記事担当:
ハンダ付け必要-非マイコン系


明けましておめでとうございます。
今年も頑張って色々な記事を継続して挙げれるよう頑張っていきますので、皆様宜しくお願い致します。

ということで!!
2022年初の記事は、昨年12/10に発売した弊社ブランド「ワンダーキット(WonderKit)」の★「放射温度計【キット】 / IR-TM1」を作ってみようと思います!!!
irtm1firtm1a

このキットの概要はこちら。
==================
最新の非接触式温度センシング技術をキットで実現
・高性能放射温度計ICを搭載した物体の表面温度を測定する温度計キットです。
・表示器に視認性の良い緑色7セグメントLEDを採用し、対象物の温度は摂氏単位で表示されます。
・表示範囲は0~120℃(0.1℃刻み)です。
・センサーICを含め、実装の難しい表面実装部品はあらかじめ実装済みです。
・オプションのシリアル出力機能を利用する事により、PC等に接続してデータの読取や記録に応用できます。
※本機は組み立てキットです。医療機器ではありません。
==================

ふむふむ・・・非接触の温度計キット(医療用じゃないYO)ってことですね。
で、なんか高性能らしい
温度も0~120℃の範囲で測ってくれるというし、非接触で温度を測ってくれるのは有難いですよね。
活用できる機会は多そうです。
…ということで、キットを作ってみましょう!!

まずはいつものパッケージチェック
IR-TM1-1-1
今回はブリスターではありません。

部品点数もそこまで多く無い感じ。
IR-TM1-1-2


基板はこんな感じ。
IR-TM1-1-3IR-TM1-1-4
面白い形しています。

裏面には「高性能放射温度計IC」があらかじめ実装されています
IR-TM1-1-5
良かった…!!
こんな高性能でちっちゃい部品、ハンダ付けするの、とっても緊張しますもんね…。

では、作っていきましょう!
まずは、おなじみ抵抗から。
IR-TM1-1-6
今回使用するのは小型の1/4W抵抗。本体はちっちゃいですけどハンダするところの大きさはかわりません。
抵抗は抵抗値別に4種類あります
…写真では色飛びしちゃってて、何色か分かりにくいですね…。
現物も分かりにくいので、がんばって読み取って取り付けしてください。

ということで、取り付けたらこんな感じ。
IR-TM1-1-7


次はスライドスイッチ
IR-TM1-1-8
取り付け方向はあります。
スイッチの軸部分が外側を向くよう設置します。
逆にするとスイッチが入れにくくなるので要注意です。

次は、ICソケット
IR-TM1-1-9
これも、取り付け方向があるんでした。
切り欠きの向きと、基板に描かれている凹みの向きを合わせましょう。

ということで、取り付けるとこんな感じ。
IR-TM1-1-10


次は、セラミックコンデンサ
IR-TM1-1-11IR-TM1-1-12IR-TM1-1-13
面白いのが、部品の足は2本ですが、基板には挿し込む穴が3つあるんです。
説明書に書いているのですが、製造時期によってセラミックコンデンサの足の間隔(ピッチ)が変わるんですって。
なので、足が広い時用と、狭い時用で穴を3つ用意したそうな!
IR-TM1-1-14IR-TM1-1-15
因みに、オカポンの組み立てたキットは、ピッチが狭い方でした。
セラミックコンデンサを取り付ける時は起点になる穴を間違わないように注意してくださいね。
『C1』は記号を上に見て右側の穴が起点です。真ん中か左の穴が未使用の状態が正解です。
『C2』は記号を上に見て左側の穴が起点です。真ん中か右の穴が未使用の状態が正解です。
記号が書いている方の端っこの穴を必ず使うようにしてください。

次は積層セラミックコンデンサ
IR-TM1-1-16
そして、水晶振動子
IR-TM1-1-17
どちらも取り付け方向はありません

ということで、現状こんな感じ。
IR-TM1-1-18IR-TM1-1-19



作業的には約1時間程度。
まだ作業途中ですが、時間が来たので、今回はここまで!
結構サクサク進めることが出来ました。
次回作業の続きに取り掛かろうと思います。


皆さんもぜひ作ってみてくださいね♪

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は1月13日です!)