記事担当:
ハンダ付け必要-マイコン系

今回は、商品名にとても反応してしまうキットを作りたいと思います!
その名も…「梵天丸」(B10/M(Ver5.0))です!!!

「梵天丸」って知っていますか?
かの有名な戦国大名「伊達政宗」の幼名(おさない時の名前)なんです!!

その名前がついたこのキット。
BONTEN-1

なんと自分でプログラムを書いて動かすことができる、「自律型二輪駆動ロボット」なんです!!!ドーン
・・・・で、「自律型二輪駆動ロボット」って何よ。ってなりますよね。
私もなりました。

ということで、解説致しましょう!

まず。
ロボットって聞いて、みなさんどんなものを想像しますか?
私は「コントローラを使って動かす」っていうイメージを持ってました。
昔のアニメなんかだと「いけー!◯◯!」みたいに、主人公がコントローラーを持って、大きなロボットを動かす…
他には、ロボットの中に入ってコントローラーパネルを操作して動かす、などなど。

そんなイメージを持っていましたから、『自律型』と聞いて「???」ってなったんです。
ではこの『自律型』って、どう言う意味かといいますと、読んで字のごとく、自分で判断して動いちゃうんですって!
なにそれスゴイ!
つまり『自律型』ロボットはコントローラーを使って動かすんじゃなくて、あらかじめ組んだプログラムにしたがって、自分で判断して行動するロボットなんです。
この『自律型ロボット』に色んなセンサー、例えば障害物を避けるために赤外線センサーを付けたり、タイヤや足をつけて色んな所を移動できるようにしておけば、例えばプログラムにしたがって自分で移動してゴミを吸い込んだり、話しかけられたらアクションを返したりすることが出来るんです。
自動でお掃除してくれるロボットや、ワンコ型ロボットも、自律型ロボットになるんですね!


この★「梵天丸」あらかじめ入力したプログラムにしたがって自分で判断して動くロボットなんです!スゴイ!えらい!
例えば「梵天丸」に「まっすぐ進め」とか「障害物があれば右に曲がれ」とか「障害物があればよけて進め」とかプログラムしておけば、ただ周りに流されて動くんじゃなくて、「こういう状態のときにはこうして欲しい」と言う作り手の気持ちを汲んで行動してくれるんです。
さすが「梵天丸」ですね!

じゃぁなんで『二輪駆動』って言うかというと、本体の横に付いた大きな2個のタイヤをそれぞれ別々に回して動くから『二輪駆動』って付いてるんです。
「梵天丸」には実は3個タイヤが付いてるんですけど、3個目は本体の下に付いているキャスターで、これはモーターを使って回さない、つまり駆動させないんで数に入れられてないんですね。
 
さて。
前置きが長くなりましたが、この★「梵天丸」を作っていこうと思います!

キットの中身はこんな感じ。
BONTEN-2

今回は、タイヤを動かす「モーター部分」を作ろうと思います!
この「モーター部分」は『ギヤボックス』と言います。
BONTEN-3

…プラモデルに馴染みがないオカポンからすると、作成するのにとても時間がかかり、大変でした。。。
ということで、その部分も説明していきますね。

モーターの箱の中身はこんな感じ。
BONTEN-4


注意点としては、全部の部品を使ってギヤボックスを作るわけでは無いという事。
しっかりと説明書を確認して使う部品を選んでくださいね。
今回はCタイプで組立てます。
説明書は梵天丸に付属している説明書と、ギヤボックスについている説明書の両方を見ながら作るとまだわかりやすいです。

準備:(1)
まずは、プレートについている部品をバラバラにします。
BONTEN-5BONTEN-6

準備:(2)
六角シャフトに六角ボスをとりつける。
・六角レンチをつかって、六角ボスに止めねじ(イモねじ)を軽くとめる

「止めねじ(イモねじ)」は、コレです。
BONTEN-7

六角ボスに、付属の六角レンチをつかって「止めねじ(イモねじ)」を軽く留めます
ガッチリと留めてしまうと後から変更するのが大変なので軽く留めておくんですね。これを『仮留め』って言うんですって。
BONTEN-8

・M3パーツのCの穴をつかって、六角ボスの位置をあわせて、しっかりとめます。
ここ、オカポンよく分かりませんでした。
でも、部品をよくみると「C」と書いてある穴があるんです。
BONTEN-9

そこに、六角シャフトを差し込み、さっき「止めねじ(イモねじ)」を仮留めした六角ボスを上から差し込みます。
六角シャフトの下のラインが、M3パーツの位置になるように調節して、六角レンチでしっかりとめます。
BONTEN-10

2本作ってくださいね。
BONTEN-11

組み立て:(1)
・M1パーツのA、B、Cの穴にハトメを入れます。
BONTEN-12

・「準備:(2)」で作った六角シャフトの内1本をM1のCの穴に通し、丸シャフトは立てます。
六角シャフトは、長いほうが外側になるように、さしてくださいね。
BONTEN-13

組み立て:(2)
・歯車を通します。
BONTEN-14

これが面白いんです!ただ歯車を通すだけなんですけどね。
これがこう動いたら、あわせてこの歯車もこう動くんだ~へぇぇ~!なんて思いながら順番に重ねます。
BONTEN-15

組み立て:(3)
・M3パーツのA、B、Cの穴にハトメを入れます。(表裏)
・M1パーツのA、Bの穴にM4パーツを入れます。
・M1パーツとM3パーツをあわせます。
・3箇所、タッピンねじでとめます。

ハトメがゆるかったので、先にM1パーツのA、Bの穴にM4パーツを入れます。
BONTEN-16

そして、M3パーツのA、B、Cの穴(表裏)にハトメを入れて、M1パーツとあわせました!
BONTEN-17BONTEN-18


組み立て:(4)
・反対側のギアも同じように組み立てます。
M2パーツに、「組み立て:(1)から(2)」までと同じ流れで組み立てます。
「組み立て:(3)」のM4パーツをM2パーツの穴A、Bに入れると、こんなかんじ。
BONTEN-19

さっき作ったM3パーツと重ねて、こちらも同じように3箇所、タッピンねじでとめます。
ちなみにこの「タッピンねじ」タミヤの説明書では「タッピングビス」って書かれてます。
同じものなので私のように混乱しないようにしてくださいね。
 
とめた後、グリスを塗ります。
って、とっても塗りづらいんですよ!!
丸シャフト、六角シャフト、歯車の間に少量グリスを塗って(流し込んで)歯車を回しましょう。

回すうちに、グリスが流れて馴染んでいくんですって!

ふぃ~!完成です!!!
BONTEN-20

初めてプラモデルを作る私からすると、説明書の味方とか組み立てる感覚とか慣れなくて大変でしたけど、上手くいくと楽しいものですね!
というわけで「梵天丸」のギアボックスはここまで。

あ、そうでした。
このギアボックス、今回は「低速タイプ(Cタイプ)」で作りましたけど、「高速タイプ」(シャフトの位置違いで2タイプ)もあって、合計3タイプから選べるんですって。
最初に全部の部品を使わない、と書きましたが「高速タイプ」にする際はその使わなかった部品を使うので、捨てないようにしてくださいね!

組み立てはもう少しで完成です!


では、第2弾をお楽しみに!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は4月27日です!)




★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
メカトロで遊ぶ会 梵天丸(基板・車両組立キット) B10/M(Ver5.0) 1個 こちらから→
単3形アルカリ電池4本パック LR6R/4S 1個
マイクロニッパ 8PK-101D 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。