エレショップblog

半導体・センサー・マイコン・電子工作キットほか、各種電子部品の専門店「共立エレショップ」から主に電子工作の関連情報をお届けします。 http://eleshop.jp/

カテゴリ: ハンダ付け必須/非マイコン系

記事担当:
イベント告知


先週の土日、11/2(土)と3(日)に大阪南港ATCで開催された「ATCロボットストリート in 咲洲こどもEXPO 2019」に参加してきました!
このブログでも少し前に告知しましたが、今回も電工女子会でハンダ付けワークショップを行いました。
(「【告知】電工女子★11/2,3@「ATCロボットストリートin咲洲こどもEXPO2019」でハンダ付け体験会します!★」)

当日はたくさんのお客様にお越しいただきまして、本当に有難うございました!!
skmEXPO-2-20skmEXPO-2-2skmEXPO-2-9

今回ワークショップは事前予約を受付ていたんですが、有難いことに予約だけで席がすぐに埋まってしまう盛況ぶり!
嬉しい反面、こんなにも興味を持ってくれる人が沢山いらっしゃる、ということにちょっぴり緊張してしまいました。

ワークショップ当日も「やってみたい~!」という声も沢山聞こえてきて、嬉しいやら申し訳ないやら…。
また別の機会で「おしゃべり宇宙人」のイベントが出来ればな~、と思ったオカポンなのでした。


さて、では当日の様子をレポートしたいと思います。
ワークショップの流れは、夏に行ったメイカーズバザールと同じです。

skmEXPO-2-6skmEXPO-2-7
まずは、受付を済ませたら好きな靴下を1つ選んでもらいます。
この靴下が宇宙人の本体になるんですね。
「白」と「しましま」靴下には、追加のデコパーツを選んでもらいました。そのままだと見た目がシンプルになりすぎるので。
本体を選んだら次は足の部分になる「リボン」を1束、大・小の「目玉」から好きなものを2つ、デコパーツを3つ選んでもらいました。

そして、今回使用した「靴下」なんですが、タビオ株式会社さんにご提供いただいたものなんです!!
本当に有難い!!
すごく生地がしっかりしていて肌触りのいい靴下がたくさんあったので、頬擦りしている子をよく見かけました。
お母さんからも「これ色も素敵だし私が欲しいわ~!」という感想をいただいたほどです。


時間になったらイベント開始。
まずは40分ほどハンダ付けのレクチャー&練習時間です。
skmEXPO-2-5skmEXPO-2-23skmEXPO-2-49

skmEXPO-2-10skmEXPO-2-13skmEXPO-2-11
今回はレクチャーの流れを今までとは少し変えてみました。
ハンダ付けの方法を1つずつ紹介し、手順ごとにスタッフがテーブルで実際に見本を見せます。
しっかりと練習をして「ハンダ付け」に慣れてもらい、自信がついたら本番のキット作りに移ってもらうようにしたので、ハンダ付けもキット製作もスムーズだったように思います


練習で自信がついたらいよいよ本番のキット製作
skmEXPO-2-40skmEXPO-2-41skmEXPO-2-42

skmEXPO-2-43skmEXPO-2-44skmEXPO-2-47
メイカーズバザールの時よりもハンダ付けする箇所は少なかったのですが、それでもみんな完成までが早い!そして、失敗無しで完成する子がほとんどでした。
ハンダ付けをしたことが無かった子が多かったのですが、それでも全員無事キットを完成させたのには驚きです。


キットが完成したら、次はぬいぐるみ作り
skmEXPO-2-45skmEXPO-2-46skmEXPO-2-48
みんな楽しそうに、親子でデコってオリジナルの「おしゃべり宇宙人」を作ってくれましたよ!

みんな一生懸命工作をしてくれて、出来上がった時に満面の笑顔を見ることが出来て、こちらも嬉しくなりました。
skmEXPO-2-24skmEXPO-2-25skmEXPO-2-26

skmEXPO-2-27skmEXPO-2-28skmEXPO-2-33

skmEXPO-2-30skmEXPO-2-32skmEXPO-2-31


こうしてみると宇宙人の顔の部分が靴下だなんて分かりませんよね
靴下の中に基板と綿を詰めて頭(と胴体?)を作って、好きなデコパーツで飾り付けます。
デコパーツは同じものでも配置が違ったりでみんなの個性があふれる宇宙人になってました。

では、みんなの作品を紹介しますね♪
skmEXPO-2-8skmEXPO-2-12skmEXPO-2-35

skmEXPO-2-14skmEXPO-2-17skmEXPO-2-19

skmEXPO-2-21skmEXPO-2-18skmEXPO-2-22
ホント、素敵な宇宙人ばかりで見ているだけで楽しくなっちゃいました♪


今回初めての試みとして、感想や次作ってみたい物などをフセンに書いてもらい、パネルに貼ってもらいました♪
skmEXPO-2-4skmEXPO-2-1skmEXPO-2-36
今までは一人に一枚ずつアンケート用紙を渡して書いてもらってたんですけど、その時よりも感想の言葉が多かったように思います。
次に作りたい物とかもご意見いただいたので、皆さんのご希望に添えるよういろいろ試していきますね!

他にも、シールを貼ってもらうアンケートも横に設置しました。
skmEXPO-2-37
楽しそうにアンケートを書いてくれる人も多かったですし、ニコニコしながら感想を読んでいらっしゃるお客様もいましたよ。


受付場所には今回使用したキットの完成品を置いていたのですが、興味深げに触っていってくれたお子様や、キットに向かってお話してくださるお子様もいて、楽しんでくれて良かったなぁ、と思いました。
参加してくださった皆さんはもちろん、通りがかった人たちにも楽しんで頂けたようで、電工女子会一同喜んでいます!
本当に有難うございました!

これからも電工女子会の活動にご期待くださいね!



ちなみに共立電子産業としては、物販(ポップアップ・ストア)もしていました。
skmEXPO-2-3skmEXPO-2-34skmEXPO-2-39
やはり、プログラミングのキットなどが好評だったようです。
デモ品も多く持って行っていたので、たくさんのお客さまに足を止めていただいたようです。
そうそう、今回初の試みとして「ハンダ付け体験ブース」を設置しました。こちら、順番待ちの列もできるほど盛況だったようです!!

多くのお客様にお越しいただけたことに本当に感謝です♪

みなさん、ありがとうございました!


(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は11月14日です!)

記事担当:
ハンダ付け必要-非マイコン系

突然ですが皆さん、ハンダ付けに自信はありますか?

オカポンは、ありません。
今までいろんなキットを作ったり工作をしてきましたけど、脱初心者とは言えても中級者とは胸を張って言えないようなそんな感じです。
でも、いつまでもそんなことを言っていたら作ることができないキットを、今回は作ってみようと思います!

それがこの★「チップ部品使用 音感知LED10点タワー / KP-SHE001」なのです!!!!
kpshe001fkpshe001a

このキットが出た時から、ずーーーーーーーっと気になっていたんですよ。
だってこの見た目がとってもきれいじゃないですか。なんかキラキラ光るし。

でもこのキット、今までのキットと違ってチップ部品という足のない部品をハンダ付けしないといけないんです!
そんな、チップ部品だなんて…オカポン、ハンダ付けは上級者じゃないし…と思って手を出さずにいたんですけど、キットが発売になってから3年も経つし、もう失敗してもいいやー!それでもやりたいー!!って思ったので、挑戦してみることにしました。


ちなみにこのキットは、音を感知してLEDを光らせる音量レベルメータなんですね。
本体にマイクが付いてて、そこで音を拾って音の大きさに合わせてLEDの光る数が変わるんです。
1台では一つの音しか拾えないので、ステレオ音声をLEDで表示したい場合は2台作らなければいけません。

ではでは恒例の、パッケージチェック
KP-SHE001-1-1
なんかミチミチに入っていますね。

中身はこんな感じ。
KP-SHE001-1-2
チップ部品がたくさん入っています!
いやぁ、わくわくしますね!

基板はこんな感じ。
KP-SHE001-1-3KP-SHE001-1-4
定規みたいです。
部品の数に対して基板が小さいのは、それだけ多くのチップ部品を取り付けないといけないって事なんですね...

ちなみに、部品表
KP-SHE001-1-5KP-SHE001-1-6KP-SHE001-1-7
数と種類がたくさんあるー!

チップ部品の大きさはこんな感じ。
KP-SHE001-1-8
めちゃめちゃ小さいですよね…。
クシャミひとつで大惨事ですよ。
無くすと大変なので、落とさないように気を付けてくださいね。

思ったよりも小さいチップ部品に途方に暮れてたんですけど、ちゃんと説明書にチップ部品のハンダ付け方法が載っていました
KP-SHE001-1-9
あら、親切。

ということで、説明書を参考に一番最初のチップ抵抗をハンダ付けしようと思います。
このキットに入っているチップ抵抗のサイズは「2012」って言うサイズのチップ抵抗です。
KP-SHE001-1-10
「2012」サイズはなんとその大きさ2mm×1.2mm!!ちょっと意味が分からないですよ...
でも詳しい人に聞いたらこれでも大きい方なんだそうですよ。
恐ろしい世界です...。

気を取り直して。
最初に取り付けるのは、表面に「472」か「4701」って書かれている抵抗。
よ〜く目をこらさないと数字が見えないので、最初から虫眼鏡とか使うのも方法としては有りだと思います。
このキットは「472」でした。

ではチップ部品の取り付け方です。
まずは、片方のパターンにハンダを盛ります
KP-SHE001-1-11KP-SHE001-1-12


次に、チップ部品を基板に載せるんですが、こんな小さなもの手で持ってハンダ付けとか絶対したくありません!
なのでチップ部品をハンダ付けするときは★「ピンセット」!!が必需品!
KP-SHE001-1-14
チップ部品の端の方をピンセットでつまんで、さっき盛ったハンダの上に置いてハンダを溶かし、ハンダ付けをします。

KP-SHE001-1-15KP-SHE001-1-16
その後に、もう片方のパターンにもハンダ付けして完成!
意外となんとかなりました!
やっぱり道具を揃えるって重要だなぁ、って思いました。

ちなみに、チップ部品は小さなトレイに一つずつ入っています。
KP-SHE001-1-13
全部フィルムを剥がしちゃうより、1個ずつフィルムを剥がして取り出す方が、落としたり混じったりしなくて安心ですよ!
フィルムを一気にピーッ!とはがしたら気持ちいいですけど、ここはぐっとガマンです!

そして、オカポンがうっかりミスしかけたポイントです!
KP-SHE001-1-17KP-SHE001-1-18
これ。
オカポンはチップ抵抗2012、2.2KΩ(表示は「222」か「2201」)を選んだつもりだったんですが、パッケージに手書きされた目印の「222」の表記しか見てなかったんです。
1個出してみて、あれ?部品に抵抗値の表記が無いなーって思ったんですが…
分かる人にはすぐわかる、「何言ってるの?」ってなるところなんですが、上の写真は「チップコンデンサ」で「チップ抵抗」では無いのです!

KP-SHE001-1-19
写真右のがチップ抵抗です。
チップ抵抗は表側の黒い部分に抵抗値が印刷されています。
要注意ですよ!!!部品はよ〜〜〜〜く見て確認してくださいね。
何かヘンだな??と思って良かったー…。

さて、オカポン何回かチップ部品を取り付けていくウチに、こうしたら早いかも?何回も見直さなくていいかも?と思ったやり方がこちら!
KP-SHE001-1-20
まずは、同じ値の部品(今回は「560Ω」(表示は「561」か「5600」))を乗せる箇所の片方に少しハンダを盛ります
「560Ω」はR0、R13、R15、R17、R19、R21、R23、R25、R27、R29の10か所です。

KP-SHE001-1-21
で、盛ったところ10か所に、チップ抵抗をハンダ付けします。

KP-SHE001-1-22
最後に、反対側のチップ抵抗10か所にハンダ付けします。
で、完成ー!

一つずつ確認しながら取り付けるのも良いんですが、ハンダ付けする箇所も小さいし、そこそこ量あるので、説明書をしっかりと見比べて確認して、同じ部品はまとめてハンダ付けした方が早いと思ったんです。
1個1個確認しながら取り付けていくのが超絶面倒くさかったので、このやり方で落ち着きましたー!

ということで、1時間でこんな感じ。
KP-SHE001-1-23
何とか、チップ抵抗はつけ終わりました。
まだまだ先は長いですが、やってみると時間を忘れて集中して作業してました
ひたすらチップ部品をハンダ付けするのは楽しいですね!


皆さんもぜひ作ってみてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は11月7日です!)


★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
チップ部品使用 音感知LED10点タワー KP-SHE001 1個 こちらから→
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。


★キット製作時に使用した道具は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
DASH低価格セラミックヒーターハンダこて15W
はんだ付け入門セット
FX650-84 1個 こちらから→
マイクロニッパー 11295 1個
精密ピンセット/逆作用ピンセット 先細 TS-16 1個
電子工作用ハンダ SD-63 1個
ワイヤーストリッピングゲージ BBM-WSG 1個
セラミックヒータータイプ用こて台 FH300-81 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

記事担当:
イベント告知


先週のブログ記事の最後にぐっちさんからも告知があったのですが、今回はより詳細なイベントの告知をさせてもらいます♪

11月2日(土)、3日(日)
大阪南港ATCの「ATCロボットストリート in 咲洲こどもEXPO 2019」で、ハンダ付けワークショップを開催します!

作るキットは…
skmEXPO-6makersbazaar2019-2makersbazaar2019-3

「メイカーズバザール大阪2019」でも大好評だった、「おしゃべり宇宙人を作ろう!」を開催します!!
メイカーズバザールの時はホントに大好評で、予約だけで席がほとんど埋まってしまい…
「当日受付出来ないの?」「はんだ付けやりたかったよ~」「宇宙人作りたかった~!」という声を沢山頂きました。
あの時はありがたいやら申し訳ないやら...

とうことで、メイカーズバザールの時の反省点を見直しして、バージョンアップしたハンダ付けワークショップとして帰ってきますー!

で。
「おしゃべり宇宙人」って何?という人の為に、少し説明しますね。
なんと「しゃべるぬいぐるみ」のことなのですー!
えっ!?しゃべるの!?って思うでしょ。
この「しゃべるぬいぐるみ」は自分のしゃべった言葉を宇宙人みたいな声で復唱(マネ)してくれるんです!
ワークショップのメインはその中の基板部分のハンダ付けなんです!

作り方説明書などは前回使用したものをもっと分かりやすく作り直していますよ♪
ハンダ付け箇所もそんなに多くないので初心者の方でも安心です。
もし分からなくても、スタッフがそばに居るので安心してくださいね。

イベントの流れをさらっと説明しますね。

今回は、ハンダ付けの練習をしっかり体験して欲しいな!ということで、1回につき2時間制にしました。
たっぷり時間を撮ったので、思う様ハンダ付けを楽しんでくださいね!

イベントの最初にハンダ付けのレクチャーと練習をします。
makersbazaar2019-2-12makersbazaar2019-2-13
(※写真は2019年度メイカーズバザールのものです)

最初にしっかりハンダ付けの練習をして、本番のミスを少なくしよう!
はんだごての使い方に慣れよう!ということを目的にしています。
なのでハンダ付けが初めての方でも安心して参加してくださいね!

練習が終わったらいよいよ本番
宇宙人の中身(電子回路基板)にハンダ付けします。
skmEXPO-3skmEXPO-1skmEXPO-2

ハンダ付け箇所はそんなに多くありませんし、事前の練習で培った技術がここで効いてきます!

基板を組み立て終わったら、最後にぬいぐるみ部分を作ります
skmEXPO-4skmEXPO-5makersbazaar2019-9


前回と同様、顔の部分は「靴下」で出来ていますよ!
同じ靴下を使っていても仕上がりがみんなそれぞれ違っていて、個性が出るのが本当に面白いな!って思いました。

makersbazaar2019-2-48makersbazaar2019-2-46makersbazaar2019-2-41
(※写真は2019年度メイカーズバザールのものです)


ワークショップは、材料費込みの2,000円でご参加いただけます!
もちろん作ったキットはお持ち帰りできますので、持って帰って、みんなに自慢してくださいね。

イベントの時間ですが、2日と3日で異なるので注意してくださいね。

2日(土)
(1)10:30~12:30
(2)13:00~15:00
(3)15:30~17:30


3日(日)
(1)10:00~12:00
(2)12:30~14:30
(3)15:00~17:00


の計6回です。
当日満席の場合、他の時間での参加をお願いしますので、早めのご予約が安心だと思います♪

事前予約はこくちーずからお申し込みください。

専用ページはこちらから→
【11/2(土)/3(日)】→「こくちーずPRO」





そしてそして、今回も共立電子産業の物販ブース(ポップアップ・ストア)もあります!

makersbazaar2019-2-3makersbazaar2019-2-7makersbazaar2019-2-8
(※写真は2019年度メイカーズバザールのものです)

色んなロボットのキットや、ハンダ付けのキットプログラミングを楽しく学ぶことが出来るキット書籍なども持っていきます♪
他にも、IchigoJammicro:bitRaspberry PiArduinoコイン電池で光るLEDワイヤーハンダゴテセットなんかも持っていきますよ!

是非、お立ち寄りくださいね♪


皆さまのご参加お待ちしております!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は10月24日です!)

記事担当:
ハンダ付け必要-非マイコン系


これでホントのホントに完成です!
と書いた★「音が鳴る貯金箱 【キット】 / TA-04」
ta04-3-32

組立ては完成したんですが、実はまだ終わってなかったのです。
組立てて箱に入れたら完成?それで終わり?
いえいえ。実はここからが真骨頂。
その「音が鳴る貯金箱」のホントに凄いところ、紹介するのをスポーンと忘れちゃってました!!

それを紹介する前にちょっとおさらい。
以前のブログ記事はこちら!→
【組立て編 -1-】★「電工女子、WonderKitを作ります!(第26弾:音が鳴る貯金箱です)★1」
【組立て編 -2-】★「電工女子、WonderKitを作ります!(第26弾:音が鳴る貯金箱です)★2」
【箱への組立て】★「電工女子、WonderKitを作ります!(第26弾:音が鳴る貯金箱です)★3」


その凄いところが何かというと...
そう、この貯金箱、自分で好きな曲や効果音を入れることが出来るんですよ!!
オリジナリティを追求するなら見た目だけじゃなく、最大の特徴の音もオリジナルにしたいですよね!

ということで、今回は音楽(効果音)を変えてみようと思います!

説明書で言うとP5以降に書かれている内容なんですが、本題に入る前にP5の「音が鳴る貯金箱」の機能について簡単に紹介しますね。

・スイッチを押すと20秒間「硬貨検知モード」になるよ(スリープモードから復帰するよ)
・20秒間コインを入れなかったりスイッチに触らなかったらスリープモードになるよ
・コインを連続投入するときは、0.5秒待って
・音楽(効果音)は最大6曲(6効果音)入るよ
・音楽は3つのモードで鳴らすことが出来るよ
 (1)登録1の曲だけを再生するよ
 (2)登録した曲をランダムで再生するよ
 (3)コインを入れる度に順番に再生していくよ
  例):登録1→登録2→登録3→・・・登録6→登録1→登録2・・・
・音の大きさは基板の上の「半固定抵抗」で調整できるよ
・音をもっと大きくしたい場合は、パワーアンプをつないで鳴らすとイイよ


他にも細かく色々有るんですけど、詳しくは説明書を見てくださいね♪

さてではいよいよ「音が鳴る貯金箱」の登録音楽を変更してみましょう
「音が鳴る貯金箱」の登録音楽変更は、基板とパソコンをつなぐところから始まります。
必要になるのは★「USB Type-A(2.0) - microUSB」ケーブル。
「microUSB」プラグを貯金箱のMP3モジュールにさしこみます。
反対側の「USB Aプラグ」はパソコンのUSBポートにさしこんでくださいね。
ta04-4-7ta04-4-8ta04-4-9

ちなみにパソコンはMacはもちろんWindowsにも対応してます
安心してつないでくださいね。

USBケーブルで貯金箱とパソコンをつないだら、外付けドライブが表示されるところを確認してみましょう!
※今回はWindowsパソコンを使用したので、説明画像はWindowsパソコンのものです。
ta04-4-1

「音が鳴る貯金箱」のメモリー部分は特に名前がついていないので、OSによって出てくる時の名前が違います。
上の写真はWindows10の場合です。
なのでOSによってによっては『リムーバブルディスク』とかそういう名前で出てくることもあります。
なんにせよ「音が鳴る貯金箱」はUSBメモリとかと同じように、外部ドライブとして認識されるんですね。
ちなみに「音が鳴る貯金箱」の記憶容量は4Mバイトあります。頑張れば10分くらいの曲を入れることが出来る容量です。
これ以上の容量は入らないので注意してくださいね。
あと、鳴らすことが出来るファイル形式は「MP3」形式のみです。
ファイル形式にはもうちょっと細かい条件があるんですけど、詳しくは説明書を読んでくださいね。
よく分からない時はその辺にいる詳しそうな大人に聞いてみましょう!

それともう一つ、とっても重要なことがあります。
それは登録する曲のファイル名
フォルダの中にコピーするファイル名は
「00001.mp3」
「00002.mp3」
「00003.mp3」
「00004.mp3」
「00005.mp3」
「00006.mp3」
っていう風にしてください。(「0」の数に注意してください。「0」は4個です)
このファイル名じゃないと登録・再生されないんですって。
ちなみに「曲を順番に再生するモード」にした時、再生される順番はファイル名の順番になるので、名前を変える時に音を鳴らす順番も意識して名前を変えてくださいね。
それと、音楽データは上書きしないといけないので、最初から入ってる曲を消したくない場合はパソコンにコピーして保存しておくといいですよ。

注意事項が分かったところで、オカポンもコピーする曲を用意しました。
まずは入れたい曲用のフォルダを作って、そこに曲をコピーします。
ta04-4-2ta04-4-3
いきなり「音が鳴る貯金箱」に曲をコピーするんじゃなくて、一度パソコンの中のフォルダにコピーするのは何かあった時の為のバックアップも兼ねています♪
バックアップ超大事。仕事するようになって骨身に染みてそう思います。

ということで、コピーした方のファイル名を変更しましょう!
ta04-4-4

鳴らす順番も意識して名前を変更した音楽ファイルを選択して、パソコンにつないだ「音が鳴る貯金箱」(オカポンの場合は「USBドライブ」)に移動しましょう。
ta04-4-5ta04-4-6

コピーが完了したら、準備完了。
これで「音が鳴る貯金箱」の中の音は自分で選んだオリジナルの曲になりました!
全部終わったら「音が鳴る貯金箱」をパソコンから取り外すんですけど、いきなりUSBケーブルを抜いたりしないでくださいね。
この辺はパソコンのOSによるんですけど、USBメモリとかを取り外す時と同じように一手間いるパソコンもあるので、詳しくはパソコンの持ち主さんに聞いてみてくださいね。


さて、ちゃんと新しい曲が入ったかどうか、確認してみようと思います!
ta04-4-10ta04-4-11


おぉぉぉ!!!うまくいったーーー!!!
音楽の変更作業自体はとっても簡単でしたね。
リネーム&コピー(上書き)!
たったこれだけでオリジナル感がとっても増した「貯金箱」の完成です!


皆さんもぜひ、音楽を変更してみてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は10月3日です!) 

★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
音が鳴る貯金箱【キット】 TA-04 1個 こちらから→
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。 


★キット製作時に使用した道具は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
DASH低価格セラミックヒーターハンダこて15W
はんだ付け入門セット
FX650-84 1個 こちらから→
モデラーズニッパー α(グレイ) ITEM74093 1個
汎用型ピンセット 120mm P-880 1個
電子工作用ハンダ SD-63 1個
ワイヤーストリッピングゲージ BBM-WSG 1個
セラミックヒータータイプ用こて台 FH300-81 1個
工作マット / 350×250mm KP-S130 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

記事担当:
ハンダ付け必要-非マイコン系


先週作った★「音が鳴る貯金箱」
実は★「音が鳴る貯金箱」が発売された約3週間後にも、WonderKitから新しいキットが発売されていました。
今年の夏はWonderKitも豊作だったんですね。
と言う訳で、今回は夏の新作第二弾!★「ニオイ探知機 【キット】 / KP-ODO602」を作りたいと思います!!

ただ、「音が鳴る貯金箱」は用途がはっきりしていたんで作る時のモチベーションも高かったんですけど。
今回作る「ニオイ探知機」はその名の通り「臭気に反応するニオイ探知機」なんですが、まだオカポンの中で何ができるのか、何がしたいのか固まっていなくって。
何ができるかなー、と考えながら作っていこうと思います!

ちなみに。
キットの製作自体はそんなに難しくありません。
オカポンでもハンダ付けしながら、説明書とにらめっこしたり、メモ取ったり、写真撮っていましたが、完成に1時間かからないくらいでした。
なので作る部分だけを見れば初心者向けと言えなくもないキットだと思います。


ということで!
さっそく作っていこうと思います!
まずは恒例のパッケージチェック
KP-ODO602-1-1
キット自体が縦長なせいか、なんだかおとなしい感じのするパッケージですね。

入っている部品はこんな感じ。
KP-ODO602-1-2
部品数は少なめですね!
何でこんなに部品が少ないかというと・・・
KP-ODO602-1-3KP-ODO602-1-4KP-ODO602-1-5
なんと臭いを感知するガスセンサーはすでに基板に取り付けられているのです!
基板の先っちょに付いている四角い部品がガスセンサーです。
ガスセンサーとガスセンサー用のチップ部品は最初から基板に取り付けられているので、全体的に部品点数が少なくなってるんですね。
それにこの基板。今まで見たことない、面白い形していますね。
この先っちょを臭いを測りたいところに持って行くんだろうなぁ…て、とっても分かりやすい形です。


では組み立てていきましょ~!
まずはおなじみ抵抗から取り付けていきます。
KP-ODO602-1-6KP-ODO602-1-7
金属探知機、音が鳴る貯金箱と同じように小型抵抗です。
狭いスペースに取り付けるので、小型抵抗のリードは根元から折り曲げてくださいね。
以前も紹介しましたが…
キレイに根本から折り曲げるには★ピンセット★ラジオペンチが必需品!!
あるととっても便利なので、持ってない人はぜひ買ってくださいね。
小型抵抗のリードは手では根元から曲がらないので、基板に取り付けた時ガタガタになっちゃいますからね。

KP-ODO602-1-8KP-ODO602-1-9
ということで、抵抗のハンダ付けが終わったらこんな感じ

次は、スライドスイッチ
KP-ODO602-1-10KP-ODO602-1-11KP-ODO602-1-12
取り付け方向に注意してくださいね。
スイッチのON/OFF用レバーが外側に来るよう取り付けてハンダ付けすればOKです。

次はICソケットです。
KP-ODO602-1-14KP-ODO602-1-15KP-ODO602-1-16
初めて見るICソケットの足の形ー!とちょっとテンション高くなりました。
この足の形は「キンク」って言うんだそうです。
この足がくにゃんと歪んだ形のおかげで、基板に挿し込んだ後さかさまにしてもICソケットが落ちないんです!ハンダ付けする時、ICソケットが斜めに浮いてしまうこともないんですね。
これすごいなー、めっちゃ便利やなーと思っていました。
こういうの、初心者には嬉しい配慮です

次は積層セラミックコンデンサ
これは取り付け方向無しです。
KP-ODO602-1-17KP-ODO602-1-18


その次の電解コンデンサは取り付け方向があるので注意!
KP-ODO602-1-19KP-ODO602-1-20KP-ODO602-1-21
長いほうの足が「+」側です。
足を根本まで基板に入れてしまうと足が曲げられなくなるので、先に曲げてから基板に挿し込んだ方が良いですね。


次は三端子レギュレータLEDです。
KP-ODO602-1-22KP-ODO602-1-23KP-ODO602-1-24
どちらも取り付け方向があるので要注意です!
三端子レギュレータは基板に書いているイラストと向きを合わせてくださいね。
LEDは足が長い方を基板のAと書かれている方の穴に挿し込んでください。


次はタクトスイッチ
KP-ODO602-1-25KP-ODO602-1-26KP-ODO602-1-27
足の幅が狭い、広いがあります。
逆にすると、穴に部品が入らないので注意してくださいね!
それにしても頭の長いタクトスイッチです。調べてみるとタクトスイッチの頭の部分は色んな長さがあって面白いです。
皆さんもエレショップで確かめてみてくださいね。

次は半固定抵抗です。
KP-ODO602-1-28
基板を縦に見た状態で、半固定抵抗に縦筋が入っているほうを自分側にしてハンダ付けしてください。


次は、圧電ブザーです。
KP-ODO602-1-30KP-ODO602-1-31KP-ODO602-1-32
これ、基板の裏側にハンダ付けするので注意してくださいね。
で、このブザー。裏側に突起があるんですよ。
なので基板にペターっとくっつきません
一部分だけくっついてるのでカタカタ動いてハンダ付けがしにくかったです。
こう言う時はマスキングテープなどで貼り付けると固定されて動かなくなるのでハンダ付けが楽になりますよ!


とまぁ、今週はここまで!
まだ途中ですが一旦終了。
この後予備動作試験をして電池ボックスを取り付けたら完成なんですが・・・
あとちょっとの所でモタモタしたので、来週はそのあたりを紹介していこうと思います!


ぜひ、作ってみてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は9月26日です!) 

★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
ニオイ探知機 【キット】 KP-ODO602 1個 こちらから→
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。 


★キット製作時に使用した道具は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
DASH低価格セラミックヒーターハンダこて15W
はんだ付け入門セット
FX650-84 1個 こちらから→
モデラーズニッパー α(グレイ) ITEM74093 1個
汎用型ピンセット 120mm P-880 1個
電子工作用ハンダ SD-63 1個
ワイヤーストリッピングゲージ BBM-WSG 1個
セラミックヒータータイプ用こて台 FH300-81 1個
工作マット / 350×250mm KP-S130 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

このページのトップヘ