記事担当:共立プロダクツ
ハンダ付け不要-マイコン系


キットを実用的に使うには、やっぱりケースに入れないと・・
をケースに入れてみたいと思います。
kita40a

配線長などを考えずに自由に置き場所の調整ができるので
電源は電池仕様にします。

基板寸法が58.4(W)×63.5(D)×34(H)mm、
電池ボックスが63.8(W)×58.2(D)×16(H)mmなので
タカチ製の格安ケース★「SW-125B」で収まりそうです。

また、最低限必要な穴は、超音波の送受信とスイッチ用とで丸穴3個でいけそうです。

穴あけの加工手順は以下の手順で行います。

・型紙を1/1で印刷してください。
・型紙をケースにセロハンテープなどで貼り付けます。
※辺の短い側に「超音波モジュール用の型紙」を
辺の長い側に「SW1 MODE用の型紙」をそれぞれ貼り付けます。

写真 貼り付け1写真 貼り付け2

・ドリルで穴あけします。
いきなり大きな刃で空けるとずれたりするので、まずはφ3くらいで空けます。
次にφ16以上の段付きドリルを持っている場合はそれで、ない場合は、テーパーリーマーで穴を広げます。
※電気ドリルを使う場合は、ケースをしっかり固定して、ゆっくり穴あけしてください。
しっかり固定していなかったり一気にあけるとケースが回転して怪我をすることがあります。
穴あけ作業は慎重に注意して行ってください。

写真 穴あけ

穴が空け終わったら、電池ボックスの配線を基板のCN1に取り付けます。
(赤い方がプラス、黒い方がマイナス 間違えない様に注意)

ケース内には写真の様に配置するとぴったり収まるので
特に固定しなくても中で動いたりしません。
写真 ケース内配置

壁面へは穴あけが難しいので固定は裏面に粘着剤付のマジックテープで行います。
幅20mm程のものを上下に張れば電池入りでも支えられました。
片側は取り付ける壁面側に取り付けます。
(不要なときは取り外しもできるので便利です)

写真 マジックテープ貼り付け


実際に使えるか試して見ました。

玄関前の壁面に固定して「検知距離設定ボリウム」が床に反応しない位置に調整します。
まず、モード切替スイッチ[SW1]をセットモードにして「検知距離設定ボリウム」を
ゆっくり、検知ランプ[LD1]が点灯するまで時計回りに回します。
次に少しだけ反時計方向に戻して検知ランプ[LD1]が消灯するのを確認してください。
戻しすぎると小さい荷物が検知できなくなるので戻しすぎないように注意してください。


写真 設置


IFFFTの設定をしてモード切替スイッチ[SW1]を外部ネットワーク接続(IFTTT)通知モードにして
ふたをしめて準備完了です。(モード切替スイッチの箇所は触られないように黒テープ止め)
荷物がセンサーの検知できない所に置かれると反応しないので、ねんのため床に「張り紙」をしておきます。
紙は透明ビニールなどに入れておけば濡れたりしても再利用できます。

写真 紙

ちょうど、AMAZONから荷物が到着する日なので、しばし待ちます。
LINEに通知が来たので玄関を開けると荷物が届いていました。


写真 到着


大成功です。配達の人も、紙の上に置いてくれたようです。
これで、置き配指定で気づかず長時間、荷物を外に置いたままにしなくてもよくなりそうです。

ご紹介の製品は下記の商品ページから入手可能です。
ケースは樹脂製なので簡単に穴あけすることができます。
DIY気分で気軽に挑戦してみてください。

★置き配荷物検知器【基板完成品】KITA-40 @4620
https://eleshop.jp/shop/g/g402739/

★SW型プラスチックケース(ブラック) SW-125B @275
https://eleshop.jp/shop/g/g44G31R/

★テーパーリーマー/φ5.0~20mm TR-03 @1320
https://eleshop.jp/shop/g/g3C1124/


担当:K