エレショップblog

半導体・センサー・マイコン・電子工作キットほか、各種電子部品の専門店「共立エレショップ」から主に電子工作の関連情報をお届けします。 http://eleshop.jp/

記事担当:
ハンダ付け不要-非マイコン系


今回も前回の続きで★「サイボーグハンド / MR-9112」を作りますよ!!
MR-9112-3-41


今回は、完成まで作り上げたいと思います!!
前回は「水圧シリンダーのチェック」まで進めました。
★「電工女子★自分の手をパワーアップ!「サイボーグハンド」を作ります! Part1★」
★「電工女子★自分の手をパワーアップ!「サイボーグハンド」を作ります! Part2★」
★「電工女子★自分の手をパワーアップ!「サイボーグハンド」を作ります! Part3★」

今回はその続き「親指の組み立て」から始めます。
ほぼ、もくもく工作タイムです。
MR-9112-4-1MR-9112-4-2MR-9112-4-3
下から生えてる赤いパーツが、硬くて硬くて奥まで入りにくかったです。

そして、ここ!
MR-9112-4-4MR-9112-4-5MR-9112-4-6
3か所かみ合うところがあるんですが、めちゃくちゃかたくて、ちゃんと挟まっているのかよく分からなかったです。でも、スッ…と入る部分があるので、説明書と現物をよく見て組み合わせてくださいね!

MR-9112-4-8MR-9112-4-9

MR-9112-4-10MR-9112-4-11MR-9112-4-12
前回作った「指の組み立て」と似ていますね。

で!ここに、前回作った「水圧シリンダー」をセットします。
MR-9112-4-13MR-9112-4-14MR-9112-4-15

MR-9112-4-16MR-9112-4-17
うーおー!格好いい!!!!
シリンダーをセットしただけなのに、未来感があって、格好いい!!!!
無駄にシリンダー動かして、関節を曲げてみる。
うーあーーー・・・なにこのサイボーグ感!超テンション上がります!!

ふぅ…ということで「親指の組み立て」完成です!

次は「サポートパッドの組み立て」です。
MR-9112-4-18MR-9112-4-19MR-9112-4-20
作りながら、サポートパッドって何だろう??って思いましたが、ひとまず完成です。(後で分かります!)


さて!いよいよ!!
各パーツの組み込み」に入ります!!ワクワクしますね!!
まず用意するのは「指」と「手のひら」。これを組み合わせます。
MR-9112-4-21MR-9112-4-22

MR-9112-4-23MR-9112-4-24MR-9112-4-25
ねじやパーツの挿し込む順番など、気をつけましょうね!
一回パーツをはめ込むと外すのが大変なので間違えて取り付けると手直しが大変です。

MR-9112-4-26MR-9112-4-27

MR-9112-4-28MR-9112-4-29
格好いいーーーー!!!
おっきいーーー!!!


MR-9112-4-30MR-9112-4-31MR-9112-4-32
次にグリップバーを設置します。
作っている最中は気にも留めていなかったんですが、この黄色いパーツでグリップバーの位置を調節できるみたいです。
だから「お子様から大人の手にもフィットします。(商品説明より)」になるんですね!


そして「最終組み立て(右手にはめる場合)」です。

何に使うのか分からなかった「サポートパッド」をここで使います。
MR-9112-4-33MR-9112-4-34
組み立てて、なるほどー!!!!となりました。
グリップの両隣にこのサポートパッドを設置するんですけど、使う人がこのサポートパッドを調節してグリップ内の幅を調整するんです。
こうすることでサポートパッドが手を横から挟み込む形になるので、手がサイボーグハンドの中で動かなくなるんですね!
なーるーほーどー!

次に、人差し指・中指・薬指&小指で引っ張る為のパーツを設置します。
MR-9112-4-35MR-9112-4-36MR-9112-4-37
うーーーーおーーーー格好いいーーー!!!!

で、最初に作った「親指」を設置します。
MR-9112-4-38MR-9112-4-39
手のひらパーツをよく見ると「L」「M」「R」も刻印があるのがわかります。
そう!「左」「真ん中」「右」ってことですね。
この3ヵ所のどこに親指パーツを付けるかで手の形が決まるんです。
だから「パーツの取り付け位置を変えることで、右手用、左手用のどちらにすることもできます。(商品説明より)」になるんです。

シリンダーも設置して、完成です!!!!
手を挿し込んで、輪っかに指を通します。
MR-9112-4-40MR-9112-4-41MR-9112-4-42
はぁぁぁ・・・!!!!すごい、私の手がサイボーグ!!(語彙力)


あ、そうそう。
なんで、サイボーグハンドの指が4本しかないの?」って話なんですが。(いろんな人によく聞かれるんです)
エレキットさんがツイッターでつぶやいていましたので、引用させて頂きますね。

Q. サイボーグハンドは指が4本しかないけど、小指どうなってるの?
A. 小指は握力がほぼ無いので、また薬指も握力が弱いので、薬指と小指を両方使って、ひとつのシリンダーを操作してます。
なのでサイボーグハンドの指は4本しか無いんですね。

言われてみれば、確かにーーーー!!!!ってなりました。

オカポン的には、親指の操作がめちゃくちゃ難しい(下手すりゃ忘れる(笑))ので、そこも要練習ですね!!


あ、そうそう。
このサイボーグハンド。
実は可動部が結構ありまして。
作り終わった後に「あ、そうなんだ!なるほどね!!」ってなったんですが。

MR-9112-4-43MR-9112-4-44
指(3本)の上下を、ダイヤルで調節することが出来ます。
人間の手で言うところの第三関節の部分です。可動域は約70°もあるそうですよ!

MR-9112-4-46MR-9112-4-45MR-9112-4-47
指3本の横角度も調節できます。
指の開き具合ですね。可動域は内側(約15°)ヨコ(約20°+約20°)

MR-9112-4-48MR-9112-4-49
親指の位置変更はさっき書きましたね。
それとは別に、親指の角度を7段階(約160°)変えることが出来ます。

ということで、初装着、初ペン持ちで字を書いてみた!
MR-9112-4-50MR-9112-4-51MR-9112-4-52
あははははははははは。
指からペンが滑り落ちるし(指角度の問題)、字がブレッブレ・・・・もうちょっと練習したい!!と思ったオカポンなのでした。


今回の作業は、撮影しながらで、だいたい1時間かかりました。
サイボーグハンドを完成させるまで、トータル4時間30分かかりました。
でもとっても楽しかったし、格好いいし、大満足なのです!!

皆さんも、ぜひ作ってみてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は9月3日です!)

記事担当:
ハンダ付け不要-非マイコン系


今回も前回の続きで★「サイボーグハンド / MR-9112」を作りますよ!!
MR-9112-2-29


今回は、1時間で終わりそうになかったので「水圧シリンダー」を完成させるまで作業進めようと思います!
ほぼ、もくもく工作タイムです。

前回は「指の組み立て」まで進みましたね。
今回はその続きで「水圧シリンダーの組み立て」をします。

最初に、チューブをカットします。

MR-9112-3-1

説明書には何も書かれていませんけど、なんだかシリコンっぽい素材のチューブです。柔らかくてモチモチしてます
ここで、役に立ったオカポン大好き★「工作マット / 350×250mm」
MR-9112-3-2MR-9112-3-3
マットに簡易スケールがついているんですよ!
ここで測ってマーカーで印をつけて、ハサミでカットしました。
説明書にも実物大のイラストがあるので物差しが無くてもカットできますよ。

水圧シリンダーを作るに当たって今回も登場しましたサラサラ潤滑油。
前回オカポンが作った★「メカクリッパー」ではこのオイルの扱いが適当すぎて、後で泣きを見たんですよね…(★「電工女子★ジョイスティックで操作するロボットアーム「メカクリッパー」を作ります! Part2★」)

MR-9112-3-4
今回は!なんと!!オイルを入れるケースも、塗る為の棒も用意されているのです!!!
ステキ!!!!有難う、エレキットさん!!

というわけで、材料もそろったのでシリンダーを組み立てていきます。
まずは「G3」のシリンダーから。これ、同じものを4個作ります。
MR-9112-3-5MR-9112-3-6MR-9112-3-7

MR-9112-3-8MR-9112-3-9MR-9112-3-10

MR-9112-3-11MR-9112-3-12
指でばねを縮めながらパーツを組み立てていくのが結構新鮮で面白かったです。

MR-9112-3-13MR-9112-3-14
これがサラサラオイル
オイルはドボドボにつけるんじゃなくて、垂れないかなー、くらいの量でいいみたい。

MR-9112-3-15MR-9112-3-16MR-9112-3-17
で、パーツを合体!
同じ作業を合計4回すれば「G3シリンダー」は完成です♪


次は「G2」のシリンダーを組み立てます。
さっきより簡単です。そして、作るのは1つだけ。
MR-9112-3-18MR-9112-3-19MR-9112-3-20
これで、「G2シリンダー」は完成です!


次は「G1」のシリンダーを組み立てます。
これは、同じものを3つ、作ります。
MR-9112-3-21MR-9112-3-22MR-9112-3-23
パーツをはめ込む向きをしっかり確認して、ガッチリ奥まで(カチッと言うまで)部品をはめ込みましょうね!

MR-9112-3-24MR-9112-3-25MR-9112-3-26
というわけで、3コ作れば「G1シリンダー」の完成です!


さっくり書いているんですが、バリをきちんと取ったり、しっかり確認しながら作業してたので、ここまでで1時間かかってたんですけどね…。


シリンダーが完成したら、中に水を入れます!
MR-9112-3-27MR-9112-3-28MR-9112-3-30
これはコップ必要です。紙コップに水を入れて、まずは「G1シリンダー」の中に水を入れます。
先端を水につけた状態でピストンを引っ張り、水を中に入れます。竹筒で作った水鉄砲の要領ですね。
シリンダーの先端を水の中に入れたまま、ピストンを押し込んで、シリンダーの中の空気を出します。
その後ピストンを引いて水をシリンダーに入れます。
大体この作業を1~2回すれば空気は抜けて水が入りますよ。

MR-9112-3-29
ただ、なんでこうなるのか謎のままなんですが、一旦大きな空気が入ったままだと、何回ピストンを出し入れしても、空気が無くならなかったんですよねぇ…。
こうなったら、一旦全部水を抜いた状態で、最初から作業し直した方が良いですよ!


シリンダーに水が入ったら、最初に切ったチューブ(12cmの方)を挿し込みます。
MR-9112-3-31MR-9112-3-32MR-9112-3-33
チューブの中も水で満たさないといけないので、ピストンを出し入れして空気が残らないように水を入れてください。
どうでも良いことですが…このチューブ、結構ホコリがくっつきます。
ホコリついたまんまだと、水に入れるとホコリがふわ~と浮いてくるんですが、そうなったら一旦水換えた方がいいと思います!
どうせならキレイな水でサイボーグハンドを動かしたいですからね!

MR-9112-3-34MR-9112-3-35
空気を抜いて水を満たしたら、「G1シリンダー(チューブ付き)」に、「G3シリンダー」を取り付けます。
そして同じものを全部で3つ作りましょうね♪

次に、「G2シリンダー」に水を入れて、空気を押し出す。の作業をします。
出来たら、チューブ(約34cm)を挿し込みます。
MR-9112-3-36
これも、さっきと同様チューブの中の空気を抜きます。
で、残っている「G3シリンダー」を取り付けます。

これで、水圧シリンダーの完成です!!
MR-9112-3-37


シリンダーも完成したので、このまま必須作業の「水圧シリンダーのチェック」を行いましょう!

MR-9112-3-38MR-9112-3-39
バネがついているシリンダーのピストンを押して、「G3シリンダー」のてっぺん(Cの部分)が飛び出すか確認しましょう。
ちゃんと動きましたか?
3つとも、確認しましょうね!

MR-9112-3-40MR-9112-3-41
次に、もう一種類のシリンダーのピストン(輪っかがついている方)を押して、「G3シリンダー」のてっぺん(Cの部分)が飛び出すが確認しましょう。

こんな小さな水の容器がチューブにつながれているだけなのに、動きが連動してピストンが飛び出すっていうのが本当面白いですよね。



思ったより時間かかっちゃいましたが、撮影しながらで、だいたい1時間半かかりました。

次は「親指の組み立て」ですが、それはまた次週。
さーて、引き続きもくもく工作タイム、頑張るぞ~!


皆さんも、ぜひ作ってみてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は8月27日です!)

記事担当:
ハンダ付け不要-非マイコン系


今回も前回の続きで★「サイボーグハンド / MR-9112」を作ります!!
MR9112b

今回も1時間でどこまで出来るかな♪ということで進めていきます。
ほぼ、もくもく工作タイムです。

前回は「手のひらの組み立て」まで進みましたね。
今回はその続きで「指の組み立て」をします。

MR-9112-2-1MR-9112-2-2MR-9112-2-3

MR-9112-2-4MR-9112-2-5MR-9112-2-6

これは指のどこの部分になるんだろう?って不思議に思いながら組み立てています。

疑問はひとまず置いといて。組立を進めます。
MR-9112-2-7MR-9112-2-8MR-9112-2-9

なんか見た目が指っぽくなってきましたね。
関節は支えがなければ曲がります。
関節部分を押さえてあげると、まっすぐにのびます。

面白い!!

MR-9112-2-10MR-9112-2-11MR-9112-2-12
黄色い部分は爪っぽいですね。
指先周りにスポンジテープと固定パーツを組み込んだら、指(指 01)の完成です!!
おぉぉぉぉぉ・・・思ったより長い!(笑)
支えると伸びます。
離すとくにゃんと曲がります。


では、続けて2本目の指に取り掛かります。
1本目と同じようで、違います。
1本目の時は最初に小さなパーツを組み合わせましたけど、2本目にはそれが無いんですよね。
MR-9112-2-13MR-9112-2-14MR-9112-2-15

MR-9112-2-16MR-9112-2-17MR-9112-2-18
ということで、2本目(指 02)も完成です!
これは素直に指っぽい。 

そして3本目。
MR-9112-2-19MR-9112-2-20
2本目(指 02)と同じです。

これで指3本完成しました。
というわけで、この3本を組み合わせます!

まずは、最初に作った指(指 01)と、さっき完成した指(指 03)をドッキング!
MR-9112-2-21MR-9112-2-22MR-9112-2-23

次に、最初に作った指(指 01)と、2本目に作った指(指 02)をドッキング!
MR-9112-2-24MR-9112-2-25MR-9112-2-26


MR-9112-2-27MR-9112-2-28MR-9112-2-29

おぉぉぉぉぉ!!!大きい!!!!(笑)
裏面はしっかりねじを締めて、「指の組み立て」は完成です!

思ったより時間かかっちゃいましたが、撮影しながらで、だいたい1時間かかりました。

次は「水圧シリンダーの組み立て」ですが、それはまた次週。
さーて、引き続きもくもく工作タイム、頑張るぞ~!


皆さんも、ぜひ作ってみてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は8月20日です!)

このページのトップヘ