エレショップblog

半導体・センサー・マイコン・電子工作キットほか、各種電子部品の専門店「共立エレショップ」から主に電子工作の関連情報をお届けします。 http://eleshop.jp/

記事担当:
ハンダ付け必要-非マイコン系

先週は夏休みの工作にもピッタリなキット
★「音が鳴る貯金箱 【キット】 / TA-04」を作り始めました。
ta04a
★「電工女子、WonderKitを作ります!(第26弾:音が鳴る貯金箱です)★1」


前回、反射型赤外線センサの組み込みまで終わらせたんでしたね。
ということで、今回はその続きから。

今回最初の部品は半固定抵抗です。
ta04-2-1
取り付け方向はあるんですが、3本ある足を素直に基板に挿せば間違えることもありません。
基板の穴位置に合わせて組み込みしましょう!
半固定抵抗も足が短いので、足を曲げて固定することができません。
なのでそのままにしておくとハンダ付けする時にストンと下に落ちちゃいます。
マスキングテープなどで固定してハンダ付けしてくださいね。


次はトランジスタ
ta04-2-2ta04-2-3
これも取り付け方向があります
トランジスタの文字が書いている平らな面と、基板に印刷されてる真っ直ぐな線が同じ向きになるよう組み込んでくださいね。


次は、MP3モジュール
ta04-2-4ta04-2-5ta04-2-6
なんか完成品のすごい基板が入ってる!と最初見たときびっくりしました。
これも取り付け方向が決まっています
USBコネクタが基板の外側を向くように取り付けしましょうね。
一つ注意なんですが、このモジュールについているヘッダーピンが、かなり太くて固いんです。
ハンダ付けした後ジャマかなーと思ってニッパーで切ったんですが、結構力を入れないと足が切れないのと、切ったとき勢いよく飛ぶので手でガードしながら切ってくださいね。
不安でしたら無理に切らなくてもいいと思います。


次は、ヘッダーピン
ta04-2-7ta04-2-8ta04-2-9
短絡ソケットは「1.LOOP」って書いてる所に挿し込んでおきましょう。


そして電解コンデンサ
ta04-2-10ta04-2-11
コンデンサの中でも電解コンデンサは取り付け方向があるんでしたね。
足が長いほうが+です。


次はかわいい形のタクトスイッチです!
ta04-2-12ta04-2-13ta04-2-14
足の配置と基板の穴位置を確認して取り付けてください。


ICは前回組み込んだソケットに挿し込みます。
ta04-2-15ta04-2-16ta04-2-17
取付方向が決まっているので、ICの凹みとICソケットの凹みが重なるように差し込んでください。
ICは少し足が広がっていて挿しにくい場合があるので、そういう時は平らな場所で足を少し内側に曲げると挿し込みやすくなりますよ。


次は、初めて見る形の電池ボックスです!
ta04-2-18
リード線じゃなくて足が出ています。これも、取り付け方向があるので、要注意!です。

ta04-2-19ta04-2-20
ケースと基板、両方に+と-が書かれています
基板にはバネの絵も書いているので分かりやすいですね。
くれぐれも+と-を間違えないよう組み込んでくださいね。


さーて、次もちょっと戸惑ったポイント!
スピーカの取り付けをしようと思います。
ta04-2-21ta04-2-22
使うのは、スピーカ、ワンタッチスペーサー、ガイド基板の3つです。

メイン基板への取付けは、スピーカの線が引っ張っても切れないように「SP」の穴に通してからハンダ付けをします。
ta04-2-23ta04-2-24
で、配線をメイン基板にハンダ付けするのはいいんですけど、その前にガイド基板の丸穴にスピーカの線を通しておかないといけません。
そうしないとスピーカとガイド基板にスピーカの線がはさまってしまって残念なことになってしまいます。
なのでハンダする前にスピーカの線をガイド基板に通すことを忘れないでくださいね!

もう一箇所よく分からなかったところ!
スピーカー取付手順の最後に「スピーカの配線は左わきの適度な位置によせて反射型赤外線センサー(中央部)の邪魔にならないようにしてください」とあります。
左わきってどこよ!?どういう意味よ!?となりました。
が、説明書をよく見ると、どうやらスピーカも取付方向があったようで、説明書通りにスピーカを取り付けると配線が赤外線センサー側に出てしまうんですね。
これを赤外線センサーのジャマにならないように端に避けときましょう、ということのようです。
で、説明書ではスピーカのイラストに微妙に凹みが書かれています。で、実物のスピーカにも微妙な切り欠きがついていてるんですね。
ta04-2-25
ということで、ここで初めてスピーカの取り付け方向あるんやねー…となりました。

ta04-2-26
で、スピーカはワンタッチスペーサーを使って基板に取付けます。
ガイド基板の裏からワンタッチスペーサーを差し込み、ガイド基板の表側からスピーカを取付けます。

ta04-2-27ta04-2-28
そして「スピーカの配線は左わきの適度な位置によせ」ないといけないのですが、これがよく分からなかったので左側のワンタッチスペーサーにリード線を巻き付けておきました
これでスピーカの配線が赤外線センサーのジャマをすることもありません
最後にガイド基板に付けたワンタッチスペーサーの反対側をメイン基板に挿し込んだら完成です!!

では早速動作確認をしてみましょう。

ta04-2-29
電池を入れると自動で電源がONになります。

ta04-2-30
オカポンがさっきかわいい!と言ったタクトスイッチを押すと、赤外線センサーがONになってコイン待ちの状態になります。
コイン待ちの状態では基板上の赤LEDが光ります。
このまま何もしないで20秒経つと、赤LEDが消えてスリープモードになっちゃうので、コインを入れても検知しない(音が鳴らない)です。
赤LEDが光っている状態でコインをスリットに通すと...
やった!音が鳴りました!!
大成功です!


ということで、今週は動作チェックまで!
次回は、箱に取り付けたり音楽の変更をしてみようと思います!

ぜひ、作ってみてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は9月5日です!) 

★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
音が鳴る貯金箱【キット】 TA-04 1個 こちらから→
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。 


★キット製作時に使用した道具は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
DASH低価格セラミックヒーターハンダこて15W
はんだ付け入門セット
FX650-84 1個 こちらから→
モデラーズニッパー α(グレイ) ITEM74093 1個
汎用型ピンセット 120mm P-880 1個
電子工作用ハンダ SD-63 1個
ワイヤーストリッピングゲージ BBM-WSG 1個
セラミックヒータータイプ用こて台 FH300-81 1個
工作マット / 350×250mm KP-S130 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

記事担当:
ハンダ付け必要-非マイコン系


お盆を過ぎると夏休みも残すところあとわずか
シリコンハウスやデジットの店頭を見ますと、夏休みの工作ネタを探しに来ているのか親子でキットコーナーを凝視している姿がよく見られます。
という訳で今回は、『まだ間に合う!夏休みの工作!』ということで、先月発売された夏休みの工作にもピッタリなキットを作ろうと思います!

その名も…
★「音が鳴る貯金箱 【キット】 / TA-04」です!!

この新発売のキットは名前のとおり、硬貨を入れる(基板のスリットに硬貨を通す)と効果音がなるキットなんです。
しかも効果音は全部で6曲も登録することが出来るんです!
最初から効果音が6曲入ってるんですけど、後から自分の好きな音に変更できちゃいます
更に面白いのが音の長さ。
音楽用の記憶容量(約4MB)が許す限り長い曲を登録することができるんです。がんばれば10分以上の曲を登録することもできちゃうんですって!
短い効果音も面白いですが、長い曲が流れるっていうのは今まで無かったような気がしますね。

ということで、さっそく作っていこうと思います!
まずは、恒例のパッケージチェック
ta04-1
これぞ「ワンダーキット」って感じですね。

入っている部品はこんな感じ。
ta04-2
そんなに部品点数が多い!って感じではないですね。
今回は意外と簡単かも♪

部品を見ると基板は2つ入っていました。
ta04-3ta04-4ta04-5
部品をハンダ付けするメインの基板とコインを通すガイドになる基板の2枚。
この鮮やかな赤色の基板が格好いいですよね!

さて、では早速組み立てていきましょう~!
まずはおなじみ抵抗から!
ta04-6ta04-7
以前作った金属探知機の時と同じく今回も小型抵抗
小型抵抗は狭いところに取り付けることが多いので、リードは抵抗の根本から折り曲げてください
キレイに根本から折り曲げるには★ピンセット★ラジオペンチ、必需品!!
手で曲げると根本から曲がらなくて、穴位置とあわないのでガタガタになっちゃいます。

そして、もう一点注意ー!
ta04-8
この「音が鳴る貯金箱」のメイン基板は初心を思い出させてくれる基板でした。
なんのことかというと…部品を基板に挿し込んだ後、部品が落ちないように足を広げることの大事さを思い出させてくれました。
最近オカポンが作っていたキットは足を広げなくても部品が落ちなかったり、少し広げるくらいで良いものばかりでしたから…。
今回の基板、ランド(基板の金属部分)が★「金属探知機2「KZ-DT2」」より大きいんです。
なので、ハンダ付けはしやすいんです。
ただ、ランドだけじゃなくて部品を挿す穴も大きいので、部品の足をしっかり広げないと部品が抜け落ちてしまいます
実際、落ちました。
そして落ちたことに気付かずハンダ付けして、ナンテコッタ!!な状態になりました…。
皆さんはハンダ付けする際にしっかり部品の足を広げて固定してからハンダ付けしてくださいね!

ということで、抵抗をつけ終わったらこんな感じ。
ta04-10ta04-9
ここまでで30分ほどかかりました。

さて、次はショットキーダイオード
ta04-11ta04-12
結構部品の足が太いので、折り曲げる際や足を切るときに注意してくださいね。
ちなみに、ダイオードは取り付け方向が決まっています
部品に書かれている帯と基板に印刷されている帯の方向をしっかり確認してくださいね!

積層セラミックコンデンサは取り付け方向無しです。
でも次のLEDは取り付け方向があるので要注意!
ta04-13ta04-14ta04-15
足が長いほうが「+」です。
基板に「A」と書いているほうがアノードなので、こっちにLEDの足が長いほうを挿し込んでくださいね。

次はICソケットです!
ta04-16
これも取り付け方向が決まっています。
部品の切れ込みがある方と、基板の印刷の凹みのある方をあわせてくださいね。

ここでワンポイントアドバイス~!
さっきも書きましたが、「音が鳴る貯金箱」の基板は部品がストーンと下に落ちやすいんですよね。
特にこのICソケットは足が短いので折り曲げて固定することもできません。
なので、★「NEWてだすけ君2」★「ヘルピングハンズ」があったほうが良いと思います!
ただ、マスキングテープなどで固定するだけでもよいですけどね!
ta04-17ta04-18
これでぐぐっとハンダ付けしやすくなります♪

次は、とっても悩んだ反射型赤外線センサです。
ta04-19
オカポンがただどんくさいだけかもしれませんが、ちょっとマゴマゴしたのでそこもあわせてお伝えしますね!
まずは、部品の方向の確認です。
ta04-20ta04-21
足側から見て斜めに欠けている部分があるので、そこが右下になるように持ちます。

次に、下段の足2本を下に向かって曲げます
ta04-22ta04-23
ラジオペンチで90度、根本からぐいっと曲げましょう

次に、上段の足をそれぞれ横に曲げます
ta04-24ta04-25


最後に上段の足を、下の足との幅が約2.5mmになるように下に向かって折り曲げます
ta04-26

いやいやいや、「折り曲げてください。」ってサラって書いてくれてますが、オカポン的に「・・・・・・え?」ってなりましたYO!!
コツも何もないし…「幅約2.5mm」って、「約」ってつけてくれてますが3mm以上になる自信ありありですし…
えー…って思いながらセンサの足を見つめちゃいました。
そこで見つけた!オカポン愛用マット★「工作マット / 350×250mm」には、簡易スケールがついているんですよ!
ta04-27
とりあえず、ここで測って2.5mmくらいのところで曲げたらいいんちゃうん?!ってことでやってみました。
が、まぁ、なんとも不格好になりまして
これまた残念なことに写真撮り忘れてしまったので、ホントに残念ながらお見せできないのですが、とりあえず基板にさしたら何とかなりました。
という訳で、適当すぎるのも問題ですが、神経質になりすぎなくても大丈夫ですよ!っとお伝えしたかったんです。

ということで、無事約2.5mmに折り曲げることができたら基板にさしこみましょう!
ta04-28ta04-29ta04-30
部品を入れる向きには注意してくださいね!
ここで方向を間違えると硬貨を感知することが出来ないですからね。実はとっても重要な部品なのでした!


ここまでで約1時間くらいかかっています。
写真を撮りながらということもあったんですけど、いろいろ確認していたら結構時間が経ってしまいました…。
でも、結構終わりが見えていますね。
ということで、今週は一旦ここまで!
出来上がるのが楽しみです♪


ぜひ、作ってみてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は8月29日です!) 

★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
音が鳴る貯金箱【キット】 TA-04 1個 こちらから→
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。 


★キット製作時に使用した道具は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
DASH低価格セラミックヒーターハンダこて15W
はんだ付け入門セット
FX650-84 1個 こちらから→
モデラーズニッパー α(グレイ) ITEM74093 1個
汎用型ピンセット 120mm P-880 1個
電子工作用ハンダ SD-63 1個
ワイヤーストリッピングゲージ BBM-WSG 1個
セラミックヒータータイプ用こて台 FH300-81 1個
工作マット / 350×250mm KP-S130 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

記事担当:
イベント関連


今日のブログは、「~夏休みハンダ付け体験会~ 金属探知機で宝さがし♪3」のイベント報告をしたいと思います!
このイベントは昨年の夏と秋に開催して好評だった
~夏休みハンダ付け体験会~ 金属探知機で宝さがし♪
~秋のハンダ付け体験会~金属探知機で宝さがし♪2
から、更にパワーアップした令和バージョンなのです!
0803kinzoku-eve-10803kinzoku-eve-2


開催したのは令和元年8/3()
時間は10:30~13:00です。
作ってもらったキットは、もうすっかりお馴染み共立プロダクツ★「金属探知機2 【キット】 / KZ-DT2」です!
KZDT2-eve-2

そして今回は私達電工女子会主催ではなく、シリコンハウス」主催なので、シリコンハウスのスタッフがハンダ付けのレクチャーをしてくれました!
0803kinzoku-eve-30803kinzoku-eve-40803kinzoku-eve-14

ハンダ付けのレクチャーではシリコンハウススタッフが実際にハンダ付けするところも見てもらいました
0803kinzoku-eve-50803kinzoku-eve-6
この辺はさすがシリコンスタッフ。私達よりもキレイにシャシャっとはんだ付けを披露してました。
私達ももっと修行せねば。

ハンダ付けのレクチャーを聞いてもらった後は、みんなで練習タイムです!
はんだごてに慣れてもらおう!ということで、実際に練習用基板に部品をはんだ付けして、練習をしてもらいました。
0803kinzoku-eve-80803kinzoku-eve-90803kinzoku-eve-10


練習してはんだ付けに慣れてもらったら、いよいよキットの製作です。
・・・と、その前に重要なお話をしました。
「抵抗」についてのお話です。
抵抗とはどんな部品なんだろう?カラーコード(抵抗についている帯の色)ってなんだろう?
カラーコードの読み方は最後の宝さがしでとっても重要なキーワードになるよ!っていうお話がありました。
こういったちょっと難しめのお話は、日々店頭でお客様に対応しているシリコンハウススタッフならではです。
「シリコンハウス主催」となると、こういう所がお得ですね。


さて、キット製作です。
まずは準備として、抵抗の足をピンセットで曲げます
このキットに付いてる小型抵抗、ホントにちっちゃいので基板に取付けるのにちょっと苦労するんですよね。
KZDT2-eve2-26

という訳でひと工夫。
抵抗の足を曲げたら、事前に紙のお皿を配っていたので、その中に入れてもらいます
KZDT2-eve2-19KZDT2-eve2-21

これ、昔なつかし折り紙の「パクパク(パックンチョ)」なんです。
指を入れて閉じたり開いたりして遊ぶアレです。
これの口部分(パクパクするところ)を閉じてマスキングテープで固定しています。
この状態でひっくり返すと4つポケットがあるお皿になるんです!
ちょうど小型抵抗も4種類なので、足を曲げたついでにカラーコードを書いたお皿に分けておきます。
小型抵抗は本体が小さい分カラーコードが読みにくいので、こうして分けておくと基板に取付ける時に便利なんです。


ではいよいよ、ハンダ付け開始です!
R1から順番にハンダ付けしていきます。
説明書と基板を見比べながら、該当するところに抵抗を入れてハンダ付けしていきます。
0803kinzoku-eve-110803kinzoku-eve-120803kinzoku-eve-13


このキットはランドが小さくてはんだ付けが大変なんですけど、みんな頑張ってハンダ付けしてくれました!


今までのイベント報告でも、金属探知機イベント用資料を掲載していましたが、今回も添付しておきますね。
ここから↓ダウンロードすることが出来ますよ♪
→PDF(A4:部品チェック&イベント流れ)
→PDF(A3:作り方)

金属探知機でイベントしてみたい子どもたちにハンダ付けを教えたいな~、という方は使ってみてくださいね!
(金属探知機2 「KZ-DT2」組立説明書第1版に基づく内容です)


さて、完成したら、自分で作った金属探知機を使って宝さがし」です!

今回は宝さがしのルールを少し変えました!
まずは、工作室内にある本棚前に移動します。
古い雑誌(1970年代のトラ技!)から最近の雑誌や書籍までいろいろ揃っています。

その本の中から、自分の作った金属探知機を使って「宝の地図」を探します
0803kinzoku-eve-150803kinzoku-eve-160803kinzoku-eve-17


「宝の地図」には、色のついた宝箱と、宝箱の鍵を開けるためのヒントが書かれています
そう、ここでレクチャーのときにちょろっと出てきた「抵抗のカラーコード」が関係してくるのです!
地図の宝箱の色=開ける宝箱の番号地図に書かれた3種類の色=宝箱のダイヤルキーの番号、になってるんですよ。

ここまでは前回と一緒です。
ただ、今回は「宝の地図」に書かれているヒントが「今日司会してくれたスタッフに聞いてみよう」や「時計をしているスタッフに聞いてみよう」と言うふうにしてみました。
カラーコードに気付いて問題を解いてくれる子もいれば、各スタッフにヒントをもらいに来てくれる子もいました。
ちなみに。
スタッフが持っているのは「答え」じゃなくて、計算式のヒントなので、結局は参加者の皆さんが頑張って問題を解いてもらいました♪
みんな楽しそうにワイワイと問題を解いて、楽しそうに宝箱を開けてくれる姿にとっても嬉しかったです!

今回のキットは基板のランドがスルーホール(両面)ということもあって、はんだ付けの難易度が少し高かったんですが、みんな無事に完成させることが出来て、とても嬉しかったです!
そして、時間が押してしまい、申し訳ありません…。


みなさん、本当にありがとうございました!


他のイベントやセミナーなども、このエレショップblogシリコンブログで告知しますので、今回のレポートで興味を持った人は是非参加してみてくださいね!

電工女子会だけでなく、共立電子産業は他にもセミナー・イベントを随時行っています。
こちらのページでも情報アップしていますので、イベントに興味のある人は要チェックですよ!


(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は8月22日です!)

このページのトップヘ