記事担当:
ハンダ付け不要-非マイコン系


本日は、先週作り始めたDJIの「RoboMaster S1」を、引き続き作っていこうと思います!
先週の記事はこちら→「電工女子★「DJI ­RoboMaster S1」を作ります!★Part1
S1-1-23

先週も書きましたが、「RoboMaster S1」は、DJIが主催するロボットコンテストRoboMaster」で使用されるロボットです。
遠隔操作でフィールド内を縦横無尽に走らせて、ゲル弾を撃って敵を撃破する、聞いただけでも熱い競技「RoboMaster」で活躍する凄いロボットなんです。


先週は「メカナムホイール」を4個作ったところで終わりました。
S1-1-35S1-1-37
今週はその続きから。
ではでは、説明書に沿って作っていきましょう。
S1-2-1
説明書はほとんどイラストだけなので直感的に作り方がわかるようになってます
が、プラモデルとかあんまり作ったことない人にはなれるまで頭がこんがらがることもあるので注意してくださいね。
慣れるとどうということもないので、諦めずにがんばりましょう!(オカポンめっちゃがんばりました。まだこんがらがることも多いですけど...)

説明書のイラストで、どのパーツを使うかわかっても、パーツがどっちのケースのどこにあるのか分からないー!となった時も大丈夫
S1-1-10
説明書の2ページ目に、2つあるケースのどちらに何が入っているのか書いてくれています。
それを見ながら、必要なパーツを取り出して組み立てていきましょうね!

ということでこんな感じ。
パーツ一つ一つが大きくて重厚感があります。
S1-2-2


説明書のイラストでは組み立て方とか細かい部分が分かりにくかった所を写真に撮りましたので、組み立てるときに参考になればな~!と思います。

■ちょっとややこしかったのがこちら
車体の前輪を取り付ける部分。
パーツをはめ込む場所が分かりにくかったのですが、かちりとはまる場所があるのでパーツの形がどうなっているのか、確認してくださいね。
S1-2-3S1-2-4S1-2-5

S1-2-6S1-2-7

ドライバーを挿し込んで、ネジを締めて固定します。
S1-2-8S1-2-9
パーツの穴にドライバーを通してネジ止めします。
大したことではないんですけど、なんだかすごくアクロバティックで複雑な作業をしてる気分になりました!(笑)

■車体の横に取り付けるパーツです。
この時点ではこれが何なのか全く分かっておらず。
S1-2-10S1-2-12S1-2-11


■本体の切り欠きにケーブルを挟み込んで、中のケーブルを固定する所にしっかり挟みこみます。
S1-2-13S1-2-14S1-2-15
こういうロボット系とか駆動系のキットって、配線をまとめるのに苦労するらしいんですが、こうしてケーブルを止める所がちゃんとついてるのは便利!と先輩社員が言ってました。
実際作業を進めていくうちに、配線が固定されていることで配線が増えてもじゃまにならなくてスムーズに作業が進んだ気がしました

■反対側にも先ほどと同じようにパーツを組み込んでケーブルを通します。
S1-2-16S1-2-17S1-2-18

S1-2-19S1-2-20


■車のおしり尻部分
  はめ込み方がややこしいので要注意です。
S1-2-21S1-2-22S1-2-23

S1-2-24S1-2-25
ケーブルの引っ掛けるところとか、説明書のイラストでは分かりにくかったです。
イラストの内容(視点とか遠近感とか)が分かればもっと簡単に作れたんでしょうけど。。。

完成はこんな感じ。
おしり尻部分を押し込むと上に開きます。
S1-2-26S1-2-27


■タイヤのホイール。
ケーブル出ているパーツ(モーター)は、結構重いです。
S1-2-28S1-2-29

パーツをはめ込んだら、ネジ留めします。
ここで注意!
固定するネジは1個ずつ軽く締めて、最後にきっちりしめましょう
ネジ穴が微妙にずれているので、1つ目をしっかりしめてしまうと他のネジが入らなくなっちゃうんです。
S1-2-30S1-2-31
モーターの穴とネジ穴がちゃんと合っているか、よく見て確認しながらネジ止めしてくださいね。

ということで、4つ完成です。
S1-2-32S1-2-33

■このホイールを、本体にはめ込みます。
その前に、オレンジのケーブルを本体に通します。
S1-2-34S1-2-35S1-2-36

黒いケーブルと同じように、本体中にあるケーブルを固定する部分に、オレンジケーブルを通します。
S1-2-37S1-2-38


ケーブルを通す切りかきが本体にあるので、そこに通してケーブルを弛ませないように固定します。
S1-2-39S1-2-40S1-2-41


ホイールを本体にネジで固定して、残りのケーブルも本体に収納しておきましょう。
S1-2-43S1-2-44S1-2-45


■さて!いよいよ前回作った「メカナムホイール」を取り付けます。
本体の「メカナムホイール」を取り付ける箇所に、ローラーの向きが印字されています
その向きと「メカナムホイール」のローラーの向きをあわせてはめ込んでください。
S1-2-46S1-2-47S1-2-48

S1-2-49S1-2-50
メカナムホイールが付いたことでグッと車両っぽくなりましたね!
完成まで後少しです!


■次は、前面パネル部分を取り付けます。
S1-2-51S1-2-52S1-2-53

S1-2-54S1-2-55


■これは、車体の上部分に取り付ける大砲台ですね。
ゲル弾やカメラ、通信モジュールが乗っかります。
S1-2-56S1-2-57

S1-2-58S1-2-59
砲台自体がジャマになるので回転させながらネジ止めしました

■ゲル弾を発射する大砲。
格好いいー!!!
S1-2-60S1-2-61

■スピーカーを大砲に乗せて、車体にセットします。
S1-2-62


■穴位置をあわせて、ねじ止め
S1-2-63S1-2-64S1-2-65


■通信モジュール。
大砲の上に乗せて固定します。
S1-2-66S1-2-67S1-2-68


■カメラ。
かなり性能良いカメラです。スペックはこちら!
====
・FOV:120°
・静止画 最大解像度:2560x1440
・動画 最大解像度:
 -フルHD: 1920×1080 30p
 -HD: 1280x720 30p
・動画 最大ビットレート:16Mbps
・写真フォーマット:JPEG
・動画フォーマット:MP4
・センサー:CMOS 1/4インチ″、有効画素数:5MP
・動作環境温度:-10 ~ 40 ℃
====
S1-2-69S1-2-70S1-2-71


■砲台から出ている配線を本体に接続します。
ケーブルはこんな感じ。
S1-2-72S1-2-73S1-2-74

最後にフタ部分をネジで固定します。
S1-2-75


ふぉぉぉぉ…恰好良いですね恰好良いですね!!!!
S1-2-76S1-2-77


最後に組立の最初に充電したバッテリーを組み込んで完成です!
S1-2-78S1-2-79S1-2-80


ということで、今回はここまで。
次回はいよいよアプリを使って動かします!!
本体の組立、撮影しながらで、だいたい1時間半かかりました。


さて、ここで重要なお知らせ
2020年3月26日現在、エレショップにはこの商品が登録されていません
じゃあどうやって買うの?と思うでしょう。
この商品、店頭(シリコンハウス)で、取寄商品として扱っているんです。

なので、先週紹介したエレショップでも店頭の商品が購入できる」方法(ダミーデータ)で、ご注文ください♪
==================
・DJI RoboMaster S1(店頭取寄商品) ×1
==================

お取寄せに時間かかるかもしれませんが、ご注文頂いてから納期の確認をして、ご回答させていただきます!


ぜひ、RoboMaster S1を作ってみてください♪

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は4月2日です!)