記事担当:
ハンダ付け必要-非マイコン系


今週は、店頭でグルグルとすごく目立っていて、以前からとても気になっていた★「回転灯コントローラー実験セット / KAITEN_555」を作ろうと思います!!
kaiten555-1-1
このキット、回転灯の回転スピードをコントロール出来るキットなんですって。
色々と活用できそうですよね!


では早速作っていきましょう!
まずは恒例のパッケージチェック!
kaiten555-1-2kaiten555-1-3
回転灯の存在感がすごいです。
まじまじと見たくなるのですがここはぐっと堪えて、まずは基板チェックからいきましょう!

kaiten555-1-4kaiten555-1-5kaiten555-1-6
基板自体は思ったよりも小さめ。とても小さいサイズの基板です。
ただ、気をつけなければいけないのはこの基板「スルーホール」なんです。
ランド(ハンダ付けするところ)が基板の表と裏でつながってるんですね。
片面(ハンダ付けする面だけランドがある)だと、ちょっと間違えても修正がしやすいんですが、スルーホールの場合は片面基板と違って基板の裏側にハンダが流れていってしまうんですよ。
なので、一度ハンダ付けしてしまうと部品を取るのが大変で、めちゃくちゃ修正しにくいです。
部品を挿入するときはいつもより慎重にしてくださいね!

しかし基板がスルーホールな上に部品を取り付けるところがたくさんあって、なんだか作るの大変そう…
って思ってたんですけど、実際に取り付ける部品は18個だけ
使用しない穴もあるので、基板をよく見て進めてくださいね。

さて、ではまずは基板を作っていきましょう!
白黒の説明書を見ながら進めます。
kaiten555-1-7


まずは、抵抗
kaiten555-1-8kaiten555-1-9
説明書にも、どこに挿し込んだら良いのかイラストが描かれています
基板見て、分からなくなったり迷ったりしたときは説明書を確認してくださいね♪

抵抗挿入場所で、ちょっとオカポンが迷ったのは「R6」です。
kaiten555-1-10
横に「R3」を挿れる場所があるのでどっち?ってなりましたが、説明書にはしっかり書いているので慌てずによく確認して取り付けてくださいね。


次は、ダイオード
kaiten555-1-11kaiten555-1-12
ダイオードは取付ける向きがあるので注意です。
基板にはシルク印刷で線の入っている方がどっち向きになるか書いてあるので一目瞭然です!
印刷の白い線とダイオードの灰色のラインが同じ方向に来るように取り付けてくださいね。
kaiten555-1-13

ただ。
パッケージを開けたときに、キットの中から半ピラの説明書が出てきまして。
「補足資料:ダイオードの取り付けかた」っていうのが入ってたんです。
kaiten555-1-14
これ、スルーしていたんですがめっちゃ重要な補足資料です。
実は、今取付けようとしている「ダイオード」。本体の寸法が以前のものと変更になった(大きくなった)らしく、取り付け方を工夫しないといけないんですね。
kaiten555-1-15kaiten555-1-16
補足資料ではこんな感じ
本体の幅が大きくなってしまったので、普通に足を曲げると取付穴のピッチに全然入らないんですね。
なのでこんな変則的な、ちょっと面白い取り付け方をするんです。


さて、次はICソケットです。
kaiten555-1-17kaiten555-1-18kaiten555-1-19
ICソケットも取り付け方向があるんでしたね。
ICソケットの凹みが基板のシルク印刷の凹みと同じ向きになるように取り付けてください。
ICは組み立ての最後に挿し込みます。まずはICソケットだけ取り付けましょう。

次は、積層セラミックコンデンサとフィルムコンデンサです。
kaiten555-1-20kaiten555-1-21
青い方が積層セラミックコンデンサ。緑のガムみたいなのがフィルムコンデンサです。
取付方向はないので、安心して取付けてくださいね。


次は、LED
kaiten555-1-22kaiten555-1-23kaiten555-1-24
これも取付方向があります
足の長いほうが+でした。
基板にも「+」と書かれているので、間違えないようにしてくださいね!


次は、XHコネクタです。
kaiten555-1-25kaiten555-1-26kaiten555-1-27
取付方向があるので、説明書のイラストをしっかり見てくださいね。

問題なのは、この「I型2ピン」。
kaiten555-1-29kaiten555-1-28
大きくなったダイオードがジャマしてコネクタがちゃんと入らないんです。特に右(V2)!!
オカポン、無理やりねじ込んで無理やりハンダ付けしちゃいましたが、多分正しくないと思います
メーカー(デジット)に確認中なので、対処方法など、来週お知らせしますね!

次はヘッダピン
kaiten555-1-30kaiten555-1-31
足の短い方を基板に挿してハンダ付けです。

そして、電解コンデンサ
kaiten555-1-32kaiten555-1-33kaiten555-1-34
これも向きがあるので要注意です!
足の長いほうがプラス側、本体に白いラインが入っている方がマイナス側です。


次はボリューム
kaiten555-1-35kaiten555-1-36
これは見たまんまですね。
ボリュームをつけても手のひらサイズ!
kaiten555-1-37
基板はホントにコンパクトです。

ICソケットにIC挿し込んで(向きがあるので注意!)、
kaiten555-1-38


ショートピンを挿したら…
kaiten555-1-39
基板の完成ですー!

さて、触りたくって仕方なかった回転灯がこちら!
kaiten555-1-40kaiten555-1-41
大きくてキラキラしていますねー!!
中に電球が入っています。LEDじゃありません。電球は交換用が1個入っているので、電球が切れても1回は安心ですね。
回転灯にもコネクタがついています。
キットに付属のコネクタケーブルを使って、先程作った基板と回転灯を繋げましょう~!!
kaiten555-1-42kaiten555-1-43

これでセッティングも完了です!
では次回、電源につなげて光って動く回転灯の姿を見たいと思います!
ちなみに、基板のハンダ付け時間は1時間くらいでした


ぜひ、参考にして作ってみてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は6月27日です!) 

★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
回転灯コントローラー実験セット KAITEN_555 1個 こちらから→
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。 


★キット製作時に使用した道具は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
DASH低価格セラミックヒーターハンダこて15W
はんだ付け入門セット
FX650-84 1個 こちらから→
モデラーズニッパー α(グレイ) ITEM74093 1個
汎用型ピンセット 120mm P-880 1個
電子工作用ハンダ SD-63 1個
ワイヤーストリッピングゲージ BBM-WSG 1個
セラミックヒータータイプ用こて台 FH300-81 1個
工作マット / 350×250mm KP-S130 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。