エレショップblog

半導体・センサー・マイコン・電子工作キットほか、各種電子部品の専門店「共立エレショップ」から主に電子工作の関連情報をお届けします。 http://eleshop.jp/

カテゴリ: ハンダ付け不要/非マイコン系

記事担当:
ハンダ付け不要-非マイコン系


先週は、micro:bitで6足歩行ロボットをプログラミング出来る★「プログラミング・フォロ for micro:bit」を作り始めました。
★「電工女子★「プログラミング・フォロ for micro:bit」を作ります!★Part1」
自分でプログラミングをして思いのままに「フォロ」を動かすことが出来るキットなんです。

前回同様、共立エレショップの中の人、プラモデル工作は2回目(以前作ったのは★「アクア・スパイダー / JS-7902」)の「しげぽん」に作ってもらいましたー!
しげぽんからどういうところが難しかったか、迷ったのかを聞きながら、作り方を説明していきますね。

前回は、足とボディが完成しました。
PGMforo-1-20

次は、重要な頭部分の作成です!
PGMforo-2-2


と、しげぽんのつまづきポイント!
P20の【4】
基板にねじをさしこむ箇所があるんですが、固くてネジが締まらなかったそうです。指でネジをささえる為、ゆびが痛くなったそうな。。。それでも頑張って締めてくれました!
PGMforo-2-1


もうひとつ、しげぽんの迷いポイント!!!
P21の【5】
オカポンも一緒に見たんですが、説明書に急に現れた「両面テープ」!!
micro:bitを挿しこむスロットに両面テープを貼る、と書いているのですが・・・
セットの中に両面テープ無いし、工作に必要な道具に両面テープ入ってないし、この後の工程を見ても特に何か貼り付けるようなことも書かれてないし・・・
そもそもここに両面テープ貼る意味あるの???と思って調べたり詳しそうな人に聞きましたが、どうも使わない箇所のようです。
PGMforo-2-25PGMforo-2-14
果たして謎の両面テープなのでした。

気を取り直して続きを。
次は頭を組立て、基板を挿し込み
PGMforo-2-3PGMforo-2-4

電池ボックスに電池(単4×4本)を入れ…
PGMforo-2-5

顔の部分を組み立てていきます。
PGMforo-2-6PGMforo-2-7PGMforo-2-8

顔のカバーをつけて…
PGMforo-2-9
これでひとまず頭部も完成しました。

いよいよ最後の両腕です!
PGMforo-2-10PGMforo-2-11

両腕を取り付けると完成です!!!
PGMforo-2-12


しげぽん、サクサクサクー、と作ってくれました!
オカポンが以前作った★「メカフォロ」(オカポン勝手に命名)と並ぶと、これまた可愛いですね!
PGMforo-2-13


さて、今回しげぽんが作ってくれた★「ロボフォロ」(オカポン勝手に命名)は、これだけでは動きません。
★「micro:bit」が必要なんです!
ということで、別売りのmicro:bitを用意して、ロボフォロに取り付けました。
PGMforo-2-15PGMforo-2-16PGMforo-2-17

micro:bitをロボフォロに挿し込みます。

ロボフォロのスイッチは顔の横にあります。
PGMforo-2-18
とっても分かりやすいですね!

目の横あたりにある突起は、micro:bitの「Aボタン」「Bボタン」を押すためのスイッチです。
PGMforo-2-19PGMforo-2-20PGMforo-2-21
すっごくアナログなんですが、なるほどー!と感心しました。
わざわざカバーを外して押さなくても良いんですもん。

って、よく考えたらmicro:bitにはまだ何もプログラムが入っていません。これじゃ動きません!
ということで、説明書にも書いてある「http://sedu.link/5482」(別サイト)に行ってサンプルプログラムをインストールしましょう!
PGMforo-2-22
パソコン経由でインストールしても良し、スマホからmicro:bit専用アプリをダウンロードして入れるのも良し、お好みでプログラムをインストールしてくださいね!

サンプルプログラムは
・歩かせてみる
・体を回転させる
・赤外線センサーを使う
・micro:bitの機能を使う
が用意されていました!

しげぽんは「体を回転させる」を入れてくれたみたいです!
あぁぁ、動くフォロ、かわいい~~~~!!!
PGMforo-2-23PGMforo-2-24


これ以外にも、もう一つmicro:bitを用意してそれをコントローラのように使う方法などもあるみたいなので、もう少し遊んでみたいと思います!
ということで、今回はここまで!


みなさんもぜひ、可愛いフォロを作ってみてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は12月26です!)

記事担当:
ハンダ付け不要-非マイコン系


本日のエレショップblogは、プレスリリースで発表されたときから気になって仕方なかった★「プログラミング・フォロ for micro:bit」を紹介しようと思います!!
PGMforo-1-1

以前★「6足歩行ロボ フォロ」を作ったことがありました。
★「電工女子★6足歩行ロボ「フォロ」を作ります!★Part1」
★「電工女子★6足歩行ロボ「フォロ」を作ります!★Part2」

今回紹介するコは、以前作った「フォロ」と大きく違う点があります。
それは・・・★「micro:bit」でプログラミングが出来るのですー!!!!
前の「フォロ」は決まった動きしかできませんでしたが、今度の「フォロ」は自分でプログラムして自由自在に動かすことができちゃうんです。
思いのままに動く「フォロ」!考えただけでキュンキュンしちゃいますね!!

ではでは早速、開封してみましょう!
PGMforo-1-2PGMforo-1-3PGMforo-1-4

★「メカフォロ」(以前作ったフォロ。オカポン勝手に命名)は黄色のボディだったんですが、★「ロボフォロ」(今回作るフォロ。オカポン勝手に命名)は白色のボディです!
ロボフォロは顔の部分のデザインも変わって、なんだか宇宙服を着ているみたいに見えます
個人的にはメカフォロの丸っこいデザインの方が好みですけど、その分ロボフォロは顔に表示を出すことができるんです。

さて、今回はこの★「プログラミング・フォロ for micro:bit」を、共立エレショップの中の人、プラモデル工作は2回目(以前作ったのは★「アクア・スパイダー / JS-7902」)の「しげぽん」に作ってもらいましたー!

ロボフォロを工作するうえで必要な工具は...
(1)ニッパー
(2)ドライバー(サイズ:No.1)
(3)単4乾電池×4本
です!
部品の切り離しにニッパーが、組立にはドライバーが、フォロを動かすのに単4乾電池が必要になります。

説明書はページ数もしっかりあって、作り方もイラストで一つ一つの工程を丁寧に説明してくれています。
そんな中、しげぽんからどういうところが迷ったり難しかったか、聞いてみました。

まずは5ページの工程【1】
組立の初っ端ですね。
説明書のイラストと実物の距離感が初心者には分かりにくいんです。
イラストではコンパクトに書かれているんですけど、実物は意外と空間があって「これであってる、の、かしら?」となったそうです。
PGMforo-1-5PGMforo-1-6
これって初心者あるあるだと思うんですけど、オカポンもプラモデル的な説明書に慣れていないのでよく混乱します
キット作りを重ねると少しは慣れてくるんですが、オカポンもまだ慣れてなかったりします。


次も同じく5ページの工程【2】
コード付モーターにピニオンギア(白)を挿し込むところ。
PGMforo-1-7
机の上にピニオンギアを置いて、モーターを上からグイッと挿し込むんですが、これがなかなか硬いんですよね。
まぁ指でキュキュキューと入っちゃうくらい軽かったら空回りするかもしれないので仕方ないんですけど。
確かに初めてピニオンギアを付けた時、やり方分からなかったし、そんなに力入れて大丈夫?!って心配になりました。
ここも誰もが通る道なんですね。


次は、少し進んで8ページの工程【10】
PGMforo-1-8
シャフトにさしたギア(2個)を体の中に入れるんですが、はめ込む位置で混乱したそうです。
組立る時はボディーを横にして作ってるんですけど、イラストは縦向きに書かれてるので方向が分かりにくいんですねぇ。


次は11ページの工程【15】
説明書のイラストでは分からないんですけど、タッピングネジが結構奥まったところで締めないといけなくて、なんだか不安になるんです。
これ、前回オカポンがロボフォロを作った時にも翻弄されたとこなんですが、しげぽんも同じく翻弄されていたようです!(笑)
PGMforo-1-9

ということで、ボディの完成です!
PGMforo-1-10
白いボディがかわいいですね!


次は足部分の製作です。
PGMforo-1-11PGMforo-1-13PGMforo-1-14
工程は多いですが、しげぽんサクサク進めてくれてました。

ちょっと戸惑ったのはページ18の工程【27】
つばなしのタッピングネジをしめるところ。
PGMforo-1-15PGMforo-1-16
イラストはネジを入れる場所に色をつけてくれていたんですが、実物はちょっと奥まったところで締めるんですよね。
11ページの工程【15】と同じ感じで戸惑ったそうです。

もう一つ戸惑ったところは19ページの工程【1】
PGMforo-1-17PGMforo-1-18PGMforo-1-19
足をはめこむのが大変だったみたいです。
これも、力を入れて「パチンっ」と音が鳴ればはまったことになるんですが、ここまで力入れて大丈夫かな?とドキドキしたそうです


ということで、足とボディー、完成ですー!!!
PGMforo-1-20

まだ完成はしていませんが、引き続きしげぽんに頑張ってもらおうと思いますー!
完成が楽しみです!!

ちなみに★「メカフォロ」の時は「胴体→頭→足」の順で作りましたけど、★「ロボフォロ」は「胴体→足→頭」の順になってます。
「ロボフォロ」は頭が平らになってないから逆さに置きにくいので頭よりも足が先になったのかな?とか思いました。


みなさんもぜひ、可愛いフォロを作ってみてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は12月19日です!)

記事担当:
ハンダ付け不要-非マイコン系


こんにちは、ぐっちです。

ようやく暑さも和らぎ、秋めいてきましたね。
読書の秋、スポーツの秋、芸術の秋、と色々なことにチャレンジ!没頭したくなる秋!
共立電子はやっぱり電子工作の秋!を推していきたいと思います。^^

先日、シリコンハウスをウロウロしていたときに見つけた部品。

1
じゃん!
これ、★「リードスイッチ」っていうんですが、磁石を近づけると接点がONする仕組みになっているんです。

今回はこの部品を使って、ちょっとしたハロウィン工作できるんじゃない?と、思いついたので、さくっとご紹介したいと思います。

まずは、どんな感じで動作するのかを見たいと思います。

早く結果が見たいので、★ブレッドボードを使って、時短で回路を組んでみました。
2
LEDを2個点灯させる回路です。

使用部品は、
LED
・抵抗
です。

φ10mmの赤色LEDがシリコンハウスで特価販売されていました。
3
今回はこれを使用しました。
後の工作用に2個LEDが必要なので、予め2個のLEDが点灯する回路にしました。

リードスイッチに磁石を近づけて接点をONさせて、LEDがピカっと光れば成功です。
早速やってみましょう。
45
リードスイッチに磁石を近づけて・・・
6
お!光った!
リードスイッチの接点がつながった音なのかな?かすかに「ピンッ」っという音が聞こえます

物理的にスイッチを押さなくても、ONになるんです。
へーー。リードスイッチって面白い!^^

この仕組みを仕掛けにして、ハロウィンオブジェ(?)を作ってみようと思います。
準備するもの。
まずは、ダンボール
7

ストロー磁石
8

あとはマスキングテープとかテープ類。

そして、こんな絵を描いてみました。
9
木のオバケの絵です。
なかなか怖い絵が描けて満足です。ふっふっふ。
これをダンボールに貼りつけて、
10
目の部分に穴をあけて、背面に先程製作したブレッドボードの回路を貼りつけてみました。

LEDは目の部分になります。
1112
とりあえず、の簡単工作のため、見た目は全然スマートじゃないです。すみません。

そして、次はストロー
ストローの先端に磁石をテープでぐるぐる固定します
1314
これで完成です!
もうおわかりですね。
ストロー先端にくっつけた磁石でリードスイッチをONさせてLEDが光る仕組みです。

では、魔法使いになった気分でやってみましょう。
ラリラリルー♪
キャーー!!目が光ったよ~~~!!

以上、ちょっと怖くて、ちょっと楽しいハロウィン工作でした。
「「ガー!」とか音が出たらもっといいと思う!」と電工女子仲間からも言われたので、
またブラッシュアップできたらやってみたいと思います。(未定です。すみません)


そして、そんな私たち電工女子会は11月の「ATCロボットストリートin咲洲こどもEXPO2019」でワークショップを開催します。
夏に好評を博した「おしゃべり宇宙人」を今回もやりたいと思います。
前回よりもパワーアップした内容で、ハンダ付けもよりディープに体験してもらおう!と現在準備中です。
是非、遊びに来ていただけたら、と思います。


開催日時は11月2日(土)、3日(日)
事前予約優先制です。
こくちーずからお申し込みください。
よろしくお願いしま~す!


(記事:ぐっち)
更新予定:毎週木曜日(次回は10月17日です!)

記事担当:
イベント関連


本日のブログは、4/20(土)に開催した
micro:bitではじめてのプログラミング体験♪-3-
のイベント報告をしようと思います!

開催したのは4/20(土)
今回は【午前の部】10:30~12:30と、【午後の部】13:30~15:30の計2回開催しました。
場所は大阪・日本橋にある、シリコンハウス 3F「ものづくり工作室です!

イベントは、ふたつのパートに分けて進行しました。
 (1)ユーフォ型のアクリルケースを組み立てよう!
 (2)micro:bitのプログラミングを学ぼう!
今回もまずは工作をして、そのあとでmicro:bitのプログラミングをする。という流れでした。

今回も入口付近に、micro:bit関連のキットや書籍を用意しました。
MBevent3-2-1MBevent3-2-2MBevent3-2-3
今回のアクリルケースは、イベント内容にあわせて管楽器の「ユーフォニアム」型にリニューアルです!!カラーはピンク、みどり、黄色、青から選べるようにしました。


今回のイベントでも、ワークショップに入る前にまずは施設の使い方、注意事項などを説明しました。
MBevent3-2-4MBevent3-2-5MBevent3-2-6


簡単な説明が終わればいよいよイベント開始!
まずは、micro:bitのアクリル板を組み立てていきます。
詳しい説明書があるので、それを見ながら組み立ててもらいました。
MBevent3-2-7MBevent3-2-8MBevent3-2-9
もちろん、わかりにくい所などはスタッフがフォローしましたよ!

今回は工作部分が少ないのですが、オリジナリティを出すために、電池ケースから出ている線にアイロンビーズを入れていきます。
MBevent3-2-10MBevent3-2-11


組立が終わったら、10分ほど休憩をとって、次はいよいよプログラミングパートです。
MBevent3-2-12


内容としては、
●micro:bitの初歩的な使い方
●スマートフォンやタブレットで作ったプログラムをmicro:bitにダウンロードする方法
●メロディが流れるプログラムを作る
●micro:bitをゆさぶった時にメロディを流す
です。


まずは、micro:bitの使い方、アプリ画面の見方などの説明です。
その後簡単なプログラミングの仕方を説明しまして、どういう仕組でプログラムが動いているのかを解説しました。
MBevent3-2-13MBevent3-2-14MBevent3-2-15


今回のプログラムの完成形は、
(1)micro:bitのAボタン、Bボタン、本体を軽く降ってメロディを流す。
(2)自分で音符を1音ずつ入力して、曲を作る。


音符を1音ずつ入力するのは大変ですが、みんなのめり込んでプログラミングを楽しんでいたと思います!
MBevent3-2-19MBevent3-2-20


最後にみんなで発表と撮影会です♪
オリジナル曲や、クラシック音楽、応用編の光テルミンをつくってみたり…と、みんなの力作を聞かせてもらって感激しました!
MBevent3-2-18MBevent3-2-16MBevent3-2-17


参加者の皆さんにお渡ししたレクチャー用の資料には「自宅でできる応用編」として、ジャイロテルミン、光テルミンの作り方も入れていますので、お家に帰ってからも楽しく勉強することが出来ますよ♪
自分で応用して素敵なプログラムを作ってくださいね!
みなさんがmicro:bitに楽しみながら触ってくれたらいいな、って思いました。
MBevent3-2-21MBevent3-2-22



他のイベントやセミナーなども、このエレショップblogシリコンブログで告知しますので、今回の告知で興味を持った人は是非参加してみてくださいね!

電工女子会だけでなく、共立電子産業は他にもセミナー・イベントを随時行っています。
こちらのページでも情報アップしていますので、イベントに興味のある人は要チェックですよ!

皆さまのご参加、お待ちしております!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は5月9日です!)
※来週、5月2日はお休みです!

記事担当:
ハンダ付け不要-非マイコン系


本日は、オカポンが感動したキットの紹介と、それを使った植物の観察日記を公開したいと思います!
KEI-LEDSET-BL-1

今回紹介するキットはこちら!
★「LEDで植物栽培を始めようセット(青)」(★「白」もあります!)
KEI-LEDSET-BL-2

商品名からも分かる通り、このLEDセットを使えば雨の日が続いても太陽光が家の中に入りづらくても植物が育っちゃうよ!的な商品なのですー!!

いやいや、まさかー。って思うでしょ?
オカポンもそう思っていました。
そもそもオカポン、今まで植物をきちんと育てられたこと、ほぼ無かったんですよ…。
そこで今回は植物を育てることに詳しい人が社内に居たので、色々教えてもらいながら実際に植物を育ててみました!

まず、今回育ててみるのは「ブロッコリースプラウト」という植物です。食べられます。
オサレなお店のサラダとかに乗ってますよね。見た目はかいわれ大根に似ています。

で、今回はこのLEDセットで本当に植物が育つのか、実験しようと思います。
実験結果を比較するために2種類の環境を用意しました。
(1)「太陽の光がほぼ入らない箱」
(2)「LEDで植物栽培を始めようセット(青)を組み込んだ箱
   (太陽の光がほぼ入らないように作っています)」

の2種類です。
つまりは全く光の当たらない環境で育てたブロッコリースプラウトと、LEDセットの光だけが当たる環境で育てたブロッコリースプラウトの生長具合を比較しようという実験です。
本当は太陽光で育てた物も用意したかったんですけど、会社内に日当たりのいい場所がなかったので今回は断念しました。

まずは下準備から始めます。
種から発芽させないといけないので、その準備です。
食器洗い用などに使うスポンジの、タワシ部分(硬い所)を切り落として、残りを三枚に下ろします。
KEI-LEDSET-BL-3KEI-LEDSET-BL-4KEI-LEDSET-BL-5
三枚に下ろした柔らかいスポンジをトレーに合わせてカットして敷き詰めます。
スポンジを三枚に下ろした理由は、あまり分厚すぎると種が水を吸いにくくなるためです。

今回は比較実験なので、使用するスポンジの色を分けました。

KEI-LEDSET-BL-6KEI-LEDSET-BL-7KEI-LEDSET-BL-8
黄色いスポンジは光を当てない方青いスポンジはLEDの光を当てる方です。
次にトレーに敷いたスポンジに水を含ませます。少しヒタヒタになるくらい。
で、その上に種を散らします。
本当にこんなんで発芽なんてするの?と、半信半疑なオカポン。

次はブロッコリースプラウトを生長させる環境を作る箱を作ります。
ダンボール箱にできるだけ光が入らないよう加工したものを2つ作りました。
その内の1つにはLEDを仕込みます。
KEI-LEDSET-BL-32KEI-LEDSET-BL-33KEI-LEDSET-BL-34

KEI-LEDSET-BL-35KEI-LEDSET-BL-36KEI-LEDSET-BL-37


これで準備完了
2つのブロッコリースプラウトにその段ボール箱をかぶせます。
この時点ではまだLEDは点灯させていません
暗いところで、一旦発芽させるんですって。
KEI-LEDSET-BL-9


さて、箱をかぶせてから2日目
KEI-LEDSET-BL-10KEI-LEDSET-BL-11
ほんの少し、発芽した模様。
この時点でオカポン、結構テンション高くなっています。

3日目
KEI-LEDSET-BL-12KEI-LEDSET-BL-13
結構な数が発芽しました!
ちょっと気持ち悪いデス…。(笑)

4日目の朝
KEI-LEDSET-BL-14KEI-LEDSET-BL-15
伸びた・・!!!
ということで、この日から青いスポンジの方はLEDを点けます
そして、黄色いスポンジの方は極力光が入らないように注意します。

【この日から毎日したこと】
(1)どちらも朝9時頃と夕方18時頃に水やりをする。
 (環境によっては、スポンジが乾燥するので、その場合は水やりをします。霧吹きでスポンジがしめるくらい)
(2)朝9時に「LEDで植物栽培を始めようセット(青)」の方のLEDを点ける
(3)夕方18時には「LEDで植物栽培を始めようセット(青)」の方のLEDを消す

KEI-LEDSET-BL-16


そして、まさかの4日目の18時頃
電気を消すためと、水やりの為に箱を開けると…
KEI-LEDSET-BL-17KEI-LEDSET-BL-18
青い方、葉っぱが緑色になってるー!!!!!?
え、そんなすぐに変化出るの?!とびっくり。

5日目、朝
KEI-LEDSET-BL-19KEI-LEDSET-BL-20
黄色い方は、発芽出来ていない種も目立ちます。
本来発芽に光は関係ないんですけど、LEDから出る熱で青い方は発芽が進んだのかも、と詳しい人が言ってました。
青い方はスクスク育っている…というか、前日の夕方に見た時よりも成長してる・・。
これなら24時間LED点けっぱなしにしとけばもっと生長するんじゃないの?って思ったんですけど、詳しい人に聞くと植物にも休息が必要みたいで、24時間光を当て続けると光合成がうまくいかなくなることがあるんだそうです。
やっぱり人間と一緒で、電気を消して眠ってもらうことも大事なんですね。

5日目、夕方
KEI-LEDSET-BL-21KEI-LEDSET-BL-22
・・・・・・うそん
黄色い方は、なんだかモヤシみたいに見えてきました、が…
青い方…そんな生長する?な感じで青々としています
まだ葉先は閉じていたり、種の殻がくっついていたりしますが…すごいです、この「LEDで植物栽培を始めようセット(青)」!!

6日目
KEI-LEDSET-BL-23KEI-LEDSET-BL-24KEI-LEDSET-BL-25
並べてみると、勢い、色、太さ、長さなど全然違いますね
黄色い方も、ところどころ長く生長しています。でもまばら。
青い方は、スクスク生長しています。葉先が広がってきたものもチラホラ

7日目
KEI-LEDSET-BL-26KEI-LEDSET-BL-27KEI-LEDSET-BL-28
黄色い方は、光を求めて細く長く生長しています。葉先はほぼ閉じたまま。
黄色い方を見てから、青い方を見るとかなり驚きます
葉先が広がってきたものも多くなってきましたね。

実験最終日の8日目
KEI-LEDSET-BL-29KEI-LEDSET-BL-31KEI-LEDSET-BL-30
黄色い方生長できなかったものや、へにょへにょに倒れているものも出てきました
ダンボールの下の方に射し込む光を求めて、下に長く伸びるコも出てきました。植物の生命力ってすごい。
青い方は、言わずもがな…スクスク育っています
中の方は種が密集しすぎたのかまだ伸びきっていませんが、種の配置をもう少しまばらにしてあげると、もっと全体的に伸びたかもしれません。


ということで、この「LEDで植物栽培を始めようセット(青)」を使って、ブロッコリースプラウトはスクスクと生長しました!!!
※育てたブロッコリースプラウトはどちらもスタッフが美味しくいただきました。


今回は育てたのが小さなブロッコリースプラウトだったのでLEDを2本使いましたが、もっと大きい植物を育てたい場合、使用するLEDを増やしても良いと思います!
電源の分配ケーブル、使用しているLEDスティックもエレショップでは単体で扱っています。
★「2分配ケーブル」★「4分配ケーブル」★「5分配ケーブル」

★「LEDスティック 青色」★「LEDスティック 白色」


他の植物も、育ててみたいなぁ…野菜とか果物とか果物とか果物とか…じゅるり。と思うオカポンなのでした。


ぜひ皆さんも、このLEDセットで植物を育ててみてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は4月25日です!)

このページのトップヘ