記事担当:
ハンダ付け不要-非マイコン系


2020年に小学校でのプログラミング教育が必修化される事になって、いろんなメーカーがプログラミング教材を発売するようになりました。
共立電子産業でも、その流れを受けて色々な教材的商品を取り扱っております。

と言う訳で今回のブログ記事は、なんと!!
電子工作界では超有名なキットメーカー、エレキットさんが発売する★「PIECEを紹介しようと思います。
piece-1

この★「PIECE」なんですが、実は10/27(月)頃、販売開始予定の新商品(10月24日メーカー出荷・入荷次第順次発送)でして、今回はエレキットさんのご厚意で発売前の実機をお借りする事が出来ました。
なので発売前の新商品を実際に触ってみた感想を書いてみようと思います。

まずこの「PIECE」、一体これは何が出来るのかというと…
くらしの中の課題解決力育成のための電子回路モジュール」と銘打たれています。
これだけ言われても何がどうできるのか分かりませんね。
実際に箱の中を見てみましょう!

中はこんな感じ。
piece-2

四角いブロック状のモジュールがいくつも入っています。
このモジュールをつなぎ合わせて電子回路を作るのが「PIECE」なんですって。
つまりパズルのようにピースをつなげて、絵のように電子回路を作るって事なんですね。

ざっくりと概要を解説しちゃいます。

まず基点になるピースがこれ。
piece-3

電源スイッチの付いたパワーモジュールです。
このパワーモジュールには電源を供給するためのUSB端子付属の電池BOXを繋ぐためのコネクタが付いています。
piece-4piece-5piece-6

USBケーブルと電池BOXは同時につなげられないようになってます。
このパワーモジュールから電源を供給して、回路全体を動かすんです。

次にパワーモジュールの左側に付くモジュールを紹介します。
中にセンサーが入ったオレンジモジュールです。
piece-7piece-8

振動を感知するショックセンサーモジュール
明るさを感知する明るさセンサーモジュール
拍手のような高めの音に反応する音センサーモジュール
この3つのモジュールが、回路が動作するきっかけになります。
振動のような動きを感知した、周囲が明るくなった、暗くなった、音が鳴った、などをきっかけにして、パワーモジュールの右側に付くモジュールを動かすんです。

では次にパワーモジュールの右側に付く緑モジュールを紹介します。
piece-9piece-10

4個のLEDが入っているLEDモジュール
ぶるぶる震えるバイブモジュール
音や曲をならすメロディモジュール
モーターを動かすモーターモジュール
オレンジモジュールが反応して切っ掛けを出したら、この緑モジュールが動作します。

例えば、ショックセンサーモジュールとLEDモジュールを使うと、振動や動きを感じるとLEDモジュールが光る回路が作れます。
piece-11piece-12

他にも明るさセンサーモジュールとメロディモジュールを使って、明るくなると音が鳴る目覚まし時計みたいなモノが作れたりします。
piece-13piece-14piece-15

最後に黄色モジュール
piece-16

この黄色モジュールはパワーモジュールの左右どちらにも取り付けられます。
ただし、取り付けるのはパワーモジュールとオレンジモジュール、緑モジュールの間です。
黄色モジュールには

piece-17
緑モジュールの動き方を変えるコントロールモジュール

piece-18

オレンジモジュールが切っ掛けを出してから決められた時間動作させるタイマーモジュール

piece-19

あと、オレンジモジュールの切っ掛けの出し方を変える論理モジュールがあります。
より自分の理想に近い働きの回路にするためのモジュールですね。

オレンジ、緑、黄のモジュールをパズルのように組み合わせて色んな働きの電子回路が作れる、それがエレキットの「PIECE」なのです。

実際何の知識が無くても動いたら音が鳴る」とか「暗くなったら光る」モノが簡単に作れちゃいます

と言う訳で、こんなモノを作ってみました。
piece-21

オレンジモジュールは2つ。
NOTモジュールを付けて機能を反転させた明るさセンサーモジュール、つまり暗くなると切っ掛けを出すようにした明るさセンサーモジュールと、音センサーモジュールをアンドモジュールで繋ぎます。
こうする事で暗い場所で音が鳴ると切っ掛けを出すようになります。
緑モジュールはLEDモジュールを使い、タイマーモジュールで一定時間光るように、コントロールモジュールでLEDが点滅するようにしました。

動画で確認してみましょう!(※音が出ます)

これを部屋のドアとか、ぶつかったら危なそうな所に設置しておけば、電気を消した真っ暗な部屋でもドアや危ない場所の位置を指パッチンで見つける事が出来ちゃう訳です。

やりたい事、作りたいモノを実現するために、何をどう組み合わせるかと言う論理的思考を遊びながら身につける事が出来るエレキットの「PIECE」。
直接的なプログラミングは学べませんが、プログラミングに必要な論理的思考を身につけるにはちょうど良い教材ではないかと思います。
いきなりパソコンでプログラミング!とするより、「PIECE」のような教材で考え方を身につけた方が近道かも知れませんね。

皆さんもぜひ遊んでみてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は10月26日です!)