記事担当:
ハンダ付け必要-非マイコン系


お盆を過ぎると夏休みも残すところあとわずか
シリコンハウスやデジットの店頭を見ますと、夏休みの工作ネタを探しに来ているのか親子でキットコーナーを凝視している姿がよく見られます。
という訳で今回は、『まだ間に合う!夏休みの工作!』ということで、先月発売された夏休みの工作にもピッタリなキットを作ろうと思います!

その名も…
★「音が鳴る貯金箱 【キット】 / TA-04」です!!

この新発売のキットは名前のとおり、硬貨を入れる(基板のスリットに硬貨を通す)と効果音がなるキットなんです。
しかも効果音は全部で6曲も登録することが出来るんです!
最初から効果音が6曲入ってるんですけど、後から自分の好きな音に変更できちゃいます
更に面白いのが音の長さ。
音楽用の記憶容量(約4MB)が許す限り長い曲を登録することができるんです。がんばれば10分以上の曲を登録することもできちゃうんですって!
短い効果音も面白いですが、長い曲が流れるっていうのは今まで無かったような気がしますね。

ということで、さっそく作っていこうと思います!
まずは、恒例のパッケージチェック
ta04-1
これぞ「ワンダーキット」って感じですね。

入っている部品はこんな感じ。
ta04-2
そんなに部品点数が多い!って感じではないですね。
今回は意外と簡単かも♪

部品を見ると基板は2つ入っていました。
ta04-3ta04-4ta04-5
部品をハンダ付けするメインの基板とコインを通すガイドになる基板の2枚。
この鮮やかな赤色の基板が格好いいですよね!

さて、では早速組み立てていきましょう~!
まずはおなじみ抵抗から!
ta04-6ta04-7
以前作った金属探知機の時と同じく今回も小型抵抗
小型抵抗は狭いところに取り付けることが多いので、リードは抵抗の根本から折り曲げてください
キレイに根本から折り曲げるには★ピンセット★ラジオペンチ、必需品!!
手で曲げると根本から曲がらなくて、穴位置とあわないのでガタガタになっちゃいます。

そして、もう一点注意ー!
ta04-8
この「音が鳴る貯金箱」のメイン基板は初心を思い出させてくれる基板でした。
なんのことかというと…部品を基板に挿し込んだ後、部品が落ちないように足を広げることの大事さを思い出させてくれました。
最近オカポンが作っていたキットは足を広げなくても部品が落ちなかったり、少し広げるくらいで良いものばかりでしたから…。
今回の基板、ランド(基板の金属部分)が★「金属探知機2「KZ-DT2」」より大きいんです。
なので、ハンダ付けはしやすいんです。
ただ、ランドだけじゃなくて部品を挿す穴も大きいので、部品の足をしっかり広げないと部品が抜け落ちてしまいます
実際、落ちました。
そして落ちたことに気付かずハンダ付けして、ナンテコッタ!!な状態になりました…。
皆さんはハンダ付けする際にしっかり部品の足を広げて固定してからハンダ付けしてくださいね!

ということで、抵抗をつけ終わったらこんな感じ。
ta04-10ta04-9
ここまでで30分ほどかかりました。

さて、次はショットキーダイオード
ta04-11ta04-12
結構部品の足が太いので、折り曲げる際や足を切るときに注意してくださいね。
ちなみに、ダイオードは取り付け方向が決まっています
部品に書かれている帯と基板に印刷されている帯の方向をしっかり確認してくださいね!

積層セラミックコンデンサは取り付け方向無しです。
でも次のLEDは取り付け方向があるので要注意!
ta04-13ta04-14ta04-15
足が長いほうが「+」です。
基板に「A」と書いているほうがアノードなので、こっちにLEDの足が長いほうを挿し込んでくださいね。

次はICソケットです!
ta04-16
これも取り付け方向が決まっています。
部品の切れ込みがある方と、基板の印刷の凹みのある方をあわせてくださいね。

ここでワンポイントアドバイス~!
さっきも書きましたが、「音が鳴る貯金箱」の基板は部品がストーンと下に落ちやすいんですよね。
特にこのICソケットは足が短いので折り曲げて固定することもできません。
なので、★「NEWてだすけ君2」★「ヘルピングハンズ」があったほうが良いと思います!
ただ、マスキングテープなどで固定するだけでもよいですけどね!
ta04-17ta04-18
これでぐぐっとハンダ付けしやすくなります♪

次は、とっても悩んだ反射型赤外線センサです。
ta04-19
オカポンがただどんくさいだけかもしれませんが、ちょっとマゴマゴしたのでそこもあわせてお伝えしますね!
まずは、部品の方向の確認です。
ta04-20ta04-21
足側から見て斜めに欠けている部分があるので、そこが右下になるように持ちます。

次に、下段の足2本を下に向かって曲げます
ta04-22ta04-23
ラジオペンチで90度、根本からぐいっと曲げましょう

次に、上段の足をそれぞれ横に曲げます
ta04-24ta04-25


最後に上段の足を、下の足との幅が約2.5mmになるように下に向かって折り曲げます
ta04-26

いやいやいや、「折り曲げてください。」ってサラって書いてくれてますが、オカポン的に「・・・・・・え?」ってなりましたYO!!
コツも何もないし…「幅約2.5mm」って、「約」ってつけてくれてますが3mm以上になる自信ありありですし…
えー…って思いながらセンサの足を見つめちゃいました。
そこで見つけた!オカポン愛用マット★「工作マット / 350×250mm」には、簡易スケールがついているんですよ!
ta04-27
とりあえず、ここで測って2.5mmくらいのところで曲げたらいいんちゃうん?!ってことでやってみました。
が、まぁ、なんとも不格好になりまして
これまた残念なことに写真撮り忘れてしまったので、ホントに残念ながらお見せできないのですが、とりあえず基板にさしたら何とかなりました。
という訳で、適当すぎるのも問題ですが、神経質になりすぎなくても大丈夫ですよ!っとお伝えしたかったんです。

ということで、無事約2.5mmに折り曲げることができたら基板にさしこみましょう!
ta04-28ta04-29ta04-30
部品を入れる向きには注意してくださいね!
ここで方向を間違えると硬貨を感知することが出来ないですからね。実はとっても重要な部品なのでした!


ここまでで約1時間くらいかかっています。
写真を撮りながらということもあったんですけど、いろいろ確認していたら結構時間が経ってしまいました…。
でも、結構終わりが見えていますね。
ということで、今週は一旦ここまで!
出来上がるのが楽しみです♪


ぜひ、作ってみてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は8月29日です!) 

★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
音が鳴る貯金箱【キット】 ON-DO2 1個 こちらから→
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。 


★キット製作時に使用した道具は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
DASH低価格セラミックヒーターハンダこて15W
はんだ付け入門セット
FX650-84 1個 こちらから→
モデラーズニッパー α(グレイ) ITEM74093 1個
汎用型ピンセット 120mm P-880 1個
電子工作用ハンダ SD-63 1個
ワイヤーストリッピングゲージ BBM-WSG 1個
セラミックヒータータイプ用こて台 FH300-81 1個
工作マット / 350×250mm KP-S130 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。