記事担当:
ハンダ付け必須-非マイコン系

みなさん、ブッダマシーンって知ってますか?

いきなりよく分からない質問で始めてしまいました、オカポンです。
ちなみにオカポンは共立に入ってその存在を知りました。

ちなみに『ブッダマシーン』というのは、中国で製造、販売されているもので、派手な装飾でお経を流す機械なんです。
キラキラ光る仏様が描かれていたり、派手に光る蓮の花の形をしていたり。
見た目も大きさも色々で、仏具と言うより『そういう機械』と言った趣なんです。
BT620e
ちなみに『お経』と言っても日本でよく聞くお経と違って、言語が中国語な上に歌謡曲のように伴奏がついているものもあったりで全然『お経』を聞いている気がしません。
逆に宗教色が無くなってて不思議な感じがする『ブッダマシーン』なのです。
エレショップでも今までいくつか取り扱いがあったので、興味が湧きましたらエレショップで『ブッダマ』で検索してみてくださいね。

さてこの『ブッダマシーン』。
ガジェット好き界隈ではそこそこ名の知れたアイテムで、その見た目とお経のインパクトで虜になる人が続出。中には音楽イベントで使用する人までいるんだとか。
で、オカポンもその魅力に目覚めてしまいまして、2023年9月に基板を仕入れてキットみたいな感じにして販売をしました。
有り難いことに大好評で、直ぐに完売となりまして、その後も再販のリクエストを多数頂いておりました
それから紆余曲折あり、先日ついに★『ブッダマシーン基板 部品セット TE-BTMKIT2が販売されたのです!


と言う訳でようやく本題
本日はこの『ブッダマシーン基板 部品セット / TE-BTMKIT2』を作ってみようと思います!

↓コレがパッケージ
BUDDAMA01

中身はこんな感じです。
BUDDAMA02

簡単な説明書が1枚と少しの部品。
BUDDAMA03
たったこれだけ。
キットと言うにはあまりにもあんまりだったので、今回のは『部品セット』と名乗っているわけです。

今回もメインになる『ブッダマシーン基板』にスイッチやらスピーカーやらをはんだ付けしていきます。
BUDDAMA04

こんなちっちゃい基板にこんなにも配線しないといけないなんて・・・
前に販売したブッダマシーンでは↑の図の通りにはんだ付けしたので、結構アレな見た目になっちゃったんですよね。
Xでも色々言われたんでその辺も踏まえて作っていこうと思います!

まずは下準備から。
BUDDAMA05
基板に配線を取り付けていくんですけど、スイッチとかスピーカーとかはそのままでは使えないので下処理をします。

まずはタクトスイッチに配線を付けます。
BUDDAMA06
極性はないのでどっちが赤でも黒でもいいですし、なんなら両方赤でもOKです。

次はスピーカー
BUDDAMA07
コネクタが付いてるんですけど使わないのでカットします。
ついでに好きな長さに調節して、先端の被覆を剥いてハンダ上げしておきます。

今回はケースへの組み込みは考えてないので、配線の長さは適当にしてますが、フィギュアや仏像に組み込んだり仕込んだりする場合はその辺の配置も考えて配線の長さを調節してくださいね。

続いて電池BOXの赤色(+側)の配線とタクトスイッチをつなぎます
BUDDAMA08
単純に2本の線をまとめただけだと太くなりすぎて基板に取り付けにくくなるので、繋いだ先にまた配線を付けてスリム化しました。

これで基板に取り付けるための部品の準備は完了です。
次は基板の方の準備を。
BUDDAMA09
配線を取り付けるパターン部分に予備ハンダをしました。
パターン自体は8箇所あるんですけど、今回使うのは↑の5箇所です。

配線は基板の端から付けていくと良いよ、と聞いていたので、まずはスピーカーから取付けます。
BUDDAMA10
これはまだ楽ちん。

なんですけど、基板が小さくて軽いのではんだ付けしようと思うと逃げ回って大変です。
なのでこういう時はヘルパーがあるととっても楽に取り付けができますよ。

ST95a


ST94a


ST85a


スピーカーの次はスイッチを取り付け。
BUDDAMA11
なかなか、大変。

次は電池BOXの黒線(-側)を取付け。
BUDDAMA12
ここも、結構、大変。
コテ先が隣にあたると配線が取れるので慎重に・・・

で、最後に積セラをちょこんと乗せれば・・・
BUDDAMA13

完成です!
BUDDAMA14


単4形乾電池2本をれると・・・
無事お経(?)が流れました。
スイッチを押すと曲(?)が変わります。
いろんなお経(?)が入っているのでぜひ聞いてみてくださいね!

所要時間は20分ほど。
工程自体は少ないんですけど、とにかく基板へのはんだ付けが細かくて・・・
ヘルパーがなかったらもっと時間かかってたんじゃないかと思います。

ちなみに作り方はこのやり方が絶対!って訳じゃないので、ユニバーサル基板を使ったり基板を挟むコネクタとか使ったり、皆さんで工夫して作ってくださいね。
この部品セットには必要最低限の部材しか入ってないので、どう組み上げるかは自由なのです!

みなさんも是非、作ってみてくださいね♪


(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は2月15日です!)