記事担当:
ハンダ付け必要-マイコン系


3週にわたって紹介している★「梵天丸」
BONTEN-1

今までの記事を振り返ってみましょう!
梵天丸のタイヤを動かす「モーター部分」(ギヤボックス)を作りました。
★「電工女子★「梵天丸」でHere we go!★ Part1」
梵天丸を完成させました。(基板部分も作りました)
★「電工女子★「梵天丸」でHere we go!★ Part2」
梵天丸に最初から入っている「じゅつ」を使ってみました。
★「電工女子★「梵天丸」でHere we go!★ Part3」

今週は、いよいよ自分で「じゅつ」を作ってみようと思います!
と意気込んだのは良いのですが…さて、ではどうしたら良いのかしら…?

と言う訳で梵天丸の説明書を見てみると、「じゅつ」を作るには「まきもの」が必要とのこと。
BONTENMARU-Makimono1-18
この「まきもの」と言うアプリケーションを使って「じゅつ」を作るんですね。
まずは「まきもの」と「まきもの」の説明書を<ココ>からダウンロードしましょう。
梵天丸本体には付属していないので注意してくださいね。
エレショップの商品ページにもリンクが有るのでそちらからもダウンロードページへ行けます。
ダウンロードしたらファイルを開いて「まきもの」を使えるように設定してください。
BONTENMARU-Makimono1-1BONTENMARU-Makimono1-2

それと、梵天丸に「まきもの」で作った「じゅつ」を書き込むには★専用の書込器が必要になりますので、こちらも自分で用意してください。
BONTENMARU-Makimono1-5

書込器も梵天丸には付属していないのでエレショップで購入してくださいね。


準備が整ったらいよいよ「まきもの」を使いますよ!
まずは「B10_501」フォルダの中から「bon10u.exe」と言うファイルを探してください。
BONTENMARU-Makimono1-3
これが「まきもの」です。
このファイルをダブルクリックすると「まきもの」が開かれるのです。

「まきもの」を開くと「梵天丸」と言うウインドウが開きます。
BONTENMARU-Makimono1-4
ここで「じゅつ」を作っていくんですね。

まずは「じゅつ」を作れるように梵天丸を繋いで準備する必要があります。
梵天丸に書込器をセットして、USBケーブルでパソコンとつなぎます
BONTENMARU-Makimono1-6
この時★USBminiBのケーブル(AB-10H)が必要になります。
このケーブルも梵天丸にも書込機にも付属していないので、これまた自分で用意してください。

ちなみに初めて家で梵天丸とパソコンを繋いだ時、書込器のLEDは光るのにパソコンが梵天丸を認識してくれなくてとても困りました。
BONTENMARU-Makimono1-7
なんでだろう、なんでつながらないんだろうっていろいろ調べた結果、USBケーブルが原因でした。
なんとオカポン、充電専用のUSBケーブルを使っていたのです!!
BONTENMARU-Makimono1-8
多分1本のUSBケーブルでゲーム機とか携帯電話とか色々繋いで充電できちゃうよ!的なケーブルを以前買って、たまたま手元にあったケーブルがそれで、何も考えずにそのケーブルを使ったのが悪かったようです。
充電専用のケーブルですから、USBの電源線しかつながってなかったんですね。
信号線がつながって無ければ通信なんで出来るはずもありません。
みなさんも使うケーブルには注意してくださいね!

と言う訳で、普通のUSBminiBケーブルで梵天丸とパソコンを繋いだら、梵天丸のスイッチをONにします。
あとは右側にある「ていそくギヤ」にチェックを入れたら準備完了です。
さぁいよいよ、じゅつを作りますよ!

と意気込んでは見たものの。
IchigoJamでプログラムをした時も最初は何をしたらいいか全くわからなかったオカポンですから、今回も「まきもの」を前にして呆然としてしまいました。
いくら「まきもの」がひらがなで書くプログラムだからといって、「おちゃいれてきて」とか「てれびのちゃんねるかえて」とか書いても通じるはずがありません
そのくらいのことはわかります。

じゃあ、どうやってプログラムを書けば梵天丸に通じる書き方になるんだろう…

そこでワタシ、思い出しました!
梵天丸にもサンプルプログラムが用意されているのです。
まずはそのサンプルプログラムをいじくって、どうやって「じゅつ」を書けばいいか勉強しようと思います。

梵天丸のサンプルプログラムは、「B10_501」フォルダの「MAKIMONO」フォルダにあります。
今回はその最初に有る「A1.B10」を試してみようと思います。

まず「まきもの」画面の「ファイルを開く」をクリック。
BONTENMARU-Makimono1-9
その後サンプルプログラムを選びます。
BONTENMARU-Makimono1-10
すると「まきもの」の左上の大きい空白に「じゅつ」が表示されます。
BONTENMARU-Makimono1-11
「れんしゅう1」と書かれているだけあってとてもシンプルな「じゅつ」です。
なるほど、命令の内容は「みぎまわれ」だけですね。
この命令にしたがって、梵天丸は右に回り続けるんでしょうね。…カワイイじゃないですか!

ではこの「じゅつ」を梵天丸に書き込んでみましょう。
まずは「まきもの」の「ほんやく」をクリック。
するとひらがなで書かれた「じゅつ」が梵天丸の言葉に翻訳されます。
BONTENMARU-Makimono1-12
うわ、ナニコレナニイッテルノカ、ワカンナ、イ…
こうしてみると人と機械の壁の高さを感じますけど、よく考えたら同じ人間でも外国の文字を見ると全く何書いてるかわかんないですから、同じようなものですね。
そもそも同じ日本人でも江戸時代の本とか現代語に翻訳しないと読めませんからね、ワタシ。
戦国時代を生きた梵天丸の言葉がわからなくても当然ですよ。うん、納得。

翻訳が終わったら「書き込み」をクリック。
BONTENMARU-Makimono1-13
これで梵天丸に「じゅつ」が書き込まれました。

では早速書き込んだ「じゅつ」を試してみましょう。
まずは梵天丸の電源をOFFにして、USBケーブルと書込器を外します。
BONTENMARU-Makimono1-14
コレが付いたままだと自由に動けませんからね~
梵天丸を自由にしたら、広いところで梵天丸のスイッチをON!

BONTENMARU-Makimono1-15BONTENMARU-Makimono1-16BONTENMARU-Makimono1-17

回った!梵天丸が回った!
ちゃんと右にグルグル回り続けてます。なんて律儀!
このままでは電池が切れるまでいつまでも回り続けてしまうので、気が済んだら梵天丸のスイッチをOFFにして止めてあげてください。

なるほど、「みぎまわれ」の命令で延々右に回り続ける梵天丸。
なんだかオカポンにも「じゅつ」が作れそうな気がしてきました!

では次回、いよいよ「じゅつ」を作ります!
乞う、ご期待!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は5月25日です!)


★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
メカトロで遊ぶ会 梵天丸(基板・車両組立キット) B10/M(Ver5.0) 1個 こちらから→
単3形アルカリ電池4本パック LR6R/4S 1個
メカトロで遊ぶ会 USB梵天丸プログラム書込器(USBライタ) B10/W(Ver1.0) 1個
USB2.0 ケ-ブルA-miniB 1m AB-10H 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。


★キット製作時に使用した道具は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
DASH低価格セラミックヒーターハンダこて15W
はんだ付け入門セット
FX650-84 1個 こちらから→
マイクロニッパー 11295 1個
精密ピンセット/逆作用ピンセット 先細 TS-16 1個
電子工作用ハンダ SD-63 1個
ワイヤーストリッピングゲージ BBM-WSG 1個
セラミックヒータータイプ用こて台 FH300-81 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。