記事担当:
ハンダ付け不要-マイコン系

今週もmicro:bitネタでございます。

小型で値段もお手頃、単体で色々なことが出来るので大人気のmicro:bit。
教育現場でもかなり浸透してきており、今後ますます手にする機会が増えるのではないかと思います。
ホントに色んな事ができるので、大人も充分ハマれるマイコンボードでございます。

何がすごいって、Bluetoothでスマホに接続してプログラムを転送出来るので、通勤電車の中とかで作ったプログラムをその場でmicro:bitに転送して動作確認ができてしまうんですね。
電車内の温度を計測して表示させてみたり、電車の振動をバーグラフに表示させてみたり、まるでパズルゲームでも遊ぶ感覚でプログラミングができてしまいます。
今までプログラミングって、机の前でモニタをにらめっこしてするイメージでしたけど、いつでもどこでも手軽に楽しめてしまう時代になったんですね。

という訳で本日は。
そんなmicro:bitでのプログラミングをより楽しくする実験キットの紹介でございます。

MCB-NJLED_01

★「micro:bit 虹色LED / MCB-NJLED」でございます。
こちらはデジットが企画・製作した実験キットでして、先日紹介した★「micro:bit スターター・セット / MCB-STS」で使いやすいようになっております。
何が出来るかと申しますと、micro:bitでフルカラーLEDを制御しよう、と言う内容になっております。

キットの中身はいたってシンプル。
MCB-NJLED_02
説明書とLEDテープが入っているだけでございます。

このLEDテープはNeoPixelと言うコントローラー内蔵のフルカラーLEDでございまして、比較的手軽に扱えるLEDなのでございます。
MCB-NJLED_03
LEDテープから伸びている配線はわずか3本。
電源線と信号線とグランド線。たったこれだけの配線で数十個のフルカラーLEDを個別に制御できてしまうのです。
そんなスゴイLEDを制御できてしまうmicro:bitも大したものでございます。

では実際に繋いでみましょう。
MCB-NJLED_04
「micro:bit スターター・セット / MCB-STS」に付属している線付ミノムシクリップを使用して繋いでみました。
接続時はLEDテープをよく見て繋いでください。
LEDテープの『+5V』と書かれたところから延びている配線はmicro:bitの『3V』と書かれた端子に。
LEDテープの『Din』と書かれたところから延びている配線はmicro:bitの『0』と書かれた端子に。
LEDテープの『GND』と書かれたところから延びている配線はmicro:bitの『GND』と書かれた端子に。
といった具合に接続してください。
この辺りの配線の仕方も、付属の説明書には図入りで解りやすく記載されております。

コレで準備完了。
これからプログラミングに入ります。

このキットには全6ページのフルカラー説明書が付属しております。
これから作るサンプルプログラムについても事細かに解説がされております。
子供向けとは思えない硬派な解説が、なんともデジットらしい感じでございます。

では早速サンプルプログラムを試してみましょう。
まずはmicro:bitでNeoPixelを扱えるようにブロックを増やします。
MCB-NJLED_05
ブロックの増やし方も写真入りで解説されているので安心です。

必要なブロックを追加できたらいよいよプログラミング開始。
こちらも説明書通りに組立てていきます。
MCB-NJLED_06
今回のサンプルプログラムは、micro:bitの光センサーを使って、周囲が暗くなるとNeoPixelが七色に光るというもの。
暗さに応じて光が流れる速度も2段階で変化するようになっております。

プログラムが終わったらmicro:bitにプログラムを転送します。
さて、うまく動作するかしら・・・
MCB-NJLED_07
micro:bitはLED表示部分が光センサーも兼ねているので、この部分を手で覆い隠します。
MCB-NJLED_08
バッチリ光りました。
手を覆いかぶせる具合によって光の流れる速度が変化します。
なるほど、ホント簡単にイルミネーション的なものが作れるんですね。ビックリ。

では実際に光っている様子を動画で見ていただきましょう。



いかがでしたか?なかなかキレイだと思いませんか?
このプログラムを応用すれば、動きに合わせてLEDを光らせたり、温度によって流れる速さを変えたりと色んな工作に使えそうです。
NeoPixelを体験するという意味でもオススメの★「micro:bit 虹色LED / MCB-NJLED」でございます。


皆さんもぜひ遊んでみてくださいね♪

(記事:伊東)
更新予定:毎週木曜日(次回は2月4日です!)