エレショップblog

半導体・センサー・マイコン・電子工作キットほか、各種電子部品の専門店「共立エレショップ」から主に電子工作の関連情報をお届けします。 http://eleshop.jp/

カテゴリ: ハンダ付け不要/非マイコン系

記事担当:
イベント関連


本日のブログは、4/20(土)に開催した
micro:bitではじめてのプログラミング体験♪-3-
のイベント報告をしようと思います!

開催したのは4/20(土)
今回は【午前の部】10:30~12:30と、【午後の部】13:30~15:30の計2回開催しました。
場所は大阪・日本橋にある、シリコンハウス 3F「ものづくり工作室です!

イベントは、ふたつのパートに分けて進行しました。
 (1)ユーフォ型のアクリルケースを組み立てよう!
 (2)micro:bitのプログラミングを学ぼう!
今回もまずは工作をして、そのあとでmicro:bitのプログラミングをする。という流れでした。

今回も入口付近に、micro:bit関連のキットや書籍を用意しました。
MBevent3-2-1MBevent3-2-2MBevent3-2-3
今回のアクリルケースは、イベント内容にあわせて管楽器の「ユーフォニアム」型にリニューアルです!!カラーはピンク、みどり、黄色、青から選べるようにしました。


今回のイベントでも、ワークショップに入る前にまずは施設の使い方、注意事項などを説明しました。
MBevent3-2-4MBevent3-2-5MBevent3-2-6


簡単な説明が終わればいよいよイベント開始!
まずは、micro:bitのアクリル板を組み立てていきます。
詳しい説明書があるので、それを見ながら組み立ててもらいました。
MBevent3-2-7MBevent3-2-8MBevent3-2-9
もちろん、わかりにくい所などはスタッフがフォローしましたよ!

今回は工作部分が少ないのですが、オリジナリティを出すために、電池ケースから出ている線にアイロンビーズを入れていきます。
MBevent3-2-10MBevent3-2-11


組立が終わったら、10分ほど休憩をとって、次はいよいよプログラミングパートです。
MBevent3-2-12


内容としては、
●micro:bitの初歩的な使い方
●スマートフォンやタブレットで作ったプログラムをmicro:bitにダウンロードする方法
●メロディが流れるプログラムを作る
●micro:bitをゆさぶった時にメロディを流す
です。


まずは、micro:bitの使い方、アプリ画面の見方などの説明です。
その後簡単なプログラミングの仕方を説明しまして、どういう仕組でプログラムが動いているのかを解説しました。
MBevent3-2-13MBevent3-2-14MBevent3-2-15


今回のプログラムの完成形は、
(1)micro:bitのAボタン、Bボタン、本体を軽く降ってメロディを流す。
(2)自分で音符を1音ずつ入力して、曲を作る。


音符を1音ずつ入力するのは大変ですが、みんなのめり込んでプログラミングを楽しんでいたと思います!
MBevent3-2-19MBevent3-2-20


最後にみんなで発表と撮影会です♪
オリジナル曲や、クラシック音楽、応用編の光テルミンをつくってみたり…と、みんなの力作を聞かせてもらって感激しました!
MBevent3-2-18MBevent3-2-16MBevent3-2-17


参加者の皆さんにお渡ししたレクチャー用の資料には「自宅でできる応用編」として、ジャイロテルミン、光テルミンの作り方も入れていますので、お家に帰ってからも楽しく勉強することが出来ますよ♪
自分で応用して素敵なプログラムを作ってくださいね!
みなさんがmicro:bitに楽しみながら触ってくれたらいいな、って思いました。
MBevent3-2-21MBevent3-2-22



他のイベントやセミナーなども、このエレショップblogシリコンブログで告知しますので、今回の告知で興味を持った人は是非参加してみてくださいね!

電工女子会だけでなく、共立電子産業は他にもセミナー・イベントを随時行っています。
こちらのページでも情報アップしていますので、イベントに興味のある人は要チェックですよ!

皆さまのご参加、お待ちしております!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は5月2日です!)

記事担当:
ハンダ付け不要-非マイコン系


本日は、オカポンが感動したキットの紹介と、それを使った植物の観察日記を公開したいと思います!
KEI-LEDSET-BL-1

今回紹介するキットはこちら!
★「LEDで植物栽培を始めようセット(青)」(★「白」もあります!)
KEI-LEDSET-BL-2

商品名からも分かる通り、このLEDセットを使えば雨の日が続いても太陽光が家の中に入りづらくても植物が育っちゃうよ!的な商品なのですー!!

いやいや、まさかー。って思うでしょ?
オカポンもそう思っていました。
そもそもオカポン、今まで植物をきちんと育てられたこと、ほぼ無かったんですよ…。
そこで今回は植物を育てることに詳しい人が社内に居たので、色々教えてもらいながら実際に植物を育ててみました!

まず、今回育ててみるのは「ブロッコリースプラウト」という植物です。食べられます。
オサレなお店のサラダとかに乗ってますよね。見た目はかいわれ大根に似ています。

で、今回はこのLEDセットで本当に植物が育つのか、実験しようと思います。
実験結果を比較するために2種類の環境を用意しました。
(1)「太陽の光がほぼ入らない箱」
(2)「LEDで植物栽培を始めようセット(青)を組み込んだ箱
   (太陽の光がほぼ入らないように作っています)」

の2種類です。
つまりは全く光の当たらない環境で育てたブロッコリースプラウトと、LEDセットの光だけが当たる環境で育てたブロッコリースプラウトの生長具合を比較しようという実験です。
本当は太陽光で育てた物も用意したかったんですけど、会社内に日当たりのいい場所がなかったので今回は断念しました。

まずは下準備から始めます。
種から発芽させないといけないので、その準備です。
食器洗い用などに使うスポンジの、タワシ部分(硬い所)を切り落として、残りを三枚に下ろします。
KEI-LEDSET-BL-3KEI-LEDSET-BL-4KEI-LEDSET-BL-5
三枚に下ろした柔らかいスポンジをトレーに合わせてカットして敷き詰めます。
スポンジを三枚に下ろした理由は、あまり分厚すぎると種が水を吸いにくくなるためです。

今回は比較実験なので、使用するスポンジの色を分けました。

KEI-LEDSET-BL-6KEI-LEDSET-BL-7KEI-LEDSET-BL-8
黄色いスポンジは光を当てない方青いスポンジはLEDの光を当てる方です。
次にトレーに敷いたスポンジに水を含ませます。少しヒタヒタになるくらい。
で、その上に種を散らします。
本当にこんなんで発芽なんてするの?と、半信半疑なオカポン。

次はブロッコリースプラウトを生長させる環境を作る箱を作ります。
ダンボール箱にできるだけ光が入らないよう加工したものを2つ作りました。
その内の1つにはLEDを仕込みます。
KEI-LEDSET-BL-32KEI-LEDSET-BL-33KEI-LEDSET-BL-34

KEI-LEDSET-BL-35KEI-LEDSET-BL-36KEI-LEDSET-BL-37


これで準備完了
2つのブロッコリースプラウトにその段ボール箱をかぶせます。
この時点ではまだLEDは点灯させていません
暗いところで、一旦発芽させるんですって。
KEI-LEDSET-BL-9


さて、箱をかぶせてから2日目
KEI-LEDSET-BL-10KEI-LEDSET-BL-11
ほんの少し、発芽した模様。
この時点でオカポン、結構テンション高くなっています。

3日目
KEI-LEDSET-BL-12KEI-LEDSET-BL-13
結構な数が発芽しました!
ちょっと気持ち悪いデス…。(笑)

4日目の朝
KEI-LEDSET-BL-14KEI-LEDSET-BL-15
伸びた・・!!!
ということで、この日から青いスポンジの方はLEDを点けます
そして、黄色いスポンジの方は極力光が入らないように注意します。

【この日から毎日したこと】
(1)どちらも朝9時頃と夕方18時頃に水やりをする。
 (環境によっては、スポンジが乾燥するので、その場合は水やりをします。霧吹きでスポンジがしめるくらい)
(2)朝9時に「LEDで植物栽培を始めようセット(青)」の方のLEDを点ける
(3)夕方18時には「LEDで植物栽培を始めようセット(青)」の方のLEDを消す

KEI-LEDSET-BL-16


そして、まさかの4日目の18時頃
電気を消すためと、水やりの為に箱を開けると…
KEI-LEDSET-BL-17KEI-LEDSET-BL-18
青い方、葉っぱが緑色になってるー!!!!!?
え、そんなすぐに変化出るの?!とびっくり。

5日目、朝
KEI-LEDSET-BL-19KEI-LEDSET-BL-20
黄色い方は、発芽出来ていない種も目立ちます。
本来発芽に光は関係ないんですけど、LEDから出る熱で青い方は発芽が進んだのかも、と詳しい人が言ってました。
青い方はスクスク育っている…というか、前日の夕方に見た時よりも成長してる・・。
これなら24時間LED点けっぱなしにしとけばもっと生長するんじゃないの?って思ったんですけど、詳しい人に聞くと植物にも休息が必要みたいで、24時間光を当て続けると光合成がうまくいかなくなることがあるんだそうです。
やっぱり人間と一緒で、電気を消して眠ってもらうことも大事なんですね。

5日目、夕方
KEI-LEDSET-BL-21KEI-LEDSET-BL-22
・・・・・・うそん
黄色い方は、なんだかモヤシみたいに見えてきました、が…
青い方…そんな生長する?な感じで青々としています
まだ葉先は閉じていたり、種の殻がくっついていたりしますが…すごいです、この「LEDで植物栽培を始めようセット(青)」!!

6日目
KEI-LEDSET-BL-23KEI-LEDSET-BL-24KEI-LEDSET-BL-25
並べてみると、勢い、色、太さ、長さなど全然違いますね
黄色い方も、ところどころ長く生長しています。でもまばら。
青い方は、スクスク生長しています。葉先が広がってきたものもチラホラ

7日目
KEI-LEDSET-BL-26KEI-LEDSET-BL-27KEI-LEDSET-BL-28
黄色い方は、光を求めて細く長く生長しています。葉先はほぼ閉じたまま。
黄色い方を見てから、青い方を見るとかなり驚きます
葉先が広がってきたものも多くなってきましたね。

実験最終日の8日目
KEI-LEDSET-BL-29KEI-LEDSET-BL-31KEI-LEDSET-BL-30
黄色い方生長できなかったものや、へにょへにょに倒れているものも出てきました
ダンボールの下の方に射し込む光を求めて、下に長く伸びるコも出てきました。植物の生命力ってすごい。
青い方は、言わずもがな…スクスク育っています
中の方は種が密集しすぎたのかまだ伸びきっていませんが、種の配置をもう少しまばらにしてあげると、もっと全体的に伸びたかもしれません。


ということで、この「LEDで植物栽培を始めようセット(青)」を使って、ブロッコリースプラウトはスクスクと生長しました!!!
※育てたブロッコリースプラウトはどちらもスタッフが美味しくいただきました。


今回は育てたのが小さなブロッコリースプラウトだったのでLEDを2本使いましたが、もっと大きい植物を育てたい場合、使用するLEDを増やしても良いと思います!
電源の分配ケーブル、使用しているLEDスティックもエレショップでは単体で扱っています。
★「2分配ケーブル」★「4分配ケーブル」★「5分配ケーブル」

★「LEDスティック 青色」★「LEDスティック 白色」


他の植物も、育ててみたいなぁ…野菜とか果物とか果物とか果物とか…じゅるり。と思うオカポンなのでした。


ぜひ皆さんも、このLEDセットで植物を育ててみてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は4月25日です!)

記事担当:
イベント関連


本日のブログは、2/2(土)に開催した
micro:bitではじめてのプログラミング体験♪-2-
のイベント報告をしようと思います!

開催したのは2/2(土)
今回は【午前の部】10:30~13:00と、【午後の部】14:00~16:30の計2回開催しました。
場所は大阪・日本橋にある、シリコンハウス 3F「ものづくり工作室です!

イベントは、ふたつのパートに分けて進行しました。
 (1)アイロンビーズを使って、イルミネーションを作ろう!
 (2)micro:bitのプログラミングを学ぼう!
今回もまずは工作をして、そのあとでmicro:bitのプログラミングをする。という流れでした。

今回は入口付近にmicro:bit関連のキットや書籍を用意しました。
MBevent2-2-3MBevent2-2-2MBevent2-2-1
前回と同じく、ツリーも紫、赤、緑、青から選べるようにしました。


今回のイベントでも、ワークショップに入る前にまずは施設の使い方、注意事項などを説明しました。
MBevent2-2-5MBevent2-2-4


簡単な説明が終わればいよいよイベント開始!
まずは、micro:bitのアクリル板を組み立てていきます。
詳しい説明書があるので、それを見ながら組み立ててもらいました。
MBevent2-2-6MBevent2-2-7MBevent2-2-8
もちろん、わかりにくい所などはスタッフがフォローしましたので問題なしでしたよ!


ツリーの組み立てが終われば、LEDをデコレーションする為のアイロンビーズを作ります。
以前のブログで紹介しましたね。
【告知】電工女子★2/2@「micro:bitではじめてのプログラミング体験♪2」★
MBevent2-1-1MBevent2-2-21MBevent2-2-9


「急に作るって言われても分かんない…」という人にも安心してもらえるように、デザイン案も用意していました。
MBevent2-2-10MBevent2-1-3MBevent2-2-14


好きな色やデザインを変えたりしてアイロンビーズを並べてもらい、並べ終わったらスタッフがアイロンを使って固めていきます。
MBevent2-2-13MBevent2-2-11MBevent2-2-12
実はきちんと固めることができるかどうか、ドキドキしていましたよ!


アイロンビーズのデコレーションが完成したら、好きな色のLEDをアイロンビーズにさしこみます。
LEDの差し込みにはちょっとしたコツがいるので、この作業もスタッフが担当しました。
最後は「ウィンターツリー型アクリルケース」にLEDを組み込んで、本体は完成です!
MBevent2-2-15MBevent2-2-16MBevent2-2-17


10分ほど休憩をとって、次はいよいよプログラミングの説明です。
MBevent2-2-18

内容としては、
●micro:bitの初歩的な使い方
●アイロンビーズと組み合わせたLEDを、micro:bitと繋いで光らせるための方法
●スマートフォンやタブレットで作ったプログラミングをmicro:bitにダウンロードする方法
です。


まずは、micro:bitの使い方、アプリ上での見方などの説明です。
MBevent2-2-22MBevent2-2-23MBevent2-2-24


簡単なプログラミングの仕方を説明してもらったら、どういう仕組でプログラムが動いているのか、わかりやすいイメージでレクチャーしました。
MBevent2-2-19MBevent2-2-25


今回のプログラムの完成形は、
(1)micro:bit上にある、25個のLEDでアイコンを表示させる。
(2)アイロンビーズと組み合わせたLED3個を、順番に点滅させる。

 スピードや光らせる順番はお好みです♪

この他にも、micro:bitに表示させるアイコンをメッセージに変えたり、アイロンビーズと組み合わせたLEDの光り方やスピードを変えたり。
micro:bitがゆさぶられた時に光ったり、音楽を鳴らしたり…色んな可能性を秘めているmicro:bitを自由に触ってもらって、プログラミングを楽しんでもらいました
MBevent2-1-7MBevent2-1-9MBevent2-1-8


全員がプログラムまで完成したら、最後にみんなで撮影会です♪
素敵なツリーがたくさん出来ました!
MBevent2-2-20MBevent2-2-26


参加者の皆さんにお渡ししたレクチャー用の資料には「自宅でできる応用編」も入れていますので、お家に帰ってからも楽しく勉強することが出来ますよ♪
自分で応用して素敵なプログラムを作ってくださいね!
みなさんがmicro:bitを自由自在に動かせるようになってくれたらいいな、って思いました。



他のイベントやセミナーなども、このエレショップblogシリコンブログで告知しますので、今回の告知で興味を持った人は是非参加してみてくださいね!

電工女子会だけでなく、共立電子産業は他にもセミナー・イベントを随時行っています。
こちらのページでも情報アップしていますので、イベントに興味のある人は要チェックですよ!

皆さまのご参加、お待ちしております!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は2月21日です!)

記事担当:
イベント告知


昨年12/8に、初心者向けとして「micro:bit」のイベントを開催しました。
電工女子★12/8@micro:bitではじめてのプログラミング体験♪★

そしてこの冬、大好評満員御礼となったあのイベントが帰ってきますー!


今回も前回同様、「micro:bit」に触れたことのない方にイベントを通して「micro:bit」の面白さを体験してもらおう!と言うのがコンセプトとなっています。

開催日時2/2(土)
イベントは午前の部午後の部で全2回おこないます。
もちろん午前の部も午後の部もイベントの内容は同じです。
お好きな方に参加してくださいね♪
【午前の部】…10:30~13:00(開場時間 10:00)
【午前の部】…14:00~16:30(開場時間 13:30)

場所大阪・日本橋にある、シリコンハウス 3F「ものづくり工作室です!

参加費用材料費込みの3,500円
イベント特典として、作ってもらったツリーとmicro:bitをお持ち帰りいただけます♪
お家に帰ってからでも、楽しく勉強できますよ。

では今回イベントで使用するツリーをちょこっと紹介しちゃいますね。

前回は、LEDをレジンでデコレーションしましたが、今回は「アイロンビーズ」を使用します!
MBevent2-1-1MBevent2-1-2

アイロンビーズのデザイン案はこちらでいくつか用意しているので、「急に作るって言われても分かんない…」という人も大丈夫♪
MBevent2-1-3

ビーズを並べてもらい、デザインが完成した人からスタッフがアイロンで固めていきます
そして、その完成したアイロンビーズに好きなLEDを差し込みます。
これもスタッフが差し込みますので安心してくださいね。(ちょっとコツがいるのです)

さて、LEDのデコレーションが完成したら「ウィンターツリー型アクリルケース」に組み込みます!
MBevent2-1-4MBevent2-1-6MBevent2-1-5


前回同様、アイロンビーズを差し込んだLEDを「micro:bit」で制御してキラキラ光らせます
もちろん、micro:bitもしっかり見えるので、micro:bit本体についているLEDも見えます
ツリーに付けたLEDを光らせるだけじゃなく、micro:bitのLEDを使ってメッセージなんかも表示させられるので、自分だけの素敵なオブジェが作れちゃうんです
MBevent2-1-7MBevent2-1-9MBevent2-1-8


イベントはアイロンビーズでLEDを装飾してツリー部分を組み立てる『工作パート』と、micro:bitにプログラムを書き込む『プログラミングパート』の2パート構成。
組み立てはもちろん、micro:bitでのプログラミングの仕方などもレクチャーしちゃいますよ♪




他のイベントやセミナーなども、このエレショップblogシリコンブログで告知しますので、今回の告知で興味を持った人は是非参加してみてくださいね!

電工女子会だけでなく、共立電子産業は他にもセミナー・イベントを随時行っています。
こちらのページでも情報アップしていますので、イベントに興味のある人は要チェックですよ!

皆さまのご参加、お待ちしております!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は1月24日です!)

記事担当:
イベント関連

明けましておめでとうございます!!!

2016年1月7日にスタートしたこの「エレショップblog」、なんと4年目に突入します!!
まさか、こんなに長い間途切れさせることなく記事を書き続けることが出来るとは…オカポン自身ビックリです。
これもひとえに皆様の応援のおかげです。
本当にありがとうございます!

さて、昨年は、沢山のイベントに参加・開催しました。
今回のブログでは、お正月休み中ということもあり、2018年の電工女子が参加したイベントを振り返ってみたいと思います。 

まず2/17
これは何かお手伝いをしたという訳ではなかったんですが、ギャル電さんのワークショップを見学させていただきました
ギャル電のエモいワークショップ
私たちとはレベルの違う電子工作イベントに、ものすごくリスペクトしました。
こんなカッコイイイベントを、私たちもしたいと思いました。 


4/28には、電子部品とアニメーションのコラボ!ということで”電子部品でコマ撮りアニメづくり”を開催しました。
株式会社ミツマメプロ、9VAeきゅうべえアニメ研究所と共催させて頂いたんでしたね。
6811-2
電子部品で作るのは回路じゃなくてキャラクター。
それを使ってコマ撮りアニメを作りました。参加してくれたみなさんの発想力に驚かされました。


5/26
には、デジットハッカソンのスピンオフとして「こどもハッカソン in デジットハッカソン」を開催しました。
電工女子会としてのメイン参加では無かったんですが、すごく面白く貴重な体験をさせていただきました。
5725
初めて会う人とペアを組んで、アイデアを出し合って形にしていく。
大人でも難しい作業を、子供ならではの柔軟さで次々と課題をクリアーしていく姿に感動しました。


7/7,8は、電工女子会として2回目のメイカーバザール
「キラ☆キラ光る万華鏡」を作るワークショップを開催しました。
万華鏡とLEDを組み合わせた、とってもキレイな万華鏡でした。
7-真剣に作ってくれています♪19-キラキラなんだけど、どこか和風な万華鏡です!18-マステの上にキラキラシールを乗せてくれました!
苦労の末に生まれた「キラ☆キラ光る万華鏡」で、今思えばもっと改良するところもあったりで、私たち自身も大きく成長することが出来たイベントでした


間をあけずに、7/28
電工女子会主催でイベントを開催しました。
電工女子会メンバーが目をキラキラさせて作った「のらとりえ」さんの「電子箱庭」シリーズのキットをみんなで作ろう!と言うイベントでした。
noraeve-2noraeve-10noraeve-11
このイベントで初めて、オカポンハンダ付けのレクチャーをしました。
苦労も沢山しましたけど、楽しんでもらえたようで良かったです。


夏休みこそ、工作イベントをしようよ!
ということで、8/18には共立プロダクツから発売された最新の電子工作キット「金属探知機2」の製作イベントを行いました。
ここでもオカポン、ハンダ付けレクチャーを担当しましたよ!
KZDT2-eve-3KZDT2-eve-11KZDT2-eve-18
説明書が分かりにくかったり、ハンダ付けが細かかったりと参加してくれた人たちも苦労していましたが、全員無事に完成させることが出来て良かったです。


翌9月には好評だった金属探知機のイベントを、さらにバージョンアップして9/29に開始しました。
サポートスタッフも増え、説明内容を増やしてみたり、宝探しの内容を変更してみました。
KZDT2-eve2-4KZDT2-eve2-12KZDT2-eve2-6
ものづくり工作室全体を使った宝探しは大盛り上がりで、また今年もやりたいな、って思いました。


そして、11/3,4に開催された「ATCロボットストリートin咲洲こどもフェスタ2018」。
今回のワークショップでは、あえて「ハンダ付け」のキットを持っていきました。
「ハンダ付けをしたことが無い」という人が殆どの中、全員キットを無事完成させたのには驚きました。
SKSM18-3-1SKSM18-3-12SKSM18-3-7
この時使ったキットは2018年で一番のお気に入り。
また何かの機会に使いたいキットです。


12/8には、初めてのmicro:bitのプログラミングを開催しました。
クリスマスツリー型アクリルケースを完成させて、micro:bitを触ってもらおう!というイベントでしたね。
MBevent-2-1MBevent-2-6MBevent-2-15
シリコンハウスとの共催でしたけど、私たちもプログラミングのイベントは初めてで、手探りの中苦労して準備したイベントでした。
結果としては満足のいく内容ではなかったので、近いうちにリベンジしたいと思います!
 

12/15は、サーキットスクライブという、紙とペン(このペンが不思議ペンなのです!)とキット内にあるモジュールで、回路について勉強できるキットを使い、クリスマスアートを作ってもいました。
CSevent-2-23CSevent-2-20CSevent-2-34
実はハイレベルな内容なのに、みんなちゃんと回路を完成させていて本当に驚きました。
オカポンも負けてられないなぁ…って思いました。


こう時系列で並べてみると、すごく沢山イベントに参加・開催させてもらっているなぁ…と驚きました!
今年も色々なイベント頑張るぞ~!


イベント以外にも、2020年のプログラミング教育必修化に伴い、共立電子産業でもプログラミングキットを色々取り扱うことになりました。
それにあわせて、キットに触らせてもらう機会も増えました。
2020年まで、あと1年!
今年は、もっとプログラミング教材の紹介や、プログラミングと電子工作と絡めた記事も書けたら良いな、とふんわり思っています。


電工女子(「電」子「工」作をする「女子」)として、これからも頑張っていこうと思いますので、皆さん2019年も応援宜しくお願い致しますね!


本年も、共立電子産業をどうぞ宜しくお願いいたします。


(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は2019年1月10日です!)

このページのトップヘ