エレショップblog

半導体・センサー・マイコン・電子工作キットほか、各種電子部品の専門店「共立エレショップ」から主に電子工作の関連情報をお届けします。 http://eleshop.jp/

カテゴリ: IchigoJam関連

記事担当:
ハンダ付け不要-マイコン系


なんだかいろんな事に手を出しては、自分でも何してるか分からなくなることが多いオカポンです。
興味が湧いたもの、気になったものにすぐ手を出してしまうので、中途半端になっているものもありますけど、ちゃんと覚えてますからね!

IchigoJamPLAY-1
と言う事で今回は、久しぶりにIchigoJamを触ってみようと思います。

思えば前回記事を書いたのは2月のこと(★「電工女子★IchigoJamでLチカと画面をリンクしてみましょ★」)でして、『次は「LOCATE」コマンドで遊んでみよう!』って感じで終わらせたままになっていますが、今回遊んでみるのは『PLAY』コマンドです!へへへ

前々からこの『PLAY』コマンドは気なっていたんですけど、なんだか敷居が高い気がして今まで手を出すのを躊躇してたんですよねぇ。

ところでみなさんはこの『PLAY』コマンドって知ってます?
この『PLAY』コマンド、なんとIchigoJamで音楽を鳴らすことが出来るコマンドなんです!
なんか素敵ですよね!
でも私、音楽は好きなんですけど、楽譜まったく読めないですし、なんだか手を出しづらいなぁ…って思ってたんです。
そしたら先輩社員サンが「意外と簡単だよ」とやり方を教えてくれました。

と言う訳で、今回は『IchigoJamで音楽を鳴らしてみよう!』をテーマにお送りします。

まずこの『PLAY』コマンドについてなんですけど、IchigoJamのリファレンスを見ると『MML(PLAYコマンド内)』って書かれてます。
この『MML』って言うのは『Music Macro Language(ミュージック・マクロ・ランゲージ)』の略で、簡単に言うとコンピューターで音楽を鳴らしやすくするために、ドレミの音をABCなどのアルファベットに置き換えたものなんだそうです。
IchogoJamで使われているBASICはアルファベットと数字と一部の記号しか使えないですから、『ド』とか『レ』とか書いても解ってくれませんもんね。

では早速『PLAY』コマンドで遊んでみましょう

っとその前に、IchigoJamを音が出る状態にしないといけません。
IchigoJamに付属している小型のスピーカーをIchigoJamにセットしてくださいね。
IchigoJamPLAY-6IchigoJamPLAY-7

準備ができたらIchigoJamを立ち上げて、
 PLAY"CDEFGAB”
と入力します。
IchigoJamPLAY-2

すると、IchigoJamから『ドレミファソラシ』と音が出ます。
うわぁ、電子音だ!
なんだか懐かしい響きの音です。昔のコンピューターって感じ。
音程もどこかずれている気がしますけど、こういうの大好きです!

さてコマンドの解説をしますと、『PLAY』コマンドは『"』で挟まれた中のアルファベットを演奏するコマンドです。
アルファベットの『CDEFGAB』がそれぞれ『ドレミファソラシ』に対応します。
つまり『ド』の音が出したかったら『C』を、『ソ』の音が出したかったら『G』を入力すればいいんですね。
なんだ、簡単じゃないですか!

では調子に乗って音楽を鳴らしてみましょう!
曲名は『きらきら星』です。
なぜ『きらきら星』かと言うと、小学生の時、鍵盤ハーモニカやリコーダーでさんざん練習させられたんで未だに曲を覚えているからなのです!
まさか小学生の時の音楽の授業がこんなところで役に立つとは思いませんでした

『きらきら星』と言えば、『ドドソソララソ』ですよね。
それをMMLに変換すると『CCGGAAG』となります。
確認してみますね。

IchigoJamPLAY-3
 PLAY"CCGGAAG"
どうですか?ちゃんときらきら星になってるでしょ?

では最後まで入力してみましょう。
IchigoJamPLAY-4
 PLAY"CCGGAAG FFEEDDC GGFFEED GGFFEED CCGGAAG FFEEDDC"

ドヤァ!
…って、あれ?
なんかすごくせわしないきらきら星になってしまいました。
というのも、コマンドでスペースを開けた所は一拍置く所、いわゆる休符の所なんですけど、MMLではスペースは無視されちゃうんですって。
音を出さない休符の所は『R』を入れないといけないみたいです。

では修正
IchigoJamPLAY-5
 PLAY"CCGGAAG R FFEEDDC R GGFFEED R GGFFEED R CCGGAAG R FFEEDDC"

分かりやすいようにスペースを入れて、区切ってみました。
では、動画で聞いてみてください!(※音が出ます)


どうですか?ちゃんときらきら星になったでしょう。
『PLAY』コマンド、意外と簡単ですね!
これなら私の大好きなあの曲もIchigoJamで鳴らすことができそうです!うふふ、楽しみ!


みなさんも是非試してみてくださいね!


(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は6月22日です!)

★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
IchigoJam T 組立済完成品 IchigoJam-T-G 1個 こちらから→
4.3インチ カラー液晶モニター Mon328-AV43-15WI 1個
ACアダプター 12V 1A/φ2.1mmプラグ UN110-1210-PL03B 1個
コンパクトACアダプタ 5V 1A WL-05100Z 1個
スタンダードPS/2キーボード(ホワイト) SKB-L1 1個
IchigoJamアクセサリー DC/DCコンバータモジュール Dcdc-USB5 1個
「IchigoJam」ではじめる電子工作&プログラミング ISBN9784777519088 1個
IchigoJamでプログラミング 15JPRG-BOOKS 1個
USB-PS/2変換アダプター PS22USB-ADP 1個

★すべて揃ったフルセットは、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
こどもパソコンIchigoJam T スターターフルセット IchigoJam-T-SFSET 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

記事担当:
ハンダ付け不要-マイコン系

さて今回はIchigoJamチャレンジ第3弾!
前回よりも、もう少し凝ったプログラムをしてみようと思います。

今回のテーマは「Lチカと画面をリンクしよう!」です!
どう言う事かと言うと、IchigoJamのLチカに合わせて画面も動くようにしようって事です。
 
まずは画面に文字を出します。
使うコマンドは「PRINT」。この単語も馴染みのある英単語ですね。「印刷する」などの意味を持つ言葉です。
このコマンドを使うと、画面に文字や絵文字を出すことが出来るんです。

試しに「PRINT」コマンドを使ってみましょう。

PRINT "HELLO ICHIGOJAM WORLD"

これを打ち込んでエンターキーを叩く!

Lgamen-together1

はい、画面には「HELLO ICHIGOJAM WORLD」と出ました。
まぁこれだけだとあんまり面白くないんですけど、こう言うコマンドだと言うコトは分かってもらえたかと思います。
注意点としては、「PRINT」の後「"」で囲った所がそのまま画面に出力されると言うコト。
画面に出したい文字を「"」でくくってあげてください。
この「"」が文字の前後にないとIchigoJamさんは理解してくれませんので忘れずに付けてくださいね。

では前回作ったプログラムに「PRINT」コマンドを入れて見ましょう。

10 LED 1
20 PRINT "ON"
30 WAIT 60
40 LED 0
50 PRINT "OFF"
60 WAIT 60
70 GOTO 10

LEDを光らせたら画面に「ON」と出して1秒待つ。
LEDを消したら画面に「OFF」と出して1秒待つ。
LEDを光らせるところにもどる。
と言うのが↑のプログラムです。
ではどうなるか実行してみますね。

プログラムを実行する時は・・・・
「RUN」と入力してエンターキーをターン!!

Lgamen-together2Lgamen-together3

LEDに合わせて「ON」と「OFF」が順番に表示
されていきました。
大成功!
画面の中と外が一緒に動くのって、なんだか不思議な感じですね。

止めるには「エスケープキー」をターン!
Lgamen-together4

そうそう、このエスケープキー。
前回「プログラムを止める」と書いたんですけど、私あの時、プログラムを終わらせてるんだと思ってました。
けど、正確には「プログラムを中断」していたんですね。
どう言う事かというと、このエスケープキーを押すと、プログラムを実行しているところで止めるんです。
つまり、IchigoJamが行番号20を実行していたらそこでプログラムを止めるんです。
だから前回、エスケープキーを押すタイミングによってIchigoJamのLEDが点いてたり消えてたりしたんですね。

そして、最新バージョンのIchigoJamでは、エスケープキーを押すと「Break in ◯◯」の表示が出ます。
Lgamen-together12

この画面だと、

Break in 60
60 WAIT 60
OK

と出ているので、60行目のプログラム時(60 WAIT 60)に「エスケープキー」を押しました、と教えてくれているってことなんですって!
なんて親切!


では今度はもう一工夫してみましょう。
使うコマンドは「CLS」

この「CLS」は画面に出ている文字を全部消すコマンドなんです。
そう、「clear the screen(くりあー ざ すくりーん)」の略なんですね。
このコマンドはプログラム外でも画面をリセットするのによく使われるんです。

試しにこのコマンドを入力してみましょう。

「CLS」と入力して、エンターキーをターン!!

Lgamen-together5

キレイになりました!

では「CLS」コマンドをプログラムに組み込んでみましょう。

5 CLS
35 CLS
65 CLS

プログラムの最初とWAITの後に「CLS」を入れました。
プログラムの全文はこうなりました。

Lgamen-together6

プログラム全文を出すには「LIST」コマンドでしたね
ちゃんと憶えてますよ。
ではどうなったか実行してみましょう。

Lgamen-together7

LED合わせて画面に「ON」と「OFF」が表示されました!
大成功!
見事にIchigoJamと画面がリンクしてますね!
なんだかプログラムしてるって感じがします。

さぁ慣れてきました。
今回はもう少し凝ったコトしてみようと思います。

今度は絵文字を使っちゃいますよ!
なんとIchigoJamにも絵文字があるんです!

それは「キャラクター」って言われるモノで、コマンドは「CHR$」と書きます。
使い方は「CHR$( )」の( )中にキャラクターコードを入れます。
キャラクターコードはここ↓を見てください。

「PRINT」コマンドで表示させる時は「PRINT CHR$(  )」と書きます。
この場合、「PRINT」の後は「"」でくくりません
「PRINT」の後を「"」でくくると「CHR$(  )」がそのまま表示されてしまいますので注意してくださいね。

今回使う絵文字は「●」。
LEDが付いてるように見えるかなって。
ちなみにキャラクターコードの見方ですけど、まず使いたい絵文字をキャラクターコード表から選びます。
選んだ絵文字の横と上の数字を足したモノがキャラクターコードなんです。
「●」の場合、左の数字は「230」。上の数字は「3」なので「●」のキャラクターコードは「233」になるんですね。(※今回は左側の10進数のキャラクターコードを使ってます。)

ではプログラムを書き換えます。
20 PRINT CHR$(233)
50 PRINT " "

行番号50の「"」の中はスペース(空白)を入れてます。
さて、どうなったかプログラムをRUNターン!!

Lgamen-together8

画面の中と外でLチカしてます!
大成功!!
ホント簡単なプログラムですけど、結構楽しいです。

さらにちょっと遊んでみましょう。

プログラムを
Lgamen-together9

20 PRINT CHR$(253)
50 PRINT CHR$(251)

に書き換えます。
さてどうなるでしょう! RUNターン!!

Lgamen-together10Lgamen-together11

人が!右向いたり左向いたりしてます!可愛い…
こんな事も出来ちゃう訳です。
「PRINT」コマンド、面白いですね!

では最後に今回試したプログラムをダイジェストで見てみましょう。


「Lチカと画面をリンクしよう!」見事大成功!
ぜひみなさんも遊んでみてくださいね!

と言う訳で今回はココまで!
どうも、自分の思った箇所に文字やキャラクターを出すことが出来るみたいなんです。
「LOCATE」っていうコマンドらしいんですけど、次回のIchigoJamはこれにチャレンジしてみようと思います! 

さーて、ワクワクしてきましたぞ!


(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は2月16日です!)

★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
IchigoJam T 組立済完成品 IchigoJam-T-G 1個 こちらから→
4.3インチ カラー液晶モニター Mon328-AV43-15WI 1個
ACアダプター 12V 1A/φ2.1mmプラグ UN110-1210-PL03B 1個
コンパクトACアダプタ 5V 1A WL-05100Z 1個
スタンダードPS/2キーボード(ホワイト) SKB-L1 1個
IchigoJamアクセサリー DC/DCコンバータモジュール Dcdc-USB5 1個
「IchigoJam」ではじめる電子工作&プログラミング ISBN9784777519088 1個
IchigoJamでプログラミング 15JPRG-BOOKS 1個
USB-PS/2変換アダプター PS22USB-ADP 1個

★すべて揃ったフルセットは、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
こどもパソコンIchigoJam T スターターフルセット IchigoJam-T-SFSET 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

記事担当:
ハンダ付け不要-マイコン系


今回は前回(★「電工女子★IchoigoJamを起動させます!★」)に引き続きIchigoJamです!

さて、まずは訂正から。
前回『LED 1』と打ち込んだだけで「プログラムって簡単!」と書いてしまいましたが、その後何人かの方からご指摘をいただきました。
『LED 1』と言うのは厳密に言うとプログラムではなくコマンドなんだそうですね。

ichigoprogram-7

え、コマンドってなに?
 『スライムが あらわれた!
   コマンド?』
…的な?

と言う訳でご指摘の意味が判らなったので、今回は上司に教えてもらいました。
私が理解したことをザックリと言うと、
コマンド=すぐに命令を実行する(メモリーに残らないので、その都度書かないといけない)
プログラム=必要な時に命令を実行する(メモリーに残るので、必要な時に呼び出すことが出来る)
と言った感じです。
前回入力した『LED 1』の場合、エンターキーを押したらすぐに実行されました。
コレが『コマンド』です。
この『コマンド』をIchigoJamに記憶させておいて、必要な時に実行出来るようにしたものが『プログラム』なんですね。

ではどうすれば『コマンド』が『プログラム』になるんでしょうか。

IchigoJam『BASIC』というプログラミング言語で動きます
IchigoJamさんは『BASIC』と言う言葉しか理解できないんですね。
ですから私たちは『BASIC』と言う言葉でIchigoJamさんに命令をしなくてはいけません(★「電工女子、イチゴジャム(IchigoJam)を知りたいです!」)
『BASIC』の場合、コマンドの前に行番号というのを入れれば、『コマンド』が『プログラム』になるんです。

と言う訳で、今回は本当にIchigoJamにプログラムをしてみようと思います。

実際に『BASIC』でプログラムを書きながら説明しますね。
まず『BASIC』では書いた順番にコマンドを実行していきます。
なので、命令の順番がわかるようにコマンドの前に順番を入れます。
この順番が『行番号』です。
試しにIchigoJamのLEDをしばらく点灯させた後、LEDを消灯させるプログラムを書いてみます。

10 LED 1
20 WAIT 30
30 LED 0

こんな感じです。
左端の『10』や『20』の数字がコマンドの順番を表す数字『行番号』ですね。
別に『1』『2』としても良いんですけど、例えば間にコマンドを挿入したくなった時、数字に余裕があったらコマンドを追加しやすいでしょ?
行番号には小数点のある数字や分数は使えないので、こう言う数字の付け方をするんだそうです。

次に『WAIT』と言うのは『待て』と言う意味のコマンドです。
こう見えてIchigoJamさんは行動が早いので、この『待て』を入れないと一瞬でLEDを消灯させてしまします。
せめて落ち着いて確認できるくらいの時間はLEDを光らせて欲しいので『待て』と入れるんですね。
『WAIT』の後の数字は待たせる時間です。
『30』と書いてあるからと言って30秒待つ訳ではありません。
IchigoJamで基本になる時間の単位は『1/60秒』です。
格闘ゲームをする人には『1フレーム』と言えば判りやすいかもしれませんね。
なので『WAIT 30』とコマンドを書くと、『30/60秒=0.5秒待つ』となります。

つまり

10 LED 1
20 WAIT 30
30 LED 0

と言うプログラムは、
『LEDを点灯させて0.5秒待ってLEDを消灯させる』
と言う意味になります。

では実際にプログラムを実行させてみましょう。

プログラムを実行させるには『RUN』と言うコマンドを使います。
この『RUN』コマンドを使って好きな時に記憶したコマンドを実行できるのが『プログラム』なんですね。

ichigosawaru-3

ちゃんとプログラム通りに動いてくれました!
なんだ、やっぱり簡単じゃないですか。
まだ簡単なことしかしてないから当たり前なんですけどね。
それでも初心者には嬉しいものです。

ではこのプログラムにもう少し手を加えてみましょう。
以下のプログラムを追記します。

40 WAIT 30
50 GOTO 10

プログラムに4行目と5行目を追加しました。
IchigoJamでは追加したい行を書くだけで自動で追記してくれるので楽ちんです。
一から書き直さないといけなかったら、プログラムが長い場合、追記するのも大変ですからね。

ではプログラム全体がどうなったか見てみましょう。
入力したプログラムを表示するには『LIST』コマンドを使います。
画面に『LIST』と書いてエンターキーを押すと・・・

ichigosawaru-1

最初から最後まで表示されました。
追加したプログラムで目を引くのは『GOTO』と言うコマンド。
コレは英語の『Go to』と同じ意味で、その後の数字の行番号に行きなさい、と言う命令文です。
『BASIC』のコマンドは英語に近いので、少しでも英語に馴染みのある人にはとても扱いやすいですし、補助的な英語教育にもなるのでお子様にもおすすめですよ!

と言う訳で今回のプログラムでは
『LEDを点灯させて0.5秒待ってLEDを消灯させて0.5秒待ったらLEDを点灯させる所に行く』
と言う意味になります。

では実際にプログラムを実行させてみましょう。

ichigosawaru-4

LEDが点いたり消えたりを繰り返してます!
コレがホントの『Lチカ』ですね。
『GOTO』コマンドのおかげで行番号『10』から『50』をず~っと繰り返すことになるので、こちらが『止まれ』と命令するまで延々点灯と消灯を繰り返します
プログラムを止める時は『Esc』キーを押してください。

ichigosawaru-2
LEDがついている時に「Esc」キーを押すと、LEDはついたままです。
LEDが消えている時に「Esc」キーを押すと、LEDは消えるので、タイミングによってLEDがついたり消えたりしますが、間違いじゃないですよ!

いやはや、簡単なプログラムですけどなかなか面白いですね!
ちなみに『WAIT』の後の数字を変えれば待つ時間が変わるので、LEDの点滅のタイミングを変えることが出来ます。
色んな光らせ方をして遊んでみてくださいね。

では今回はココまで!
次はさらに凝ったプログラムにしてみるつもりです。


乞うご期待!

(記事:オカポン)

更新予定:毎週木曜日(次回は2月2日です!)


★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
IchigoJam T 組立済完成品 IchigoJam-T-G 1個 こちらから→
4.3インチ カラー液晶モニター Mon328-AV43-15WI 1個
ACアダプター 12V 1A/φ2.1mmプラグ UN110-1210-PL03B 1個
コンパクトACアダプタ 5V 1A WL-05100Z 1個
スタンダードPS/2キーボード(ホワイト) SKB-L1 1個
IchigoJamアクセサリー DC/DCコンバータモジュール Dcdc-USB5 1個
「IchigoJam」ではじめる電子工作&プログラミング ISBN9784777519088 1個
IchigoJamでプログラミング 15JPRG-BOOKS 1個
USB-PS/2変換アダプター PS22USB-ADP 1個

★すべて揃ったフルセットは、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
こどもパソコンIchigoJam T スターターフルセット IchigoJam-T-SFSET 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

記事担当:
ハンダ付け不要-マイコン系


すっかりお正月気分も抜けて日常が戻ってきた感じですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
1月と言えば年の始で、なんとなく新しいことを始めたくなる季節です。
私も毎年新年にはアレやりたいとかココ行きたいと考えるんですけど、思った通り行動したことってよく考えたらあんまり無いんですよね。
でもコレじゃいけない!と思って去年から持ち越した宿題をやってみることにしました。

おひろめです!その3。シール必要!

そう、IchigoJamです!
昨年はIchigoJamでプログラミングを始めようと思って作ってはみましたが、その後忙しかったり気が乗らなかったり電工女子会が楽しかったりで、ずっと後回しになってました。
そもそもこのIchigoJamキットを作ったのって去年の6月(★電工女子、イチゴジャム(IchigoJam)を作ります!)なんですよね…もう半年経つだなんて…

でも大丈夫!
始めたいと思った時が始め時なんです。
前回作っただけで終わったIchigoJamUを使ってプログラミングをしたいと思います。
(現在販売しているのは、レベルアップした「★IchigoJamT(ハーフキット)」「★IchigoJamT(組立済完成品)」です) 

まずはIchigoJamにモニタ・電源をつなぎます。
その辺の接続にはこのチラシが便利です。

ichigoprogram-1

まずは必要な機材をエレショップで用意して。

ichigoprogram-2

つなぎます!

ichigoprogram-3

注意しないといけないのは電源で、IchigoJamにはUSBからDC5Vを、モニタにはDC12Vを入力する必要があります。
普通にするとACアダプタなどの電源が2個必要になるんですけど、今回は1個のACアダプタで出来てしまう便利なケーブルを使いました。
このケーブルを使えばDC12VのACアダプタ一つでIchigoJamにも液晶モニタにも電源を送ることができるのです。
コレでコンセントの数が少ない部屋でもスッキリと接続することが出来ますね。

なお、IchigoJamは黄色のビデオ端子がついているテレビやモニタに繋いで使うことも出来ます。
好きなモニタを使って楽しんでくださいね。

つなぎ終わったらIchigoJam本体のスイッチを入れます!

ichigoprogram-4

はたしてちゃんと作れていたんでしょうか?
眠ってた半年の間に風邪とか引いてないでしょうか?
ドキドキしながらのスイッチONです!!

ichigoprogram-5

つきました!
モニタ映りました!
ちゃんと起動しました!!

いや~、まだ何も始まってないのに一仕事終えた気分です!
よかったよかった。肩の荷が降りました。

では早速何かプログラムをしてみましょう。

こういう時にまず初心者がするのは『Lチカ』。
『Lチカ』ってなに?って声が聞こえてきそうですね。私も大好きな『デパ地下』とは関係ないですよ。
この『Lチカ』って言うのは、『LEDをチカチカ光らせる』ことなんだそうです。
まずは簡単な『LEDを光らせる』所から始めるのが王道なんだそうです。

さてこのIchigoJamにはLEDが付いています

ichigoprogram-6

このLED、IchigoJamの電源が入ると点灯するのかと思ってたんですが、違うんですね。
なんとIchigoJamにプログラムすることで光らせることができるんです!

早速このLEDを光らせてみましょう。
入力するプログラムは
LED 1
たったコレだけ。
このたった5文字(スペース含む)を入力して、Enterキーを押すと・・・

ichigoprogram-7

光った!LEDが光りました!
こんなに簡単に言うことを聞いてくれるんですね。
なんだかIchigoJamが可愛く思えてきました。

では次に点灯したLEDを消灯させてみましょう。
入力するプログラムは
 LED 0
たったこれだけ。
このたった5文字(スペース含む)を入力して、Enterキーを押すと・・・

ichigoprogram-8

消えました!ちゃんと言う事を聞いてくれました!
なんだ、プログラムって簡単じゃないですか。
人間と同じでちゃんとした手順と言葉で指示を出したらその通りに動いてくれる、その為の言葉や決まり事が『プログラム』なんですね。
頭では解っていましたけど、ようやく実感がわきました。

と言う訳で今回はここまで
次回(これまたいつになるのやら…)もう少し凝ったプログラムに挑戦してみたいと思います。
乞うご期待!

なお、シリコンハウス3階の「ものづくり工作室」ではIchigoJamやArduinoが体験できる『チャレンジBOX』を用意してます。

ichigoprogram-9

私も今回本体以外はこのチャレンジBOXのセットを使ってIchigoJamを動かしました。
買う前にちょっと試してみたい人はぜひ利用してみてくださいね。

ichigoprogram-10

ものづくり工作室には参考書籍も多数用意しているのでこれから始める人にはホントオススメです。

ichigoprogram-11ichigoprogram-12


興味のある人はシリコンハウス3階の「ものづくり工作室」に集合ですよ!

(記事:オカポン)

更新予定:毎週木曜日(次回は1月26日です!)


★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
IchigoJam T 組立済完成品 IchigoJam-T-G 1個 こちらから→
4.3インチ カラー液晶モニター Mon328-AV43-15WI 1個
ACアダプター 12V 1A/φ2.1mmプラグ UN110-1210-PL03B 1個
コンパクトACアダプタ 5V 1A WL-05100Z 1個
スタンダードPS/2キーボード(ホワイト) SKB-L1 1個
IchigoJamアクセサリー DC/DCコンバータモジュール Dcdc-USB5 1個
「IchigoJam」ではじめる電子工作&プログラミング ISBN9784777519088 1個
IchigoJamでプログラミング 15JPRG-BOOKS 1個
USB-PS/2変換アダプター PS22USB-ADP 1個

★すべて揃ったフルセットは、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
こどもパソコンIchigoJam T スターターフルセット IchigoJam-T-SFSET 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

記事担当:
ハンダ付け必須-マイコン系


前回(★電工女子、イチゴジャム(IchigoJam)を知りたいです!)は「IchigoJamを知ろう」ということで、IchigoJamとは何ぞや?どんなものが必要か?ということを、書いてみました。
今回は、そのIchigoJamのキット(★「こどもパソコンIchigoJam U プリント基板キット」)(IchigoJam-U-KIT)作ってみよう!の回でございます!

中身はこんな感じ
袋の中に、小分けされた袋があります。
ふむふむ…こう見るとそんなに部品点数が多いわけでもなく、サクッと作れそうですね!

こっちが表で…こっちが裏
そして、これが基板です! 
あれ、思ったよりハンダ付けする箇所が多いような?
ICやソケットがあるからですね。腕がなります!

とってもシンプル
こちらが、 説明書です。
詳しく書かれている訳ではありませんが、上から順番にハンダ付けしていけば良いみたいです!
とってもシンプル!

おなじみ抵抗たち
抵抗

まずは、ここから。
挿入

抵抗の次なんですが「IC2 ICソケット」
その次も「IC2 マイコン」となっていて、ちょっと戸惑ったんですが、説明書をよく読みましょう。次の行に「※ICソケットに挿しこむ」って書いてました。

赤丸に注意!
というわけで、お馴染みのソケットです。マークが入っているので、向きに気をつけて

ハジメテと比べると、成長しているかと!
爽快!初期の頃より、腕上がっていると思いませんか?

擦れるとキーキー音するのが、マイッチング
これも、もうお馴染みです!(★「電工女子★色んなLEDを光らせてみます(LED順送りキット_実験編)★」)
このままでは足が入りませんが、いつもの「定規で足を揃えて、ぐっと上から抑えてあげる」と…

キッチリ入りました!
入りましたー!


飛んで行くので要注意。
説明書にあるように、5ピンと1ピン2つに分けます。 

何かおかしいと思ったんデスヨ!!!
そして、挿しこみます。
挿しこむんですが、これ、私…上下を間違えていました
特に問題は無いみたいなのですが、とっても…突き出てます…。

順番通りに、小さい部品をさしていき…
向き(極性)のあるLEDもしっかり確認します!

まずは、ざくっとこんな感じ
ひとまず、こんな感じです!

さて、次はピンソケット
まさかのナナメ。こりゃ驚いた。
楽勝楽勝!と思い、ハンダ付けして表かえしたら、まさかのナナメ
まっすぐになるように、調節して挿しこみ、ハンダ付けをしてくださいね!

調整しました。ドヤッ
だいぶ完成品に近付いてきました!

あとは、PS/2端子(CN2)とビデオ端子(JC1)を組み立てると・・・・

完成ーーー!!!!
完成です!!!!


おひろめです!その1
ほら!

おひろめです!その2
マイIchigoJamです!!

おひろめです!その3。シール必要!
シールも貼りました!!!

おひろめです!その4。しつこいって言わないで~
自分で作り上げた、というのが良いですね!
愛着わきます。

ということで、今回はここまで(え)

現段階では、きちんと動作するかのチェックも出来ていませんからね。
果たして、正常に起動できるのか?ミスしていないのか?
試してみようと思います!(これまた、記事がいつアップされるか…未定デス★)


是非、チャレンジしてみてくださいね!

(記事:オカポン)

更新予定:毎週木曜日(次回は6月16日です!)


★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
こどもパソコンIchigoJam U プリント基板キット IchigoJam-KIT-U 1個 こちらから→
直尺 シルバー15cm 13005 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。


★キット製作時に使用した道具は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
DASH低価格セラミックヒーターハンダこて15W
はんだ付け入門セット
FX650-84 1個 こちらから→
マイクロニッパー 11295 1個
精密ピンセット/逆作用ピンセット 先細 TS-16 1個
電子工作用ハンダ SD-63 1個
ワイヤーストリッピングゲージ BBM-WSG 1個
セラミックヒータータイプ用こて台 FH300-81 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

このページのトップヘ