エレショップblog

半導体・センサー・マイコン・電子工作キットほか、各種電子部品の専門店「共立エレショップ」から主に電子工作の関連情報をお届けします。 http://eleshop.jp/

カテゴリ: ハンダ付け必須/非マイコン系

記事担当:
ハンダ付け必要-非マイコン系


先週は、ずっと気になっていながら半年以上眠らせていた、WonderKitの★「ビリビリ電子ルーレット」(KURU-2)を作り始めました。(「電工女子、WonderKitを作ります!(第23弾:ビリビリ電子ルーレットです)Part1★」)
前回、1時間でこれくらい出来ました!というところで終わったので、今回も1時間でどれくらい出来るのか、検証しながら進めて行きたいと思います。

まずは「抵抗
KURU2-2-1KURU2-2-2KURU2-2-3

今回のキット、抵抗の種類・数とともに、とても多いです。
どこの穴にどの抵抗を入れるのか、説明書と基板をしっかり確認しましょう!
ちなみに、オカポンは「さっき付けた抵抗はメイン基板だったから、この抵抗もメイン基板用だろう」と探して、結局サブ基板だった、なんてことが沢山ありましたよ!
しっかりと説明書を確認しないといけませんね!

他にこんな箇所もあります。
KURU2-2-4KURU2-2-5
以前も説明しましたが、パターン自体がくっついている所は、ハンダが流れてしまうものですから、心配しなくて大丈夫ですよ!
ただしハンダを流しすぎて穴を塞がないよう気をつけてくださいね。


次は「積層セラミックコンデンサ
KURU2-2-6KURU2-2-7KURU2-2-8

この部品は取り付け方向無いので、どっちにさしても大丈夫です。


IC(28ピン)
KURU2-2-9KURU2-2-10
ICを直接差し込んでハンダ付けをするんじゃなくて、ICソケットをハンダ付けします。

KURU2-2-11

こちらは取り付け方向があるので要注意です。
ICソケットの凹みと基板に書かれた絵の凹みが同じ方向になるように取り付けてください。
28箇所もハンダ付けする場所があるのですが、ここまで多いと楽しくなりますね♪
リズミカルにポンポンとハンダ付けできるととても上達した気分になれますよ。

KURU2-2-12
ハンダ付けが終わったら、ICソケットの上にICをさしこみましょう。
足が広がってソケットにさしこみにくいので、机や定規などを使って足が真下を向くよう調節してからさしこんでくださいね。


電解コンデンサ
KURU2-2-13KURU2-2-14KURU2-2-15
これは向きがあるので、注意が必要です。
足が長いほうが+です。基板には+の印字がされているので、よく見て取付けてくださいね♪


KURU2-2-16KURU2-2-17
結構進みましたねぇ…。


次は「LED」です。
KURU2-2-18KURU2-2-19
メインとなるLEDなんですが、数が16個もあります。
折角なので、綺麗にハンダ付けしたいですよね。
ということで、ちょっとハンダコテに慣れたのでこんな技もありますよ、というのをお教えしようと思います!

KURU2-2-20KURU2-2-21
まずは、マスキングテープでLEDを仮止めします。
ここまで来ると背の高い部品もいくつか取り付けられてるので、基板の上に段差が結構出来てます。
なのでLEDをハンダ付けしようと基板をひっくり返すとLEDが落ちちゃうんですよ…。
こういう時マスキングテープで部品を仮止めすると、安心してハンダ付けができるんです。

KURU2-2-22KURU2-2-23
仮止めしたらいよいよハンダ付け。
ここからが便利技ですよ。
まず基板から出ている足の片方を少しだけハンダ付けします。
ちょっと固定できればいいので、ハンダの量はホントに少しでOKです。
これを『仮ハンダ』と言います。(ドヤァ)

KURU2-2-24KURU2-2-25
仮ハンダでLEDを軽く固定したら、LEDの頭を軽く押さえながらさっき仮ハンダしたところをコテで熱します。
 ※あまり強く押しつけると基板のパターンが剥がれることがあるので、注意が必要です!
仮ハンダが溶けると軽く押さえてたLEDが基板に密着するのが分かるかと思います。
LEDが良い位置に来たら、ハンダゴテを離して仮ハンダを固めます。

あとは仮ハンダしてない方の足をしっかりハンダ付けし、仮ハンダしたところもしっかりとハンダ付けをします。
KURU2-2-27KURU2-2-26
これでLEDをキレイに取付けることが出来ました♪

これを16回繰り返します。
KURU2-2-29KURU2-2-28

いやぁ、作業手順が多すぎて大変でした!
でも、LEDがキラキラしてて、それがキレイに整列しているのを見るとかなりの満足感ですよ!


さて、次は「ねじ止め端子台」です。
KURU2-2-30KURU2-2-31
これ、説明書にも書いてますが向きに注意です。
差し込み口が基板の外を向くように組み立てしましょうね!
じゃないと配線の接続がとっても大変になっちゃいますからね。


次は「バリスタ」です。
KURU2-2-32KURU2-2-33
これ、メイン基板じゃないんですよ!
サブ基板です。気をつけてくださいね!
取付方向はないので、さくっとハンダ付けしましょう。

次は「トランジスタ」です。
KURU2-2-34KURU2-2-35
メイン基板だけではなく、サブ基板に設置するトランジスタもあるので要注意です。
取付方向もあります。

KURU2-2-36KURU2-2-37KURU2-2-38

基板に印字されているマークと同じ向きになるように、部品をさしこみます。
足は基板いっぱいまで入らないので、ちょっと浮いてても問題ありません。


そんなこんなで、ここまでで1時間かかってます
※写真撮ったりメモ取りながら作業してるので、普通よりも遅めです。

キット製作はもうすぐ終わりそうですが、今週はここまで!
キット完成まで頑張るぞ~!


皆さんもぜひ作ってみてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は11月22日です!) 

★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
ビリビリ電子ルーレット KURU-2 1個 こちらから→
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。


★キット製作時に使用した道具は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
DASH低価格セラミックヒーターハンダこて15W
はんだ付け入門セット
FX650-84 1個 こちらから→
モデラーズニッパー α(グレイ) ITEM74093 1個
汎用型ピンセット 120mm P-880 1個
電子工作用ハンダ SD-63 1個
ワイヤーストリッピングゲージ BBM-WSG 1個
セラミックヒータータイプ用こて台 FH300-81 1個
工作マット / 350×250mm KP-S130 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

記事担当:
ハンダ付け必要-非マイコン系


今回は、気になってたけど「めっちゃ部品点数多いしな…」「でもやりたいな…」と手元に置きながら半年以上眠っていた、WonderKitの★「ビリビリ電子ルーレット」(KURU-2)を作ってみたいと思います!!
KURU2-1-2

完成品は見たことあるんです。
というか、私が共立電子産業に来て初めて発売前のキット(完成済み)を触らせてもらった「WonderKit」かもしれません。
今もシリコンハウス1階にデモ機が触れる状態で展示してありますので、気になる方はぜひシリコンハウス店頭で遊んでみてくださいね。

このキット自体の「何が出来るか」は明瞭です。
キットにある”銀色に光っている四角い場所”を、それぞれ指で抑え(人差し指と中指、とか)、ぐっと押すとルーレットが回るんですね。
もう一回その銀色のスイッチを押すとルーレットが止まるんです。
で、止まった位置がセーフなら何も起こらないんですが、アウトなら電流がビリビリと流れるんです。
つまりは電流ビリビリの罰ゲーム付ルーレットゲームができちゃうんです。

でもこのビリビリも、以前作った★「電子びっくり箱」のように、感じ方には個人差があります
なので「全然痛くないよ」って方や「なにこれ、めっちゃ痛い!!!」って方が出てくるかと思いますが、健康には問題ありませんからね♪
特にこれから寒くなって空気が乾燥してくると電流が流れにくくなるので、ビリビリも弱く感じちゃいます


さて、ではいつものようにパッケージから見ていきましょう。
KURU2-1-1

ブリスター入のキットです。
中身を出してみました。
部品点数やっぱり多いです。
KURU2-1-3

そして、なんと!今回基板が3つもあります。
KURU2-1-4KURU2-1-5

メイン基板サブ基板、それと指を置く電極基板の3種類です。
メイン基板を見てもらうと分かる通り、はんだ付けする箇所はかなり多いです。
今までのオカポンならちょっと尻込みしてしまっていたかもしれませんが、最近ハンダ付けをするイベントも開催して「めっちゃハンダ付けあるキット作りたい~!」な感じになっていたので、鼻息荒く取り掛かろうと思います!

では、説明書の「パーツリスト」を確認しつつ、組み立てていきましょう!
まずは「ジャンパー線」から。
KURU2-1-6KURU2-1-7

これ、以前もやりましたね。(「電工女子、WonderKitを作ります!(第13弾:マルチサイレンキットです)」)
「0Ω抵抗」です!
このジャンパー線、J1~J7に差し込んでいくんですが、差し込む場所によって長さが異なります

KURU2-1-8
説明書には長さが書かれていて、最初この長さに足を折ってキレイに取り付けようと思ったんですが、これが結構メンドウクサイので(女子力…。)基板にジャンパー線重ねて穴位置に合わせて適当に足折って入れました


さて、気を取り直して次は「ダイオード
KURU2-1-9KURU2-1-10
いやぁ、多いなぁ…。
ダイオードは取付方向が決まっているので、取付向きに注意が必要です。

KURU2-1-11KURU2-1-12KURU2-1-13

本当に、注意して差し込んでくださいね!
だって、黒い帯が右だったり左だったり、バラバラなんです。
しっかりと基板に書かれている記号を確認して取り付けてください

次は「タクトスイッチ
KURU2-1-14KURU2-1-15

これね、まぁ説明書ちゃんと見なかった私が悪いっちゃ悪いんですが…
「サブ基板」に取り付けなんです!!
今まで「メイン基板」にばかり部品を取付していたのでメイン基板のどこに取付けるのか穴が開くかもしれないくらい凝視して探したんです!10分くらい!言いすぎかもしれないけど。
で。「付けるトコ無いやん…」って思って説明書をもう一度見直したら「サブ基板」の文字が。
(・_・)←こんな感じになりました。

今回のキット、メイン基板とサブ基板を同時に作るんです。
なので、説明書をきちんと確認するか、メイン基板で挿す所無い!ってなっても、落ち着いてサブ基板もチェックしてみてください。ちゃんとありますからね!
オカポンは気がつくのに、結構時間かかりました。
部品リストの右側に『サブ』と書かれているのはサブ基板に取付ける部品のことですので、注意してくださいね。

そんなこんなで、ここまでで1時間かかってます
基板に慣れていくと(埋まっていくと)、もうちょっと早く作れるかもしれませんね…。
確かに「上級者向けキット」と言われるだけあります。


ということで、まだまだやること沢山あるんですが、今週はここまで!
来週は、引き続きキットを作りこんでいこうと思います。
頑張るぞ~!


皆さんもぜひ作ってみてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は11月22日です!) 

★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
ビリビリ電子ルーレット KURU-2 1個 こちらから→
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。


★キット製作時に使用した道具は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
DASH低価格セラミックヒーターハンダこて15W
はんだ付け入門セット
FX650-84 1個 こちらから→
モデラーズニッパー α(グレイ) ITEM74093 1個
汎用型ピンセット 120mm P-880 1個
電子工作用ハンダ SD-63 1個
ワイヤーストリッピングゲージ BBM-WSG 1個
セラミックヒータータイプ用こて台 FH300-81 1個
工作マット / 350×250mm KP-S130 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

記事担当:
イベント告知


先週の土日、11/3(土)と4(日)大阪南港ATCで「ATCロボットストリートin咲洲こどもフェスタ2018」に参加してきました!
このブログでも電工女子会がハンダ付けのワークショップを行う、ということを告知させてもらっていました。
(「【告知】電工女子★11/3,4@「ATCロボットストリートin咲洲こどもフェスタ2018」でハンダ付け体験会します!★」)
(「電工女子★11/3,4@「ATCロボットストリートin咲洲こどもフェスタ2018」でワークショップします!★」)


当日は多くのお客様にお越しいただき、本当に有難うございました!
SKSM18-3-1SKSM18-3-2SKSM18-3-3


昨年とほぼ同じ場所でワークショップさせてもらったのですが、やはりホームグラウンド(シリコンハウス3階「ものづくり工作室」)以外の場所でイベントするのは、大変ですけど楽しいですね!
周りも面白いイベントが盛りだくさんで、時間が空いた時に周りのブースを見に行ったのですが、見て楽しむ・触って楽しむ・学んで楽しむ、が詰まったイベントだったと思います!
オカポン、ワクワクしながらフロアをぐるぐる見て回っていましたよ。
SKSM18-3-4SKSM18-3-5SKSM18-3-6


さて今回のワークショップもハンダ付けレクチャーを聞いてもらい練習をして実際にキットを作ってもらいました。

ハンダ付けレクチャーはオカポン頑張りましたよ!
分かりやすく伝えれたかどうか、毎度のことながらドキドキです。
SKSM18-3-9SKSM18-3-7SKSM18-3-8


レクチャーの次は、練習です。
初めて持つハンダゴテに、最初は恐る恐るはんだ付けしていた人も、慣れるとあっという間にキットを作り上げてたりして、その集中力と成長速度にビックリです!
みんな真剣に取り組んでくれていました。
SKSM18-3-16SKSM18-3-17SKSM18-3-18

SKSM18-3-19SKSM18-3-20SKSM18-3-21


イベント開始時にハンダ付け経験があるのか確認してみましたが「ハンダ付けをしたことない」という人がほとんどでした。
そんな初挑戦な状況でも、全員キットを無事完成させたのには驚きました!
SKSM18-3-10SKSM18-3-11SKSM18-3-12


その後、アクリルにオリジナル感を出すために、レジンでデコレーションパーツを盛り付けてもらいました!
SKSM18-3-15SKSM18-3-13SKSM18-3-14

参加者の皆さんが自分の声・音に反応するキットを持ってとても嬉しそうにしてくれる姿を見て、電工女子会メンバーもニコニコになりましたよ!



受付場所に今回使用したキットの完成品を置いていたのですが、興味深げに触っていってくれたお子様や、キットに向かって大きな声を出したり手を叩いたりしていたお子様もいて、楽しんでくれて良かったなぁ、と思いました。
参加してくださった皆さんはもちろん、通りがかった人たちにも楽しんで頂けたようで、電工女子会一同喜んでいます!
本当に有難うございました!

これからも電工女子会の活動にご期待くださいね!


ちなみに共立電子産業としては、物販もしていました。
SKSM18-3-23SKSM18-3-24SKSM18-3-25

SKSM18-3-27SKSM18-3-26SKSM18-3-28

デモ品を多く持っていっていたので、たくさんのお客様に足を止めていただき、楽しんでもらっていたようです♪


(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は11月15日です!)

記事担当:
イベント告知


以前も告知はしたのですが、開催目前!ということで、本日は再度イベントの告知をさせてもらいます♪

今週末の11月3日(土・祝)、4日(日)
大阪南港ATCの「ATCロボットストリートin咲洲こどもフェスタ2018」で、ハンダ付けワークショップを開催します!

作るキットはこれ!
SKSM18-2SKSM18-1
(※写真の動物の色はイベントで使用する物と異なります)


音や振動を感知してLEDが光るキットです。

キットの前面についている動物のアクリルは、「ネコ(紫)」・「クマ(赤)」・「カエル(緑)」の中から、1枚選んでもらいます。
SKSM18-2-1
どのコも可愛いのですが、オカポン的にはクマちゃん(赤)がオススメです!

音源の近くに置いておくと胸のLEDが光るんですが、音楽と同期して光っているように見えて、とてもテンション上がります!

作り方は、以前のブログ記事(「電工女子★11/3,4@「ATCロボットストリートin咲洲こどもフェスタ2018」でワークショップします!★」)で紹介しているので、気になった方はチェックしてみてくださいね♪

動物の胸のあたりにはLEDが5個も入ってて、大きい音の近くだととても明るく光ります。
キットを少し離しておくと、音の強弱を感知して良い塩梅で光ると思いますよ♪


前回のブログ記事では説明書は完成してないって書きましたが、バッチリ完成しております!
電工女子会みんなで悩みながら作ったので、絶対、きっと、多分、わかりやすく出来てるんじゃないかと思います。
イベント会場には私達がスタッフとしてしっかりサポートしますし、ハンダ付けレクチャーのあとにハンダ付けの練習もしてもらってから、本番のキット作りに臨んでもらうので、初めての方でも安心ですよ!


前回のブログにも掲載しましたが、音楽にあわせて完成したキットが光る様子を動画でご覧ください♪
※音が出ます



ワークショップは、材料費込みの2,000円でご参加いただけます!
もちろん作ったキットはお持ち帰りできますので、持って帰って、みんなに自慢してくださいね。

イベントの時間は、両日とも
(1)11:00~12:30
(2)13:00~14:30
(3)15:00~16:30

の3回です。
当日満席の場合、他の時間での参加をお願いしますので、早めのご予約が安心だと思います♪

申込みはシリコンハウス店頭(大阪・日本橋)か、こくちーずからお申し込みください。

専用ページはこちらから→
【11/3(土)】→「こくちーずPRO」
【11/4(日)】→「こくちーずPRO」





少量ですが、お持ち帰り出来るキットも用意しています。
お土産や、家に帰ってもう1セット作っていただくのに、いかがでしょうか?


そしてそして、今年も共立電子産業の物販ブースもあります!
(※写真は2017年度のものです)
SKSM18-2-2SKSM18-2-3SKSM18-2-4

色んなロボットのキットや、ハンダ付けのキットプログラミングを楽しく学ぶことが出来るキット書籍なども持っていきます♪
他にも、IchigoJammicro:bitRaspberry PiArduinoコイン電池で動くLEDワイヤーハンダゴテセットなんかも持っていきますよ!

是非、お立ち寄りくださいね♪


皆さまのご参加お待ちしております!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は11月8日です!)

記事担当:
イベント告知


昨年参加させていただいた「ATCロボットストリートin咲洲こどもフェスタ2017」。
今年も11月3日(土・祝)、4日(日)大阪南港ATCで開催される「ATCロボットストリートin咲洲こどもフェスタ2018」にワークショップで参加させていただくことになりました~!!

今回もワークショップで参加するのですが、一体どんなワークショップにしようか…と、電工女子会メンバーみんなで悩みました。
どんなことをしたら喜んでもらえるだろう?興味持ってもらえるだろう?
いろいろ考えて話し合った末に…「電子工作」にもっと触れてほしいな!と思いまして。
電子部品を扱っている共立電子産業ならでは!の!

ハンダ付けイベントをしようじゃないの~!ということになりまし!た!

思えば7月から3ヶ月の間に、私たち電工女子会は小学3年生以上を対象としてハンダ付けイベントを三度も行ないました
7/28(土)「のらとりえ 電子箱庭を作ろう!」
8/18(土)「~夏休みハンダ付け体験会~ 金属探知機で宝さがし♪」
9/29(土)「~秋のハンダ付け体験会~金属探知機で宝さがし♪2」
参加してくださった方々のハンダ付けに取り組む真剣な姿や、出来上がったキットを楽しそうに触る姿を見て、もっといろんな人に電子工作の楽しさを知って貰いたいな、もっと多くの人に参加してほしいな!と思ったんです。


ということで、今回のブログは「ATCロボットストリートin咲洲こどもフェスタ2018」のワークショップで作ってもらうキットの紹介をしようと思います♪
SKSM18-1SKSM18-2

(※写真の動物の色はイベントで使用する物と異なります)
かわいい動物の置物、のように見えなくもないですが、実は、音や振動を感知してLEDが光るキットなんです!
LEDは5つ組み込まれているのでとても明るいですし、音楽にあわせてLEDが光るのを見ると、このキットを自分が作ったんだ、と結構感動します


実はこのキットの説明書は、オカポン作っているのですが、まだ完成してません。ヘヘヘ
当日はきちんと完成させた説明書を提供しますので、安心してくださいね!

ではキットの作り方の流れをザクッと紹介します!

部品点数は、今までのキットと比べて少なめです。
SKSM18-4

まずは抵抗を基板に取り付けます。
SKSM18-3

次はトランジスタ
向きがあるので注意してくださいね。
SKSM18-5SKSM18-6

次はコンデンサマイク
基板に差し込む位置が印字されているので、その上に配置してくださいね。
SKSM18-7SKSM18-8

次は、LED
これもプラス、マイナスがあるので組み込み時には注意してくださいね。
足が長いほうがプラス、短い方がマイナスです。
SKSM18-9SKSM18-10

そして、電解コンデンサ
こちらもプラス、マイナスがあるので組み込みに注意が必要です。
SKSM18-11SKSM18-12SKSM18-13

もう一つ注意点が。
基板をよく見てください。
上と下で、電解コンデンサのプラスとマイナスの位置が逆なんです。
向きを揃えてしまうと動かなくなるので気をつけてくださいね!

最後は電池ボックスを接続します。
ここもプラス、マイナスがあります。気をつけてくださいね。
SKSM18-14SKSM18-15SKSM18-16

ココまで部品を取り付けると、基板をひっくり返した時ガタガタしてハンダ付けがしにくくなります。
取り付けた部品の高さがまちまちですから。
なので基板をひっくり返した時、マスキングテープで基板をおさえるとハンダ付けしやすいですよ!


これでハンダ付けは完成です~!

さて、基板が完成したら、あらかじめ選んでもらった「ネコ(紫)」「カエル(緑)」「クマ(赤)」のアクリル板どれか1種類と、さっき作った基板を、電池ボックスのフタにネジ、スペーサーを使って取り付けます。
SKSM18-17SKSM18-18SKSM18-19

最後に、各動物のお腹あたりに丸い円がありますよね。
ここに、ラメやスパンコールを入れて、レジンを流し込んでオリジナル性を出しましょう!
SKSM18-20SKSM18-21


これで完成です!!
ではでは!音楽にあわせて完成したキットが光る様子を動画でご覧ください♪
※音が出ます



いかがでしたか?
オカポン的にはかなり良い感じに出来てると思うんですけど!
このステキなキットを作れるワークショップに、材料費込みの2,000円でご参加いただけます!
もちろん作ったキットはお持ち帰りして頂きますので、お家でも楽しめちゃいます!
ステキなインテリアにもなりますので、持って帰ってみんなに自慢しちゃってくださいね。

そしてなんと今回は、事前予約制とさせていただきます!
時間は両日とも
(1)11:00~12:30
(2)13:00~14:30
(3)15:00~16:30

の3回です。
参加しやすい日時で予約してくださいね♪

申込みはシリコンハウス店頭(大阪・日本橋)か、こくちーずからお申し込みください。

専用ページはこちらから→
【11/3(土)】→「こくちーずPRO」
【11/4(日)】→「こくちーずPRO」




最後にもう一度、告知しますね!大事な事だから2回言っちゃいますよ!

開催日時は11月3日(土・祝)、4日(日)
時間は両日とも
(1)11:00~12:30
(2)13:00~14:30
(3)15:00~16:30
の3回で、事前予約制です。

場所は、大阪南港ATC
内容は、ハンダ付けレクチャー有りの、電子工作体験会となっています!
音(振動)に反応して光るキットとなっています。


お時間がありましたらぜご予約してくださいね!

皆さまのご参加お待ちしております!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は10月18日です!)

このページのトップヘ