エレショップblog

半導体・センサー・マイコン・電子工作キットほか、各種電子部品の専門店「共立エレショップ」から主に電子工作の関連情報をお届けします。 http://eleshop.jp/

カテゴリ: ハンダ付け必須/非マイコン系

記事担当:
ハンダ付け必要-非マイコン系


すっかり定着しましたね、テレワーク。
メリット・デメリットそれぞれありますけど、オカポンはテレワークのほうが集中して仕事ができるので好きです。

そんなテレワークの困ったこととして、WEB会議中に家族が映り込んでしまうトラブルがあるんだそうです。(オカポンはWEB会議未経験です)
動画配信とかでは『親フラ』といって割と定番のトラブルのようですが、仕事に熱中して背後に気付かずびっくり!なんてことはできるだけ避けたいですね。

そんなトラブルを避けたい人に朗報!
プロダクツのWonderKitから、こんなキットが出ているのです!
★「通過センサキット2 / SY-852」
sy852a

このキットの概要欄には
赤外線を利用した通過センサキット。送光部と受光部間の赤外線を遮断することで、リレーがON。送・受それぞれの基板はスタンドアロンとなり、リレーの接点容量は3Aにアップ。送受信間距離も最大約8mと拡大。
って書かれてます。
この説明だと難しくってよく分からないんですが、この送受信の基板の間を人や物が通るとリレーがONになって、ピンポーンとなったり、何か光ったり…なんていう事が出来ちゃうわけですね!
お店とかでもよくありますよね。お店に入ったらピンポーンってなるの。
今回は仕事中に人が近づいて来たことが分かればいいのでそんなに大がかりな装置は必要ないんですけど、希望としては机の上で何かキラキラ光る物をつなげられたらいいなぁ

...なんて妄想はひとまず置いておいて、キットを作ろうと思います!

まずはお馴染みパッケージチェック!
SY-852-1-1
商品ページで見て勝手に想像してた大きさより小さかったです。

中の部品はこんな感じ。
SY-852-1-2SY-852-1-3
基板が受信機用と送信機用で2つあるんですが、部品袋もちゃんと2つに分けてくれています!
(オカポン、最初部品見た時、袋を両方開けて探さなきゃならないのかと思って、ヒィンってなりました)
見分け方は、基板小さい方が部品パーツ少ない方
基板大きい方は、部品パーツ多い方、ですって。
他にも、中のICが違ってて、小さい基板は「12F509」が入っている方。
大きい基板はは「12F675」が入っている方だそうです。
自分にあった方法で見分けてくださいね!


で、基板はこんな感じ。
SY-852-1-4SY-852-1-5
2つの基板がくっついています。

このままでは使えないので、2枚の基板を折って切り離します。
机に大きい方の基板を置いて、溝を机の端にあわせます。
SY-852-1-6SY-852-1-7
小さい基板の外側に軽く体重をかけると簡単にパキリと折れます。気持ちいい。

ということで、今回はこの小さい基板をハンダ付けしていきます
SY-852-1-8
ちなみに、こっちが送信機側になります。


まずは抵抗から。
SY-852-1-10SY-852-1-9
取り付け方向は無いです。
抵抗の帯をしっかり見て抵抗値を確認して、ちゃちゃっとハンダ付けしましょう。


次はダイオード
SY-852-1-11SY-852-1-12
これは向きがあるので注意です。
部品の黒い帯と、基板の帯マークをあわせてくださいね。
そしてやっぱり基板の穴位置は抵抗と違ってピッタリじゃないんですよね…。


そして赤外線LED
SY-852-1-13SY-852-1-14SY-852-1-15
これも取り付け方向があります
部品の足が長い方を、基板の「A(アノード)」に挿します。
LEDが基板に水平になるように、ハンダ付けしたあと足は折り曲げます。
なのでLEDは基板にピッタリ付けないでくださいね。
説明書には6.5mm足を残してハンダ付けするように書いてくれていますが、面倒なので適当におっちゃいました。女子力ドコ…。


積層セラミックコンデンサは向きが無いので、気にせずそのまままっすぐ挿し込んでくださいね。
SY-852-1-16SY-852-1-17
緑のLEDは取り付け方向ありです。
これも赤外線LEDと同じで、部品の足が長い方を基板の「A(アノード)」に挿します。

次はICソケット。とIC
SY-852-1-18SY-852-1-19SY-852-1-20
これも向きがあります
基板に書かれている切り欠きと、ICソケットの切り欠きをあわせてください。
ハンダ付けが終わったら、ソケットにICを挿し込んでください。これも向きがあるので要注意です。
ICの切り欠きを、ソケット・基板の切り欠きにあわせて挿し込んでください。


そして電解コンデンサ
SY-852-1-21SY-852-1-22
取り付け方向に注意です。
同じ容量(10μF)なのでどっちがどっちとか気にしなくて良いんですけど、基板に挿し込む向きが左右で逆になってます。
基板に「+」と書いている方に、コンデンサの足が長い方を挿し込んでください。
ここホントに要注意です!


お次はトランジスタレギュレータ
SY-852-1-23SY-852-1-24
見た目は似ていますが、挿し込む場所も部品も全く異なります。
ちょっと分かりにくいですが、部品に書かれている数字をチェックして間違えないように取り付けてください。


というわけで、ここまででこんな感じ。
SY-852-1-25
だいぶ部品で埋まってきました。


次はヘッダーピンです。
SY-852-1-26
ヘッダーピンはガタガタになりやすい所なんですが、前にも紹介したデジットのブログ
★「【Tips】知っておくと便利!ヘッダーピンのハンダ付けの仕方」(デジットブログ)
を参考にして取り付けてくださいね。
簡単に言うと、ヘッダーピンの1本を軽くハンダ付けして、熱を加えながら黒いスリーブを動かして、調節します。
部品にハンダごての熱が伝わって、結構熱くなるんですが、触れない時は一旦部品が冷めるまで待ちましょうね!


最後にDCジャックを取り付けます。
SY-852-1-27
DCジャックはハンダをドバーッと流し込んで取り付けするのでオカポン大好きです。

これで、送信機完成ですー!!!
SY-852-1-28SY-852-1-29


作業的には30分程度。
キリが良いので、今回はここまで!

次回は受信機に取り掛かります。
あれ、思ったよりも簡単かも…?!

皆さんもぜひ作ってみてくださいね♪

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は1月21日です!) 

記事担当:
ハンダ付け必須-非マイコン系

折しもクリスマスが1週間後に迫った今日この頃。
そう言えば今年は季節感のある事ってほとんどしてないなぁと2020年も終わりに近づいたカレンダーを眺めて思った次第でございます。

そうだ、クリスマスツリーを作ろう!
そんな事を閃いたのは底冷えのする事務所でホット麦茶を飲んでいた時でございました。

LED-16LFG-4-15


と言う訳で本日は。
先月電工女子のオカポンが製作記事を書いていた16LEDフラッシャー『LED-16LFG』を使ってクリスマスツリーの電飾を作ってみようと思います。

 led16lfgf

やることは単純。
基板に直付けされているLEDを取り外して配線で延ばす、と言うだけでございます。
あとは先端にLEDの付いた配線をクリスマスツリーに仕込めば完成、と。

では早速オカポンから借りてきた『LED-16LFG』のLEDを取り外しましょう。
使うのはこれ。

fr30181a

白光のハンディ・ハンダ吸取器『FR-301』でございます。
ハンダ付けした部品を外すと言えばハンダ吸取線の出番なのですが、さすがにスルーホール基板のハンダを吸い取っていくのは手間がかかります。
ましてやLEDは16個も付いている訳ですから。
私も仕事の合間に工作をしておりますので、あまり時間を割くことは出来ない訳でございます。
そう言う時に威力を発揮するのがこの自動ハンダ吸取器なのですよ。
この機械は簡単に言うと「ハンダゴテの先に穴が開いていて、溶かしたハンダをその穴から電動ポンプで吸い取る」という代物でございます。
ハンダしたところに先っちょを当て、ハンダが溶けたらトリガーを引きハンダを吸い取る。
LED-16LFG-4-01
片手で簡単にハンダの除去ができてしまうスグレモノ。一度使ったらもう手放せない系工具の代表格でございます。
上手く吸えない場合は逆にハンダを足して吸い取りやすくすれば
LED-16LFG-4-02
キレイにハンダを吸い取ってくれます。超便利。もうこれ無しではリペアなんかしたくない、と思わせるくらいの便利工具でございます。
なによりキレイにハンダを吸い取ることが出来ると、ポトリとLEDが自由落下します。
あぁ、快感★
LED-16LFG-4-03
ぜひとも皆様に使っていただきたい工具でございます。

そんなこんなでものの5分程度で16個のLEDを外し終えることが出来ました。
LED-16LFG-4-04
時間に追われる現代人には有りがたいことでございます。

次にLEDを配線で延ばすべく、ヘッダーピンを取り付けていきます。
使うのは1列40ピンのピンヘッダー『GS060-1401G-11』でございます。
LED-16LFG-4-05
2ピンのピンヘッダーを16個使ってもいいのですが、40ピンをカットして使った方が安く付くというモノ。
これも経費削減の一環という訳です。

しかしこのヘッダーピン、とてもカットしやすい商品でして、安いニッパーでもキレイにカットできます。
LED-16LFG-4-06
その気になれば手でもカットして(折るとも言う)使うことが出来ますので、部品箱に入れておくと何かと便利でございます。

2ピンを16個カットし終えたらLEDが付いていた場所にハンダ付け。
LED-16LFG-4-07
スピード重視で取り付けたらガタガタになってしまいました・・・
しかしこれで今回の工作は終了でございます。
あとは整えていくだけなのですね。

しかしその前に少し実験を。
この『LEDー16LFG』に使われているLED、開発担当に確認しましたところDC約3Vで点灯させているとのこと。
と言うことは青色とか白色LEDは問題なく点灯するはず。
と言う訳で試してみました。
LED-16LFG-4-08
はい、見事に青色LED『OSB5SADSA4D』が点灯いたしました。
ちなみにLEDを接続する配線にはQIケーブル2S-2S『311-183』を使用しております。
こう言うハーネスを使うとあとで付け替えも簡単ですし、面倒なハンダ付けをしなくていいというメリットがございます。
青色が成功したので他の色も試してみましょう。
LED-16LFG-4-09
緑色と赤色の他、分かりにくいですが白も光りました。
赤色LEDは『OSR5PADSA4D』を使用いたしました。
こちらのLEDは定格電圧2.1Vなのですが、光りすぎることも壊れることもなくちゃんと機能しておりました。
この辺りも開発担当に確認しましたが、全く問題ないとのことでした。
電子工作警察に怒られるような改造では無いということで安心ですね。
ちなみに赤色LEDを使用した『LED-16LFR』に青色や白色LEDを繋いでもちゃんと光るそうです。

これで実験完了。
定格電圧2VのLEDも3VのLEDも、ちゃんと光らせることが出来ました。
では全ての端子にLEDを取り付けます。

LED-16LFG-4-10
ゴッチャゴチャ。
もう少し何とかならなかったのかと少し反省しております。
でも安心。電源を入れれば...
LED-16LFG-4-11
バッチリ全てのLEDが点灯いたしました。

ではツリーの飾り付けに移りましょう。
取り出したのはこれ。
LED-16LFG-4-12
100円ショップで買ってきた簡素なツリーでございます。
針金にモールを巻き付けただけの簡単な作り。だがそれがいい。
変に気取らず幹から枝から全てモールでモフモフなので配線やLEDを隠しやすいという訳です。
まさに配線を隠すならモールの中に、と言った具合でございます。

311-183』をまとめていた黒のビニ帯をそのまま流用し、ツリーにLEDを固定していきます。
あえてLEDの足をカットせずに長いままQIコネクタに挿し込んだのも、LEDの配線を目立たなくするためでございます。
全体のバランスを見ながら取り付けていくと
LED-16LFG-4-13
もう裏側はゴッチャゴチャでございます。
なんて風情のない。
そう思っておりましたが、正面を向けてLEDを点灯させると・・・
LED-16LFG-4-14
はい。なかなか良い感じ。
思った以上にツリーっぽく仕上がりました。
しかしまぁもっと配色のバランスだとか装飾感だとかは電工女子に学びたいと思った次第でございます。

LED-16LFG-4-15

と言う訳でクリスマスまであと1週間。
今回試した『LED-16LF』シリーズを使った電飾は今から作っても充分間に合う程度の難易度でございます。
今度の土日にお子さんや家族と作ってみては如何でしょうか。

<記事:伊東>

更新予定:毎週木曜日(次回は12月24日です!) 

記事担当:
ハンダ付け必要-非マイコン系

前回は、2020年8月にWonderKitから発売した★「サウンドジェネレータDX【キット】 / DNGR-76」の改造編第1弾、音が鳴っている間LEDが光るようにして、ケースに入れるためにケース加工を途中までしました。
★「電工女子、WonderKitで工作します!(第29弾:サウンドジェネレータDX【キット】です)★1」
dngr76aDNGR_3_06DNGR_3_21

今週は改造編の第2弾にして完結編、最後まで完成させちゃいますよ!

まずは基板と電池BOXを固定します。
さてどうしようかと悩んでいた時に、シリコンハウスの店員さんに勧められたのがこれ。
DNGR_4_01
サンハヤトの接着式基板スタンド 8個入 ★「SPT-300」です。
厚手の両面テープで固定してもいいかなと思ったんですけど、しっかり固定した方がいいと言われて基板スタンドを使うことにしました。
この ★「SPT-300」はスタンドとネジのセットが8セット入ってるので、別にネジを用意する必要がありません
DNGR_4_02
スタンドの裏が両面テープになってるので、これでケースに貼り付けて使います。
本来はケースにスタンドを貼り付けて、そこに基板とかをネジ留めするんですけど...
DNGR_4_03
横着者のオカポンは先に基板を取り付けてから貼り付けました
だってスタンドを貼り付けてからネジ穴が合わない!ってなったらイヤですからね。
DNGR_4_04
おかげでキレイに取り付けることが出来ました。

この ★「SPT-300」はその薄さも魅力なんですって。
DNGR_4_05
なるほど、ケースから基板が浮いてる感が少ないですね。
ケースの厚みに余裕がないときほど重宝するんだとか。納得ですね。

これで基板の固定は完了
次はケース加工の仕上です。
そう、今回のケース加工で一番悩んだスピーカー用の穴あけスピーカーの固定方法です。

まずはスピーカー用の穴あけから。
これもどうやったらいい感じにそれっぽく穴あけが出来るのか悩んでたんですが、これも古株社員サンが良い方法を教えてくれました。

まず、スイッチの時と同じように穴を開ける位置を分かりやすくするために、ケースにマスキングテープを貼ります
DNGR_4_06
スピーカーが大きいのでマスキングテープは2列にして貼っています。

次にマスキングテープの上にスピーカーを当てて、縁取りします。
DNGR_4_07
この円の中に穴を開ければスピーカーの範囲外にはならないって事なんですね。

あとはこの円を適当に六等分して、六等分した線の交わるところから1cmくらいの所に印を付けていきます。
DNGR_4_08
こんな感じ。

最後に六等分した線の交わったところと、そこから1cmの所の印6箇所に穴を開けます
DNGR_4_09
穴の大きさはだいたい3mmくらい。
ドリルでギュインと一発です。
マスキングテープを外せば
DNGR_4_10
なんかそれっぽい!
ちょっと斜めになってしまった感はありますが、これはこれで手作り感がある、と言うことで。


次はスピーカーの固定です。
さっき開けた穴の後ろにスピーカーが来るようにして、教えて貰った通りホットボンドで固めました。


・・・が。
すぐにポロッと取れちゃいました!
電子工作で固定に困ったらホットボンドで取りあえずOK』なんて格言めいたことまで教えてもらったのに...
文句ついでに相談に行ったら、こんどは『これで貼り付けとけ』と★「アセテートクロステープ」を渡されました。
あまり伸びないし粘着力も強いから充分固定できるだろう、とのこと。
DNGR_4_11
なんかやっつけ仕事過ぎない!?と思いましたけど、結構しっかりと固定できててビックリです。
まぁ見えない部分だし、売り物にする訳でもないし、初心者のする工作だから、と自分に言い訳をするのでした。

と言う訳で全ての加工が終了しました!!
ひとまず全ての配線を接続して...
DNGR_4_12
やっぱりスイッチの線が長い!!
めっちゃジャマ!皆さんは配線の長さはちゃんと考えて加工してくださいね!

そんなこんなでエイヤッとケースを閉じることに成功しました。
DNGR_4_13
中のことは考えたくありません。電池が切れるまでしばらく開けることもないでしょうし。

と言う訳で本当に完成です!!
DNGR_4_14DNGR_4_15
ちゃんとスイッチを押して音が出てLEDも光ってます。
大成功です!
嬉しがって色んな人に見せましたが概ね大好評!
本当にいい出来だと自画自賛ですよ。

自画自賛ついでに動画も撮って貰いました。
完成品の感じとサウンドジェネレーターDXの音色をお楽しみください!



いかがでしたか?いい感じでレトロな電子音だと思うのですが。
そして音声出力端子にLEDをつないでいるので、音の加減でLEDが明滅するのもとってもいい感じだと思いました。

いやはや、苦労も多かったですけど、最終的にとっても大満足な工作でした!

DNGR_4_16


皆さんもぜひ色々な工作に挑戦してみてくださいね♪

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は12月17日です!) 

記事担当:
ハンダ付け必要-非マイコン系

前回は、2020年8月にWonderKitから発売した★「サウンドジェネレータDX【キット】 / DNGR-76」にスイッチを付けたり基板と電池BOXを合体させたりしました。
dngr76aDNGR-76-2-10

次はケース加工してもっと完成品っぽくしてみよう!と思ってたんですけど。
ふとね、思いついてしまったんですよ。

このキット、音が鳴っているときLEDが光ったらめっちゃカッコイイんじゃないだろうか、って。

で、早速ワンダーキットの開発者さんにお願いしてみました。
「サウンドジェネレーターDXを音が鳴っているときLEDが光るように改造してください!」
て。
いきなりお願いしたんで開発者さん エエッ!!Σ(- -ノ)ノ ってなってましたけど、すぐにやり方を教えてくれました。

その方法がこちら。
DNGR_3_01
サウンドジェネレーターDXにはサウンドをもっと大きな音で鳴らせるよう、アンプへ信号を出すための端子が用意されてるんです。
基板に『EXT』ってかかれたところがそれで、ここにLEDをつなげば一応光らせることが出来るんだそうです。
『一応』と書いたのは、ここに流れる電流はとても微弱なので、光らせることが出来るLEDは、DC2Vで光る赤とか黄色とかのLEDで、しかもぼんやりとしか光らないとのこと。
それでもLEDが光るなら!とオカポン挑戦することにしました。

まずは『EXT』の所にヘッダピンを立てます。
DNGR_3_02
このヘッダーピンから線を延ばしてLEDを付けます
次に、少しでもLEDへ送る電圧を稼ぐために、ダイオードの裏にバイパスを付けてダイオードに電気が流れないようにします。
DNGR_3_08
オカポン知らなかったんですけど、ダイオードを電気が通ると抵抗を通るみたいに電圧が下がるんですって。
なので裏側に導線を付けて、ダイオードで電圧が下がらないようにしました。

これで準備完了。
ではLEDを用意しましょう。
DNGR_3_03
今回はたまたま机の引き出しに転がっていた5φ緑色LED★「L-513GT」と、接続用にQIケーブル2S-2S★「311-183」を使いました。

早速基板とLEDをつないで
DNGR_3_04
スイッチON!
DNGR_3_05 DNGR_3_06
やった!LEDが光りました!
確かに光り方はわずかで、真っ正面から見ないと光ってるか分からない感じですけど、たしかに光ってます!
今回はこれで良しとしましょう!

ではここからが本題。
このキットをケースに収めるためにケース加工をしていきましょう!

今回使うケースはこちら。
DNGR_3_09
テイシンの★「TB-54-B」です。
なぜこのケースかというと、これも机の引き出しの中で眠ってたからです。ふふふ。
これも何かの縁ではないかと思って今回使うことにしました。

まずはキット本体を収納するための準備をします。
DNGR_3_10
底板にある基板を取り付けるためのねじ穴『ボス』をニッパーで切り落とします。
これ、刃のところが平らで大きめのニッパー(例えばエンジニアの★「NN-56」とか)を使うと結構キレイに取り除くことが出来ます。
ジャマなボスを取り除いたら、基板と電池BOXの位置決めです。
DNGR_3_11
バッチリサイズで収まりました。

次はケースのフタを加工します
フタに先週作ったスイッチとかLEDを取り付けます。
まずはスイッチの穴位置を決めるために、フタにマスキングテープを貼ります。
DNGR_3_12
ホントは無地のマスキングテープが良かったんですけど、手元にこれしかなかったので...
このマスキングテープの上に穴位置を書いていきます
黒いプラケースに線とか引いてもわかんないですからね。
DNGR_3_13
今回はケースのセンターを基準に18mm間隔でスイッチが並ぶようにしました
穴を開ける場所が決まったらマスキングテープの上からドリルで穴を開けます。
最初は3mmくらいのドリルで下穴を開けて、その後7mmのドリルでスイッチ用の穴を開けました
DNGR_3_14
穴はいびつですけどちゃんとスイッチが通る大きさです。

次はLEDの穴を開けます
今回は5φのLEDを使うので、5φ用のLEDブラケットを用意しました。
DNGR_3_15
LEDプラブラケット5φ用 ★「RTC-52」です。
LEDはQIコネクタに挿しやすいよう足を10mmくらいの所で切りました。
と言う訳でケースには新たにこの★「RTC-52」が入る大きさの穴(だいたい6.5mmくらい)を開けます。
DNGR_3_16
その穴に表からキャップをはめて
DNGR_3_17
裏からLEDを挿し込みます。
DNGR_3_18
その後「RTC-52」のリングを取り付ければ完了です。
DNGR_3_19
これでLEDがケースに付きました。
DNGR_3_20
この勢いでスイッチも全部付けてみました。
DNGR_3_21
どうですか。意外といい感じでしょう!
今回思ったよりも出来が良くてオカポンご満悦です。

と言ったところで1時間と少し。
このあと大仕事の『スピーカーの取付』があるので、今週はこの辺にしておきます。
来週はケース加工と組込みを終わらせてサウンドジェネレーターBOXを完成させようと思います。

皆さんもぜひケース加工に挑戦してみてくださいね♪

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は12月10日です!) 

記事担当:
ハンダ付け必要-非マイコン系

前回は、2020年8月にWonderKitから発売した★「サウンドジェネレータDX【キット】 / DNGR-76」を作りました。
dngr76adngr76ddngr76f
わずか30分!で完成するお手軽さに嬉しくなってしまいました。

キットとしては前回で完成しているんですけど、やっぱりこのままでは使いにくいと言うか遊びにくいと言うか。
いちいちジャンパーソケット抜き差しとかするのも面倒だなぁと。

DNGR-76-2-01


という訳で、今回は★「サウンドジェネレータDX【キット】 / DNGR-76」をちょっと改造してみたいと思います。

まずはやっぱりジャンパーソケットですよね。
コレをスイッチに変えたいなぁと。

そういえば前々回、★「16LEDフラッシャー 緑色【キット】 / LED-16LFG」にスイッチを取り付けました。
★「電工女子、WonderKitを作ります!(第28弾:16LEDフラッシャー 緑色【キット】です)★3」
LED-16LFG-3-10

あの時もヘッダーピンに取付けたので、同じ要領でスイッチを付けてみようと思います。

今回用意したのは↓このスイッチ。
DNGR-76-2-02
このスイッチは押している間だけONになるモーメンタリ型なので、スイッチを押してる間だけ音を鳴らすことができます。
何よりスイッチの色が6色あるので、サウンドジェネレーターDXの6つの音に対応させることができちゃいます

では早速加工していきましょう。
使う部材は「16LEDフラッシャー」の時と同じです。
まずはスイッチの端子に予備ハンダをして
DNGR-76-2-03

その後配線をハンダ付け
DNGR-76-2-04

2本の端子に配線を付け終わったらQIコネクタに挿し込んで完成です。
DNGR-76-2-05
今回は配線の数が多くなるので、各スイッチに付けた配線はよじってバラけないようにしました。
2本の電線をよっていると縄でも編んでいるような気になるのは最近稲作ゲームにハマっているせいなのかと思ったり思わなかったり。

では完成した配線付きのスイッチを基板に取り付けてみましょう
DNGR-76-2-06
こんな状態。
★「QI片端圧着済ワイヤー450mm」を切らずに使ったので配線が長い・・・
やはり横着してはいけませんね・・・

スイッチを付け終わったので電池を入れて鳴らしてみました。
バッチリでした!
好きな音を簡単に鳴らすことができるので、やっぱりスイッチ必須です。

ちなみに★「サウンドジェネレーターDX」の使い方についてちょっと解説
DNGR-76-2-07
基板には2個のボリュームが付いています。
左側の『FREQ』と書かれたボリュームはサウンドの周波数を変えることができます
左側に回すと音が低く、右に回すと音が高くなります。
鳴らしながら回すとコレはコレで面白いですよ。
もう一つ、右側のボリューム音の大きさを変えることができます
左に回すと音が小さく、右に回すと音が大きくなります。
音量を最大にしても警報機みたいな大きな音は出ませんので安心してくださいね。


と、ここまで「サウンドジェネレーターDX」で遊んでいて気になったことが。
この基板に空いている2個の穴は何なんだろう・・・

ここでオカポンひらめきました。まさにピコーン!って感じで。
この基板の穴はアレに合わせて開けられているのでは・・・

DNGR-76-2-08
ビンゴ!!
電池BOXの穴にバッチリ合いました!

早速ネジとナットを持ってきて基板と電池BOXを合体させてみました。
DNGR-76-2-09
ネジはM3サイズがピッタリ合います。
という訳で、今回の改造、完了です!
DNGR-76-2-10

ここまで来るとケースに入れたくなりますね。
久しぶりにケース加工とかしてみようかしら。


皆さんもぜひ作ってみてくださいね♪

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は12月3日です!) 

このページのトップヘ