記事担当:
ハンダ付け不要-非マイコン系


今回も前回の続きで★「サイボーグハンド / MR-9112」を作りますよ!!
MR-9112-2-29


今回は、1時間で終わりそうになかったので「水圧シリンダー」を完成させるまで作業進めようと思います!
ほぼ、もくもく工作タイムです。

前回は「指の組み立て」まで進みましたね。
今回はその続きで「水圧シリンダーの組み立て」をします。

最初に、チューブをカットします。

MR-9112-3-1

説明書には何も書かれていませんけど、なんだかシリコンっぽい素材のチューブです。柔らかくてモチモチしてます
ここで、役に立ったオカポン大好き★「工作マット / 350×250mm」
MR-9112-3-2MR-9112-3-3
マットに簡易スケールがついているんですよ!
ここで測ってマーカーで印をつけて、ハサミでカットしました。
説明書にも実物大のイラストがあるので物差しが無くてもカットできますよ。

水圧シリンダーを作るに当たって今回も登場しましたサラサラ潤滑油。
前回オカポンが作った★「メカクリッパー」ではこのオイルの扱いが適当すぎて、後で泣きを見たんですよね…(★「電工女子★ジョイスティックで操作するロボットアーム「メカクリッパー」を作ります! Part2★」)

MR-9112-3-4
今回は!なんと!!オイルを入れるケースも、塗る為の棒も用意されているのです!!!
ステキ!!!!有難う、エレキットさん!!

というわけで、材料もそろったのでシリンダーを組み立てていきます。
まずは「G3」のシリンダーから。これ、同じものを4個作ります。
MR-9112-3-5MR-9112-3-6MR-9112-3-7

MR-9112-3-8MR-9112-3-9MR-9112-3-10

MR-9112-3-11MR-9112-3-12
指でばねを縮めながらパーツを組み立てていくのが結構新鮮で面白かったです。

MR-9112-3-13MR-9112-3-14
これがサラサラオイル
オイルはドボドボにつけるんじゃなくて、垂れないかなー、くらいの量でいいみたい。

MR-9112-3-15MR-9112-3-16MR-9112-3-17
で、パーツを合体!
同じ作業を合計4回すれば「G3シリンダー」は完成です♪


次は「G2」のシリンダーを組み立てます。
さっきより簡単です。そして、作るのは1つだけ。
MR-9112-3-18MR-9112-3-19MR-9112-3-20
これで、「G2シリンダー」は完成です!


次は「G1」のシリンダーを組み立てます。
これは、同じものを3つ、作ります。
MR-9112-3-21MR-9112-3-22MR-9112-3-23
パーツをはめ込む向きをしっかり確認して、ガッチリ奥まで(カチッと言うまで)部品をはめ込みましょうね!

MR-9112-3-24MR-9112-3-25MR-9112-3-26
というわけで、3コ作れば「G1シリンダー」の完成です!


さっくり書いているんですが、バリをきちんと取ったり、しっかり確認しながら作業してたので、ここまでで1時間かかってたんですけどね…。


シリンダーが完成したら、中に水を入れます!
MR-9112-3-27MR-9112-3-28MR-9112-3-30
これはコップ必要です。紙コップに水を入れて、まずは「G1シリンダー」の中に水を入れます。
先端を水につけた状態でピストンを引っ張り、水を中に入れます。竹筒で作った水鉄砲の要領ですね。
シリンダーの先端を水の中に入れたまま、ピストンを押し込んで、シリンダーの中の空気を出します。
その後ピストンを引いて水をシリンダーに入れます。
大体この作業を1~2回すれば空気は抜けて水が入りますよ。

MR-9112-3-29
ただ、なんでこうなるのか謎のままなんですが、一旦大きな空気が入ったままだと、何回ピストンを出し入れしても、空気が無くならなかったんですよねぇ…。
こうなったら、一旦全部水を抜いた状態で、最初から作業し直した方が良いですよ!


シリンダーに水が入ったら、最初に切ったチューブ(12cmの方)を挿し込みます。
MR-9112-3-31MR-9112-3-32MR-9112-3-33
チューブの中も水で満たさないといけないので、ピストンを出し入れして空気が残らないように水を入れてください。
どうでも良いことですが…このチューブ、結構ホコリがくっつきます。
ホコリついたまんまだと、水に入れるとホコリがふわ~と浮いてくるんですが、そうなったら一旦水換えた方がいいと思います!
どうせならキレイな水でサイボーグハンドを動かしたいですからね!

MR-9112-3-34MR-9112-3-35
空気を抜いて水を満たしたら、「G1シリンダー(チューブ付き)」に、「G3シリンダー」を取り付けます。
そして同じものを全部で3つ作りましょうね♪

次に、「G2シリンダー」に水を入れて、空気を押し出す。の作業をします。
出来たら、チューブ(約34cm)を挿し込みます。
MR-9112-3-36
これも、さっきと同様チューブの中の空気を抜きます。
で、残っている「G3シリンダー」を取り付けます。

これで、水圧シリンダーの完成です!!
MR-9112-3-37


シリンダーも完成したので、このまま必須作業の「水圧シリンダーのチェック」を行いましょう!

MR-9112-3-38MR-9112-3-39
バネがついているシリンダーのピストンを押して、「G3シリンダー」のてっぺん(Cの部分)が飛び出すか確認しましょう。
ちゃんと動きましたか?
3つとも、確認しましょうね!

MR-9112-3-40MR-9112-3-41
次に、もう一種類のシリンダーのピストン(輪っかがついている方)を押して、「G3シリンダー」のてっぺん(Cの部分)が飛び出すが確認しましょう。

こんな小さな水の容器がチューブにつながれているだけなのに、動きが連動してピストンが飛び出すっていうのが本当面白いですよね。



思ったより時間かかっちゃいましたが、撮影しながらで、だいたい1時間半かかりました。

次は「親指の組み立て」ですが、それはまた次週。
さーて、引き続きもくもく工作タイム、頑張るぞ~!


皆さんも、ぜひ作ってみてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は8月27日です!)