エレショップblog

半導体・センサー・マイコン・電子工作キットほか、各種電子部品の専門店「共立エレショップ」から主に電子工作の関連情報をお届けします。 http://eleshop.jp/

カテゴリ: イベント関連

記事担当:
イベント関連

明けましておめでとうございます!!!

2016年1月7日にスタートしたこの「エレショップblog」、なんと4年目に突入します!!
まさか、こんなに長い間途切れさせることなく記事を書き続けることが出来るとは…オカポン自身ビックリです。
これもひとえに皆様の応援のおかげです。
本当にありがとうございます!

さて、昨年は、沢山のイベントに参加・開催しました。
今回のブログでは、お正月休み中ということもあり、2018年の電工女子が参加したイベントを振り返ってみたいと思います。 

まず2/17
これは何かお手伝いをしたという訳ではなかったんですが、ギャル電さんのワークショップを見学させていただきました
ギャル電のエモいワークショップ
私たちとはレベルの違う電子工作イベントに、ものすごくリスペクトしました。
こんなカッコイイイベントを、私たちもしたいと思いました。 


4/28には、電子部品とアニメーションのコラボ!ということで”電子部品でコマ撮りアニメづくり”を開催しました。
株式会社ミツマメプロ、9VAeきゅうべえアニメ研究所と共催させて頂いたんでしたね。
6811-2
電子部品で作るのは回路じゃなくてキャラクター。
それを使ってコマ撮りアニメを作りました。参加してくれたみなさんの発想力に驚かされました。


5/26
には、デジットハッカソンのスピンオフとして「こどもハッカソン in デジットハッカソン」を開催しました。
電工女子会としてのメイン参加では無かったんですが、すごく面白く貴重な体験をさせていただきました。
5725
初めて会う人とペアを組んで、アイデアを出し合って形にしていく。
大人でも難しい作業を、子供ならではの柔軟さで次々と課題をクリアーしていく姿に感動しました。


7/7,8は、電工女子会として2回目のメイカーバザール
「キラ☆キラ光る万華鏡」を作るワークショップを開催しました。
万華鏡とLEDを組み合わせた、とってもキレイな万華鏡でした。
7-真剣に作ってくれています♪19-キラキラなんだけど、どこか和風な万華鏡です!18-マステの上にキラキラシールを乗せてくれました!
苦労の末に生まれた「キラ☆キラ光る万華鏡」で、今思えばもっと改良するところもあったりで、私たち自身も大きく成長することが出来たイベントでした


間をあけずに、7/28
電工女子会主催でイベントを開催しました。
電工女子会メンバーが目をキラキラさせて作った「のらとりえ」さんの「電子箱庭」シリーズのキットをみんなで作ろう!と言うイベントでした。
noraeve-2noraeve-10noraeve-11
このイベントで初めて、オカポンハンダ付けのレクチャーをしました。
苦労も沢山しましたけど、楽しんでもらえたようで良かったです。


夏休みこそ、工作イベントをしようよ!
ということで、8/18には共立プロダクツから発売された最新の電子工作キット「金属探知機2」の製作イベントを行いました。
ここでもオカポン、ハンダ付けレクチャーを担当しましたよ!
KZDT2-eve-3KZDT2-eve-11KZDT2-eve-18
説明書が分かりにくかったり、ハンダ付けが細かかったりと参加してくれた人たちも苦労していましたが、全員無事に完成させることが出来て良かったです。


翌9月には好評だった金属探知機のイベントを、さらにバージョンアップして9/29に開始しました。
サポートスタッフも増え、説明内容を増やしてみたり、宝探しの内容を変更してみました。
KZDT2-eve2-4KZDT2-eve2-12KZDT2-eve2-6
ものづくり工作室全体を使った宝探しは大盛り上がりで、また今年もやりたいな、って思いました。


そして、11/3,4に開催された「ATCロボットストリートin咲洲こどもフェスタ2018」。
今回のワークショップでは、あえて「ハンダ付け」のキットを持っていきました。
「ハンダ付けをしたことが無い」という人が殆どの中、全員キットを無事完成させたのには驚きました。
SKSM18-3-1SKSM18-3-12SKSM18-3-7
この時使ったキットは2018年で一番のお気に入り。
また何かの機会に使いたいキットです。


12/8には、初めてのmicro:bitのプログラミングを開催しました。
クリスマスツリー型アクリルケースを完成させて、micro:bitを触ってもらおう!というイベントでしたね。
MBevent-2-1MBevent-2-6MBevent-2-15
シリコンハウスとの共催でしたけど、私たちもプログラミングのイベントは初めてで、手探りの中苦労して準備したイベントでした。
結果としては満足のいく内容ではなかったので、近いうちにリベンジしたいと思います!
 

12/15は、サーキットスクライブという、紙とペン(このペンが不思議ペンなのです!)とキット内にあるモジュールで、回路について勉強できるキットを使い、クリスマスアートを作ってもいました。
CSevent-2-23CSevent-2-20CSevent-2-34
実はハイレベルな内容なのに、みんなちゃんと回路を完成させていて本当に驚きました。
オカポンも負けてられないなぁ…って思いました。


こう時系列で並べてみると、すごく沢山イベントに参加・開催させてもらっているなぁ…と驚きました!
今年も色々なイベント頑張るぞ~!


イベント以外にも、2020年のプログラミング教育必修化に伴い、共立電子産業でもプログラミングキットを色々取り扱うことになりました。
それにあわせて、キットに触らせてもらう機会も増えました。
2020年まで、あと1年!
今年は、もっとプログラミング教材の紹介や、プログラミングと電子工作と絡めた記事も書けたら良いな、とふんわり思っています。


電工女子(「電」子「工」作をする「女子」)として、これからも頑張っていこうと思いますので、皆さん2019年も応援宜しくお願い致しますね!


本年も、共立電子産業をどうぞ宜しくお願いいたします。


(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は2019年1月10日です!)

記事担当:
イベント関連


今年最後のブログは【告知】電工女子★12/15@「サーキットスクライブで電気回路を学ぼう!」★イベント報告をしたいと思います!
CSevent-2-12CSevent-2-13CSevent-2-25

CSevent-2-23CSevent-2-24CSevent-2-26

CSevent-2-29CSevent-2-30CSevent-2-31

開催したのは12/15(土)
時間は【午前の部】10:30~12:00と、【午後の部】13:30~15:00の計2回です。
場所は大阪・日本橋にある、シリコンハウス 3Fものづくり工作室」です!

告知の時にもお知らせしましたが、今回のワークショップは日祥株式会社と共催でした。
日祥株式会社は、今回のイベントで使う「サーキットスクライブ」の日本正規販売代理店なんですよね。
その「中の人」が「サーキットスクライブ」についてレクチャーしてくれるという、なんとも心強いイベントでした。

イベントは、ふたつのパートに分けて進行しました。
 (1)「サーキットスクライブってどんなもの?どうやって使うの?」使い方のレクチャー
 (2)サーキットスクライブを使って、クリスマスアートを作ろう!
まず使い方を教えてもらって、そのあとで作品を作る。そういう流れでした。

今回のイベントでも、ワークショップに入る前にまずは施設の使い方、注意事項などを説明します。
CSevent-2-15CSevent-2-21


説明が終われば、いよいよワークショップスタート!
日祥株式会社の「中の人」にバトンタッチして、サーキットスクライブってこんな商品なんだよ!こうやって使うんだよ!っていう説明をしてもらいます。
CSevent-2-2CSevent-2-1CSevent-2-3

CSevent-2-5CSevent-2-9CSevent-2-10


サーキットスクライブのキットの中には、使い方や解説など、詳しく書かれたワークブックが入っています。
今回のレクチャーはそれを参考にしながら進めました。
CSevent-2-6CSevent-2-7CSevent-2-17


サーキットスクライブのレクチャーが終わったら、休憩をはさんでいよいよクリスマスアートの製作です♪
画用紙」(クリスマスにぴったりなイラストが印刷された画用紙、無地のものなど用意しました)
ミニホワイトボード」(画用紙、サーキットスクライブのパーツをこの上に乗せます)
好きなサーキットスクライブのモジュール」(LED、モーター、ブザー、スイッチなどたくさんの種類のパーツがあります)
まずは必要なもの、使いたいモジュールを取りに来てもらいます。
CSevent-2-11CSevent-2-4CSevent-2-16


イラストの、どこを光らせたいかな?光らせて、音を鳴らすにはどうしよう?
交互に光らせたいな、どう線で繋げれば良いかな?
そこにモーターを入れる場合、どうしよう?
いろんな「やりたいこと」が浮かんでくるけど、実際に線でつなぐのは超大変!
それもそのはず、やってることは「回路設計」ですから。
でもそんなことを意識せずに、絵を描くように回路を作れるのがこの「サーキットスクライブ」のスゴイところなんです。

もちろん回路を描くところはスタッフがお手伝いします♪
でも簡単なレクチャーだけでちゃんと回路を描けちゃう人もいて、スタッフも驚いていました。
CSevent-2-18CSevent-2-22CSevent-2-27

CSevent-2-19CSevent-2-8CSevent-2-28


クリスマスアートを作り終わった人から、展示用ボードの好きな場所に貼ってもらいました♪
中心にツリーを、その周りを参加してくれた人たちのクリスマスアートで飾ってもらいました。
CSevent-2-14CSevent-2-32CSevent-2-33


キラキラいっぱいの作品、モジュールをたくさん使った作品、配線の描き方にまでこだわった作品、個性豊かな作品ばかりで。
ホントにみなさんスゴイな~って思いました。

作品を展示し終わったら、みんなで撮影です!
こんなにも素敵なクリスマスアートが出来ました!
CSevent-2-20CSevent-2-34


今回参加してくれた皆さんには、レクチャーの時に使ったサーキットスクライブのキットをお持ち帰りしてもらいました。
キットの中にはレクチャーの時に使ったワークブックも入っているので、お家に帰ってからでも楽しく勉強することができます!

参加してくださったみなさん、本当にありがとうございました!


他のイベントやセミナーなども、このエレショップblogシリコンブログで告知しますので、今回のレポートで興味を持った人は是非参加してみてくださいね!

電工女子会だけでなく、共立電子産業は他にもセミナー・イベントを随時行っています。
こちらのページでも情報アップしていますので、イベントに興味のある人は要チェックですよ!


来年も、共立電子産業をどうぞ宜しくお願いいたします。

では、良いお年を!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は2019年1月3日です!)

記事担当:
イベント関連


今日のブログは、【告知】電工女子★12/8@「micro:bitではじめてのプログラミング体験♪」★イベント報告をしたいと思います!
MBevent-2-1MBevent-2-2MBevent-2-3


開催したのは12/8(土)
時間は10:30~13:00です。
場所は大阪・日本橋にある、シリコンハウス 3Fものづくり工作室」です!

イベントということで「ものづくり工作室」も特別仕様
工作室内にはmicro:bitを使ったデモ機や、micro:bitの書籍などをサンプルとして置いていました。
少しでもmicro:bitに親しんでもらえたら嬉しいです。
MBevent-2-4MBevent-2-5


イベント内容は、大きく分けて2つ。
(1)クリスマスツリー型アクリルケースを完成させること。(レジンでLEDをデコレーションします)
(2)micro:bitに触ってみること(micro:bitにつないだLEDを光らせます)

ワークショップに入る前に、まずは工作室内の使い方、注意事項を説明します。
MBevent-2-6MBevent-2-7MBevent-2-8


前説が終わればいよいよ本番
今回使用する部材、micro:bit、ケーブル、自分の好きな色(赤、青、緑、紫)のアクリルケースを選んでもらい、組み立てを始めてもらいました。
MBevent-2-9MBevent-2-10

今回使用したLEDは3色(赤、青、緑)。それを1本ずつ配りました。
このLEDをレジンでコーティングしていくわけです。
MBevent-2-11


レジンの型はいろんな形を用意していました。
作業がスムーズに進むよう、あらかじめ型で作っておいた透明のレジンをベースとして用意しておきました。
使いたいレジンの型を選んだら、ベースの上にレジンを流し入れて、デコレーションをしてLEDをはめ込んで硬化させました。
MBevent-2-12MBevent-2-13MBevent-2-14

アクリルケースを組み立てるグループ、LEDをレジンでデコレーションするグループ。
手持ち無沙汰にならないようグループ分けをして作業を進めてもらいました。
MBevent-1-2MBevent-1-13


しかし、ここで想定外のことが…。
レジンの型は沢山あったのですが、1つの種類(かたち)につき1個しか型を用意してなかったので、使いたいレジンの型が重なってしまった場合は順番待ちすることになっちゃいました…。
そのせいで手持ち無沙汰な時間ができてしまって、参加してくださった皆さん、スミマセンでした…

レジンデコ・アクリルケースの組立てが終わったら、次は参加者の皆さんに持ってきていただいたスマートフォンやタブレットとmicro:bitをペアリング(Bluetoothで接続)してもらいました。

今回のイベントでは、自分で作成したプログラムをお家に帰ってからも使えるように、プログラム用の端末をお客様に持ってきてもらいました。

しかしここでもう一つの想定外なことが…。

なんとmicro:bitとペアリングが出来る人と、出来ない人が出ちゃったんです。
ハッキリとは分かりませんが、多分、ペアリングする端末の数がちょっと多かったので、電波が混雑してしまい、うまくペアリング出来なかったんじゃないかな、と思います。(micro:bitと各端末はBluetoothで無線接続します)
ペアリングがうまく行かなかった人には、予備で用意していたスマートフォンやタブレットを使ってもらい、なんとか進めていただきましたが、この件に関してはこちらの想像力不足でした。
本当に申し訳ありませんでした!

次回micro:bitのイベントを行う際は、このあたりは問題なく出来るように対策を考えます

そんなこんなでペアリングが終わったら、いよいよお待ちかね
●micro:bitの初歩的な使い方
●レジンで固めたLEDをmicro:bitと繋いで光らせるための方法
●スマートフォンやタブレットで作ったプログラミングをmicro:bitにダウンロードする方法
などをレクチャーしました。

流石にmicro:bitの使い方やプログラミングについては私達でレクチャーするのは難しいので、シリコンハウスの平田さんに担当してもらいました。
気になる人はシリコンブログもチェックしてみてくださいね!

レクチャーが終わったら少し自由時間をとって、micro:bitのプログラミングを自由に改良して頂き、最後にみんなで撮影会です♪
素敵なツリーがたくさん出来ました。
MBevent-2-15


参加者の皆さんにお渡ししたレクチャー用の資料には、「自宅でできる応用編」も入れていますので、お家に帰ってからも楽しく勉強することが出来ますよ♪
素敵なイルミネーションを作ってくださいね!

参加してくださったみなさん、本当にありがとうございました!


他のイベントやセミナーなども、このエレショップblogシリコンブログで告知しますので、今回のレポートで興味を持った人は是非参加してみてくださいね!

電工女子会だけでなく、共立電子産業は他にもセミナー・イベントを随時行っています。
こちらのページでも情報アップしていますので、イベントに興味のある人は要チェックですよ!


(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は12月27日です!)

記事担当:
イベント告知


今回の記事も、イベントの告知を行いたいと思います♪
先週は「サーキットスクライブ」のイベント告知をしました。(「【告知】電工女子★12/15@「サーキットスクライブで電気回路を学ぼう!」★」)

実は、今週末にもイベントが開催されます!
ただ、有難いことに満員御礼になりましたので、ホントに紹介だけになってしまいます!(スミマセン…)
ご予約くださったお客様、本当、有難うございます!
もしご要望が多ければ第2弾、3弾も企画しますのでお楽しみに!

今回紹介するイベントは「micro:bit」のイベントです♪
「micro:bit」に触れたことのない方に、イベントを通して「micro:bit」の面白さを体験してもらおう!と言うのがコンセプトなのです。

今回は12月ということで、「micro:bit」を使ってクリスマスツリーを作ります
電工女子会が頭を悩ませ、オカポン頑張ってこのクリスマスツリー型アクリルケースを作りました!
MBevent-1-13

ツリーに空いている穴は、LEDをレジンで固めた物を差し込みます。
MBevent-1-2
このレジンで固めたLEDを「micro:bit」で制御して電飾にするんですね。
もちろん、micro:bitもしっかり見えるので、micro:bit本体についているLEDもバッチリ見えます
ツリーに付けたLEDを光らせるだけじゃなく、micro:bitのLEDを使ってメッセージなんかも表示させられるので、自分だけの素敵なクリスマスツリーが作れちゃうんです。

実はこのクリスマスツリー型アクリルケースは、micro:bitを挟むように2枚のアクリル板で構成されているんです。
なのでmicro:bitの両面を保護していて、ケースとしてもしっかり機能しています。安心ですね。

イベントは、レジンでLEDを装飾してツリー部分を組み立てる『工作パート』と、micro:bitにプログラムを書き込む『プログラミングパート』の2部構成。
micro:bitでのプログラミングの仕方などをレクチャーしちゃいますよ♪




他のイベントやセミナーなども、このエレショップblogシリコンブログで告知しますので、今回の告知で興味を持った人は是非参加してみてくださいね!

電工女子会だけでなく、共立電子産業は他にもセミナー・イベントを随時行っています。
こちらのページでも情報アップしていますので

イベントに興味のある人は要チェックですよ!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は12月13日です!)

記事担当:
イベント告知


今週は、イベントの告知を行いたいと思います♪
なんだかんだで、もうすぐ12月!
2018年ももうすぐ終わりですが、12月はイベントも盛り沢山な一ヶ月となっております!

イベントの紹介をする前に、皆さん「Circuit Scribe (サーキットスクライブ)」って知ってますか?
CSevent-1-1CSevent-1-2CSevent-1-3


この「サーキットスクライブ」というのは今までにない、不思議な電子工作キットなのです。
では「サーキットスクライブ」の何が不思議なのか解説していきましょう!

「サーキットスクライブ」の他のキットとの違いを見るために、電子工作の手順を確認してみたいと思います。
以前このブログで紹介した「動物の鳴き声キットとhacomoのセット」を例に出しますね。
部品の足、出てますハンダもりもり簡単配線
この「動物の鳴き声キットとhacomoのセット」の鳴き声を出す部分は、何もパターンが無い基板に部品をさし、自分でリード線をハンダ付けして回路を作りました。
最後に電池をつなげて「スイッチを押すと動物の鳴き声がするキット」が完成したんでしたね。

このように電子工作には「基板」「部品」「配線(リード線、パターン)」「電源」が必要で、それをハンダ付けして組立てていかないといけません。
「動物の鳴き声キットとhacomoのセット」の鳴き声を出す部分は、パターンのない基板に自分で配線して回路を作るのはとっても大変でした。
しかしこの「サーキットスクライブ」はとても簡単に回路を作ることができるのです。


まずは「必要なもの」を見ていきましょう。
「サーキットスクライブ」の場合、「基板」は「紙」になります。
好きな紙を用意しましょう。

部品」は「キット内にあるモジュール」を使います。
光ったり、音が鳴ったり、動くモジュールがあります。
CSevent-1-4CSevent-1-5

繋げる線(リード線、パターン)」は「導電ペン」で作ります。
見た感じ、銀色のインクが出る、普通のペンのように見えます。ただし、このペンがすごいのです!
CSevent-1-6CSevent-1-7CSevent-1-8
なんとこの★「導電ペン」に入っているインクは、電気を通すインクなのです!
なのでこのペンで紙に描いた線や絵は、そのまま基板のパターンや配線と同じものになるんです。
紙に絵を描くように回路が描ける、それがこの「サーキットスクライブ」のスゴくて不思議なところなのです。

キットには定規がついて、この定規を使って丸を書いて塗りつぶすと、そこが「モジュール」をつなぐところになります。
CSevent-1-9\CSevent-1-10CSevent-1-11
あとはその丸同士を繋げるだけで、配線が完了してしまうのです!すごく画期的!

線を引いたら、紙の後ろに付属のマグネットボードを敷いて、モジュールを先ほど塗りつぶした丸印の上に置きます。
CSevent-1-12CSevent-1-13

モジュールの端子部分は磁石になっているので、付属のマグネットボードやホワイトボード・鉄板など磁石がくっつくものを下敷きにすると、モジュールが固定されてきちんと接続されるんですね。
電源部分には、電池(006P)のモジュールがあるので、それを接続します。
すると…
CSevent-1-14CSevent-1-16CSevent-1-15
LEDが光ったー!!となるんです。
線を描いてモジュールを乗せるだけ。たったこれだけで電子回路ができてしまうんです!
「サーキットスクライブ」にはとっても分かりやすい説明書付きなのでこれまた安心です。

どうですか、試してみたくなりませんか!?
気になる「サーキットスクライブ」のキットは値段別に種類があります。

★「Electroninks サーキットスクライブ ベーシックキット」
★「Electroninks サーキットスクライブ スーパーキット」
★「Electroninks サーキットスクライブ ウルトラキット」
何が違うかって、中に入っているモジュールの種類・数が違うんです。
モジュール6個の基本セットからモジュール28個(!)のウルトラキットまでエレショップに掲載してますので、ぜひ気になるキットを購入してみてくださいね!


さて、いよいよ本題です。
今回のイベントでは、この「サーキットスクライブ」の導電ペンとモジュールを使って、クリスマスアートをみんなで作っちゃおうと思います。

そして、下の画像にもありますが、今回のワークショップは日祥株式会社と共催なんです。
日祥株式会社は、★サーキットスクライブ日本正規販売代理店なんです。
で、今回のイベントでは日祥株式会社の「中の人」が、サーキットスクライブについて色々とレクチャーしてくれるんです♪心強いですよね!

LEDの光り方を調節出来るモジュールなどもあるので、組み合わせ次第で自分の思い描くアート作品が作れると思います♪
楽しく電気回路の仕組みを理解できて、アート作品も作れちゃう。

そして、な、なんと!
定価5,400円(税込)の商品をお持ち帰りいただけます!
これは、ぜひ参加しなくちゃ損ですね!


ではイベントのお知らせ情報をまとめますね。
開催日時は「12/15(土)」
場所は大阪日本橋(駅でいうと恵美須町駅です。駅から徒歩3分)の「シリコンハウス」。
内容は今回紹介した「サーキットスクライブ」を使ってアート作品を作るイベントです!

ワークショップは、材料費込みの3,000円でご参加いただけます!
イベント特典として、定価5,400円(税込)の商品をお持ち帰りいただけます♪
家に帰ってからでも、楽しく勉強できますよ。

イベントの時間は、
(1)10:30~12:00
(2)13:30~15:00
の全2回です。

申込みはシリコンハウス店頭(大阪・日本橋)か、こくちーずからお申し込みください。

専用ページはこちらから→

 【10:30〜12:00】→「こくちーずPRO」
【13:30〜15:00】→「こくちーずPRO」



皆さまのご参加お待ちしております!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は12月6日です!)

このページのトップヘ