エレショップblog

半導体・センサー・マイコン・電子工作キットほか、各種電子部品の専門店「共立エレショップ」から主に電子工作の関連情報をお届けします。 http://eleshop.jp/

記事担当:
ハンダ付け必要-非マイコン系


本日は!
作り終わって、無事ネコの声を聴いたデジットキットの★「動物の鳴き声部品セット ネコ」に、再度挑戦したいと思います!!
★「電工女子、デジットキットを作ります!(第4弾:動物の鳴き声部品セット)★1」
★「電工女子、デジットキットを作ります!(第4弾:動物の鳴き声部品セット)★2」

色々ミスをしたり、何が間違っているのか分からず、手伝ってもらって無事完成させたのですが…。
なんか、やりきった感が無い。
何が正解だったのか、もう一度復習だーーー!!!

・・・ということで、もう1セット用意しました。
M613-CAT-14SP-3-1


で、今回は前回と同じように付属のユニバーサル基板を使ってキットを作るのではなく。
ブレッドボードを使って、間違った所があればすぐに差し替えてチェックできるようにしよう!と思いました。
ということで、今回の為に色々追加で用意しました!
M613-CAT-14SP-3-12

まずは、お手頃ブレッドボード
★「ブレッドボード[RoHS] / KH-102N」
kh102nakh102ne
エレショップ1番人気のブレッドボードで、サイズも手頃で使い易いシンプルなブレッドボードです。


次に配線用のジャンプワイヤ
ブレッドボードのピッチに合わせて長さが10種類もあります
★「ジャンプワイヤパック[RoHS] / SKS-100」
sks100
合計100本入っているので1袋買っておくとブレッドボードでの実験がとても楽になりますよ。


最後は配線がついた小型スピーカー
キット付属のスピーカーはハンダ付けするのが面d・・・今回はハンダ付けしないことも目的なので用意してみました!
★「φ28 取りつけ金具・ケーブル付きスピーカー (1個) ▲航空便不可▲ / KP-S502」
kps502akps502f
ホントはそのままブレッドボードにさせるものが良かったんですけど、無かったのでこのスピーカーの配線を少し剥いて使うことにしました


ではでは。部材が揃ったところでブレッドボードに挿し込んでいきましょう!
とその前に。
以前もお話しましたが、ブレッドボードは中でこのように繋がっているんでした。
L_chika03L_chika03-2
なのでこのつながりを意識して部品同士をつなげていかないといけません
さてさて無事できるかな?

で、はまずICを取り付けましょう~!と思ったのですが、間違えると大変な注意ポイントがあります。
さぁ、アナタならICをどこに挿します?
ココ?ココ??
M613-CAT-14SP-3-2M613-CAT-14SP-3-3


正解は、ココです。
M613-CAT-14SP-3-4
真ん中にまたがるようにICを取り付けます。
これ以外の場所だと、足同士がショートしちゃうんですよね。
ブレッドボードってサイズに関係なく部品を挿すエリアが分かれてるのが不思議だったんですけど、このためだったんですね。
言われてみれば、確かにー!な理由でした。


さて、では取り付けていきましょう。
1回やったからヨユーヨユー!!と思った私が甘かった…。

とりあえず、実際に配線した箇所は説明書を塗りつぶしていきます
M613-CAT-14SP-3-5M613-CAT-14SP-3-6
えぇと、あそこがこうつながってこれとこれがつながって・・・・


結果を申しますと、すんなり配線できたわけではありませんでした・・・・クゥッ。。
前回間違えたところを理解していなかったんですね。例えばタクトスイッチの向きとか。
そして説明書の実体配線図が感覚的に分かりにくかったのです。。
『実体配線図』という名前の印象から、この図と同じ形を再現しなければならないと思ってしまったり、ぐるっと回り込んだ配線に深い意味があると思いこんで混乱してしまったり。
実体配線図の見方って、これはもう慣れなのでしょうね。。。
図形問題とか苦手のオカポンには読み解くだけでもかなり大変でした。

と言った感じで悪戦苦闘はしましたが、なんとかかんとかブレッドボードでもきちんとネコの声を聞くことが出来ました!
M613-CAT-14SP-3-13M613-CAT-14SP-3-14
ブレッドボードは実体配線図と同じように上から見ることができますし、配線なども簡単に修正ができるのでユニバーサル基板を使った時よりは短時間で完成しました。
これは学校でもブレッドボードが主流になるわけだ、と納得したのでした。

さて、ここで終わっても良いのですが、ブレッドボードで実験した後で使える便利アイテムを紹介したいと思います!

★「ブレッドボード互換ユニバーサル基板 / UB-BRD01」
M613-CAT-14SP-3-7


この基板、裏面がブレッドボードのようにつながっているんです。
M613-CAT-14SP-3-8M613-CAT-14SP-3-9
つまりブレッドボードで作ったそのままを基板にすることができちゃうんです!
ブレッドボードに重ねてこの基板の上から部品を挿して実験して、実験が終わったら部品を付けたまま基板を引き抜いて裏でハンダ付け。
あっという間に実験結果が基板になっちゃうんですね。よく考えたものです。
ちなみに基板を重ねた場合はその分ブレッドボード内の端子から遠くなるので、足の短い部品はブレッドボード内の端子に接触しなくなる場合があります。注意してくださいね。

ということで、今回は基板を重ねずに組み立てたので、ブレッドボードに取り付けた部材をそのまま
、この基板に移し替えます
M613-CAT-14SP-3-10M613-CAT-14SP-3-11
このまま裏面をハンダ付けしてしまえば、基板から部材も落ちることなく、作った物をいつまでも残しておけますね!
一旦ブレッドボードで完成させているので、基板への移し替えするときでもそこまで難しくないです!
あぁ、なんて便利な基板。


是非、チャレンジしてみてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は4月7日です!) 

記事担当:共立プロダクツ
ハンダ付け不要-非マイコン系



久々のまつりんでございます。
光りもの大好きであります!

ということで今回は★「LEDスティック 白色 / KP-LEDST110」
を使用してライティングボックスを作っていきたいと思います。
01




コストを抑えたい私は100円均一縛りでやっていきます!

今回使用したアイテムはこちら

カラーボックスのインナー用ペーパーボックス

02


内側に貼るアルミのレジャーシート
03


背景に使うPPシート

04


しっかりした天井にするためのボード
05


ライトの角度を調節するためにスマホスタンド
06

★「φ2.1mm DCジャック - 2P端子台 変換コネクタ / T9-J-N」

07


その他必要なものは、
両面テープ
小さめのクリップ(手芸用品などでかわいいのあります)
とコスト重視。

あと12VACアダプター(★「ACアダプタ DC12V 1A / WA-12100X-1」)が必要です。

まず箱を組み立てて
内側4面(側面、奥側 下側)にアルミのレジャーシートを両面テープで貼ります。

貼り終わったら 天井のボードを貼ります。
私はここでうちに余っていたマジックテープを天井とスマホスタンドに貼り付け
色々な角度から照明が当たるようにしました。


組み立ててみると
スマホスタンドのある部分が不要で邪魔なことに気づいてしまいました。
08

ここを糸鋸で切断すると
イイ感じに邪魔にならなくなりました。


LED
スティックには最初から両面テープがついているので
接着する部分だけをカッターで切り込みをいれ
はがしてスマホホルダーにつけ
PP
シートを天井奥の上にあてて

09



底面の手前をミニクリップで固定

10



なんか。。。なんか。。。。形になったやーーーん!
背景色をかえたいときは マジックテープでPPシートに貼って
都度変えたりできそう♪

素人なりに撮影チャレンジ
11


20㎝くらいのフィギュアもすっぽり入りました。

12


LEDスティック白色KP-LEDST110
kpledst110e

LEDを76個使用した高輝度白色LEDモジュールです。
蛍光灯と違いインバータが不要で、ACアダプターなど直流電源を接続するだけで発光します。

結構明るくて簡単に使えるのでおススメです!


参考にしてみてくださいね♪

(記事:まつりん)

更新予定:毎週木曜日(次回は3月31日です!)


記事担当:
ハンダ付け必要-非マイコン系


本日は!
おまたせしましたデジットキットの★「動物の鳴き声部品セット ネコ」の続きに取り掛かり、完成させたいと思います!!
m613xxx14spa


先週の記事は、こちら。
★「電工女子、デジットキットを作ります!(第4弾:動物の鳴き声部品セット)★1」


一応完成させた!と思いきや、猫の声は聞けず…。
あれやこれやとチェックしている間に、タイムリミットになってしまいました。


前回間違えたポイントのおさらい。
一つ目は、ココ。
M613-CAT-14SP-1-20
このIC、積セラ、スイッチを繋ぐ線材を取り付けていなかったのでした。
回路に慣れていないのでどこがつながってないのかパッと見で分かんなかったんですよね。
単純化された図案の回路図を実際の配線に落とし込むのって、想像力だけでなく慣れとか色々必要なんだなって思いました。

二つ目は、ココ。
スイッチ。
M613-CAT-14SP-1-21
このスイッチ、赤い線で記したように繋がっています。

スイッチを押した時にどことどこがつながるかを意識せずに配線したのが失敗の原因。
これもよく考えれば起こらなかったミスなのですが、回路図を実際の配線にすることに頭が向き過ぎてここまで考えが巡ってませんでした。
慣れない工作だと視野が狭くなってしまうのは今まででもあったことでしたので、落ち着いて工作することが重要ですね。

さて、では引き続きどこを間違えているのかな…??
ということで、チェックをしていくと・・・

三つ目は・・・
配線を間違えていました。
間違えたポイントを、きちんと修正できてなかったんですねぇ…。
ハンダ面から見て、ICの右側一番下の箇所から、スイッチに取り付ける「一つ目はココ」って書いたところが間違っていたんですね!!!ナンテコッタイ!!!


四つ目は・・・(まだあるんかいって言わないで…(´;ω;`))
ハンダ不良でした★
2本の線材が、一つの部品と重なる箇所が何カ所かあるんですが、見た感じはなんとなくハンダ付け出来てるように見えるんですけど、しっかりくっついてなかったんですね。。。

おかしいな?と思ったら、再度ハンダ箇所にこてを当てるの、大事!!
結構、ここが躓きポイントだったりします。
まぁ、私の場合、根本的に配線自体も間違っていたんですけどね!!(´;ω;`)



ということで、これで猫の声聞けたよ!の配線がこちら
M613-CAT-14SP-2-1
電池を入れてスイッチを押すと・・・ちゃんと「にゃ~~~ん」って言いました!!!!
良かったーーーーー!!!!!!
ひとまずこれでキットは完成しましたが、ほんっっっっとうに大変でした。
ただ部品を取り付けていく今までのキットと大きく違うなって。
回路図で見たらほんとに簡単でシンプルなんですけど、いざ自分で配線をしていくとなると頭がこんがらがって失敗も繰り返してしまいました
まだまだ修行が足りないと感じた春浅い午後の日なのでした。


で、配線具合がこっちゃこちゃになっててよく分からないんですが・・・
できればもう一回、チャレンジしたいな…。と思ったオカポンなのでした。



是非、チャレンジしてみてくださいね!
初心者向けではないけどね…!!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は3月24日です!) 

このページのトップヘ