいてみましょうか。
500mlの水乗っけても割りと安定してる
結構安定してます。
スイッチが小さすぎた気もしますが、コレはコレで目立たなくていい感じ。操作性も良好。

底板のネジも上手いこと避けてる 収まりもいい感じ
底板のネジもペットボトルに当たらずうまくかわせてます。
ペットボトルも安定して設置できてます。
思いつきで作ったわりには大成功。

最後に、どれくらい明るいか暗い部屋で点灯させてみました。
まずはペットボトルなしの状態
ペットボトルなしの状態でも十分明るい
この状態でも部屋の中がぼんやり明るくなりますが、LEDの直光が目に痛いですね。

では水を入れたペットボトルを乗せてみましょう
ペットボトルが有ると光が拡散するので周囲が明るくなる
いい感じに光が拡散されて部屋の中が優しい光に包まれました。
この水にキャップ半分の牛乳やサラダ油を混ぜると、油分が光を拡散して更にいい感じになるんだとか。機会があれば試してみたいですね。

こんな感じでペットボトルを照らしてる

と言う訳で、停電時の非常用照明にと思って作ったペットボトルLEDランタン。
材料費はアクリル板抜きで約1000円。まぁほとんどスペーサー代なんですけど。
そういった意味ではガワさえ工夫すればもっと安価に製作ができそうですね。


みなさんも是非、作ってみてくださいね♪

ちなみに今回作ったペットボトルLEDランタン。
アクリル板も含めてキット化しようかと考えております。
もし興味がある、発売になったら買って作ってみたいという方は↓の拍手ボタンをクリックしてくださいませ。
そのひとポチがやる気に繋がりますので。

(記事:伊東)
更新予定:毎週木曜日(次回は10月20日です!) 

記事担当:
ハンダ付け必須非マイコン系


電工女子会のぐっちです。

私たちの代表的な電子工作企画(キット)と言えば!

①
そうです!『おしゃべり宇宙人』ですーーー!!

②
シリコンハウス店頭で絶賛販売中ではあるのですが、
何かと制約のあるご時世ゆえ、社外でのイベント等で多くの方々にお目見えする機会はめっきり減っておりました。

③
ですが、彼(彼女)の名前は『おしゃべり宇宙人』。
おしゃべりで、人とお話するのが大好物!!

④
いつまでも沈黙していられるはずもなく、ついにシリコンハウス店外に出ちゃったー!

⑥
ガジェットベンダー。。。

⑦
!!
そうです!『おしゃべり宇宙人』は今、ガジェットベンダーの中におります!!

⑧
ってことで、今、ちび宇宙人がガジェットベンダーにいます。(^o^)
従来の宇宙人よりも少しミニサイズの子になります。

従来の宇宙人の大きさとどれくらい違うのかというと、こんな感じ↓
⑨
び、ビミョーな差かな~!?(ドキドキ…)

元祖(従来)に使用している靴下のサイズは23-24cmぐらい。(レディースサイズ)
チビは16cm前後(キッズサイズ)なんですよ。
中に入れる綿の量とかで、同じサイズの靴下でも作り方によってサイズに若干差が出ちゃうものではあるんですが、
ちび宇宙人が爆誕して、改めて元祖君を見ると、、、「デカ!!」って思いました。(^o^;)
⑩⑪
⑫
チビは手のひらサイズでちょうどいいサイズ感かも!

基板などの基本部材以外(靴下やデコパーツなど)はランダムです。
お手持ちのデコレーション部材などを追加してオリジナル宇宙人に仕上げてくださいね。
⑬

製作手順は元祖『おしゃべり宇宙人』と全く同じです。
詳しい作り方は本体外箱にあるQRコードからご覧ください。

⑭
ちび宇宙人は、こんなパッケージングです。
このかわいいラベルはオカポンがデザインしてくれましたよ。
3種類ありますが、どれが当たるかはお楽しみ!となります。

過去のイベント記事もご参考に。。懐かしいなぁ。。。
「電工女子★メイカーズバザール大阪 2019に参加します!★」

『おしゃべりちび宇宙人』は今のところ、ガジェットベンダー限定商品となります。(店内では販売しておりません)

元祖はシリコン店内ちびはガジェットベンダーで販売中!となります。

ガジェットベンダー管理人Twitterも日々更新中ですので、チェキお願いします。
「いいね」いただけると喜びます。(^o^)/
⑮

⑯




「いいね」いただけると喜びます。(^o^)/

(記事:ぐっち)
更新予定:毎週木曜日(次回は10月6日です!)

記事担当:
ハンダ付け必要-非マイコン系


★「電工女子★ソレキット ビッグクラッピーナノ?を作ります!」

気になる人も多かったようで、反応も上々なのがオカポンは嬉しかったです。
が!
★「ビッグクラッピーナノ?」をパチパチ動かすためには、基板についているタクタイルスイッチを押さなければいけません。
スイッチを押すと手を合わせ、スイッチを離すと手も離れます。
なのでパチパチパチパチ連打したい場は何回も指でスイッチ押さなきゃいけないんです。
ビッグクラッピーナノ?-2
ちょっと面倒くさい・・・・。


自動でめっちゃ沢山パチパチパチパチパチ手を叩いてくれたら、面白いんだけどなぁ‥‥
スイッチを自動で連打してくれる都合のいい高●名人みたいなキット、あったりしないかn・・・・・あったー!!!

★「連射キット / SK555」
sk555
その名もズバリのキットですね。

と言う訳で今回は!
この連射キットを作ろうと思います!!
パッケージはこちら。
SK555-1
右上に「タイマーICを使った自作の連射キットコレデキミモ早打ち名人」って書いてます。
怪しい・・・(笑)
約30年以上前にシリコンハウスで開発、発売されて、愛され続けて今に至る!なキットだそうです。
元々はファ●コンとかメ●ドライブのコントローラーに接続して、ボタンを連射させるためのキットなんだとか。


ということで、中身はこちら。
SK555-2
中身少ない!

説明書もこんな感じ。
SK555-3
文字ばっかりで絵とか図が少ない・・・
しかも解りにくい・・・・
オカポン、正直言うと書いてあることの半分も理解できませんでした・・・

ということで、分かる範囲で頑張っていきましょう!
まずはリストと照らし合わせて、部品が揃っているかの確認です。
SK555-4
うん、オッケー( ´∀`)bグッ!

では組立開始です。部品が少ないから説明書が不親切でもなんとかなるナル!
とりあえず、背が低い小さめの部品から取り付けます。
まずは抵抗。(取り付け方向、無し)
SK555-5


次にスイッチ、可変抵抗(取り付け方向、あり)を取り付けます。
SK555-6


そしてダイオード。(取り付け方向、あり)
SK555-7SK555-8
説明書を見ながら、部品を取り付けましょう!

さらにコンデンサ。(取り付け方向、あり)
SK555-9SK555-10
筒状の電解コンデンサは足が長い方が『+』です。
青い積層セラミックコンデンサは取付方向なしです。

最後にIC。(取り付け方向、あり)
SK555-11
部品に「●」印がついているのが、「1番ピン」でしたね。
1番ピンを凹みマークの方にします。

ということで、完成~。
SK555-12
そこまで難しくなかったです!


さていよいよ。ここからが本番。
今作った連射キットと、★「ビッグクラッピーナノ?」をつなげたいと思います。
用意したのはこちら!!
SK555-13

★「QI片端圧着済ワイヤー450mm黒 / QW-1BK」×1
qw1bka

★「QI片端圧着済ワイヤー450mm赤 / QW-1RD」×1
qw1rda

★「QIコネクタ02P★受注単位有★ / QI-2」×1
qi2a


QIコネクタに、ワイヤーを挿し込みます。
SK555-14SK555-15


このコネクター部分は、★「ビッグクラッピーナノ?」の基板に挿し込みます。
SK555-16
ちなみに取付方向アリです。
赤い線を基板の「CN4」と書かれた端子につないでください。


コネクタが付いていない方は★「連射キット / SK555」に取り付けます。
黒い線は基板の「-」に。赤い線は基板の「A」に取り付けます。
SK555-17


基板にも、電源を供給しなければいけません。
とりあえず、ACアダプタを使うとして・・・★「DC2.1φジャック付きケーブル/1.8m / #15」を取り付けようと思います!
sharp15b


取り付ける位置は、こう。
SK555-18
白い方が「+」、黒い線が「-」に。
・・・ということは、「-」の穴にケーブルが2本入ります。ちょっとギリギリな感じですが、ワイヤーが細い為、頑張れば入ります!
ということで、こんな感じ。
SK555-19SK555-20


全体図は、こちら。
SK555-22


これで準備完了!
さーて、スイッチを押してみましょう



おぉぉぉぉぉ!!!!
いけました!!!!!
連射キットのスイッチを押してる間、★「ビッグクラッピーナノ?」は手をたたき続けてます!
大成功!

ちなみに連射キットのこの↓半固定抵抗を回すと、パチパチの間隔が変わります。(連射の速度が変わります)
SK555-21
具体的には↓

たーのーしー!!!
連射が早すぎると、反応が追いつかなくてブルブルしてるトコとかかわいー!!

こんな簡単に自動でパチパチしてくれるなんて!
・・・・★「ビッグクラッピーナノ?」★「連射キット / SK555」・・・やりたいことが、頭に浮かびました!(゚∀゚)
さーて、形に出来るかな・・・?



みなさんも是非、作ってパチパチしてみてくださいね♪


(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は8月25日です!) 

このページのトップヘ