エレショップblog

半導体・センサー・マイコン・電子工作キットほか、各種電子部品の専門店「共立エレショップ」から主に電子工作の関連情報をお届けします。 http://eleshop.jp/

カテゴリ: ハンダ付け不要/マイコン系

記事担当:
ハンダ付け不要-マイコン系

気温も徐々に上がってきてなんだか春めいてきた今日このごろ。
麗らかな陽光の中、なにか新しいことを始めたいなぁと言う人も多いのではないでしょうか。

という訳で本日は。
インドア派はもちろんアウトドア派にも楽しめてしまうmicro:bitで遊んでみようかと思います。

以前から紹介しております通りmicro:bitはスマホでもプログラムができますので、場所を選ばずプログラミングで遊ぶことが可能です。
アウトドアと言っても山に登りながらとか斜面を滑り降りながらプログラミングをするというのではなく、例えばソロキャンの時の暇つぶしとか、公園でまったりしながらとか、そういったシチュエーションでも趣味のプログラミングを謳歌できるという感じでございます。

そんなこんなで屋外でも楽しめるmicro:bit。
今回ご用意しました実験キットはこちら。
microbit_サウンドレベルメータ01
こちらはデジットが企画・製造するmicro:bit用実験キットの第2弾でございまして、付属基板で集音した音の大きさをmicro:bitのLEDにバーグラフで表示させようというキットでございます。

セット内容はこんな感じ。
microbit_サウンドレベルメータ02
説明書と基板と接続ケーブル。至ってシンプルな構成でございます。
今回もデジットで制作されたガッツリ目の説明書がいい感じでございます。
1ページ目は入門者やお子様向けにとっつきやすい見た目をしておりますが、2ページ目からは知ってる人にはおなじみの『デジット製作の説明書』となっており、プログラムの説明などかなりしっかりと書かれております。
一人でしっとりとmicro:bitを始めたいという人にもぴったりでございます。

ではmicro:bitと接続してみましょう。
microbit_サウンドレベルメータ03
以前紹介した★「micro:bit サーボモーター / MCB-SERVO」と違ってこちらはシンプルな接続。
接続ケーブルから延びた3本の線をつなぐだけでございます。
これだけで準備完了。
後はプログラムを作るだけでございます。

microbit_サウンドレベルメータ_プログラム
という訳で説明書に沿ってプログラムを作ってみました。
最初に周囲の音を測って、その音の大きさを基準にするプログラムを作ります。
その後周囲から拾った音と基準にした音との差分を算出し、バーグラフとして表示させる内容になっています。
絶対音量を表示させるのではなく、環境音の変化を表示させる辺りこだわりが感じられますね。

では作成したプログラムをmicro:bitにインストールして起動させてみましょう。
microbit_サウンドレベルメータ04
事務所でこの記事を作成しているのですが、やはり環境音にも変化が有り、わずかにバーグラフが反応しています。

ではこの状態でスマホから音楽を鳴らしてみましょう。
microbit_サウンドレベルメータ05
見事に反応しました。
音楽の音の大きさに合わせてバーフラフが変化します。
なかなか面白いですね。
バーグラフの変化量はサンプルプログラムの中の数値を1箇所いじるだけで調整できますので、周囲の音の変化に合わせて簡単に調整ができます。
それこそmicro:bitならその場でプログラムを変更することができるので楽ちんです。

この他、今回は最初しか基準音の設定をしませんでしたが、ボタンを押すと基準音を取り直すようにすれば場所を変えても使用できるようになりますし、表示をバーグラフではなく音の大きさに合わせて人の表情が変わるようにすれば、大きい音には怒りマーク!静かなところではニッコリマーク!とか遊ぶことができますね。

まぁサウンドレベルメーター自体は、マイクとスピーカーが標準装備になった★「micro:bit V2.0」ではこのキットがなくても楽しめるのですが、『音の測定=アナログ入力』と考えると、このキットで学んだことは他のセンサー入力にも応用できるので損はないかと思います。

春眠暁を覚えたくない時、花見の音がウルサイんじゃい!ってなったら、こう言うのを使ってやんわりとウルサイと伝えてみるのも良いかもしれませんね。


皆さんもぜひ遊んでみてくださいませ♪

(記事:伊東)
更新予定:毎週木曜日(次回は3月25日です!) 

記事担当:
ハンダ付け不要-マイコン系

あまりにもお手軽すぎて移動中でもプログラミングが楽しめてしまうmicro:bit。
今回はそんなmicro:bitでサーボモーターの制御が学べるキットの紹介でございます。

MCB-SERVO01

こちらはデジットが企画・製造するmicro:bit用実験キットの第3弾でございまして、ロボットなど精密な動きには欠かせないサーボモーターの扱い方を学べるようになっております。

セット内容はこんな感じ。
MCB-SERVO02
制御基板とサーボモーター、接続用のケーブルと電池BOXが入っております。
制御基板は部品取り付け済みですのでハンダ付けの必要はございません。すぐに実験に取り掛かることができますね。
『MCB-SERVO』では単純にサーボモーターを動かすのではなく、制御基板のボリュームと連動させて、ボリュームを回すとサーボモーターも回る、という制御ができるようになります。
MCB-SERVO03
つまりmicro:bit側では制御基板のボリュームを通した信号を受けて、サーボモーターを動かす信号を出力する、という動作をする訳です。
はてさて、どういったプログラムでどういった処理がなされるのでしょうか。

プログラムはさておき、まずは組立をいたしましょう。
まずサーボモーターを制御基板に接続します。
MCB-SERVO04
制御基板には接続する配線の色が書かれております。
しかし実際のサーボモーターの配線は「RED」は橙に、「ORANGE」は黄色に見えます。
今回は「BROWN」=茶色を目印に取付けてください。

次は電池BOXの取付。
MCB-SERVO05
こちらも基板に『+-』が書かれておりますので、『+』には赤い線を、『-』には黒い線を接続してください。
配線は端子台のネジで締め付けて取り付けできますので、ここでもハンダは不要です。
注意点としては電池BOXのスイッチ。
このスイッチが『OFF』になっていることを確認してから接続しましょう。
たとえ電池が入っていなくても、念の為スイッチはOFFにしておくのが吉でございます。
ちなみに電池BOXの取付は、組立の中で唯一工具(ドライバー)を使用しますので、最初に行っても良い工程でございます。

最後にmicro:bitに接続するためのケーブルを取り付ければ準備完了でございます。
MCB-SERVO06
このコネクタは取付方向がございますのでご注意ください。

ここまでできたらいよいよプログラミング。
なのですが、micro:bitに「MCB-SERVO」を繋がずにプログラミングに入るのは、私がPCを使用してプログラミングをしているからでございます。
PCとはUSBケーブルで接続しておりますので、「MCB-SERVO」をつないだ状態でUSBケーブルまでつないでしまうと作業台の上がゴチャゴチャになってしまう訳でございます。
まぁ今回もそんなに複雑なプログラムではございませんので、プログラムをインストールしてから「MCB-SERVO」をつなごうと言う考えでございます。

では説明書に書いてあるプログラムを作成しましょう。
MCB-SERVO08
説明書にはサーボモーター用のブロックの準備法から説明されております。
プログラムの内容にも説明が有り、外部からのアナログ信号でサーボモーターを動かす方法が解りやすく書かれております。
また、サーボモーターについての解説も有り、ソフトだけでなくハードの方もきちんとフォローがされております。

ではプログラムも終わりましたので、micro:bitと「MCB-SERVO」を接続してみましょう。
MCB-SERVO07
なかなかゴッチャリとしております。
この状態で電池BOXのスイッチをONにして(電池を入れるのをお忘れなきよう)、制御基板のボリュームを回すと・・・
MCB-SERVO09

MCB-SERVO10

MCB-SERVO11

MCB-SERVO12
見事にサーボモーターが回転いたしました。
今回は回転がわかりやすいようにボリュームにはツマミを、サーボモーターにはホーンを付けました。
ボリュームを反時計回り(左)に回すと、サーボモーターは時計回り(右)に回転しました。
なぜか逆に回転してしまいましたが、この回転方向を揃える方法はご自分で実験しながら探してみてくださいませ。

という訳で無事に実験に成功したわけなのですが、一体どういう処理がされているんでしょうね。
プログラムを見ると『P0』に接続した線が入力に使用されていました。
そこで、『P0』と『GND』間の電圧を測ってみました。
MCB-SERVO13MCB-SERVO14MCB-SERVO15
多少のブレはございますが、ボリュームの回転角によって0~3Vの間で電圧が変化しておりました。
micro:bitはこの電圧の変化をサーボモーターの回転角に変換していたというわけですね。
コレを応用すれば、明るさとか音の大きさとか、加速度をサーボモーターの回転角に変換して、色んな動きをするものが作れそうですね。


皆さんもぜひ遊んでみてくださいませ♪

(記事:伊東)
更新予定:毎週木曜日(次回は3月4日です!) 

記事担当:
ハンダ付け不要-マイコン系

今週もmicro:bitネタでございます。

小型で値段もお手頃、単体で色々なことが出来るので大人気のmicro:bit。
教育現場でもかなり浸透してきており、今後ますます手にする機会が増えるのではないかと思います。
ホントに色んな事ができるので、大人も充分ハマれるマイコンボードでございます。

何がすごいって、Bluetoothでスマホに接続してプログラムを転送出来るので、通勤電車の中とかで作ったプログラムをその場でmicro:bitに転送して動作確認ができてしまうんですね。
電車内の温度を計測して表示させてみたり、電車の振動をバーグラフに表示させてみたり、まるでパズルゲームでも遊ぶ感覚でプログラミングができてしまいます。
今までプログラミングって、机の前でモニタをにらめっこしてするイメージでしたけど、いつでもどこでも手軽に楽しめてしまう時代になったんですね。

という訳で本日は。
そんなmicro:bitでのプログラミングをより楽しくする実験キットの紹介でございます。

MCB-NJLED_01

★「micro:bit 虹色LED / MCB-NJLED」でございます。
こちらはデジットが企画・製作した実験キットでして、先日紹介した★「micro:bit スターター・セット / MCB-STS」で使いやすいようになっております。
何が出来るかと申しますと、micro:bitでフルカラーLEDを制御しよう、と言う内容になっております。

キットの中身はいたってシンプル。
MCB-NJLED_02
説明書とLEDテープが入っているだけでございます。

このLEDテープはNeoPixelと言うコントローラー内蔵のフルカラーLEDでございまして、比較的手軽に扱えるLEDなのでございます。
MCB-NJLED_03
LEDテープから伸びている配線はわずか3本。
電源線と信号線とグランド線。たったこれだけの配線で数十個のフルカラーLEDを個別に制御できてしまうのです。
そんなスゴイLEDを制御できてしまうmicro:bitも大したものでございます。

では実際に繋いでみましょう。
MCB-NJLED_04
「micro:bit スターター・セット / MCB-STS」に付属している線付ミノムシクリップを使用して繋いでみました。
接続時はLEDテープをよく見て繋いでください。
LEDテープの『+5V』と書かれたところから延びている配線はmicro:bitの『3V』と書かれた端子に。
LEDテープの『Din』と書かれたところから延びている配線はmicro:bitの『0』と書かれた端子に。
LEDテープの『GND』と書かれたところから延びている配線はmicro:bitの『GND』と書かれた端子に。
といった具合に接続してください。
この辺りの配線の仕方も、付属の説明書には図入りで解りやすく記載されております。

コレで準備完了。
これからプログラミングに入ります。

このキットには全6ページのフルカラー説明書が付属しております。
これから作るサンプルプログラムについても事細かに解説がされております。
子供向けとは思えない硬派な解説が、なんともデジットらしい感じでございます。

では早速サンプルプログラムを試してみましょう。
まずはmicro:bitでNeoPixelを扱えるようにブロックを増やします。
MCB-NJLED_05
ブロックの増やし方も写真入りで解説されているので安心です。

必要なブロックを追加できたらいよいよプログラミング開始。
こちらも説明書通りに組立てていきます。
MCB-NJLED_06
今回のサンプルプログラムは、micro:bitの光センサーを使って、周囲が暗くなるとNeoPixelが七色に光るというもの。
暗さに応じて光が流れる速度も2段階で変化するようになっております。

プログラムが終わったらmicro:bitにプログラムを転送します。
さて、うまく動作するかしら・・・
MCB-NJLED_07
micro:bitはLED表示部分が光センサーも兼ねているので、この部分を手で覆い隠します。
MCB-NJLED_08
バッチリ光りました。
手を覆いかぶせる具合によって光の流れる速度が変化します。
なるほど、ホント簡単にイルミネーション的なものが作れるんですね。ビックリ。

では実際に光っている様子を動画で見ていただきましょう。



いかがでしたか?なかなかキレイだと思いませんか?
このプログラムを応用すれば、動きに合わせてLEDを光らせたり、温度によって流れる速さを変えたりと色んな工作に使えそうです。
NeoPixelを体験するという意味でもオススメの★「micro:bit 虹色LED / MCB-NJLED」でございます。


皆さんもぜひ遊んでみてくださいね♪

(記事:伊東)
更新予定:毎週木曜日(次回は2月4日です!) 

記事担当:
ハンダ付け不要-マイコン系

★micro:bit V2.0が発売になっておおよそ2ヶ月が立ちました。

KP-MBCV2_01 KP-MBCV2_02


色んな所で話題になってますし、弊社内でも新機能を色々と試している最中でございます。
主な新機能としましては、
・前面のロゴマークがタッチスイッチになっている点
・背面にスピーカーが追加された点
・背面にマイクが実装された点
といったところでしょうか。
細かく言えばRAMが増えたり処理速度が向上していたりというところもあるのですが。

という訳で本日は。
そんな新機能モリモリのmicro:bit V2.0にオススメのオプションパーツをご紹介いたします。

KP-MBCV2_03

はい、共立プロダクツ製★micro:bit V2.0用アクリルケース『KP-MBCV2』でございます。

旧版のmicro:bit用にも専用ケースを販売しておりましたが、今回のmicro:bit V2.0(以下『V2』と呼称)は背面にスピーカーという大きな部品が追加されましたので、旧版のケースは使用できませんでした。
そこで新たに『V2』用に設計し直したケースが登場した言う訳でございます。

では早速中身を見てまいりましょう。

KP-MBCV2_04

パーツは全部で8点。
内、ケースを構成するアクリル部品は4点のみ、とシンプルな構成になっております。

とはいえ組立にはちょっとした注意が必要でございます。
例えば前面。
KP-MBCV2_05 KP-MBCV2_06
スイッチ用の四角い穴が2個空いているので、ここにハマるアクリルはすぐに分かるかと思います。
問題は表裏が有る点。
アクリルのオモテウラを間違えて取付けると背面のアクリルと穴位置が合わず、組立ができなくなってしまいます。
なので、前面のアクリルは左上と右下にネジ穴が来るように取付けてください。

背面のアクリルはもっと簡単です。
KP-MBCV2_07
真ん中にスピーカー用の穴があるのは良いとして、階段状の切り欠きが端子やスイッチの大きさに合うのでオモテウラを逆に取付けることはできません。
そういった意味では背面のアクリルから取付けた方が間違いがないかもしれませんね。

前面よりややこしいのは側面のアクリル。
以前オカポンが『micro:bit スターター・セット』を組立てた際にも書いてた『クチバシみたいな突起』が『V2』用のケースにもございます。
同じ様に突起部分をmicro:bitの上部に添わせる必要がありますのでご注意ください。
KP-MBCV2_10

この側面のアクリルを前面と背面のアクリルではさみ、ネジ穴を合せたら
KP-MBCV2_11
さっとネジを留めます。
ここでガッチリとネジを締めると後で苦労するかもしれないので、ここでは軽く留める程度にしておきましょう。
片側を軽く留めたら反対側のアクリルも。
KP-MBCV2_14
コチラはキッチリとネジを締めて大丈夫です。
コチラのネジを締め終わったら先に留めたネジをしっかりと締めてケースを固定しましょう。

これで完成でございます。
ブルワーカー並みにまったくカン・タン!
ホントに1分かからずに組み立てが終わりました。

今回のケース『KP-MBCV2』はよくできておりまして、新機能のジャマをしない設計になっております。
ロゴ部分のタッチスイッチ部を抜いてタッチしやすいようにしているのはもちろん、マイク機能にも配慮がされております。

『V2』の新機能のマイクは背面に実装されているのですが、実は全面からも集音できるようになっております。
KP-MBCV2_19
おわかりいただけただろうか・・・
基板に穴が空いており、ここから背面のマイクに音を取り込めるようになっているのです。
『KP-MBCV2』もこの穴を塞がないよう穴が開けられております。
KP-MBCV2_20
組み上げた際もバッチリ。
集音穴の真上にドンピシャ。これはいい仕事だと自社製品ながら褒めてしまうほどでございます。

ちなみに。
この集音穴の横にマイクマークが有ることに気が付かれたでしょうか。
KP-MBCV2_26
パターンでマイクマークとか凝ったことするなぁと思いきや。
なんとこのマイクマーク、マイク使用時に点灯するLEDだったのです!
KP-MBCV2_17
しかもこれだけではなく、背面に実装されているマイクの左上にもLEDが付いており、ここも赤く点灯いたします。
KP-MBCV2_18
何ということでしょう。
マイクを使用しているというの前面からでも背面からでも視認できるようになっているのです。
いやしかしコレ、背面のLEDと前面のマイクマークの位置がほぼ同じになってますね・・・
ということは前面のマイクマークはこのLEDの光が透過して光っているのかもしれませんね。
この辺りは要検証ですが。

と言う訳で私もマイクとスピーカーを使ってみることにいたしました。
久しぶりにmicro:bitのプログラム画面を開いたのですが、こちらもアップデート済み。
KP-MBCV2_23
新たに『V2』新機能用のブロックが追加されておりましたが、まだ翻訳はされてませんでした。(2021年1月21日現在)
これもその内翻訳されて更新されるんでしょうね。

と言う訳でプログラミング。
KP-MBCV2_24
非常ににシンプル。
Aボタンを押すとプリセットの音楽がmicro:bitのスピーカーから流れて、その音をmicro:bitのマイクが拾って音の大きさをLEDでバーグラフで表示する、と言うモノ。
説明すると長いですが使ったブロックは5個だけ。
KP-MBCV2_25
バッチリ機能いたしました。

そんなこんなで。
★micro:bit★ケースに入れておくと落とした際の衝撃を和らげることが出来ますし、基板裏のショートを防ぐことも出来ます。
ちょっとした汚れにも強くなりますし、昨今気になる消毒なんかもしやすくなります。
この時期は静電気もバカになりませんが、ケースに入れていたら不意の放電でマイコンを壊してしまう心配もなくなります。
ことほど左様にケースというのは便利なモノでございます。


皆さんもぜひ使ってみてくださいね♪

(記事:伊東)
更新予定:毎週木曜日(次回は1月27日です!) 

記事担当:
ハンダ付け不要-マイコン系

明けましておめでとうございます!

2016年1月7日にスタートしたこの「エレショップblog」、なんと6年目に突入です!!
5年前の今日、スタートしたんですね…凄く感慨深いです。
毎年この時期は、ずっと同じことを思っていますが、こんなに長い間途切れさせることなく記事を書き続けることが出来るとは…。
これもひとえに皆様の応援のおかげです。
本当にありがとうございます!

昨年は、高難易度のキットをじっくり試行錯誤しながら作ることが多かったと思います。
もくもく工作タイムがとても楽しくて、モノを作るのってやっぱり好きだなぁ…と味わうことが出来た1年でした!


さて。
新年最初のエレショップBlogは、今後の展開に乞うご期待!なセット品を紹介したいと思います!
それは…
★「micro:bit スターター・セット / MCB-STS」
MCBSTSa
なんとこのセット、共立電子産業の実店舗『デジット』が企画・製作したんですよ!
micro:bitのセットなんて色々出ているけど…?なぜ?って思ったんですが、これには理由があったのです!


デジット独自の工夫を紹介する前に、セット内容を見ていきましょう
MCB-STS-1MCB-STS-2MCB-STS-3
セット内容はこんな感じ。
ちなみにこのセットに同梱されているmicro:bitは、マイク、スピーカー、タッチ検出機能のない旧バージョンです。
MCB-STS-4
まだまだ現役バリバリです。

このセットには専用のアクリルケースもついています
MCB-STS-6MCB-STS-7
アクリルケースを組み立る時、オカポン的に迷った点はココ(右の写真)
側板に向きがあるんです。
どちらの側板にも鳥のクチバシみたいな突起がついてて、この部分をmicro:bitの上側に当てて組立てます
これ、逆にすると、ケースがガタガタしてネジを留めることもできず、組立てられないので気を付けてくださいね。

そしてそして。
このセットのオカポン的嬉しい要素は、USBケーブルと電池ボックスの両方が入っている点
USBケーブルパソコンとmicro:bitを繋げてプログラムするときに必要ですし、電池ボックススマホ・タブレットでプログラムする時に使えます
有線でも無線でも、どちらでもプログラムできるようになっているってことですね!
さらに付属の電池ボックスは「ON・OFF」スイッチつき!これも地味に嬉しい
MCB-STS-14MCB-STS-15MCB-STS-16
電池BOXはプログラムを書き込んだmicro:bitを単独で動かすときにも使えてホント便利です。


ではお待ちかね。
デジット独自の工夫を見てみましょう。
それはこのロング端子です!
MCB-STS-5

何が便利かって、このロング端子にはワニ口クリップを3個も取り付けられるんです!
MCB-STS-8MCB-STS-9MCB-STS-10
なので、センサーとかLEDとかモーターとかを複数個使う実験でも楽に部品をつなぐことできるんですね!
特にGND端子はつなぐものが多いので、このロング端子の便利さがよく分かるんじゃないかと思います。

というわけで、セットされているワニ口クリップを全部取り付けてみました。
MCB-STS-11MCB-STS-12MCB-STS-13
・・・・お、おぅ。なんかモサモサしてる…。
これだけワニ口クリップをつなげられたらいろんなことができそうな気がしますね。


そして朗報!
今後このセットをベースにした実験セットも出る予定なのです!!
こちらもデジットが企画・製作したオリジナル実験セット!
中にはオリジナル基板を製作した実験キットなんかもあるんですって。
近日発売予定光物音物の実験セットは今年の福袋に入れたものなので、手に入れた人はぜひ色々遊んでみてください。
正式に発売になったらエレショップBlogでも紹介しますね。

という訳でmicro:bitで色んな実験をしやすいスターターセット
今後の展開も含めて要注目の商品です!


皆さんもぜひ色々実験してみてくださいね♪

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は1月14日です!) 

このページのトップヘ