記事担当:
ハンダ付け必要-非マイコン系


ロータリーディップスイッチってご存知ですか?
↓↓↓こんなん↓↓↓
0102

どちらかといえば、電子工作のビギナーには馴染みのない部品かもしれません。

このロータリーディップスイッチの主な用途は、主に機器の設定用に使われています
そんなロータリーディップスイッチをビギナー向けの電子工作で、使ってみたいと思います。

その前に、ロータリーディップスイッチの動作について簡単に説明してみます。

✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

【ロータリーディップスイッチの動作】
ロータリーディップスイッチの動作はシャフトを回して、0~9までの数字を選択できるようになっています
ロータリーディップスイッチの底面を見てみましょう。

03

左上から「1」「C」「2」、左下から「4」「8」と刻印があります。
なお、ロータリーディップスイッチの内部は下図のようになっています。
04
※オムロン データシートより抜粋

ロータリーディップスイッチのシャフトを回すと、
内部で接点がカチカチ動いて、C(コモン)とつながるようになっており、
選択した数字に対応した接点が導通する仕組みになっています。

例えば、シャフトを回して「1」に合わせると、「1」が「C」につながって「1」が導通し、
「3」に合わせると、「1」と「2」が「C」につながって「3」として導通します。
「0」合わせると、なにも導通しません。

数字と接点の関係は、下図の出力コード表を見るとわかりやすいですね。

05
※オムロン データシートより抜粋


実は、4本の指を使ってロータリーディップスイッチの出力を覚える方法があります。

06

06a07

0809

1011

1213

1415

✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

【ロータリーディップスイッチの数字を見える化してみよう】
ロータリーディップスイッチの出力を目で見えるよう、
7セグメントLEDを使って数字を表示する電子工作をしてみたいと思います。

◆回路図
回路図


◆パーツリスト
商品
型番
個数
一括注文
リンク先
CMOSロジックIC 4511B DIP [RoHS] 4511B 1個 こちらから→
赤色7セグメントLED(カソードコモン)[鉛F] LA-501VN 1個
ロータリDIPスイッチ(10進リアルコード)[RoHS] A6A-10RW 1個
カーボン抵抗 1/4W 5% 300Ω ★受注単位有★ 300Ω 8個
1/8W SIL型抵抗アレイ4素子 1kΩ 1kΩ 1個
積層セラミックコンデンサ 50V 0.1μF 2.54mmピッチ [RoHS] ★受注単位有★ RDER71H104K0P1H03B 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。
※各パーツを買い物カゴへ一括投入できます


◆TIPS
配線を終えた部分をマーカーペンなどで回路図に書き込んでおくと、
どこまで配線したかわかりやすいのでオススメです。
ICや7セグLEDは念のためデータシートで足配置を確認するようにしてください。
TIPS


◆完成例
完成例


◆動画


◆応用
7セグメントLEDを、フルカラーLEDに変更すればカラフルな光が楽しめそうです。

みなさんも是非、作ってみてくださいね♪


(記事:えて吉)
更新予定:毎週木曜日(次回は12月8日です!)