エレショップblog

半導体・センサー・マイコン・電子工作キットほか、各種電子部品の専門店「共立エレショップ」から主に電子工作の関連情報をお届けします。 http://eleshop.jp/

カテゴリ: ハンダ付け不要/マイコン系

記事担当:
ハンダ付け不要-マイコン系


みなさん、夏休み&お盆休み、いかがお過ごしですか?
おでかけするのも良いですけど、やっぱり外はまだまだ暑い…
ということで!!
最近、共立プロダクツから発売されたばっかりの凄い基板を紹介します!
それが★「micro:bit用 サーボ&ボイスコントロール基板」なのです!!


…と言われても「基板」なんて言われると「自分の手におえないわ〜」とか「なんか難しそう…」とか思っちゃうでしょ?まぁ、私もそうなんです。
ただ、オカポン、この基板micro:bit&レゴを組み込んだ姿を見たんですが、大興奮ものでして。
なんとレゴで作った恐竜の「目が光って」「首を振って」「鳴く」んですよ!
1枚の基板で、ここまで出来るって凄いですよね?!
という訳で、中を見てみましょー!

パーツ一覧はこんな感じ。
kpmb005a

難しそうなハンダ付けはありません
部品は全て実装済みです。
自分でするのは、サーボモータや基板をネジ止めしたりと、プラモデルチックな組み立てのみ。
あんまり難しくないのが良いですね!
そして、実は1枚の基板ではありませんでした…!なんと、3枚もあったんです。
「目が光って」「首を振って」「鳴く」のも納得です。
そして、それをmicro:bitで制御出来ちゃうんだから、これまた可能性が広がりそうです。

では3枚の基板を順番に見ていきましょう。
まずはLED基板
KP-MB005-1

基板の両端にLEDを取り付けられるようになってます。
この基板を目の部分に使うと、目が光る恐竜になるんですね。
セットには赤LEDが付いているので、標準では恐竜の目は赤く光るという訳です。
赤く光る目は凶暴な怪獣っぽくてカッコイイです!

次はスイッチが3コ付いた基板です。
KP-MB005-4KP-MB005-2

なんとこの基板、音声を録音・再生できる基板なんです。
基板に付いてるマイクから音声を拾って、その場で音を録音するボイスレコーダー基板なので、音があればすぐに録音が出来ちゃうんです。

最後は大きなスピーカーが特徴的な制御基板
KP-MB005-5KP-MB005-6

この基板にmicro:bitを接続して、LEDとかを制御します。
言わば心臓部になる基板です。

で、その3枚の基板を組み上げたらこうなります。
KP-MB005-7KP-MB005-8

なんかこれだけで怪獣っぽいですけど!
組み上がった基板の裏にはレゴに取り付けられるよう穴がありまして、これでレゴに組み込むんですね。
ちなみに録音・再生基板の上に制御基板を重ねて接続します。

ではお待ちかね。
レゴも含めて組み上がった姿を見ていただきましょう!
KP-MB005-12KP-MB005-13

あらカッコイイ!
レゴダイナソーの背中に基板がついてます。
この状態で目を光らせると
KP-MB005-9KP-MB005-10KP-MB005-11

やだステキ!とっても怪獣っぽくなってる!
この他サーボモーターを制御して首を動かしたり
KP-MB005-14KP-MB005-15

録音・再生基板を使って叫び声をあげさせたりと怪獣っぽい事を色々させる事が出来ちゃいます。

プログラムって言うと車を走らせたりLEDをチカチカさせたりって言うのが多いんですけど、こうやってカッコイイ怪獣を動かすためにプログラミングするってなかなか無いんじゃないかと思うんです。
実用とか研究とかには直接結びつかないですけど、ただカッコイイ、ただ面白いと思う事のためにプログラミングをするのも良いんじゃないかと思うんです。
楽しくないと続きませんし、学んだ知識や技術をエンターテイメントに使うのもステキな事だと思うんです。

と言う訳で、楽しくカッコ良さを追求しながらプログラミングが学べる「micro:bit用 サーボ&ボイスコントロール基板」は夏休みの自由研究にもぴったりだと思いました。


皆さんもぜひ遊んでみてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は8月23日です!) 

記事担当:
[ハンダ付け不要-非マイコン系]


現在開催中の『デジットハッカソン』!!

~公式ページ~
http://digithack.jp/

電子工作で未来をハックせよ!」をテーマとしたハッカソンです。
このハッカソン、開催期間2018/05/19~06/09の、なんと3週間!!
現在、参加者の皆さんは絶賛ものづくり中です。^^ガンバッテクダサーイ!

そんな中、先日「こどもハッカソン in デジットハッカソン」を開催致しました。
デジットハッカソンは小学生は対象外なのですが、
せっかくのデジットハッカソン!小学生にも楽しんでもらおうよ!
ということで企画された、スピンオフイベントでした。

1

小学4年生~6年生の子供達総勢10名が、プログラミングの基礎を学び工作を楽しみチームでピンポン玉入れ競技に参加しました。

電工女子会のメンバーも少しお手伝いさせて頂きつつ、小学生に混じって勉強&楽しませてもらいましたのでリポートしたいと思います。

まずはプログラミングの講義
講師はダイセン電子工業田中先生です。
ダイセン電子工業はプログラミング教育分野の草分け的存在であり、ROBORAVEなどのロボットコンテストや教室などを世界中で開催されています。

23

FUN WHILE LEARNING(勉強しながらたのしむ)」「SHARING(分かち合う)」「TEAMWORK(チームワーク)」
この3つ大事やで!楽しんでやろうな!」というお話から始まりました。

4

ロボットカーiPad一人一台ずつ貸し出して頂きました
ロボットカーはダイセン電子工業さんの『α-Xplorer Bluetooth搭載版』です。
専用のソフトウェア、C-StyleがインストールされたiPadでプログラミングしていきます。

講義は先生の説明を聞きながら、実際にα-Xplorerをプログラミング、実際に動かしていくような感じで、子供達はみんな最初からワイワイ盛り上がっていました。
隣りのお友達と教え合ったり先生に積極的に質問したりとなかなかいい集中力です。

56

プログラミング経験者は9割ぐらい。
でも、α-Xplorerを使ったことがある子はほとんどいなかったにも関わらず、さすがスマホ世代ですよ。
iPadの操作なんか何の問題もないし、「これなんやろ?」って一人でどんどん操作していく子もいて、
隣りで見てた私が「え?今、それ、どうやってしたん?」って質問してしまう始末です。(みんなすごいな~)

7

先生はプログラミングのことはもちろん、α-Xplorerの機構についてもさり気なく色々と教えてくれました。
「これはBluetoothやでー、マイコンはここやでー、これはフォトインタラプタやでー」と教えてもらうこと、一つ一つに興味津々な子供達でした

お昼休憩を挟んで、まずはチーム分け
2人1組のチームを5チームつくって、ピンポン球入れ競争をしました。
まずはチーム名を考えてもらいます。
初対面同士の子供達ばかりなので、話し合ったり、協力し合ったりスムーズに行かなかったらどうしようかな~と
軽く心配していたのですが、取り越し苦労でした!!!
全チーム、30秒ぐらいで決まったかな?みんな仕事が早いです。^^v

8

各チームにα-XplorerとiPadが1台ずつ貸し出されました。
ピンポン球入れのコースとゴールなんですが、こんな感じ。

910

サッカーのゴールみたいにボールを転がして入れるのではなく、車にボールを積んでゴールに運び入れる競技なんです。
バスケットボールのゴールみたいに、ゴールはちょっと高い位置にありますよ。
α-Xplorerの車体はゴールより低いですし、車体をゴールの高さと同じにしても、そこからどうやってボール入れるの?
これ、めっちゃ難しいでしょ。^^;
大人だと理屈ばっかり考えて、なかなか作業入れないパターンになりがちですが、、、

1112

開始いきなり、みんなめっちゃ手動かしてる!!
牛乳パックやカップ麺の容器、ペットボトル、割り箸なんかを切ったり貼ったり挿したりして
α-Xplorerをガンガン改造していきます。
やってみてダメならまたやり直せばいいんですもんね。
そうでした。
こんな時にも子供に色々教えられる大人たちです。

1314

工作時間は約1時間半ほどでした。
工具に慣れている子もいて、グルーガンとかも躊躇なく使っていました。
作っては試走させてみて、ダメだったらまたやり直してを繰り返し、みんなそれぞれのα-Xplorerが完成。

1516

いよいよピンポン球入れ競技会開始です。

1718

制限時間3分以内にゴールに入ったピンポン球の数で加点していきます。
各チームめっちゃ真剣です。
ライントレースの途中でピンポン球が車から落ちてしまったりして、みんな焦る焦る。^^

192021

競技会が終わったら、発表会です。
ここでもチーム毎に分かれて、発表資料を作りました。
チーム名や、ロボットカーの名前も書いて、
苦労したところ楽しかったところ工夫したところなんかを発表しました。

今回、各チームのゴールに入ったピンポン球の数以外に「デザイン」「アイデア」「チームワーク」の項目について、
保護者の方々と関係者で採点していました。

22

総合得点で順位が決まるんですが、スポンサー様のご協力で賞品も用意されていました!

23
---------------------
優勝(ダイセン賞)   『α-Xplorer Bluetooth搭載版』
2位、3位(共立賞)   『工具』
特別賞(子供の科学賞) 書籍『子供の科学★ミライサイエンス プログラミングでなにができる?』
---------------------

豪華です。^^

プログラミングからα-Xplorerのペーパー工作部分のデザインであったり、アイデアであったり。
あとはチームワークですね。
相手の意見を尊重したり、協力し合ったりできていたかどうか。
そして、1+1=2以上の力が発揮できたかどうか、ですよね。
採点する大人達もかなり悩んだようで、採点表には何度も修正した跡がありました。^^


本当に甲乙つけがたく!悩みましたが、、、

23-1

優勝はピンポン玉入れ競争でぶっちぎりの強さを見せた「ロボットチーム」(←チーム名です)に決まりました。

23-2

2位は「ブルーチーム

23-3

3位は「スナイパーチーム

24

そして特別賞は、、、実は全員に頂きました!!
誠文堂新光社」さん、ありがとうございます!!
(「誠文堂新光社」さんは『子供の科学』の発行会社です)

『子供の科学★ミライサイエンス プログラミングでなにができる?』は月刊誌『子供の科学』の新シリーズ、ミライサイエンスシリーズの第2弾で今月発売されたばかりの本です。
今回の本のテーマは「プログラミング」で、参加してくれた子供達にドンピシャな内容でした。
みんな、とても嬉しそうです。^^

10:30~16:15までの長丁場でしたが、子供達はずっと頑張っていたし、
保護者の方々も子供達の様子をじっと見つめておられました

子供達は子供達の世界でしっかり頑張っている姿を見せてくれたことが本当に立派だったと思うし、
笑顔で見守る保護者の方々にも感謝感謝の嬉しい一日となりました。

25


参加してくれた子供達、お疲れ様でした!
ご協力頂いた皆様、ありがとうございました。

(記事:ぐっちさん)
更新予定:毎週木曜日(次回は6月7日です!) 

記事担当:
ハンダ付け不要-マイコン系


こんにちは。

先週は『micro:bit(マイクロビット) X 電子工作』ということで、micro:bit(マイクロビット)とneopixel(ネオピクセル)を接続しました。(電工女子★micro:bit(マイクロビット)でneopixel(ネオピクセル)光らせます☆Part1)
今週は、いよいよカセットテープを加工して、micro:bit(マイクロビット)とneopixel(ネオピクセル)をはめ込みます!

写真16:光った


まずはカセットテープをバラします
四隅のネジをドライバで外します
中の部品も外します。
あとで戻すので(一部)、無くならないように保管しておいてくださいね。

写真17:穴あけ前

カセットテープ内の中央に突起があります。
カセットテープの中にmicro:bit(マイクロビット)とneopixel(ネオピクセル)リングを入れる時、邪魔になるのでニッパで切っておきます

写真18:ニッパ切断

次に重要なポイント!
穴あけや切断箇所を正確に下書きします。
限られたスペースにmicro:bit(マイクロビット)とneopixel(ネオピクセル)リング両方を収めなければいけないので、ちょっとのズレが命取り
入らなかったらすごいショックなので、ここは慎重に。。ということで、
私はmicro:bit(マイクロビット)をスキャンした、原寸大の紙を用意しました。

写真19:スキャン

それをカセットテープにあてて、穴位置や切断が必要な部分に油性マジックでしるしをつけました
アナログだけど、お手軽な方法です。

写真20:しるし

穴あけ箇所はmicro:bit(マイクロビット)の
Aボタン
Bボタン
端子部分5箇所
カセットテープの隅にφ2-3mmの穴1箇所 ※カセットテープをひもでぶら下げる用
です。

端子接続は3箇所だけなので穴あけは本来3箇所のみでいいんですが、見た目がかわいい!という理由だけで、端子5個分!
5箇所の穴開け頑張りたいと思います!!
※実用的には『0』『3V』『GND』の3箇所だけでOKです。

下書きした箇所にピンバイスでφ1mmの穴を開けます。
次にφ2-3mmのドリル刃に付け替えて穴を広げてからリーマーを使って、更に穴を広げていきます。
端子部分5か所はφ6mmぐらいAボタン・Bボタンの部分はφ11mmぐらいの穴を開けました。
いきなり大きな穴を開けようとせず、小さい穴を開けてから徐々に大きく…というのがポイントです。(すぐにバリっと割れるので慎重に)

写真21:穴あけ

背面のコネクタ、リセットスイッチなどの部分は大胆に切断しました。

写真22:切断後

Pカッターを使ってすこしずつ削るように切断してもいいし、
ピンバイスで小さな穴を連なるように開けて切断し、最後にやすりがけしてもいいと思います。
私は両方の方法で試しましたが、どちらの方法でも、しるしした位置よりも少し小さ目で切って、あとでやすりをかけて整えつつ大きさも調整する方法がおすすめです。
あとはmicro:bit(マイクロビット)本体のLED部分。
この部分も四角い窓をつくるイメージで切り出しました。
ピンバイスで小さな穴を連なるように開けて、切断し、最後にやすりがけして整えました。

以上で穴あけ、切断作業終了です。

ガタガタだし、ヒビが入ったところもありますが、気にせず進めました。
(正直、とても悔しい気持ちですが。ToT)

そして、micro:bit(マイクロビット)とneopixel(ネオピクセル)リングをカセットテープ内に収めて完了!
となるんですが、ここでひと手間入れました
カセットテープの芯の外径に対して、neopixel(ネオピクセル)リングの内径がちょっと大きいんです

写真23:ガタガタ

このままだとカセットテープの中で、neopixel(ネオピクセル)リングが固定されずガタガタ、ゆらゆら。
ビシッ!と中心にこないので嫌だな~と思っていました。
そこで、オカポンさんにスペーサーを作ってもらいました。

写真24:スペーサ

アクリル板をレーザーカッターでカットして作ってくれました。

カセットテープの芯にリングがぴったり収まりました。

写真25:スペーサつけ

最後にうまいこと配線して、元々入っていたカセットテープの部品も元の位置に戻して、四隅を再度ネジ留めします。
※「これ要らん」と思った一部のパーツは除いたり、長すぎる線は切ったりして調整しました。

写真26:ネジ留め完了

そして、micro:bit(マイクロビット)の電源。
単5の電池を2本使用することにしました。
電池ケースのリード線にPHコネクタを圧着しておきます。

写真27:電池ケース

電池もカセットテープ内に収めることが理想だったんですが、もうスペース的に無理なので、
カセットテープ背面に両面テープでくっつけました

写真28:電池裏

ひもでぶら下げるために開けた穴にリングを通して、ひもを通して完成です!

写真29:できた2

電池を入れると光り始めます。

写真30:完成

ひゃっほー。これで私もパリピやー。

プログラムはBluetoothで転送(ダウンロード)できるので書き換えも簡単だし、
『micro:bit(マイクロビット) X カセットテープ』見た目もかわいくて気に入っています。(^^)v


リスペクト!ギャル電さん!色々アレンジも楽しい『エモいカセットテープ』作りでした!
そして、micro:bit(マイクロビット)の可能性を存分に感じられた今回の工作。
次回作もmicro:bit(マイクロビット)でがんばろー!と意気込んでいます。(^o^)
またご紹介できるように頑張りたいと思います。


応援よろしくお願いします!

(記事:ぐっちさん)
更新予定:毎週木曜日(次回は4月19日です!) 

★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
micro:bit / マイクロビット micro:bit 1個 こちらから→
ミゼットターミナル 赤 T-16 R 1個
ミゼットターミナル 青 T-16 BL 1個
ミゼットターミナル 黄 T-16 Y 1個
ミゼットターミナル 緑 T-16 G 1個
ミゼットターミナル 白 T-16 W 1個
単5(UM-5)×2本用電池ケース BH521A 1個
PHコネクタ ハウジング02P 2.0mmピッチ PHR-2 1個
PHコネクタ コンタクトピン★受注単位有★ BPH-002T-P0.5S 20個
電子・通信機器用ビニル電線 KV0.2SQ 1m×6色袋入 0.2KV-1X6 1個
ワイヤーストリッパー P-960 1個
スタンダードドライバー/プラス #00 DS-03 1個
ピンバイス TP-23 1個
精密ピンドリル1.0mm 28432 1個
精密ピンドリル2.0mm 28434 1個
精密ピンドリル3.0mm 28436 1個
テーパーリーマー/φ3.0~12mm TR-01 1個
PカッターS型 204B 1個
ミニチュアラジオペンチ PS-01 1個
マイクロニッパー 115mm NP-05 1個
ダイヤモンドヤスリ 平型◆取寄品◆ K-182 1個
 
単5電池×2個 (※シリコン1Fにあり/エレショップ登録準備中)
ネオピクセルリング×1個 (※デジットにあり/エレショップ登録準備中)
リング
両面テープ
カセットテープ
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

記事担当:
ハンダ付け不要-マイコン系


こんにちは。

前回、ドハマリしている★「micro:bit(マイクロビット)」の説明とおすすめポイントについて説明しました。(電工女子★micro:bit(マイクロビット)はじめました。Part1)
今回は『~micro:bit(マイクロビット)のここが良い! その2~』を紹介してみたいと思います。


~micro:bit(マイクロビット)のここが良い! その2~
◆スマホアプリがある!
◆無線通信機能(Bluetooth)でプログラムをダウンロードできる!

micro:bit(マイクロビット)のスマホアプリがあるんです!

写真10:スマホ

個人的にはこれが一番うれしくてmicro:bit(マイクロビット)にはまってしまったのはこのアプリのせいだったりします。^^
だって、パソコン起動するの面倒くさいですもんね。
スマホなら、ささっとポケットから取り出してすぐ使えますし!
(面倒くさがり屋の個人的な感想です)

早速アプリをインストールします。
※私はiPhoneのソフトウェアのバージョンiOS11.2.5下でインストールしました。

インストールが完了したら、自分のmicro:bit(マイクロビット)とスマホを無線通信機能(Bluetooth)でペアリングします。

まずはmicro:bit(マイクロビット)に電源を繋ぎます

写真11:電源

そして、ペアリング設定へ。

[Choose micro:bit]を押す
写真12:スマホ ペアリング1

[Pair a new micro:bit]を押す
写真13:スマホ ペアリング2

次にmicro:bit(マイクロビット)のAボタンとBボタンを押しながら、裏面のリセットボタンを1回押します
※アプリの画面に説明が出ます。
写真14:スマホ ペアリング3

しばらくするとmicro:bit(マイクロビット)本体のLEDに「PAIRING MODE!」と表示されます。(文字が流れます)

「Next」を押して次画面へ
写真15:スマホ ペアリング3-2

次にmicro:bit(マイクロビット)本体を見るとLEDが光っています
写真16:ペアリング本体

で、アプリの画面を見るとこんな感じ。
写真17:ペアリング4

micro:bit(マイクロビット)本体のLEDが光っている箇所をアプリの画面に入力します。
画面をタッチしてどのLEDが光っているのか入力してきましょう。
画面をタッチすると赤色に変わります。
正しければ「Ooh, pretty!」と出ますので、「Next」を押して次画面へ
写真18:ペアリング5

次にmicro:bit(マイクロビット)本体のAボタンを押すように指示する画面が出ます。
写真19:ペアリング6

micro:bit(マイクロビット)本体に数字が表れるので、その数字をアプリ画面に入力
写真20:ペアリングコード

正しく入力が終わればペアリングが完了します。
写真21:ペアリング成功


ふぃーーーっと、ここまで長かったですね。
お疲れ様です。

あとはプログラミングを楽しむだけです。
スマホのアプリで作成したプログラムをmicro:bit(マイクロビット)に無線通信で転送できるんですよ。
いちいちケーブルとか使う必要なし!^^v ヤッタ!

それでは早速ブロックを組み合わせていきましょう

[Create Code]を押す
写真22:クリエイトコード写真23:スマホ エディタ

ここでもブロックをあっちにやったりこっちにやったり、色んなマークをクリックしてしてみたりしてちょっと慣れましょう
では、いよいよmicro:bit(マイクロビット)にプログラムをダウンロードしてみましょうか。

micro:bit(マイクロビット)でプログラムを作成
写真24:スマホ 作ったコード

プログラムに名前もつけられます。
写真25:スマホ 名前1写真26:スマホ 名前2


そして、ダウンロードボタンを押して、ダウンロード
写真27:スマホ ダウンロード0

[ダウンロード]を押す
写真28:スマホ ダウンロード1

[開く]を押す
写真29:スマホ ダウンロード2

[Flash]を押す
写真30:スマホ ダウンロード3

正常にペアリングができれば、そのままプログラムがダウンロードされていきます
ダウンロード中のmicro:bit(マイクロビット)はこんな感じ。(プログラムが転送されてくるのを待っている状態)
写真32:スマホ ダウンロード5


…しばらく待って、、、ダウンロード完了!
写真33:ダウンロード完了

こんな感じで動きます。

アプリにもシュミレーターがついているのでイメージしながら考えることができます。
写真34:シュミレータ

これならちょっとした隙間時間でもできるからモチベーションを持続しやすく、飽きっぽい私もずっとやってます。
(テトリスとかやってる感覚だろうか…。全然違うけど。^^)

次回は『micro:bit(マイクロビット) X 電子工作』にチャレンジしてみたいと思います。

お楽しみに!

(記事:ぐっちさん)
更新予定:毎週木曜日(次回は4月5日です!)



★すべて揃ったフルセットは、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
micro:bit(マイクロビット) micro:bit 1個 こちらから→
microUSBケーブル 1m ABM-10 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

記事担当:
ハンダ付け不要-マイコン系


こんにちは。

プログラミング初心者のぐっちです。
私はArduino(アルドゥイーノ)を中心に『プログラミング X 電子工作』を勉強中なのですが、
最近ドハマりしている商品がこちらです。

写真1:マイクロビット正面
じゃん。

2020年度からの小学校でのプログラミング教育必修化に向けて、色々なプログラミング教材が販売されています。
当社で取り扱っている製品も、年齢難易度レベルプログラム言語の種類の違いパソコン要不要のものなど様々です。
メディアでも「2020年のプログラミング教育必修化」というキーワードをよく見聞きするようになり、
先生方や親御さんも子供の教育について色々と検討されている時ではないでしょうか。

日本だけではなく、今、世界中の国々がプログラミング教育に力を注いでいます
micro:bit(マイクロビット)はイギリス生まれのプログラミングツール
イギリスでは11歳、12歳の小学生全員に『無料で』配布されるのだそうです。
(イギリスすごい!本気やな、と思いました)

写真2:マイクロビット裏面

micro:bit(マイクロビット)には、25個の赤色LED2個のボタンスイッチ加速度センサ磁力センサ無線通信機能(Bluetooth)搭載されています
そして、プログラミングができます。\(^o^)/
個別にこの機能を揃えようと思ったら、まぁまぁ高額になっちゃいますよ。
これ一台あれば、色々遊べる…いやっ、勉強できるところが超すごい!おススメ!です。

そんなmicro:bit(マイクロビット)を手にした私。
まずはmicro:bit(マイクロビット)のことを知らねば!
ということで、公式のウェブサイトを覗いてみました。


写真3:サイト1

はい!日本語です!イギリス生まれだけど、英語じゃないです。
(ちょっと安心。^^)
色々見て回ったあとは、「早くプログラミングしたい!」ということで、「プログラムしましょう」をクリックしました。

写真4:サイト2

更に「プログラムしましょう」の部分をクリックすると次画面に。

写真5:サイト3

micro:bit(マイクロビット)のエディタ画面が出てきました。

写真6:サイト4

ここでブロックを使って(ブロックの組み合わせで)、micro:bit(マイクロビット)に「LEDを光らせて!」「LEDを消して!」などの指示を出していきます
難しく考えず、遊び感覚でブロックを組み合わせていきましょう!

写真7:サイト4-2

どの引き出しにどのブロックが入っているのか、ブロックの組み合わせ方など、
実際にマウスを使ってブロックをあっちにやったり、こっちにやったりして慣れていきましょう
ブロックの種類は色で分けられているので探しやすいし、
ブロックの凹凸も組み合わせ可能かどうかイメージしやすいですよね。
(凹凹ではカチッと合体できないし、凸凸どうしも合体できない…凹と凸で合体!みたいなイメージ)

しばらくサイト内をウロウロ見て回り、カチャカチャいじってみて、
「micro:bit(マイクロビット)って本当に使いやすくて便利なプログラミングツールだな」と思いました。


~micro:bit(マイクロビット)のここが良い! その1~
◆パソコンの画面上でシュミレーションができる!

例えば、micro:bit(マイクロビット)に搭載されている赤色LED25個を点灯させてみたいと思います。

写真8:サイト5

こんな感じでブロックを組み合わせてみました。
どのように光るのか?!をmicro:bit(マイクロビット)にプログラムをダウンロードする前にパソコンの画面上でシミレーションすることができます
画面左側にあるmicro:bitに注目!プログラムした通りに動きが変わるのでわかりやすいです。

写真9:サイト6

プログラムをダウンロードして →「ん?なんか違うな~」
再度プログラミングしなおしてダウンロード →「これも違うな~」
違うな~、違うな~…って何度もダウンロードしなおさなくても、
シミュレーターでどのような動きになるのか見て、納得できたプログラムを厳選してダウンロードすればブロック(プログラミング)に集中することができますよね。
「これだ!」というプログラムが出来たら、パソコンとmicro:bit(マイクロビット)をUSBケーブルでつないで、プログラムをmicro:bit(マイクロビット)にダウンロードします。

当たり前なんですけど、シミュレーション通りに動くとテンション上がります。
ほんとに簡単、そして楽しい。
これは人気がでるのも頷けます。

次回はもっと気軽にmicro:bit(マイクロビット)を楽しめるようになる~micro:bit(マイクロビット)のここが良い! その2~を紹介してみたいと思います。


お楽しみに!

(記事:ぐっちさん)
更新予定:毎週木曜日(次回は3月29日です!)

★すべて揃ったフルセットは、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
micro:bit(マイクロビット) micro:bit 1個 こちらから→
microUSBケーブル 1m ABM-10 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

このページのトップヘ