エレショップblog

半導体・センサー・マイコン・電子工作キットほか、各種電子部品の専門店「共立エレショップ」から主に電子工作の関連情報をお届けします。 http://eleshop.jp/

記事担当:
ハンダ付け不要-非マイコン系


本日もやってまいりました!電工女子がお届けする、キット製作記事でございます。
WonderKit製作、第2弾は!

パッケージ★1.5V白色LED点灯キット」です!
カラーバリエーションとして「★青色」もありますので、お好きな方をお選び下さい。






部品点数、かなり少ない…今回作成したキットも、初心者向けです。こちらが全部品。前回と同じく、部品点数は少ないですね!







開封しちゃったけど、本当は密閉されているんだよ!さて、ここに青い透明の袋に入っているものがありますね。何故、この2つが青いビニールに入っているか、知っていますか?これ、意味があったんです。
この青い袋の名前は「帯電防止袋」といいます。漢字を見ると、何となく分かるとは思います。要するに、静電気防止袋ですね。
精密部品は、静電気に弱いのです。なので、静電気から部品を守ってあげなくちゃいけません。そこで、静電気に弱い電子部品をこの「帯電防止袋」に入れる、という大きな意味があったのです。なんという優しさ


じっと見ていると、シルク文字が可愛いアイコンに見えてきませんか?裏面はとってもシンプルさて、これが今回の基板です。
こちらも、前回(電工女子、WonderKitを作ります!(第1弾:キャンドルキットです))の記事でやった「片面基板」ですね。いつになれば「両面基板」に出会えるのでしょう・・・!



今回の説明書も、番号がふってあるのでこの順番に沿って、製作していきましょう!

似たもの部品にご用心!今回の似たもの部品~!
左の緑色の部品から・・・「インダクター」→「抵抗」→「ダイオード」です。
インダクター」と「抵抗」には極性が無いので、向きは好きなように入れて大丈夫なのですが、「ダイオード」には極性があるので要注意です。ボディに黒い帯がついている方を、基板に描かれている三角のてっぺん部分に合わせるように挿入してくださいね。


一部品ハンダ付けすると、私のやる気スイッチ、入ります
部品を挿れたら、ハンダ付け。そして、ニッパーで足をカット。一部品つける度に、コテは掃除してくださいませ。







右から2個目、切る部分が長過ぎました…こちらが途中経過。・・・何故、こんなにあっち向いたりこっち向いたりしているのでしょう??…って、ちょっと考えればすごく簡単な事でした。
部品が落ちないように、足を広げてハンダ付けをするので、色んな方向にむくんですね。それなら仕方ない。という訳で、さくさく進めていきましょう!





足(リード)が長かった所を、再カットしました。こちらが、電池以外の部品をハンダ付け終了させたところです。
私、LED部分のハンダ付けが、結構好きです・・・!!!見てお分かりの通り、ハンダ付けするランド(基板の金属面)部分は他の部品と比べて大きいので、ここに流しこむハンダの量がやっぱり多いんですよね!ここに、ハンダが大量に流れてリード(部品の足)とランド(基板の金属面)がぴったりくっついた時に凄い達成感を感じるのは、私だけでは無いハズ・・・!!!!



完成です!という事で、こちらが完成品です!どん!

一応、補足的なお話しを。
このキット、何がすごいのかと言うと、白色LEDは点灯させるのに3V(電池2本分)が必要なんです。 それが、電池1本の1.5V(通常の半分ですよ!)で点灯できちゃうってことなんですね。どうやって1.5Vで光らせているのかと言うと、ここで使用したIC(★HT7750)が電圧を上げることが出来る(昇圧)ものなんです。なーるほど。ただ、LEDを光らせるだけのキットでは無かった、という訳です。


うぅむ、これをどうやって応用しようか、悩みます。どうしたら面白いかなぁ…。


是非とも、お試しあれ~!!

(記事:オカポン)

更新予定:毎週木曜日(次回は2月11日です!)


★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
1.5V白色LED点灯キット AGE-2W 1個 こちらから→
1.5V青色LED点灯キット AGE-2B 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。


★キット製作時に使用した道具は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
DASH低価格セラミックヒーターハンダこて15W
はんだ付け入門セット
FX650-84 1個 こちらから→
マイクロニッパー 11295 1個
精密ピンセット/逆作用ピンセット 先細 TS-16 1個
電子工作用ハンダ SD-63 1個
ワイヤーストリッピングゲージ BBM-WSG 1個
セラミックヒータータイプ用こて台 FH300-81 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

記事担当:
ハンダ付け必須-非マイコン系


先週、【電工女子、WonderKitを作ります!(第1弾:キャンドルキットです)】で、「★キャンドルキット」を製作しました。

このキットは、これで完成してしまっているようなものです。
しかし。これはこれで寂しい。いや、基板が見えているのも味といえば味なのですが、もうちょっと!一手間!加えたいじゃないですか!

…ということで。
リメイク、というかデコっちゃいました!(ツリーを。時期外れ、という点は目をつぶって下さいませ)

このままでも可愛い取り出しますは、こちら。プラスチックのツリーケース。








センスがほしいこれだけでも可愛いのですが、これを!好きなようにデコります。私は、スワロフスキー(私物)を★接着剤でツリーにつけていきました。この接着剤は、すぐに乾かないので修正がしやすく、硬化してもクリアなままなので、重宝してます。






使いやすく見た目もシンプルさて。満足いくまでデコりましたら、作ったキャンドルキットをツリーに…って、ちょっと待ったー!!電池BOXがちょっと大きいですね、これ。

ということで、こんな便利な電池BOXがあるんです!「★CR2032×2枚用電池ケース リード線タイプ」




ボタン電池BOXと結合!これを、先ほどの基板に装着します。
注意点は、リードにプラス・マイナス表記がないこと。商品ページに確認写真はありますが、テスターで調べるか、フタを開けて中を確認しながら、どちらのリードがプラスでマイナスか、要チェック!です。
電池BOXのリードは長いので、お好きなところで切ってしまってOKです。
今回、電池BOXと基板を取れないように接着しようと思ったので、結構ギリギリで切って、ハンダ付けしました。


ちっちゃくて可愛いさて、ということで。
電池BOXと基板もくっつけてしまいましょう。あら、いい感じ。
どうやってくっつけたのか?というと、それは勿論!先ほどの★接着剤ですよ!フタと基板をしっかり、ガッツリ、接着しました!
注意点は、接着する前にきちんと基板(キット)が点灯するか、確かめてからにしてくださいね!これを剥がすのは、とても困難ですので!



センスが欲しいそして、デコツリーとこのキットをセット!!








雪が降ってるっぽく見えてます…よね!?
いざ点灯!!

おぉぉおおお…!!!完成しました!!!!
キットを作る、ということでも、やり遂げた感はかなり感じていたのですが、ちょっと工夫したものを作ると達成感が半端ないですね。






是非、おためしあれ~!!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は2月4日です!)

★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
LEDキャンドルキット[ロウソク色バージョン] CAN-D6B 1個 こちらから→
CR2032×2枚用電池ケース リード線タイプ BATX09-CR2032R-15AU 1個
超多用途スーパーX2クリア AX-067 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

記事担当:
ハンダ付け必須-非マイコン系


共立電子産業のオリジナルブランドには、様々なジャンルのものがあります。ざっと概要をご説明しますと…

共立プロダクツ」→電子工作キットだけでなく、組込用モジュールやユーザーのニーズを捉えた商品。リーズナブルな価格も魅力的。
WonderPure」→クラフトオーディオに特化。
KEISEEDS」→ホビーキットではカバー出来ない、プロフェッショナルユースを対象とした製品開発。
WonderKit」→ホビー・アマチュア向けの電子工作キットが中心ホビー・アマチュア向け!!(大事なことなので2回言いました)

…そこで今回、決意しました!
私、「WonderKit」の工作キット、製作します!

作成にこれ位時間かかるよ、どんな商品があるよこんな面白いものがあるよこんな使い方出来るよ、などなどを伝えることができれば良いな!と。2016年1月現在で、50種類以上(色違い・音違い除く)ありますからね。いやぁ、腕がなります。
目標は、全制覇!です!!

さて、 栄えある第1回目は…じゃん!
パッケージ図LEDキャンドルキット」(CAN-D6B)です!!

(そして、実は第1回目といいつつ、キット作成や商品紹介はしちゃっているんですよね。それがこちら→「電工女子、ハンダ付けをしてみます!」
実は最初の記事でもこの商品がチラッと出てきていたり…→「電工女子、工具を買ってみます!」)





これまた初心者向けの部品点数!さて、早速開封してみましょう。中身はこんな感じです。点数少なくて、気軽に出来そうですね!







説明書。どこに何をさすのか、要チェック!そして、これが説明書です。エレショップのページにも、PDFが載っていますので、どうぞ確認してみてください。







表面。主張すぎず、出しゃばり過ぎす、大和撫子風。裏面は小柄ながらにイケイケ風。ギャップがすごい!な片面基板。こちらが基板です。









ここで、基板についてのマメ知識!!
基板には「片面基板」と「両面基板」がある、というのをご存知でしょうか?上の写真は片面ですね。
両面スルーホール基板は、裏表にパターンが印刷されています。それだけではなく、穴の内側にも銅でコーティングされているんです。
ハンダを富士山のように盛る、は片面基板のハンダ付け方法の仕方です。両面の場合は、穴の中を埋めるようにハンダを流し込まなければいけません。なので、片面とは勝手が少々変わってくると思います。(私はまだ両面基板でハンダ付けをしたことがありません…!!)

そして、どちらにもメリット・デメリットがあります。
まずは、修正しやすいかどうか。★吸取線という、ハンダを除去する便利道具があります。基板→ハンダ→吸取線→こてと当てることで、ハンダを吸取線が吸い取ってくれるというスグレモノなのですが、両面だと穴の中にハンダを流し込むので、中に入り込んでいるハンダを吸い取ることが困難になるんですよね。なので、両面で間違えると、修正することが大変だと思います。
そして、取れにくいかどうか。片面だけにハンダ付けされていると、ハンダの量が少なかったり、リード・ランドにハンダがついていないと簡単に剥がれてしまい、接触不良で正確に動作しなくなります。両面だと中までしっかりハンダが流れ込んでいるので、ちょっとやそっとじゃ剥がれる、ということにならないですよね。


さて、では本題に戻り、部品を基板にさしていきましょう。
注意点は、指定されている場所に正確な部品を差し込むこと、です。説明書にどこに何を差し込むのか書かれていますから、慎重に進めましょう。これを間違えると、完成しても動かないですからね。
こう見ると全然違うんですけどね。私は間違えたんですYO!
このキットで間違えやすいのは、「抵抗」と「インダクタ」じゃないかな、と思います。説明書には抵抗→「」、マイクロインダクタ→「赤赤」となっていますから、部品をよく見て、どっちがどっちか確認しましょう。

そして、部品を挿入→ハンダ付け→リード線を根本でカット。(詳細は「電工女子、ハンダ付けをしてみます!」で解説しています)


見ろ!ハンダがスラ◯ムのようだ!
うーん、富士山…というより、スライ◯のようですね。

気を取り直して、他の部品も挿入していきましょう。
注意すべき部品(向きが決まっているもの)は、説明書に記載されています。
よく確認しましょうね。



ICも小さいけど、文字も小さいの。そして光で反射して見にくいの。このキットでもう一つ、注意すべきがこのICです。形も一緒。大きさも一緒。違うのは、ICの平べったい面に書かれている文字です。ここにHT7750CDT3460と書かれているので、間違えないでくださいね。






真ん中のLEDキャップがタマゴのよう。さて、これが基板に全部の部品(電池以外)を挿入した表側です。








ハンダがあっち向いたりこっち向いたりで忙しい。こちらが裏側。うーん、やっぱりまだまだ修行が足りません。これからどんどんキットを作って、レベルアップをはかりたいものです。







リード線、長かったら切っていいのよ。こちらが電池BOX装着の完成です!

時間にして、私は30分かかりました。








是非、おためしあれ~!!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は1月28日です!)


★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
LEDキャンドルキット[ロウソク色バージョン] CAN-D6B 1個 こちらから→
ハンダ吸取線 3.5mm幅 CP-3515 1個
LEDキャンドルIC CDT3460-02 1個
PFMステップアップDC-DCコンバータ(TO-92) HT7750A 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。


★キット製作時に使用した道具は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
DASH低価格セラミックヒーターハンダこて15W
はんだ付け入門セット
FX650-84 1個 こちらから→
マイクロニッパー 11295 1個
精密ピンセット/逆作用ピンセット 先細 TS-16 1個
電子工作用ハンダ SD-63 1個
ワイヤーストリッピングゲージ BBM-WSG 1個
セラミックヒータータイプ用こて台 FH300-81 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

このページのトップヘ