記事担当:
ハンダ付け不要-非マイコン系


今週の記事は、先々週作った★「電子AMラジオキット / KP-MX901A」の続きを紹介しようと思います!
kpmx901af
「電工女子★「電子AMラジオキット」を作ります!★Part1」

ラジオキットといえば、初心者向けの電子工作として人気のキットです。
引き続き、工作系は初心者な、しげぽんのつまづきポイントを確認しながら紹介しようと思います。

前回は、バーアンテナを取り付けたところまで紹介しました。
KP-MX901A-1-15KP-MX901A-1-16KP-MX901A-1-17



次は、バリコンを取り付けます。
ここで、つまづきポイント!
KP-MX901A-2-7KP-MX901A-2-1
バリコンのネジ留めが難しかったようです。
ネジ穴の関係で写真のようにバリコンが横を向いてしまうので、バリコンの足やリード線がジャマになってネジ穴が合いにくかったみたいです。
こういう時は思い切ってバリコンの足を曲げてしまったり、リード線のクセを伸ばしてある程度まっすぐにしてから取り付けましょう〜!

そして、もう一つのつまづきポイント
日本語の補助説明書に
「ノブを反時計回りに回しきった時、ノブの◯マークが左側に来るように取り付けてください」がわからなかったそうです。

正解はこちら!
KP-MX901A-2-8
ノブ=ツマミに◯マークがついています。これが、選曲している印になるんですね。
その起点位置が左に来るように取り付けてね、ってことのようです。

さて、次は電池と電池スナップの取り付けです。
KP-MX901A-2-2
本体の電池ホルダーに電池を入れます。
ただ、少し本体が固くて電池が入れにくいので、指に気をつけてくださいね!(オカポン、指先を挟みました…)

KP-MX901A-2-3
この時点では、電池と電池スナップは繋げませんので注意してくださいね。

徐々に完成に近づいてきました!
KP-MX901A-2-4
これが最終配線です。
バネの部分が何本も重なって、差し込むのが大変ですが、頑張ってください!!
しげぽんも、この箇所にはかなり苦戦したようです。最初の段階で、せっかく取り付けたリード線が取れていくとね…そりゃ、苦戦もしますよね。。。

ということで、頑張ってくれましたーーーー!!!!
KP-MX901A-2-6KP-MX901A-2-9

作り上げるまでに少し難しいと感じるかもしれませんが、完成したキットからラジオ番組が聞こえると、おぉぉぉぉ!!!!と感動しますよ!

ちなみに。
このキット、音量の調整ができません!!
なので、確認のためにイヤホンを耳にさしこむと、大きな発信音や雑音(キィーーーーーーンという高い音や、ブツブツと音が切れる)で、耳を痛めるかもしれません。
耳から少し離して番組を探してみましょう。
番組の音が拾いにくい場合は、ラジオを窓の近くに置いてバーアンテナの方向を調整してくださいね。
電源オフにしたい場合は、電池を抜いてくださいませ。


エレショップでは、このラジオキットのほかにもいくつかキット扱ってます
色々なラジオを作ってみるのも面白いと思います!


ぜひ、電子AMラジオキットに挑戦してみてくださいね♪

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は3月12日です!)