記事担当:
ハンダ付け必要-非マイコン系

皆様、スイッチはお好きでしょうか?

私も大好きです!!

個人的にスイッチといえばバツンバツンと操作してる感が気持ちいいトグルスイッチが一押しなのですが、以前から使ってみたいと思っていたのがこの照光スイッチでございます。
この照光スイッチというのはスイッチ内部にLED等が仕込まれておりまして、スイッチ自体が光る素敵なスイッチなのでございます。
アミューズメント関係とかでよく見る印象で、なんかスイッチが光ってるだけでテンション上がりますよね!

と言う訳で本日は。
その照光スイッチを使って何か作ってみようと思います。

使用するスイッチはコレ。

今回使ってみる照光スイッチ。涼しげな青をチョイス。


★「ゲームスイッチ ナット止め 24mm 青色照光 12V / SWI508-24SC12LED-BL」でございます。
なんでこれにしたかというと、見た目が涼し気だったのとLEDの電源電圧がDC12Vと使いやすかったからでございます。
LEDの端子にACアダプタ等から持ってきたDC12V電源を突っ込むだけで点灯するので、ほかの機器との組み合わせも簡単なんじゃないかなぁと思った次第です。

で、スイッチを光らせるだけではアレなので、何かをスイッチで動かしてみたいなぁと。

ネタに困った時は店頭をブラブラするとヒラメキが有ると誰かが言ってたのでシリコンハウスをブラブラしていると、こんなものが見つかりました。

お宝発見!

特価のDCファンです。
あ~、そういえば卓上の扇風機欲しかったんだよなぁ・・・・
なんて思った瞬間ヒラメキました。
スイッチでDCファン動かして扇風機を作ろう!

と言う訳でシリコンハウス2階から拝借してきた特価のDCファン。
スイッチで動作させるシロッコファン
2022年7月14日現在エレショップ未掲載ですが、近日中に掲載するのでご容赦ください。
都合のいいことにこのDCファンはDC12V駆動なので、スイッチのLEDと共通の電源で駆動ができます。
なのでスイッチを押したらスイッチのLEDが光り、DCファンが回る、と言う装置を作ってみようと思いました。

では工作に入りましょう。
下準備として照光スイッチのLED用端子に目印を付けます。
スイッチのLEDの+側に赤で目印
プラス側に赤いマーキングをしました。
こうすると配線の時に迷うことがなくなります。

さて、今回照光スイッチはスイッチをONにしたらLEDが光るようにします。
なので、スイッチがつながった時LEDにも電気が行くように配線をします。
つまり、
LEDの+側とスイッチの片方をつなぐ01 LEDの+側とスイッチの片方をつなぐ02
こう。
スイッチの片側(スイッチに極性はないのでどちらでも良い)とLEDのプラス側を接続します。

次にDCファンのプラス側を、先程LEDのプラス側に繋いだスイッチの端子に接続します。
ファンの+側をつなぐ

後はLEDのマイナス側に電源のマイナスにつなぐための電線を、スイッチの空いてる方に電源のプラス側に繋ぐ線を取り付けます。
電源への配線をつなぐ
これでスイッチ周りの配線は完了です。
スイッチを押してONになると、DCファンとLEDの両方に電気が行く配線になっております。

最後にDCファンのマイナス側の電線とLEDのマイナス側の電線電源のマイナスに、スイッチのLEDにつながっていない方の電線電源のプラス側に繋いで完成です。
電源につないで完成

今回はテストなので電源にはワニグチクリップでの仮配線にしています。
実際に使う時はケースに収めたりするので、DCソケットはまだ取り付けません。
ちなみにDCファンの青い線はファンの制御用の線なので今回は使いません。無視します。

ではでは。
早速試してみましょう。
まずは、スイッチを押さない時~
スイッチ押して無いとき~
電源にはつながっていますがLEDもDCファンも駆動してません

いよいよ。
スイッチを押した時~
スイッチ押したとき~ 大成功!
バッチリ!!
スイッチのLEDは点灯してDCファンは回りました!
スイッチが光って物が動くってめっちゃテンション上がりますね。これはイイものだ。

いやはや、照光スイッチって意外と簡単に使えるんですね。
まぁ今回は簡単になるように部品をチョイスしたってのもありますが。


みなさんも是非、スイッチを光らせてみてくださいね♪


(記事:伊東)
更新予定:毎週木曜日(次回は7月21日です!)