記事担当:
ハンダ付け必要-非マイコン系


先日、「動物の鳴き声キットとhacomoのセット」の記事をアップしました。

全員集合2

さて、そんな中、こんな声がチラホラ。
「鳴き声キットをどうやってhacomoに組込むか分からない…」

たしかにいきなり基板をペーパークラフトに組み込めって言われても困っちゃいますよね。
でもそこはそれ。
自分の好きなように組み込んで頂いて良いんですよ!
自由度の高いキットですから、自分が思いついたまま、好きに作るのが一番なのです。
先ほど写真でお見せした「動物の鳴き声キットとhacomoのセット」も、共立電子産業の「電工女子」たちが思い思いに作り上げたキットなんですよ。
電子工作に不慣れな人でもちゃんと作れちゃうんです。

ということで。
好きに作れと言われても困ってしまう人のために、共立電子産業の「電工女子」たちがこんな風にアレンジしました!作りました!と言う製作例を、チラッと、ホントにチラッとだけ見せちゃいます!
べ、別に、教えてあげようだなんて思ってないんだからね!


おさらいとしまして、前回(★「電工女子★動物が鳴くキット、つくるよー★」)の記事で、オカポンが作った★「ゾウ」から。
スイッチ箇所は、ココ。
ゾウ・背中スイッチ
スピーカーは、ココ。
ゾウ・顔の中

<基板1>と電池BOXは、ココ。
ゾウ・おしり

ゾウ・全体ばーん
サイズが大きいから自由度が高めで、だいたいどこにでも組み込めちゃうので作りやすいキットだと思います。
色塗りですが、たくさん描けて楽しかったですよ!(模様は全部私の手描きです!エッヘン!)
製作時間は個々人で変わってきますが、私は色塗りに3~4時間ほどかけて、基板製作・設置が1時間ほどでした。

それでは私以外の「電工女子」たちの作品を紹介します!

お次は★「犬」。hacomoの組み立て・キット製作はもりパンさん、色を塗ったのはオカポンです。
目がパッチリ、可愛いダックスフントです。
このコは、頭にリボン・口に咥えさせれるホネ・土台(私が色を塗ったので、カオスなことになっていますが・・・)がついています! 
スイッチ箇所は、ココ。
イヌ・スイッチ
スピーカー・<基板1>・電池BOXは、ココ。
イヌ・おなかのなか

イヌ・全体ばーん
体が小さいのでゾウに比べると自由度は低いですが、これくらいの大きさが手頃なのかもしれません。
犬はスピーカーも電池BOXも<基板1>も、全てひとまとめにして突っ込んでみました。
★もりパンさんコメント★
とても身近な動物なので、より一層愛着が沸くかもしれません。 
犬の体にキットを埋め込まなくても、犬小屋を作って小屋の中に組み込んでも面白いですよ。 


次は★「ライオン」。作ったのはブチコさん
スイッチ箇所は、ココ。
ライオン・背中上スイッチ
スピーカーは、ココ。
ライオン・顔の中のスピーカー
<基板1>と電池BOXは、一つに纏めました。
基板とか電池BOXとかは固定していませんが、こうすると電池を替えるのが楽ですね。
ライオン・おしり
ライオン・全体ばーん
ブチコさんコメント★
「鳴き声キット」は説明書通りにパーツをはんだ付けするだけ。 
本当に音が出るのか・・・と思うほどの見た目でも、鳴きました。 
hacomoは折り目が付いているので、そのまま組み立てれば即完成です。 
胴体が大きめなので、キットの配置にはあまり困らないと思います。 
なにより時間がかかったのは、ライオンの装飾。 
おめでたいマスキングテープで百獣の王の貫禄を出しました。 


続いて★「牛 」。作ったのはぐっちさん
(今回製作した「牛」と、購入できる「牛」は、見た目が少々異なりますのでご注意下さい。鳴き声は同じです)
 
スイッチ箇所は、ココ。
うし・背中上スイッチ
スピーカーは、ココ。
音がこもる、とのことでスピーカーと本体の重なる箇所に穴を空けています
これで音がすごくクリアに聞こえます。
一工夫って大事!
うし・スピーカー

こちらも<基板1>と電池BOXを一つに纏めていますね。
電池BOXの簡易レバーもお腹の前に来ていて、ON・OFFしやすくなっています。
うし・お腹の中

うし・全体ばーん
目や鈴・鼻輪をつけることでグッと牛さんらしくなっていますね!
じょしりょくたかい…。

★ぐっちさんコメント★
「動物の鳴き声キット」の製作から始めました。
オカポンさんが前回書いていたとおり、半田付けが重なる箇所があって
「こんなんでいいの?」「半田付けしにくいし、見た目も悪い…」と思いながら作りましたが、
スイッチオンで鳴き声がした時はかなり嬉しかったです。
hacomoの組み立ては本当に超簡単!
白地なので多様なアレンジが可能なところが魅力だと思います。
だからこそ!アレンジ凝りましょう!完成したときの愛着感が違いますよ!


そして★「ねずみ」。作ったのはもりパンさん
すごくちんまくて可愛いです。
ネズミは小さい分ほかのキットよりも基板をカットする工程が一つ多いですが、この可愛さを維持するには仕方がないのです。女の子と同じですね。
スイッチはココ。
そして、ネズミだけスイッチが2つ、ついています。
ねずみ・スイッチ

実はこれ、全部のキットに言えるんですが、鳴き声に2つのモードがあるんです。
それが「ノーマルモード」(スイッチを押している間、鳴き声を繰返し再生)と
ワンショットモード」(鳴き声を1回再生して停止)
付属の説明書を見れば、どのキットでどっちの鳴き方にするか選べるので、好きな方を選択してくださいね。
そして、このネズミは、その2タイプを兼ね備えているプロトタイプネズミさんなのです!いやん格好いい。

ネズミも、電池BOXと基板を輪ゴムなどで一括りにして、お腹の中に入れてます。
ねずみ・おしり
スピーカーは顔の中です。
ねずみ・顔の中


★もりパンさんコメント★
電池の交換をするのに体を開く必要があるため、ダンボールの接合部分はボンドで固めるのではなくテープ等開閉し易い様にしておいた方が良いです。


★「トラ」。作ったのはもりパンさん
トラ・全体像
こちらも程よい大きさ。
阪神ファンなら是が非でも作らないといけないですね。
このコも、電池BOXと基板を輪ゴムで一括りにして、お腹の中に入れてます。
トラ・おしり
★もりパンさんコメント★
鳴き声がリアルなのでカッコいいトラにする為水彩色鉛筆で仕上げました。 
顔を見ていると次第にクリント・イーストウッドに見えてきます。


それでは、「ゾウ」「イヌ」「ライオン」「うし」の4匹たちの鳴き声、聞いていただきましょう!!


いかがでしたか?
作る人によって内も外も色々な工夫が出来ますし、何も考えずに基板達をそのままボディに突っ込んでしまっても全く問題ないこのキット。
あまり深く考えずに楽しんで作るのが一番ですよ!
不安になったら私達「電工女子」の製作例を参考にしてみてくださいね!


それと、着実にメンバーが増えつつある「電工女子」を、
これからも応援よろしくおねがいします!


(記事:オカポン)

更新予定:毎週木曜日(次回は9月8日です!)




★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
動物の鳴き声キットとhacomoのセット 犬 Nakuhaco-dog 1個 こちらから→
動物の鳴き声キットとhacomoのセット ねずみ Nakuhaco-mou 1個
動物の鳴き声キットとhacomoのセット 牛 Nakuhaco-cow 1個
動物の鳴き声キットとhacomoのセット ゾウ Nakuhaco-ele 1個
動物の鳴き声キットとhacomoのセット ライオン Nakuhaco-Lio 1個
動物の鳴き声キットとhacomoのセット トラ Nakuhaco-Tig 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。


★キット製作時に使用した道具は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
DASH低価格セラミックヒーターハンダこて15W
はんだ付け入門セット
FX650-84 1個 こちらから→
マイクロニッパー 11295 1個
精密ピンセット/逆作用ピンセット 先細 TS-16 1個
電子工作用ハンダ SD-63 1個
ワイヤーストリッピングゲージ BBM-WSG 1個
セラミックヒータータイプ用こて台 FH300-81 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。