記事担当:
ハンダ付け不要-非マイコン系(準備編)


今回は、WonderKit製作の話ではなく、特別編です!

前回の記事(電工女子、WonderKitを作ります!(第4弾:電子びっくり箱です))で★「電子びっくり箱2」(BRI-2)を作ってみましたが、実はあの時、とっても困ったことがあったんです。

それがこれ
ノギスで測ります!
そう、ノギスなんです!
ケースで穴を開けるときに、穴の大きさを決めるために電線の太さをノギスで測ったのですが、ノギスで電線をはさんでみて固まったんです。

あれ?どうやって目盛りを読んだらいいの、かし、ら…?

太さを測るならノギスでしょう!と使ってはみたものの、使い方を知らなくて途方に暮れてしまいました。

と言う訳で!
今回はキット製作をちょっと置いといて、学校では教えてくれない『ノギスの読み方』を記事にしちゃおうと思います!

まず。ノギスには大きく分けて2種類あります。








デジタルノギス』はとても便利なノギスで、測った寸法が数字で表示されます。
数字が出てすぐ数字が読めるのが便利!
とても便利なのですが、幅0mmの基準点を自由に設定できるので、うっかりしていると全然違う数字が表示されたりもします。
そういう事があるせいか、数字だけが出てくるデジタルノギスは信用できない!と言う人もいるみたいです。
私みたいな初心者には超便利に思えるんですけど。




そして!もうひとつが今回解説する『アナログノギス』。
さーて、これは何センチかn…読めない?!となったんです。
アナログノギスはシンプルにはさんだ物の幅だけを目盛りで読み取るので、自分が読み間違えない限り、変な数字が出ることはありません
そのかわりデジタルノギスの様に正確な数字も出ませんが、よほど精密な加工をしていない限り、そこまでの精度は必要ないと思うので問題ないんじゃないかと思います。





で、肝心の目盛りの読み方なんですが。
な、なんでしょう、これは…
商品のパッケージにはこう書かれています。
正直…よく判りません
そこで先輩社員サンに聞いて、私が会得した読み方をご説明いたしましょう






まず。アナログノギスには2種類の目盛りが書かれています。
最初は上の目盛りを読みます。
ここは簡単。
下の目盛りで『0(ゼロ)』になっている所の数字を読みます。
上の写真の場合は『25』と『26』の間に『0(ゼロ)』があるので、小数点以上の数字は『25』です。
これで大まかに測った物の幅は『25mm』という事がわかりました。






次に下の目盛りを読みます。
こっちがちょっと戸惑います。
下の目盛りを読むのがちょっと難しくて、下の目盛りと上の目盛りが一番重なっている所を読みます
左の写真では、下の目盛りが『4』や『6』よりも『5』の方がピッタリと重なっているので、この場合は『5』をとります。
これで小数点以下の数字が『5』であることがわかりました。





あとは二つの数字を合計して、測った物の幅は『25.5mm』という事がわかるのです!

さすが高級!ちなみに今回使った「★プラノギスポッケ100mm(No.19515)」よりも精度の高い「★高級ミニノギス100mm(No.19894)」の場合は、下の目盛りが0.5mm単位になっているので『◯◯.◯5mm』まで読み取れしまうスグレモノなのです!






いかがでしたか?
学校で習った覚えのない『アナログノギス』の使い方、お分かりいただけましたか?
偉そうなこと言ってますけど、私も使えるようになったのは最近なんですけどね。
でも新しく工具の使い方を憶えると、なんだかレベルアップした気分になれますよね!
こういうのも、電子工作の楽しさなんじゃないかと思いました。


慣れると色々測ってみたくなります!ではみなさんも、ノギスを使って色んな物を測ってみてくださいね!









そうそう、大事なこと忘れてました!

ノギスって幅を測るクチバシが2個(上と下)ありますよね。
この小さい方は穴や筒の内径を測るのに使うんですよ。

これの幅は…16.0mmです!正解しましたか?









ホントにノギスって便利ですよね!



(記事:オカポン)

更新予定:毎週木曜日(次回は3月10日です!) 



★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
電子びっくり箱2キット BRI-2 1個 こちらから→
カーボンファイバー製デジタルノギス150mm #19979 1個
プラノギス ポッケ #19515 1個
高級ミニノギス #19894 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。