エレショップblog

半導体・センサー・マイコン・電子工作キットほか、各種電子部品の専門店「共立エレショップ」から主に電子工作の関連情報をお届けします。 http://eleshop.jp/

記事担当:
ハンダ付け不要-マイコン系


こんにちは。

前回、ドハマリしている★「micro:bit(マイクロビット)」の説明とおすすめポイントについて説明しました。(電工女子★micro:bit(マイクロビット)はじめました。Part1)
今回は『~micro:bit(マイクロビット)のここが良い! その2~』を紹介してみたいと思います。


~micro:bit(マイクロビット)のここが良い! その2~
◆スマホアプリがある!
◆無線通信機能(Bluetooth)でプログラムをダウンロードできる!

micro:bit(マイクロビット)のスマホアプリがあるんです!

写真10:スマホ

個人的にはこれが一番うれしくてmicro:bit(マイクロビット)にはまってしまったのはこのアプリのせいだったりします。^^
だって、パソコン起動するの面倒くさいですもんね。
スマホなら、ささっとポケットから取り出してすぐ使えますし!
(面倒くさがり屋の個人的な感想です)

早速アプリをインストールします。
※私はiPhoneのソフトウェアのバージョンiOS11.2.5下でインストールしました。

インストールが完了したら、自分のmicro:bit(マイクロビット)とスマホを無線通信機能(Bluetooth)でペアリングします。

まずはmicro:bit(マイクロビット)に電源を繋ぎます

写真11:電源

そして、ペアリング設定へ。

[Choose micro:bit]を押す
写真12:スマホ ペアリング1

[Pair a new micro:bit]を押す
写真13:スマホ ペアリング2

次にmicro:bit(マイクロビット)のAボタンとBボタンを押しながら、裏面のリセットボタンを1回押します
※アプリの画面に説明が出ます。
写真14:スマホ ペアリング3

しばらくするとmicro:bit(マイクロビット)本体のLEDに「PAIRING MODE!」と表示されます。(文字が流れます)

「Next」を押して次画面へ
写真15:スマホ ペアリング3-2

次にmicro:bit(マイクロビット)本体を見るとLEDが光っています
写真16:ペアリング本体

で、アプリの画面を見るとこんな感じ。
写真17:ペアリング4

micro:bit(マイクロビット)本体のLEDが光っている箇所をアプリの画面に入力します。
画面をタッチしてどのLEDが光っているのか入力してきましょう。
画面をタッチすると赤色に変わります。
正しければ「Ooh, pretty!」と出ますので、「Next」を押して次画面へ
写真18:ペアリング5

次にmicro:bit(マイクロビット)本体のAボタンを押すように指示する画面が出ます。
写真19:ペアリング6

micro:bit(マイクロビット)本体に数字が表れるので、その数字をアプリ画面に入力
写真20:ペアリングコード

正しく入力が終わればペアリングが完了します。
写真21:ペアリング成功


ふぃーーーっと、ここまで長かったですね。
お疲れ様です。

あとはプログラミングを楽しむだけです。
スマホのアプリで作成したプログラムをmicro:bit(マイクロビット)に無線通信で転送できるんですよ。
いちいちケーブルとか使う必要なし!^^v ヤッタ!

それでは早速ブロックを組み合わせていきましょう

[Create Code]を押す
写真22:クリエイトコード写真23:スマホ エディタ

ここでもブロックをあっちにやったりこっちにやったり、色んなマークをクリックしてしてみたりしてちょっと慣れましょう
では、いよいよmicro:bit(マイクロビット)にプログラムをダウンロードしてみましょうか。

micro:bit(マイクロビット)でプログラムを作成
写真24:スマホ 作ったコード

プログラムに名前もつけられます。
写真25:スマホ 名前1写真26:スマホ 名前2


そして、ダウンロードボタンを押して、ダウンロード
写真27:スマホ ダウンロード0

[ダウンロード]を押す
写真28:スマホ ダウンロード1

[開く]を押す
写真29:スマホ ダウンロード2

[Flash]を押す
写真30:スマホ ダウンロード3

正常にペアリングができれば、そのままプログラムがダウンロードされていきます
ダウンロード中のmicro:bit(マイクロビット)はこんな感じ。(プログラムが転送されてくるのを待っている状態)
写真32:スマホ ダウンロード5


…しばらく待って、、、ダウンロード完了!
写真33:ダウンロード完了

こんな感じで動きます。

アプリにもシュミレーターがついているのでイメージしながら考えることができます。
写真34:シュミレータ

これならちょっとした隙間時間でもできるからモチベーションを持続しやすく、飽きっぽい私もずっとやってます。
(テトリスとかやってる感覚だろうか…。全然違うけど。^^)

次回は『micro:bit(マイクロビット) X 電子工作』にチャレンジしてみたいと思います。

お楽しみに!

(記事:ぐっちさん)
更新予定:毎週木曜日(次回は4月5日です!)



★すべて揃ったフルセットは、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
micro:bit(マイクロビット) micro:bit 1個 こちらから→
microUSBケーブル 1m ABM-10 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

記事担当:
ハンダ付け不要-マイコン系


こんにちは。

プログラミング初心者のぐっちです。
私はArduino(アルドゥイーノ)を中心に『プログラミング X 電子工作』を勉強中なのですが、
最近ドハマりしている商品がこちらです。

写真1:マイクロビット正面
じゃん。

2020年度からの小学校でのプログラミング教育必修化に向けて、色々なプログラミング教材が販売されています。
当社で取り扱っている製品も、年齢難易度レベルプログラム言語の種類の違いパソコン要不要のものなど様々です。
メディアでも「2020年のプログラミング教育必修化」というキーワードをよく見聞きするようになり、
先生方や親御さんも子供の教育について色々と検討されている時ではないでしょうか。

日本だけではなく、今、世界中の国々がプログラミング教育に力を注いでいます
micro:bit(マイクロビット)はイギリス生まれのプログラミングツール
イギリスでは11歳、12歳の小学生全員に『無料で』配布されるのだそうです。
(イギリスすごい!本気やな、と思いました)

写真2:マイクロビット裏面

micro:bit(マイクロビット)には、25個の赤色LED2個のボタンスイッチ加速度センサ磁力センサ無線通信機能(Bluetooth)搭載されています
そして、プログラミングができます。\(^o^)/
個別にこの機能を揃えようと思ったら、まぁまぁ高額になっちゃいますよ。
これ一台あれば、色々遊べる…いやっ、勉強できるところが超すごい!おススメ!です。

そんなmicro:bit(マイクロビット)を手にした私。
まずはmicro:bit(マイクロビット)のことを知らねば!
ということで、公式のウェブサイトを覗いてみました。


写真3:サイト1

はい!日本語です!イギリス生まれだけど、英語じゃないです。
(ちょっと安心。^^)
色々見て回ったあとは、「早くプログラミングしたい!」ということで、「プログラムしましょう」をクリックしました。

写真4:サイト2

更に「プログラムしましょう」の部分をクリックすると次画面に。

写真5:サイト3

micro:bit(マイクロビット)のエディタ画面が出てきました。

写真6:サイト4

ここでブロックを使って(ブロックの組み合わせで)、micro:bit(マイクロビット)に「LEDを光らせて!」「LEDを消して!」などの指示を出していきます
難しく考えず、遊び感覚でブロックを組み合わせていきましょう!

写真7:サイト4-2

どの引き出しにどのブロックが入っているのか、ブロックの組み合わせ方など、
実際にマウスを使ってブロックをあっちにやったり、こっちにやったりして慣れていきましょう
ブロックの種類は色で分けられているので探しやすいし、
ブロックの凹凸も組み合わせ可能かどうかイメージしやすいですよね。
(凹凹ではカチッと合体できないし、凸凸どうしも合体できない…凹と凸で合体!みたいなイメージ)

しばらくサイト内をウロウロ見て回り、カチャカチャいじってみて、
「micro:bit(マイクロビット)って本当に使いやすくて便利なプログラミングツールだな」と思いました。


~micro:bit(マイクロビット)のここが良い! その1~
◆パソコンの画面上でシュミレーションができる!

例えば、micro:bit(マイクロビット)に搭載されている赤色LED25個を点灯させてみたいと思います。

写真8:サイト5

こんな感じでブロックを組み合わせてみました。
どのように光るのか?!をmicro:bit(マイクロビット)にプログラムをダウンロードする前にパソコンの画面上でシミレーションすることができます
画面左側にあるmicro:bitに注目!プログラムした通りに動きが変わるのでわかりやすいです。

写真9:サイト6

プログラムをダウンロードして →「ん?なんか違うな~」
再度プログラミングしなおしてダウンロード →「これも違うな~」
違うな~、違うな~…って何度もダウンロードしなおさなくても、
シミュレーターでどのような動きになるのか見て、納得できたプログラムを厳選してダウンロードすればブロック(プログラミング)に集中することができますよね。
「これだ!」というプログラムが出来たら、パソコンとmicro:bit(マイクロビット)をUSBケーブルでつないで、プログラムをmicro:bit(マイクロビット)にダウンロードします。

当たり前なんですけど、シミュレーション通りに動くとテンション上がります。
ほんとに簡単、そして楽しい。
これは人気がでるのも頷けます。

次回はもっと気軽にmicro:bit(マイクロビット)を楽しめるようになる~micro:bit(マイクロビット)のここが良い! その2~を紹介してみたいと思います。


お楽しみに!

(記事:ぐっちさん)
更新予定:毎週木曜日(次回は3月29日です!)

★すべて揃ったフルセットは、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
micro:bit(マイクロビット) micro:bit 1個 こちらから→
microUSBケーブル 1m ABM-10 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

記事担当:
ハンダ付け必要-マイコン系


8週に渡ってお送りしました、IchigoJamをより楽しむためのキット★「LEDもぐらたたき」
まさかここまで遊べるとは思ってみませんでした。ヘヘヘ。
moguraSW4-1moguraSW4-2


ということで、ちょっとおさらいをしてみましょう!

まずは、ブレッドボードについて勉強しました。「電工女子★IchigoJamで遊ぶ前にブレッドボードを勉強します★」
簡単使いやすいとよく聞くブレッドボードですけど、いまいち使い方が分かっていませんでした。
でも今では何となく使える、くらいにはレベルアップしました!
mogura1-15bread-1


次は、IchigoJamで遊びながら勉強できる「LEDもぐらたたき」のキットを組み立てました。「電工女子★IchigoJamの「LEDもぐらたたき」をしてみます★」
イラストで組み立て方が説明されているので分かりやすかったです。
mogura1-1


そして「LEDもぐら」の動作チェック「電工女子★IchigoJamの「LEDもぐらたたき」をしてみます Part2★」
IchigoJamで、LEDとかモーターを動かす事が出来る「OUT」コマンドを勉強しました。
mogura2-4mogura2-1


引き続き「LEDもぐら」の動作チェックをしました。「電工女子★IchigoJamの「LEDもぐらたたき」をしてみます Part3★」
ここでは「PRINT」「IN(数字)」コマンドを勉強しました。
mogura3-2mogura3-5mogura3-4


説明書通りに作った「LEDもぐらたたき」も一応完成。
でもこれだけじゃ面白くないので、もっと楽しむためにプログラムのカスタマイズポイントを解説しました。「電工女子★IchigoJamの「LEDもぐらたたき」をしてみます Part4★」
mogura4-2mogura4-4


遊んでみた結果、スイッチが小さすぎて押しにくかったので、スイッチをでかスイッチに交換しました。「電工女子★もっとゲームらしく!デカスイッチつけます♪★」
スイッチに配線を付けてブレッドボードに挿して、大変でしたがやってみると楽しかったです。
moguraSW-11moguraSW-12moguraSW-16


次は、スイッチがブラブラして押しにくいので、ダンボールの箱などを使って工作をしました。「電工女子★もっとゲームらしく!デカスイッチつけます♪Part2★」
モグラを叩いた時の衝撃に耐えられるよう仕込んだ牛乳パックの補強が、案外うまく行って結構嬉しかったりするオカポンです。
これで一気に『ゲーム機』っぽくなりました
moguraSW2-3moguraSW2-9moguraSW2-15


そして先週はLEDをもっと明るくしたり、デコったり、ケーブルを延長したり、でかスイッチについてるLEDを光らせてみたりしました。「電工女子★もっとゲームらしく!デカスイッチつけます♪Part3★」
この電子工作が結構面白かったです。
やっぱり手を動かすほうが性に合うオカポンなのでした。
moguraSW3-3moguraSW3-6moguraSW3-16


こう見ると、結構やってきましたねぇ…
そこまで遊べるってことですね!いやぁ、奥が深い。まだ、出来そうなこと色々ありますからね。

ということで!
実際に光っているところを動画で撮ってみたので見て頂きたいと思います!
※音が出ます


…あ、あれ!?
凄く光ってる!!!
なにこれ楽しい!!!
思わず、何回も遊んでしまいました。(笑)


では気を取り直して…。
次はスイッチ内のLEDじゃなくて、箱から出ているLEDもぐらバージョンです!
※音が出ます

いやぁ、まさかのLEDをデコるために使ったレジンが、ポロっと落ちてしまいました。(笑)
接着部分のレジンが少なくてきちんと固定できていなかったんでしょうねぇ。

しかし、これも楽しい~!!!!
先週もお伝えした通り、IchigoJamって「出力電流が最大4mA」なんです。
今回使用したLEDは20mA流した時に一番明るくなるんですよ。
なので光り方もショボショボなんじゃないかと思ってたんですけど、結構光ってくれましたね!
皆さんもLEDを好きに付け替えて遊んでみてくださいね!

実はもっとやってみたいことがあるのですが、それはまた次の機会にしてみようと思います。

来週は、なんとぐっちさんが例の「アレ」を教えてくれます…!
たーのーしーみー!!!(^^)


みなさんもIchigoJamで遊んでみてくださいね!
 
(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は3月22日です!)


★すべて揃ったフルセットは、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
こどもパソコンIchigoJam T スターターフルセット IchigoJam-T-SFSET-BK 1個 こちらから→
IchigoJam電子工作パーツセット LEDもぐらたたき MOL-jamP 1個
QIケーブルシングルピンプラグ10色セット 311-369 1個
37mm 照光でかスイッチ 12V LEDタイプ 赤 A接点 37SW-R-A 1個
37mm 照光でかスイッチ 12V LEDタイプ 青 A接点 37SW-B-A 1個
37mm 照光でかスイッチ 12V LEDタイプ 黄 A接点 37SW-Y-A 1個
超高輝度LED 5φ 赤 OSR5PA5201A-VW 1個
高輝度LED 5φ 青 RT5-6387K6T 1個
5φLED 超高輝度 橙 OSO5PA5111A-VW 1個
電子・通信機器用ビニル電線 KV0.2SQ 1m×6色袋入 0.2KV-1X6 1個
収縮チューブセット2mmφ×6色 24本入 HS020024OC-160*2 1個
プラジェットミニ(ヒートガン) PJ-M10 1個
カーボン抵抗 1/4W 5% ★受注単位有★ 200Ω 20個
(必要数は3個)
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。


★キット製作時に使用した道具は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
DASH低価格セラミックヒーターハンダこて15W
はんだ付け入門セット
FX650-84 1個 こちらから→
マイクロニッパー 11295 1個
精密ピンセット/逆作用ピンセット 先細 TS-16 1個
電子工作用ハンダ SD-63 1個
ワイヤーストリッピングゲージ BBM-WSG 1個
セラミックヒータータイプ用こて台 FH300-81 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

このページのトップヘ