記事担当:共立プロダクツ
ハンダ付け必要-非マイコン系


昨年の春から自宅で小鳥(小型インコ)を飼っています。原産が南米の暖かいところということで、日本の冬を快適に過ごすにはヒーターなどの暖房器具を使う必要があるとのこと。
もちろん部屋のエアコンを一日中、効かせっぱなしにしておけばインコさんは暖かくてハッピーなのですが、電気代のことを考えると飼い主のフトコロが冷え切ってしまいます。


そこで登場するのがペット専用ヒーター、私が買ったのは電球みたいな形をした40ワットの赤外線タイプのものです。
写真1

これ、むかしお世話になった白熱電球にしか見えませんが、夜でも眩しくないように作られた専用の物だそうです。明るいところではよく分かりませんが、暗いところで見ると確かに少しオレンジ色に光っていて、いかにも暖かそうです。

これを専用の器具にセットして、鳥かごに引っ掛け、鳥かごカバーをかけて、中の空気ごと暖めてやります。

写真2写真2サブ

写真3
(写真は鳥かごカバーを外したところ)

でもこのヒーターは今どきのLED電球と比較して寿命が短く、ある日突然切れてしまうとのこと。ガラス管に入っているので修理もできず、あきらめて新品と交換するしかないようです。

でも切れたままの状態で気付かずにいるとインコも飼い主も冷や汗ものですので、時々確認しなくてはなりません。でもうっかりして忘れそうで、なおさらカバーがかかっていると見間違いそうで、えらく心配になってしまいました。

それならヒーターを2つ入れておけば、片方が切れても最悪の事態は免れそうだと思いついたのですが、でも昨今の電気代値上げも気になるし(ペットの健康に対してお金をケチりたくはないのですが)、逆に暑くなりすぎて「焼き鳥にする気か」と噛みつかれるのも不本意ですし。

愛鳥家の皆さんがどうしてるか気になりますが、ここは電子部品屋として知恵を使ってみようということで...

そういえば、こんな部品がありました。カレントトランスです。
写真4

これ、電気の流れる量を測る部品です。写真は貫通型と呼ばれるタイプで、AC100Vの配線を穴に通すだけで電気の流れを検知できます。(詳しい説明はネットで検索お願いします)

これで電球がちゃんと灯っているか、切れてしまったかを簡単に調べられないかな?

とりあえず実験のために試作してみました。
写真5

ctl6s328fcla

0r75vctfka

wh4615a

os5rkda131uaos5rkda131ue


【重要】AC100ボルトのコンセント配線があります。電気工作の経験がないと難しい部分があり、また感電や発火など深刻な事故につながりますので、相応の資格を持った方以外は自作をご遠慮ください。

1.まず、ACプラグ付きコードの外側の皮をむきます。(20センチ位)
中に入っている白色と黒色の線に傷を付けないように、ちょっとずつカッターなどの工具で切れ目を入れながら取り外します。
もし線に傷が入って、中の銅線が見えてしまうと感電の危険がありますので、その部分から切断し最初からもう一度やりなおします。
写真6

2.カレントトランスに線(白・黒どちらでも片方のみ)を巻きます。
線を入れる向きも適当でかまいません。でも絶対に中の銅線がむきだしになっていない事を確認して下さい。
写真7

ちょっと狭いですが、できるだけ多く巻きます。このコードでは3回巻けました。
写真8

実は安く作るために100均ショップで売っている延長コード(200円)を使ってみたのですが、線が太く、穴に通すのがせいぜいで2回も巻けません。(15アンペア対応のため太く作られている)
これだとACソケットも最初から付いていて手軽にできるはずだったのですが、残念です。

ちなみに巻き数を多くできると電流を検知する能力がアップするので、うまく働く可能性も大きくなります。

3.ヒーターのコンセントを差し込めるように、線を加工してACソケットをつなぎます。
写真9写真10

4.カレントトランスから直接生えている2本の細い線(白・黒)とLEDランプをハンダ付けでつなぎます。

写真11
  ↓
写真12

2つのLEDの足は向かい合わせに「長+短」をペアにして、カレントトランスの細い線につなぎます。
LEDの足に注意して下さい、長い同士・短い同士の接続ではありません。(ここ大切)


とりあえず配線完了、コードをコンセントに差し込み、ACソケットに赤外線ヒーターの線を差し込みます。


LEDランプが赤く光りましたね、とりあえず成功です。

なお、カレントトランスの細い線(LEDランプへの配線)は手で触っても感電しません。でも何かに引っ掛けたりすると良くありませんので、絶縁テープ等でショートしないように処理の上、トランスや配線部分全体を半透明のタッパー容器などに入れると、見栄えもランプの光具合も良くなるんじゃないでしょうか。

寒いインコさんの心配をしなくて良いように、このような単純な物でもメーカさんがお手頃価格で商品化してくれるとうれしいですね。

今回はここまで、お付き合いありがとうございました。


最後にご注意いただきたいことを書いて終わりです。
・今回の実験では、特定の赤外線ランプの断線検知の為だけに、できるだけ部材が少なくなるよう回路を構成しています。
よって一般的に想定されるカレントトランスの使用法から逸脱している部分があるため、他の用途や商用には決して供しないで下さい
・本工作はAC100ボルトのコンセント配線を扱います。繰り返しになりますが、電気工作の経験がないと難しい部分があり、また感電や発火など深刻な事故につながりますので、相応の資格を持った方以外は本記事を参考にした自作をご遠慮ください。
なお当方では本記事を参考に製作された工作物により直接・間接的に生じた損害に対して一切責任を負いかねますので予めご了承ください。


(記事:池)
更新予定:毎週木曜日(次回は1月26日です!)