エレショップblog

半導体・センサー・マイコン・電子工作キットほか、各種電子部品の専門店「共立エレショップ」から主に電子工作の関連情報をお届けします。 http://eleshop.jp/

記事担当:
ハンダ付け必要-非マイコン系


こんにちは、えて吉です。

さて今回は、11月10日より共立エレショップで販売開始をいたしました

画像1

画像2



大きさはこんな感じでとても小さく人差し指にすっぽり収まる程度です。
画像3

画像4



発光部は炎をかたどったゴムがLEDと基板の一部を覆っています。
なので、少々であれば曲げられる程度に柔らかい作りになっています。
※ご注意:あまり曲げすぎると、たぶんきっと故障すると思われます。

画像5
ゴム部の手触り・感触は、浴槽などで大活躍のシリコーンコーキングっぽいのですが、
実際にシリコーンかどうかは定かではありません。


ゴム製なので柔らかいのですが、写真の赤い丸の部分は、おそらく製造工程でできると思われる突起があって、
そこに強く触れると、とっても痛い思いをしますので、お気をつけください。

画像6
突起が気になるようであれば、突起をニッパーでカットしてください。


電源についてですが、まず基板部のどこにも電源の+と-(極性)を示すものがございません。
実はICが見えている面を見て右側が「+」、左側が「-」となっております。
電源を逆接続すると危険なため、十分お気をつけください。

画像7
画像8


それでは実際に発光させてみましょう。
まずは直接光で。


お次は間接光で発光いたします。


いかがでしたでしょうか。

キャンドルランプ系の新しいデバイスとしてご活用くださいませ。


(記事:えて吉)
更新予定:毎週木曜日(次回は12月28日です!) 

記事担当:共立プロダクツ
ハンダ付け必要-非マイコン系


「LEDを点滅させたい」と思ったら、みなさんはどうしますか?
発振回路を作って、タイマーICを使ってとか点滅させたいだけなのに
ICとか回路とか面倒そう・・・・

世の中には「自動点滅LED」という便利なものがありまして
一見すると普通のLEDに見えますが、なんと素子の中にICが入っていて
電源を接続するだけで点滅動作します

自動点滅と普通のLED
左の四角い側が普通LED右が自動点滅LEDです。


「でも自動点滅LEDって種類も少ないし、やっぱり手持ちのLEDを
点滅させるには発振回路を組むしかないのかぁ・・・・」

いえいえ、以下のように、普通のLEDと自動点滅LEDを直列に接続すると


なんと連動して点滅させることができます


直列回路図


この回路で自動点滅LEDが1個あれば自分の好きな普通のLEDを点滅させることができます

LEDは直列に複数個接続することもできるので、2個、3個と付けたい場合は
電源電圧を、接続するLEDの順方向電圧分上げてください。

電源電圧=[自動点滅LEDのVF]+[普通のLEDのVF]+[普通のLEDのVF]+(個数分・・・)

「これじゃあ、いっぱいLEDをつけたいときは高い電圧がいるし
LEDを並列にしたら電流値が下がって暗くなるし・・・・」

そんなときはお馴染みのトランジスタ「C1815」の出番です。
以下のように接続すればトランジスタのコレクタ電流が許す限り
LEDを増やすことができます。

トランジスタ回路

LEDに流れる電流=(電源電圧-LEDの順方向電圧)/抵抗値

赤色LEDの場合は (6V-1.7V)/470Ω=9.1mA となります。
この回路の場合は抵抗値を調節することでLEDの明るさを個々に調整できるメリットがあります。

また、LEDの代わりにブザー(自励式)を取り付けると断続音で鳴らすこともできます。
※他励式ブザーは使えません。

ブザー


通常、電源を接続すると「ピーーーッ」と鳴り続けるブザーですが、
LEDの点滅周期に合わせて「ピーッ、ピーッ、ピーッ」と断続音で鳴らすことができます。


いろいろ使える自動点滅LED、みなさんも使ってみてくださいね。


今回使用した部材はこちら
自動点滅LED φ3mm 赤/高輝度 OSR5MS3164A @60

NPN型 小信号用トランジスタ 2SC1815L-GR-T92-K @22

発振回路内蔵圧電ブザー リードタイプ LF-PB30W25C @370


(記事:K)
更新予定:毎週木曜日(次回は12月21日です!) 

記事担当:
ハンダ付け必須-非マイコン系


今回は、販売開始時に話題になった★「猫型ライントレーサーキット / TE-MICA22」の組み立ての続きをします!
TEMICA22a


★前回の記事はこちら
電工女子★猫型ライントレーサーキットを作ります!★1

前回は、説明ページ(英文)を解読しながら少しずつハンダ付けして組み立てていきました。
モーターにワイヤーをハンダ付けして、はんだ付け作業はすべて終わらせたのが前回まで。


さて、では続きに取り掛かります!
残りは動く部分の組み立てだけです!

「2-13.Wheel loops installation」ホイールループの取り付け
・・・とありますが、最初から黒いタイヤついてました。
TE-MICA22-2-1


「2-14.Wheel installation」ホイールの取り付け
ここは結構力が必要です!!頑張って!!

TE-MICA22-2-2

TE-MICA22-2-3

ホイールをモーターに取り付けてネジで止めるだけなんですが、付属のネジが結構短いので、適当に取り付けちゃうとホイールがポロリと取れます。
力をこめてぐいぃぃぃぃ~~~っとネジを押し付けながら回してください。


「2-15.Motor installation」モーターの取り付け
TE-MICA22-2-4
最初から基板についている両面テープを剥がして、そこにモーターを取り付けます。

が、付属の両面テープの粘着が弱くて全然つかないー!すぐポロってモーターがとれるよ?!
ってオカポンなったんですが、これを共立プロダクツの担当者に訴えたら新たに強力な両面テープを用意してくれました
そしてなんと!!このキットにも新たな両面テープを付属させることになりましたー!!パチパチパチ
これで一安心。
ちなみにこの新たな両面テープは、基板に元々ついている両面テープよりも薄いんですが、粘着力は結構強いので安心です!
ただ、ジェルタイプの両面テープなので、モーター自体に力を加えると両面テープが変形して動いちゃうので要注意!
タイヤと基板が擦れてネコちゃんが上手く走れなくなっちゃうので気を付けてくださいね。

モーターを基板に貼り付ける際、ホイールは基板のスリットに入るようにモーターの位置を調整します。
TE-MICA22-2-5
モーターの先端の横に四角い小さな穴が開いているので、そこにモーターにはんだ付けしたワイヤーを通します。
一本ずつじゃないと通らないので注意です!
で、基板の表側に「2-5.Yellow needle soldering」で取り付けたヘッダーピンがあるので、そこに挿し込みます。


「2-16.Universal screws installation」ユニバーサル・スクリューの取り付け
TE-MICA22-2-6
前輪タイヤの変わりになるのかな…?
ネジを取り付けて、ナットで固定し、袋ナットを取り付けると・・・
TE-MICA22-2-7
TE-MICA22-2-8

完成です!!


電池を入れて・・・
さて、ちゃんと動くでしょうか?!

スイッチON!
TE-MICA22-2-9


光った!!!!
動いた!!!!!!!
・・・・動いた????

なんか、ぐるぐる、回ってる…????
まっすぐ進まない????

あれ????

付属のライントレース用シートにキットを載せても、ライントレースの内側をぐるぐる回って、明らかにライントレースしてない・・・・・・
TE-MICA22-2-10

TE-MICA22-2-11



なんで??????
ちゃんと動いているので、ハンダ付けは間違いないと思う。
動いているネコちゃんの様子をよくよく観察してたら・・・
あれ????と思いました。

電源をONにして、タイヤの動く方向をじっと見ると・・・・
片方のタイヤが逆回転してる!!!
片方のタイヤは前に進もうとしてるのにもう片方のタイヤは後ろに進もうとしてました。
これじゃラインを感知してもまっすぐ進みませんわ。

で、何が原因だったかと言うと。
私、先ほど「で、基板の表側に「2-5.Yellow needle soldering」で取り付けたヘッダーピンがあるので、そこに挿し込みます。」って書きました。

…そう、分かる人は分かっていた。

モーターって、極性なかったっけ????

説明書にも特に明記されてなかったんで、適当に挿し込んだんですが…それが間違いでした!!!

正しくは、モーターの下側(地面側)の端子は、ヘッダーピンの内側に繋げてください!!!
TE-MICA22-2-14
これでどちらもホイールも前に進む方向に回転します。


ということで、今度こそ完成ですーーー!!!!

ライントレース用のシート上に乗せると、ちゃんとラインに沿って動きます
モーターは片方づつしか動かないようですが、左右のモーターが交互に回って結果まっすぐに進みます。
モーターが動いているとき耳の青色LEDが光るのがかわいいです。


床に置いてみると、床の溝を黒い線と認識してずっとぐるぐる回っています。
おもしろ!!!!

TE-MICA22-2-12

TE-MICA22-2-13


たまに溝のないところでも曲がるのが、なんか気まぐれなネコっぽくて好きです。かわゆい。



とってもかわいいのでみなさんも是非、作ってみてくださいね♪


(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は12月14日です!) 

このページのトップヘ