エレショップblog

半導体・センサー・マイコン・電子工作キットほか、各種電子部品の専門店「共立エレショップ」から主に電子工作の関連情報をお届けします。 http://eleshop.jp/

カテゴリ: IchigoJam関連

記事担当:
ハンダ付け必要-マイコン系


4週に渡ってIchigoJamのプログラミングについて勉強してきました。
先週の記事最後には「もぐらたたきのプログラムを解説していきたいと思います。」とか言っちゃってたんですよね。(「電工女子★IchigoJamの「LEDもぐらたたき」をしてみます Part4★」)

あれからプログラムを勉強しながら遊んでたんですけど、やっぱりスイッチがね…押しにくいんですよね…
前回の動画、見てくれましたか?
mogura3-2

何してるのか、ちょっと分かりにくいですよね…いや、しょうがないんですけどね……

・・・うん、やっぱりスイッチを大きくしよう!!

ということで!タクトスイッチの代わりになる面白いスイッチを探します!
シリコンハウスの2階を見て回ると★ジョイスティック用プッシュスイッチとかね、可愛いのがあるんですよ。
moguraSW-1
値段もお手頃だし(2018.02.22現在:¥154(税込))、そこそこ大きいし。
色もバリエーション多いし。(ピンク/イエロー/グリーン/ブルー)
こういうのにスイッチを変えたら雰囲気も変わってもっとゲームらしくて面白くなるかなぁなんて考えてたんですけど...

私、ひと目見てこのコが良いー!!!!!ってスイッチに出会っちゃったんです。
じゃん。
moguraSW-237mmswra
さっきのスイッチよりも大きくて、しっかりしてて、ゲームしてる!って感じがするんです。しませんか!?
色のバリエーションも、、があります。

でも、お高めなんです。(2018.02.22現在:¥771(税込))
もぐらのスイッチを変更するから、3つ使うんですよね。
ちょっと悩んだんですが、見た目も大事!このシリーズで揃えたかったんです…!!
ということで、この★「37mm照光でかスイッチ」使うことにします!


さて。
鼻息荒くスイッチを用意したのは良いんですけど、このスイッチをブレッドボードに挿せるようにケーブルを用意しないといけません。
今回の★もぐらたたきに使用するには、スイッチの端子にケーブルをハンダ付けして繋いで、ブレッドボードに挿さないといけないんですよね。
なので、ケーブルの片方はブレッドボードに差し込むことが出来るように固くするか、コンタクトピンを付けないといけないのですが...
ありました!ちょうどいいのが!★「QIケーブルシングルピンプラグ10色セット」
moguraSW-3moguraSW-4

さーて、ではハンダ付け…って、チョットマッテチョットマッテ
このスイッチ、押したときだけONになる『A接点タイプ』と言うスイッチなんですけど、端子が4つあるんです!
確かに、ブレッドボード付属のタクトスイッチも足が4つあるけど…え。どうしたらいいの
どの端子をどこに挿したら良いの?

あと、気になるのは「12V LEDタイプ」って書いてるんですよ。
実はこのスイッチ、中にLEDが入っていて、スイッチ部分を光らせることが出来るんです。
でも「12V LEDタイプ」って、IchigoJamの電源出力(VCC)は3.3Vでしたよね(「電工女子★IchigoJamの「LEDもぐらたたき」をしてみます Part2★」)
え、IchigoJamに使えるの?

で、色々人に聞いたりした結果、この4つの端子は『スイッチ用』に2つ『LED用』に2つ使用するんだそうです。
で、スイッチの両端から出ているのは、LED用の端子で、LEDと繋がっていたんですね。
moguraSW-5moguraSW-6moguraSW-7
なんだ、私てっきりスイッチつなげてONにしたら勝手にLEDが光るんだと思ってましたよ。
とりあえず今回は「スイッチ」だけで使おうと思います。


と言う訳で今回は、LEDを光らせないのでこの裏側の2つの端子のみ使います
moguraSW-8

まずは端子部分に予備ハンダをします。
その後、QIコネクタ付きケーブルを端子に接続します。
うん、予備ハンダすると簡単ですね!
moguraSW-9moguraSW-10

スイッチのてっぺんを押すと、右側にある黄色いボタンが押されて、スイッチがオンオフされます。
面白い仕組みですね!
ということで、3つ全てに予備ハンダをしてケーブルを接続しましょう。
moguraSW-11moguraSW-12moguraSW-13


では次はコレをブレッドボードに差し込むんですが…
もともとのスイッチって4本足じゃないですか。
で、ブレッドボードの上ではこう繋がってたんですよね。
mogura1-15

どこに差し込めばいいのー!?ってなったんですが、シリコンハウス3F「ものづくり工作室」に居るスタッフさんに聞いたところ、教えてもらえました♪
タクトスイッチの足って、4本あるけど2本ずつは繋がってるんですって。
moguraSW-18
なので、タクトスイッチを使う時は対角線に配線すれば、タクトスイッチを取り付ける方向を間違ってもちゃんと使えるんだそうです。
たしかに説明書の配線図でもタクトスイッチの対角線に抵抗とLEDが取り付けられてますね。
moguraSW-17
まぁ深く考えずにタクトスイッチの足の中で部品とつながってる列の穴に、今回新たにつけるスイッチの足をつなげれば問題ないってことでした。


と言う訳で、スイッチつなげ終わりで完成で~す!!
moguraSW-15moguraSW-16

スイッチ、めちゃおっきいー!!
でも動作は今までと一緒です。
ブレッドボード上のLEDが光った時にスイッチを押す!
あははははははは!!!
なにこれ楽し~い!!
カチッカチッと音がなるのも良いですね!

うーん、でもこうスイッチがブラブラしているのは使いにくいかも…ということで。
次回はブラブラのスイッチをもっと押しやすく、モグラタタキっぽく固定したいと思います!


みなさんもIchigoJamで遊んでみてください!
 
(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は3月1日です!)



★すべて揃ったフルセットは、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
こどもパソコンIchigoJam T スターターフルセット IchigoJam-T-SFSET-BK 1個 こちらから→
IchigoJam電子工作パーツセット LEDもぐらたたき MOL-jamP 1個
QIケーブルシングルピンプラグ10色セット 311-369 1個
37mm 照光でかスイッチ 12V LEDタイプ 赤 A接点 37SW-R-A 1個
37mm 照光でかスイッチ 12V LEDタイプ 青 A接点 37SW-B-A 1個
37mm 照光でかスイッチ 12V LEDタイプ 黄 A接点 37SW-Y-A 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。


★キット製作時に使用した道具は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
DASH低価格セラミックヒーターハンダこて15W
はんだ付け入門セット
FX650-84 1個 こちらから→
マイクロニッパー 11295 1個
精密ピンセット/逆作用ピンセット 先細 TS-16 1個
電子工作用ハンダ SD-63 1個
ワイヤーストリッピングゲージ BBM-WSG 1個
セラミックヒータータイプ用こて台 FH300-81 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

記事担当:
ハンダ付け不要-マイコン系


先週、先々週にわたって、IchigoJamをより楽しむためのキット★「LEDもぐらたたき」で、「OUT」「PRINT」「IN(数字)」コマンドを勉強しました。
(「電工女子★IchigoJamの「LEDもぐらたたき」をしてみます Part2★」)
(「電工女子★IchigoJamの「LEDもぐらたたき」をしてみます Part3★」)


mogura4-3
というわけで、いよいよ今週はもぐらたたきのプログラムを打ち込んでみたいと思います!
説明書には、段階を踏んでプログラムコードが書いていますので、ゆっくり勉強するのにもうってつけですね!

さーて、ではコードを入れていきますぞ~!と説明書を見てウッ…となりました。

mogura4-1
長っ…
ガンバリマス。

ふぅ…。
mogura4-2
・・・・ということで。
コードを打ちながら
「あ、これ知ってる!音出すコマンドだ!…ということは、ゲーム中に音楽が鳴るんだな」とか
「PRINT、出た!" "の中を表示させるんだよね!」とか
「うーん、”BEEP”ってことは何か音が出るのかな?でもよく分からないコードがあるな??」とか
「全然分からない!」「ナニコレ???」「????」とか…ね…分からないことの方が多いですよね…
遠い目をしながらウフフ。な状態となっていました。


とりあえず、これでちゃんと動くかどうか、ゲームをスタートしたいと思います!!

・・・・えーっと、どうやってプログラム実行するんだったっけ???
そうです「RUN」です。
久々に触ると忘れがちになるんですよねー…。

ゲームが始まると、音と共にLEDが光ります。光っているLEDの下のボタンを押しましょう!
タイミング良くボタンを押すとモグラを叩いたことになり、点数がアップします。
しかも点数が上がれば上がるほど難易度も上がるんです。

説明書を読むと書いているんですが、今回のプログラムではもぐらの総数を「25」匹としているので、LEDが25回光るとゲーム終了になります。

ということでやってみた。
mogura4-4

…”マアマア カナ?”に、ムキーッ!となって、もう一度。

mogura4-5
増えた!でも、まだ”マアマア カナ?”…キィィィィ!!

mogura4-6
ナカナカ ヤルナ!!”ふふん。

ムキになってやってしまいました。
1回スコアが出た後、どうやって再チャレンジするのかな?と迷いますが、簡単です♪

IchigoJamのタクトスイッチを押すと再びゲームが始まります
最高スコアが出るまでバンバン挑戦したら良いと思いますよ!

で、満足したら「Esc」キーを押してプログラムを中断させてゲームを終わらせましょう。
これは以前にも(「電工女子★IchoigoJamを触ってみます!★」)やりましたね。

さて、本来でしたらここからプログラムの解説になるんですが...
実はまだオカポンの理解が追いついていないので、解説は次回にしたいと思います!

今回はもぐらたたきをより面白くするためのカスタマイズポイントを紹介してみようと思います。

まずモグラの数
入力したプログラムでは「25匹」になっていました。
このモグラの数を決めているのは

  20 OUT 0:D=60:N=25:S=0

の『N=25』の部分なんです。
ココの数字を変えるとモグラの数が変わるんですね。

次にLEDが光る時間。つまりモグラが出ている時間ですね。
このモグラが出ている時間を決めているのは

  20 OUT 0:D=60:N=25:S=0

の『D=60』の部分なんです。
IchigoJamの中での時間は、私たちが使っている時間の60分の1でしたよね。
「電工女子★IchoigoJamを触ってみます!★」
つまりもぐらたたきを始めた時は約1秒、モグラが出ているってことなんです。
この後モグラを叩く度に60分の2秒づつモグラが出る時間が短くなっていくようになっています。
行番号で言うと「135」とか「165」とか「195」の『D=D-2』の部分ですね。

  135 S=S+1:D=D-2
  165 S=S+1:D=D-2
  195 S=S+1:D=D-2

つまり、もっとゆっくりとした動きにしたかったら行番号「20」の『D=60』の数字を大きくすればゆっくりになりますし、小さくすれば最初から早いハードモードにすることもできちゃいます。
このほか行番号「135」「165」「195」の『D=D-2』の数字を大きくすると、遊んでいる内にドンドン難易度を上げていくことも出来るんですね。

最後にスコアの設定
スコアは

  20 OUT 0:D=60:N=25:S=0

の『S=0』の部分です。
モグラを叩くとこのSの数字が増えていくんです。
行番号で言うと「135」とか「165」とか「195」の『S=S+1』の部分です

  135 S=S+1:D=D-2
  165 S=S+1:D=D-2
  195 S=S+1:D=D-2

スコアによってコメントを出すのは行番号「250」からあとの部分。
たとえば行番号「250」は

 250 IF S<25 GOTO 290

となっています。
『<』は算数で習う記号ですよね。「小なり」って読むんでした。
プログラムの中で出てくる『<』も同じ意味で、『S<25』の場合は『Sが25より小さければ』という意味になります。
つまり行番号「250」では、『Sが25よりも小さかったら行番号「290」へ行きなさいよ』という意味になります。
(『IF』コマンドについては次回以降に解説します!)
元々のプログラムではモグラの数は25匹でしたから、Sが25以上になるのは全部のモグラを叩けた時だけです。
元々のプログラムだとノーミスでクリアした時だけ、最高評価の『オミゴト!!』がでるようになってるんですね。
もうちょっと難易度を下げたい時はこの『S<25』の数字を下げれば最高評価を出しやすくなります。
同じように他の評価も『S<●』の数字を調節すれば評価を出しやすくすることができますし、その後のPRINT文の中身を変えれば表示されるコメントも変えることが出来るんです。
もちろんモグラの数を変えたらこのスコアの数字も変えないと、評価がおかしなことになるので注意してくださいね。

このほかのカスタムポイントとしては、もぐらたたきが終わった時に表示される『GAME OVER』文字。
これだとなんだかゲームに失敗したみたいなんで、もっと違う言葉に、例えば『GAME CLEAR』とか『モグラタタキ オワリ』とかにしてみても良いかもしれないですね。
この文字を変えたい時は

 220 LC 0,4:PRINT "GAME OVER"

行番号「220」の『” ”』の中を書き換えればOKです。

ではでは、ちょっとカスタマイズしたモグラタタキを遊んでみましょう。
今回はモグラの数を増やして(N=45)、速度を遅くして(D=100)高評価を出しやすくして、ゲーム終了時の文字を『コレニテ サラバ!』にしてみました。
あと、高得点(45点中25点)獲ったら『アナタ ハ スゴイ!』も出すように設定しました。



ふぃ~~~~!出来た!!自分で色々設定を変更するの、楽しいですね♪
といったところで、今回はココまでにします!
次回も、もぐらたたきのプログラムを解説していきたいと思います。
あ、データが消えないように「SAVE 1」しておいてくださいね!


みなさんもIchigoJamで遊んでみてください!
 
(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は2月22日です!)


★すべて揃ったフルセットは、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
こどもパソコンIchigoJam T スターターフルセット IchigoJam-T-SFSET-BK 1個 こちらから→
IchigoJam電子工作パーツセット LEDもぐらたたき MOL-jamP 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

記事担当:
ハンダ付け不要-マイコン系


先週は、IchigoJamをより楽しむためのキット★「LEDもぐらたたき」で、「OUT」コマンドを使い、IchigoJamの基板の外にあるLEDを光らせてみました!
mogura2-7

今週も、キットがきちんと動くかどうかのチェックをします♪

今回は
 PRINT IN(1)
を使います。
これで、スイッチが正常に動くかどうかの確認が出来ます。

スイッチを押さずに、
 PRINT IN(1)
と打ち込み、そのまま「Enter」キーを押してください。
mogura3-1

 1
と表示されましたか?

では、同じく
 PRINT IN(1)
と打ち込んで、写真一番奥(IchigoJamの「IN 1」に繋がっている)のスイッチを押したまま「Enter」キーを押してください。
 0
と表示されたと思います。
mogura3-2
これで「IN 1」に繋がったスイッチは正常に動いていることが判りました。

では、他のスイッチもチェックしていきましょう。
まずはIchigoJamの基板を見てください。
mogura3-3

IN 1、IN 2、IN 4から線が伸びて、それぞれブレッドボードにささっているのが確認出来ると思います。
なので、他のスイッチ(IN 2、IN 4)も同じように、正常に動くか確認してみましょう。
コマンドは、「IN 2」のスイッチの場合
 PRINT IN(2)
「IN 4」のスイッチの場合
 PRINT IN(4)
となります。
押して「0」、離して「1」が出れば、スイッチの接続チェックも完了です。


ちゃんと数字が出ない場合は、ブレッドボードやIchigoJamに線が奥まで差し込まれていなかったり、接続方法を間違えている可能性があります。
もう一度、説明書を見て配線などをチェックしてくださいね!

さて。
これでIchigoJamに接続した部品の動作確認は出来ました!ということで。
さっきの
 PRINT IN(1)
は何だったのでしょう?という解説を、私も勉強しながら教えようかと思います!


さて、ここでオカポン「…ん?」となりました。
以前「PRINT」コマンドを使ってみたことがありましたよね。(「電工女子★IchigoJamでLチカと画面をリンクしてみましょ★」)
画面に文字を出すのが「PRINT」です。
『「PRINT」の後「"」で囲った所がそのまま画面に出力されると言うコト。画面に出したい文字を「"」でくくってあげてください。』
と書いたんですよね。
でも、今回は「"」で囲っていないのに、数字が出ました
しかもスイッチを押すと出てくる数字も変わりました。
これは一体どういうことなんでしょうか???


知らないことは考えても分からないのでひとまず「PRINT」の事は置いておいて。
「IN(数字)」の説明をしましょう!
この「IN(数字)」コマンドは、IchigoJamの「IN(数字)」の端子に電圧が入力されているかどうかを確認するコマンドなんです。
mogura3-3
ココに入力された電圧が2.3~3.3Vの時、IchigoJamは高い電圧が入力されたと判断して『1』と出力するんだそうです。
逆に入力された電圧が1V以下の時は低い電圧が入力されたと判断して『0』を出力するんだそうです。
ちなみに高い電圧の事を『Hレベル(Highレベル)』といい、逆に低い電圧の事を『Lレベル(Lowレベル)』と言います。

つまりさっきの『PRINT』コマンドでは、IchigoJamの「IN(数字)」端子に入力された電圧が『Hレベル』か『Lレベル』かを数字で表示してくれてたって言うことだったんですね。
『PRINT』コマンドは『PRINT』以降を画面に表示させるコマンドなので、「IN(数字)」端子に入力された電圧が「1(Hレベル)」か「0(Lレベル)」かを表示していたのです。
mogura3-1
上の写真ではIchigoJamの「IN 1端子」にHレベルの電圧が入力されてることを表してたんですね。


ではなぜスイッチを押したら「0」が表示されたのでしょう?
これって、スイッチを押したらIchigoJamの「IN (数字)」端子にLレベルの電圧が入力された、と言うか電圧が入力されなかったってことですよね。
一体なぜなんでしょうか?

ココからは、先輩社員サンに解説してもらったことを書きます!
オカポン、回路図とかまだちゃんとわかってないので…。

まずスイッチを押していない状態を見てみましょう。
mogura3-4
VCCから出た電圧は抵抗を通って「IN 1端子」に入力されています。
スイッチはOFFになっているので電気の通り道が1本しか無いんです。VCCから出た電圧はそのまま「IN1 端子」に流れ込むんですね。
だから「Hレベル」(2.3~3.3V)の電圧が流れ込むので「1」と表示したわけです。

次にスイッチを押した状態を見てみましょう。
mogura3-5
今度はスイッチがつながって電気の通り道が増えました。
電気は考え方として「+」から「-」へ流れます
「+」はVCCの事で、「-」はGNDの事です。
電気は極力「-」、つまりGNDを目指していくので、VCCから出た電圧はスイッチを通ってGNDへと流れ込む訳です。
つまり「IN 1端子」には電圧が流れ込まないので「Lレベル」になり、「0」と表示したのでした。

まさにスイッチで電気の流れを切り替えて(スイッチして)「IN(数字)端子」に入力される電圧を変化させたんですね。


ふぃ~~~~!といったところで、今回はココまでにします!
次回は、やっと!もぐらたたきのプログラムを打ち込んで、遊んでみたいと思います。
今回は「PRINT」と「IN(数字)」を覚えました!


みなさんもIchigoJamで遊んでみてくださいね!
 
(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は2月15日です!)


★すべて揃ったフルセットは、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
こどもパソコンIchigoJam T スターターフルセット IchigoJam-T-SFSET-BK 1個 こちらから→
IchigoJam電子工作パーツセット LEDもぐらたたき MOL-jamP 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

記事担当:
ハンダ付け不要-マイコン系


先週は、IchigoJamをより楽しむためのキット、★「LEDもぐらたたき」を組み立ててみました!「電工女子★IchigoJamの「LEDもぐらたたき」をしてみます★」
mogura1-1

この写真の状態では、まだもぐらたたきは出来ません
もぐらたたきで遊ぶためにIchigoJamにプログラムをしていきましょう!
mogura2-2

Ichigojamにモニターとキーボード、電源を接続してスイッチON!
mogura2-3
お馴染みの起動画面です。

今回使っているIchigoJamは★「IchigoJam T 組立済完成品」です!

IchigoJamを起動させたら、まずは★「LEDもぐらたたき」の説明書に沿って配線が間違っていないか確認してみましょう~!

まずは
 OUT 1,1
と入力。

これで写真一番奥のLED(IchigoJamの「OUT 1」に繋がっている)が光れば、ばっちりOKです!
mogura2-4

続いて
 OUT 1,0
と入力。
これで、先程光っていたLEDが消えました
mogura2-5

うーん、でも光ってるのか分かりにくいなぁ…。
ということで!LEDを替えてみる事にしました!
以前、電工女子のメンバーが集まって、レジン使ってLED装飾したんですけど、それを使ってみようと思います!
mogura2-6
ドヤァ…

LEDも可愛くしたところで接続の確認に戻ります。
次は真ん中のLEDを光らせてみましょう。
 OUT 2,1
と入力。
mogura2-7
うむ!上手くいきました!

では、消しましょう。
 OUT 2,0
と入力。
mogura2-8

最後に一番右も同じように光らせて、消してみましょう。
mogura2-9mogura2-10

 OUT 3,1
と入力してLEDを点灯させたら
 OUT 3,0
と入力してLEDを消灯させました。

ちゃんと3個ともLEDが光りましたか?
これでLEDの接続チェックは完了です。


さてこの「OUT 1,1」というコマンド。
入力するとIchigoJamの真ん中にあるボードソケットの「OUT 1」と書かれた場所につながったLEDが点灯しました。
mogura2-11

LEDを光らせると言えば、今まで「LED 1」というコマンドを使ってIchigoJamの基板にあるLEDを光らせていました(「電工女子★IchoigoJamを触ってみます!★」)
でも「OUT」コマンドを使うとIchigoJamの基板の外にあるLEDを光らせる事が出来ちゃうんですね。
なんだかこれって、すごく夢が広がる出来事ですよね!
よくIchigoJamで電子工作!って会社の人たちが言ってますけど、こう言う事だったんですねぇ。


ちなみに「OUT」の後の数字を替えると、光るLEDが変わりました。
つまり「OUT 2,1」と入力するとIchigoJamの「OUT 2」と書かれた場所に書かれたLEDが光って、「OUT 4,1」と入力するとIchigoJamの「OUT 4」と書かれた場所につながったLEDが光るんです。
すごい!私、LEDを制御してるっぽい気がしてきました!

でもこの「OUT」コマンドって、LEDを光らせるだけのコマンドなのかな?って思ったんですが...
ノンノンノン!
もちろん制御できるのはLEDだけじゃないんです。
例えばモーターを繋げても、
 OUT 1,1
とすると「OUT 1」に繋がったモーターが動いて…
 OUT 1,0
にすると「OUT 1」に繋がったモーターが動かなくなるんです。

説明書にも「OUT 1,1」のカンマの後の数字、「1」と「0」の説明が書いているんですが…
======
OUT文では出力ポートを「0」にすると、IchigoJam内部の切り替えスイッチは「GND(0V)」側に切り替わります。

(中略)

出力ポートを「1」にすると、内部の切り替えスイッチは「VCC(3.3V)」側に切り替わります。するとLEDに電流が流れ、LEDが点灯します。

======
となっているんです。
うーん、文章だけだとちょっと分かりにくい…?

…と言う訳で、説明書のイラストにちょっと手を加えてみました!
mogura2-1
図で見ると「0」の時は電気が流れてないのでLEDは光りませんけど、「1」の時はちゃんと電源(VCC)につながってLEDに電気が流れるので、LEDが光るんです。
つまり「OUT 1,1」のカンマの後の数字「1」と「0」はスイッチのON/OFFと同じことなんですね。
そう言えば波動スイッチなんかに付いているON/OFFの印に『| ○』が書かれている事がありますけど、これって「1」と「0」の事だったんですね!だから「」がONになるんですね。


と言ったところで、今回はココまで!
次回はIchigoJamに繋いだスイッチをチェックしてみたいと思います。
いっぺんにやると、頭がパーンッ!!てなっちゃいますからね。
今回はIchigoJamでLEDとかモーターを動かす事が出来る「OUT」コマンドを覚えました!


みなさんもIchigoJamで遊んでみてくださいね!
 
(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は2月8日です!)


★すべて揃ったフルセットは、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
こどもパソコンIchigoJam T スターターフルセット IchigoJam-T-SFSET-BK 1個 こちらから→
IchigoJam電子工作パーツセット LEDもぐらたたき MOL-jamP 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

記事担当:
ハンダ付け不要-マイコン系


先週は、ブレッドボードについて勉強してみました。(「電工女子★IchigoJamで遊ぶ前にブレッドボードを勉強します★」)

さて、では今週はいよいよデジットキットの★「IchigoJam電子工作パーツセット」シリーズから、作ってみようと思います!
何にしようかな~…ということで。ゲーム性の高そうな★「LEDもぐらたたき」にしてみます!
mogura1-1
「もぐらたたき」と言えばオカポン、ワニ退治が大好きでして、「もぐらたたき」と言う単語だけで血が騒ぐんですけど…
上の写真の状態で「もぐらたたき」と言われてピンとくるようなこないような…?

まぁ気を取り直して、まずはこのキットを組み立ててみましょう~!
中の部品はコレだけ。
mogura1-2
とっても少ないですね!

何が一番驚いたって、この説明書です!
mogura1-3mogura1-4

分厚い!
もぐらたたきを作るのってそんなに大変なの!?と思ったんですが、部品の組み立て方は1ページのみ
他は、サンプルコードやそのコードの説明キーワードの説明が載っていました。
つまり説明や解説にとても力を入れてるってことなんですね。
これはただ遊びたい人だけでなく、IchigoJamを勉強したい人にとっても役立つ内容になってます。

組み立て方も、イラストになっているので分かりやすいです。
mogura1-5
イラストの通りに部品をブレッドボードに挿すだけで良いので、初めてブレッドボードに触れる人でも安心ですね。
では部品を取り付けていきましょう。
まずは、分かりやすそうなタクトスイッチを入れます。
mogura1-6mogura1-7

そして抵抗
mogura1-8mogura1-9

タクトスイッチはそのままで良いんですが、抵抗は足が長いのでジャマですね…。
スイッチ押しにくいので、切ったほうが良いと思います。

次はLEDです。
mogura1-10

今までのキットにもありましたが、LEDには+と-があるんです。
ブレッドボードに挿す時も同じ。向きがあります。
注意して挿し込んでくださいね!間違えても簡単に抜き差し出来るのが良いですね!
mogura1-11mogura1-12mogura1-13

次はジャンパー線です。
mogura1-14

ただ、このイラストだと、どこの穴にジャンパー線を入れるのか分からなくなります。
なんだか同じ穴に2本のジャンパー線が入っているように見えますが...
大丈夫!前回勉強したので分かっていますよ!
ブレッドボードの穴は縦に繋がっているんでしたよね!
という事は同じ列の穴にジャンパー線を挿せばいいってことですよ。
ということで、縦1列になるようにジャンパー線を挿し込みましょう!
mogura1-16mogura1-17

しかし、ふと思ったんですが、このブレッドボード。小さいんですよね。
小さくて可愛い。
でも、前回の記事でブレッドボードって、縦につながった穴だけじゃなく、ブレッドボードの端に横に繋がった穴もありました。
bread-1
この横に繋がった穴は電源用に使うためにあるらしいんですけど、今回使うブレッドボード、サイズが小さいせいか、電源用の横に繋がる穴が無い気がするんです。
このもぐらたたきキットに使っているブレッドボードも、端の穴は横に繋がっているのかしら!?なんて思っていたんですが、違いました。
mogura1-15
このブレッドボードは小さいので、電源用の横につながった穴は省略されているんですって!
小さいだけあって縦に繋がった穴だけのブレッドボードだったんですね。
ブレッドボードにも色々あるんだと思いました。

さて!ここでいよいよIchigoJamと接続します。
mogura1-18

今回用意したのは、★「こどもパソコンIchigoJam T 組立済完成品」
イラストを参考にしながら、ジャンパ線で繋いでいきます。
mogura1-19mogura1-20mogura1-21

ハンダ付けすると、しっかり固定してくれるので安定感がありますが、間違えても簡単に抜き差しできないのが難点ですよね。
でも、ブレッドボードだと間違えて挿しても簡単に抜けるので、気軽に出来るのが良いですね!

ということで、最後の接続です!
mogura1-22

IchigoJamとの接続はジャンパー線の数も多いので2段階に分けて接続の仕方が描かれています。
ジャンパー線の数も多くなって間違いやすいので、よくイラストを見てジャンパー線を接続してくださいね。
IchigoJamの「IN 3」にはジャンパー線を挿さないので注意です!
mogura1-23

ということで、IchigoJamとの接続も終わって、もぐらたたきキット完成です!!
mogura1-1

キットは完成しましたがこのままではまだ遊べません
ここからIchigoJamにプログラムを入力して遊べるようにしないといけないんですけど、今回はここまで!

組立自体はとっても簡単でしたね。まぁココからが本番なんですけど...
では、次週プログラムコードを打ち込んで「LEDでもぐらたたき」しようと思います♪


みなさんもIchigoJamで遊んでみてくださいね!
 
(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は2月1日です!)


★すべて揃ったフルセットは、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
こどもパソコンIchigoJam T スターターフルセット IchigoJam-T-SFSET-BK 1個 こちらから→
IchigoJam電子工作パーツセット LEDもぐらたたき MOL-jamP 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

このページのトップヘ