エレショップblog

半導体・センサー・マイコン・電子工作キットほか、各種電子部品の専門店「共立エレショップ」から主に電子工作の関連情報をお届けします。 http://eleshop.jp/

記事担当:
ハンダ付け必須-非マイコン系


WonderKit製作、第3弾は…
今回は、コレです!じゃん。「★サウンドジェネレータ6」です。

初めて見た時、このキットは何が出来るんだろう?と思いました。調べてみると、盗難防止装置などでよく聞く「ピーポー」とか「ビーッ」とかの音が、6種類入っているのです。 その切り替えが、出来るみたいなんですよね。




面白い形のスイッチですよね。音の切り替えは、ココ!
このツマミ(ソケット)をかぶせることで、音が切り替わります。(一番手前がスイッチONの状態です。後ろの5個がOFF状態。)
応用として、スイッチ(例えば押すタイプなど)を取り付けることで、ソケットをかぶせるよりも簡単に切り替えが出来るみたいですよ!

音を止めるには電池BOXから電池と外すか、ツマミ(ソケット)を全て抜いてくださいませ。

さてさて、キットに戻りましょう。
どんがらがっしゃーん真ん中の刻印がかっちょイイ今回の基板は…今までと同じく、片面実装ですね。 







いつもより、多いです!内容物は…今までよりは部品点数が多いですね。
基板も大きいです。ワクワクしてきましたよ!







げじげじ。可愛い。そして、今回の(私的)目玉はコレ!足が沢山(16本)あるICです!(結構可愛いと思うのですが、どうでしょう?)
これをハンダ付けします。ICは部品のリード(足)同士の間隔が狭いので、ハンダ付けをする際は要注意です。うまく一つ一つのランド(基板の金属面)にハンダが乗るように、ハンダ付けしてくださいね!




赤いマーク部分に注意!ICをはめ込む際、向きにも注意してくださいね。基板にマークが書いてあるので、ICもその向きにあわせて挿入してくださいね。







パッと見、全部一緒に見えますそして、今回は「抵抗」が4本あります。よく見ると、種類は3つあるのが分かります。説明書と実物に描かれている色をきちんと見て、部品を挿入してくださいませ。






これ、難しかったのです!そして、上手く出来なかったのが「2Pコネクタ(ヘッダーピン)」です。
そもそも、これをさしこむ時に迷ったのが、長いほうが上なのか、短いほうが下なのか、分からないという所でした!→短い方が基板側、だそうですよ!
そして、上手くささった!と思っても、ハンダ付けしてから確認すると、こんな風にガタガタになってしまうのです。ピンを押さえても熱がすぐ指に伝わってヤケドするかと思いましたし、ハンダつけたら動かないし、にっちもさっちも行かなくて、そのままエイヤ!と突き進み…結果、こんなことに。
しかーし!デジットブログ(2013/3/22記事)に、ヘッダーピンのハンダ付けの仕方をレクチャーしている記事が!!驚きです。でも、確かに!なるほど!な記事でした。そうか、ハンダ付けしない方だけ支えて仮止めしたら良かったんですね…次からは、そうやってハンダ付けしようと思います。
ドヤ!
…次じゃなくてやりましょう!という訳でやり直し。
結構いい感じじゃないですか?!
まぁ…見ての通り、一番左の部品が基板から結構突き出ている感がしなくもないですが。
初回よりだいぶまっすぐになったと思うんですが、いかがでしょう!



基板のマークと部品をあわせてくださいましトランジスタも、取り付け方向に要注意、です。
基板の向きと部品の向きを揃えてくださいね。

あとは、電池BOXを取り付けて…(赤線はプラス黒線がマイナスですよ!)





スピーカーの裏面。スピーカを取り付けたら、完成です!
スピーカは、配線材と別になっていますので、ハンダ付けして接続してくださいませ。






これで完成ー!ここまで出来ましたら、単3電池を2本使って、動作確認です。
音は鳴りましたか?ソケットを変えた時に、違う音になりましたか?

音が鳴らない場合、再確認するポイントとしては
「ハンダ付けの部分はどうですか?(量が少ない、量が多くて隣の回路に侵入してる…など)」
「IC、トランジスタ、LEDの向きはあっていますか?」
「電池が切れたり、極性(プラス・マイナス)が逆になっていませんか?」
などが考えられます。
パーツを差し替えたい、やり直したい、などがあれば「★吸取線」があると便利です!



是非、チャレンジしてみてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は2月25日です!)
 


★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
サウンドジェネレータ6 DNGR-G48 1個 こちらから→
ハンダ吸取線 4.5mm幅 CP-4515 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。


★キット製作時に使用した道具は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
DASH低価格セラミックヒーターハンダこて15W
はんだ付け入門セット
FX650-84 1個 こちらから→
マイクロニッパー 11295 1個
精密ピンセット/逆作用ピンセット 先細 TS-16 1個
電子工作用ハンダ SD-63 1個
ワイヤーストリッピングゲージ BBM-WSG 1個
セラミックヒータータイプ用こて台 FH300-81 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

記事担当:
ハンダ付け不要-非マイコン系


初回から「電工女子」と題名に使っているのですが、「電工女子とはなんぞや?」の説明を、今更ながらにサラッとしてみたいと思います。
それは!共立電子産業で扱っている電子部品やキットを、女子ならではの目線で紹介しちゃいますよ!がテーマです。
もっと入門者にも身近に感じて欲しい、敷居が高すぎて躊躇しちゃう!という意識を、少しでも和らげる為に発足しました!メンバーはオカポンだけではありませんので、登場を楽しみにしていてくださいね!
そして、女子だけではなく、男子もおりますので、要チェックです!


さてさて。それでは今回のテーマですが、WonderKitから少し離れまして。今回は…「ネイル」です!

ネイルアート、ご存知でしょうか?最近は女性だけではなく、男性も爪の保護や爪を綺麗に見せるためにネイルをしている人を、ちらほら見かけます。マニキュアを塗って爪を保護・アートをすることも出来ますが、マニキュアのデメリットは結構簡単に取れてしまうことです。メリットは気軽に出来てしまうことですよね。
マニキュア以外にも「ジェルネイル」という種類のものがあります。専用のジェルを塗って、LEDライト(UVライト)で硬化させるものなのです。これがちょっとやそっとじゃ落ちません。まぁ、マニキュアと違って剥がすとき、時間と手間はかかるのですが。
専門のネイリストさんに頼んで塗ってもらうと、それはもう美しく仕上がります。が!今回は、自分で出来る「セルフジェルネイル」を使います。そして、その行程の途中で、とある「LED」を入れ、光らせてみようと思います! 

今回使うのは「★NFC非接触発光LED」です。
なんだそれ?と思うでしょ?まぁ、百聞は一見にしかず!ご覧あれ!
想像以上にちっちゃいんです…見てもよく分からないですね。(分かる人には分かるんですけど、私は"?"状態なんです…)
多分、あの黄色の部分がLEDで、光るんでしょう?ということと、ふちにある細い線の塊がコイルなんですかね?という事くらいしか。って、そもそもこんな薄っぺらいのに光るっていう事が、不思議で仕方ないんですけどね!

気を取り直して、商品説明を見てみましょう。
「NFC(近距離無線通信)の通信時に反応して点滅する超小型・超薄型のLEDモジュールです」
…要するに、おサイフケータイ。自販機にたまについている、料金を支払う為にカードリーダーがついてますよね。あとは、駅の改札。そういう所に近付けると、反応してLEDが光る、ということですね。
例えば、利き手の人差し指や中指にこのLEDをつけて、反応する部分にタッチすると、LEDがキラキラ光って「アラ、オシャレ!」となるのです!

とりあえず、分かりやすいように、ジェルネイルの上にそのままLEDのモジュールを乗せて、固めていこうと思います。 

何となく爪やすりも一緒に撮ってみました
自爪です。
ジェルが剥がれにくいようにヤスリをかけまして…






LED大きいのでベース塗らなくても良かったデスヨネー
ジェルネイル(透明のベース)→カラー(ピンクベージュのカラー)→カラーの二度塗り
を、していきます。
…自爪の色が見えたら不格好かなーと思いましたが、ここでカラーを塗るべきでは無かったと、後々後悔しました。



ただ、上に置いただけそして、その上に「NFC非接触発光LED」を乗せます
端が、ペラペラ浮いていますね。







短気は損気。落ち着いてやってみて!そして、ここからが結構大変でした。
まず、裏側がシールになっていないので浮きます。クセをつける為に、爪に沿うように固定しても、やはり軽く元に戻ります。硬化させる前に、透明ベースを塗ってもやはり浮くんです。
いきおい大事!と、さくっと仮硬化。あとは、押さえつけて、透明ジェル塗布して、硬化。ボコボコしてるから、上に横に透明ジェル塗って硬化。



かなり分厚いです……出来上がりが、こんなにモリモリになってしまいました。 
そして。
爪の上に基板乗っちゃってるよ…な状態になってしまいましたが、これは基板が見えない様に上にカラーを塗って隠したり 、模様を描いてみたり、爪にイラストを描いて光る所だけあけてみたり。…面白いかもしれません。イラストなら、一度に二度美味しいですしね!注目の的になること、間違いなしです。



…定期につけたら良いじゃん。と言うのは、無粋というものですよ!
という訳で、試してみました。
定期持って、ピ!


…光ったー!!! 



左利きさんだと大変だな、と痛感した次第です。ふと思ったので、試してみた。
定期なし 。
…光ったー!!!!

これは、常に NFC(近距離無線通信)が通信状態になっている、という事なのでしょうね。定期を近づけるから通信されるのかと思っていました。
あと、混雑時に光っているかどうか確認するため、じっと改札前で立っていると、周りに迷惑かけるので止めましょうね。

そー・・・駅構内歩いていると、カードリーダー付きの自販機がありました!

ということで・・・

近づけてみると…




光ると、ちょっと嬉しい光ったーー!!!!!

ただ光るだけなんですけど、テンション上がります。
そして、やっぱり基板むき出しはいただけないと思います。






ちょっと普通のネイルに飽きちゃったナー、とか、常にピカピカ光るのは良くないけど、何かワンポイントになるものが欲しいなぁ、とお考えのアナタに是非オススメな商品なのでした!
1枚¥270とリーズナブル価格ですしね!

もうすぐバレンタインでもありますので、意中の男性にお渡しする箱の中に、NFCが通信する電源となるものを仕込んで、両手で持つと…キラキラとひかり輝きます!(渡すときに見える爪に、このLEDを仕込むのです!)
話題性バツグンですよ!



是非、おためしあれ~!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は2月18日です!)

★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
NFC非接触発光LED(白色) KP-NFLEW 1個 こちらから→
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

記事担当:
ハンダ付け不要-非マイコン系


本日もやってまいりました!電工女子がお届けする、キット製作記事でございます。
WonderKit製作、第2弾は!

パッケージ★1.5V白色LED点灯キット」です!
カラーバリエーションとして「★青色」もありますので、お好きな方をお選び下さい。






部品点数、かなり少ない…今回作成したキットも、初心者向けです。こちらが全部品。前回と同じく、部品点数は少ないですね!







開封しちゃったけど、本当は密閉されているんだよ!さて、ここに青い透明の袋に入っているものがありますね。何故、この2つが青いビニールに入っているか、知っていますか?これ、意味があったんです。
この青い袋の名前は「帯電防止袋」といいます。漢字を見ると、何となく分かるとは思います。要するに、静電気防止袋ですね。
精密部品は、静電気に弱いのです。なので、静電気から部品を守ってあげなくちゃいけません。そこで、静電気に弱い電子部品をこの「帯電防止袋」に入れる、という大きな意味があったのです。なんという優しさ


じっと見ていると、シルク文字が可愛いアイコンに見えてきませんか?裏面はとってもシンプルさて、これが今回の基板です。
こちらも、前回(電工女子、WonderKitを作ります!(第1弾:キャンドルキットです))の記事でやった「片面基板」ですね。いつになれば「両面基板」に出会えるのでしょう・・・!



今回の説明書も、番号がふってあるのでこの順番に沿って、製作していきましょう!

似たもの部品にご用心!今回の似たもの部品~!
左の緑色の部品から・・・「インダクター」→「抵抗」→「ダイオード」です。
インダクター」と「抵抗」には極性が無いので、向きは好きなように入れて大丈夫なのですが、「ダイオード」には極性があるので要注意です。ボディに黒い帯がついている方を、基板に描かれている三角のてっぺん部分に合わせるように挿入してくださいね。


一部品ハンダ付けすると、私のやる気スイッチ、入ります
部品を挿れたら、ハンダ付け。そして、ニッパーで足をカット。一部品つける度に、コテは掃除してくださいませ。







右から2個目、切る部分が長過ぎました…こちらが途中経過。・・・何故、こんなにあっち向いたりこっち向いたりしているのでしょう??…って、ちょっと考えればすごく簡単な事でした。
部品が落ちないように、足を広げてハンダ付けをするので、色んな方向にむくんですね。それなら仕方ない。という訳で、さくさく進めていきましょう!





足(リード)が長かった所を、再カットしました。こちらが、電池以外の部品をハンダ付け終了させたところです。
私、LED部分のハンダ付けが、結構好きです・・・!!!見てお分かりの通り、ハンダ付けするランド(基板の金属面)部分は他の部品と比べて大きいので、ここに流しこむハンダの量がやっぱり多いんですよね!ここに、ハンダが大量に流れてリード(部品の足)とランド(基板の金属面)がぴったりくっついた時に凄い達成感を感じるのは、私だけでは無いハズ・・・!!!!



完成です!という事で、こちらが完成品です!どん!

一応、補足的なお話しを。
このキット、何がすごいのかと言うと、白色LEDは点灯させるのに3V(電池2本分)が必要なんです。 それが、電池1本の1.5V(通常の半分ですよ!)で点灯できちゃうってことなんですね。どうやって1.5Vで光らせているのかと言うと、ここで使用したIC(★HT7750)が電圧を上げることが出来る(昇圧)ものなんです。なーるほど。ただ、LEDを光らせるだけのキットでは無かった、という訳です。


うぅむ、これをどうやって応用しようか、悩みます。どうしたら面白いかなぁ…。


是非とも、お試しあれ~!!

(記事:オカポン)

更新予定:毎週木曜日(次回は2月11日です!)


★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
1.5V白色LED点灯キット AGE-2W 1個 こちらから→
1.5V青色LED点灯キット AGE-2B 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。


★キット製作時に使用した道具は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
DASH低価格セラミックヒーターハンダこて15W
はんだ付け入門セット
FX650-84 1個 こちらから→
マイクロニッパー 11295 1個
精密ピンセット/逆作用ピンセット 先細 TS-16 1個
電子工作用ハンダ SD-63 1個
ワイヤーストリッピングゲージ BBM-WSG 1個
セラミックヒータータイプ用こて台 FH300-81 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

このページのトップヘ