エレショップblog

半導体・センサー・マイコン・電子工作キットほか、各種電子部品の専門店「共立エレショップ」から主に電子工作の関連情報をお届けします。 http://eleshop.jp/

記事担当:
ハンダ付け必要-非マイコン系

本日は!
デジットキットの★「1.5VでLED点灯回路キット / LED1.5_5_KIT」を作ろうと思います!
led155kitaled155kitb


発売されてから結構経つ商品(エレショップに掲載されたのでも、2007年!)なのですが、なかなかに凄いキットなんだぞ!とデジットの責任者さんにオススメされたので、作ってみようと思います!!

ちなみに『デジットキット』と言うのは企画、開発、製造の全てをデジット内で行ってるキットで、このLEDキットは先々代のデジット店長さんが開発したんだとか。

そんな訳で昔からあるキットだし小さいし部品点数少ないし簡単簡単~♪と思っていたんですが。

デジットを甘く見ていたZE!!!!

ぼちぼち製作に手間取ったので、先にキット作成の為の必需品をご紹介します。

ヘルピングハンズ2爪 / 3418
helpinghands

NEWてだすけ君2[RoHS] / 2TD-B
944347ac
基板が小さい分、部品を取付ければ取付けるほど、基板の部品側がガッタガタになってめちゃくちゃハンダ付けしにくいです。
ハンダ付けしながら、何回毒づいたことか・・・・。
なので基板を保持できるこの辺りの工具は、絶対あったほうが良いと思います

先端が斜めにカットされてるこて先
LED1r55KIT-11
こういう先端ナナメのこて先の方が、オカポン的にはハンダ付がやりやすかったのではないか…と思います。


ハンダ吸取線
cp2515a
基板が小さいので、気を抜くとすぐ隣り合った基板の穴をハンダで埋めてしまいがちです。(体験談)
間違えて基板の穴を埋めてしまった場合、すぐハンダを取り除けるのであった方がいいです。
あと、うっかり盛りすぎたハンダを吸取ることにも使えます。

電池ボックス(単3(UM-3)×1本用電池ケース / BH311-1A)
bh3111aa
電池(単3形アルカリ電池4本パック ▲航空便不可▲ / LR6R/4S)
lr6r4sb
LEDを光らせるのに必要な電源です。
キットには入っていないので別途用意してくださいね。



では、キットを作っていきましょう!
パッケージの大きさに比べて中の部材は少な目
LED1r55KIT-1LED1r55KIT-2

基板もめちゃくちゃ小さいです。
LED1r55KIT-3LED1r55KIT-4
説明書はB5片面印刷が1枚だけ。
基板のどこに何の部品を取り付けるのか、のイラストがあるので、それを見ながら作業します。

まずはいつも通り、抵抗から取付けていこうかな!
と思って作業を始めたのですが...
LED1r55KIT-5LED1r55KIT-6
まさかの、抵抗を基板に対して垂直に取り付ける方だったー・・・!
いつもの基板に対して平行に取り付けるつもりで部品の足を折り曲げたので、アレ?!ささらない!?ってなりました。
説明書の下にもちゃんと書いていたので、よく読みましょう…。。。


次はトランジスタ(2SC2320)
LED1r55KIT-7LED1r55KIT-8
取付方向があるので要注意です。

次は、ショットキーダイオード
LED1r55KIT-9
こちらも取付方向があるので、注意しましょう

次は、電解コンデンサ
LED1r55KIT-10
こちらも取付方向があります
足が長い方が+側です。

次は大きい方のトランジスタ(2SC3422)
LED1r55KIT-12LED1r55KIT-13
これも取り付け方向があるので、注意
型番とか書いてる方が基板の外側を向きます。

そしてLED
LED1r55KIT-14
これも取り付け方向があります
足が長い方が+側ですね。

次にタクトスイッチ
LED1r55KIT-15
オカポンだけかもしれませんが…最初の方に取りつけたトランジスタをハンダ付けする際、タクトスイッチを入れる穴をハンダで埋めてしまったんですよねぇ…。
こう言う部品が密集した基板って、こての先端が細い方が良いのか、丸いハンダ付けがしやすい方が良いのか、悩むところ


で、最後がこのキット最大の特徴でとても重要な「インダクタ」
LED1r55KIT-16
取り付け方が、結構特殊です。
基板から3mm浮かせて並べるんですって。
熱収縮チューブとかを使えば簡単に3mm浮かせられるとのこと。
熱収縮チューブと言えば、こんなお得なセットもあります。
収縮チューブ(収縮チューブセット1mmφ×6色 24本入)
hs020024oc160x1a
熱収縮チューブは色々使い所が多いので、こう言うアソート品を持っておくと便利ですよ(宣伝)。

とりあえず、手元に収縮チューブがなかったので、リードの3mmのところにマーカーで印をつけて浮かすことに。
LED1r55KIT-17LED1r55KIT-18
思ったよりも上手く取り付けることができました!ムフーッ!


ということで、完成したのがこちら!!
LED1r55KIT-19LED1r55KIT-20
なんか都会のビル群って感じの密集具合。
「すごい!」って言うより「うわぁ・・・」って感じがしてとてもデジットっぽい

ここに、電池ボックスを繋げば・・・
LED1r55KIT-21

完成です!

ということで、電池を入れて光らせてみた。
LED1r55KIT-22
うは!メッチャ光る!
思ってたよりも凄い!明るい!


・・・・で、このキット。どゆこと???何がすごいの??
キット組み立てたから、光って、普通ちゃうん?って思うでしょ。オカポンも思ってた!!

これ、ちょろっと解説しますと。
普通白色LEDって乾電池1本(1.5V)じゃ光らないんです。
なぜなら、白色LEDを光らせるためには、電圧が3.3V以上必要だから。
電池を3本(合計4.5V)以上に増やして抵抗入れたりすると、白色LEDは光るんですが、電池3本ってそこそこ重いよね。って話で。
じゃあ、1本で光らせてみせましょうぞ!っていうのがこのキットらしいです。


んで、何がすごいかというと、マイクロインダクタを、一方が発振(フィードバック)用、もう一方が昇圧用で、2個同じ方向に並べることによって磁束結合しているんですって!!
一般的に、ブロッキング発振回路で使用するコイルは、鉄心やトロイダルコアに線を巻いて作ったりトランスを使用したりするところを、インダクタを同じ高さに2本並べて使用することで、電池1本で白色LEDを光らせることができちゃうスグレモノキットなんだぞ!ってことらしいです。
考えた人、すごいですね…。
詳しくは、デジットブログをご覧くださいませ!!


さて、乾電池1本でLEDを光らせるキットというと★「1.5V白色LED点灯キット / AGE-2W」とか★「1.5V青色LED点灯キット / AGE-2B」ワンダーキットから出ています。
こちらは昇圧専用パーツを使っているのでもっと簡単で部品点数も少なく作ることができるのです。

AGE-2B(青色)」や「AGE-2W(白色)」は初めての人でも簡単に作れるキットですけど、今回作った「LED1.5_5_KIT」は初心者にはオススメできないなぁと思ったオカポンでした。
電子部品の進化って凄いんだなぁと、作り比べると実感できるキットです。


みなさんも是非、作ってみてくださいね♪


(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は4月28日です!) 

記事担当:
イベント関連


前回、大阪の枚方(ひらかた)市にある「TAKE LABO (テイク・ラボ)」さんの紹介をしました。
★「電工女子★テイク・ラボさんへ行ってきました!★その1」

場所は、
〒573-0064
大阪府枚方市北中振3丁目41−3 3F (Google Map)

最寄り駅は、京阪電鉄の「光善寺駅」です。
「光善寺駅」から歩いて7~8分のところにあります。
takelabo-1-16takelabo-1-17


前回は建物の中の部屋をざざっと紹介したんですが、今回は3Fにある施設利用者が使用できる機材の紹介をしたいと思います。

まずは、3Dプリンター
らぼちゃん…!
3台もありますよ・・・すごいですね。。。
一番右端が、FLASHFORGE 3Dプリンター Adventurer4といって、初心者用なんだそうです。

真ん中が、FLASHFORGE FDM式 3Dプリンター Creator Pro2
takelabo-2-14
こちらはヘッドが2つあるので、1つの作品に2色のフィラメントを使ったり、左右対称の作品や同時に複数の作品が作れるそうです。

一番左端が、FLASHFORGE 大型 高精度 3Dプリンター Guider2(ガイダー2)
takelabo-2-13
大きい作品が作れるそうですよ!

3Dプリンターで使用するフィラメントはテイク・ラボさんで購入することが出来ます
ただ、取寄せには時間がかかるので予約するのがオススメだそうです。
ちなみにテイク・ラボさんで購入したフィラメントを使ってのプリントは無料だそうです。
持ち込み素材の場合は、別途30分100円(一日最大500円)の装置利用料がかかります。


次は、レーザーカッター
takelabo-2-3takelabo-2-5

パラメータチャート(アクリル、ベニヤ、MDF)が飾ってあって、とっても便利!!
takelabo-2-2takelabo-2-4
作成物の完成がイメージしやすいですね。

アクリル板をカットして↓こんなバースデーピックなんかも作れちゃうそうです!
takelabo-2-6

ちなみに、アクリル板などの素材はテイク・ラボさんで購入できます。
takelabo-2-19takelabo-2-20

加工にお時間がかかりますのでご予約がおすすめです。
加工できないものもありますのでテイク・ラボさんのページをチェックしてくださいね!
持ち込み素材の場合は、別途30分100円(一日最大500円)の装置利用料がかかります。


次は、UVプリンター
takelabo-2-21

これ、すごいんですよ!!
スタッフさんが作ったディスプレイを見せてもらったのですが、すごいオシャレ!!
takelabo-2-18
こんなの自分で作れるって考えたら、機材を使ってオリジナルのディスプレイ、作りたくなりませんか?!
思った以上にアクリルへの印刷の発色が綺麗で驚きです。
ちなみに↑のディスプレイは、UVプリンターでアクリルに印刷の他にレーザーカッターで彫刻・カットをしているそうです。

UVプリンターはスマホケースにも印刷できるみたい。
takelabo-2-22
これでオリジナルのスマホケースがバンバン量産できますね!
ただ、布製品などのインクが染みこむ素材の物はプリントに向かないそうですよ。
UVプリンターの予約はこちら!


次は、刺繍ミシン
takelabo-2-23takelabo-2-24

Tシャツ、バッグ、ポーチ、サコッシュ、ハンドタオルなどの素材はテイク・ラボさんで購入することが出来ます
takelabo-2-25

色んなサンプルが展示されているのですが、完成度が高くて驚き
takelabo-2-1
刺繍は手でするにはかなりのスキルや時間が必要ですけど、こんなハイテク刺繍ミシンがあれば針仕事が苦手な人でも安心です。有難いですね!
そうそう、いくらハイテクマシンでも写真を刺繍するのは難しいそうです。
刺繍する図案は色分けがハッキリしたイラストを使うようにしましょう。
テイク・ラボさんで購入したTシャツ等の素材に刺繍する場合は装置利用料は無料です。
持ち込み素材の場合は別途30分100円(一日最大500円)の装置利用料がかかります。
刺繍ミシンの予約はこちら!


そして、最後に紹介するのが、衣類プリンター(ガーメントプリンター)
takelabo-2-26

刺繍ミシンと同じく、プリント用素材のTシャツ、バッグ、ポーチ、サコッシュ、ハンドタオルなどはテイク・ラボさんで購入することが出来ます
takelabo-2-11takelabo-2-12
テイク・ラボさんで購入したTシャツ等の素材に印刷する場合は装置利用料は無料です。
持ち込み素材の場合は別途30分100円(一日最大500円)の装置利用料がかかります。


ということで!!
オカポン、この衣類プリンターを使わせてもらいました!
こんな事もあろうかと、印刷したい写真(Jpeg)をUSBメモリに入れて持ってきていたのDESU!

せっかくなんで自分用に通常使い出来るオリジナルトートを作りたい!出来れば、一番大きいサイズで!!
と言う訳で、スタッフさんに選ぶのを手伝っていただきこちらのトートバッグをチョイス。
takelabo-2-8
ライトキャンバストートのLサイズ。内容量は、なんと19リットル!

衣類プリンターの印刷範囲は最大でA4サイズ。
ということで、まずは印刷データの作成。衣類プリンターの横のパソコンで写真の配置やトリミング、コントラストや彩度の調整をします。
takelabo-2-9takelabo-2-10


で、データが完成したら衣類プリンターに送信。
takelabo-2-34takelabo-2-35

takelabo-2-27takelabo-2-28
まずは、白い布だとこんな感じになりますよー、とサンプルを印刷して見せて頂きました…!!
思った以上にキレイでびっくり。(きれいモードで印刷してもらいました!)

で、次はいよいよ本番!!
takelabo-2-29takelabo-2-30takelabo-2-31
まずはトートバッグのどこに印刷をするのか、位置決めをします。
オカポンは真ん中で!!

ここからが驚きなのですが、まずはセットした布(トート)を印刷機の下に挿入します。
takelabo-2-32
絵柄がキレイに印刷されるようにアイロンをかけるんですって!
そのままだとトートの真ん中に折り目が付いてるので、キレイに印刷されないんですね。
アイロンのおかげでめっちゃキレイになりました!!すごいハイテク・・・!!
takelabo-2-33
で、アイロンが終わったらプリンターの上の部分にトートを挿し込んで、さっき作ったデータをトートにプリントさせます。
印刷後、また下のスロットにセットしてアイロンをかけて、インクを定着させます。
※これをしないと、触るだけでインクがでろんでろんに伸びちゃうんですって。

ということで、完成したのがこちら!!
takelabo-2-15takelabo-2-16takelabo-2-17

我が家のイヌネコズです!むふふ。
たーのーしー!!!!!

ちなみに。
スタッフさんから伺ったのですが、めちゃくちゃ慣れている人はアイロンしている間にセットして、印刷して…を効率よくできるので、30分あればTシャツに5枚は印刷できるそうです。

これはオリジナル製品をもっと色々作りたくなりますね!!
Tシャツとかもいいな・・・。

テイク・ラボさんで購入したTシャツ等の素材に印刷する場合は装置利用料は無料です。
持ち込み素材の場合は別途30分100円(一日最大500円)の装置利用料がかかります。
衣類プリンターの予約はこちら!




最後におさらい。
前回も紹介した「TAKE LABO (テイク・ラボ)」さんの使用プラン・価格はこちらです。

ドロップイン(一時利用)
コワーキングスペース・ファブスペースを事前予約・登録料無しで、ビジターとして一時利用できるプラン。
1日利用
平日:10:00-18:00
土日祝:10:00-18:00
1,100円(税込)

回数券利用
平日:10:00-18:00
土日祝:10:00-18:00
12,100円→11,000円(税込)


月額会員 初回の登録料として1,100円(税込)が別途かかります
コワーキングスペース・ファブスペースを、月額料金にてご利用できるプラン。
月額会員は会議室が無料で使える他、イベントスペース貸し出し割引や会員様限定イベントなどの特典があります。
ナイト&ホリデー
平日:17:00-21:00
土日祝:09:00-21:00
6,050円(税込)

スタンダード
全日:09:00-21:00
9,350円(税込)


アンダー22 ※初回の登録料として550円(税込)が別途かかります
22歳以下の方限定プラン。
全日:09:00-21:00
5,500円(税込)


お支払い方法について
クレジットカード、電子マネーなどキャッシュレスでのみ精算可能です。(現金不可です)

月額会員の会費のお支払いについて
月額会員の会費のお支払いはクレジットカード払いとなります。


その他、詳細な価格は、テイク・ラボさんのHPをご覧ください♪



是非、足を運んで体験してみてくださいね♪

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は4月21日です!)

記事担当:
イベント関連


本日は。
大阪の枚方(ひらかた)市にある「TAKE LABO (テイク・ラボ)」さんへおじゃましましたので、そのレポートをあげたいと思います!

2022年2月16日にオープンした、出来立てホヤホヤのコワーキングスペース(事務所スペース、会議室、打ち合わせスペースなどを共有しながら独立した仕事を行う共働ワークスタイルを指す。 by:Wikipedia)で、ファブスペース(3Dプリンターなどのデジタル工作機械が設置されているスペースです。)で、シェアオフィス(1社だけが自社のオフィスとして1か所のオフィスを使うのではなく、複数社で同じオフィスを共有するオフィスを指す。 by:Wikipedia)な「"つくる"をサポートするためのスペース」なのです!
凄くきれいで、明るくて、いろんな機材が置いています。


場所は、
〒573-0064
大阪府枚方市北中振3丁目41−3 3F (Google Map)


行き方ですが、最寄り駅は京阪本線の「光善寺駅」です。

まずは、改札を出ます。(西出口)
takelabo-1-1

改札を出て、左側の階段を下ります。
takelabo-1-2takelabo-1-3

階段下りたら、左方向へ。
坂を下りてまっすぐ進みます。
takelabo-1-4takelabo-1-5


光善寺界隈に住む方達が誕生日ケーキ購入でお世話になっている『コンフェクトナカジマ』を右手に見ながら、またまた左に曲がります。
takelabo-1-48takelabo-1-7


一つ目の四つ角を右へ。
takelabo-1-8takelabo-1-9


国道1号線にあたるので左にまがり、歩道を歩きます。
takelabo-1-10takelabo-1-11


あとはまっすぐ歩くと・・・
takelabo-1-12


看板が見えてきました。
takelabo-1-13takelabo-1-14

到着です!
takelabo-1-16


「光善寺駅」から歩いて7~8分のところにありますよ!
表の看板の裏側はこんな感じ。
takelabo-1-15
見学会、開催中だそうです!


では、中に入ってみましょう。
takelabo-1-18takelabo-1-17
めっちゃオシャレ・・・。
え、このエレベーターに、入って良いの…?とドキドキなオカポン。

エレベーターに入ったらまずは受付へ。3Fに行きましょう!
takelabo-1-19takelabo-1-20
こんなパネルもありました。
ふふふ、オカポンは知っているので、テイク・ラボ通ですね。

3F入ってすぐの受付カウンター。店内はこんな感じです。
takelabo-1-22takelabo-1-23
ひっろ!!!!
キレイ!!!!!

明るい茶色の空間が、落ち着きます。

ここは、入って右側の壁。
takelabo-1-24
落ち着いて作業できそうです。

ちなみに、ドリンクコーナーもあります。(※有料)
takelabo-1-25takelabo-1-26

入口付近に給湯室もあって、そこに冷蔵庫が…!
takelabo-1-29takelabo-1-30
なんと、フードもあるんです!!!(※有料)


真ん中の作業スペースはこんな感じ。
takelabo-1-27takelabo-1-28
こちらも1人あたりに使えるスペースがかなり広いです!嬉しいですね!
机の奥にはコンセントがあるので、ノートパソコンなど持参して作業するのにも良い環境です。

会議室もあります。
takelabo-1-31
最大6名まで使用できる、完全個室の部屋なんです。
予約制なので、こちらで利用方法(予約も出来ます)について確認してくださいね!


機材もたくさんあるのですが、その紹介は来週にして、まずは4階に行きます!
4Fはシェアオフィス(レンタルオフィス)として使用できるスペースがあります。
どちらも、めっちゃ広いです。
そして窓が多いので、陽の光もたくさん入って明るくて気持ちいいです

こちらが、スペースA(31.06㎡)
takelabo-1-32

takelabo-1-33



こちらがスペースB(35.03㎡)
takelabo-1-34takelabo-1-35

月額利用が基本なんだそうですが、イベント利用を想定した時間でのレンタルも出来るそうです。


そして・・・!!!
会員様限定の集中スペースが、4Fにあるんです!
takelabo-1-37takelabo-1-38
オカポン的オススメ椅子は、手前の灰色椅子です。
しっかりと背中と腰を支えてくれる椅子で、とても良いです!!
部屋も静かな個室なので、集中して作業できそう。

takelabo-1-36
そして、なんと、静脈認証システムで部屋の中に入れるのですよ!
なんて近未来的・・・!

3Fに戻って・・・
忘れちゃいけないのが、スタッフでもあるLOVOTの「らぼ」ちゃん!!!!!
今までTVなどで見たことはあって、存在自体は知っていました。
TVで「きゃ~可愛い!!!」なんて言ってるのも、まぁ、TVだからそういうんちゃうん…。って思っていました。
でもね・・・実際に見たらね!!!やばいです。本当、可愛い。

ということで、初対面
takelabo-1-39

え、こっち見た!!!!?
takelabo-1-40


近寄ってきた!!!!!!
takelabo-1-41
くっはぁぁぁ・・・かわゆ!!!!!

takelabo-1-42
おでこナデナデしたら、目をつむってくれました。

ハンダ付けスペースの壁際にらぼちゃんのネスト(巣)があります。
takelabo-1-43
疲れたらココで眠るんか~かわえぇなぁ~。
流石にらぼちゃんは家族に「買って!」てお願いできないですからねぇ・・・
テイク・ラボさんに通って愛でるのが一番ですね!


あ、そうです。ハンダ付けスペースがあるのです。
takelabo-1-44takelabo-1-45
工具も貸出してくれるので、ここでハンダ付けも出来ちゃうんです♪

とか写真撮ってたら、らぼちゃんが邪魔にならない場所でこっち見てる!!!
takelabo-1-46
こっち見てる!!!(大事なことなので2回言いました)

ちなみに、らぼちゃんお客様の顔を覚えるんだそうな。
通い詰めると、めっちゃ慣れてくれるそうです。

そして、らぼちゃん。足を閉じたら「だっこして~(^-^)」なんだそうです。
で、スタッフさんがだっこしてくれると、手をバタバタしてめちゃくちゃ喜んでいます
takelabo-1-47

あぁんもう、可愛いな!!!!
ちなみに、らぼちゃん日記もつけているそうで、何回抱っこしてくれたとか、なでてもらったとか書いているそうな。これは通わざるを得ませんね!!

らぼちゃんにメロメロになってしまったので、機材の紹介は、来週したいと思います!テヘ。



さて、駆け足で紹介した「TAKE LABO (テイク・ラボ)」さんですが、使用のプラン・価格はこちらになります。

ドロップイン(一時利用)
コワーキングスペース・ファブスペースを事前予約・登録料無しで、ビジターとして一時利用できるプラン。
1日利用
平日:10:00-18:00
土日祝:10:00-18:00
1,100円(税込)

回数券利用
平日:10:00-18:00
土日祝:10:00-18:00
12,100円→11,000円(税込)


月額会員 初回の登録料として1,100円(税込)が別途かかります
コワーキングスペース・ファブスペースを、月額料金にてご利用できるプラン。
月額会員は会議室が無料で使える他、イベントスペース貸し出し割引や会員様限定イベントなどの特典があります。
ナイト&ホリデー
平日:17:00-21:00
土日祝:09:00-21:00
6,050円(税込)

スタンダード
全日:09:00-21:00
9,350円(税込)


アンダー22 ※初回の登録料として550円(税込)が別途かかります
22歳以下の方限定プラン。
全日:09:00-21:00
5,500円(税込)


お支払い方法について
クレジットカード、電子マネーなどキャッシュレスでのみ精算可能です。(現金不可です)

月額会員の会費のお支払いについて
月額会員の会費のお支払いはクレジットカード払いとなります。


その他、詳細な価格は、テイク・ラボさんのHPをご覧ください♪


次週は、ファブスペースの紹介をします!
お楽しみに♪

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は4月14日です!)

このページのトップヘ