エレショップblog

半導体・センサー・マイコン・電子工作キットほか、各種電子部品の専門店「共立エレショップ」から主に電子工作の関連情報をお届けします。 http://eleshop.jp/

カテゴリ: ハンダ付け必須/マイコン系

記事担当:
ハンダ付け必要-マイコン系

今回は、商品名にとても反応してしまうキットを作りたいと思います!
その名も…「梵天丸」(B10/M(Ver5.0))です!!!

「梵天丸」って知っていますか?
かの有名な戦国大名「伊達政宗」の幼名(おさない時の名前)なんです!!

その名前がついたこのキット。
BONTEN-1

なんと自分でプログラムを書いて動かすことができる、「自律型二輪駆動ロボット」なんです!!!ドーン
・・・・で、「自律型二輪駆動ロボット」って何よ。ってなりますよね。
私もなりました。

ということで、解説致しましょう!

まず。
ロボットって聞いて、みなさんどんなものを想像しますか?
私は「コントローラを使って動かす」っていうイメージを持ってました。
昔のアニメなんかだと「いけー!◯◯!」みたいに、主人公がコントローラーを持って、大きなロボットを動かす…
他には、ロボットの中に入ってコントローラーパネルを操作して動かす、などなど。

そんなイメージを持っていましたから、『自律型』と聞いて「???」ってなったんです。
ではこの『自律型』って、どう言う意味かといいますと、読んで字のごとく、自分で判断して動いちゃうんですって!
なにそれスゴイ!
つまり『自律型』ロボットはコントローラーを使って動かすんじゃなくて、あらかじめ組んだプログラムにしたがって、自分で判断して行動するロボットなんです。
この『自律型ロボット』に色んなセンサー、例えば障害物を避けるために赤外線センサーを付けたり、タイヤや足をつけて色んな所を移動できるようにしておけば、例えばプログラムにしたがって自分で移動してゴミを吸い込んだり、話しかけられたらアクションを返したりすることが出来るんです。
自動でお掃除してくれるロボットや、ワンコ型ロボットも、自律型ロボットになるんですね!


この★「梵天丸」あらかじめ入力したプログラムにしたがって自分で判断して動くロボットなんです!スゴイ!えらい!
例えば「梵天丸」に「まっすぐ進め」とか「障害物があれば右に曲がれ」とか「障害物があればよけて進め」とかプログラムしておけば、ただ周りに流されて動くんじゃなくて、「こういう状態のときにはこうして欲しい」と言う作り手の気持ちを汲んで行動してくれるんです。
さすが「梵天丸」ですね!

じゃぁなんで『二輪駆動』って言うかというと、本体の横に付いた大きな2個のタイヤをそれぞれ別々に回して動くから『二輪駆動』って付いてるんです。
「梵天丸」には実は3個タイヤが付いてるんですけど、3個目は本体の下に付いているキャスターで、これはモーターを使って回さない、つまり駆動させないんで数に入れられてないんですね。
 
さて。
前置きが長くなりましたが、この★「梵天丸」を作っていこうと思います!

キットの中身はこんな感じ。
BONTEN-2

今回は、タイヤを動かす「モーター部分」を作ろうと思います!
この「モーター部分」は『ギヤボックス』と言います。
BONTEN-3

…プラモデルに馴染みがないオカポンからすると、作成するのにとても時間がかかり、大変でした。。。
ということで、その部分も説明していきますね。

モーターの箱の中身はこんな感じ。
BONTEN-4


注意点としては、全部の部品を使ってギヤボックスを作るわけでは無いという事。
しっかりと説明書を確認して使う部品を選んでくださいね。
今回はCタイプで組立てます。
説明書は梵天丸に付属している説明書と、ギヤボックスについている説明書の両方を見ながら作るとまだわかりやすいです。

準備:(1)
まずは、プレートについている部品をバラバラにします。
BONTEN-5BONTEN-6

準備:(2)
六角シャフトに六角ボスをとりつける。
・六角レンチをつかって、六角ボスに止めねじ(イモねじ)を軽くとめる

「止めねじ(イモねじ)」は、コレです。
BONTEN-7

六角ボスに、付属の六角レンチをつかって「止めねじ(イモねじ)」を軽く留めます
ガッチリと留めてしまうと後から変更するのが大変なので軽く留めておくんですね。これを『仮留め』って言うんですって。
BONTEN-8

・M3パーツのCの穴をつかって、六角ボスの位置をあわせて、しっかりとめます。
ここ、オカポンよく分かりませんでした。
でも、部品をよくみると「C」と書いてある穴があるんです。
BONTEN-9

そこに、六角シャフトを差し込み、さっき「止めねじ(イモねじ)」を仮留めした六角ボスを上から差し込みます。
六角シャフトの下のラインが、M3パーツの位置になるように調節して、六角レンチでしっかりとめます。
BONTEN-10

2本作ってくださいね。
BONTEN-11

組み立て:(1)
・M1パーツのA、B、Cの穴にハトメを入れます。
BONTEN-12

・「準備:(2)」で作った六角シャフトの内1本をM1のCの穴に通し、丸シャフトは立てます。
六角シャフトは、長いほうが外側になるように、さしてくださいね。
BONTEN-13

組み立て:(2)
・歯車を通します。
BONTEN-14

これが面白いんです!ただ歯車を通すだけなんですけどね。
これがこう動いたら、あわせてこの歯車もこう動くんだ~へぇぇ~!なんて思いながら順番に重ねます。
BONTEN-15

組み立て:(3)
・M3パーツのA、B、Cの穴にハトメを入れます。(表裏)
・M1パーツのA、Bの穴にM4パーツを入れます。
・M1パーツとM3パーツをあわせます。
・3箇所、タッピンねじでとめます。

ハトメがゆるかったので、先にM1パーツのA、Bの穴にM4パーツを入れます。
BONTEN-16

そして、M3パーツのA、B、Cの穴(表裏)にハトメを入れて、M1パーツとあわせました!
BONTEN-17BONTEN-18


組み立て:(4)
・反対側のギアも同じように組み立てます。
M2パーツに、「組み立て:(1)から(2)」までと同じ流れで組み立てます。
「組み立て:(3)」のM4パーツをM2パーツの穴A、Bに入れると、こんなかんじ。
BONTEN-19

さっき作ったM3パーツと重ねて、こちらも同じように3箇所、タッピンねじでとめます。
ちなみにこの「タッピンねじ」タミヤの説明書では「タッピングビス」って書かれてます。
同じものなので私のように混乱しないようにしてくださいね。
 
とめた後、グリスを塗ります。
って、とっても塗りづらいんですよ!!
丸シャフト、六角シャフト、歯車の間に少量グリスを塗って(流し込んで)歯車を回しましょう。

回すうちに、グリスが流れて馴染んでいくんですって!

ふぃ~!完成です!!!
BONTEN-20

初めてプラモデルを作る私からすると、説明書の味方とか組み立てる感覚とか慣れなくて大変でしたけど、上手くいくと楽しいものですね!
というわけで「梵天丸」のギアボックスはここまで。

あ、そうでした。
このギアボックス、今回は「低速タイプ(Cタイプ)」で作りましたけど、「高速タイプ」(シャフトの位置違いで2タイプ)もあって、合計3タイプから選べるんですって。
最初に全部の部品を使わない、と書きましたが「高速タイプ」にする際はその使わなかった部品を使うので、捨てないようにしてくださいね!

組み立てはもう少しで完成です!


では、第2弾をお楽しみに!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は4月27日です!)




★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
メカトロで遊ぶ会 梵天丸(基板・車両組立キット) B10/M(Ver5.0) 1個 こちらから→
単3形アルカリ電池4本パック LR6R/4S 1個
マイクロニッパ 8PK-101D 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

記事担当:
ハンダ付け必須-非マイコン系


WonderKitのキットを作るの、なにやらとっても久々な気がします…。
さて、今回は!
★「スーパーメロディICキット」(SML-D812)を製作しようと思います!
今回は、こちら!

パッケージに大きく「最大8和音12曲!」って書いてますね。
12曲って聞くと、かなり多いと思うんですけど、このパッケージ写真を見た感じ、いったいどこでその曲目を変えるんでしょう…?
スイッチ見当たらないんですが…
まぁ、気にしていても仕方ありません。
作ってみよー!

点数はまぁまぁ多い感じです。
でも、見慣れた部品も多いですし、そんなに緊張することもありませんね!
これが全部品


って言ってる側から、ビクッ!となりましたよ。
表側基板裏側

基板の裏面に、何か、ついてる!!!!
なんとこれ、ICなんです。
表面実装型っていう、薄型・小型化した、ICなんです!
そして、このICの足をよ~く見て下さい。
ほっそ!ちっちゃ!そして、もうハンダ付け‥されてる?
なんとなんと、初心者に、この細い足を、この小さな、ランドに載せて、ハンダ付けするのは、大変だろう…と!
最初からハンダ付けしてくれているんですって!!
なんて優しい…。

さて部品を見ていくと…あ、この抵抗は!
0Ω抵抗ちゃんダヨー

以前(★「電工女子、WonderKitを作ります!(第10弾:風鈴キットです)」)やりましたね!
0Ω抵抗」です!
見てすぐに分かったら、なんだかとっても嬉しいですねぇ。ふふふ!

そして、お初にお目にかかります…っていうか、LEDなんだよね、キミ???
ひらべったいLED
LEDって、今までキットに入っていた砲弾型しか見たことなかったので、ちょっと新鮮でした!

さて、では抵抗をつけ…(多い…)
抵抗多っ!抵抗付け終わりました!

ダイオード・ICの向きに注意しながら取付け…
ここらへんも、サクサクーっとハンダ付けしましょ!

そして、角形LEDです。
角形LEDダヨー
これを作るときに言われたのが「きちんとLEDを揃えないと、不格好だよ
でもですね。角形LEDって、高さがあるんです。
ヘルパーなどで固定するっていう手も考えたんですけど、LED挟むと割れちゃいそうだし、うぅうん…と悩んでいたんです。
そしたら熟練スタッフさんがアドバイスしてくれました!(ものづくり工作室で作業しててよかった!)

「LEDを何度もハンダ付けするっていうことは、あまり良いとはされていないけれど、こんな方法があるよ。
  LEDの片足に仮ハンダするんだよ。手でLEDを支えながらコテにハンダを乗せて、それで足を仮止め。
  仮止めした後に、きちんとハンダ付けするんだ。そうしたら、ずれたりしないよ」

なーるほど!!さすがです熟練スタッフさん。
こういうアドバイスがすぐに貰えるから、初心者の方にもぜひものづくり工作室を利用していただきたいです!


仮止めは以前のコネクタ(ヘッダーピン)の時にもやりました!
★「電工女子、WonderKitを作ります!(第3弾:サウンドジェネレータです)」

まずは、仮止め仮止めと本止め

これで、きちんとLEDを揃えることが出来たのです!!

この後にヘッダーピンが出てきますが、これも先ほどと同じように仮止めしてから、きちんとハンダ付け
すると、ガタガタにならずにすみました!やったー!
完成品に近付いてきました!

ここで、一つ注意!
きちんとハンダをつける際、長くコテをあてていると、ヘッダーピンの黒い部分が溶けてしまうそうです!
溶けちゃうと、芯の部分がスポッと抜けちゃうんです。
…って、実は初めてやったときに抜けたんですが、何でなんだろう…?と思っていた謎がとけました!
コテをあてすぎてたんですねぇ…。

初心者だった頃を懐かしむのはこのくらいにして(偉そう)、半固定抵抗・電解コンデンサをつけ…
次はスピーカーです。

スピーカーの裏側の、予備ハンダをしてあるとことに配線をハンダ付けします。
1本、こっちにつけるよー両方つけたよー
スピーカーに配線を付け終わったら基板とつなぎます。
極性は気にしなくていいので楽ちんですね!
 
最後に、電池BOXをつけると…できたー!!!!!
完成しました!!やったー!
完成ー!!

わくわくしながら電池を入れました。
音が綺麗に流れます。LEDも綺麗に流れます。
駄菓子菓子。

音量を大きくすると音が割れるんです…。
 
音量をベストな位置に調節するのが難しい…と、思っていたら。
大先輩社員さん(デジットの店長)が、「スピーカー変えたら?」と。
 
…え?そんなことできるんですか?

元々のスピーカーが「1W 8Ω」なんですよね。
両方つけたよー
この「1W」のサイズを少し大きくしてみましょう、と。
エネルギーが沢山蓄えられるので、綺麗な音になるよ。とのこと。
ただし、あまり大きい値にするのはダメなんだそうです。

ということで。
2W 8Ω」(★「28mm角 メタルコーンスピーカー 8Ω 2W」(LF-K2828B112A))のスピーカーへ変更します!

まずは、今付いているスピーカーを「ハンダ吸い取り線」(★「WICKハンダ吸取線」(FR100-03))使って、外します
そして、線材の被覆を「ストリッパー」(★「ワイヤーストリッパー」(P-960))で剥きます
ちょっと撚ります
そして、撚った線材を、スピーカーの後ろにハンダ付けする箇所がありますので、そこに通して、外れないようにくっつけて…ハンダ付け!
最終完成


スピーカーを変えるのって、結構簡単なんですね!
ということで、聞いてみましょう!


 
ふぉぉおおおおおおおお!?
凄い!
スピーカー変えるだけで、こんなに音って変わるんですね!

これは、まだ応用のやりがいがありますね!

是非、チャレンジしてみてください!


(記事:オカポン)

更新予定:毎週木曜日(次回は11月10日です!)



★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
スーパーメロディICキット SML-D812 1個 こちらから→
28mm角 メタルコーンスピーカー 8Ω 2W LF-K2828B112A 1個
WICKハンダ吸取線 FR100-03 1個
ワイヤーストリッパー P-960 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。


★キット製作時に使用した道具は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
DASH低価格セラミックヒーターハンダこて15W
はんだ付け入門セット
FX650-84 1個 こちらから→
マイクロニッパー 11295 1個
精密ピンセット/逆作用ピンセット 先細 TS-16 1個
電子工作用ハンダ SD-63 1個
ワイヤーストリッピングゲージ BBM-WSG 1個
セラミックヒータータイプ用こて台 FH300-81 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

記事担当:
ハンダ付け必要-非マイコン系


先日、「動物の鳴き声キットとhacomoのセット」の記事をアップしました。

全員集合2

さて、そんな中、こんな声がチラホラ。
「鳴き声キットをどうやってhacomoに組込むか分からない…」

たしかにいきなり基板をペーパークラフトに組み込めって言われても困っちゃいますよね。
でもそこはそれ。
自分の好きなように組み込んで頂いて良いんですよ!
自由度の高いキットですから、自分が思いついたまま、好きに作るのが一番なのです。
先ほど写真でお見せした「動物の鳴き声キットとhacomoのセット」も、共立電子産業の「電工女子」たちが思い思いに作り上げたキットなんですよ。
電子工作に不慣れな人でもちゃんと作れちゃうんです。

ということで。
好きに作れと言われても困ってしまう人のために、共立電子産業の「電工女子」たちがこんな風にアレンジしました!作りました!と言う製作例を、チラッと、ホントにチラッとだけ見せちゃいます!
べ、別に、教えてあげようだなんて思ってないんだからね!


おさらいとしまして、前回(★「電工女子★動物が鳴くキット、つくるよー★」)の記事で、オカポンが作った★「ゾウ」から。
スイッチ箇所は、ココ。
ゾウ・背中スイッチ
スピーカーは、ココ。
ゾウ・顔の中

<基板1>と電池BOXは、ココ。
ゾウ・おしり

ゾウ・全体ばーん
サイズが大きいから自由度が高めで、だいたいどこにでも組み込めちゃうので作りやすいキットだと思います。
色塗りですが、たくさん描けて楽しかったですよ!(模様は全部私の手描きです!エッヘン!)
製作時間は個々人で変わってきますが、私は色塗りに3~4時間ほどかけて、基板製作・設置が1時間ほどでした。

それでは私以外の「電工女子」たちの作品を紹介します!

お次は★「犬」。hacomoの組み立て・キット製作はもりパンさん、色を塗ったのはオカポンです。
目がパッチリ、可愛いダックスフントです。
このコは、頭にリボン・口に咥えさせれるホネ・土台(私が色を塗ったので、カオスなことになっていますが・・・)がついています! 
スイッチ箇所は、ココ。
イヌ・スイッチ
スピーカー・<基板1>・電池BOXは、ココ。
イヌ・おなかのなか

イヌ・全体ばーん
体が小さいのでゾウに比べると自由度は低いですが、これくらいの大きさが手頃なのかもしれません。
犬はスピーカーも電池BOXも<基板1>も、全てひとまとめにして突っ込んでみました。
★もりパンさんコメント★
とても身近な動物なので、より一層愛着が沸くかもしれません。 
犬の体にキットを埋め込まなくても、犬小屋を作って小屋の中に組み込んでも面白いですよ。 


次は★「ライオン」。作ったのはブチコさん
スイッチ箇所は、ココ。
ライオン・背中上スイッチ
スピーカーは、ココ。
ライオン・顔の中のスピーカー
<基板1>と電池BOXは、一つに纏めました。
基板とか電池BOXとかは固定していませんが、こうすると電池を替えるのが楽ですね。
ライオン・おしり
ライオン・全体ばーん
ブチコさんコメント★
「鳴き声キット」は説明書通りにパーツをはんだ付けするだけ。 
本当に音が出るのか・・・と思うほどの見た目でも、鳴きました。 
hacomoは折り目が付いているので、そのまま組み立てれば即完成です。 
胴体が大きめなので、キットの配置にはあまり困らないと思います。 
なにより時間がかかったのは、ライオンの装飾。 
おめでたいマスキングテープで百獣の王の貫禄を出しました。 


続いて★「牛 」。作ったのはぐっちさん
(今回製作した「牛」と、購入できる「牛」は、見た目が少々異なりますのでご注意下さい。鳴き声は同じです)
 
スイッチ箇所は、ココ。
うし・背中上スイッチ
スピーカーは、ココ。
音がこもる、とのことでスピーカーと本体の重なる箇所に穴を空けています
これで音がすごくクリアに聞こえます。
一工夫って大事!
うし・スピーカー

こちらも<基板1>と電池BOXを一つに纏めていますね。
電池BOXの簡易レバーもお腹の前に来ていて、ON・OFFしやすくなっています。
うし・お腹の中

うし・全体ばーん
目や鈴・鼻輪をつけることでグッと牛さんらしくなっていますね!
じょしりょくたかい…。

★ぐっちさんコメント★
「動物の鳴き声キット」の製作から始めました。
オカポンさんが前回書いていたとおり、半田付けが重なる箇所があって
「こんなんでいいの?」「半田付けしにくいし、見た目も悪い…」と思いながら作りましたが、
スイッチオンで鳴き声がした時はかなり嬉しかったです。
hacomoの組み立ては本当に超簡単!
白地なので多様なアレンジが可能なところが魅力だと思います。
だからこそ!アレンジ凝りましょう!完成したときの愛着感が違いますよ!


そして★「ねずみ」。作ったのはもりパンさん
すごくちんまくて可愛いです。
ネズミは小さい分ほかのキットよりも基板をカットする工程が一つ多いですが、この可愛さを維持するには仕方がないのです。女の子と同じですね。
スイッチはココ。
そして、ネズミだけスイッチが2つ、ついています。
ねずみ・スイッチ

実はこれ、全部のキットに言えるんですが、鳴き声に2つのモードがあるんです。
それが「ノーマルモード」(スイッチを押している間、鳴き声を繰返し再生)と
ワンショットモード」(鳴き声を1回再生して停止)
付属の説明書を見れば、どのキットでどっちの鳴き方にするか選べるので、好きな方を選択してくださいね。
そして、このネズミは、その2タイプを兼ね備えているプロトタイプネズミさんなのです!いやん格好いい。

ネズミも、電池BOXと基板を輪ゴムなどで一括りにして、お腹の中に入れてます。
ねずみ・おしり
スピーカーは顔の中です。
ねずみ・顔の中


★もりパンさんコメント★
電池の交換をするのに体を開く必要があるため、ダンボールの接合部分はボンドで固めるのではなくテープ等開閉し易い様にしておいた方が良いです。


★「トラ」。作ったのはもりパンさん
トラ・全体像
こちらも程よい大きさ。
阪神ファンなら是が非でも作らないといけないですね。
このコも、電池BOXと基板を輪ゴムで一括りにして、お腹の中に入れてます。
トラ・おしり
★もりパンさんコメント★
鳴き声がリアルなのでカッコいいトラにする為水彩色鉛筆で仕上げました。 
顔を見ていると次第にクリント・イーストウッドに見えてきます。


それでは、「ゾウ」「イヌ」「ライオン」「うし」の4匹たちの鳴き声、聞いていただきましょう!!


いかがでしたか?
作る人によって内も外も色々な工夫が出来ますし、何も考えずに基板達をそのままボディに突っ込んでしまっても全く問題ないこのキット。
あまり深く考えずに楽しんで作るのが一番ですよ!
不安になったら私達「電工女子」の製作例を参考にしてみてくださいね!


それと、着実にメンバーが増えつつある「電工女子」を、
これからも応援よろしくおねがいします!


(記事:オカポン)

更新予定:毎週木曜日(次回は9月8日です!)




★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
動物の鳴き声キットとhacomoのセット 犬 Nakuhaco-dog 1個 こちらから→
動物の鳴き声キットとhacomoのセット ねずみ Nakuhaco-mou 1個
動物の鳴き声キットとhacomoのセット 牛 Nakuhaco-cow 1個
動物の鳴き声キットとhacomoのセット ゾウ Nakuhaco-ele 1個
動物の鳴き声キットとhacomoのセット ライオン Nakuhaco-Lio 1個
動物の鳴き声キットとhacomoのセット トラ Nakuhaco-Tig 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。


★キット製作時に使用した道具は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
DASH低価格セラミックヒーターハンダこて15W
はんだ付け入門セット
FX650-84 1個 こちらから→
マイクロニッパー 11295 1個
精密ピンセット/逆作用ピンセット 先細 TS-16 1個
電子工作用ハンダ SD-63 1個
ワイヤーストリッピングゲージ BBM-WSG 1個
セラミックヒータータイプ用こて台 FH300-81 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

記事担当:
ハンダ付け必須-マイコン系


前回(★電工女子、イチゴジャム(IchigoJam)を知りたいです!)は「IchigoJamを知ろう」ということで、IchigoJamとは何ぞや?どんなものが必要か?ということを、書いてみました。
今回は、そのIchigoJamのキット(★「こどもパソコンIchigoJam U プリント基板キット」)(IchigoJam-U-KIT)作ってみよう!の回でございます!

中身はこんな感じ
袋の中に、小分けされた袋があります。
ふむふむ…こう見るとそんなに部品点数が多いわけでもなく、サクッと作れそうですね!

こっちが表で…こっちが裏
そして、これが基板です! 
あれ、思ったよりハンダ付けする箇所が多いような?
ICやソケットがあるからですね。腕がなります!

とってもシンプル
こちらが、 説明書です。
詳しく書かれている訳ではありませんが、上から順番にハンダ付けしていけば良いみたいです!
とってもシンプル!

おなじみ抵抗たち
抵抗

まずは、ここから。
挿入

抵抗の次なんですが「IC2 ICソケット」
その次も「IC2 マイコン」となっていて、ちょっと戸惑ったんですが、説明書をよく読みましょう。次の行に「※ICソケットに挿しこむ」って書いてました。

赤丸に注意!
というわけで、お馴染みのソケットです。マークが入っているので、向きに気をつけて

ハジメテと比べると、成長しているかと!
爽快!初期の頃より、腕上がっていると思いませんか?

擦れるとキーキー音するのが、マイッチング
これも、もうお馴染みです!(★「電工女子★色んなLEDを光らせてみます(LED順送りキット_実験編)★」)
このままでは足が入りませんが、いつもの「定規で足を揃えて、ぐっと上から抑えてあげる」と…

キッチリ入りました!
入りましたー!


飛んで行くので要注意。
説明書にあるように、5ピンと1ピン2つに分けます。 

何かおかしいと思ったんデスヨ!!!
そして、挿しこみます。
挿しこむんですが、これ、私…上下を間違えていました
特に問題は無いみたいなのですが、とっても…突き出てます…。

順番通りに、小さい部品をさしていき…
向き(極性)のあるLEDもしっかり確認します!

まずは、ざくっとこんな感じ
ひとまず、こんな感じです!

さて、次はピンソケット
まさかのナナメ。こりゃ驚いた。
楽勝楽勝!と思い、ハンダ付けして表かえしたら、まさかのナナメ
まっすぐになるように、調節して挿しこみ、ハンダ付けをしてくださいね!

調整しました。ドヤッ
だいぶ完成品に近付いてきました!

あとは、PS/2端子(CN2)とビデオ端子(JC1)を組み立てると・・・・

完成ーーー!!!!
完成です!!!!


おひろめです!その1
ほら!

おひろめです!その2
マイIchigoJamです!!

おひろめです!その3。シール必要!
シールも貼りました!!!

おひろめです!その4。しつこいって言わないで~
自分で作り上げた、というのが良いですね!
愛着わきます。

ということで、今回はここまで(え)

現段階では、きちんと動作するかのチェックも出来ていませんからね。
果たして、正常に起動できるのか?ミスしていないのか?
試してみようと思います!(これまた、記事がいつアップされるか…未定デス★)


是非、チャレンジしてみてくださいね!

(記事:オカポン)

更新予定:毎週木曜日(次回は6月16日です!)


★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
こどもパソコンIchigoJam U プリント基板キット IchigoJam-KIT-U 1個 こちらから→
直尺 シルバー15cm 13005 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。


★キット製作時に使用した道具は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
DASH低価格セラミックヒーターハンダこて15W
はんだ付け入門セット
FX650-84 1個 こちらから→
マイクロニッパー 11295 1個
精密ピンセット/逆作用ピンセット 先細 TS-16 1個
電子工作用ハンダ SD-63 1個
ワイヤーストリッピングゲージ BBM-WSG 1個
セラミックヒータータイプ用こて台 FH300-81 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

このページのトップヘ