エレショップblog

半導体・センサー・マイコン・電子工作キットほか、各種電子部品の専門店「共立エレショップ」から主に電子工作の関連情報をお届けします。 http://eleshop.jp/

記事担当:
ハンダ付け不要-非マイコン系

皆さん、もうクリスマスの準備はできました?
ケーキやチキンは予約したし、ツリーも作って後はクリスマスを待つのみ・・・・

でも何かもっとクリスマス感を楽しみたい!

そうだ!クリスマスリースを作ろう♪

xmaswreath-24
     ★ おすすめポイント ★
      ボリューム感があるのにお手軽価格
      1時間ちょっとでお手軽に作れるよ
       電池式で光る!








思い立ったが吉日なので、早速作ってみる事にしました!(・◇・)ゞ

xmaswreath-3
 まずは★コットンボールランプを作っていきます。
 結構コンパクトに袋に入っているけど、膨らましたらかなりのボリュームになりますよ。





xmaswreath-4
 こんな感じにぺちゃんこの半円状態で入っているので、
 セットに入っている棒を差し込んで膨らませて作るんです!






xmaswreath-5
 棒は電池ボックスと一緒に別袋に入っているから慌てずに!
 ちなみに別袋の中には、
 ・電球色20球LEDモジュール
 ・LED用ゴムブッシュ
 ・竹棒(コットンボール成型用工具)

 が入っています。ゴムブッシュは大切なので無くさないように! 


詳しい作り方は「電工女子★コットンボールでキャラクターツリー★」の記事で紹介
しているので見てね!


xmaswreath-7
 黙々と20個膨らませてみたら、
 なんか正月の食べ物に見えてきた…もちにミカン?! Σ(=゚ω゚=;)
 
 正月も使いまわしできそうだな!と思ったのは秘密★




xmaswreath-17 
 ブレブレですが、LEDを取り付けた後はこんな感じ。
 穴を大きく開けすぎてボールが抜けちゃう場合は、ボンドを使って固定しちゃいましょう!

 そしてお気づきかもしれませんが…
 何と!!ここまでで制作工程の8割が終了しています



後は用意しておいたリースの土台に、作ったコットンボールランプを巻き付けてデコレーションするだけ!

xmaswreath-1
これがリースの土台
行きつけ(笑)のダイソーで購入しました

上部のリボンの辺りから巻き始めるので、最初のボールの根元部分を、
★結束バンドかビニタイで土台に固定します。



xmaswreath-25
デコレーションに夢中になりすぎて、肝心な写真を撮り忘れてしまったので、
手書きイメージになりますが、こんな感じにどんどんと巻き付けていきます。

全体的なバランスを見ながら巻いていかないと、ボールの位置が結構偏るのでここが一番難しいかも。
私は下の方に偏ってしまいました




xmaswreath-2  そして、空いた部分にクリスマスっぽいアイテムを取り付けます。

  ポインセチアの飾りはビニタイで土台に固定して、
  松ぼっくりは★ホットボンドを使って固定しました。
  ホットボンドは結構たっぷり目に使った方がしっかり固定できます。

  これでリースは完成!



しかし、★単三電池3本を入れた重い電池ボックスをプラプラさせる訳にはいきません。
固定しようにもテープを使えば電池の入れ替えが出来なくなるし、
結束バンドやビニタイを通す穴をドリルで開けるのもメンドクサイ…(´・ω・`) <片付け面倒


何とかしてよ、ドラえも~~ん!


 (=゜エ゜=)) <しょうがないなぁ  もりパン君は・・・



xmaswreath-26    ちゃっちゃら~♪

    (=゜エ゜=)) つ  ★バンドベース

  結束バンドを好きな場所に取り付けられるアイテムだよ!
  裏に粘着テープがついているから、取り付けも使い方も簡単!


xmaswreath-19
 バンドベースを電池ボックスにペタリ!
 蓋の方に貼り付けないように注意してね






xmaswreath-20
 こんな感じで結束バンドを穴に通して使います。
 後はリース上部にあるリボンの後ろに固定したら…








xmaswreath-21
    完成!(●´ω`●)

    

 玄関扉にかけて光らせたら、いい感じに光ってくれました♪

xmaswreath-22xmaswreath-23

室内だとこんな感じ。

コットンボールランプは
光が柔らかいから、
夜につけても眩し過ぎないのがいい♪





是非、チャレンジしてみてくださいね!



(記事:もりパンもりパン)


更新予定:毎週木曜日(次回は12月29日です!)


★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
コットンボールランプ 白&オレンジ系20個LED 2m
スイッチ付電池ボックス
CB-WLOO 1個 こちらから→
バンドベース 小 乳白色 KEX-20G 1個
フジバンド(結束バンド) 80mm/100本入 FB-80 1個
単3形アルカリ電池4本パック LR6R/4S 1個
ウルトラ多用途SU 10ml 4591 1個
ホビー用ホットボンド HB-45 1個
ホットボンドスタンド HB-6 1個
ホットスティック/クリア HB-40S 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

記事担当:
ハンダ付け不要-非マイコン系


クリスマスネタが続きます。((_ _))ペコリ

今回は子供がめっちゃ喜ぶ、手作りツリーをご紹介します!

まずは、完成写真から・・・ジャン!

1:完成

アンパンマンと仲間たち!のツリーなんですが、このアンパンマンのオーナメント、実は全部手描きしました!(´∀`ゞ

共立エレショップで販売している、★コットンボールに某100円ショップさんで販売している「ガラス絵の具」を使って描いてみました。

2:ガラス絵具

コットンボールは↓こんな感じで販売しています。

3:コットンボールセット

球体になっていませんので、ハサミと付属の棒を使って、球体にしていきます。

4:ハサミと付属品

まずは、穴の内側から外側に向けて、ハサミで5mm程切り込みを入れます
このとき、2方向に切り込みを入れておくと、あとで作業がしやすいです。

5:切込み

「あ!切りすぎた!」となっても、とりあえずは大丈夫
程度によりますが、8mm未満であれば、あとでゴムブッシュを付けてしまえば切れ目も見えず、きれいに仕上がります。

切り込みを入れたあとは、付属の棒でコットンボールの内側をぐいっぐいっと押して、球体にします。

6:球状にする

ゴムブッシュをコットンボールの穴に取り付ける前に、固定用として、少し木工用ボンド(布もOKなもの)をつけてください。
乾くと透明になるので、べちゃっとはみ出てしまっても大丈夫です。

7:ゴムにボンド

では、ゴムブッシュをコットンボールの穴に入れていきます・・・っと、実はこれが結構入りづらいんです!!
「切り込み足らんかったかっ!?」ぐらいの勢いで入らない。
そこで使用するのがこのツール。

8:ラジペン

はい。ラジペンです。
ラジペンをゴムブッシュにぐさっと刺して、コットンボールの穴に押し込んでください。

9:ラジペン使って作業

コットンボールの形が崩れてしまっても、後で補正すればいいのでとりあえずは入れることに集中。
(あ、でも、できるだけ崩れないように気をつけたほうが後々楽です^^;)

10:入ったよ完成

入りました。

11:すず

コットンボールは・・・なんか鈴みたいな形で、まん丸じゃないんですが、時間が経てばきれいな丸(球体)になってくるので、あまり気にしなくてOKです。

ここまで出来たら、お待ちかね。
「ガラス絵の具」を使ってコットンボールをデコっていきます。
あ!『デコる』とは言わないのかな。。。(;´∀`)
いえ、描いていると『デコる』という感覚に近いんですよ。「塗る」「インクを乗せる」感覚というか。
「ガラス絵の具」って初めて使ってみたんですが、コットンボールに絵を描こう!と思った時に、この質感が一番理想的だったんです。
というのは、このコットンボール、糸を巻いてボール状にしているので、普通のマジックだと描きにくいしキレイに描けない。。。

※マジックで描いたらこんな感じです。糸と糸の間にうまくインクが入りません。
12:マジックで描いた感じ

「ガラス絵の具」だと、「描く」というより「塗る」というか、コットンボール上に「インクが乗る」感覚で見た目もキレイに仕上がりました。

13:アンパンマン単体

ここでのポイントは・・・ズバリ!
描く前に「たまごパック」を用意しておくことです!!!∠(・`_´・ );ビシッ!!

14:たまごパック

「ガラス絵の具」はインクが乾くまでに時間がかかります。(私は一晩置きました)
ちゃっちゃっと書いては、たまごパックに配置、、、を繰り返すと効率的に作業できます。

15:たまごパックのアンパンマン16:たまごパックの仲間たち

そんなこんなでアンパンマンと仲間たちが完成。

あとは、電工女子っぽいことを少しやります。
(「電子工作ブログ」なので。(;゚∀゚))

「コットンボールLEDライトだけだと、華やかさが足りないかも」と思ったので、★ワイヤーLED(LEDWIRE-L5-BAT-RGB-2)もツリーに巻きつけてみることにします。

17:ワイヤLED

どちらも単3電池x3本(★「単3形アルカリ乾電池4本パック」(LR6EXD/4S))で駆動するのでとっても便利!
なんですが、ツリーの足元に電池ケースがゴロゴロ転がっているのもなんかスマートじゃないなぁ、、、と思ったので、
思い切って改造してみることにしました。
コットンボールLEDライト」と、「ワイヤーLED」の電源供給をDC5VのACアダプタ1個でしてしまおう!と思います。

18:必要部材

まずは、「コットンボールLEDライト」と「ワイヤーLED」の配線から電池ケースを取り外していきます。

19:解体120:解体2

コットンボールLEDライト」には点滅と常時点灯の2段階点灯の基板(スイッチ含む)が付いています
この2段階点灯基板はこのまま生かしたいので、基板(スイッチ含む)も電池ケースからていねいに取り外します。

21:解体3

※ワイヤーLEDにもON/OFFスイッチが付いていますが、今回は電池ケースとともに取り除きました。

電池ケースを取り外したら、ACアダプタに配線するための下準備をしていきます。

まずは、これを使います。

22:変換コネクタ


「φ2.1mmDCジャック-2P端子台の変換コネクタ」の2P端子部分に「コットンボールLEDライト」「ワイヤーLED」それぞれの線を取り付けます。
プラスドライバ1本で取り付け可能なので、半田付けの手間が省けてとても便利!
「コットンボールLEDライト」「ワイヤーLED」の線には、極性(プラス/マイナス)がありますので、間違えないように注意が必要です。

23:LEDの線アップ

「ワイヤーLED」側には抵抗も取りつけます。

24:配線抵抗

RGBなので発光色によって消費電流が変動しちゃうんですが、最大120mAぐらいだったので、1W30Ωの抵抗にしました。
抵抗取り付け後は、ビニルテープでぐるぐるっと巻いておきます。

25:変換コネクタ付近の配線

次に、この2点。

26:DC電源分配ケーブル、中間スイッチ


φ2.1mmDCジャック-2P端子台の変換コネクタ」のDCジャック側に「DC電源分配ケーブル」を取りつけて、
その先に「中間スイッチ」を取りつけます。
プラグとジャックをグサグサっとさすだけです。簡単。

27:全体配線

「中間スイッチ」は「コットンボールLEDライト」と「ワイヤーLED」を手元で同時にON/OFFするために付けました。

ここまで出来たら、あとは仕上げです!

ツリーに「コットンボールLEDライト(アンパンマン含む)」と「ワイヤーLED」を良い感じに巻きつけます。

ツリーに馴染ませるために、コットンボールLEDライトの線には緑色のマスキングテープを巻きつけてみました。
28:マステアップ

コットンボールの位置を固定するのには、結束バンドが便利です。
シリコンハウス店頭では透明(サイズも大小あり)やカラフルな結束バンドを販売しています。

29:店頭結束バンド

ツリーが緑色なので、私は緑色の結束バンドを選びました

30:結束アップ

あとは、おまけで・・・配線ごちゃごちゃを隠したくて、ツリーの根元にアンパンマン号を設置

31:アンパンマン号アップ

ポテトチップス(プリングルズ)のパッケージに、フェルト布を巻きつけて貼っただけの簡易なものです。
(=´Д`=)ゞ

32:プリングルズ

そんなこんなで完成です!

33:3方向134:3方向235:3方向3

36:2段階点灯の基板

そして、いざ、スイッチオン!!


なかなかの達成感です。( ^ ≧^)

アンパンマンなので、クリスマス関係なく、子供たちは喜んでくれると思いますよ。^^

DIY感も十二分に楽しめますので、わが子のために、、、全国の父ちゃん、母ちゃん!


是非、レッツ・チャレンジしてみてくださいね。


(記事:ぐっちさん)

更新予定:毎週木曜日(次回は12月22日です!)



★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
ミニクリスマスツリー60cm グリーン CT60-GR 1個 こちらから→
コットンボールランプ 多色混在20個LED 2m
スイッチ付電池ボックス
CB-COLOR 1個
【お得!】コットンボールランプ多色&ツリー緑セット CBCOL-TGR 1個
電池式LEDワイヤー RGB 5m LEDWIRE-L5-BAT-RGB-2 1個
φ2.1mmDCジャック-2P端子台 変換コネクタ T9-J 1個
中間スイッチ付きDC中継ケーブル(2.1φ) CHU-21 1個
DC電源2分配ケーブル
※キラキラ感アップのために、LED類を複数使用した場合はその数に応じた分配ケーブルを使用してください。4分配、5分配まであります。
#38-2B 1個
酸金抵抗 1W 30Ω 1W 30ohm 1個
電気絶縁用ビニルテープ/黒 No.21NNPB-BK 1個
ACアダプタ DC5V 2A WA-05200X 1個
長持ちパワー 単3形アルカリ乾電池4本パック LR6EXD/4S 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。


★キット製作時に使用した道具は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
DASH低価格セラミックヒーターハンダこて15W
はんだ付け入門セット
FX650-84 1個 こちらから→
マイクロニッパー 11295 1個
ラジオペンチ PR-16 1個
電子工作用ハンダ SD-63 1個
ワイヤーストリッパー YS-1 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

★記事内で使用した道具★(エレショップでは取扱していません)

道具名
使用用途
マスキングテープ 配線を緑色のツリーに馴染ますために使用
緑色結束バンド コットンボール固定のため (シリコンで販売中)
ガラス絵の具 アンパンマンの絵を描くのに使用
たまごパック ガラス絵の具を乾かすのに便利
プリングルズの空き箱 アンパンマン号本体に使用
フェルト布 コットンボールやアンパンマン号本体などに使用
キョロ目 アンパンマン号の目に使用

記事担当:
ハンダ付け不要-非マイコン系


クリスマス用にお手軽なイルミネーションの作成です。

メインの部材は

★「青」★「緑」★「ピンク」★「赤」★「白」★「電球色」のラインナップがありますが、星空のイメージのため白色をチョイスしました。
電源がコイン電池(CR2032)2枚なので、コンパクトなイルミネーションを作るには最適。
スイッチで常時点灯と点滅に切り替えも可能です。

xmasbox-1xmasbox-12

材料
コイン電池LEDワイヤー(LED数:20球) 1本
画用紙
木枠(家にあったラッカーで黒く塗装しました)
ツリーとお家のオブジェ
テープ類

xmasbox-2

コイン電池LEDワイヤー以外は100均と家にあるもので作れます。

まずは画用紙にワイヤーLEDを仕込みます。
一本のワイヤーにLEDが20個付いていますがあまりピッカピカにしたくなかったので右10個左10個に分けました。

木枠の内寸と同じ大きさに画用紙をカット。(これは9cm角です。)
周りののりしろは2㎝ぐらい。

xmasbox-3

LEDやオブジェの配置を決め、LEDの部分は四角の一辺を残して切り込みを入れます(縦1㎝、横5mmぐらい)。

xmasbox-4xmasbox-5

ワイヤーを折り曲げながらLEDをはめ込んで、隙間ができないように裏面からテープで固定します。
(なるべく画用紙に折り目がつかないように注意をしながら…)

xmasbox-6

全部をはめ込んだら木枠に取り付け。
四方を両面テープで止めています。

xmasbox-7

はみ出したワイヤをのりしろの空間に納めて、電池ボックスも両面テープで画用紙に固定。
ON/OFFがしやすいように、スイッチ部分は上に向けておいてくださいね。

xmasbox-8

オブジェと木枠も両面テープで固定をして…

点灯!

xmasbox-9xmasbox-10

なかなかいい感じ。
全体を黒にしたので少々明るいところでも光っているのが良くわかります。
金具を付けて壁掛けにしても。

クリスマスシーズンが終わったらオブジェを別のものに変えれば、
まだまだ活躍してくれそう。

xmasbox-11

木枠でなくてもお家にある空き箱でも作れますね。
材料費も安くて、所要時間は1~2時間
形を変えて色を変えて、簡単お手軽イルミネーション
いかがですか。

みなさんも是非、作ってみてくださいね!

(記事:ゴンさん)

更新予定:毎週木曜日(次回は12月15日です!)


★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
コイン電池LEDワイヤー/青色 LDWR-2032BL 1個 こちらから→
コイン電池LEDワイヤー/緑色 LDWR-2032GR 1個
コイン電池LEDワイヤー/ピンク LDWR-2032PK 1個
コイン電池LEDワイヤー/赤色 LDWR-2032RD 1個
コイン電池LEDワイヤー/白色 LDWR-2032WH 1個
コイン電池LEDワイヤー/電球色 LDWR-2032WW 1個
CR2032リチウムコイン電池 5個入 GPCR2032-2IL5 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

★記事内で使用した道具★(エレショップでは取扱していません)

道具名
使用用途
画用紙 背景(背面)部分
木枠(家にあったラッカーで黒く塗装しました) 枠。家にある空き箱とかでも製作出来ます。
ツリーとお家のオブジェ 好きなオブジェを使って下さい。
テープ類 LEDなどを固定するのに使用します

このページのトップヘ