エレショップblog

半導体・センサー・マイコン・電子工作キットほか、各種電子部品の専門店「共立エレショップ」から主に電子工作の関連情報をお届けします。 http://eleshop.jp/

記事担当:
ハンダ付け不要-非マイコン系


本日は!
発売前から大反響。オカポンも欲しくて欲しくて欲しくてウズウズしていた★「サイボーグハンド / MR-9112」を作ります!!
MR9112a


水圧式のシリンダーでパワーを伝達し、指をなめらかに動かすことが出来ます。
と言っても、何が一番心くすぐるかってこの見た目ですよね!!!!
はぁぁ、格好いい…!!!

サイズ調整も可能なので、子供から大人の手にもフィットします。
さらにパーツの取付位置を変えることで、右手にも左手にもなるんですよ!
2つ買って両手をサイボーグハンドにするとか夢がありますよね!!

はやる気持ちを抑えて、おなじみの箱チェック行きたいと思います!
MR-9112-1-1MR-9112-1-2


テンション上がる大きさの箱ですね!
裏面に記載されている難易度・工作時間の目安は…
難易度は3!工作時間は3時間(目安)となっています。
以前作ったとげまるが難易度4、工作時間3時間だったので、少し簡単なのかもしれません♪(オカポンは写真撮りながらですが4時間半かかっていました。)

今回、工作に必要な工具はこちら。
ニッパー
+ドライバー(サイズ:No.1)
・はさみ
・マーカーペン
・コップ
・水

前回のメカクリッパーで苦い思いをしたので、今回はちゃんとコップ用意しますよ!!!
★「電工女子★ジョイスティックで操作するロボットアーム「メカクリッパー」を作ります! Part2★」



開封したらこんな感じ。
MR-9112-1-3MR-9112-1-4
説明書が大きい!!白黒の絵がレントゲン写真みたいです(笑)
パーツも多いですね。
楽しみです。

ではまず「グリップバー」の組み立てから始めます。
MR-9112-1-5
なぜかアヒルのくちばしを連想してしまった…


毎度お伝えしていますがオカポン的とっても嬉しいポイント!
説明書に実物大イラストが載っています
何のパーツか分からなくなっても大丈夫!!
MR-9112-1-6


タッピングねじは、しっかり最後までしめてくださいね。
力がいりますが、頑張って!!
オカポンの失敗の原因の多くはネジがちゃんと締められてないことですから。


では、説明書に沿ってもくもく工作タイムです!
MR-9112-1-7MR-9112-1-8MR-9112-1-9

MR-9112-1-10MR-9112-1-11MR-9112-1-12

MR-9112-1-13

これにて「グリップバー」の完成です!
MR-9112-1-14
曲線がすてき。
なんか色々気になる部品がありますけど、それは追々組み立てて行くうちに判明すると思います。


次は「手のひらの組み立て」です。
スポンジテープを貼っていくんですが、1枚のシートに見えて実は細かく分かれています。
MR-9112-1-15MR-9112-1-16MR-9112-1-17
説明書と、実物を見比べて間違えないように貼りましょうね。

というわけで、こんな感じ。
MR-9112-1-18MR-9112-1-19MR-9112-1-20

次はパーツを組み立てます。
MR-9112-1-21MR-9112-1-22
同じ形のものを3コ作って、手のひらに組み立てていきます。

MR-9112-1-23MR-9112-1-24


これで「手のひら」の完成です!
MR-9112-1-25


★メカクリッパーよりも工程が少なく、サクサク進んでいきます。
ギヤの組み合わせがないだけでこんなにも簡単に感じるんですね。
次は「指」の組み立てになりますが、それは次週がんばりますよ!


ちなみに開封の儀からここまでで、撮影しながら・試行錯誤しながらで、だいたい1時間かかりました。
さーて、引き続きもくもく工作タイム、頑張るぞ~!


皆さんも、ぜひ作ってみてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は8月6日です!)

記事担当:
ハンダ付け不要-マイコン系

去年の12月以来のラズパイネタです。

前回の記事はこちら
新発売「Raspberry Pi 4 Model B」使ってみました




遅くなりましたが弊社にもラズパイ4のメモリー8GB品入荷しました。

シングルボードコンピュータ ラズベリーパイ4 モデルB /8GB [element14版]
https://eleshop.jp/shop/g/gK77311/


P1190612

P1190617


P1190614



とりあえずOSの入ったメモリーを用意してGUIの画面を出してみます。

2020-07-15-132937_1920x1080_scrot
毎度ながらの良い景色!

まずは「UnixBench」を使用してベンチマーク計ってみます。

2020-07-15-140636_1920x1080_scrot

ほんとちょっとしたブラウザーや動画見るだけであればこれをメインマシーンにしても
問題なさそうなスペックです。初期のGUIで動かすとちょくちょく止まっていたラズパイを
知っている身としては今のラズパイはほんとすごいです。

付属のアプリケーション前と比べると少なくなっている印象ですが、
Pythonなどのプログラミング環境も一通りありますし、必要なアプリ入っていない場合は
インターネット接続してダウンロードしてみてください。

教育用途やリビングPCや組み込みなど、色々な用途でぜひご使用ください。

担当:ヨジゲン

記事担当:
ハンダ付け不要-非マイコン系


先週ようやく★「メカクリッパー / MR-9113」が完成しました!
MR-9113-5-21
ホントに、ホント~に大変でした!
苦労の連続でした!心折れかけたことも何度もありました!!
でも、やればできる!んです!!


これまでの製作記事はこちら
★「電工女子★ジョイスティックで操作するロボットアーム「メカクリッパー」を作ります! Part1★」
★「電工女子★ジョイスティックで操作するロボットアーム「メカクリッパー」を作ります! Part2★」
★「電工女子★ジョイスティックで操作するロボットアーム「メカクリッパー」を作ります! Part3★」
★「電工女子★ジョイスティックで操作するロボットアーム「メカクリッパー」を作ります! Part4★」
★「電工女子★ジョイスティックで操作するロボットアーム「メカクリッパー」を作ります! Part5★」



という訳で今週は、ついに完成したメカクリッパーを動かしてみたいと思います!
一応完成しましたけど、どこかで間違えてて動かない可能性もありますからね。
組上げて終わりじゃなくて、ちゃんと動いてこそ完成と言えますから。

では実際に動かしているところを見ていただきましょう!

どうですか!ちゃんと動いてますよ!
ちゃんと動いてることに結構感動してますよ!
グリッパーのところは動きが面白かったので別動画にしてみました。
グリッパー部分のクローズアップ動画も見てください!

軸が前後する動きをグリッパーの開いたり閉じたりっていう動きに変換してるんですね。
いやはや、思いついた人スゴイな!と素直に感心してしまいました。

さて肝心の仕組みについてですけど、詳しい人から聞いた解説を私なりに噛み砕いたので聞いてください。

秘密はジョイスティックの先にあるドラム型のギヤボックス。
メカクリッパー6_01

このドラム型のギヤボックスには突起が3個ついています
ジョイスティックを動かさない状態だと真ん中の突起が引っかかってギヤが噛み合わない状態になります。
車で言うところの「ニュートラル」の状態なんだそうです。
ジョイスティックを動かすと左右の突起に引っかかって、ギヤが噛み合うようになり、モーターの動きがアームとかクリップに伝えられるんです。
メカクリッパー6_02

ドラム型のギヤボックスには外に飛び出たギヤが有って、左右の突起が引っかかるとこの飛び出たギヤがその先に有るギヤと噛み合ってモーターの回転が伝わるんです。
メカクリッパー6_03

で、左の突起に引っかかった場合は飛び出たギヤが上側に、右の突起に引っかかると飛び出たギヤは下側に噛み合い、先にあるギヤの回転方向が変わるんです。
メカクリッパー6_04メカクリッパー6_05

こうすることでアームを前に動かしたり後ろに動かしたりと、逆の動きもさせることができるんですって。
オカポン書いてて半分も理解できてませんけど、とにかくこれ考えた人すごい!!ってなりました。

で、色々と遊んでみたんですけど。
メカクリッパー6_06

小型のACアダプタくらいならガッチリと掴めちゃいました。
軽く引っ張っても取れないくらいガッチリ掴んでます。意外と握力有るみたいなので、クレーンゲームっぽいこともできそうです。



皆さんも、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は7月16日です!)

このページのトップヘ