エレショップblog

半導体・センサー・マイコン・電子工作キットほか、各種電子部品の専門店「共立エレショップ」から主に電子工作の関連情報をお届けします。 http://eleshop.jp/

カテゴリ: ハンダ付け不要/非マイコン系

記事担当:
ハンダ付け不要-非マイコン系


本日は!
とある商品のレビュー&簡単工作をしたいと思います!

実は結構昔からある商品!
★「ソーラームーバー (10個入) ■限定特価品■ / SOLMOV-DJK-10P」です!!
SOLMOVDJK10Pc

2013年のシリコンブログ★「ゆっらゆっらっららっらゆらゆら」でも紹介されています。
このブログ見た時から、触ってみたくて仕方なかったんですよね。
ただこの商品、現在エレショップでは10個セットのみの販売となっています。まぁその分お買い得になってるんですけど。
で、結構好評で残りも少なくなってきています。ご購入は、お早めに!


さて、ではこの商品の説明をします!

SOLMOV-1
パーツとしては、こんな感じ。
本体と、太陽電池と、小さいパーツ×2、長いパーツ×1です。

こっちが表面
SOLMOV-2
小さいパーツを取り付ける箇所があります。

こっちが裏面
SOLMOV-3
裏面には、ストッパーがついています。

表面の上部分と下部分に、小さいパーツを取付けます。
SOLMOV-4SOLMOV-5


大きいパーツはココに。
SOLMOV-6


ちなみに大きいパーツは逆向きにつけてもOK。
SOLMOV-7
これで、小さいパーツ(上)と大きいパーツの距離が近くなりました。
どういう風に見せたいか、によってパーツの距離を変えることが出来ます。
ただ、パーツの位置はほぼ固定です。

ちなみに、このストッパーを抜かないと、動きません
SOLMOV-8SOLMOV-9
オカポン、最初このストッパーを抜かないといけない事を分かっておらず、太陽電池に直接光を当てて「動かない!?なんで!?」ってなってました。(笑)

太陽電池の裏面には両面テープがついています。
光の当たりやすい位置に固定することができます。
SOLMOV-10
ただ、太陽電池を固定する場所は、★「ソーラームーバー」についていません
自分で設置したい場所に貼り付けるか、本体の裏面などに土台を作ってそこに貼り付けるなどして貼り付けてくださいね。


ということで、真正面から見たのがこちら。↓↓
SOLMOV-A
そう、この商品、上部分の小さいパーツと、長いパーツの動く方向が同じなんです。
下の小さいパーツは逆方向に動きます。

ちなみに、小さいパーツを傾けて撮ったのがこちら。↓↓
SOLMOV-B
角度を付けることによって、動く範囲が変わりますね。
ただ左右に動かすだけでなく、ちょっと上下に動かすこともできるのです。


では実際にソーラームーバーを使って工作をしようと思うのですが。
目に留まりやすい商品紹介のポップを貼り付けても良いのですが、如何せん面白くない。
というか、初めて見た動くソーラームーバーが、シリコンハウスのブログの動画だったので、キャラものが良い・・・・・・。
でも、動き方が制約されているので、難しい・・・・難しい・・・・・

ということで、デミグラ酢さんの力を借りて、こんな素敵なバンドを作ってもらいました!!!
ひゅーーーー!!!!!!!
※注意・音流れます※



チョーカッコいい!!
ホントに生きてるみたいに動いてますね!
今回版権の問題でオリジナルキャラで作ってみたんですが、これは同人活動とか趣味の工作とかかなり可能性が広がったんじゃないかと思います。

ここで、作り方のコツを紹介!
貼り付けたイラストは普通紙印刷→ラミネート→カット、しています。
SOLMOV-13
これで、少し大きなサイズの紙を使っても、紙が反らなくなります。
湿気で紙が丸まることも防げます。

パーツが大きく動きがある為、ペットボトルのキャップをソーラームーバーの下に貼り付けて、高さを上げています。
SOLMOV-15
これで、少し大きいパーツを取り付けても問題なくなりました。
パーツが床とかに当たると動きが制限されたり正常に動かなくなるので、パーツの大きさによってはこういった工夫が有効になります。

大きなパーツをつけると、重さで動きがゆっくりになります。
SOLMOV-C
※オオカミさんの「SHOUT!!」部分

小さいパーツだけだと、軽いので結構動きが早くなります。
SOLMOV-D


・小さいパーツの上下(腕とギター、ベース)は重なるようにしたいので、小さなスポンジなどを挟んで高さ調節しています。
SOLMOV-14
パーツ同士が当たっても動きが悪くなったりするので、浮かせて接触しなくするのも大事です。

ということで、超素敵なバンドが出来上がったのです!
SOLMOV-12
はぁ、眼福・・・(*´▽`*)


みなさんも是非、作ってみてくださいね♪


(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は10月27日です!) 

記事担当:
ハンダ付け不要-非マイコン系

10月になりました。
10月といえばハロウィン。日本でもすっかり定着しましたね。

ハロウィンといえば、昔は少女マンガ等で見られるマイナーイベントでしたが、今やすっかりコスプレの日となっています。
コスプレをしないまでも、ホラーっぽい飾り付けをしてお菓子を食べる、お子様にも人気のイベントになっております。

と言う訳で本日は。
ホラーっぽい飾り付けを簡単に製作してみようかと思います。

用意したのはコレ。
100均で売ってるカボチャ
100均なんかで売ってるプラスチック製のカボチャでございます。
最近は4個で100円とかで売ってまして、大量に用意するのも負担が少なくて嬉しい限りでございます。
今回はこのカボチャにLEDを入れて光らせてみようと、そういった趣旨でございます。

で、何で光らせようかと考えておりましたところ、某所から「倉庫に大量にあるんでコレ使って」と渡された光源がこちら。
これはまた・・・・なかなかのチョイスですね・・・

では光源も決まったので工作していきましょう。
今回は光源が棒ですので、カボチャに挿して使用することにしました。
つまりはカボチャの底に穴を開けて、そこにLEDスティックを通すと、そういった具合でございます。
LEDバーをカボチャにぶっ刺す

ではまずは採寸。
底に開ける穴の大きさを測り、書き入れます。
まずは採寸
穴の形が決まれば、後は大きめのカッターナイフで切り込んでいきます。
刃物の扱いは慎重に!
こんな感じ。
カボチャはちょっと硬いので、力加減をつかむまでは慎重に切り込んでいってください。
カッターナイフで指を切ってしまうこともありますので、加工の際はご注意を。

では開けた穴にスティックを突っ込んでみましょう。
バーに刺さってカボチャ♪
oh...なかなかの絵面だ・・・

ではあと3個のカボチャに穴を開けて、合計4個をスティックに通します。
カボチャを4個つなげるとLEDスティックより長くなるので、一番上と一番下は半分くらいしかスティックが入っていません。
また、スティックから伸びているコードは軽く結んでカボチャが落ちないようにしました。
コレで完成です。
とても簡単ですね。穴を開けて通しただけですから。

ではLEDスティックを点灯させてみましょう。
明るすぎて鈴木○子みたいになってる
明るっ!!
直視すると目が痛いくらい明るい・・・
ちょっと写真の明度を落とすと↓こんな感じですが・・・・
写真用に明度落としたけど・・・
これはちょっと明るすぎますね。

と言う訳でLEDスティックを裏返してみました
バーを裏返したら背景もいい感じに
カボチャの色が背景の白い壁に映って妙に雰囲気出ちゃいました。
カボチャも均等に光ってる感じで、コレは大成功と言えるのではないでしょうか。

みなさんも是非、作ってみてくださいね♪

って、コレで終わってはアレなんで、もう1個作ってみようかと思います。

次に用意した光源はコレ。
チップLEDはRGBタイプになってまして、時間とともに色が変わって点滅する派手目のワイヤーLEDなのです。
チップLEDさえ通ればいい

では早速加工に入りましょう。
やることはLEDスティックのときと同じです。
今回はキリで突くだけ
カボチャのお尻に穴を開けて突っ込む。それだけでございます。

今回はキリで穴を開けるだけですので、それほど危険でもございませんが、それでもうっかりすると指や手に大きな穴を開けてしまうことになりますので、十分注意しながら穴あけを行ってください
特にカボチャを持つ手や指の位置は要注意でございます。
ちょっと大きめの穴を心がける
キリで開ける穴は、LEDワイヤーについているチップLEDよりも少し大きめに穴を開けておくとワイヤーを通しやすくなります
キリを突き刺した後グリグリと穴を広げてやればOKでございます。

穴を開けたらLEDワイヤーを通すのですが、その前にちょっとした準備を。

このLEDワイヤーには約50個のチップLEDが付いております。
それだけのLEDが付いているとなると、どのカボチャに何個LEDを入れるか悩んでしまいますね。
不均一に入れて明るさに強弱をつけるのも面白いのですが、今回はモデルケースなので均等にLEDを配置することにしました。
LEDが均等になるように下準備
チップLEDを12~13個づつ束ねてビニタイで止めました。
ビニタイでくくられている部分を1ブロックと見て、全部で4ブロックに分けた状態です。
この状態で、境目になる部分のワイヤーにマジックで目印を付け、LEDワイヤーを通していきます。
LEDワイヤーを通していく
1ブロック通ったらビニタイでまとめ直してカボチャに入れる。
コレを4個分繰り返しました。
LEDワイヤーはブロックごとにビニタイでまとめた
はい。見事な数珠つなぎに。
カボチャ同士の間隔など細かい調整はまだ必要なのですが、ひとまずコレで完成でございます。
では電池BOXに乾電池を入れて、LEDを光らせてみましょう。

意外といい感じに光ってる
ちゃんとカボチャが光ってますね。
LEDが色を変えるとカボチャも微妙に色を変え、割といい感じで明滅しております。
コレは玄関先とかに釣っておくと良いアイキャッチになるんじゃないかと。
暗い所でも光らせてみました。
カボチャ提灯出来上がり!
いい感じですね。

↑の写真を見てて思ったのですが、LEDワイヤーを横に通すと首飾りみたいにできそうですね。
ダル●ムが付けてるやつみたいなのが。
応用次第で装飾品にもできそうなことが分かりました。

と言う訳で、穴を開けて出来合いのLEDナンチャラを通すだけの簡単ハロウィン工作

みなさんも是非、作ってみてくださいね♪


(記事:伊東)
更新予定:毎週木曜日(次回は10月13日です!) 

記事担当:共立プロダクツ
ハンダ付け不要-非マイコン系


今回がBlog初担当のベリと申します。

よろしくお願いします!


で、早速

”何か工作ネタを考えて!”という事を命じられたのですが…


…もうこれは二次元アイドルの私が、常日頃から切に思う願いを叶えるしかない!


で、今回は手持ちの推しキャラのアクスタに

文字通り”スポット”を当ててみようと思った次第です。


…願わくば、帰宅時に、点灯する前の真っ暗な自室で

”最高の推しの笑顔”が見たい‼‼

AKST-1-6


そうすれば一日の疲れも吹っ飛ぶ…はず!(満面の笑みで)



てなわけで、じゃあ一体どうしたらいいのか?


単純にLEDを光らせる!では、流石に単純すぎる…


…そうだ、確か”音声に反応して作動する”ってのが

割と簡単にできそうなユニットが丁度あったはず…



と、いうわけで今回はこの

★「音圧レベルリレー【基板完成品】URS-1Z」

urs1za
を利用してみたいと思います。



【用意するもの】

○推しのアクスタ(アクリルスタンド)

コンパクトACアダプタ 5V 1A / WL-05100Z

 φ2.1(内径2.1mm×外径5.5mm)センタープラス

DC電源2分配ケーブル / #38-2B
   (リレーユニットとLEDを別系統にする為)

音圧レベルリレー【基板完成品】 / URS-1Z

φ10mm 超高輝度LED 0.3W 白色 / OS4WFLA131U ×3
   光源(白色LED)

○LEDを並列接続に配置するための配線と抵抗

○推しが載せられるサイズのステージ台(台座とケース箱)

 (LEDを埋め込んだり、リレーユニットとかをここへすっきりと収納する)

○愛情がこもった推しへのアピール(つまりは音声)


…ざっとこんなところでしょうか



ではさっそく製作のプランニングと設計



まず、推しのサイズに合わせて台座ごと載せられる箱が必要。

しかもできればそこにリレーユニットもすっきりと入れたい…


今回、音声レベルリレーユニットに利用するURS-1Z」のサイズ

W 70 × D 55 × H 12 mm なので、最低それ以上のサイズは必要です


そして推しの台座が載る面にはφ10mmのLEDを2~3つ埋め込む必要があります。

(今回は100均の商品で、いい感じのものを見つけられました)


W 90 × D 90 × H 90 mmの クリアキューブ90とか

AKST-1-4AKST-1-5


W 120 × D 1060 × H 80 mmの ディスプレイスタンド(Lサイズ)

AKST-1-2AKST-1-3


などを利用したいと思います。



もちろん、もう少し大きいサイズのものでもいいでしょうが

今回は電源容量とかLED配置の関係もあって、このサイズで決定します。




□次に配線関係


ACアダプタから配線を2系統に分割するために、

「DC電源2分配ケーブル / #38-2B」を接続し

片方はリレーユニット給電ジャックへ。


もう片方の線を途中でカットして、

(分配先は2線とも、オス型ジャックが付いていますが

 LED照明側には途中でリレースイッチを挟むので

 ジャックは切り離してしまおうと思います)


プラス側をリレーのComポートに


マイナス側を3つ並列で、それぞれに必要な分配した配線

それぞれに抵抗と、LED2~3つを接続し、

こちらをリレーのN.O.ポートへ接続します。



AKST-1-1



…っと今回はここでタイムアップ!


次回以降、実際にLEDでのライトアップに必要な

ケースへの収納や、配線作業、

LEDの位置決め、デコレーションなどを

実際にやっていく予定です。



暫しお待ちください!



(記事:ベリ)

更新予定:毎週木曜日(次回は9月1日です!)

記事担当:
ハンダ付け不要-非マイコン系


本日は!
つい最近エレショップに登録した★「タカハ機工 ソレキット ビッグクラッピーナノ? / SKN-1521-03」を、作りたいと思います!!!
SKN152103a


オカポン、このキットの元になる「ビッグクラッピー」を初めて見たのが、2018年8月5日のMaker Faire Tokyoでした。
SKN-1521-03-1
ノリノリで歌いながらパンパン手をたたいてる、この佇まい。何とも言えない可愛い顔。バツグンの存在感。めちゃくちゃ目を惹かれました。

それが!ナノサイズ(手のひらサイズ)になって、登場なのですよ!(こちらはスイッチを押すと手をたたくだけですが)
これは、もう作るしかない。
夏休みの工作にもピッタリですしね!!

ということで、早速作っていきましょう~!!!
キットの他に用意するものは
プラスドライバー
・モバイルバッテリー、またはUSB充電器
・パーツ入れ(あれば便利。ネジが転がっていくのを防げます。オカポンオススメは★「工作マット / 350×250mm / KP-S130PLUS」)です。


まずは、パッケージ
SKN-1521-03-2

そして、中身
SKN-1521-03-3

★ビッグクラッピーナノ?の本体はMDF材という木の板です。
MDF材はワンダーピュアスピーカエンクロージャーにも使われてる、丈夫で加工のし易い板材です。
このMDF材には切り込みが入っていて、ぐっと力を入れると取れます。(割れやしないかとドキドキしましたが!)
で、取れたパーツにはバリがあるので、付属の紙やすりでバリを取ります!
SKN-1521-03-10SKN-1521-03-8
今まで作ってきたタミヤやエレキットなどの組立キットは、プラスチックをニッパーで切り離していたのでなんだか新鮮な感じです。
これ、MDF材をレーザーでカットしてるんでしょうね。
なんだかハイテクな感じです。

シールもしっかりツヤツヤしっかり分厚くて、良い感じ!!
SKN-1521-03-4


組立説明書はフルカラーで分かりやすいと思います!
説明書にはYouTubeの組み立て方法へのリンクもあるので、それを参考にしても良いかと思います!


・・・この動画に気付いたの、作り終わった後なんですけどね…。


ではでは。作り方は↑の動画に任せるとして。
オカポン的に慣れなくて戸惑った箇所や、すごい!!と思った箇所を紹介します!

最初の「ソレノイドのプッシュバーをAに圧入する。」という部分。
SKN-1521-03-11SKN-1521-03-12
Aパーツの穴が結構小さめで、ソレノイドのプッシュバーが簡単に入らないので、力が必要です。
机に押し付けたり、トンカチを使うのも良いみたい。
ソレノイドの軸はモーターの軸とは違ってコイルの中にあるただの棒なので、多少強く叩いても問題ないんだそうです。


次に付属の接着剤
こちらは少しキャップが浮いているのですが、ぐっと回してねじ込むと中のアルミ部分が破れて接着剤が出るようになります。
SKN-1521-03-5
チューブタイプの接着剤というと、フタの外側にある突起で接着剤を出す口を開けるイメージでしたけど、この接着剤はフタを閉めて口を開けるタイプでした。


凄い!!と思ったのが、本体パーツを組み立てる時の「皿ネジ加工面」
SKN-1521-03-6SKN-1521-03-7
分かりますか!?「C」と印字されてる面には、皿ネジを入れた時に飛び出ないよう、加工されているんです!どうやっているんだろう‥‥すごい。

SKN-1521-03-9
ネジ穴に凹みを付けることで皿ネジの頭が飛び出ないようになっているんですねぇ。


手のパーツのシールは、裏表左右が決まっています
SKN-1521-03-13SKN-1521-03-14
手の甲(腕を入れる方)のシールは、穴が開いているので間違えないように気を付けてくださいね!


最後に本体パーツにソレノイド、手パーツを組み立てる部分
SKN-1521-03-15SKN-1521-03-16
この箇所↑のネジがなかなか留めにくくて。
ネジが小さいのと、MDF材の穴位置とソレノイドの穴位置がうまくあわなくて、ねじが空回りして心折れかけました。
穴位置が合わさった状態で、ぐっと力を入れてネジを回しこむと、きれいにハマりますので頑張って!!私も頑張った!!


ということで、スタンドに立てて、完成です!!!
SKN-1521-03-17SKN-1521-03-18
はーーーーー!!!!!カワイイ!!!!!!
無駄にスイッチ押しちゃうもんね!パンパン言わせちゃうもんね!!!!

・・・って、あわさった手が元に戻らない・・・!
なんでだ~?

実はオカポン、この部分↓のネジをぎゅうぎゅうに締めていた為、動かなくなっていた模様。
SKN-1521-03-19SKN-1521-03-20

プラスドライバーで少しネジを緩めてあげると、無事パチパチしてくれるようになりました!
良かったー!!

ビッグクラッピーナノ?-1

みなさんも是非、作ってパチパチみてくださいね♪


裏面。
ビッグクラッピーナノ?-2


(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は8月18日です!) 

記事担当:共立プロダクツ
ハンダ付け不要-非マイコン系



もうすぐ待ちに待った夏休みですね。

今年の夏休みは「スピーカー作り」に取り組んでみませんか?


というわけで新発売された★「デスクトップスピーカー組立キット (2台1組) / WP-SPF2E」を紹介させていただきます。

このキットはビギナー向けとして企画されたものですので、どなたでもカンタンに組み立てできます。(たぶん・・・)

塗装をしたり、壁紙を貼ったり、自分好みにカスタマイズできるのもキットのいいところです。


共立エレショップで注文したらこんなダンボール箱が届きます。

OGU-220721-1


ダンボール箱を開けると必要なパーツが入っています。

OGU-220721-2




「ボンド」と「吸音材」は別売になっています。

私は近所の100円ショップで買ってきました。

こんなカンジです。

OGU-220721-3



「ボンド」は50gのものを1個

吸音材には「手芸わた」を選びました。縫いぐるみやクッションに詰めるものですね。


説明書を見ながら板材をボンドで接着して組み立ててゆきます。

こんなカンジです。

OGU-220721-4



組み立て工程順にカラー写真で詳しく説明されていますので、ボンドが乾くのを待ちながらゆっくり作業をしても約2時間で組み立てることができました

こんなカンジです。

OGU-220721-5



この状態で「スピーカーユニット」と「ターミナル」を取り付ければ完成するのですが、板材のままでは味けないので「塗装」して「リメイクシート」を貼って「L.A.風??」に仕上げることにしました


まず「サンドペーパー」で、すべてのカドを磨いて丸く仕上げます。

100番⇒240番⇒400番の順に磨いてゆきます。

こんなカンジです。

OGU-220721-6



次に、板材の「切断面」に「シーラー」を塗ります。

いきなり塗装すると、塗料が切断面から吸収されてしまって仕上がりが汚くなるからです。

この作業を「下塗り」と呼んでいます。

こんなカンジです。

OGU-220721-7



「シーラー」は近所のホームセンターで購入しました。

こんなカンジです。

OGU-220721-8


「シーラー」が乾燥したら水性塗料で塗装します。

この作業を「上塗り」と呼んでいます。

こんなカンジです。

OGU-220721-9



「水性塗料」も近所のホームセンターで購入しました。

「L.A.」を意識して「ライムホワイト」という色を選びました。

こんなカンジです。

OGU-220721-10



塗料が乾燥したら「リメイクシート」を貼ります。

「壁紙」のサイズを小さくしたもので、いろんなデザインのものが販売されています。

これも「L.A.」を意識して「シャビーシックミックスカラー」という柄のものを100円ショップで購入しました。

こんなカンジです。

OGU-220721-11



ちなみにサイズは90cm×30cmでした。

このスピーカーには充分な大きさです。


このリメイクシートを側板の幅に合わせてカットして、スピーカーの側面全周に貼り付けてゆきます。

こんなカンジです。

OGU-220721-12

気泡が残らないようにタオルなどで空気を押し出しながら貼ってゆきます。


リメイクシートを貼り終わったらこんなカンジです。

「L.A.」の海岸に佇むサーフボード小屋の雰囲気が出ていませんか??

OGU-220721-13


スピーカーユニットの金属部分も塗装しました。

エッジやコーン部に塗料が付着しないよう「マスキングテープ」で保護しておきます。

こんなカンジです。

OGU-220721-14



塗料が乾燥したら「ターミナル」を取り付けます。

まずスピーカーケーブルの端子をターミナルの端子に挿し込みます。

配線はこれだけです。ハンダ付けなどはしなくてもOKです。

こんなカンジです。

OGU-220721-15


ターミナルに付属しているネジで取り付けます。

こんなカンジです。

OGU-220721-16


次に「吸音材」を入れます。

「手芸わた」を適当なサイズにちぎってスピーカー取付穴から挿入します。

こんなカンジです。

OGU-220721-17


最後にスピーカーユニットを取り付けます。

付属のネジ 4本を使用します。

こんなカンジです。

OGU-220721-18



これで完成です。

L.A.風??デスクトップスピーカーの外観はこんなカンジです。

OGU-220721-19



ちなみに仕上げしないとこんなカンジです。

wpspf2ea


デスクトップにセッティングしてみました。

こんなカンジです。

OGU-220721-20


アンプは★「デスクトップアンプ組立キット / WP-DTA10W」を組み合わせました。

手のひらサイズの高音質アナログアンプです。


音源はスマホです。

スマホのヘッドホン端子とアンプの入力端子を「M3ミニ⇒RCA変換ケーブル」で接続しています。


Spotifyから「Beach Boys」の「Surfin U.S.A.」が流れてきたら、気分はもう1970年代のL.A.です。

「で、L.A.って行ったことないんですケド・・・」「な、ないんかい!!!」


ま、それはともかく、スピーカーで音楽を聴くと、音は前からやってきます。

これくらいの至近距離で聴くと、小音量でも「ジオラマ」のような音場が目の前に広がります。

ヘッドホンはどうしても頭の中央に音が定位するので違和感が残ります。

この機会にスピーカーならではの自然な音場を体験されてはいかがでしょうか。



(記事:共立プロダクツ OGU)

更新予定:毎週木曜日(次回は7月28日です!)


このページのトップヘ