エレショップblog

半導体・センサー・マイコン・電子工作キットほか、各種電子部品の専門店「共立エレショップ」から主に電子工作の関連情報をお届けします。 http://eleshop.jp/

カテゴリ: ハンダ付け必須/非マイコン系

記事担当:
ハンダ付け必要-非マイコン系


先週は、★「電磁波レベルメータSP」(DN-G8SP)を作ってみました。★(電工女子、WonderKitを作ります!(第14弾:電磁波レベルメータSPです))
そして、動作チェックまで終わらせたんでしたね。
DN-G8SP-24

このまま色んな電子機器の側に行って、電磁波具合を測りたいところですが、ちょっと待ってください!
しなきゃいけないことがあるんです。
それは…

感度調節」です。

説明書には
「LED5が点灯しないギリギリの所に設定することで最大の感度になります」とあります。
この設定をしてあげることで、目視で反応が分かりやすいんですって。(常にMAXになっているより、徐々に光るLEDが増えることによって、距離や電磁波の強さが分かりやすくなるってことですね!)
あ、因みに「LED5」は緑LEDの横にある赤LEDのことです。

感度調節の仕方も簡単です。
電磁波の影響を受けない環境(携帯やACアダプタ、電子レンジなどが無い場所)で、スイッチ(SW1)を押しながら、半固定抵抗(VR)を一旦時計回りに回します。(感度大の方向)
LED5が点灯したら、次はそのLEDが消えるまでゆっくり反時計回りに回します。(感度小の方向)
この時、プラスドライバー★(「スタンダードドライバー/プラス #00」)を使うと楽に回せますよ!

DN-G8SP-25

ここまで出来たら、完成です!

はやる気持ちを押さえながら、スイッチを押しつつ、オカポンうろうろし始めます
DN-G8SP-26

シリコンハウス3階「ものづくり工作室」の中に、マイクロスコープがあるんですが(最大倍率500倍ですって!デモもしてますよ)、そこに近づけたら、メータが最大まで点灯しました!
なにこれ面白い…
DN-G8SP-27

うーんと…じゃあ、ココはどうだ!
DN-G8SP-28

パソコン近くまで行きましたが、メータ動かず

むむむむ…と、唸っていると、見ていた熟練スタッフさんが「その上に置いている無線LAN中継機に近づけてごらん?」と。
DN-G8SP-29
ほおぉぉぉぉ!!こちらから電磁波が出ているんですねぇ。
私「大きいモノから電磁波が出る」ものだと勘違いしていましたが、本体の大きさと出す電磁波の大きさは比例しないんですね。

ちなみにこのキット「高域」と「低域」を感知してくれるんですよね。
高域の電磁波は、先程のマイクロスコープとか無線LANとか、電子レンジから出ているんだそうです。
で、低域の電磁波と言うのが、ACアダプタとかから出ているんですって。
へぇぇぇ…
 
というわけで、やってみました。
ACアダプタに★「電磁波レベルメータSP」を近づけてみると…
DN-G8SP-30DN-G8SP-31

ほう!ACアダプタから出てる電磁波を感知していましたよ!

でもこれ、今拾っている電磁波が高域の電磁波なのか低域の電磁波なのか、分からないじゃないですか。
分かるようにならないんですかね?って、熟練スタッフさんに聞いたんですが、
そんなのはキットじゃ出来ない(とても高価なものになる)ので無理ですよ。
と笑っていました。

さて、ここで気になるのがこれってどこにセンサーがあるんだろう?ということです。
先端に出ているインダクターアンテナだけで拾っているんだと思っていたんですが、実はそれだけじゃないんです!
インダクターアンテナは、低域用のアンテナで、高域用のアンテナは、実は基板に乗っかっていたのです!!!びっくり。
基板に乗っている赤丸で囲っている所が、高域用のアンテナなんですって。

DN-G8SP-32

ですから、これを持って電磁波検知する時、スイッチ押しながら裏面を触っちゃいそうになるんですが(オカポン、何回か触ってましたが)、スイッチ押している時は、裏面のハンダ付けした箇所を触らないようにしてくださいね!
アンテナの感度がおかしくなっちゃいますからね!

さて、ここでもう一つ応用を。
このキット、電磁波の受信感度アップすることが出来るんです!

説明書をもう一度見てみましょう。
DN-G8SP-33

基板の裏に配線材を取り付けるだけで良いんですって!
他にも電線の切れ端があればなんでも使えるみたいですよ。

で、用意した配線材を指定の位置に取り付ます
DN-G8SP-34

びよん。
ホントにこれだけで感度が上がるんですかねぇ…?
DN-G8SP-35

半信半疑で、無線LAN中継器の近くに寄ってみました。
前回はこの距離では電磁波を拾わなかったんですが、アンテナ(配線材)をつけたらこの距離でも拾いました!
効果は有る模様です!
DN-G8SP-36

と言う訳で、なかなか電波を拾わないなぁ?とか、さっきは出来たのになぁ?と感じた時は、
・電磁波には方向性があるので、アンテナの向きを変えてみる。
・裏面の基板パターンを触っていないか確認する。
・感度調節の際、周りに電磁波を発するものがないか、再度確認して感度調整をやりなおす。
 ACアダプタや携帯などは意外と近くにあるので、要注意です。

などを試してみてください。


是非、楽しんでみてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は3月16日です!)


★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
電磁波レベルメータSP DN-G8SP 1個 こちらから→
単3形アルカリ電池4本パック LR6R/4S 1個
スタンダードドライバー/プラス #00 DS-03 1個
電子・通信機器用ビニル電線 KV0.2SQ 1m×6色袋入 0.2KV-1X6 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。


★キット製作時に使用した道具は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
DASH低価格セラミックヒーターハンダこて15W
はんだ付け入門セット
FX650-84 1個 こちらから→
マイクロニッパー 11295 1個
精密ピンセット/逆作用ピンセット 先細 TS-16 1個
電子工作用ハンダ SD-63 1個
ワイヤーストリッピングゲージ BBM-WSG 1個
セラミックヒータータイプ用こて台 FH300-81 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

記事担当:
ハンダ付け必要-非マイコン系


幾度か私オカポンは★共立電子産業のキット製作体験イベントにスタッフとして参加したことがあります。
そんな中「このキット、人気なんだなー!」と驚いた商品が幾つかあります。
私が思いますに人気な理由として「初心者でもそこまで難しくない(ハンダ付け箇所が少ない)」「お手頃価格である」「作った後も遊べる」「作ってすぐに反応が出る」などが挙げられるかな、と思います。
簡単なもの…といえば、★「LEDキャンドルキット[ロウソク色バージョン]」(CAN-D6B)などがありますが、ハンダ付け点数が少なすぎて物足りない!なんて思っちゃうんでしょうね。

というわけで。
今回はそんなキット製作体験イベントでも人気なキットの1つ、
★「電磁波レベルメータSP」(DN-G8SP)を作ってみようと思います!
身近な電子機器から放射されている電磁波を測れるキットなんですって。
ちなみに型番の最後に付いている『SP』は『スペシャル』と言う意味だそうで、初代からどんどんバージョンアップして今の形になったんだそうです。

完成するとこんな感じ。
DN-G8SP-22

という訳で、作ってみよう!
DN-G8SP-1

まずは基板を見てみましょう。
基板表面(黒い面)には穴が3つだけ空いた大きなスペースがあります。
ここは電池BOXを取付けるスペースです。
無駄なスペースではないので安心してくださいね。
DN-G8SP-2DN-G8SP-3

次に部品を見てみましょう。
思ったより少ないなー。今回、結構簡単なんじゃない?なんて楽天的に思って、後でちょっと後悔するのです…。
DN-G8SP-4

では早速作っていきましょう!

まずはおなじみジャンパー線
今回も使うのは0Ω抵抗。
取り付ける場所によって長さが変わるので、基板に取り付ける実寸が記されています。
足を曲げる時は注意してくださいね。
DN-G8SP-5DN-G8SP-6

次が、ダイオード。今まで見たものと、少し見た目が違いますね!青い。
これも取付ける時は方向に注意してくださいね。
DN-G8SP-7DN-G8SP-8

そして、もう一つとっても要注意なのが、いつもの赤いダイオードです。
基板をよく見てください。
DN-G8SP-9
分かりにくいですが三角マークの方向が反対になってますので、取付ける時はダイオードの方向をしっかりと確認してくださいね!

さて、そして毎度おなじみ抵抗です。
「楽天的に思って、後でちょっと後悔」する、のはこの部分。
今回の抵抗、小型なんです。いつもよりも小さいんです。
そして、カラーコードなんですけど、赤系が多くて!!
確認のためにも分けてみたんですが、あれ!?これ、何色…赤…いや、橙?あれ?みたいなことになりました!!!
DN-G8SP-10
しっかり確認してあげてくださいね。

セラミックコンデンサ
見た目はほぼ一緒なんですが、数字が印刷されているのでよく確認してくださいね。
DN-G8SP-11

ICも向きに注意!
DN-G8SP-13

電解コンデンサは、基板に+が刻印されているので、その穴に長い方のリード(足)を入れてあげてください。
寝かせた状態で取り付けするので奥まで差し込みすぎないように注意してくださいね。
基板の方にぺたんと曲げて、寝かせてからハンダ付けするとキレイに出来ますよ。
DN-G8SP-14DN-G8SP-15

インダクターアンテナも、同じようにペタン。
DN-G8SP-16

ちょっと挿し込む場所に戸惑ったのが、半固定抵抗
写真の向きが正しい方向になります。
DN-G8SP-17

次がLED
今回は赤が5本、緑が1本です。
LEDの足の長いほうが、基板の◯で囲っている場所にくるように挿し込んでくださいね。
DN-G8SP-18DN-G8SP-19

次は、タクトスイッチ
これも、取付方向があるんでした。
DN-G8SP-20

最後に、電池ボックスから出ているリード線ですが、
赤が+(プラス)
黒が-(マイナス)
に挿し込んでくださいね!
DN-G8SP-21

電池BOXを基板の空きスペースにネジで留めて、★電池(単3形アルカリ電池4本パック)を入れたら…完成です!
基板本体も黒で、なかなか格好良いですよね!
DN-G8SP-22


動作チェックですが、タクトスイッチが「電源スイッチ」になります。
押して緑色LEDが光れば、成功です!
やったー!!
DN-G8SP-23DN-G8SP-24


次は、実際に色々な所で電磁波が出ているのかいないのか、試してみようと思います!

是非、チャレンジしてみてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は3月9日です!)


★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
電磁波レベルメータSP DN-G8SP 1個 こちらから→
単3形アルカリ電池4本パック LR6R/4S 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。


★キット製作時に使用した道具は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
DASH低価格セラミックヒーターハンダこて15W
はんだ付け入門セット
FX650-84 1個 こちらから→
マイクロニッパー 11295 1個
精密ピンセット/逆作用ピンセット 先細 TS-16 1個
電子工作用ハンダ SD-63 1個
ワイヤーストリッピングゲージ BBM-WSG 1個
セラミックヒータータイプ用こて台 FH300-81 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

記事担当:
ハンダ付け必要-非マイコン系


さて、今回は★「マルチサイレンキット」(HI-B9)を作成します!
商品ページを見ると「4個のボリュームの調整で、いろんなサイレン音を作り出せるサウンドエフェクト・ジェネレータキットです。」とあります。
色んな音が自分で作れるんですって。なにそれ面白そう!というわけで、作ってみます!
因みに、完成はこんな感じ。

HI-B9-14

こう見ると、そんなに部品点数多くないような感じなんですけどね。

さて、ではいつもの開封からやってみよー!
HI-B9-1

まずは部品チェックです!
最初は基板から。
HI-B9-2HI-B9-3

次に部品達
HI-B9-4

結構多い気がしますね。

いつもの通り、背の低い部品から順に取付けて、ハンダ付けしていきます。
今回、抵抗の種類が多いのと、取付ける箇所が多いのでどこに取り付ければ良いのか、探すのに苦労しました。
HI-B9-6

説明書の番号に沿って、部品を順番にハンダ付けしていきましょう。
抵抗は値さえ間違えなければ良いのですが、ダイオード(D1)、電解コンデンサ(C4,C5)、トランジスタ(Q1,Q2,Q3)、スピーカー(CN2)など方向が決まっているものは要注意です!

今回も、私的戸惑いポイントはいくつかあったので、紹介しようと思います。

ジャンパー線:以前も出ました、ジャンパー線!(★「電工女子、WonderKitを作ります!(第10弾:風鈴キットです)」)
説明書には「10mm」って書いていて、え!?そんなの無い!ってなるんですが、大丈夫。ここにあります!
HI-B9-5
そう、0Ω抵抗です!
このマルチサイレンキットでも、ジャンパー線に切り取った抵抗の足を使うんじゃなくて、0Ω抵抗を使うんですね。
ちゃんと部品表にも抵抗の所に『ジャンパー線(R5)』が載ってました。

ダイオード:足太くて固い。
抵抗に慣れていたので、結構太く感じました。曲げるのにも一苦労。ダイオードは向きがあるので気をつけて!
HI-B9-7
基板に書いてある矢印の先にダイオードの銀色の線が来るようにしてくださいね。

タクトスイッチ:取付方向注意!よく見ると足の間隔が違うので、確認してくださいね。
HI-B9-8

抵抗:今回も足がたくさんあるICが2個もあります。ICには向きがあるので、注意してくださいね。
HI-B9-9

半固定抵抗:5個あるうち、1個だけ103(10K)があるので、よく見てくださいね!

挿す場所なんですが基板に穴が4箇所あるんです。でも、差し込むのは外側の3つだけ。半固定抵抗って容量同じで大きさが違うものがあって、大小どちらでも挿せるように穴がこんな風にあいてるんですって!
HI-B9-10HI-B9-11

DCジャック:以前もやりましたよね。(★「電工女子、WonderKitを作ります!(第10弾:風鈴キットです)」)この大きな穴に、どうハンダつけするのか…
HI-B9-12

こういうやり方もあるんですが、今回は全面流し込むバージョンでやってみました!
これ、コツがあるんですって!★「ものづくり工作室」の先生に教えていただいたんですが、通常ハンダするときに使う糸ハンダってφ0.6mmなんですよね。(ページ下部の一括購入(青い表)では、φ1.0mmハンダをセットにしています)で、この穴を一気に塞げるほどのハンダを流さないといけないんですが、φ0.6mmってちょっと細いんです。その際に使用するのに便利なのがφ0.8mmの糸ハンダ(★「少量巻 模型・電気用ハンダ」(SD-101))なんです!
HI-B9-13
上がφ0.8mm、下がφ0.6mm

φ0.6mmでも大量に流し入れる事は出来るんですが、太い方が沢山ハンダが流れるのでやりやすいんです。
こんな感じになります。
HI-B9-15


これにて完成です!
HI-B9-14

またまた電源がないんですが、DCジャックをつけたので、ACアダプタを挿しましょう!
標準9Vなので、9VのACアダプタ(★「ACアダプタ DC9V 1.2A」(WA-09120X))を使ってあげてくださいね。
※DC4.5〜12Vまで使えます。

接続したら、半固定抵抗を中央付近にセットしてあげてください。
タクトスイッチを押して、音が鳴って数秒後にとまればOKと書いているんですけどね。

確かに音は鳴ったし、止まったんですけど、何か気にくわない
音が、変なんです。ブレブレ。
サイレンの音っぽくないんです。

ということで、いろんな人に助けてもらった結果。
私のハンダ不良、ということが判明しました!ぐすん。

見た目はそこまでおかしくないんですが、「糸ハンダを離すのが早い」「糸ハンダを離した後、コテを心持ち長くリードに当ててハンダを流してあげる」がきちんと出来ていなかったみたいです。
なので、見えない部分でしっかりリード・ランド・ハンダがくっついていなかった為、変な音になってしまったみたいです。

ということで、完成前・完成後の音の違いを聞き比べて見てください!
ここまで変わるものなのですね…と、驚きでした。

※音が出ます


変だな?と思った時は、部品がきちんと指定された場所に(向きも)正しく取付けられているか確認しましょう。
それでもおかしい場合は、ハンダがちゃんと広がっていなさそうな所をハンダゴテで温め直すと上手くいくかもしれませんよ。(コテの当てすぎは部品が壊れる可能性があるので、ホドホドにしてくださいませ)


是非、チャレンジしてみてくださいね!


(記事:オカポン)

更新予定:毎週木曜日(次回は3月2日です!)


★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
マルチサイレンキット HI-B9 1個 こちらから→
ACアダプタ DC9V 1.2A WA-09120X 1個
少量巻 模型・電気用ハンダ SD-101 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。


★キット製作時に使用した道具は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
DASH低価格セラミックヒーターハンダこて15W
はんだ付け入門セット
FX650-84 1個 こちらから→
マイクロニッパー 11295 1個
精密ピンセット/逆作用ピンセット 先細 TS-16 1個
電子工作用ハンダ SD-63 1個
ワイヤーストリッピングゲージ BBM-WSG 1個
セラミックヒータータイプ用こて台 FH300-81 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

記事担当:共立プロダクツ
ハンダ付け必須-非マイコン系


光るペンダント

パッと頭に浮かんだのは、宮崎アニメの飛行石のような感じのもの。


やってみよう!と決意

しかし、ぶっちゃけレジンアクセサリーなんて作るのは本当に初めてで。

UVランプ…こんなに光るんだ!

UVレジンってこんなにトロトロなんだ?!

ん?これはなんだ?

などと無駄な時間を過ごすこと1時間。

この日までに色々予習もしたつもりなので、ぶっつけ本番でいきます。


レジン用空枠にマスキングテープを貼りラメ入りレジンを流し込みます。

厚さ1mm位です。

resinLED-1

一度、UVランプで硬化させます。(2分)


次にまたラメ入りレジンを流し込みます。

先ほどより若干多めです。

爪楊枝で平らにしたら、歯車パーツをのせます。


resinLED-2

UVランプで硬化(2分)
 
パーツが隠れるくらいラメ入りレジンを流し入れ、歯車パーツを配置し UVランプで硬化(2分)

resinLED-3

ここからは、クリアレジンを入れて平らにしては硬化、また入れては硬化を繰り返します。
私はだいたい7回くらい繰り返しました。
ぷっくりさせると綺麗です。

さてLEDキットの準備をします。
このキットは完成品です。
チップLEDは8個点灯させることができます。
色はオレンジです。
オレンジでも綺麗だったとは思うのですが、どうしてもブルーにしたくて、私のわがままでブルーにチェンジ。

電子工作は少しできる程度の私には、チップLEDの交換は未知の領域。
開発のお兄さんにお願い(泣きつき)快く交換していただきました。

8個も光らせると、眩しいだけのアクセサリーになりそうでしたので

LEDの番号1,3,5,7の4個を点灯させられるように
ジャンパー線でその番号をつなぎ、電池ケースのマイナスへ。
Aから電池ケースのプラスへつなぎました。

resinLED-4resinLED-5

綺麗に点灯してくれて嬉しい限りです。

先ほどのレジンで作ったパーツの裏のマスキングテープをはがし
レジンを塗りLEDの基板をのせて、硬化させます。

resinLED-6

怪しい色です。
UVランプを使用するときは直視しないください。
目によくありません。
硬化したら電池ケースを基板の後ろに両面テープで貼り、いよいよ電池をセットします。

resinLED-7

なかなか幻想的で魔法の石のよう

思っていたよりも優しく綺麗な光でした。

いかがですか?
レジンアクセサリーを作って、裏にLEDキットをくっつけただけの簡単ペンダントです。

是非チャレンジしてみてくださいね。

(記事:まつりん)

更新予定:毎週木曜日(次回は2月9日です!)


★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
汎用8点LED表示用ユニット アノードコモンタイプ KP-LED8A 1個 こちらから→
青色チップLED2012サイズ★受注単位有★ AL-HB435A3 10個
コイン型電池ホルダ GS074A-021G 1個
0Ω抵抗(ジャンパー代用) Z16CS 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。


★キット製作時に使用した道具は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
DASH低価格セラミックヒーターハンダこて15W
はんだ付け入門セット
FX650-84 1個 こちらから→
マイクロニッパー 11295 1個
ラジオペンチ PR-16 1個
電子工作用ハンダ SD-63 1個
ワイヤーストリッパー YS-1 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。


★記事内で使用した道具★(エレショップでは取扱していません)

道具名
使用用途
硬化用UVランプ レジンを硬化させる為のランプ
UVレジン ラメ入り (100円ショップで購入)
UVレジン クリア (100円ショップで購入)
レジン用空枠 ペンダントの枠(100円ショップで購入)
マスキングテープ 一時的な底の役目(100円ショップで購入)
ラメ (100円ショップで購入)
歯車のパーツ (100円ショップで購入)
爪楊枝 レジンを均す為に使用(100円ショップで購入)
革ひも 完成後ペンダントにするため使用(100円ショップで購入)

記事担当:
ハンダ付け必要-非マイコン系


皆様明けましておめでとうございます。
オカポンです。

ありがたいことにエレショップBlogも開設から1年が経ちました!

電工女子と言う事で、工作系の記事を毎週1本掲載してきて早1年。
その間ネタに困って頭から湯気が出そうなくらい悩んだり時間がなくて必死でキットを作ったり、本当にいろんなことがありました。
でも続けることにはちゃんと意味があって、昨年の終わり頃からは電工女子も私一人ではなく仲間ができて、みんなでワイワイ言いながらものづくりを楽しめるようになりました
半年前と比べても記事を書く人が増えましたし、今年もどんどん電工女子の和を広げてものづくりをしていきます。

pingpong-18

まだまだ拙い工作や記事ばかりですが、どうぞ応援くださいませ

さて、オカポン的には新年最初の記事なんですが、最近は電工女子メンバーが記事を提供してくれてたので、すっかり油断してました
みんなすごいな~って思ってたら記事書くの忘れててビックリ!

そんな訳で何の準備もしてなかったのですが、めでたくエレショップBlogも1周年を迎えたので、今回は原点に帰ってワンダーキットを作ってみようと思います!
結構いっぱい作ったつもりだたんですけど、まだまだ作ってないキットがいっぱい有ってびっくりしました!

そんな中から今回作るのはコレ!

pingpong-1

このキット、以前シリコンハウス1階でデモ品が展示されてて私も好きでよく触ってたんですけど、昔のクイズ番組で早押しの時に出る『ピンポン!』って言う音が出るんです。
なんだかその音が気持ちよくて、ついつい連打してしまいました!

では早速中身を見てみましょう

pingpong-2

基板は大きめで部品点数も少なめ。
今まで幾多のキットを乗り越えてきた私にとってはお茶の子さいさいですね。むふー

pingpong-3pingpong-4

と思ったのも束の間。
久しぶりのキット作りだったのですっかり要領を忘れてしまっていて、抵抗を見た瞬間固まってしまいました

pingpong-5

パーツリストを見ると抵抗の色が3色しか書いてなくて早速「なにこれ~」って混乱してしまいました。

pingpong-6

先輩社員サンに聞いたらカラーコードの金色は省略しているんだとか。
なんでそんなことするのかプンスコ聞いてみたら
一般的なカーボン抵抗は誤差が5%で、カラーコードの金色はそれを表しているのね。
  今回使うどの抵抗にも共通して金色が入っている。だから省略したんじゃない?
との事。
分かってる人には解るんでしょうけど、初心者には不親切ですよ!

と、まぁ最初からつまづきましたけど、その後は勘を取り戻して順調に部品を取り付けられました。

pingpong-7

抵抗の次はダイオードを付けるんですけど、ダイオードには方向が有るんでしたね。
覚えてますよ!

pingpong-8

ちゃんと説明書を見て方向を間違えないで付けてくださいね。
赤いダイオードに付いている黒い線が基板の矢印の先に来るように取り付けてくださいね。

pingpong-9

ダイオードを付けたら次はIC
ICは同じ形をしたものが2種類入ってるので、付ける場所と方向を間違えないように注意しましょう。

pingpong-10

あぁ、やっぱり足の多いICをダダダッと連続でハンダ付けしていくのって気持ちいいですね!
テンポよくハンダ付けできた時はテンションが上ります。

pingpong-11

ICが終わったらいよいよ背の高い部品です。
まずはトランジスタ。

pingpong-12

トランジスタも方向があるので注意してくださいね。
それと、基板に根本までささらないので押し込みすぎないようにしてください。
最悪足が取れてしまいます。

トランジスタの次は初めて見る部品!
マイラコンデンサって言うコンデンサの仲間です。

pingpong-13

なんだかガムみたいでキレイですね。
この後電解コンデンサ、セラミックコンデンサとコンデンサの取付けが続くんですけど、同じコンデンサでも方向があるものと無いものが有るんですね。
このマイラコンデンサは方向がなくて、抵抗みたいにどっち向きにつけてもいいみたいです。
セラミックコンデンサも方向はないです。
でも今まで何度もハンダ付けしてきた電解コンデンサは方向があって、この辺ややこしいので注意してくださいね。
なんで同じコンデンサなのに取付ける方向があったりなかったりするのか、今度先輩社員サンに聞いてみようと思います。

コンデンサを付け終わったら基板は完成!

pingpong-14

説明書の手順はここで終わりなんですが、もちろんこのままでは音はなりません。何にもできません。
なのでキットに付属していたスピーカーを取り付けます

スピーカーに配線をハンダ付け。

pingpong-15

そしてこれを基板につなぎます。
スピーカーも方向がないので線の色は好きにつないで良いみたいです。

pingpong-16

これで付属の部品は全部使いました。
と言う訳で完成です!やったー!!

って歓声を上げてる場合じゃないです!
コレでもまだなんにもできないんです!

と言う訳でちゃんと完成しているのかどうかチェックするために、説明書の「動作チェック」します。

pingpong-17

この説明書、とても分かりにくい書き方がされてますけど、読み方は↓の順番で読んで下さい。

pingpong-19

電源とスイッチの所につなぐ配線材は付いていないので、どこかから余っている電線を持ってくる必要があります。
配線材なんて余ってないよ!と言う人は合わせてこう言うの★「電子・通信機器用ビニル電線 KV0.2SQ 1m×6色袋入」(0.2KV-1X6)買っておくと何かと便利ですよ。

そして肝心の電源ですけど、今回私は9Vの乾電池★「006P形アルカリ電池」(6LF22EXD/1S)を電源に使いました。
でも「ピンポンチャイム」自体は動作電圧DC5Vから16Vまでと範囲が広いので手に入りやすい電源を使ってください。

では動作チェックのための作業をしましょう。
まずは説明書の図にある通りに電線を付けます

pingpong-20

コレで準備完了。
これに9Vの乾電池をつないで音が鳴るか試してみましょう。


電池の接続に横着をしてしまったのでものすごく不安定な音がなってしまいました…!
でもちゃんと音がなっているので良しとします。
無事「ピンポンチャイム」が完成していたことが判りました。

ちなみに電源を入れると電線をショートさせなくても最初に『ピンポン』と鳴ります
基板の『R0』に繋いだ線をショートさせると、また『ピンポン』と鳴るんですけど、残念な事に繋いでる間中鳴り続けます。
ハッキリ言って…うるさいデス。(笑)
なのでこの辺りは改良が必要ですね。

と言う訳で、またいずれ「ピンポンチャイム」をちゃんと使えるように応用編をやりたいと思います。
いつになるかわかりませんけど、どうぞご期待ください。


では皆様、本年もエレショップblogを、電工女子を宜しくお願いします!


(記事:オカポン)

更新予定:毎週木曜日(次回は1月19日です!)


★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
ピンポンチャイムキット CY-1MB 1個 こちらから→
電子・通信機器用ビニル電線 KV0.2SQ 1m×6色袋入 0.2KV-1X6 1個
006P形アルカリ電池 6LF22EXD/1S 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。


★キット製作時に使用した道具は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
DASH低価格セラミックヒーターハンダこて15W
はんだ付け入門セット
FX650-84 1個 こちらから→
マイクロニッパー 11295 1個
精密ピンセット/逆作用ピンセット 先細 TS-16 1個
電子工作用ハンダ SD-63 1個
ワイヤーストリッピングゲージ BBM-WSG 1個
セラミックヒータータイプ用こて台 FH300-81 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

このページのトップヘ