記事担当:
ハンダ付け必要-非マイコン系


暑さが厳しかった今年の5月頃、「設定温度より上、又は下になるとリレーが動作する★「温度センサ2キット」を作りました。
ON-DO2-4-14ON-DO2-3-37
★「電工女子、WonderKitを作ります!(第25弾:温度センサ2キットです)★」
★「電工女子、WonderKitを作ります!(第25弾:温度センサ2キットです)★2」
★「電工女子、WonderKitを作ります!(第25弾:温度センサ2キットです)★3」
★「電工女子、WonderKitを作ります!(第25弾:温度センサ2キットです)★4」

また、梅雨入りする気配すらなかった6月後半頃、「回転灯の回転スピードをコントロール出来るキット★「回転灯コントローラ」を作りました。
kaiten555-1-40kaiten555-2-8kaiten555-2-7
★「電工女子、デジットキットを作ります!(第1弾:回転灯コントローラー実験セット)★1」
★「電工女子、デジットキットを作ります!(第1弾:回転灯コントローラー実験セット)★2」


という訳で、今回は★「温度センサ2キット」★「回転灯コントローラ」合体さちゃいます!

もともとこの二つのキットを製作するとき、この2つを合体させて「ある一定の温度になれば回転灯がまわる」装置を作ろうという計画があったのです!
つまり「今〇〇度です!暑いです!!」を視覚的に分かるようにしたかったんですね。
5月6月って中途半端な季節で、ガンガン冷房をかけるには気が引けるけど天気によってはかなり室温が上がってしまって仕事にならない時があるんですよね。
そんな時にこの装置があれば、室温が高くなりすぎてるから冷房強くして!って言いやすくなるかなぁ…って考えたんです。

ではまず、「温度センサ2キット」と「回転灯コントローラ」をつなげるのに便利な商品を紹介しちゃいます。
★「ACアダプター用スイッチ取付けケーブル / KP-ACBL02」
kpacbl02a
このケーブル、エレショップの説明にも書いている通り、スイッチやリレーにACアダプタと機器をつなげややくするケーブルなのです。
使い方はこんな感じ。
kaitenONDO-1kaitenONDO-2
リレーの接続部分に「KP-ACBL02」のむき出しの電線をつなげるだけ
これでACアダプタと接続する機器(今回は回転灯コントローラーキット)の間にリレーをはさむことができるんです。
温度センサの説明書にも配線の仕方が書かれていますが、今回はちょっと違うので参考にしない方が良いかもしれません。
では基板パターンのどこに「KP-ACBL02」の電線をつなげるかというと、4か所あるパターンの両端。「-」と書いているところです
基板のパターンを見ると真ん中の+と+がつながっていますよね。これは「KP-ACBL02」のつながっている線と同じことなので、今回は無視します。
その代わり、リレーにつながっているパターンに「KP-ACBL02」の切れている方の電線をつなぐのです。
kaitenONDO-3kaitenONDO-4
これで準備完了。
あとはリレーがONになればはんだ付けした線がつながって、ACアダプタから回転灯コントローラへ電気が流れるという寸法です。

ちなみにリレーっていうのは、ザックリというとスイッチのことです。
普通のスイッチは人間の手とかで物理的にスイッチ部分を動かしてON/OFFしますよね。
指で押したりヒモを引っ張ったり。
でもこのリレーは物理的な力じゃなくて、電気の力でスイッチをON/OFFすることができる部品なのです
リレーの中には電磁石が入ってて、リレーに信号とかの電気を流すことで電磁石をONにして、電磁石の磁力で金属の端子を引っ張ってスイッチをONにするんです。
これでICとかマイコンからの信号で電源をON/OFFすることができるんですね。
 ※リレーには電磁石を使わないものもあります。どんなリレーがあるか調べてみてね!
と言う訳で電子工作では結構よくつかわれる部品なんです。とっても便利な部品ですからね!


話を戻しまして、さきほど「温度センサ2キット」につけた「KP-ACBL02」に「回転灯コントロールキット」を繋げます。
kaitenONDO-5

ちなみに、この時使用したケーブルですが、回転灯キットを作って動かしたときに使った変換ケーブルを使っています。
★「XHP-2/φ2.1mmDCジャック変換ケーブル / XHP2-DCJ21」
kaiten555-2-3kaiten555-2-4


次は電源、ACアダプタを用意します。
「温度センサ2キット」には「12Vか9V」のACアダプターが使えますが、回転灯の電源は12Vだけなんですよね。
なので、これまた手元にあった
★「40Wスイッチング方式ACアダプタ DC12V 3.3A / 3A-403DA12」
★「ACアダプタ DC9V 1.2A / WA-09120X」
を繋げます。
kaitenONDO-5

先に「KP-ACBL02」に回転灯用のDC12VのACアダプタをつなぎます
次に「温度センサ2キット」にDC9VのACアダプタをつなぎます
「温度センサ2キット」に電源をつなげると、すぐに「温度センサ2キット」が起動して7セグが光ります。
とりあえず、「27℃以上」になったら回転灯が回る、という風にしたいので、「温度センサ2キット」の温度設定を27度に設定。(設定の仕方は過去記事を見てね)
現在の室温は「26℃」。「温度センサ2キット」にそう表示されてます。
kaitenONDO-7
この温度では回転灯は動きません。

そこでセンサーを握って、温度を「30℃」にしてみます
7セグの表示が「27℃」になったらすぐに回転灯が動きました!!!!
kaitenONDO-8
やった!大成功です!!

ちなみに。
「〇〇度以上」になったら回転灯が回る、という他にも
「〇〇度以下」になったら回転灯が回る、ということも出来ますよ!
設定の仕方は「温度センサ2キット」の説明書を見てくださいね。


ちなみに。
今回オカポンはACアダプタを2台使いましたが。
★「DC電源2分配ケーブル / #38-2B」
dc212
この商品さえあれば、12VのACアダプタ1台で温度センサ基板も回転灯も動かすことができます♪
配線もスッキリするし、コンセントを1つ使うだけで済むのでおススメです。

「温度センサ2キット」のセンサーは水につけても大丈夫なので、水槽の温度警告にも使えますし、熱中症予防夏休みの自由研究とかにも使えそうですね。
いろんなセンサキットと回転灯キットを組み合わせれば面白くて便利な装置が作れそうですね!


ぜひ、参考にして作ってみてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は8月8日です!) 


★キット製作時に使用した道具は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
DASH低価格セラミックヒーターハンダこて15W
はんだ付け入門セット
FX650-84 1個 こちらから→
モデラーズニッパー α(グレイ) ITEM74093 1個
汎用型ピンセット 120mm P-880 1個
電子工作用ハンダ SD-63 1個
ワイヤーストリッピングゲージ BBM-WSG 1個
セラミックヒータータイプ用こて台 FH300-81 1個
工作マット / 350×250mm KP-S130 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。