エレショップblog

半導体・センサー・マイコン・電子工作キットほか、各種電子部品の専門店「共立エレショップ」から主に電子工作の関連情報をお届けします。 http://eleshop.jp/

記事担当:
ハンダ付け必要-非マイコン系

今週は!!
約2年前に作った「暗証番号リレーキット」が販売終了になっておりまして。
その後継品の★「暗証番号リレー2【キット】 / BAN-5」が出ていたんですが、それを作ろうと思います!!
なんだかすっかり作った気になっていたんですよね・・・

前に作った時の記事はこちら。
★「電工女子、WonderKitを作ります!(第24弾:暗証番号リレーキットです)★」
結構文句タラタラ書きましたが、今回のキットではかなり改善されていました!!
ちなみに今回もどうやって活用するかは考えてないんですけどね!!



ではでは、毎度おなじみパッケージ&部品チェック
BAN-5-1-1BAN-5-1-2
前回のキットより部品点数は増えています。出来ることが増えたようなのです。
果たしてオカポンは使いこなせるのか…??

基板はこんな感じ。
BAN-5-1-3BAN-5-1-4
こう見ると、ハンダ付け箇所、結構多く感じます。

そして朗報!
前回無かった、基板とキーボードの接続ケーブルがあるー!!!
BAN-5-1-5
コレで適当な配線を探したりしなくてすみますね。

昭和チックなテンキーは、見た目がちょろっと変わっていますが、健在です。
BAN-5-1-6BAN-5-1-7
押し心地は今回もいい感じです。


では、作業開始!
まずは抵抗
BAN-5-1-8BAN-5-1-9BAN-5-1-10
実は、部品の挿し込み箇所を探すのに時間がかかりました
基板に記号が書いているので、それを目安に挿し込む場所を探すのが良いと思います!


次はダイオード
BAN-5-1-11BAN-5-1-12
取り付け方向があります。
で、ダイオードの根本で折り曲げると、基板の足を挿し込む場所とサイズがあわなくて、キェェェェェェェ・・・となっていたんですが。
これ使ったら良いんちゃうん?と渡されたのが★「リードベンダー / RB-5」でして。
「×3」って書いているとこにあわせて足を折れば、キレイに足は曲がるし、ぴったりだし。
BAN-5-1-13BAN-5-1-14
そういえば、ブログを始めた時に★「ワイヤーストリッピングゲージ / BBM-WSG」を使ってたなぁ…。


次はセラミックコンデンサタクトスイッチを取り付けます。
BAN-5-1-15BAN-5-1-16BAN-5-1-17
タクトスイッチは一応取付方向がありますが、足の幅が変わるので取付方向を間違えることも無いんじゃないかと思います。


おなじみICソケット
BAN-5-1-18BAN-5-1-19
向きがあります
基板に描かれている切り欠きと、部品の切り欠きを合わせてください。

LEDを取り付けたら、半固定抵抗です。
※オカポン、LED取り付けるのを忘れていたので、ちょっとの間写真にはLEDが組み込まれていません。
半固定抵抗は、同じ形の部品が4つあるんですが、じつは2種類あります
挿し込む場所も3個並んで取付けるところと1個だけ取付けるところに分かれてます。
なので3個と1個に分ける時、注意して分けてくださいね。
グループの見分け方は簡単!部品に書かれている数字をチェックです!
BAN-5-1-20


次はヘッダーピン
BAN-5-1-21BAN-5-1-22BAN-5-1-23
CN2」と書かれている所に「2P」のヘッダーピン
CN3」と書かれている所に「8P」のヘッダーピン
CN6」と書かれている所に「3P」のヘッダーピンを入れてくださいね!
オカポン、基板の数字とピン数が同じなのかと勘違いしちゃいまして…めっちゃ探しました。(笑)

次にサージアブソーバー青色コネクタを取り付けます。
BAN-5-1-24BAN-5-1-25BAN-5-1-26
青色コネクタは線を取り付ける穴が基板の外を向くように設置してくださいね。

そしてFETリレー電解コンデンサを取り付けます。
BAN-5-1-27BAN-5-1-28BAN-5-1-29
FET、電解コンデンサには取り付け方向があるので要注意です。

次にICソケットの上にICを取り付けます。
BAN-5-1-30
ICの足を平行に揃えておくと差し込むのが楽になります。


圧電ブザーを基板に取り付けます。
BAN-5-1-31BAN-5-1-32BAN-5-1-33
圧電ブザーの表側からねじを挿し込んで、裏側をナットで受けます。
その後、圧電ブザーの線を基板にハンダ付します。


最後はキーボードの取り付けです!
今回もキーボードの取り付け方は2パターンあります
1つ目は、キーボードをケーブルで接続する方法。
2つ目は、基板に直接キーボードを取り付ける方法です。
注意点として、「ケーブルで接続する」を選ぶと、後で「基板に直接ハンダ付け」が出来なくなる(難しくなる)ので、どっちにするか決めてから作業に取り掛かりましょうね!
オカポンは、今回は「ケーブルで接続する」を選びました。
(前のキットの時直接取り付けてとても苦労しましたから・・・)

まずは、ヘッダーピンをキーボードに取り付けます。
BAN-5-1-34BAN-5-1-35BAN-5-1-36
このキーボードのハンダ付け箇所、めちゃくちゃハンダが乗りにくいので、しっかり部品とランドを温めてハンダ付しましょうね。

で、ケーブルのソケットを各ヘッダーピンに入れます
基板側はブザーの横にある8ピンヘッダーに差し込みます。
BAN-5-1-37BAN-5-1-38
ちなみにケーブルのソケットも差し込む方向が一応あります。
説明書のカラー図解を参考に正しくヘッダーピンに差し込んでくださいね。
ケーブルがねじれて差し込まれると誤動作や故障の原因になりますのでご注意ください。


ひとまず、これで組立は完成です!!
ban5e


作業的には1時間30分程度。
キリが良いので、今回はここまで!
次は動作チェックやどんなことが出来るのか、検証してみたいと思います。


皆さんもぜひ作ってみてくださいね♪

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は5月13日です!) 

記事担当:
ハンダ付け必須-非マイコン系

最近仕事でLEDの写真を撮ることが多くございました。
そんな時に重宝するのがワンダーキットの★LEDチェッカー3「LED-40」でございます。
このキットは定電流駆動なのでLEDの発光色や特性にかかわらず、一定の電流でLEDの点灯チェックができる便利グッズなのです。

led40a

引き出しや工具箱の奥底から発掘されたLEDも、挿してスイッチONすればだいたい光らせることができます。
なのでLEDを光らせた状態で写真を撮りたいときなんかには重宝するわけでございます。

しかし不満がないわけでもございません。
こちらのキットは基本5mA点灯で、タクタイルスイッチを押すことによって10mA、15mA、20mAと電流量を変更することができるのです。
LEDを点灯させて撮影する際、どうせなら最大の20mAを流して一番明るいであろう状態で写真を撮りたくなるのが人情というもの。
そういう場合には2個のタクタイルスイッチを同時に押してセットしなければならず、コレが結構手間なんですよね。

LED-40-custom01

という訳で本日は。
このタクタイルスイッチを別のスイッチに替えて電流アップを手軽に持続させようと言う企画でございます。

今回用意したのはこのスイッチ。
やっぱりトグルスイッチっていいですよね。棒を倒してON-OFFとか。パチンパチンという操作感も心地よいですし。
基板用にしたのはこの端子の方が加工しやすいかな、といった程度の理由でございます。

では加工をしていきましょう。
まずトグルスイッチの足を広げます。
LED-40-custom03
この広げた足をLEDチェッカー3のタクティカルスイッチに取付けるわけです。
LED-40-custom04
うむ。
微妙に届かない。
足がもう少し長ければこれでハンダ付けして終了だったのに・・・

仕方がありません。
足が届かないなら下駄を履かせればいい。
ということで基板裏のハンダ部分にリード線を取付けました。
LED-40-custom05
リード線とはいいますが余った抵抗の足を切ったもので代用です。
このリードにトグルスイッチを取り付ければ完了というわけです。

LED-40-custom06
はい完成。
後は実際にLEDを繋いで動作を確認します。

スイッチがOFFの時。
LED-40-custom07

そしてスイッチがONの時!
LED-40-custom08

・・・・・・・
贔屓目に見ても明るさ変わってないですねぇ・・・
コレはおかしい。
試しにタクタイルスイッチを押してみると・・・
LED-40-custom09
明るくなるやん!

改めて基板のパターンやらタクタイルスイッチの接点をテスターで確認してみたら、スイッチを取り付けるところを間違えていたことが発覚!
いやぁ、下調べって大事ですね。

という訳でトグルスイッチを付け直し。
LED-40-custom10

気を取り直して・・・
スイッチがOFFの時。
LED-40-custom11

そしてスイッチがONの時!
LED-40-custom12
やった!バッチリLEDが明るくなりました!
横側に付けるのが正解だったんですね。いやはや。

実験も成功したのでもう片方のタクタイルスイッチにもトグルスイッチを付けます。
LED-40-custom13

これで手軽にLEDを常時明るく点灯させることができるようになりました。
ちなみに作業時間は失敗含めて30分ほど。
LED-40-custom14
なんとも不格好で人様にお見せできるような工作ではありませんが、自分で使う程度の改造ならコレで十分ですよ。
最初はこんな感じでいいんじゃないでしょうか。
こういうところから少しずつブラッシュアップしていけばそれでいいと思います。
私と同じように技術も知識もないけど改造とかしてみたい!と言う人の背中を少しでも押せたなら嬉しい限りです。

実験して失敗してやり直して。成功したら喜びもひとしお。
こういうのが工作の醍醐味ですよね。

皆さんもぜひ電子工作を楽しんでくださいませ♪

(記事:伊東)
更新予定:毎週木曜日(次回は5月6日です!) 

記事担当:
ハンダ付け必須-非マイコン系


本日は。
流行おくれとか言われちゃうけど、全然そんなことはないと思っている★「LEDハンドスピナーキット」を作ろうと思います!
CAI183a

このキットはハンダ付け部品がほぼすべてチップ部品!!という、ある程度ハンダ付けに慣れた人向けのキットです。
ハンダ付けの腕試しをしてみたい人や、脱入門者!を目指している人にピッタリですね。

キットの中身はこんな感じ。
CAI-183-1
やっぱりチップ部品はちっちゃいですね!!
LEDは赤・青・緑の3色入っていますが、必要数よりちょっと多めに入っているので好きな配色で製作することが出来ます

基板はこんな感じ。
CAI-183-2CAI-183-3
普段見るキットの基板と違って穴がほとんど無いです。
電池ケース以外は全て面実装部品です。(゚A゚;)ゴクリ

ちなみに、あたりまえですがLEDには極性があります
CAI-183-4
チップ部品が小さすぎてよく見えないのと慣れていないことが相まって、正直極性を判別するのにとても時間がかかってしまいました。
LEDの表側(発光面)で見分ける場合は、端にチョロっと緑色のマーキングがついている方が「-(マイナス)」側です。
LEDの裏側(基板に接する面)で判断する場合は、緑色で書かれた凸マークののでっぱり部分「-(マイナス)」になります。
これはほんとにルーペが有った方が良いと思います。
ちなみにLEDを取り出す時は1個ずつテープをめくって取り出すようにしましょう
取り出してしまうと、光らせないと発光色がわからなくなりますから。
いつものリード付LEDみたいに気軽に光らせて確認ってできないですからね。

ハンダ付け箇所は
▼表面
(1)LED…11個
(2)抵抗(101)…11個
(3)抵抗(103)…1個
(4)コンデンサ(印字無し)…1個
(5)IC…1個
▼裏面
(6)電池ケース…3個
(7)スイッチ…1個

となっています。
用意しておくと便利なもの(あったほうが断然良い)は、おなじみ「マスキングテープ」と★「ピンセット」です。オカポン的必需品
というか、ピンセット無いとチップ部品を持ちながらハンダ付けなんて出来ませんからね…。
あと、ハンダゴテのコテ先は細いものの方がハンダ付けしやすいです。
先が太いと隣に当たって、せっかくハンダした部品が取れたりしますから。

ではチップ部品のハンダ付け方法を解説しましょう。
以前のブログ記事★「電工女子★チップ部品使用 音感知LED10点タワーを作ります!★」でもやりましたが、まずは片方のパターンにハンダを盛ります。(予備ハンダ)
CAI-183-5

で、チップ部品を盛ったハンダの上に乗せて、コテでハンダを溶かします
CAI-183-6

最後に、反対側をハンダ付けすれば、チップ部品のハンダ付けは完成です!
CAI-183-7

このハンダ付け時、基板をマスキングテープで固定してあげると作業がしやすいですよ。
CAI-183-8
この作業をチップLEDとチップ抵抗合せて22個分(計44箇所)ハンダ付するんですけど、意外とリズミカルにできてそれほど苦では有りませんでした。
チップLEDの極性さえ間違わなければ、ね。


ICにも取り付け方向があるんでしたね。
CAI-183-9
基板に印字されている切り欠きの向きと、部品についている丸い凹みのある向きをあわせてくださいね。
これも、ハンダ付けはチップLEDと同じやり方です。
片側にハンダを盛ってIC載せて盛ったハンダ溶かしてIC固定して、最後に反対側ハンダ付けして完成。
ICもピンセットで支えながらハンダ付けすれば作業がしやすいです。


表面のチップ部品のハンダ付けが終われば、裏面にうつります。
スイッチ電池ケースをハンダ付けします。
CAI-183-10CAI-183-11
電池ケースには向きがあります。向きを間違えると、電池が入れれなくなるので要注意です。
電池ケースだけは穴に端子を通してハンダ付けします。
ハンダのパターンは小さいですけど、この安心感w


全てのハンダ付けを終えたら、電池を入れてスイッチを押します。LEDが全部光るかどうか確認してみましょう。
CAI-183-12
うふふふふ。
光りましたね!やったね!!成功です!
もし光らないLEDがある場合、原因の殆どはハンダ不良です。
ピンセットで押さえながらもう一度ハンダゴテを当てて、しっかりと基板に付けましょう。
LEDが余っているなら一度取り外して、新しいLEDを付け直すのもアリです。

ハンダ付けは終了しましたが、これで完成では無いのです。
ケースに組み込まなければいけません。
ケースの組み立て方も説明書にかかれているのですが、ケースにも表裏とかがあってややこしいので注意しましょうね。
ケースにスイッチを押すための切込みがある方が基板の裏側に対応します。
この切り欠きとスイッチが重なるようにセットしてくださいね。

では組立てていきましょう。
まずはケースにベアリングを入れて…
CAI-183-13

基板を入れて…
CAI-183-14

ケースを閉じて…
CAI-183-15

ドライバーでネジを締めて…
CAI-183-16

ベアリングに持ち手を付けたら完成です!!
スイッチを押して、真ん中を持って回しましょう!
CAI-183-17CAI-183-18CAI-183-19
LEDの点灯パターンは自動で変化するので、回していると光のパターンがどんどん変わっていってとってもキレイです!

自分で作ったハンドスピナーなので、感動もひとしお。
いつまでもクルクルクルクル回したくなります。
というか、このハンドスピナー結構長い時間回ります
たーのしー!!


皆さんもぜひ使ってみてくださいね♪

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は4月22日です!)

このページのトップヘ