記事担当:
ハンダ付け必須-非マイコン系


さて、ワンダーキットの光物も残すところあと2つ(2016.05.26現在)になりました。
今回は、個人的にとても気になっていたこのキットを作ってみたいと思います!!!

じゃじゃじゃじゃーん
実は、このキットはシリコンハウス店頭デモ品が光っているんですけど、初めてそれを見たときすごくキレイだと思ったんです。
でも部品点数も多そうだし、見たこと無い部品がいっぱい有るし…で、なかなか手を出せなかったんです。

しかし!
もう半年前までの私じゃありません
すでに何個もキットを作ってきましたし、ちょっとした改造や応用もやってきました。
今ならこの★「ファイブフラッシャー2」も怖くありません!
と言う訳で、今日作る事を決めたのです。

では、早速中身を見ていきましょう!!
 
あ、女の子自転車乗ってる!

今回の部品点数は34個
ハンダ箇所は85箇所です。
このくらいならへへんと思えるくらいには、電子工作に慣れてきましたよ!

基板を見ると、部品もリズミカルに並んでいるので取り付ける部品さえ間違わなければパパっと組み立てられそうですね。

基板の表裏。パターンが面白い。
抵抗の値をしっかり確認するのは基礎中の基礎として、ICの向きダイオードコンデンサトランジスタと方向のある部品はしっかり取り付け方向を確認して取り付けましょう!

今回間違いやすいのはコンデンサくらいでしょうか。

パっと見、見分けがつきません
同じ形の中に1個だけ容量の違う物がありますので注意してくださいね。
容量の違う物はコンデンサの中で最初に取り付けるので、ここさえ間違わなければ失敗する事も無いんじゃないかと思います。

組み立て始めて1時間ほど

完成です!
完成です!

すっかりキット作りにも慣れたモンです。
思った以上にすんなりと、何のトラブルも無く作り終えることが出来ました!
キットを握りしめ、もうそろそろ初心者マークをとってもいいんじゃないかしら…と思ったり。

さて、今回の「ファイブフラッシャー2」でも「ナイトライダー」の時(★電工女子、WonderKitを作ります!(第7弾:ナイトライダーキットです))と同じように、ランド同士が繋がっている所がありました。

繋がっている所、多すぎやしませんか…
赤丸で囲った部分ですね。
「ファイブフラッシャー2」でも、ここはハンダがつながっても問題ありません

でも、大丈夫なのです!
安心してハンダ付けして下さいね。

と言う訳で。
電池をつなげてみました!
きれいー!!!!
やったー!超キレイ!!
5個のLEDがホワンホワン光っててステキです!
あぁ、私やっとこのキット作ることが出来たんだぁ、となんだか嬉しいやら寂しいやら…
このキットのステキな光り方をぜひ皆様もご覧ください!


ね、ステキでしょ!?
このキットはこのままで装飾に使えそうなくらい、とっても綺麗な光り方をするんです。
電飾好きの電工女子はゼッタイ作るべきLEDキットなんじゃないでしょうか。そのくらい私的にオススメのキットなのです!


是非、チャレンジしてみてくださいね!


(記事:オカポン)

更新予定:毎週木曜日(次回は6月2日です!) 



★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
ファイブフラッシャー2キット FF-13RB2 1個 こちらから→
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。


★キット製作時に使用した道具は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
DASH低価格セラミックヒーターハンダこて15W
はんだ付け入門セット
FX650-84 1個 こちらから→
マイクロニッパー 11295 1個
精密ピンセット/逆作用ピンセット 先細 TS-16 1個
電子工作用ハンダ SD-63 1個
ワイヤーストリッピングゲージ BBM-WSG 1個
セラミックヒータータイプ用こて台 FH300-81 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。