エレショップblog

半導体・センサー・マイコン・電子工作キットほか、各種電子部品の専門店「共立エレショップ」から主に電子工作の関連情報をお届けします。 http://eleshop.jp/

カテゴリ: ハンダ付け不要/マイコン系

記事担当:
ハンダ付け不要-マイコン系

明けましておめでとうございます!

2016年1月7日にスタートしたこの「エレショップblog」、なんと6年目に突入です!!
5年前の今日、スタートしたんですね…凄く感慨深いです。
毎年この時期は、ずっと同じことを思っていますが、こんなに長い間途切れさせることなく記事を書き続けることが出来るとは…。
これもひとえに皆様の応援のおかげです。
本当にありがとうございます!

昨年は、高難易度のキットをじっくり試行錯誤しながら作ることが多かったと思います。
もくもく工作タイムがとても楽しくて、モノを作るのってやっぱり好きだなぁ…と味わうことが出来た1年でした!


さて。
新年最初のエレショップBlogは、今後の展開に乞うご期待!なセット品を紹介したいと思います!
それは…
★「micro:bit スターター・セット / MCB-STS」
MCBSTSa
なんとこのセット、共立電子産業の実店舗『デジット』が企画・製作したんですよ!
micro:bitのセットなんて色々出ているけど…?なぜ?って思ったんですが、これには理由があったのです!


デジット独自の工夫を紹介する前に、セット内容を見ていきましょう
MCB-STS-1MCB-STS-2MCB-STS-3
セット内容はこんな感じ。
ちなみにこのセットに同梱されているmicro:bitは、マイク、スピーカー、タッチ検出機能のない旧バージョンです。
MCB-STS-4
まだまだ現役バリバリです。

このセットには専用のアクリルケースもついています
MCB-STS-6MCB-STS-7
アクリルケースを組み立る時、オカポン的に迷った点はココ(右の写真)
側板に向きがあるんです。
どちらの側板にも鳥のクチバシみたいな突起がついてて、この部分をmicro:bitの上側に当てて組立てます
これ、逆にすると、ケースがガタガタしてネジを留めることもできず、組立てられないので気を付けてくださいね。

そしてそして。
このセットのオカポン的嬉しい要素は、USBケーブルと電池ボックスの両方が入っている点
USBケーブルパソコンとmicro:bitを繋げてプログラムするときに必要ですし、電池ボックススマホ・タブレットでプログラムする時に使えます
有線でも無線でも、どちらでもプログラムできるようになっているってことですね!
さらに付属の電池ボックスは「ON・OFF」スイッチつき!これも地味に嬉しい
MCB-STS-14MCB-STS-15MCB-STS-16
電池BOXはプログラムを書き込んだmicro:bitを単独で動かすときにも使えてホント便利です。


ではお待ちかね。
デジット独自の工夫を見てみましょう。
それはこのロング端子です!
MCB-STS-5

何が便利かって、このロング端子にはワニ口クリップを3個も取り付けられるんです!
MCB-STS-8MCB-STS-9MCB-STS-10
なので、センサーとかLEDとかモーターとかを複数個使う実験でも楽に部品をつなぐことできるんですね!
特にGND端子はつなぐものが多いので、このロング端子の便利さがよく分かるんじゃないかと思います。

というわけで、セットされているワニ口クリップを全部取り付けてみました。
MCB-STS-11MCB-STS-12MCB-STS-13
・・・・お、おぅ。なんかモサモサしてる…。
これだけワニ口クリップをつなげられたらいろんなことができそうな気がしますね。


そして朗報!
今後このセットをベースにした実験セットも出る予定なのです!!
こちらもデジットが企画・製作したオリジナル実験セット!
中にはオリジナル基板を製作した実験キットなんかもあるんですって。
近日発売予定光物音物の実験セットは今年の福袋に入れたものなので、手に入れた人はぜひ色々遊んでみてください。
正式に発売になったらエレショップBlogでも紹介しますね。

という訳でmicro:bitで色んな実験をしやすいスターターセット
今後の展開も含めて要注目の商品です!


皆さんもぜひ色々実験してみてくださいね♪

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は1月14日です!) 

記事担当:
ハンダ付け不要-マイコン系


昨年12月に、micro:bitで6足歩行ロボットをプログラミング出来る★「プログラミング・フォロ for micro:bit」を作りました。
PGMforo-2-13
★「電工女子★「プログラミング・フォロ for micro:bit」を作ります!★Part1」
★「電工女子★「プログラミング・フォロ for micro:bit」を作ります!★Part2」

自分でプログラムをして、思いのままに「フォロ」を動かすことが出来るキットです。

前回はしげぽんがサンプルプログラムをいれてくれて、フォロが動いたところまで記事にしました。micro:bitには最初はプルグラムが入っていないので、そのままではフォロは動かないんですね。
なので自分でmicro:bitにプログラムを入れないといけないんですけど、そんないきなりプログラムなんか作れません。
何を入れたら良いのか分からないー!という方の為に、説明書に書いてある「http://sedu.link/5482」(別サイト)に行って、サンプルプログラムをインストールしたんでした!
PGMforo-2-22

しげぽんが選んだプログラムの内容は、
・Aボタンを押すと左に体を1秒間回転。
・Bボタンを押すと右に体を1秒間回転。
・AボタンとBボタンを同時に押すと2秒前進。

でした。


そして前回の記事の最後にオカポンちらっと書いたんですけど…。
「もう一つmicro:bitを用意してそれをコントローラのように使う方法」があるらしいんです。
ただ、どうやってプログラムを組むのかさっぱり分かっていなくって…後で調べようと思ってそのままにしていました!スミマセン!!!
すぐ行動することが大事ですね。いやホント。


と言う訳で今回は、この「もう一つmicro:bitを用意して、それをコントローラのように使う方法」で遊んでみようと思います!
まず、用意するのは前回作った★「プログラミング・フォロ for micro:bit」とフォロの中に組み込む★「micro:bit」、フォロを動かすための★「単4形アルカリ電池4本パック」
SEDU054829amicrobitalr03r4sa


ここに、★「micro:bit用ジョイスティック付きコントローラーキット」と、★「micro:bit」、コントローラー用の★「単4形アルカリ電池4本パック」(2本使用)を用意します。
SEDU053082amicrobitalr03r4sa


合計金額は、¥16,324となります!

あ、ちなみにコントローラーですが、ジョイスティックが無い★「micro:bit用コントローラーキット」
もあります。
SEDU052733a
でもオカポン的に、ジョイスティックがある方が「操作している」感もあってオススメです!

では、早速準備をしていきましょう。
まずはジョイスティック付きコントローラーに付属のネジでmicro:bitを固定します。
PGMfolomicro-1PGMfolomicro-2PGMfolomicro-3

コントローラーの裏側に電池を入れることが出来ますので、単4電池を2本入れます。
これで、コントローラーの完成です!超簡単!
PGMfolomicro-4PGMfolomicro-5


次はmicro:bitにプログラムをインストールします。
さっき紹介した、説明書に記載されているサンプルプログラムがあるページ「http://sedu.link/5482」(別サイト)に行って、↓のプログラムを入れようと思います。
PGMfolomicro-6PGMfolomicro-7

左がコントローラー側右がフォロ側のプログラムです。
コントローラー側とフォロ側で別のプログラムになるんですね。

このプログラムをインストールすると、
・コントローラーAボタンを押すと前進、
・Bボタンを押すと後進
・左に傾けると左回転、
・右に傾けると右回転
します。

オカポン、今までこの「無線」ブロックを使ったこと無かったんですが、「グループ」を設定してあげることでmicro:bit同士を無線でつなげて操作することが出来るんですね。
こんなに簡単だったんだ~!と、サンプルブロックを見ながら、一人フムフム言ってました。

面白いと思ったのは命令の伝え方で、文字列を使って命令を伝えるんですね。
プログラムって言うくらいだからコントローラー側からフォロ側へ直接モーターを回すようなコマンドを送るのかと思ってたんですけど、このサンプルプログラムではサインのような文字列で命令を伝えてました。
こうすることによって送受信するデータ量が小さくなって、早く確実に命令を伝えることが出来るんですね。


いろんな要素が絡み合って、ロボットって動いているんだなぁ~と感心したり、納得したり。
サンプルブロックの意味を紐解いていくのも面白いですね!
次回(果たしていつになるやら...)はサンプルプログラムをもっと詳しく紐解いてみたいと思います!


みなさんもぜひ、フォロで勉強してみてください!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は2月20です!)

記事担当:
ハンダ付け不要-マイコン系

今回は新発売の「Raspberry Pi 4 Model B」を紹介します!!
(以下ラズパイ4)

RasPi4-09


共立エレショップではラズパイ4単体と「Raspbianインストール済SDカード付きタイプ」をご用意しています。

シングルボードコンピュータ ラズベリーパイ4 モデルB /4GB
Raspberry Pi 4 Model B

シングルボードコンピュータ ラズベリーパイ4 モデルB / Raspbian インストール済SD付(Ver.2019-09-26)
RASPi4-SDST



今回は個人的にRaspbianインストール済SD付きタイプを購入してみました。 
RasPi4-01
このタイプは名前の通りRaspbianが入ったSDカードが付属しているので購入してSDカードを繋いで電源&ケーブル類を接続するだけですぐに使用出来ます。
(Raspbianのバージョンアップは数ヶ月に1回出るので必要時は個別でダウンロード&書き込みが必要です)

おっと!ひとつ忘れてました。
今回のラズパイ4よりHDMIがマイクロに変更になっています。
 RasPi4-02
HDMIケーブル A-D(micro) 1m
https://eleshop.jp/shop/g/gJBM316/

同じHDMIではありますがラズパイ側は「マイクロHDMI」というあまり使うことが無いコネクター形状のケーブルだと思いますのでお持ちじゃ無い方は一緒にご購入ください。 

そして、ケースはこんな感じにレゴブロックで作ってみました。

RasPi4-03

こんなケースや・・・

RasPi4-04
Raspberry Pi 4用 ABSケース (透明)
RPI4-ABSCL
https://eleshop.jp/shop/g/gJBM318/

 こんなのも・・・

RasPi4-05
Raspberry Pi 4用 アクリルエンクロージャーセット (ケース+ファン+ファンガード) 黒
RPI4-ACCASBK
https://eleshop.jp/shop/g/gJBT311/

 取り扱っているのですがレゴ好きなんでラズパイケースは毎度自作しています。

では、電源を入れてブラウザーを立ち上げてみます。
RasPi4-06
「はっ早い!!」

前まで「ラズパイ3 Model B」を使用していたのですが、かなりブラウザーが
もっさりしていたので不満だったのですが、他で使用しているPCと一緒
ぐらいのスピードでブラウジングが出来ます。
これなら十分実用的です。

ではでは次にキーボード周りなど設定。
RasPi4-07
久々なんでQiitaなどを参考にしながら設定。

そして再起動・・・
RasPi4-08
立ち上がるとソフトウェアアップグレードが始まりました。
自宅の回線環境が遅いのか1時間近くこんな状態だったので今日はここまで。

次は色々なアプリを動かした動作状況などをリポートしていきたいと思います。


(記事:ヨジゲン)
更新予定:毎週木曜日(次回は12月12日です!)

記事担当:
イベント告知

昨年大好評だった『デジットハッカソン』!!
その『デジットハッカソン』が今年も開催されます!!

~公式ページ~
http://digithack.jp/


電子工作・デジタル工作で未来をつくる!」を合言葉に開催される『デジットハッカソン』ですが、参加対象は学生さんや社会人など、ある程度専門知識を持った大人がメインなんですね。
今のところ小学生は対象外なのですが、
せっかくのデジットハッカソン!小学生にも楽しんでもらおうよ!
ということで企画されたスピンオフイベントが今年もやってきます!

それが
こどもハッカソン in デジットハッカソン2019

昨年の「こどもハッカソン」にオカポン参加してみたのですが、とっても面白かったし、勉強にもなったし、感動もしました!
★「電工女子★5/26@こどもハッカソン in デジットハッカソン★」
あの時の熱い感情がまた味わえるんですね!


今回のイベントの概要は、こちらになります。
開催日時6/1(土) 10:30~16:15(開場時間 10:00)(休憩1時間あり)
場所大阪・日本橋にある、シリコンハウス 3F「ものづくり工作室です!
参加費用1,000円!(ロボット及びタブレットの貸出、その他部材費)

現在、参加者募集中です♪


イベント内容は、大きく分けて3つになります。

(1)プログラミングの基礎を教えてもらいます。
231

教えてくれるのは、ダイセン電子工業の田中先生です。
ダイセン電子工業はプログラミング教育分野の草分け的存在であり、ROBORAVEなどのロボットコンテストや教室などを世界中で開催されています。
そして何より、説明がわかりやすいし、面白い!(これ、すっごく大事だと思うんです。)
プログラミングは「C-Style」という専用のソフトウェアがインストールされたiPadで行います。
672


(2)レース用の車を作ります。
121518

車にボールを積んで、ゴールに運び入れるこの競技。
RoboRAVEのプログラムのひとつである「Line Following Challenge (ラインフォロイング チャレンジ)」の、こどもハッカソンバージョンです!
ゴール位置が高いので、参加者がいろいろと試行錯誤しながら車を改造して高得点を目指します。


(3)いよいよレーススタート!
31716

制限時間内に、ゴールに入ったピンポン球の数で点数が決まります!


競技が終わったら、発表会です。
212019


その後、採点をして順位を発表しますよ!


たった1日でこれだけ盛りだくさんな内容をやっちゃう「こどもハッカソン」。
楽しそうだな!
やってみたいな!と思ったアナタ!
ぜひ参加してみてください。
令和元年、最初の熱いイベントですよ!





他のイベントやセミナーなども、このエレショップblogシリコンブログで告知しますので、今回の告知で興味を持った人は是非参加してみてくださいね!

共立電子産業は他にもセミナー・イベントを随時行っています。
こちらのページでも情報アップしていますので、イベントに興味のある人は要チェックですよ!

皆さまのご参加、お待ちしております!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は5月16日です!)

記事担当:
ハンダ付け不要-マイコン系


新年度になって新しい元号も発表されて、なんだか気持ちがすっかりフレッシュになってる今日この頃。
エレショップでは、気分がフレッシュになっている人に向けて特集ページを開設しています。

フレッシャーズ特集」って言ってますけど、別に新入社員の人や新入生の人だけを対象にしているわけではありません。
時期的に気分がフレッシュになってる人みんなが対象ですので、なんかちょっとフレッシュかなぁって感じている人もぜひ見ていってくださいね!

さて、今回の「フレッシャーズ特集」で用意したセットの中で、オカポン的に超気になるセットがあるんです。

2019FRESH-LED-1

実はオカポン、以前micro:bitでフルカラーLEDを光らせようとして挫折したことがあったんです…。
なので今回のこのセットはとても注目してて、絶対光らせてみたいな!と思ったのです。

今回は★「micro:bit イルミネーションセット1 2019-FRESH-M」を使ってmicro:bitでフルカラーLEDを光らせてみようと思います

まず「micro:bit イルミネーションセット1 2019-FRESH-M」の説明から。
このセットはmicro:bitを持っていることが前提なので、micro:bitは付いていません
入っているのはフルカラーLEDが3個と、長さ50cmのフルカラーLEDテープが1本。後は配線材とかACアダプタとか周辺の部品です。

2019FRESH-LED-22019FRESH-LED-32019FRESH-LED-4
2019FRESH-LED-5

LEDテープにはなんと30個もフルカラーLEDがついてるんですよ!
ちなみにこのセットに入っているフルカラーLEDは、NeoPixelでも使用されている★「WS2812B」というLEDを使用しているので、簡単にいろんな色をつくることができちゃうんです。

では早速セットのLEDテープをmicro:bitにつなげてみましょう

準備として、セットに付いている端子台をmicro:bitに取付けます。
2019FRESH-LED-9
どこにどの色をつけてもいいんですけど、わかりやすくするために0端子に白を、3V端子に赤を、GND端子に黒を付けてます。
赤が電源の+黒が電源の-白は信号線、と言う分け方です。

micro:bitに端子台をつけたら早速LEDテープをつなぎます。
LEDテープには最初からワニ口クリップ付きのコードがハンダ付けされてるので、ワニ口クリップで端子台をはさむだけでつなげることができます
2019FRESH-LED-6

LEDテープのコードは赤色が『+5V』に、白色が『Din』に、黒色が『GND』につながっていると思います。
2019FRESH-LED-10
今回ブログ記事で使ってるテープは試作品なのでコードの色が違います。注意してくださいね。

LEDテープのコードの色と、さっきmicro:bitに付けた端子台の色は同じになってます。
なので上の写真と同じ配置で端子台を取付けた人は同じ色同士でつないでください。

ここで注意!
『3V』端子と『GND』端子は隣同士になってて、ワニ口クリップがくっつきそうになります。
2019FRESH-LED-11
ここがくっついてしまうとショートした状態になるのでとっても危険です!
なのでワニ口クリップ同士がくっつかないように注意してくださいね。

LEDテープのワニ口クリップをmicro:bitにつないだら準備完了。
ではいよいよmicro:bitのプログラムをしていきましょう。

実は今回使うフルカラーLED『Neo Pixel』は、micro:bit用のブロックがもう用意されているんです!
『Neo Pixel』用のブロックを使うには、まず『高度なブロック』の中から『拡張機能』をクリックします。
2019FRESH-LED-12

拡張機能の画面に移動します。
この中にある『neopixel』をクリックしてください。
2019FRESH-LED-14

すると、コマンドの引き出しに『Neopixel』が追加されます
2019FRESH-LED-15

これで準備は完了。
あとは『Neopixel』のブロックを使ってプログラムを作るだけです。

今回はサンプルとして、とっても簡単なプログラムを作ってみました
2019FRESH-LED-17

最初だけ」のところでは、信号線をつないでいる端子とLEDの数、光る順番を指定しています。
光る順番は『RGB(GRB順)』に設定しているので、LEDの色は「緑(G)→赤(R)→青(B)」になります。
次の『色相』は色相環(wiki)のことです。色相環は円なので、「1から360」で設定するとすべての色で光らせることになります。
2019FRESH-LED-18
これでLEDの光らせ方の設定は終わり。

次の「ずっと」ではどういう順番でLEDを光らせるかを指定しています。
「設定している色をLED1個分ずらす(ひとまわり)」ではLEDを1個づつ色を変えて行くように指定してます。
「(ひとまわり)」にしないと色の変化を繰り返さないので注意してくださいね。

ではこのプログラムでどう光るか、動画で見てもらいましょう。

「ずっと」の最後に一時停止を入れていないので、最高速度でLEDの色が流れています。
これだけでも、めっちゃキレイですね!
あとはこのプログラムの数字を変えて変化を見たり、センサーと組み合わせて光らせ方を変えたりと色々と応用が楽しめます。
みなさんも是非試してみてくださいね!


さて、この「micro:bit イルミネーションセット1 2019-FRESH-M」には『Neopixel』が入った大きめのLEDも3個入っています
2019FRESH-LED-7
このLEDもテープLEDと同じように使うことができます

このLEDは足が4本有るんですけど、LEDの切り欠きを左に見て、左から『Dout』『GND』『VCC』『Din』となっています。
2019FRESH-LED-16

『Neopixel』は数珠つなぎで使うので、『Dout』と『Din』をつなげていきます。
あとはそれぞれのLEDに電源を繋げばOK!
今回はブレッドボードを使って3個のLEDをつないでみました。
2019FRESH-LED-8
LEDは足を短く切ってしまうとどの足が何の足かわからなくなってしまいます。
そういう時はLEDの切り欠きを目印にして、どの足が何の足かを調べてくださいね。

ではこのLEDが光っているところを見ていただきましょう!

私のカメラではうまく光が写っていませんが、ちゃんときれいに光ってます。
フルカラーLEDを光らせるのって結構簡単なんだ…!って思いました。

ちなみにセットに入っているACアダプタは電流もたっぷり取れるので、テープLEDと普通のLEDを同時に光らせることも出来るんですよ。


これを使えばきっと素敵なイルミネーションが作れちゃいますよ!


ぜひ皆さんも遊んでみてくださいね!


(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は4月11日です!)

このページのトップヘ