エレショップblog

半導体・センサー・マイコン・電子工作キットほか、各種電子部品の専門店「共立エレショップ」から主に電子工作の関連情報をお届けします。 http://eleshop.jp/

記事担当:共立プロダクツ
ハンダ付け必要-マイコン系


人を検知するセンサと言えば「人感センサ(焦電型赤外線センサ)」が定番で、
お手軽に使えるセンサーですが静止している人体は検知できません
人感センサ

センサの原理が温度変化が生じたことを検知する構造になっているのでしかたないのですが、
トイレや机で、じっと座っている人を検知したいときなど用途によっては
静止した熱源を検知したいときがあります。

そこで、熱源が動かないなら、受光側を動かせば(受光状態の変化)反応するのでは?
ということでセンサー前面に遮光板を付けた「ソーラースイング」を設置し実験してみました。
ソーラースイング


センサーの前方を一旦遮ることで、熱源からの赤外線の受光状態が変化するため
結果的に熱源が動いた状態と同じになり人体(熱源)が静止していても反応するのではという理屈です。

 検知時(遮光板の温度/手の温度 交互に検知することにより変化を検出)
未検知時(遮光板の温度/空間の温度(何もないとき) ほぼ同じなので変化は、ほとんどなし)


※撮影者自身や、撮影台の光源(蛍光灯が熱くなる)を検知しないように後ろ側から撮影しています。

装置は検知をわかりやすくするため、検知時に赤LEDが点灯するようにしています。
手をセンサーの前にかざすと遮光板に同期して赤LEDが点滅しているのが動画からわかると思います。

結果としては、この方法の場合、検知感度が高くなりすぎ、正面以外の反射光や小さな熱源にも反応したりするので使い心地は微妙でした。
遮光板の遮り方を少しにする、リムーバーの動きを小さくする(太陽電池に当たる光を少なくする)
など遮光量で感度調整するなど実用にするには改良が必要そうですが、
興味のある方はぜひ試して見てください。

あと、照明(赤外線を多く含む)のON/OFF、
センサー前方に固定された熱源(高温になる電気製品)があると
誤検知する可能性があるので設置方向に注意が必要です。

またフレネルレンズの影響で遠方になるほど不感スポットが大きくなるので
その点にも注意してください。
検知範囲はメーカーのデータシートなどで確認してください。


今回使用した部材はこちら
・ソーラースイング【組立完成品】YUR-A3B ¥733 (2022.11.24現在)

ユニバーサル基板 50×70mm SDF-0507S ¥173 (2022.11.24現在)

焦電型赤外線センサPaPIRs EKMB1101112 ¥1,666 (2022.11.24現在)
※その他 EKMBxxxxxx,AMNxxxxxなどのシリーズでも使用可能です


--- 検知モニタ用 の部品 ---
・φ3mm LED 赤色 L-314ED ×1

・カーボン抵抗 1/4W 5% 100kΩ ×2

・カーボン抵抗 1/4W 5% 1.5kΩ ×1

・NPN型 小信号用トランジスタ ×1
 2SC1815L-GR-T92-K

・2.54mmピッチ L型ヘッダーピン 9P ×1
 JS-1110-09
※外部接続用に3Pのみ使用

・電解コンデンサ 50V 10μF ×1
 UVR1H100MDD

・両面テープまたはセロハンテープ
※基板貼り付け用 15×50mm程

・厚紙
※遮光板 10×40mm
※セロハンテープ少量




(記事:K)
更新予定:毎週木曜日(次回は12月1日です!) 

今回のblogはここ最近エレショップに入荷した新製品の紹介を行いたいと思います。

スイッチング電源 5V 6A
S8FS-G03005C
S8FSG03005Ca

ここ最近半導体不足や世界的な情勢の問題で各部品が入手難しくなっている
状況から、色々な部品を集めて作る「スイッチング電源」の製造が遅延しており、
入手が難しくなってきています。

そんな中今まで扱っていなかったオムロン製のスイッチング電源の取り扱いも開始しています。
こちらもそこまで数は持っていませんので早い者勝ちでご購入お願いします。


防災ダイナモラジオ (ソーラーパネル付) ▲航空便不可▲
095712
095712a
「リチウムイオン電池内蔵&ダイナモ発電機&ラジオ」と防災使用するには
かなり心強い製品です。ラジオキットは作っても勉強になるし、すぐに
使えるし本当にコストパフォーマンスが高い工作キットだと思います。


ニッコーム 角板形金属皮膜抵抗器(プレート抵抗) 1/2W 1% 100Ω
RP-24C100ohmFZ00
RP24C100ohmFZ00a
フィルムコンデンサーのような形状ですが金皮抵抗です。
オーディオ用途で使用すると良い音が出そうです。
(他にも色々な値があります)


14W×1ch Hi-Fi オーディオアンプ
TDA2030L
TDA2030La
先程も書きましたがここ最近半導体不足で一般的なマイコンやアンプICなども
入手が難しくなっていますが、今回「台湾 UNISONIC社」のオーディオアンプIC
が入荷しています。かなり良い音が出そうなんでキット化も考えてみます!!

他にも続々と新製品入荷しています。
ぜひ共立エレショップ製品チェックよろしくおねがいします。


担当:ヨジゲン 

記事担当:共立プロダクツ
ハンダ付け必要-非マイコン系


ハンダ付けひよってるやついる?
はい、言ってみたかっただけです。



Halloweenが終わりました。
皆さん仮装されましたでしょうか?
ブログのグッズは参考にして頂けましたでしょうか?

今回はさらに入門しやすいキットを使い次のイベント「クリスマス」に向けた
プレゼントBOXを作ってみようと思います。

ジングルベルが流れるICオルゴールキットです。

wk66txxa

こちらブザー、IC、コンデンサ、電池ボックス、基板と大変シンプルな
キットになっています。
キットの写真

入門者にも何か作ってみたい方にもお勧めできる商品になります。

ではさっそく作りましょう。
WK66T-0A-mario-2

基本通り基板につけた時に安定する背の低い物からつけます。
抵抗もダイオードもないので今回はコンデンサ→IC→ブザーの順ですね
なるべく基板を安定させて横に向けましょう。
WK66T-0A-mario-3WK66T-0A-mario-4


電子部品は基本的に足の長いほうがプラスです。
※例外がございましたら申し訳ございません。私の知識不足です。
WK66T-0A-mario-5

ハンダの基本綺麗に掃除されたこて先でハンダ付けをすることです。
WK66T-0A-mario-6

中断する時はハンダのこて先は300度以上にもなりますので絶対に触らない、人に向けない
電源が入ってるかわからない場合は、こて先を触るのではなく電源コードがコンセントから
抜けているか、そのうえでまだ熱いか確認する場合は、こて台に置いてる掃除用のスポンジにつけて
みましょう。水が蒸発すれば100度以上の熱をまだもった状態ということです。
※スポンジには水を染込ませておいてください。
WK66T-0A-mario-7


基板の穴とICの足の幅が合いませんね。
WK66T-0A-mario-8

適度な力で引っ張ってください。
入れる方向は基板のマークと型を合わしてください
WK66T-0A-mario-9

ブザーも切り込みを基板の形と合わせてください。
WK66T-0A-mario-10

電池のケーブルもつけましょう。
※ほとんどの場合は赤がプラス、黒はマイナスでできている製品が多いですが、
一部製品では逆になっていたり、赤と黒以外の配線の場合もありますのでキットを作る場合は
毎回ちゃんと説明書を確認してください
WK66T-0A-mario-11

これでメロディーが鳴ることを確認できました。
WK66T-0A-mario-12

次はここから電池ボックスのケーブルを切ってしまいます。
※勿体ないので、配線をお持ちの方はお持ちの配線をお使いください。
予備の配線をお持ちでない方前提で進めております。
WK66T-0A-mario-13

切った配線の先端部分の被膜を剥きます。
WK66T-0A-mario-14

このような工具(★「細線用ワイヤーストリッパ[RoHS] / PA-06」)がない場合、ニッパーやカッターでする方法もありますが、危険ですので
自己責任でお願いします。

剥いた線にハンダをつけます。
※このことを予備ハンダといいます。
WK66T-0A-mario-15WK66T-0A-mario-16

ここで今回の目玉の1つソーラーパネル(★「アモルファス太陽電池 / SC1025IDS」)を使います。
このパネルの裏面にも予備ハンダをつけます
WK66T-0A-mario-17

パネルと配線をつければソーラー仕様のICオルゴールの完成です。
WK66T-0A-mario-18


この仕様にすると暗い場所では綺麗に音楽が流れません。
明るい場所でしか音楽は流れません。


その性質を利用して、箱に入れてみました。
入れる箱によっては光が入らず綺麗にならないことがあるので箱を合わせるか
ソーラー部分を光の当たりやすい場所に設置してください。

WK66T-0A-mario-19

今回の作り方では電源オフスイッチはありませんので、音を止めるときは
ソーラー部分を暗い場所に隠す、机や床面に向ける等で止めてください。




オルゴール付きの箱やメッセージカードは既存の製品で販売されていますが、自分で作ってみるのはどうでしょうか?

まりおでした。


担当:まりお(元みっきー)

更新予定:毎週木曜日(次回は11月17日です!) 

このページのトップヘ