記事担当:共立プロダクツ
ハンダ付け不要-非マイコン系



もうすぐ待ちに待った夏休みですね。

今年の夏休みは「スピーカー作り」に取り組んでみませんか?


というわけで新発売された★「デスクトップスピーカー組立キット (2台1組) / WP-SPF2E」を紹介させていただきます。

このキットはビギナー向けとして企画されたものですので、どなたでもカンタンに組み立てできます。(たぶん・・・)

塗装をしたり、壁紙を貼ったり、自分好みにカスタマイズできるのもキットのいいところです。


共立エレショップで注文したらこんなダンボール箱が届きます。

OGU-220721-1


ダンボール箱を開けると必要なパーツが入っています。

OGU-220721-2




「ボンド」と「吸音材」は別売になっています。

私は近所の100円ショップで買ってきました。

こんなカンジです。

OGU-220721-3



「ボンド」は50gのものを1個

吸音材には「手芸わた」を選びました。縫いぐるみやクッションに詰めるものですね。


説明書を見ながら板材をボンドで接着して組み立ててゆきます。

こんなカンジです。

OGU-220721-4



組み立て工程順にカラー写真で詳しく説明されていますので、ボンドが乾くのを待ちながらゆっくり作業をしても約2時間で組み立てることができました

こんなカンジです。

OGU-220721-5



この状態で「スピーカーユニット」と「ターミナル」を取り付ければ完成するのですが、板材のままでは味けないので「塗装」して「リメイクシート」を貼って「L.A.風??」に仕上げることにしました


まず「サンドペーパー」で、すべてのカドを磨いて丸く仕上げます。

100番⇒240番⇒400番の順に磨いてゆきます。

こんなカンジです。

OGU-220721-6



次に、板材の「切断面」に「シーラー」を塗ります。

いきなり塗装すると、塗料が切断面から吸収されてしまって仕上がりが汚くなるからです。

この作業を「下塗り」と呼んでいます。

こんなカンジです。

OGU-220721-7



「シーラー」は近所のホームセンターで購入しました。

こんなカンジです。

OGU-220721-8


「シーラー」が乾燥したら水性塗料で塗装します。

この作業を「上塗り」と呼んでいます。

こんなカンジです。

OGU-220721-9



「水性塗料」も近所のホームセンターで購入しました。

「L.A.」を意識して「ライムホワイト」という色を選びました。

こんなカンジです。

OGU-220721-10



塗料が乾燥したら「リメイクシート」を貼ります。

「壁紙」のサイズを小さくしたもので、いろんなデザインのものが販売されています。

これも「L.A.」を意識して「シャビーシックミックスカラー」という柄のものを100円ショップで購入しました。

こんなカンジです。

OGU-220721-11



ちなみにサイズは90cm×30cmでした。

このスピーカーには充分な大きさです。


このリメイクシートを側板の幅に合わせてカットして、スピーカーの側面全周に貼り付けてゆきます。

こんなカンジです。

OGU-220721-12

気泡が残らないようにタオルなどで空気を押し出しながら貼ってゆきます。


リメイクシートを貼り終わったらこんなカンジです。

「L.A.」の海岸に佇むサーフボード小屋の雰囲気が出ていませんか??

OGU-220721-13


スピーカーユニットの金属部分も塗装しました。

エッジやコーン部に塗料が付着しないよう「マスキングテープ」で保護しておきます。

こんなカンジです。

OGU-220721-14



塗料が乾燥したら「ターミナル」を取り付けます。

まずスピーカーケーブルの端子をターミナルの端子に挿し込みます。

配線はこれだけです。ハンダ付けなどはしなくてもOKです。

こんなカンジです。

OGU-220721-15


ターミナルに付属しているネジで取り付けます。

こんなカンジです。

OGU-220721-16


次に「吸音材」を入れます。

「手芸わた」を適当なサイズにちぎってスピーカー取付穴から挿入します。

こんなカンジです。

OGU-220721-17


最後にスピーカーユニットを取り付けます。

付属のネジ 4本を使用します。

こんなカンジです。

OGU-220721-18



これで完成です。

L.A.風??デスクトップスピーカーの外観はこんなカンジです。

OGU-220721-19



ちなみに仕上げしないとこんなカンジです。

wpspf2ea


デスクトップにセッティングしてみました。

こんなカンジです。

OGU-220721-20


アンプは★「デスクトップアンプ組立キット / WP-DTA10W」を組み合わせました。

手のひらサイズの高音質アナログアンプです。


音源はスマホです。

スマホのヘッドホン端子とアンプの入力端子を「M3ミニ⇒RCA変換ケーブル」で接続しています。


Spotifyから「Beach Boys」の「Surfin U.S.A.」が流れてきたら、気分はもう1970年代のL.A.です。

「で、L.A.って行ったことないんですケド・・・」「な、ないんかい!!!」


ま、それはともかく、スピーカーで音楽を聴くと、音は前からやってきます。

これくらいの至近距離で聴くと、小音量でも「ジオラマ」のような音場が目の前に広がります。

ヘッドホンはどうしても頭の中央に音が定位するので違和感が残ります。

この機会にスピーカーならではの自然な音場を体験されてはいかがでしょうか。



(記事:共立プロダクツ OGU)

更新予定:毎週木曜日(次回は7月28日です!)