エレショップblog

半導体・センサー・マイコン・電子工作キットほか、各種電子部品の専門店「共立エレショップ」から主に電子工作の関連情報をお届けします。 http://eleshop.jp/

カテゴリ: ハンダ付け不要/非マイコン系

記事担当:
ハンダ付け不要-非マイコン系


先週はlittleBitsから出た★「littleBits Droid Inventor Kit」(リトルビッツ ドロイド インベンターキット)を組立てて遊んでみました。(「電工女子★littleBitsのR2-D2で遊びます★」)
簡単に作れていろんな動きをするR2-D2に、もうメロメロになってしまいました!

R2D2-12

しかし遊んでて思ったんですけど、littleBitsってどのキットを見ても電源は9Vの角型電池なんです。
この電池って、見た目の大きさの割に長持ちしない印象があるんですよねぇ。
せっかくR2-D2と楽しく戯れていても、すぐに電池がなくなって遊べなくなったらションボリですよね。

と言う訳で、今回R2-D2と長く遊んでいられるよう、9Vの角型電池以外の電源を試してみたいと思います。

まず電源と言って真っ先に思い浮かぶのは「ACアダプタ」。
コンセントから電源を取れるので、停電さえしなければずーっとR2-D2を動かし続けることができちゃいます。

littleBitsのパワーモジュールについているコネクタはDC2.1φと呼ばれる形のコネクタです。
このコネクタはプラグの外径がφ5.5mm、穴の内径がφ2.1mmになっています。
DCコネクタはホントに種類が多いのでよ~く調べてからACアダプタを選んでくださいね。
話を戻して、電源コネクタがDC2.1φの形であればエレショップで取り扱っているACアダプタほとんど使えます。
なので今回は、littleBitsに標準でついている角型電池と同じ9VのACアダプタを用意しました。

R2D2-2-1

DC9V1.2A出力の★「WA-09120X」です。
これでうまくR2-D2が動いてくれれば、ずーっとR2-D2で遊んでいられることになります。むふふふ。

では早速R2-D2のパワーユニットに接続です!
そしてスイッチON!
R2D2-2-2R2D2-2-3

やったー!!!動きました!
心なしかR2-D2も元気になったように感じます。
これで電源を入れっぱなしでも安心。電池切れを気にすることなく遊ぶことができますね!


…と喜んだのも束の間。
たしかにACアダプタだと電池切れを起こさないのでいつまでも安心して遊び続けられるんですけど、このコンセントにつながってる電源コード、ジャマなんですよね…。
R2-D2走り回るモードもあるんですけど、コードが付いてたら自由に走れないじゃないですか!

R2D2-2-4

そこでオカポン思いました。
R2-D2を自由にしなくては!
R2-D2が思うがまま、走り回れるようにしてあげたい!そう思ってシリコンハウス1階のlittleBitsコーナーに行ってみました。

R2D2-2-5

ACアダプタ以外で、なおかつ電池残量をあまり気にせず、R2-D2が動き回ることが出来るアイテムはないのかしら…?
と、たくさんあるモジュールを見ていたのです。
そこである時バチッと目が合いました!

R2D2-2-6R2D2-2-8

これだ!これですよ!この★「littleBits USB POWER」(リトルビッツ USBパワー)があれば、R2-D2の自由度がもっと広がるはず!

さてこの「littleBits USB POWER」、その名の通り、USBを使ってlittleBitsに電源を供給できるモジュールなのです。
つまり、電源モジュールをこの「littleBits USB POWER」にかえて、モバイルバッテリーを繋げばACアダプタほどではないにしろ、かなり長い時間R2-D2で遊ぶことが出来るんじゃないかしら?と、ひらめいた訳です。

用意したのはこれ!
R2D2-2-7
テックの★「TMB-9KSBL」です。
9000mAhも電池容量があるのに薄くてカバンに入れてもジャマにならないモバイルバッテリーです。
これをR2-D2の中に組込んでみようと思います。

まずR2-D2をフォースモードに組み替えます。(アプリの中に説明があるので安心です!)
R2D2-2-11

フォースモードというのはセンサーに手を近づけるとR2-D2が逃げるように走っていくモードです。
littleBitsを組み替えたらR2-D2の中を確認。

R2D2-2-9

結構スペースがあります。
これなら★「TMB-9KSBL」に限らずいろんなモバイルバッテリーが入りそうですね。
では今回は背中側にモバイルバッテリーを入れてみます。

R2D2-2-10R2D2-2-12

きれいに収まりました。
ではこの状態で「littleBits USB POWER」に付属のUSBケーブルでモバイルバッテリーとlittleBitsを接続します!
そしてスイッチON!

R2D2-2-13

動きました!
R2-D2が走り出しました!
そしてオカポンが手を近づけたら颯爽と逃げていきますよ!ナンテコッタイ!

ではオカポンのフォースを感じて逃げていくR2-D2の動画を見ていただきましょう!


このモバイルバッテリー★「TMB-9KSBL」は重さが約166gあって、手に持つと少しズシッと感じるくらいには重たいんです。
でもその重さを感じさせない素晴らしい走りですR2-D2
結構パワーあるんですね。これがフォースの力なんでしょうか。

と言う訳で、R2-D2の電源を変えることができました。
動かずじっくりと使うならACアダプタを、動き回らせるなら「littleBits USB POWER」とモバイルバッテリーを使えばとても長い時間R2-D2と遊ぶことができちゃいます。
R2-D2で遊び倒すなら、同時購入を強くオススメしちゃいます!

皆さんもぜひ遊んでみてくださいね!


そして、こんな可愛くて勉強もできてとても楽しい「littleBits Droid Inventor Kit」を使ったイベントが、2017年12月9日(土)に行われます!
★「littleBitsワークショップ「R2-D2を組み立てて動かそう!」」


まだ席は空いておりますので、ぜひ参加してみてくださいね♪


(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は12月14日です!)




★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
littleBits Droid Inventor Kit(本体キットです) #680-0011 1個 こちらから→
006P角形マンガン電池(予備分です) 6F22UD/1S 1個
鉄腕ピンセット 先細タイプ(あったら便利!) PT-16 1個
ACアダプタ DC9V 1.2A(動かずじっくりと使うならコレ!) WA-09120X 1個
littleBits USB POWER(モバイルバッテリー使うならコレ!) P3 USB POWER 1個
9000mAhモバイルバッテリーATLセル ブルー TMB-9KSBL 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

記事担当:
ハンダ付け不要-非マイコン系


なんと!今回は!!
littleBitsから出た★「littleBits Droid Inventor Kit」(リトルビッツ ドロイド インベンターキット)で遊んでみようと思います!!!
R2D2-1


オカポン情報として…
オカポン、スター・ウォーズを見たことありません
ということで、この「R2-D2」が何者か知りません。(金色の人型ロボットさんと砂漠を歩いているシーンは見たことあります!あと、喋ってる?のも聞いたことあります)
そして、littleBitsも触ったことありません。(磁石でくっつくモジュール、という認識しかありません)

そんな、ほぼ何も知らないオカポンが、このキットを組立ててかなり感激した次第であります!!
こんなに色々出来て、楽しめて、勉強できて、可愛くて…これで¥14,580(税込)は安すぎると思うのです。
アプリも凄いです。
色々、興奮冷めやらぬ状態ですが、とりあえず順番に説明しますね♪


まずは、
R2D2-2
結構大きいです。
そして、大きい箱というのは何故かワクワクするものです。

箱の中には、littleBitsのモジュール6個と、R2のパーツが入っています。
R2D2-3R2D2-4R2D2-17
テンション上がってきますね!
電源は、006P角形電池が入っています
このキットだけで何も追加せずにすぐ始められるのが良いですね!
ただし、この電池だけだとちょっと心配…なら、予備として★006P角形マンガン電池を持っておくのをオススメします♪

ということで、組み立てようと思ったんですが…まさかの説明書がありません!
「電源モジュールを組み立てよう」からの「アプリを入れよう」だけ書いてある厚紙はありますが、それだけ。
え!!!?これ、説明書なしで作るの???!
ムリムリカタツムリ・・・・・
となったんですが、よく見ると、アプリに説明書が入っているんだそうで。

ヘェー…最近のゲームも説明書はダウンロード形式になっていますが、それと同じようなものなんですかねぇ?
と思いつつ、アプリをダウンロードします。

littleBits Star Wars™: Droid Inventor
▼iOSアプリ(iPhone、iPadなど)はこちら
▼Androidアプリはこちら
対応OS(iOS)は、iOS 10.0 以降。iPhone、iPad、および iPod touch に対応しています。
Androidは、Android OS Version 4.4以降です。

まぁ、何が凄いって容量です。535 MBありますからね…。
Wi-Fiスポット無い所でうっかりダウンロードしたら、通信料が大変なことになります。
そしてダウンロード時間も結構かかります。
でも、このアプリがないと何も始まらないどころか何にもできないので、作る前に必ずダウンロードしておいてくださいね!
R2D2-5


さて。
ダウンロードも完了しましたので、アプリ起動します。
…と、ムービーの後に説明画面が!!!!
蜀咏悄 2017-11-24 10 18 47

ミッション同意」が「確認/次へ」ということですね。
なんか「作戦行動」っぽくてかっこいいですね。
同意して次へ進むと、ミッションの内容文章や画像で説明する画面に移ります。

その説明内容たるや…
蜀咏悄 2017-11-24 10 19 54写真 2017-11-24 16 23 54

え!こんなことまで!?
って思うくらい細かく丁寧に組立てのチュートリアルが始まるのです。
これがもうホントにとっても分かりやすいのです!!
下の青いバーがムービーの再生時間です。
一回見ただけで分からなかったら、巻き戻せばOK
一時停止も勿論出来るので、よく見ながら組立てることが出来ます。
前のページなどに移動したい時も、画面を右、左にスワイプするだけでページ移動ができます。

ちなみに右側の画像はlittleBitsの端子を拭いている所。白いオバケみたいなのは布なんですが、この端子フキフキ、実はlittleBitsを組立てる過程でとても重要なポイントなのです。
買ってきたばかりのlittleBitsやしばらく使ってなかったlittleBitsの端子部分には、汚れや酸化した物質がついている事があるんですって。
この汚れが付着しているせいでlittleBitsのモジュール同士が上手く接続されなくて、全く動かないということがあるんだそうです。
ということで、ちゃんとに動かすために端子は柔らかい布で全部拭いてから進めましょうね!


さて、後はアプリに従って作っていくだけです。
ミッションをクリアすると…
蜀咏悄 2017-11-24 10 31 25
「ミッション完了」の文字が!
ゲームをしているみたいで、ワクワクします。

そして、これも感動したことなのですが…
今までの作ってきたキットって、(仕方ないんですが)完成して、電池(電源)を入れてやっと動作確認、という流れだったんですよね。
今回の★「littleBits Droid Inventor Kit」は違うんですよ!!
例えば、電源部分を作って(モジュール、3つだけです)、スイッチを入れます。
そうすると、光るんですよ。
そこに、追加でもう1つモジュールをくっつけると、今度はR2がしゃべるんです!!!!YO!!!!!
体は無いんですけど、あのピロピロした音が喋っている(それもモジュールから発せられているので、本当にR2がいるような感覚に陥ります)んです!
音声も、20種類以上あります。全然わかんないんですけど、あ、なんか怒ってる?笑ってる?みたいな感じになって、本当、可愛い…!!!

ええと、何が言いたいかというと、完全にR2になっていない状態、つまり作りかけの状態でも、littleBitsなら動作確認ができて、一つ一つ確認しながら組み立てを進めていけるんですね。
組立てて行く一つ一つのモジュールにも意味や役割があって、そのモジュールと本体(車輪やボディ)が組み合わさって動く、というのをゆっくり確認しながら組立て出来るので、勉強にももってこいなんです。

どのパーツを使って組立てるのか、アプリ内で各パーツが3D動画で回転しながら表示されるので、迷うことはありません。
さっきのあの角度をもう一度確認したい…と思ったら、巻き戻したらいいのです!
なんて便利!!ハイテク!!
R2D2-6R2D2-7


という訳で、完成しましたー!!!!
R2D2-8

フロントパネルに穴が開いているので、そこから指を突っ込んでスイッチオンにしましょう。
ここも、いちいちフロントパネル開かなくてすむので、とっても便利です!
R2D2-9

ちゃんと光ったー!!!!!
R2D2-10


ここで色々動かして、あぁぁ、可愛い…!!!と悶ていたのですが、やはりシールをつけて可愛くしてあげなければ!ということで…

オカポン的に初めてみた色の組み合わせ、赤と黒シールを貼りました~!
R2D2-11R2D2-12R2D2-13

ちょっと小さいシールなどもあるので、爪先やペンなどで押さえながら貼るのが良いと思います!


作っただけでは終わらない!★「littleBits Droid Inventor Kit」
パーツを追加してR2-D2にお絵かきさせたり、モジュールを組み替えて目の前に何かあるとR2-D2が手を出すモードにしたり…と楽しみ方は広がります
「ミッション」を進めていくという形で、わかりやすく楽しみながら勉強することが出来ますよ♪
R2D2-14R2D2-15R2D2-16
電工女子会メンバーにも大好評でした!
これはクリスマスプレゼントにも最適ですね!!

皆さんもぜひ作ってみてくださいね!

そして、こんな可愛くて勉強もできてとても楽しい「littleBits Droid Inventor Kit」を使ったイベントが、2017年12月9日(土)に行われます!
★「littleBitsワークショップ「R2-D2を組み立てて動かそう!」」


まだ席は空いておりますので、ぜひ参加してみてくださいね♪



★年末恒例!共立カレンダー配布開始!!★
本日11/30受付分より、数量限定で3,000円以上お買上げの方に、毎年恒例「2018年度 共立カレンダー&味マップ」をプレゼントします!
イラストは和風な動物たちがいっぱいいて、とっても可愛いんです!
大阪・日本橋に来る時は、「味マップ」を見ながらお店探しをするのがとっても便利ですよ♪

是非、お買い物してくださいね!!


(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は12月7日です!)


★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
littleBits Droid Inventor Kit(本体キットです) #680-0011 1個 こちらから→
006P角形マンガン電池(予備分です) 6F22UD/1S 1個
鉄腕ピンセット 先細タイプ(あったら便利!) PT-16 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

記事担当:
ハンダ付け不要-非マイコン系


みなさん!待望の!!
某光る飛行石を作ることが出来るモジュールが、やっと!発売されましたよー!!!!
UVresin-1
その名も★「UVレジン工作用LED基板」(ソノマンマー!)


事の始まりは今年の2月。
まつりんが作成した★「電工女子★レジンアクセサリー+LEDキット★」でした。
resinLED-7
デザイン、完成度、形、光り方など、色々な方に大好評なアクセサリーでした。

時は流れて盛夏7月。
ATCでメイカーズバザールがありました。
makersbazaar4-13
この時共立プロダクツも参加し「「電子工作+UVレジン」で作ろう 光るネックレス(キーホルダー)」というワークショップを行いました。
★「電工女子★メイカーズバザールでワークショップをしました!★」
こちらも大盛況で、参加できないお客様が出るほど。
幅広い年齢層の方に大好評でした。

その後共立プロダクツがLEDの数や基板の形状など試行錯誤を繰り返した末、ついにLEDモジュールが完成したのです。

と言う訳で!待望の!!★「UVレジン工作用LED基板」が発売されたのであります!!
やったー!!!
これで電気の知識がなくてもレジンを使った光るアクセサリーが作れるようになりました
これはある意味、手芸革命です!

では早速「UVレジン工作用LED基板」をご紹介致します。

まずはUVレジンを使った光るアクセサリーを作るにあたって、「UVレジン工作用LED基板以外に必要なものを紹介します。

一番はUVレジン液
これがないと始まりません。UVレジン液は紫外線を当てると固まります。
このレジン液を何層にも重ねて装飾をしていきます。

次にUVレジンライト
これを使って、UVレジン液を硬化させます。
紫外線が出るライトでしたら基板感光用の蛍光管やLEDライトでもレジンを固めることができます。
専用のライトを使わない場合は、波長が375nm(ナノメートル)くらいの紫外線ライトを選んでくださいね。(可能ならば、UVレジンを硬化出来るライトを用意してくださいね)

そしてマスキングテープ
空枠や針金など、底面が空いているパーツを使う際は、これで仮の底を作って液体を流し入れ、硬化するのに使います。
粘着力の弱いマスキングテープは色々使えるのであると便利です。

あとは爪楊枝や竹串など。
キラキラ粉末を入れたり、液体を混ぜたり、パーツを配置したり、きちんとレジン液が硬化したかをチェックしたり…何かと必要になるので、用意しておいた方が良いです。

このほか中に入れるデコパーツ、粉末、ネイルポリッシュ、シールなどなど
このあたりはどんなものを作りたいのか、人によって変わってくるので、好きなものを用意しましょう。


ということで。
早速作ってみようと思います!

まずは「UVレジン工作用LED基板」のパッケージを見てみましょう。
UVresin-2UVresin-3

小さいので基板が見えていますね!
中の説明書も、なんだかいつもとちょっと違う雰囲気です。
UVresin-4

ということで、こちらが基板
UVresin-5UVresin-6UVresin-7
基板は完成品です。
部品をハンダ付けする必要が無いので電子工作をしたことがない人でも安心です。

そして何よりスイッチ付き!ここがポイント高いですよね。
誤動作しにくいスライドスイッチです。

使う電池は★コイン形リチウム電池/3Vです。
電池メーカー、使用環境、点灯頻度などで変わりますが、約10~20時間点灯するんですって!
意外と長持ちですね!

では、ここからはレジンの使い方などを紹介していきます。
今回はぐっちさん、ブチコさんにも一緒に作ってもらいました♪

さて。
説明書見ると「レジン用空枠を置きます」とあります。
UVresin-21

ブチコさんは、空枠を使って
ぐっちさんは、冷凍シュウマイの入っていた丸い乳白色のトレーを使って
オカポンは、針金使って作ってみました。

オカポンはレジンライトに入れやすいように、固めのトレーにマスキングテープを貼り、その上にまたマスキングテープの粘着面を上に向けて貼付けて針金を固定しました。
今回はレジンで花びらを作って本物のお花のようにしようと思うので、針金は花びらのような形になるようにしました。
針金の根本はねじってきちんと輪になるようにしておきます。
UVresin-8UVresin-9

後は、一つ一つの花びらに、好きなようにレジンを流して、デコします
キラキラの粉を混ぜてみたり、ネイルポリッシュ(マニキュア)を落としてみたり、パーツを入れてみたり…
UVresin-10UVresin-11
花びらの枚数分作るので結構時間かかりますが、楽しいです。(笑)

花びらが出来たら、基板側にレジンをつけて花びらを1枚ずつ接着します。
UVresin-12UVresin-13
レジンを塗って花びらをつけるたびにレジンライトで固めないといけませんが、ライトに当てれば1~2分でカチカチになります
なかなか手間がかかりますが、それがまた楽しかったりするんですよね。

時間が許すなら、もっと花びら作ってデコデコにしたかった…
真ん中が寂しいので、今までのイベントで使ったデコパーツをこれまたレジンで固めて…
完成です!!
UVresin-14

電池を入れてスイッチを入れれば…
UVresin-15
光りました!
なかなかステキにできました!と自画自賛!

感想としては、もっと花びらの大きさや枚数を考えながら作れば良かったなぁと。
でも、枠にハマらないこういう自由な形でも作れましたよ!


さて、ではほかのメンバーが作った作品も見てみましょう。

まずはブチコさん空枠を使ったバージョンです!
UVresin-16UVresin-17
キラキラしてて、とっても綺麗です!
レジンだから出来る奥行きも出ていて、ちょっと大きめのパーツもレジンで閉じ込めることが出来るので、良いですよね!


こちらは、ぐっちさん乳白色のトレーを使ったバージョンです!
UVresin-18UVresin-19
レジンの固い素材と、周りのホワホワとした柔らかい素材が上手くマッチしていますよね。
こちらも、奥行きが出て、とてもキラキラして綺麗です。
中にこっそりツリーが隠れているのも面白いですね!


いやぁ、みんな出来上がりに性格が出て面白い作品が出来上がりましたね!
作るのも簡単ですし、ワークショップなどでも使えそうです。
UVresin-20


皆さんもぜひ作ってみてくださいね!


★年末恒例!共立カレンダー配布開始!!★
11/30受付分より、数量限定で3,000円以上お買上げの方に、毎年恒例「2018年度 共立カレンダー&味マップ」をプレゼントします!
イラストは和風な動物たちがいっぱいで、とっても可愛いんです!
大阪・日本橋に来る時は、これを見ながらお店探しをするのがとっても便利ですよ♪

是非、お買い物してくださいね!!


(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は11月30日です!)

記事担当:
イベント告知


先週、11/4(土)、5(日)大阪南港ATCで行われた「咲洲こどもフェスタ2017」で、電工女子会がワークショップを行うことを告知しました。(★「電工女子★11/4,5@咲洲こどもフェスタ2017でワークショップします!★」)

当日は、沢山の方にお越しいただき、本当に有難うございました!
sakisima2017-2-2sakisima2017-2-13sakisima2017-2-1
色んな場所で色んなイベントをやっていたのでどれだけ人が来てくれるのかとっても不安だったんですが!
予想以上にご参加いただけまして電工女子会としても、大満足のイベントとなりました。

電工女子会としてこんな大きな会場でのワークショップは、2回目です。
sakisima2017-2-16sakisima2017-2-14sakisima2017-2-15
広いスペースで他のワークスペースブースに紛れてイベントを行うのはかなり刺激的で、隣近所が気になったり参考になったり、普段「ものづくり工作室」でイベントをする時とは違った経験を沢山させていただきました。

ワークショップの内容は、今まで作ってきた「光る」キットとは違う「動く」ネズミちゃんを作ってもらいました。
初めてのお披露目ということで、作るの難しくないかな?楽しんでもらえるかな?満足してもらえるかな?とドキドキしていました。
始まってみると、皆さん一生懸命に作ってくださっていました!
sakisima2017-2-22sakisima2017-2-17sakisima2017-2-18

sakisima2017-2-19sakisima2017-2-20sakisima2017-2-21
親子で一緒に作ったり、真剣にねずみちゃんに色塗りしたりデコしたり。
私たちが想像もしないステキなねずみちゃんをいっぱい作ってもらえて、色々苦労もあったけどねずみちゃんにして良かったな!って思えました。

ブースの入口にはフラフープを用意していましたので、完成したねずみちゃんは、その中でグルグル走らせてもらいました♪
みんな、キャーキャー嬉しそうに走らせてもらっているのを見て、スタッフも顔を綻ばせていましたよ。
sakisima2017-2-7sakisima2017-2-9sakisima2017-2-8

sakisima2017-2-11sakisima2017-2-10sakisima2017-2-12

電工女子会で作ったデモ機をフラフープの中でずっと走らせてたんですけど、通りがかりに足を止めて見ていってくださる人も多くて嬉しかったです
興味深げに触っていってくれたお子様も、次回参加してくれたらうれしいです♪

参加してくださった皆さんはもちろん、通りがかった人たちにも楽しんで頂けたようで、電工女子会一同喜んでいます!
本当に有難うございました!

これからも電工女子会の活動にご期待くださいね!

ちなみに共立電子産業としては、物販もしていました。
sakisima2017-2-4sakisima2017-2-5sakisima2017-2-6
こちらも多くのお客様にお越しいただき、盛況だったようです♪


(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は11月16日です!)

記事担当:
イベント告知


今年の7月に、大阪南港ATCで行われた「メイカーズバザール」に参加しました。

その時は、手触りモコモコで気持ちいい「雲ランプ」とキラキラ綺麗な「ケーキランプ」を選んで作ってもらいました。(「電工女子★メイカーズバザールでワークショップをしました!★」)
ワークショップは2日共大盛況で、満員御礼でした!
色々なこだわりのランプを作って頂き、私たち電工女子会としても、とても嬉しくて嬉しくて…
初めてのイベントでしたけどとても印象に残る、今後の方向性を決める事になるイベントでした。

そしてその後、シリコンハウス3階「ものづくり工作室でランプを作るイベントを3回、行いました!
どのイベントも参加してくださった皆さんにとても喜んでもらえて、私たち電工女子会もいろんな経験や刺激をいただくことができました

で、ですね。
ランプも勿論可愛いんですが、もうそろそろ違うものを作りたいねぇ…
なんて電工女子会内で話をしていたんですよ。

すると…なんと!
11月4日(土)、5日(日)大阪南港ATCで「咲洲こどもフェスタ2017」が開催されることとなりまして。

電工女子会、またまたワークショップで参加させていただくことになりましたー!!

せっかくの良いタイミングなので、今回は「動く」何かを作ってもらおう!という話から、試行錯誤を繰り返し、繰り返し、繰り返し…

sakisima2017-1sakisima2017-10sakisima2017-11

この可愛いねずみちゃんが完成しましたー!!!

ということで、今回のブログは、「咲洲こどもフェスタ2017」で開催するワークショップにて、作って頂くこの「ねずみちゃん」の紹介をしようと思います♪

今回のイベントは「親子で参加」ということもありまして、保護者の方も一緒に作っていただこうと考えました!
不安に思った保護者様。大丈夫です。作り方はとっても簡単なのです。

ではザックリとねずみちゃんの作り方を紹介致します。

まずは、ねずみちゃんの色を選びましょう。
ピンク黄色の5色を用意しています。

色を選んだら、ねずみちゃんのペーパークラフト(ボディ)を作ります。(お子さんが作ってみてくださいね)
sakisima2017-2

まずは「きる」の線に沿って、「からだ」と「かお」を切りましょう。
次は、ペンやシールを沢山用意しているので、心ゆくまでデコって可愛く、格好良く飾ってあげてください♪
サンプルは机の上に置いておくので、参考にしてくださいね!

sakisima2017-3sakisima2017-4sakisima2017-5

さて、お子さんがねずみちゃんのボディを作っている間に、保護者の方は車の部分(車両ベース)を作ります。

まずは、電池ボックスをねじ留めしましょう。
sakisima2017-6

次に、車輪に留め具をはめます。向きがあるので注意してくださいね。
車輪にミゾがあるので、そこに留め具をあわせてはめてください。
sakisima2017-7sakisima2017-8sakisima2017-9

はめたら、車輪に油性ペンなどを使ってデコってくださいね!

いよいよここで、お子さんの作ったペーパークラフトと保護者の方の作った車を合体します!!!
ペーパークラフト側に両面テープをつけて、車(車両ベース)に貼リつけます。

合体させたら先程作った車輪に軸を通します
そして、輪ゴムで一番大きな車輪と、モーターをつなぎます

電池を入れて、ねずみちゃんのお尻側にあるスイッチをONにすると…

クルクル動き出します♪

これが、一定の動きではなく、思ってもみない方向に動くので見ていて飽きません
作るのも勿論ワクワクするし楽しいのですが、動いている姿を見るのも面白いです!

これをワークショップでは材料費込みの1,000円でご参加いただけます!
もちろん作ったねずみちゃんはお持ち帰りして頂きますので、お家でも楽しめちゃいます!




今回も、お子様でも楽しんでいただけるようハンダ付けはナシにして、ものづくりの楽しさを体験してもらおうと思って企画しました。

ねずみちゃんのキット販売は無いのですが、大好評だった「雲ランプ」と「ケーキランプ」のキットは販売します♪


お時間がありましたらぜひ遊びに来てください!

皆さまのご参加お待ちしております!


(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は11月9日です!)

このページのトップヘ