エレショップblog

半導体・センサー・マイコン・電子工作キットほか、各種電子部品の専門店「共立エレショップ」から主に電子工作の関連情報をお届けします。 http://eleshop.jp/

カテゴリ: イベント関連

記事担当:
イベント告知


先週の土日、11/2(土)と3(日)に大阪南港ATCで開催された「ATCロボットストリート in 咲洲こどもEXPO 2019」に参加してきました!
このブログでも少し前に告知しましたが、今回も電工女子会でハンダ付けワークショップを行いました。
(「【告知】電工女子★11/2,3@「ATCロボットストリートin咲洲こどもEXPO2019」でハンダ付け体験会します!★」)

当日はたくさんのお客様にお越しいただきまして、本当に有難うございました!!
skmEXPO-2-20skmEXPO-2-2skmEXPO-2-9

今回ワークショップは事前予約を受付ていたんですが、有難いことに予約だけで席がすぐに埋まってしまう盛況ぶり!
嬉しい反面、こんなにも興味を持ってくれる人が沢山いらっしゃる、ということにちょっぴり緊張してしまいました。

ワークショップ当日も「やってみたい~!」という声も沢山聞こえてきて、嬉しいやら申し訳ないやら…。
また別の機会で「おしゃべり宇宙人」のイベントが出来ればな~、と思ったオカポンなのでした。


さて、では当日の様子をレポートしたいと思います。
ワークショップの流れは、夏に行ったメイカーズバザールと同じです。

skmEXPO-2-6skmEXPO-2-7
まずは、受付を済ませたら好きな靴下を1つ選んでもらいます。
この靴下が宇宙人の本体になるんですね。
「白」と「しましま」靴下には、追加のデコパーツを選んでもらいました。そのままだと見た目がシンプルになりすぎるので。
本体を選んだら次は足の部分になる「リボン」を1束、大・小の「目玉」から好きなものを2つ、デコパーツを3つ選んでもらいました。

そして、今回使用した「靴下」なんですが、タビオ株式会社さんにご提供いただいたものなんです!!
本当に有難い!!
すごく生地がしっかりしていて肌触りのいい靴下がたくさんあったので、頬擦りしている子をよく見かけました。
お母さんからも「これ色も素敵だし私が欲しいわ~!」という感想をいただいたほどです。


時間になったらイベント開始。
まずは40分ほどハンダ付けのレクチャー&練習時間です。
skmEXPO-2-5skmEXPO-2-23skmEXPO-2-49

skmEXPO-2-10skmEXPO-2-13skmEXPO-2-11
今回はレクチャーの流れを今までとは少し変えてみました。
ハンダ付けの方法を1つずつ紹介し、手順ごとにスタッフがテーブルで実際に見本を見せます。
しっかりと練習をして「ハンダ付け」に慣れてもらい、自信がついたら本番のキット作りに移ってもらうようにしたので、ハンダ付けもキット製作もスムーズだったように思います


練習で自信がついたらいよいよ本番のキット製作
skmEXPO-2-40skmEXPO-2-41skmEXPO-2-42

skmEXPO-2-43skmEXPO-2-44skmEXPO-2-47
メイカーズバザールの時よりもハンダ付けする箇所は少なかったのですが、それでもみんな完成までが早い!そして、失敗無しで完成する子がほとんどでした。
ハンダ付けをしたことが無かった子が多かったのですが、それでも全員無事キットを完成させたのには驚きです。


キットが完成したら、次はぬいぐるみ作り
skmEXPO-2-45skmEXPO-2-46skmEXPO-2-48
みんな楽しそうに、親子でデコってオリジナルの「おしゃべり宇宙人」を作ってくれましたよ!

みんな一生懸命工作をしてくれて、出来上がった時に満面の笑顔を見ることが出来て、こちらも嬉しくなりました。
skmEXPO-2-24skmEXPO-2-25skmEXPO-2-26

skmEXPO-2-27skmEXPO-2-28skmEXPO-2-33

skmEXPO-2-30skmEXPO-2-32skmEXPO-2-31


こうしてみると宇宙人の顔の部分が靴下だなんて分かりませんよね
靴下の中に基板と綿を詰めて頭(と胴体?)を作って、好きなデコパーツで飾り付けます。
デコパーツは同じものでも配置が違ったりでみんなの個性があふれる宇宙人になってました。

では、みんなの作品を紹介しますね♪
skmEXPO-2-8skmEXPO-2-12skmEXPO-2-35

skmEXPO-2-14skmEXPO-2-17skmEXPO-2-19

skmEXPO-2-21skmEXPO-2-18skmEXPO-2-22
ホント、素敵な宇宙人ばかりで見ているだけで楽しくなっちゃいました♪


今回初めての試みとして、感想や次作ってみたい物などをフセンに書いてもらい、パネルに貼ってもらいました♪
skmEXPO-2-4skmEXPO-2-1skmEXPO-2-36
今までは一人に一枚ずつアンケート用紙を渡して書いてもらってたんですけど、その時よりも感想の言葉が多かったように思います。
次に作りたい物とかもご意見いただいたので、皆さんのご希望に添えるよういろいろ試していきますね!

他にも、シールを貼ってもらうアンケートも横に設置しました。
skmEXPO-2-37
楽しそうにアンケートを書いてくれる人も多かったですし、ニコニコしながら感想を読んでいらっしゃるお客様もいましたよ。


受付場所には今回使用したキットの完成品を置いていたのですが、興味深げに触っていってくれたお子様や、キットに向かってお話してくださるお子様もいて、楽しんでくれて良かったなぁ、と思いました。
参加してくださった皆さんはもちろん、通りがかった人たちにも楽しんで頂けたようで、電工女子会一同喜んでいます!
本当に有難うございました!

これからも電工女子会の活動にご期待くださいね!



ちなみに共立電子産業としては、物販(ポップアップ・ストア)もしていました。
skmEXPO-2-3skmEXPO-2-34skmEXPO-2-39
やはり、プログラミングのキットなどが好評だったようです。
デモ品も多く持って行っていたので、たくさんのお客さまに足を止めていただいたようです。
そうそう、今回初の試みとして「ハンダ付け体験ブース」を設置しました。こちら、順番待ちの列もできるほど盛況だったようです!!

多くのお客様にお越しいただけたことに本当に感謝です♪

みなさん、ありがとうございました!


(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は11月14日です!)

記事担当:
イベント告知


先週のブログ記事の最後にぐっちさんからも告知があったのですが、今回はより詳細なイベントの告知をさせてもらいます♪

11月2日(土)、3日(日)
大阪南港ATCの「ATCロボットストリート in 咲洲こどもEXPO 2019」で、ハンダ付けワークショップを開催します!

作るキットは…
skmEXPO-6makersbazaar2019-2makersbazaar2019-3

「メイカーズバザール大阪2019」でも大好評だった、「おしゃべり宇宙人を作ろう!」を開催します!!
メイカーズバザールの時はホントに大好評で、予約だけで席がほとんど埋まってしまい…
「当日受付出来ないの?」「はんだ付けやりたかったよ~」「宇宙人作りたかった~!」という声を沢山頂きました。
あの時はありがたいやら申し訳ないやら...

とうことで、メイカーズバザールの時の反省点を見直しして、バージョンアップしたハンダ付けワークショップとして帰ってきますー!

で。
「おしゃべり宇宙人」って何?という人の為に、少し説明しますね。
なんと「しゃべるぬいぐるみ」のことなのですー!
えっ!?しゃべるの!?って思うでしょ。
この「しゃべるぬいぐるみ」は自分のしゃべった言葉を宇宙人みたいな声で復唱(マネ)してくれるんです!
ワークショップのメインはその中の基板部分のハンダ付けなんです!

作り方説明書などは前回使用したものをもっと分かりやすく作り直していますよ♪
ハンダ付け箇所もそんなに多くないので初心者の方でも安心です。
もし分からなくても、スタッフがそばに居るので安心してくださいね。

イベントの流れをさらっと説明しますね。

今回は、ハンダ付けの練習をしっかり体験して欲しいな!ということで、1回につき2時間制にしました。
たっぷり時間を撮ったので、思う様ハンダ付けを楽しんでくださいね!

イベントの最初にハンダ付けのレクチャーと練習をします。
makersbazaar2019-2-12makersbazaar2019-2-13
(※写真は2019年度メイカーズバザールのものです)

最初にしっかりハンダ付けの練習をして、本番のミスを少なくしよう!
はんだごての使い方に慣れよう!ということを目的にしています。
なのでハンダ付けが初めての方でも安心して参加してくださいね!

練習が終わったらいよいよ本番
宇宙人の中身(電子回路基板)にハンダ付けします。
skmEXPO-3skmEXPO-1skmEXPO-2

ハンダ付け箇所はそんなに多くありませんし、事前の練習で培った技術がここで効いてきます!

基板を組み立て終わったら、最後にぬいぐるみ部分を作ります
skmEXPO-4skmEXPO-5makersbazaar2019-9


前回と同様、顔の部分は「靴下」で出来ていますよ!
同じ靴下を使っていても仕上がりがみんなそれぞれ違っていて、個性が出るのが本当に面白いな!って思いました。

makersbazaar2019-2-48makersbazaar2019-2-46makersbazaar2019-2-41
(※写真は2019年度メイカーズバザールのものです)


ワークショップは、材料費込みの2,000円でご参加いただけます!
もちろん作ったキットはお持ち帰りできますので、持って帰って、みんなに自慢してくださいね。

イベントの時間ですが、2日と3日で異なるので注意してくださいね。

2日(土)
(1)10:30~12:30
(2)13:00~15:00
(3)15:30~17:30


3日(日)
(1)10:00~12:00
(2)12:30~14:30
(3)15:00~17:00


の計6回です。
当日満席の場合、他の時間での参加をお願いしますので、早めのご予約が安心だと思います♪

事前予約はこくちーずからお申し込みください。

専用ページはこちらから→
【11/2(土)/3(日)】→「こくちーずPRO」





そしてそして、今回も共立電子産業の物販ブース(ポップアップ・ストア)もあります!

makersbazaar2019-2-3makersbazaar2019-2-7makersbazaar2019-2-8
(※写真は2019年度メイカーズバザールのものです)

色んなロボットのキットや、ハンダ付けのキットプログラミングを楽しく学ぶことが出来るキット書籍なども持っていきます♪
他にも、IchigoJammicro:bitRaspberry PiArduinoコイン電池で光るLEDワイヤーハンダゴテセットなんかも持っていきますよ!

是非、お立ち寄りくださいね♪


皆さまのご参加お待ちしております!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は10月24日です!)

記事担当:
イベント関連


9/14(土)にシリコンハウス3F「ものづくり工作室」で開催された、
子供の科学イベント『【大阪】KoKaスクール電子工作コース ポケデンエントリークラス』』を見学させていただきました!
初の大阪開催です!!
1

講師は伊藤尚未先生です!
2
赤いツナギに白衣姿の先生です!!
書籍「電子工作パーフェクトガイド」持ってるしっ!あの伊藤先生が目の前に…!って、気持ちは参加者の小学生たちと同じ。^^
ドキドキワクワクしながら参加させていただきました。
3

開催時間は、10:30~13:00と、14:00~16:30の2回。
定員は各回とも12名だったのですが、満席でした!
まずは伊藤先生から工具の使い方と、今日何をするのかの説明がありました。

伊藤先生「今日は「プチピカマーカー」を作ります!そして、今日はそれを作るのに必要な電子部品をシリコンハウスで自分で集めてもらいます!
4

ひゃーー!!
ちなみに、ハンダ付け経験者、未経験者は半々ぐらいでしたが、シリコンハウスに来たことのある子は少数。
(1~2人ぐらいでした。^^;)
みんな電子部品屋初体験。
でも、今日は部品を自分で集める!というミッションをクリアしなければ、「プチピカマーカー」を作れませんからね!
部品表を持って、早速、売り場へ、レッツゴー!
5

そして、シリコンハウス2Fがあっという間に小学生だらけになりました。^^
かわいらしくて、何とも嬉しい光景です。
678

みんなお母さんやお父さんと一緒に必要な電子部材を集めていきます。
最初はどこを見たらいいのかわからへ~ん…という感じでフラ~~…と歩いている子もちらほらいましたが、
さすがに適応能力高いです!
あっちこっちで「LED見つけた!」「スイッチ見つけた!」と続々と目的の部品をゲットしていました。
最後は店員さんにチェックしてもらいます。部品表どおり全部集められたかな?
91011

30分ほどで部品集めが終わって、無事、工作室に戻ってきました。
さて、ここからは伊藤先生の講義本番です。
ハンダ付けのやり方から教えてもらいました。
121314

電子部品ひとつひとつハンダ付けして、無事完成!
みんな嬉しそうですね。
1516

全員完成したら、伊藤先生が「プチピカマーカー」の回路の説明をしてくれました。
1718

さすがKoKaスクール!さすが伊藤先生!さすがシリコンハウス!(笑)
作るだけで終わらず、どういう原理で動くのかも教えてくもらって、お父さんお母さんもとても興味深く聞いておられました。
何よりもとても楽しい時間を過ごせたようで、子供達も自然と笑顔です。
これをきっかけに、電子工作に興味を持ってくれると嬉しいですね!


参加、ご協力くださいました皆様、本当にありがとうございました!!
--------------------------------------------


(記事:ぐっち)
更新予定:毎週木曜日(次回は10月10日です!)

記事担当:
イベント関連


8/24(土)大阪工業大学梅田キャンパスで開催された『第二回OITサマーキッズカレッジ』に参加させていただきました!
当社は電工女子会の「キラフレンズ」を製作するワークショップをしました。
123

開催時間は、10:30~12:00と、13:30~15:00の2回ありました。
定員は各回とも16名だったのですが、たくさんの方がご参加くださいました。
夏休み終盤ということで日焼けした子供達ばかりで、とてもかわいかったです。^^
電子工作をしたい!ハンダ付けをやってみたい!と皆さん熱心に取り組んでくれました
45


では、どんなワークショップだったのか、紹介します!
梅田キャンパスは、阪急電車梅田駅にほど近いところに地下2F、地上21FのOIT梅田タワーを構え、最先端のテクノロジーやデザインを創出しています。
広くて、とっても綺麗な場所でした!
そしてたくさんの見慣れない大がかりな機器もあったりして、工業大学内に初めて潜入した私は周囲をきょろきょろ。
とても興味深い場所でした。^^

作ったキットは、音や振動を感知して光る「キラフレンズ」です。
今年6月の大阪科学技術館でサイエンス・メイトの子供達にも作ってもらったおなじみのキットです。
67


ワークショップの前にまずは私たちの自己紹介から始めさせていただきました。
そして、今回は大阪工業大学の学生さん2名が設営からワークショップ本番、片づけまでお手伝いしてくださいました
子供達へのレクチャーも丁寧で優しく、頼もしいお兄さん方でした!本当にありがとうございました。
89


実際にキットを作る前に、工具の使い方やハンダ付けの方法をスタッフがレクチャーしました。
言葉で説明するだけではなかなかイメージしづらいので、スタッフが各テーブルで実際にハンダ付けをして見せながら説明。
各テーブル(1テーブルに参加者の親子4組)にはスタッフが1人ついて、わからないことや困ったことがあればすぐに声を掛けてもらうようにしました。
101112


子供達には聞いて、見て、イメージできたら早速テスト基板を使ってハンダ付けの練習をしてもらいました。
ハンダの溶ける感覚ハンダの量コテをあててから離すタイミングも実際やってみないとわからないですからね。
部品を基板にハンダ付けしたり、部品を付けずにパターン面にハンダ付けしたり、思い思い「ハンダ付け」の練習をして、ハンダ付けに慣れてもらいました
1314

練習で十分に自信がついたらいよいよ本番のキット製作に挑みます!
みんな真剣です。
ハンダ付け経験者の子も、初めての子も、みんな無事にキットを完成出来ました!
1516


キットが完成した後は、お楽しみのレジンでデコレーション!
好きなパーツを使ってキラキラデコデコ。
自分だけの「キラフレンズ」になりました。
1718

夏休みの最後に親子で参加してくれた方が多く、みなさん楽しんでくれたようで、本当に良かったです。

今回初めて参加させていただいた『第二回OITサマーキッズカレッジ』。
当社以外にも様々なプログラムが実施されていました。
残念ながら色々見て回る時間がなかったのですが、小学生が参加できるとても楽しく、勉強になるプログラムがたくさんありました!
来年は他のプログラムもじっくりと見学させていただきたいと思いました!!
1920

参加、ご協力くださいました皆様、本当にありがとうございました!!



(記事:ぐっちさん)
更新予定:毎週木曜日(次回は9月12日です!)

記事担当:
イベント関連


今日のブログは、「~夏休みハンダ付け体験会~ 金属探知機で宝さがし♪3」のイベント報告をしたいと思います!
このイベントは昨年の夏と秋に開催して好評だった
~夏休みハンダ付け体験会~ 金属探知機で宝さがし♪
~秋のハンダ付け体験会~金属探知機で宝さがし♪2
から、更にパワーアップした令和バージョンなのです!
0803kinzoku-eve-10803kinzoku-eve-2


開催したのは令和元年8/3()
時間は10:30~13:00です。
作ってもらったキットは、もうすっかりお馴染み共立プロダクツ★「金属探知機2 【キット】 / KZ-DT2」です!
KZDT2-eve-2

そして今回は私達電工女子会主催ではなく、シリコンハウス」主催なので、シリコンハウスのスタッフがハンダ付けのレクチャーをしてくれました!
0803kinzoku-eve-30803kinzoku-eve-40803kinzoku-eve-14

ハンダ付けのレクチャーではシリコンハウススタッフが実際にハンダ付けするところも見てもらいました
0803kinzoku-eve-50803kinzoku-eve-6
この辺はさすがシリコンスタッフ。私達よりもキレイにシャシャっとはんだ付けを披露してました。
私達ももっと修行せねば。

ハンダ付けのレクチャーを聞いてもらった後は、みんなで練習タイムです!
はんだごてに慣れてもらおう!ということで、実際に練習用基板に部品をはんだ付けして、練習をしてもらいました。
0803kinzoku-eve-80803kinzoku-eve-90803kinzoku-eve-10


練習してはんだ付けに慣れてもらったら、いよいよキットの製作です。
・・・と、その前に重要なお話をしました。
「抵抗」についてのお話です。
抵抗とはどんな部品なんだろう?カラーコード(抵抗についている帯の色)ってなんだろう?
カラーコードの読み方は最後の宝さがしでとっても重要なキーワードになるよ!っていうお話がありました。
こういったちょっと難しめのお話は、日々店頭でお客様に対応しているシリコンハウススタッフならではです。
「シリコンハウス主催」となると、こういう所がお得ですね。


さて、キット製作です。
まずは準備として、抵抗の足をピンセットで曲げます
このキットに付いてる小型抵抗、ホントにちっちゃいので基板に取付けるのにちょっと苦労するんですよね。
KZDT2-eve2-26

という訳でひと工夫。
抵抗の足を曲げたら、事前に紙のお皿を配っていたので、その中に入れてもらいます
KZDT2-eve2-19KZDT2-eve2-21

これ、昔なつかし折り紙の「パクパク(パックンチョ)」なんです。
指を入れて閉じたり開いたりして遊ぶアレです。
これの口部分(パクパクするところ)を閉じてマスキングテープで固定しています。
この状態でひっくり返すと4つポケットがあるお皿になるんです!
ちょうど小型抵抗も4種類なので、足を曲げたついでにカラーコードを書いたお皿に分けておきます。
小型抵抗は本体が小さい分カラーコードが読みにくいので、こうして分けておくと基板に取付ける時に便利なんです。


ではいよいよ、ハンダ付け開始です!
R1から順番にハンダ付けしていきます。
説明書と基板を見比べながら、該当するところに抵抗を入れてハンダ付けしていきます。
0803kinzoku-eve-110803kinzoku-eve-120803kinzoku-eve-13


このキットはランドが小さくてはんだ付けが大変なんですけど、みんな頑張ってハンダ付けしてくれました!


今までのイベント報告でも、金属探知機イベント用資料を掲載していましたが、今回も添付しておきますね。
ここから↓ダウンロードすることが出来ますよ♪
→PDF(A4:部品チェック&イベント流れ)
→PDF(A3:作り方)

金属探知機でイベントしてみたい子どもたちにハンダ付けを教えたいな~、という方は使ってみてくださいね!
(金属探知機2 「KZ-DT2」組立説明書第1版に基づく内容です)


さて、完成したら、自分で作った金属探知機を使って宝さがし」です!

今回は宝さがしのルールを少し変えました!
まずは、工作室内にある本棚前に移動します。
古い雑誌(1970年代のトラ技!)から最近の雑誌や書籍までいろいろ揃っています。

その本の中から、自分の作った金属探知機を使って「宝の地図」を探します
0803kinzoku-eve-150803kinzoku-eve-160803kinzoku-eve-17


「宝の地図」には、色のついた宝箱と、宝箱の鍵を開けるためのヒントが書かれています
そう、ここでレクチャーのときにちょろっと出てきた「抵抗のカラーコード」が関係してくるのです!
地図の宝箱の色=開ける宝箱の番号地図に書かれた3種類の色=宝箱のダイヤルキーの番号、になってるんですよ。

ここまでは前回と一緒です。
ただ、今回は「宝の地図」に書かれているヒントが「今日司会してくれたスタッフに聞いてみよう」や「時計をしているスタッフに聞いてみよう」と言うふうにしてみました。
カラーコードに気付いて問題を解いてくれる子もいれば、各スタッフにヒントをもらいに来てくれる子もいました。
ちなみに。
スタッフが持っているのは「答え」じゃなくて、計算式のヒントなので、結局は参加者の皆さんが頑張って問題を解いてもらいました♪
みんな楽しそうにワイワイと問題を解いて、楽しそうに宝箱を開けてくれる姿にとっても嬉しかったです!

今回のキットは基板のランドがスルーホール(両面)ということもあって、はんだ付けの難易度が少し高かったんですが、みんな無事に完成させることが出来て、とても嬉しかったです!
そして、時間が押してしまい、申し訳ありません…。


みなさん、本当にありがとうございました!


他のイベントやセミナーなども、このエレショップblogシリコンブログで告知しますので、今回のレポートで興味を持った人は是非参加してみてくださいね!

電工女子会だけでなく、共立電子産業は他にもセミナー・イベントを随時行っています。
こちらのページでも情報アップしていますので、イベントに興味のある人は要チェックですよ!


(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は8月22日です!)

このページのトップヘ