エレショップblog

半導体・センサー・マイコン・電子工作キットほか、各種電子部品の専門店「共立エレショップ」から主に電子工作の関連情報をお届けします。 http://eleshop.jp/

記事担当:
ハンダ付け不要-非マイコン系


今週も引き続き★「メカクリッパー / MR-9113」を作ります!
MR9113c

これまでの製作記事はこちら
★「電工女子★ジョイスティックで操作するロボットアーム「メカクリッパー」を作ります! Part1★」
★「電工女子★ジョイスティックで操作するロボットアーム「メカクリッパー」を作ります! Part2★」


さてさて、今回も1時間でどれだけ出来るかな!(できれば区切りが良いところで終わりたいな!)を目標に、作業を進めていきます。

では、前回の「ベースギアボックスの組み立て」の続きから作業進めます。
MR-9113-3-1MR-9113-3-2

MR-9113-3-4MR-9113-3-3

ホントいろんな形のギアがありまして、どれもこれも向き注意です。
パーツに番号を印字してくれているので、ちゃんと確認して、気を付ければ大丈夫です。
MR-9113-3-5MR-9113-3-6

カラフルなギヤがたくさんかみ合っていてとてもキレイですね!
MR-9113-3-7

複雑に絡み合ったギヤ達。
・・・どことどこのギヤが連動して、どう動くんだろ?と思ってちょっと触ってみました
MR-9113-3-8MR-9113-3-9
「たった1個のモーターで4つの関節を動かすことが出来る」って書いてたので、1つのギヤを触ったら全部が回るのかと思っていましたが…それじゃぁ4つの関節を別々に制御できなくなるやん・・・って、触りながら思いました。
ということで、1つのギヤを動かしたら、ある一定の範囲のギヤが動くようになっているんですね。いやぁ、面白い!!
と、時間が経つのを忘れそうになったので、組み立て作業に戻ります。


MR-9113-3-10
ようやくギヤを一通り組み立てられたので、大きなパーツをギヤの上に被せて固定させます。
このパーツ、格好よくありませんか?!線の入り具合とか、つるっとした感じとか、近未来っぽい。(語彙力)

・・・で、ですね。
まぁ、やっちゃったー・・・なんですが。
このパーツを組み込もうとしたら、ガチャッって嫌な音がしまして。
MR-9113-3-11
机をよく見ると、あれ、なんか見たことある黄色いギヤパーツが、落ちてる…?
で、大きなパーツを外したら、まぁ、外し方が悪かったんでしょうね…無残な有様に。
MR-9113-3-12


まぁ、説明書見ながら、ちゃんと戻しましたよ!
MR-9113-3-13


結局、なんでこうなったかって言うと。
この上に被せるパーツはベースにパチンとはめ込むんですが、これが少し浮いてたようで。
MR-9113-3-14
押し込みが足りないのかな?と思って、メカクリッパーの下側、凹んでいるところ(落ちてたギヤパーツの辺り)を持ったんですね。
当然まだギヤは固定されていないので、そりゃバラバラになるよねー。ソウダヨネー。ってことでした。
MR-9113-3-15
何かの拍子にパチンっとはまる箇所があるので、皆さんはキチンと部品をはめ込んでくださいね
この部品が浮くことはありませんよ!


ということで、もくもく工作タイム、再び。
MR-9113-3-16MR-9113-3-17

MR-9113-3-18MR-9113-3-19

MR-9113-3-20MR-9113-3-21

MR-9113-3-22


今回のこの部分。
MR-9113-3-23

タッピングねじを締める部分。
皆さんにお伝えしたい。
オカポン、普通のドライバー使ってたんですけどね。
先端にネジがくっつくタイプのドライバー使った方が良いです。本当に。

たとえば★「プロユースプラスドライバー / DP-44」とか。
dp44a
普通のドライバーだと、ねじがこの小分けになってる部屋の中をコロコロコロコロ転がってね!隙間に落ちたネジは拾いにくいし、ねじ穴にはめ込みにくいし、キェェェェェェェってなるんです。
ストレスフリーの為には、良い工具を使う事も大事だと思いました!!

・・ふぅ。ということで、引き続き説明書に沿って組み立てていきます。
MR-9113-3-24MR-9113-3-25MR-9113-3-26


あ、そうそう。このパーツがオカポン的に超ツボでした!!!
MR-9113-3-27
タッピングネジを隠して、本体をつるっと見せるこのカバー。
こだわりを(私が勝手に)感じますよね!超素敵。


面白いパーツ出てきたなーと思いきや。
MR-9113-3-28MR-9113-3-29
ジョイスティックのパーツだった!!!と、一人興奮です。

MR-9113-3-30MR-9113-3-31
方向パネルも見事な一体感。あぁワクワクします。
ということで…
MR-9113-3-32MR-9113-3-33

MR-9113-3-34MR-9113-3-35
ジョイスティックを動かすと下にあるパーツ(白と黄色)が動いているのが分かりますね!!
ちゃんとコントロールできてます!


スティックまで取り付けたら本体をくるっとひっくり返して、ねじ止めします。
MR-9113-3-36MR-9113-3-37
タッピングネジは力が必要なので、何気にねじ止めが大変。
電動ドライバー、憧れるなぁ...

で、タッピングネジも締め終わって二の腕に倦怠感が蓄積されまくってる状態で!!
これまた興奮したこのパーツ!!!
MR-9113-3-38MR-9113-3-39MR-9113-3-40
ジョイスティックだーーーー!!!!

MR-9113-3-41MR-9113-3-42
無駄に触るよねー。波○拳とか昇○拳とか、無駄にコマンド入力しちゃいますよねー。

あぁ、格好いい・・・すてき・・・。 
MR-9113-3-43

ということで!これで「ベースギアボックスの組み立て」が終了しました
次回は、動作チェックに入りますよ!楽しみだなぁ~!


ここまでで撮影しながらだいたい1時間かかっています。合計工作時間は3時間半。
まだまだパーツは残っています!
さーて、引き続きもくもく工作タイム、頑張るぞ~!


皆さんも、ぜひ作ってみてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は6月25日です!)

記事担当:
ハンダ付け不要-非マイコン系


今週も前回の続きで★「メカクリッパー / MR-9113」を作ります!
MR9113b
先週のブログ記事はこちら
★「電工女子★ジョイスティックで操作するロボットアーム「メカクリッパー」を作ります! Part1★」

2本のジョイスティックでロボットアームを操作するキットです。
たった1個のモーターで4つの関節を動かすことが出来るんですって。不思議〜。

さて、今回の記事はほぼ「もくもく工作タイム」です。
ひたすら説明書に従って組み立てて行くのみです。
ただ、あまりにも区切りっぽいところがないので、作業開始から1時間半たったところで作業をストップしました。
組み立てるに当たっての注意点は説明書に記載してくれているんですが、確かにここ間違えそう!なところもピックアップしようと思います。


ということで、前回の続きから。
今回は「ベースギアボックスの組み立て」に取り掛かります。
まずはバネ
MR-9113-2-1MR-9113-2-2
バネって言うとクルクル巻いた物を想像しがちですが、このバネは金属の板がコの字に曲がった物でした。

どんどんパーツを組み立てていきますよ。
MR-9113-2-3MR-9113-2-4MR-9113-2-5
なんだか不思議な、今まで見たこともないようなパーツがどんどん登場しますね。

で、ここからシャフトが出てきます。
間違えやすいポイント!
このキットには丸シャフト、六角シャフトがそれぞれ3種類(長・中・短)用意されているんです。
とりあえず袋から出して並べてみました。
MR-9113-2-6
↑の写真、一番左の4本だけ、六角シャフトなんですよねー。
パッと見じゃわかんないですよね。

MR-9113-2-7
これが、左:丸シャフト(中)と、右:六角シャフト(中)です。
触った時に、つるっとしてるか、角があるかで判断しましょー!


ということで、引き続きもくもく工作タイム
MR-9113-2-8MR-9113-2-9MR-9113-2-10

MR-9113-2-11MR-9113-2-12MR-9113-2-13

MR-9113-2-14MR-9113-2-15MR-9113-2-16
パーツの向きや差し込む方向が重要なのは、このキットほぼそんな感じなので、組み立てには十分注意しましょうね。
それにしてもギアってホントにいろんな形があるんですね。
色もカラフルでステキです。

ということで!初オイルです!!
MR-9113-2-17

ギアを付ける際に潤滑油を付けていきます。
こう言う場合って軟膏っぽいグリスが付いていることが多いんですけど、このロボットアームはサラサラのオイルが付いています
今までサラサラオイルは使ったことがなかったのでなんだか新鮮ですね。

ここで懺悔します……
面倒くさがりのオカポン。すぐに紙コップや綿棒が見当たらず。
これだけオイルの量があるから、袋から直にオイルを出して、★キムワイプで塗ったら良いんじゃない?なーんて甘っちょろいこと考えて実行に移しました…。(キムワイプを選んだのは、目の前にあったからデス★)
えぇえぇ、オイルの残量とか塗る場所の数とか考えずに塗りたいだけ塗ってたんですよね。
そしたら当然、まだオイル塗るところあるのに、オイル使い切っちゃいましたよ!!!(´;ω;`)
それにキムワイプもぐんぐんオイル吸っちゃうから…
大きい面に塗るときはとっても便利だったんですが、細かいギアの間とかね…かなり無駄にオイル塗ったよね…。
皆さんは、ちゃんと紙コップとか綿棒とか、用意して作成してくださいね!
ご利用は計画的にッ!


では、気を取り直して、もくもく工作タイム
MR-9113-2-18MR-9113-2-19MR-9113-2-20

MR-9113-2-21

MR-9113-2-22MR-9113-2-23MR-9113-2-24

MR-9113-2-25MR-9113-2-26

MR-9113-2-27MR-9113-2-28MR-9113-2-29


MR-9113-2-30MR-9113-2-31MR-9113-2-32

MR-9113-2-33MR-9113-2-34MR-9113-2-35

MR-9113-2-36MR-9113-2-37MR-9113-2-38

MR-9113-2-39

MR-9113-2-40MR-9113-2-41MR-9113-2-42

MR-9113-2-43MR-9113-2-44MR-9113-2-45

ふー、徐々にギアが増えてきましたね。
説明書に従ってギアを組んでるんですけど、なにがどう作用してどう言う動きになるのか全く分かりません!
ただ、ギアの組み合わせでいろんな動きをするのって、なんだかプログラムみたいだなぁってぼんやり思いました。

あ、そうそう。今の状態はまだギアが固定されているわけでは無いので、持ち上げて衝撃与えたりしちゃうとパーツが飛び出るので要注意ですよ!!
外れたギアを付け直すのはとっても面倒ですので気をつけてくださいね!(経験者談) 



ここまでで撮影しながらだいたい1時間半かかっています。合計工作時間は2時間半。
で、説明書見て気付きました。まだ半分いってなかった…!!!
さーて、引き続きもくもく工作タイム、頑張るぞ~!


皆さんも、ぜひ作ってみてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は6月18日です!)

記事担当:
ハンダ付け不要-非マイコン系


本日は!
エレキットの中でも高難易度の★「メカクリッパー / MR-9113」を作ろうと思います!!
MR9113a

2本のジョイスティックでロボットアームを操作する、なんともワクワクするロボットです!
一番ビックリなのはモーター1個で動くところ。
ギア同士を組み合わせることによって、4つの関節(ベース・肩・ひじ・グリッパー)を1つのモーターで動かすことが出来るんだそうです。
普通は1個の間接に1個のモーターを使うんですけど・・・
どういう仕組みなのかサッパリなのですが、それを解明するためにも、いざキットを作っていこうと思います!!

さて、おなじみ箱チェック
MR-9113-1-1MR-9113-1-2
でかっ・・・。
プレゼントとかで貰ったらテンション爆上がり間違いなしの箱サイズです。
裏面にも目安としての難易度、工作時間、工作に必要な道具などの説明が記載されています。
難易度は5工作時間が4時間(目安)
前回作った★「とげまる」よりも難易度も工作時間も長いですね。。。
ちなみにとげまるの工作時間は3時間と書かれていました。
それをオカポン、写真撮りながらとは言え4時間半かかって作り上げた訳なのですが・・・
いったいこのメカクリッパーは完成するまで何時間かかるんでしょうね。

ちなみに、今回工作に必要な工具がいくつかあります
ニッパー
+ドライバー(サイズ:No.1)
・綿棒
・キッチンペーパー
・コップ
単1アルカリ乾電池×2本

綿棒とコップ、キッチンペーパーの使い道なんですが、工作途中にオイルを塗る箇所が出てきます。
MR-9113-1-4
オイルを入れるコップと、パーツにオイルを塗る為の綿棒と、汚れ防止のためにコップの下に敷くキッチンペーパー(ティッシュペーパーでも可)が必要になります。


さて、開封しましょー!
MR-9113-1-3
うっひゃあ…部品もりもりですね。
この段階で完成時のサイズがそこそこ大きくなることが分かりますね。


さて、ではまず「バッテリーユニットの組み立て」から始めようと思います。
MR-9113-1-5
これが土台。大きいですね!

イラスト豊富で分かりやすい説明書に沿って、パーツを組み立てていきます。
MR-9113-1-6MR-9113-1-7MR-9113-1-8


オカポン的とっても嬉しいポイント!
今回も説明書に実物大イラストが載っています
何のパーツか分からなくなっても大丈夫です!!
MR-9113-1-9MR-9113-1-10
しかし、今回のキット、タッピングねじが「55コ」もあります
タッピングネジは締めるのに力がいるんですよねぇ…頑張るぞぃ。

MR-9113-1-11MR-9113-1-12
タッピングねじは、しっかり最後までしめましょうね。
バリも、ニッパーできれいに取りましょう。
MR-9113-1-13MR-9113-1-14MR-9113-1-15


では説明書に沿って、もくもく工作タイム
MR-9113-1-16MR-9113-1-17MR-9113-1-18

MR-9113-1-19MR-9113-1-20


プラス極側のバッテリーユニットのフタの組立。電池金具のプラス側(赤線で凸付)を取付け。
MR-9113-1-21MR-9113-1-22MR-9113-1-23

MR-9113-1-24MR-9113-1-26MR-9113-1-27

MR-9113-1-28MR-9113-1-29MR-9113-1-30


マイナス極側のバッテリーユニットのフタの組立。電池金具のマイナス側(黒線でバネ付)を取付け。
MR-9113-1-31MR-9113-1-32MR-9113-1-33

MR-9113-1-34MR-9113-1-35


モーターに付いている電極をバッテリーユニットのフタに取り付けたら、モータを土台部分にはめ込みます。
MR-9113-1-36
ケーブルは、パーツにくぼみがあるのでそこにはめ込みます。
しかしここに大きな落とし穴があったのです!
詳細は後ほど。

つづけて電源をオンオフするスイッチボタンの取り付け。
MR-9113-1-37
これでモーターの配線がある程度固定されます。

バッテリーユニットのフタを閉じるパーツ(左写真中央の白いパーツ)。
MR-9113-1-38MR-9113-1-39
向きが重要なので、間違えないようにしてくださいね。

バッテリーユニットのパーツ(上部分)
MR-9113-1-40

MR-9113-1-41
MR-9113-1-42MR-9113-1-43

ここでも、オカポン、大失敗しました。
下3枚が失敗している写真になります。分かりますか?
そう、バッテリーユニットのフタを組み込まずに、バッテリーユニットの上パーツをはめ込み&ねじ留めしちゃったんですよねー・・・・。あぁぁぁ…。
この後、やり直しのために何回もネジ留めたり外したり…を繰り返したんですが、めっちゃ面倒くさいし大変なので、説明書しっかり読みましょうね…。

ということで、組みなおしてこんな感じ。
MR-9113-1-44


バッテリーユニットのフタを閉じるパーツもねじで留めるので、再度外したり留めなおしがめちゃくちゃ面倒くさいです。(大事なことなので2回言いました)


さてここで実際に電池を入れて動作確認をします。
ちゃんとモーターが回るかな♪
てな感じで電池を入れてみたんですが。
MR-9113-1-45MR-9113-1-46
よっしゃ、バッテリーユニット完成ー!と思ってスイッチ入れたら・・・・

MR-9113-1-47
モーター、飛び出てる!!!!!!

え、うそやん・・・と思って、この状態でモーターの位置を修正しようと思ったんですが・・・
MR-9113-1-48
バッテリーユニットの中でモーターの配線は電源スイッチで固定されてるので今以上に配線は延ばせません
その上配線は電池に挟まれててさらに固定されてるし、そもそもバッテリーユニット自体をネジでがちがちに固定してるから

モーターが動くわけないよね!!!!!!!(´;ω;`)

あぁぁぁぁぁ…
ということで、ネジを外して電池抜いて中見たんですが…
MR-9113-1-49
あれ?特に問題なさそうですよ?
ちょっとケーブル引っ張ってみると余裕もあるし、まぁ大丈夫かな?モーターもギリギリ収まるな。
って思ったんですよ。
んで、また電池を入れてネジを締めなおしたんですけどね。

MR-9113-1-50
はい、まだモーター浮いてるーーー!!!!

やっぱり中でケーブルが引っ張られて、微妙にモーターが浮いちゃってますね…。
そう、これがさっき書いた落とし穴だったんですね。

ということで、再度ねじを外して、今度はバッテリーユニットの上部パーツまで外して配線をやり直しました。
今度はケーブルの位置を余裕もってたるませて配置します。
このバッテリーユニットの上部パーツタッピングネジだけでなく、4か所のはめ込みロックで固定されてるのでそれも外します。
これがまたね!外しにくいのなんの…それだけしっかりしている(壊れにくい)ってことなんですけど…力ずくでやると、ロック部分が壊れそうになるので十分注意して外します。

で、バッテリーユニット内のケーブルをある程度緩ませて、再度ねじ留め
MR-9113-1-52

これで、モーターも浮かずに所定の位置にしっかり収まりました!
MR-9113-1-51
あぁぁぁ…長かった…。
ピンセット、超重要アイテムです。何回も言ってる気がしますが、絶対持ってた方が良いです


ということで、スイッチを上に押すと電源オフ。
MR-9113-1-53
電源をオンにする場合は、上の小さな赤いボタンを1回押してからスイッチを下に押すと電源がオンになります。
ちょっとスイッチが固いので、力入れて押してみてくださいね♪
オカポンはバッチリモーターが回りましたよ!


ちなみに開封の儀からここまでで、撮影しながら・試行錯誤しながらで、だいたい1時間かかりました。絶対4時間じゃ終わらない。
さーて、引き続きもくもく工作タイム、頑張るぞ~!


皆さんも、ぜひ作ってみてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は6月11日です!)

このページのトップヘ