エレショップblog

半導体・センサー・マイコン・電子工作キットほか、各種電子部品の専門店「共立エレショップ」から主に電子工作の関連情報をお届けします。 http://eleshop.jp/

記事担当:
ハンダ付け必要-マイコン系


今回のブログは、エレショップに掲載してからすごい勢いで売れている
★「栃木工業高校 こどもパソコンSkyBerryJAM 組立キット」を、作ってみたいと思います!!
SkyBerryJAM-1-1


と、その前に。
SkyBerryJAM(スカイベリージャム)」って、なんか聞いたことある気がしませんか?
そうです!「JAM」なんです!
実はこのSkyBerryJAM(スカイベリージャム)は、IchigoJam(イチゴジャム)を参考に独自の回路を追加・拡張して設計・製作した“IchigoJam互換”パソコンで、栃木工業高等学校が企画・商品化したプログラミング専用の教材向けパソコンなんです!(IchigoJam正規ライセンス品です)
工業高校がIchigoJam互換ボードを作って販売するって、なんかすごいですね。
私が高校生の時、なにか商品を作って販売しようなんて考えもしませんでしたよ。

さてこのSkyBerryJAM(スカイベリージャム)。
“IchigoJam互換”と聞いたところで、何が出来るのか、IchigoJamと何が違うのか?
気になる特徴を紹介していきます!
・IchigoJam同様、BASIC言語でプログラミングが出来ます。
・モータードライバが乗っています。
 小型の直流モータを2個までコントロール出来るそうです!
・EEPROM(拡張メモリ)がついています!
 たくさんプログラムを保存できるってことですね。
・USBシリアルモジュールが標準搭載されています!
 パソコンとの連携が可能です!
 パソコンとの連携が出来ると、キーボードやディスプレイを別途用意せず、パソコン上で操作出来るんですって!
 システムのバージョンアップもパソコン経由で簡単にできるんですって!なにそれ便利!
・スイッチ・LEDがIchigoJamよりも沢山乗っています。
・スピーカ(ブザー)もついています。

色々盛りだくさんのキットですね!


では早速、キットを作っていきたいと思います。
まずはキットを開封します。恒例の部品チェックです。
SkyBerryJAM-1-2SkyBerryJAM-1-3
結構沢山の部品がありますね。

なにより可愛いのが、この基板!!!

基板の色が赤い、というのもかなり良いですね!
SkyBerryJAM-1-4SkyBerryJAM-1-5
裏面に「SkyBerryJAM」の「B」のイチゴイラストが描かれているんですよ!!
とっても可愛いと思います!!


説明書もページ数は多いように見えるんですが、キットの組み立て説明書はカラーの1ページ目のみです。
作るのはそんなに難しくないのかな?

早速、キットの内容物を出してみましょう。
SkyBerryJAM-1-6
★「工作マット / 350×250mm」、あるとめっちゃ便利ですね!

では、まず部品表の上から順番に組み込み・ハンダ付けをしていきたいと思います!
SkyBerryJAM-1-8

説明書のとおりだと、最初ICソケットを取付けてから、抵抗を取付けるんですね。
その場合、抵抗はあらかじめ足を折っておくみたいなんです。
ただ、オカポンの抵抗の足の折り方の場合、基板に抵抗をあてて幅を確認しながら足を折る、というやり方をしてるので、その場合ICソケットがジャマで上手く足が折りにくいんですね。
なので、ここは順番を変えて、最初に抵抗を取付けてからICソケットを取付けました。
説明書通りじゃなくて自分流に組立てるって、なんか上級者っぽいですね♪

付属に説明書では、ICソケット(16P)がU2で、ICソケット(8P)がU3と書いていましたが、実際には逆ですね。
SkyBerryJAM-1-7SkyBerryJAM-1-9

ICソケットには向きがあるので、要注意です!
SkyBerryJAM-1-10
部品に切り込みがある方と、基板にシルシがついている方をあわせてくださいね。

抵抗ですが、まずは「茶黒橙金」を用意します。
SkyBerryJAM-1-11

説明書には「数:3」となっていますが、キットの中には4本あります。でも
間違いじゃありません。
この表の一番下に「任意(自由)」として「茶黒橙金」の抵抗が書かれていますね。ここで使います。
SkyBerryJAM-1-12SkyBerryJAM-1-13


抵抗でもう一つ。えっ!?と思ったのが(まぁ、説明書をちゃんと読み込んでなかったオカポンが悪いんですが…)「茶黒赤金」の抵抗。
コの字じゃ入らない!!!!…でした。
SkyBerryJAM-1-14SkyBerryJAM-1-15SkyBerryJAM-1-16
本体よりも足幅狭いやん…って思ったんですが、説明書見たら「U字形にしてからさしこむ」って書いてました!テヘー

ということで、U字にして基板に組み込みます。
SkyBerryJAM-1-17SkyBerryJAM-1-18
立てた抵抗が並ぶ姿、初めて見るんですが結構面白いですね。

あ、そうそう。
初心者向けアドバイスとして、基板に部品をさした状態でひっくり返すと落ちやすいので、マスキングテープ必須です!
オカポンのやり方がおかしかっただけかもしれませんが、マスキングテープせずに逆さにすると部品が少し落ちてて、ハンダ付け終わってひっくり返すとかなり基板から浮いていた、ということが多発してまして。
マスキングテープで固定すると、落ちることが少ないので、便利ですよ!
SkyBerryJAM-1-19


セラミックコンデンサは「20~22pF」なので、部品に「20」「200」と書いてるものを使います。
ピッタリの数字じゃないのでちょっと迷いました。
SkyBerryJAM-1-20SkyBerryJAM-1-21SkyBerryJAM-1-22

もう片方は「0.1μF」なので、部品に「104」と書いているものを使います。
SkyBerryJAM-1-23
組み込んだらこんな感じ。

電解コンデンサ水晶発振子を組み込んだら、次はLEDです!
って、最初驚いたんですが、キットには透明LEDが入っていたんです。
で、説明書には左から「白→青→緑→黄→赤」の順番にさしこむって書いてたんですよね。
最初、どれが何色か分からない!!ってなったんですが、LEDの足にそれぞれの発光色を塗ってくれているので、どのLEDが何色か分かる仕組みになっています♪
なんて親切!
SkyBerryJAM-1-24

ちなみに、キットによっては着色されたLEDが入っている場合もあるそうです。
SkyBerryJAM-1-25


差し込み方なんですが、基板に「A」「K」の印字がされていますよね。
SkyBerryJAM-1-26SkyBerryJAM-1-27SkyBerryJAM-1-28

Aがアノード(足が長い方)、Kがカソードです。
間違えて逆に取り付けると光らないので、よくチェックしてくださいね!

次はタクトスイッチです。
カラフルなタクトスイッチでテンション上がりますね!
SkyBerryJAM-1-29

どこに何色を使ってもいいようです!
ただ、差し込む場所によって、それぞれの役割が異なります
SW1…RBTN
SW2…LBTN
SW3…このボタンを押しながら電源スイッチをONにすると、プログラム0番が実行される
SW4…リセットボタン。押すとピーと音がなる
SW5…ISPボタン。このボタンを押しながらリセットボタンを押してはなすと、マイコンが書き込みモードになる

SkyBerryJAM-1-30
自分のイメージに近い色を使うほうが、迷わなくて済む気がします!


次は、スライドスイッチ
3個ありますが、ここで使用するのは2個だけです。
SkyBerryJAM-1-31

すごく迷ったのは、部品の足が6本なのに、穴が9個あいてるーーーー!!!!でした。
SkyBerryJAM-1-32

「ものづくり工作室」のベテランさんに聞いたところ、部品の足間隔が狭いスライドスイッチにも対応できるように、穴が空いてるんじゃないかな?とのこと。今回使う部品では、外側の穴を使うといいよ、とのことだったので、さしてみるとバッチリでした!

あ、そうそう。
説明書に「ピン先を斜めにカットしておくと入りやすい」と書いてくれているんですね。
まず1個目は足を加工せずに入れてみて、2個目の部品は足をカットしてみたんです。
SkyBerryJAM-1-33

ニッパーで足カットするのは簡単でした。
が、特に加工しなくても簡単に入ったので、もし基板に入りにくいよー!って思った方はカットしても良いんじゃないかな?と思いました。

ということで、現時点でこんな感じです。
SkyBerryJAM-1-34


次回は、キットを完成させて基本動作確認をしてみようと思います!!


ちなみに、オカポンこのキットの製作時間ですが、完成するまで3時間かかりました。
※写真撮ったりメモ取りながら作業してるので、普通よりも遅めです。


皆さんも是非作ってみてくださいね~!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は2月7日です!)


★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
栃木工業高校 こどもパソコンSkyBerryJAM 組立キット SkyBerryJAM 1個 こちらから→
工作マット / 350×250mm KP-S130 1個
USBキーボード(ブラック) / IchigoJam ORANGE Pico Orangino対応 SKB-L1UBK 1個
4.3インチ カラー液晶モニター Mon328-AV43-15WI 1個
ACアダプタ DC5V 4A WA-05400X 1個
ACアダプタ用DCプラグ変換ケーブル/2.1mmφ-USB Micro-B #38-MC 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。


★キット製作時に使用した道具は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
DASH低価格セラミックヒーターハンダこて15W
はんだ付け入門セット
FX650-84 1個 こちらから→
モデラーズニッパー α(グレイ) ITEM74093 1個
汎用型ピンセット 120mm P-880 1個
電子工作用ハンダ SD-63 1個
ワイヤーストリッピングゲージ BBM-WSG 1個
セラミックヒータータイプ用こて台 FH300-81 1個
工作マット / 350×250mm KP-S130 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

記事担当:
ハンダ付け必要-非マイコン系

電工女子、WonderKitを作ります!(第23弾:ビリビリ電子ルーレットです)Part2★
電工女子、WonderKitを作ります!(第23弾:ビリビリ電子ルーレットです)Part3★

基板の組み立ては先週で完了、ようやく完成しましたね!
KURU2-3-55KURU2-3-56

このキットはサブ基板にあるスイッチの電極部分に指を乗せて遊ぶんですが、電源がないのでビリビリを体感することができませんでした。
なので今回は電源を用意して、動作チェックしてみようと思います!

「ビリビリ電子ルーレット」の電源には、ACアダプター電池が使用できます。

◆まずはACアダプターから。
説明書を見ると推奨ACアダプタの記載があるのですが…
KURU2-4-1

「かしこいACアダプター 12V」「かしこいACアダプター 9V」は、今は取り扱っていないんですよね…。
ということで。
12Vか9Vの普通のACアダプターを選びます

説明書を見ると「動作時電流:5~17mA」と書かれていますね。
KURU2-4-2

エレショップに「ACアダプタの選び方」というページを作っているんです。
そこにも書かれていますが
===
定格ギリギリで使い続けるとACアダプタの寿命を短くしてしまったり、ちょっとしたトラブルでACアダプタが破損する事がありますので、定格電流には3~5割程度余裕をもった物を選ぶ方が良いでしょう。
===
なので、5~17mAより3~5割以上電流量のあるものを用意しましょう!

2019年1月24日現在、オカポンがおススメするACアダプターはコレです!
12V…「ACアダプタ DC12V 1A / WA-12100X¥990
9V…「ACアダプタ DC9V 1.2A / WA-09120X¥1,080

KURU2-4-3KURU2-4-4KURU2-4-6


◆電池の場合
KURU2-4-7

イラストを見ると乾電池が4本描かれてますね。
ということで、この電池ボックスを使いましょう!
★「単3(UM-3)×4本用電池ケース¥75

電池はこちら。
★「単3形アルカリ電池4本パック¥129
KURU2-4-5KURU2-4-8

「ビリビリ電子ルーレット」の動作電圧は4.5~12Vなので、1.5Vのアルカリ乾電池が3本あれば動くことになります。
でも電池は使っていくと電圧が下がるので、多少電圧が下がっても動くように4本使うんですね。
もちろん乾電池が8本入る電池BOXを使って、電源電圧を12Vに近づけても問題ないですよ。

今回オカポンは、12VのACアダプターを使おうと思います!

電源を用意したら、ジャンパーの設定をします。
短絡ソケットでルーレットのモードを変更できるんですよね。
まずは「通常モード」に設定しましょう。
KURU2-4-10KURU2-4-9KURU2-4-11


ここまで出来たら、キットにある電源スイッチをオンにするだけ!
「LED1」が点灯していたら、準備完了です。
KURU2-4-12


あー・・・ドキドキする・・・。
KURU2-4-15KURU2-4-19


!!!!!!!!!!(ビビリすぎて、指一本でやってます)
このブログを始めた頃、似たようなビリビリするキットは作ったことがありました。
2016.02.25★「電工女子、WonderKitを作ります!(第4弾:電子びっくり箱です)

このときも結構きついビリビリで驚いたんですが、今回の作ったキットは色んな意味でバージョンアップしています。
・ビリビリと感じる度合いを調整できる(感度の調節が可能)
・ゲーム性が高い
 ▼ルーレットの設定で、決めた所にLEDが止まったらビリビリくるモード、スイッチを押しても
  少し遅れて止まるモード、どこでビリビリくるか分からないロシアンモードが選べます。
 ▼回転スピードの変更も出来るので、めっちゃ早くしたり、めっちゃ遅くすることも出来ます。


ちなみに。
電気をあまり強く感じたくないときは、指一本で2つの電極を同時に触ってください。
KURU2-4-13

強く感じたい時は、同じ手の隣同士の指でそれぞれの電極を触ってください。
KURU2-4-14

触る面積を大きくすることでも強く電気を感じることが出来ますよ!


ある程度の電気的知識が必要ですが、応用編として電撃をもっと強くしたり、効果音を変えたりすることも出来るんですって!
KURU2-4-16KURU2-4-17

他にも、そのまま作った状態では基板の上のLEDが光るだけですが、より大きな表示器を点灯させることもできるそうです!
なにそれ面白そう…。
KURU2-4-18


いろいろ遊べる★「ビリビリ電子ルーレット」(KURU-2)


ぜひ、作ってみてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は1月31日です!) 

★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
ビリビリ電子ルーレット KURU-2 1個 こちらから→
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。


★キット製作時に使用した道具は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
DASH低価格セラミックヒーターハンダこて15W
はんだ付け入門セット
FX650-84 1個 こちらから→
モデラーズニッパー α(グレイ) ITEM74093 1個
汎用型ピンセット 120mm P-880 1個
電子工作用ハンダ SD-63 1個
ワイヤーストリッピングゲージ BBM-WSG 1個
セラミックヒータータイプ用こて台 FH300-81 1個
工作マット / 350×250mm KP-S130 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

記事担当:
イベント告知


昨年12/8に、初心者向けとして「micro:bit」のイベントを開催しました。
電工女子★12/8@micro:bitではじめてのプログラミング体験♪★

そしてこの冬、大好評満員御礼となったあのイベントが帰ってきますー!


今回も前回同様、「micro:bit」に触れたことのない方にイベントを通して「micro:bit」の面白さを体験してもらおう!と言うのがコンセプトとなっています。

開催日時2/2(土)
イベントは午前の部午後の部で全2回おこないます。
もちろん午前の部も午後の部もイベントの内容は同じです。
お好きな方に参加してくださいね♪
【午前の部】…10:30~13:00(開場時間 10:00)
【午前の部】…14:00~16:30(開場時間 13:30)

場所大阪・日本橋にある、シリコンハウス 3F「ものづくり工作室です!

参加費用材料費込みの3,500円
イベント特典として、作ってもらったツリーとmicro:bitをお持ち帰りいただけます♪
お家に帰ってからでも、楽しく勉強できますよ。

では今回イベントで使用するツリーをちょこっと紹介しちゃいますね。

前回は、LEDをレジンでデコレーションしましたが、今回は「アイロンビーズ」を使用します!
MBevent2-1-1MBevent2-1-2

アイロンビーズのデザイン案はこちらでいくつか用意しているので、「急に作るって言われても分かんない…」という人も大丈夫♪
MBevent2-1-3

ビーズを並べてもらい、デザインが完成した人からスタッフがアイロンで固めていきます
そして、その完成したアイロンビーズに好きなLEDを差し込みます。
これもスタッフが差し込みますので安心してくださいね。(ちょっとコツがいるのです)

さて、LEDのデコレーションが完成したら「ウィンターツリー型アクリルケース」に組み込みます!
MBevent2-1-4MBevent2-1-6MBevent2-1-5


前回同様、アイロンビーズを差し込んだLEDを「micro:bit」で制御してキラキラ光らせます
もちろん、micro:bitもしっかり見えるので、micro:bit本体についているLEDも見えます
ツリーに付けたLEDを光らせるだけじゃなく、micro:bitのLEDを使ってメッセージなんかも表示させられるので、自分だけの素敵なオブジェが作れちゃうんです
MBevent2-1-7MBevent2-1-9MBevent2-1-8


イベントはアイロンビーズでLEDを装飾してツリー部分を組み立てる『工作パート』と、micro:bitにプログラムを書き込む『プログラミングパート』の2パート構成。
組み立てはもちろん、micro:bitでのプログラミングの仕方などもレクチャーしちゃいますよ♪




他のイベントやセミナーなども、このエレショップblogシリコンブログで告知しますので、今回の告知で興味を持った人は是非参加してみてくださいね!

電工女子会だけでなく、共立電子産業は他にもセミナー・イベントを随時行っています。
こちらのページでも情報アップしていますので、イベントに興味のある人は要チェックですよ!

皆さまのご参加、お待ちしております!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は1月24日です!)

このページのトップヘ