記事担当:
ハンダ付け不要-非マイコン系

先日、自作キーボード用のケーブルを作りました。


jisaku-cable-25

キーボードの間隔を変えやすくなって更に快適に付けてて、ケーブル作って良かったな、って思ってます。

で、ですね。
先日エレショップに掲載されたこの商品、皆様ご覧になられたでしょうか。

この商品を見てオカポン、自作キーボードの沼は深いなぁ・・・って思いました。

この「20キースイッチテスター」、キーボードとしては使えません。
じゃぁ何なのかというと、キータッチを確かめることができるキースイッチコレクションなんです。
KAILH-20_02


ちょっと何言ってるかわかんないですよね。
大丈夫です。オカポンもそうでした。
実はキーボードのキーって、押し心地によってすんごい沢山の種類が有るんです。
エレショップで取り扱いのあるキースイッチだけでも18種類(!)あるんです。
KAILH-20_08
世の中にはもっとたくさんの種類のキースイッチが有るんですけど、キーボードを自作する人はその中から自分好みのキーを探して自分だけのキーボードを作るんだそうです。

で、この「20キースイッチテスター」。
KAILH-20_01
これはKaihua Electronicsの「Kailh」ブランドのキースイッチをテストできる商品なんです。
ちなみにできるのはキータッチを確かめることだけ。
20種類のキーをポチポチして自分好みのキータッチを探すだけ。

なのでキーボードとしては使えません。
アクリルの土台にキースイッチがハマってるだけなので、配線とか何もされてません。
KAILH20c
ホントにキータッチを確かめるためだけのアイテムなのです。

ちなみにキートップ外しが付属してるので、キートップを外すこともできます。
KAILH-20_03 KAILH-20_04
キースイッチもガッチリと固定されてるわけではないので、裏から押したりキートップ外しで割と簡単に外すことができます。
KAILH-20_05
自分好みの配置に変更したり、別メーカーのキースイッチを入れてオリジナルのキーテスターを作ったり。
色々楽しめそうですね。

ちなみにオカポンは右上に有る『Jade』がお気に入り
メカニカルなカチカチと音が鳴るタイプなんですけど、押し心地と音がいい感じです。
カチカチ言うキーは『White』『Jade』『Navy』『Pale Blue』の順に押し心地が重くなる感じです。
反発力強めが好きな方は『Pale Blue』がオススメ。
静かな打音がいい人には『Silent Brown』か『Silent Pink』がその名の通り静かです。押し心地は『Silent Brown』の方が少し重い感じでした。

と言う訳で、自作キーボード沼の深さを象徴するようなアイテムの★「KBDfans Kailh 20キー スイッチテスター / KAILH-20」
「こんな物個人でどうするんだ?」と思われるかもしれませんが、暇な時とか考え事してる時にカチカチするだけでも結構楽しいですよ。
それに自作キーボードフリークを自称する人にとっては必須のアイテムと言えるのではないでしょうか。
もしくは自作キーボードサークルで1つ持っておけば、キーボード談義に花を咲かせたり新人の勧誘に使ったりと色々活用できそうです。


みなさんも自作キーボード沼に足を突っ込んでみてくださいね!
 
(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は9月9日です!)