記事担当:共立プロダクツ
ハンダ付け必要-非マイコン系


「LEDを点滅させたい」と思ったら、みなさんはどうしますか?
発振回路を作って、タイマーICを使ってとか点滅させたいだけなのに
ICとか回路とか面倒そう・・・・

世の中には「自動点滅LED」という便利なものがありまして
一見すると普通のLEDに見えますが、なんと素子の中にICが入っていて
電源を接続するだけで点滅動作します

自動点滅と普通のLED
左の四角い側が普通LED右が自動点滅LEDです。


「でも自動点滅LEDって種類も少ないし、やっぱり手持ちのLEDを
点滅させるには発振回路を組むしかないのかぁ・・・・」

いえいえ、以下のように、普通のLEDと自動点滅LEDを直列に接続すると


なんと連動して点滅させることができます


直列回路図


この回路で自動点滅LEDが1個あれば自分の好きな普通のLEDを点滅させることができます

LEDは直列に複数個接続することもできるので、2個、3個と付けたい場合は
電源電圧を、接続するLEDの順方向電圧分上げてください。

電源電圧=[自動点滅LEDのVF]+[普通のLEDのVF]+[普通のLEDのVF]+(個数分・・・)

「これじゃあ、いっぱいLEDをつけたいときは高い電圧がいるし
LEDを並列にしたら電流値が下がって暗くなるし・・・・」

そんなときはお馴染みのトランジスタ「C1815」の出番です。
以下のように接続すればトランジスタのコレクタ電流が許す限り
LEDを増やすことができます。

トランジスタ回路

LEDに流れる電流=(電源電圧-LEDの順方向電圧)/抵抗値

赤色LEDの場合は (6V-1.7V)/470Ω=9.1mA となります。
この回路の場合は抵抗値を調節することでLEDの明るさを個々に調整できるメリットがあります。

また、LEDの代わりにブザー(自励式)を取り付けると断続音で鳴らすこともできます。
※他励式ブザーは使えません。

ブザー


通常、電源を接続すると「ピーーーッ」と鳴り続けるブザーですが、
LEDの点滅周期に合わせて「ピーッ、ピーッ、ピーッ」と断続音で鳴らすことができます。


いろいろ使える自動点滅LED、みなさんも使ってみてくださいね。


今回使用した部材はこちら
自動点滅LED φ3mm 赤/高輝度 OSR5MS3164A @60

NPN型 小信号用トランジスタ 2SC1815L-GR-T92-K @22

発振回路内蔵圧電ブザー リードタイプ LF-PB30W25C @370


(記事:K)
更新予定:毎週木曜日(次回は12月21日です!)