記事担当:
ハンダ付け不要-非マイコン系

先日、ドヤ顔でノギスの使い方についてお話しました。(★電工女子、ノギスについて得意気に話す。)

慣れると色々測ってみたくなります!

その直後、シリコンハウスの社員サンから、こんなツッコミを頂きました。

「そのノギスはもう1種類測り方があるんだよ」

な、なんですとー!!
アナログノギスの使い方について、すっかりマスターした気でいた私は、驚愕のあまり白目を剥いてノギスを見つめて呟きました。
「まだ秘密があったなんて・・・おそろしい子!

冗談はさておき、今回はその第3の測り方についてお話したいと思います。

なお、私にノギスの使い方を教えてくれた先輩社員サンにこの事を伝えると、
「そんな使い方すっかり忘れてたわ。そもそも全てのノギスでできることじゃないもんねー」
と言っておりました。(全てのノギスで出来るわけじゃないことに驚きです…)


では早速本題に。

この第3の測り方には、ノギスのお尻から出ている棒を使うんです!
何の意味があるのかと、不思議でした
ノギスを使っている時、なんかジャマだなぁ…と思っていたこの棒にも、ちゃんと役割があったんですね!ビックリです。
ちなみに、この棒は『デプスバー』と言う名前だそうです。強そうな名前ですね…!

で、何を測れるかといいますと、なんと『深さ』なんです!

使い方はカンタン!
ノギスの柄の下端が深さを測る時のゼロポイントになるので、ノギスの柄の下端を測りたい物の縁に当て、クチバシを開いてデプスバーを測りたい物の底に当てるだけ。
なーるーほーどー!

あとは、普通に使う時と同じようにクチバシ部分の長さを読めば深さがわかるんです!
ココは前回と一緒です

ノギスのデプスバーの長さはクチバシの開きと同じ長さになるように作られているので、こうして深さまで測る事ができるんですね!
さっすが、ノギス先輩!!
改めてノギスの便利さに感心してしまいました。

ちなみにノギスの使い方を教えてくれた先輩社員サンが言うように、デプスバーが付いていないノギスもあります
あらま、無い…
こう言うノギスでは深さは測れないので注意してくださいね!
 

色々な所をノギスで測ってみてくださいませね!


(記事:オカポン)

更新予定:毎週木曜日(次回は3月24日です!)




★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
カーボンファイバー製デジタルノギス150mm #19979 1個 こちらから→
プラノギス ポッケ #19515 1個
高級ミニノギス #19894 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。