エレショップblog

半導体・センサー・マイコン・電子工作キットほか、各種電子部品の専門店「共立エレショップ」から主に電子工作の関連情報をお届けします。 http://eleshop.jp/

記事担当:
ハンダ付け不要-非マイコン系


先週は、ずっと作ってみたかったロボットキット「フォロ」の身体と頭を作りました。(「電工女子★6足歩行ロボ「フォロ」を作ります!★Part1」)
folo-28folo-32


今週はその続きに取り掛かろうと思います。
先週も紹介しましたが、工作するうえで必要な工具はコレ!
(1)ニッパー
(2)ドライバー(サイズ:No.1)
(3)単4乾電池×4本
部品の切り離しにニッパーが、組立にはドライバーが、フォロを動かすのに単4乾電池が必要になるんでしたね。
そして、オカポンが作ってみてあったら便利だな、と思ったのがピンセットでした。
folo2-1


さて、では前回の続きです。
身体まで作ったら、ひっくり返して下半身を組み立てていきます。
folo2-2

まずは、下半身のベースになる腰部分を取付けます。
▼マークを合わせたり、部品の方向を確認したり。
間違いやすいので説明書をよく確認しながら各パーツをはめ込んでいきます。
folo2-3folo2-4

そして、重要な足部分を作っていきます。
まずは腰パーツに3本分。人間で言うと太もも部分ですね。
folo2-5folo2-6folo2-7

次に別パーツで3本分。
作り終わったら腰パーツと合体!
folo2-8folo2-9folo2-10

先ほど取り付けた別パーツ(一番上に見える黄色いパーツ)の足3本に部品を追加します。
folo2-12folo2-13


お腹の底をねじで固定します。
このねじをしめる順番ですが、きっちり説明書に書かれているので、迷うことがありません。
説明書通りに作れば失敗しないので安心です。
folo2-14folo2-15folo2-16


まだまだ足です。人間でいうところのふくらはぎから足先にかけてですね。
folo2-17folo2-18

これを、先に作ったふともも部分にパチンパチンとはめていきます。
folo2-19folo2-20folo2-21


組立てている最中は、何がどうなっているのかよく分かりませんが、出来上がると「うわ~、こんな風になっているんだ~…!!!」と驚きます。
思ってた以上に複雑な構造で、正直何がどう動くのか全く分かりません。

folo2-22
わー!!!立った!!!!!フォロが立った!!!!(^^)
理屈はわからなくてもフォロの可愛さなら判ります。
ここまでできれば完成も目前です。

あとは、腕を作って
folo2-23folo2-24folo2-25


取り付けると、完成です!!!!!
folo2-26

ひゃぁぁ!!!
かわゆい!!!!!
持ち方ですが、腕や足を持つと部品がはずれて落ちちゃうので、頭を持つように、とのこと。
…持ってみた。
folo2-27folo2-28
あぁぁぁ・・・かわいい・・・!!!

おでこにあるボタン一つで電源のONOFFモード切り替えとすべての操作ができるようになってます。
おでこボタンを2秒ほど押し続けると、目が光ってブザーが鳴って、足がバタバタうごきます。
これがまた可愛いのなんの…。
この動作がフォロが目覚めた合図です。
folo2-29

あ、因みに。
電池(単4×4本)は新品のものを使いましょうね。
オカポン、まぁテストだし良いかなぁ…と思って、机の上に転がってた電池使ったんです。
電源ONにした時は目も光って音も鳴って動いてくれたんですが、モード切り替えてもうんともすんとも言わないんです。
あれ?ってなって、電源ON・OFF繰り返したんですが、目は光るけど動かない。
もしや…と思って電池の残量をチェッカーで測ったら、4本中2本の残量がほぼ無い状態でした…。
新品電池に変更したところ、とっても元気に動き回ってくれましたよ。
みなさんも電池の残量には気をつけてくださいね!!

さて、では実際に動くところを見ていただきましょう~!
ただ歩かせるだけでカワイイフォロなのですが、実はオカポン、やってみたいことがありまして。
それはなにかというと...
まずはフォロをもう一台用意します。
そう、フォロ2台で「フォロの行進」をやってみたいと思います!!


ちんまいフォロが縦に並んで歩く姿、めっちゃカワイイです!!
作ったフォロ(後ろ着いて歩く子)が少し歩いた後、前を歩いているフォロを見失ってオロオロしています。こういう仕様なのでしょうか…?
後ろを歩く子がキョロキョロするから、前の子を見失う(センサーから外れる)んですね。
もう!オバカちゃん!(デレデレ)ってなりながら、撮影してました。


※注意※
フォロなんですが、目の下部分に赤外線センサーがあります。
folo2-30
なので、この位置よりも低い障害物だと気づかずにずんずん進んでしまうんですね。
障害物を配置する時は、ちょっと高めにするのが良いですよ!



ぜひ、可愛いフォロを作ってみてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は5月17日です!)


★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
赤外線レーダー搭載!6足歩行ロボ フォロ MR-9107 1個 こちらから→
モデラーズニッパー α(グレイ)/クラフトツールシリーズ No.93 ITEM74093 1個
先端滑り止め加工付プラスドライバー#1(六角軸タイプ) EA560WD-1 1個
単4形アルカリ電池4本パック LR03R/4S 1個
汎用型ピンセット 120mm[RoHS] P-880 1個
工作マット / 350×250mm KP-S130 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

記事担当:
ハンダ付け不要-非マイコン系


本日のエレショップblogは、プレスリリースで発表されたときから作ってみたくて作ってみたくて作ってみたくて仕方なかったロボットキットを紹介しようと思います!!!

じゃじゃじゃじゃーん!

folo-1

そう、★「フォロ」です!!!!
エレキットの赤外線レーダー搭載6足歩行ロボット『MR-9107』です!
見た目がカワイイのはもちろんなんですけど、なんとのところに赤外線センサーが付いていて、眼の前を動くものについて行ったり障害物を避けて通ったりすることが出来るスゴイヤツなんです!
これはもう一緒に遊んでみるしかないですよね!


ちなみにフォロ、エレショップでも購入することが可能になりましたので、気になっていた人、初めて知った人、ぜひとも買って作ってみてくださいね!

ということで、オカポンも早速作ってみたいと思います♪

オカポンの期待と同じくらい大きな箱!
大きめの箱ってワクワクしますよね!
folo-2
箱の側面には部品の一覧が!
これらの部品でフォロは構成されているわけですね!テンション上がります♪

説明書はどうかな~?
と、説明書は小冊子タイプですね!
これはひとそれぞれの好みになると思いますが、オカポンはこの小冊子タイプの説明書が好きです。
大きい1枚モノの説明書は全体が把握しやすいんですが、オカポンの能力的に全体把握出来ても活用できないんデス。
小冊子タイプだと、1つ1つの説明箇所も大きくて分かりやすいし、順を追って作っていけるので見る場所を間違うこともなく、とっても便利だと思います!
folo-3
ページ数もこんなにあります。
一つ一つの工程を丁寧に説明してくれているから、このページ数なのですね!とっても親切♪
エレキットのキット類は説明書が見やすくて解りやすいのも特徴なんです。
初心者にはとてもありがたい、よく出来た説明書です。

さて、工作するうえで必要な工具は...
(1)ニッパー
(2)ドライバー(サイズ:No.1)
(3)単4乾電池×4本
部品の切り離しにニッパーが、組立にはドライバーが、フォロを動かすのに単4乾電池が必要になります。
ドライバーにも選び方にコツがあるんですけど...詳しくは後半で。

オカポンが作ってみて、あったら便利だな、と思ったのがピンセットです。
最後の方で電池ボックスをフォロの中に入れるんですが、電池を入れ替えしたい場合、なかなか電池ボックスが出てこなくって…
ピンセットで電池ボックスの端をつまんで引っ張り出したら、簡単に抜けたのであったら便利かな~と思いました!

というわけで、使用する部品チェックです!
folo-4folo-5

以前も使用した工作マットに並べていきます。
やっぱりこの工作マット、仕切りもあるし、コロコロ滑らないし、とっても便利マットだと思います。
ネジ置き場も使ってみました。
一個一個置くの、正直面倒くさかったんですが、数の確認にもなるしこれも転がらないので、まぁ便利…かな?と思います。

説明書も、イラストたっぷりでとっても分かりやすいです!
folo-6

プラスチックパーツは全部で4種類。(A、B、C、D)
これも、パーツの種類ごとにアルファベットが大きく印字されているので、迷うこともありません。
folo-7folo-8

パーツの切り離し方は、以前(「電工女子★カムプログラムロボットで遊びます★」)もやりましたが、ニッパーの刃先のツルッとした面を、パーツ本体に添わせてカットしましょうね。
folo-9
これで、バリをほぼ出さずにカットする事ができます。

あとは説明書どおりに…
folo-10folo-11folo-12
組み立てるだけ。迷うことはありません。

迷うことは無いんですが、オカポンが慣れていないのか、ただ下手っぴなのか…
folo-13
ここ!!説明書の番号でいうと(4)になります。
これ、このネジ、タッピングねじと言って、自分でねじの溝を切りながらしめるタイプのネジなんです。
このタッピングネジを3箇所あるねじ穴に順番にしめていくだけの工程なんですけど...
まぁそこは問題無いんですよ。キリキリ締めていくだけのことですから。
でもね、このねじがね…コロコロ転がってね、ギア部分のすき間に落ちるんですよネー…。
キィィ!
ネジが落ちたら「B3パーツ」を取って組み立てたところをばらしてネジを救出してまた組立直しになるんです!キィィィィィィ!!
…オカポン、3,4回落としました。
ちなみにこういう時にもピンセットは役に立ってくれました。

さんざん苦労してネジをようやく締め終わったところで先輩社員サンがアドバイスをくれました。
マグネット付きのドライバーか滑り止め付きのドライバー使えばいいのに
なんですと!?
そう、フォロに付いているネジは磁石にくっつくので、先端が磁石になったドライバーとか、ネジを吸着する滑り止め付きのドライバーを使えば、ネジが落ちていくことが無かったんだそうです...
トホホホ...そういう事は最初に言ってほしかったです。


気を取り直して組み立てに戻りましょう!
説明書には組立てる時の注意点(部品のウラオモテ、組み合わせ方)や、コードの通し方も丁寧に解説されています。
folo-14
コードは「ここを通しておく」箇所に通さないと、全体を組み合わせた時に引っかかって閉まらない、なんてこともあるので注意しましょう。


今回、オカポン的に面白かったのはこの奥の方にあるねじでした。
folo-15folo-16
こんなに奥深くにあるねじ、初めてだったんですが、締めにくいですね!(笑)
ドライバーがねじ頭にささっているのか、きちんと締めれているのか、どこまで締めれているのか、全くわからない…。分からなさすぎて、笑えてきました。
とりあえず、なんとなく締めてみて、逆さまにして振っても落ちてこなかったら良しとしました。


ということで、ボディの完成です!!
folo-17
黄色い身体に黒が映えて、とっても可愛いですね。


お次は顔部分です。
フォロにとって、とっても大事な部分です。
って、ここでオカポン、またつまづきました

目のパーツを入れて、ステッカーを貼ります。
folo-18folo-19folo-20

この段階では目のパーツは何も固定されていません
そこに基板を差し込みます
folo-21folo-22


で、基板がグラグラしないように両端をねじでしめるんですが、目の部分は触っちゃダメなんです。
説明書にも書いているんですが、目の部分に触れて押さえてしまうと、目のパーツが外れちゃうんです。
だって固定されていないんですもの。
でもね、よし、基板固定できた!と思って、顔を持ち上げた時に指が目に当ってね…外れたんですYO…。
folo-23
そんなバカな・・・。
そうなったら、基板固定したねじ外す基板取る目のパーツはめ直す基板設置しなおすねじ締める。をしなきゃいけないんです。
めんどうくさい・・・!!!!

まぁ、結局これも3、4回繰り返すことになったんですけどね…。
イライラするんですが、フォロの目をじっと見てると、可愛いから頑張って仕上げよう。って気になりますよね。
頑張りました。
folo-24


基板を固定し終わったら、目を守るためにカバーをつけます。
目に触れないようにカバーを慎重に溝にはめます。
folo-25folo-26

おお!それっぽくなってきた!!

顔はまだ完成していませんが、この状態で電池を入れます
電池ボックスのコネクタの差し込みにもオロオロしました。
説明書には
「コネクタの向きに注意!スムーズにはまらないときは逆向きになっていないか確認してください」
って書いているんです。
ただ、なんとなくコネクタってかっちりハマるものだと思ってたんですが、このコネクタ、奥まではまらないんですよ。
不安に思いつつも一旦はまってしまうと、抜けないんですよねぇ。ってコトはちゃんとはまってるってコトなんですかねぇ...
でも中途半端にささってるようにも見える。
folo-27
これ、あ、壊したかも・・・。って、本気で思いました。

でも、大丈夫でした!!
folo-28
電池ボックスに電池入れたんですが、こんな可愛い表情で見上げてくれた(ように見えるだけ)のです!!!

オカポン、頑張る!!!
電池ボックスを入れて、もう半分の頭を合体させます!
folo-29folo-30


あぁぁぁぁ・・・・これだけなのに、もう、可愛い。
folo-31folo-32


単4電池が4本、頭に入っているのでずっしりと重いんですが、それがまた生きてる感じがするんですよね!
あぁ、フォロは今オカポンの手の上で生きている...
えぇ、主観入りまくりな感想なのは分かっています。
でもそう感じちゃったんです!

顔ができた時点で目一杯堪能していますが、実はまだ完成していないんですよね。
来週は、きちんとフォロを完成させて、どんな動きをするのか、実際に動いているところを見てもらおうと思います!


ぜひ、可愛いフォロを作ってみてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は5月10日です!)



★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
赤外線レーダー搭載!6足歩行ロボ フォロ MR-9107 1個 こちらから→
モデラーズニッパー α(グレイ)/クラフトツールシリーズ No.93 ITEM74093 1個
先端滑り止め加工付プラスドライバー#1(六角軸タイプ) EA560WD-1 1個
単4形アルカリ電池4本パック LR03R/4S 1個
汎用型ピンセット 120mm[RoHS] P-880 1個
工作マット / 350×250mm KP-S130 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

記事担当:
ハンダ付け不要-非マイコン系


先週久々にハンダ付けキット★「4音色サウンドキット」を作ってみました。(「電工女子★4つの音色から選べるサウンドキットを作ります!★」)
その先週のブログで「あれ?何かがいつもと違うような…?」と気付いてくれた人、いったいどれだけいたでしょうか…?

そう、実は背景がちがっていたのです!
今までの背景って緑マットが多かったと思うんです。
コレとかこれとかこれとか。
CAMprobot3-1UVresin-5TM5553-5


先週、初お目見えしたのがこの水色マットなのです!!
KPSND41-28KPSND41-9


このマットですが「共立プロダクツ」から発売されています。
エレショップからでも購入出来ますよ!

そもそもオカポン、工作するときに使えそうな専用マットを持ってません。
あったら便利だろうなーと思って2~3年前に買おうと思ったんです。
★「卓上導電マット A4」とか良いんじゃないだろうか…とか思ってたんですよ。お手頃価格だし。(2018.04.24現在 ¥1,382)
でも、なんか買いそびれてしまって。
しっかりしている分、ちょっと硬かったのも迷ったポイントだったのかもしれません。
置き場所にも困るかなー、とか思ったり。
その後、100均で売ってる工作マット(粘土こねこね出来るやつ)とかも買ってはみたんですが、サイズがちっちゃいんですよ。
オカポン、よく作業しながら色々取っ散らかすので、あんまり小さいのもアカンな…と。

まぁ、なくてもいっかーっていうのが半分と、作業するのに(ハンダ付けしかり、ホットボンドしかり)あったほうが机を傷めなくても良いから気持ちも楽だし、ある方が良いよなーっていうのが半分と。
必要と思いつつもピンとくるものがなくて放ったらかしの状態でした。

そんな中でのこの「工作マット」ですよ!
この工作マット、なかなかイケてるんじゃない!?なんて思っちゃいまして。
そこで今回、実際にこのマットを使用してみて思ったことを書いていこうと思います。

まず良いところから。

(1)部品が滑りにくい
この工作マット、シリコンっぽい素材で出来ているようで、柔らかいんです。(素材は不明なんですって)
普段作業している机だと、部品がつるつる滑ってハンダ付けしにくいこと、多々あったんですよ。
だから、工具とかで部品を固定していたんですが、この工作マットだと部品が滑りにくくて作業がとってもしやすいです!


(2)部品のあしなどのゴミをまとめやすい
マットのまわりには仕切られたスペースがあるんです。
マットの大きさによってスペースの数は違うんですが、使用する部品などを入れておくことが出来るんです。
そこのスペースを見ながら「これは…!!!」と思うことがありまして...
ハンダ付けした後、部品の足って切りますよね。
その切った足の処理にいつも悩むんです。
集中して作っている時なんて、いちいち足切ってゴミ箱入れて…なんてしないので、部品入ってた袋とかにまとめたりするんですけど、これが結構面倒で...
でも、このマットの区切られたスペースにゴミをまとめれば作業も楽になりますし、切った足がどこかに行って後で踏んづけてイヤンってなることもないので、オカポン的にはかなりポイント高いです!
kousakuMAT-3


(3)スケールがついている
なんとなくのサイズが知りたい時に便利…?
配線材の長さ測るのに便利かも...?
前回、全く使用しませんでしたけど、「こんな事もあろうかと!」的に使えるかもしれません。(笑)
kousakuMAT-4


(4)ハンダゴテ、ちょっとあたったくらいでも、平気
ハンダゴテの温度ってかなり高いんですよね。(300~400℃)
大体のマットは溶けちゃったり、黒くなったりするんですが(キケンだからしないでくださいね!)、このマットは黒くならないんです!
多少ハンダゴテを押し付けても平気へっちゃら。溶けたり焦げたり変な匂いがしたりしません。
なんだか超安心。安心してハンダ付けが出来ますね。
ただ、工作マットの耐久温度が何度なのか分からないので、コテの電気入れたままマットに置きっぱなしとかは絶対にしないでくださいね!


(5)小さくまとめられる
ちょっと丸めてカバンに入れておく、なんてことが出来るのが助かります!
机の引き出しとか棚の中とか、ちょっとした隙間に直しておけるのもポイント高いです。
普通の工作マットは曲げると癖がついたりそもそも曲がられなかったりしますが、柔らか素材のこの「工作マット」ならそんな不満ともおさらばです。
kousakuMAT-5


とまぁ良い点はこんな感じです。
次にビミョ~と思ったところを。

(6)ちっこい穴の活用法が不明
この工作マット、サイズ違いで2種類出ています
オカポン、今回大きい方を使ったんですが、作業スペース内の左端に小さい穴が空いているんです。
いちおう「ネジ置き場」とはなっているんですけど、前回作ったキットにネジ入ってなかったからかもしれませんが…使い方が、よくわかんないなぁ…と。
こんなに大量のネジを使う工作があるのかなぁ....?とか考えちゃいました。
面白いのは、このちっこい穴に番号がふってあること。
おそらく番号でどこに使ってたネジか判るようにするためなんでしょうけど、ネジを分類する以外で活用法が、本当に分からない…。
kousakuMAT-6


(7)静電気対策商品ではない
なんとなく、静電気除去してくれそうな見た目なんですが、静電気対策商品ではないんです。
ちょっとした工作で使う分には問題無いですが、静電気対策されたマットの方が良い!って方は、さっきちょっと紹介した★「卓上導電マット A4」などを使ってくださいね♪


(8)ほこりがつきやすい
シリコンっぽい素材なので仕方ないんですけどね…。細かいホコリがつきます
kousakuMAT-7

以上、ビミョ~なところでした。

最後に選び方について少し。
オカポン自身は大きいマットのほうが作業スペース広いから良いと思うのです。
さっきも書きましたが、この工作マット、サイズ違いで2種類あります。
小さい方★「280×200mm」
A4サイズが297×210mmなので、A4よりちょっと小さいです。
ただ、仕切られたスペース込みでこのサイズなので、作業スペースはもっと小さいです。
kousakuMAT-2

オカポンが使った大きい方★「350×250mm」
作業スペースが(ネジ置き場込みで)A4サイズくらいあります
これくらいある方がオカポン的には安心です。
kousakuMAT-1


サイズの比較はこんな感じ。
kousakuMAT-8
こう見ると、結構大きさの違いがありますね。
と言う訳で、私のように作業スペースが広いほうが良いという人は大きい方を、持ち運び用や作業スペースが小さくても良い人は小さい方を選ぶのが良いと思います。

さて、どうでしたでしょうか!?
良い点も、よくわからない点も、悪い点もありましたが、オカポン的にはこの「工作マット」オススメしたいと思います!
サイズで悩むなら、やっぱり大きい方が良いかなー、と思います。


皆さんもぜひ使ってみてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は5月3日です!)


★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
工作マット / 280×200mm KP-S110 1個 こちらから→
工作マット / 350×250mm KP-S130 1個
卓上導電マット A4[RoHS] ZCM-05 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

このページのトップヘ