記事担当:
ハンダ付け必須-非マイコン系

皆さんこんにちは、オカポンです。
作りたいものを探しに、ぶらぶら店頭へ行くのって楽しいですよね。
今回の記事、何にしようかな~と店頭をぶらぶら歩いていたところ…
面白い説明書を見つけました。

それがこちら。
ElectricMusicBox-1

シリコンハウス2階のメロディICを置いてるところで配布されている『電子工作のススメ』的なチラシです。
かなり昔に作られたそうなのですが、パッと見たところ、図も簡単だし、部品点数も少ないし、あまり知識がないオカポンでも作れそう!?
ということで、今回はこちらを作ってみようと思います。

必要なもの
・UM66T(メロディIC)
 今回は色んなメロディICを取り扱っていますが、こちらを用意します。
 ★「メロディIC(エリーゼのために) [RoHS] / UM66T19LK-T92-K」
um66t19la

・電解コンデンサ(16~25V 10μF)
 今回は、★「85℃品 電解コンデンサ 16V 10μF[RoHS] / UVR1C100MDD」
uvra

・ブザー
 今回は、★「圧電サウンダ他励振タイプ(端子) / KPEG-169」
KPEG-169

・電池ボックス
 今回は、★「単3(UM-3)×1本用 小型スライドスイッチ付BOX 電池ケース / DB311-SW」
DB311SWa

・電池

 今回は、単3×1本を使用します。
 ★「単3形アルカリ電池4本パック ▲航空便不可▲ / LR6R/4S」
 エレショップで取り扱いのある安価な乾電池は↑です。

そして!
動作を確認したい&これが完成したらもう1つ試したいことがあるので、ちょっと大きめのブレッドボードを使おうと思います。
★「パステルカラーブレッドボード ホワイト / ZYJ-102W」
zyj102wa


ということで、用意した部材はこちら!
ElectricMusicBox-2


さーて、回路図を見ながら、部品をブレッドボードに挿していこうと思います。
ElectricMusicBox-5


ブレッドボードって、穴同士がつながってるんですよね。
L_chika03-2
★詳細はこちら

一番下側の「+」と「-」に電池ボックスがつながるとして…
1.電解コンデンサの「+」とメロディICの「2」(刻印向かって真ん中)が電池の「+」につながるんですよね。

2.ブザーの片方と、メロディICの「1」(刻印向かって右)がつながっていて…

3.ブザーのもう片方と、メロディICの「3」(刻印向かって左)と電解コンデンサの「-」が電池の「-」につながっているんですね。

以上を踏まえて配線をしていきました。
最後に、ブレッドボードの「+」に、電池ボックスの赤線を挿し込み。
ブレッドボードの「-」に、電池ボックスの黒線を挿し込むと・・・。


こんな感じです!!
ElectricMusicBox-3

ElectricMusicBox-4



電池ボックスのスイッチを入れてみると・・・・

ほっほっほ!
当たり前だけど、音が鳴った~~~♪



・・・これ、他の曲が流れるメロディICをずらっと並べて、ポチポチスイッチを押したらその曲が流れる、っていうのをやってみたいな・・・・。
今回作ったものを、そのまま左にずらっと横に並べたらいいのかしら…
と言う訳で横長のブレッドボードを用意したんですね~♪

よーし、部材を集めて次回いっぱいメロディIC鳴らしちゃいますよ!


みなさんも是非、作ってみてくださいね♪


(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は1月25日です!)