エレショップblog

半導体・センサー・マイコン・電子工作キットほか、各種電子部品の専門店「共立エレショップ」から主に電子工作の関連情報をお届けします。 http://eleshop.jp/

記事担当:
ハンダ付け不要-非マイコン系


いきなりですが!
共立電子産業にはいくつかのブランド名がついたキットが出ているのをご存じでしょうか?
WonderKit」とか「共立プロダクツ」とか「シリコンキット」「デジットキット」などがあります。

その中でも「ピュアオーディオ」に特化したものを「Wonder Pure」ブランドとして、製造・販売しているんです。
今回のブログでは、そんな「Wonder Pure」の中から最近発売した
★「バスレフエンクロージャー組立キット(2台1組) / WP-SPMF4」を作ろうと思います!!
wpspmf4a


なんだかんだで、こういう自作のエンクロージャーを作るのは、オカポンにはまだまだ敷居が高いかなーと思っていたんです。
オーディオ趣味って値段が天井知らずだったり、専用スペースの決まった位置で聞かなきゃいけないとかもうこだわりだしたらキリがない底なし沼って言うイメージがあったので。
ただ、今回作ってみるキットなんですが、¥7,700(2020/09/10現在)とまだ手が出しやすい価格でして。
サイズ的にもそこまで大きくないので、邪魔になりにくいし、ハンダ付け不要で作りやすい。とのことなので、チャレンジしてみることにしました!!

ということで、さっそく開封の儀から始めます。
WP-SPMF4-1-1WP-SPMF4-1-2
ぼちぼち大きい箱です。
重さは2キロ。
箱の中身にはエンクロージャーに使用する部品やカラーの説明書が入っています。

WP-SPMF4-1-3WP-SPMF4-1-4WP-SPMF4-1-5
一番右の写真がエンクロージャーの正面になる板材です。
こう見るとエンクロージャー小さいですね。

そうそう。とっても重要な話です。
完成させるには、別途用意する必要があるものがあります。
このエンクロージャー、スピーカーユニットがついていません。ホントに箱だけなんです。
今回作るエンクロージャーは「ONTOMO MOOK(8月19日発売)付録のマークオーディオ製スピーカーユニットに対応」しているとのことなので、★「ONTOMO MOOK これならできる 特選スピーカーユニット 2020年版マークオーディオ編 ▲航空便不可▲ / ISBN9784276963115」の付録スピーカーユニットを使います!

あと、絶対必要!なものがあります。それは・・・★「木工用ボンド」!!
これがないと組み立てられないですからね。

工具
プラスドライバー(No.2)
L定規 又は三角定規など直角がみられる定規
ラジオペンチ
が必要です。

あったら便利!
・濡れ雑巾・・・はみ出たボンドを拭き取る用
・吸音材・・・必要かと思っていたんですが、好き好きなんだそうです!


さーて、部材が揃ったので、組み立て作業に入ろうと思います。
説明書がカラーなので、分かりやすいです。

ちょっと迷った所の解説をしますね。
■ボンドの量!
WP-SPMF4-1-6WP-SPMF4-1-7
これくらいでいいそうです。(左写真)
はみ出たボンドは、濡れ雑巾でふき取っておきましょうね。
ボンドは5分もすると固まり始めるそうなので、はみ出た時は手早く拭き取りましょう。
接着面にはみ出たボンドをそのままにすると、固まったボンドのせいで隙間ができちゃうんです。
板材同士に隙間が出来ると音漏れの原因になったり強度が出なくなるので注意が必要です。
固まったボンドはカッターやヤスリなどでカリカリ剥ぎ取るのも手ですが、固まる前に濡れ雑巾でサッとふき取るのが楽ですよ♪


■L定規の必要性!
WP-SPMF4-1-8WP-SPMF4-1-9WP-SPMF4-1-10
このL定規があれば、きちんと90度直角にMDF材がくっついているかが確認出来るわけですよ!
すごく安心!!!定規をあてたときに隙間が出来ればそっとMDF材を動かして修正してくださいね。


というわけで、ボンドをつけて、しっかり位置合わせ。
WP-SPMF4-1-11WP-SPMF4-1-12WP-SPMF4-1-13

WP-SPMF4-1-14WP-SPMF4-1-15

WP-SPMF4-1-16WP-SPMF4-1-17


次は「ターミナル」をつけます。
WP-SPMF4-1-18WP-SPMF4-1-19WP-SPMF4-1-20
ネジ穴の位置がちょっとズレてる…?と思いますが、ターミナルをぐっと動かすとエンクロージャーの穴と合いますのでネジで取り付けましょう!

次は「バスレフダクト」(可変バスレフポート)
WP-SPMF4-1-21WP-SPMF4-1-22

オカポン的に迷ったポイントはこちら!
■この円いスポンジ、何!?
WP-SPMF4-1-23
パッキン」だそうです。(説明書にも記載してました★)
このパッキンはダクトを取り付けた際、エンクロージャーによっては板との間に隙間が出来ることがあるそうで、そう言う場合に隙間を埋めるために付いてるんだそうです。
今回製作しているエンクロージャーは取付時に隙間が出来ないように設計されてるので、使用しなくても問題ないそうです。もちろん使っても問題ないですよ。
ただ、使用する場合ネジ穴がパッキンで塞がれちゃうので、取り付けるときは穴あけをしないといけませんね。オカポンはつけませんでした!

■「カチッ」て音しない…
WP-SPMF4-1-24WP-SPMF4-1-25
説明書にはダクトをジョイントする時、カチッと音がしてはまるみたいなんですが、オカポンが組み立てたダクトは音がしませんでした。
上手く作れていないんじゃないかと不安になりましたが、ロットによってはカチッと音がしないものもあるそうです。
中を触ってみて、段差が無ければ問題無いそうですよ。


ということで「バスレフダクト」を取り付けます。
WP-SPMF4-1-26WP-SPMF4-1-27WP-SPMF4-1-28

WP-SPMF4-1-29WP-SPMF4-1-30


さて、次は★吸音材です。
WP-SPMF4-1-31
最初でも書きましたが、吸音材を入れるか入れないかは好みなんですって。
吸音材って、エンクロージャーの中での音の響き具合を変えるために入れるんだそうで、一度音を出してから入れる入れないを決めた方がいいみたいです。
でもそうなると音を出した後にどこかをバラして吸音材を入れないといけないって事ですよね...メンドクサイ...
吸音材を入れると、モコッとした音になるそうです。・・・・・もこっ???

で、問題発生
説明書に書かれている吸音材の「好みの量」が分かりません!
説明書には「「内部構造写真」のようにふんわりと浮いた状態」と書いているんですが、エンクロージャーの中が見えないから状態が分からないよう!!!(´;ω;`)
そして、初めて吸音材を触るオカポン。
え、どうやってふわふわになるの?そこそこ硬いんだけど。。。。切るの?ハサミ?ハサミなの??
と軽くパニックになりましたが、あ、これ割けるんじゃない?と思って上の方をひっぱってみたところ・・・
WP-SPMF4-1-32WP-SPMF4-1-33
ふわふわになったーーー!!!!
ということで、エンクロージャーの中に突っ込みます。
これで良いのか、とっても不安。まぁ、ダメだったらやり直しましょう。


次は「スピーカーユニット」です。
WP-SPMF4-1-35WP-SPMF4-1-36
ラジオペンチで端子の反りを修正します。

WP-SPMF4-1-34
これね。スピーカーユニットの磁力が強すぎて…すぐラジオペンチがスピーカーユニットにくっつこう、くっつこうとするんですよ・・・・参った参った。
なんとか修正完了です!

で、スピーカーユニットに付属している「パッキン」を取り付けます。
WP-SPMF4-1-37WP-SPMF4-1-38WP-SPMF4-1-39


次に「スピーカーユニット」に「端子」を取り付けます。
WP-SPMF4-1-40WP-SPMF4-1-41WP-SPMF4-1-42
これがなかなか固くって!
ぐぐぐぐっと左右に少しずつ動かしながら、奥まで入れてくださいね。

で、スピーカーユニットをエンクロージャーに入れて、ねじ止めをしたら完成なのですー!!
WP-SPMF4-1-43wpspmf4f

完成して、ホクホクしていたんですが・・・・
・・・どうやって音楽聞くの!?
次週は、そのあたりの紹介をしようと思います。


ちなみに開封の儀からここまでで、撮影しながら・試行錯誤しながらで、だいたい3時間かかりました。かかりすぎ…?


皆さんも、ぜひ作ってみてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は9月17日です!)

記事担当:
ハンダ付け必要-非マイコン系


2019年4月に発売されてからずっと温めていた、超かわいいハリネズミ型ロボットの★「とげまる / MR-9108」

ウハウハしながら、オカポン今年の4月に4週にわたって作りました。
★「電工女子★ハリネズミ型ロボットの「とげまる」を作ります! Part1★」
★「電工女子★ハリネズミ型ロボットの「とげまる」を作ります! Part2★」
★「電工女子★ハリネズミ型ロボットの「とげまる」を作ります! Part3★」
★「電工女子★ハリネズミ型ロボットの「とげまる」を作ります! Part4★」


で。
実は「とげまる」を購入した時から、やりたくてやりたくてやりたくて仕方がなかった事があったんです。
それは「とげまる」を「音速ネズミ」にカラーチェンジすること!!!
MR-9108-5-26
元の色ももちろん可愛いんですが、ハリネズミと言えば・・・回るし・・・可愛いし・・・ほら、ね。
ということで、近所のTAMIYA商品を売っている所に出かけて、ラッカーなどの塗料を購入
ついに実行に移したのです!

使用したものは、こちら!
 ※エレショップでは扱っていないので、探してみてくださいね!!
ファインサーフェイサー(ホワイト) L
 ・・・塗装下地に使います。
    これをしないと、とげまる自身のトゲカラーが出てきて、きれいな青色にならないので必要なんですって。
レーシングブルー/つやあり(TS-51)×2本
 ・・・独断と偏見で決めた色です。メタルソニックみたいって言われましたけど、オカポン的には有りなカラーだと思っています。
マットホワイト/つや消し(TS-27)×1本
 ・・・手袋とか靴とか、顔の部分に使いました。

スプレー以外にも細かいところに塗るようとして…
・アルコール系塗料 ガンダムブルー(GM06)
・アルコール系塗料 ダンダムホワイト(GM11)
・アルコール系塗料 ガンダムレッド(GM07)
を用意しました。なんだかんだでペンタイプって便利です。


駄菓子菓子。
ここまで揃えておいて言うのもなんですが、オカポン、ラッカー使ったことないんですよね…
どうやって進めたらいいのかも分からない…。
ということで!!
シリコンハウスにいらっしゃる、超強力な助っ人にお願いして、とげまると購入したものをまるっと渡して塗ってもらいました★テヘペロ

どういう風に作業したのか、教えて頂いたので紹介していこうと思います!
まずは「分解_洗浄_サフ吹き
MR-9108-5-1MR-9108-5-2MR-9108-5-3
『サフ吹き』は『サーフェイサーを吹くこと』なんですって。
まずは下地からって事ですね。
説明書を逆に進めてとげまるを分解。
この時、説明書のページごとに塗装しないパーツを分けておくと後々楽かも、とのこと。

バラした部品をホコリ、油分、プラスチックの離型剤などを取り除くために中性洗剤で洗浄

塗装するのに適当な棒や台に仮止めして塗装開始。
MR-9108-5-4MR-9108-5-5MR-9108-5-6
今回は割りばしに両面テープで固定しましたが、固定が弱かったので改善が必要とのことでした。
とげの部分は暗い色なので、直接メタリックブルーを塗装すると元の色の影響で発色が悪くなります。
そのため、下地に白色のサーフェイサーを軽く吹いて、その上にメタリックブルーを塗装する流れになります。

次に「マスキング作業1_一部塗装
足の白色に塗る部分、耳のメタリックブルーに塗る部分の塗り分けにマスキング作業。
MR-9108-5-7MR-9108-5-8MR-9108-5-9
また、脚のピンも2本赤色にガンダムマーカーで塗装。


そして「ホワイト塗装_耳の一部塗装
下地が必要な部品は全てホワイトサーフェイサーでの下地塗装が完了。
肌色の上にホワイトを塗りますが、ホワイトは隠ぺい力が低いために下地の肌色が透けてしまいます。
なのでこちらもサーフェイサーで下地処理をしています。
MR-9108-5-10
目の部分、脚の部分のホワイトを塗装。
マスキングテープを剥がして前脚の塗装も完了。

MR-9108-5-11
耳のメタリックブルーの塗装。
あらかじめマスキングテープが浮いていないかチェックしてから塗装に移りましょう。
マスキングテープが浮いているとそこから塗料が入り込んでマスキングの意味が無くなってしまいますからね。


その後「後ろ脚と顔のマスキング
後ろ脚と顔の塗り分けをするためにマスキングを行います。
MR-9108-5-12MR-9108-5-13
狭い部分や、曲線のマスキングには細くカットしたマスキングテープを使うと楽に作業ができます。
TAMIYAからは細いマスキングテープも販売されているので、そういうものを使うのもオススメです。 

次は「後ろ脚の塗装
顔と後ろ脚の塗装仕上げです。

マスキングを行った顔と後ろ脚をブルーに塗装。
顔の奥まったところにはスプレーが届きにくいですが、厚吹きにならないように注意
MR-9108-5-14
マスキングテープをはがして確認。
塗り分けはまずまずといった感じになりました。

さらに後ろ脚にマスキングをして、スニーカーっぽい塗り分けを行います。
MR-9108-5-15MR-9108-5-16MR-9108-5-17
マスキングテープが安物だからか粘着力が弱く、柔軟性も低い気がします。
案の定、塗り分けしたいところに隙間が開いて、塗分け失敗。。。
こう言うことがあるのでマスキングテープは良い物を選びましょう


最後に「トゲ塗装_組み立て直し
胴体や頭のトゲトゲ部分も塗装完了。
MR-9108-5-18
トゲの底の方はスプレーが届きにくいため、
何度も塗り重ねる必要がありました。(やり過ぎるとあとで痛い目にあいます

パーツの多さからまとめて同じように塗ることができなかったこともあり、パーツによって色の明るさが異なってしまいました。
揃えようとするとさらに塗装回数を増やしてしまうため、ここで切り上げます。

しっかり乾燥させた後、組み立て直しです。
事前にこうなるだろうなぁと予測してはいましたが、塗膜の分だけパーツの勘合がきつくなっていました。
胴体のトゲとかは力いっぱい押し込まないと入らないくらい固い。
最後の最後で部品を破損してしまうと怖いので、胴体の差し込み穴に入った塗料をドリルで取り差し込む部品のボス(凸部分)もデザインカッターでカリカリと塗装をはがしました
なんとかかんとか説明書の絵と答え合わせしつつ、間違えないように組みなおしができました。

で、完成。

ふぉおおおおおおお!!!!!
可愛いですね可愛いですね!!!!!!

音速ハリネズミの完成ですよ!!
MR-9108-5-21MR-9108-5-22MR-9108-5-23

MR-9108-5-24MR-9108-5-25MR-9108-5-26

MR-9108-5-27MR-9108-5-28

さすがシリコンハウスの模型職人。ある筋では有名人なだけあります。
イイ仕事してくれました!
こんなに良いできだと愛着もさらに湧いちゃいますね!
オカポン大満足です!!




で、そうそう。
オカポンがとげまるを完成させた時、とげまるの挙動がおかしいなー・・ってことがあったんですよ、実は。
とげまるがでんぐり返る時にギヤが空回るような音、していたんですよね。ギギギギギギッて。
んで、共立プロダクツの開発の人に見て頂いたんですが・・・
なんと、オカポンがちゃんと組み上げていない箇所が2ヵ所もあったんですよ!
念のため、書いておきますね。
一か所目は「ギア押し込み不足
MR-9108-5-19
ギアが奥まで押し込まれていないので、右のギアとかみ合わず、空回りしていたそうです。

二か所目は「タッピングねじのゆるみ
MR-9108-5-20
オカポンが仕上げたとげまる、全体的にねじを締めるのが緩めだったみたいです。
ねじが緩いと、全体的にガタついて負荷がかかったときにギアがはずれる方向に逃げるんですって。
最悪壊れちゃいますね…。
ということで、タッピングネジを締めるときはしっかり回し切ろうと思ったのでした!



皆さんも、ぜひ作ってみてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は9月10日です!)

記事担当:
ハンダ付け不要-非マイコン系


今回も前回の続きで★「サイボーグハンド / MR-9112」を作りますよ!!
MR-9112-3-41


今回は、完成まで作り上げたいと思います!!
前回は「水圧シリンダーのチェック」まで進めました。
★「電工女子★自分の手をパワーアップ!「サイボーグハンド」を作ります! Part1★」
★「電工女子★自分の手をパワーアップ!「サイボーグハンド」を作ります! Part2★」
★「電工女子★自分の手をパワーアップ!「サイボーグハンド」を作ります! Part3★」

今回はその続き「親指の組み立て」から始めます。
ほぼ、もくもく工作タイムです。
MR-9112-4-1MR-9112-4-2MR-9112-4-3
下から生えてる赤いパーツが、硬くて硬くて奥まで入りにくかったです。

そして、ここ!
MR-9112-4-4MR-9112-4-5MR-9112-4-6
3か所かみ合うところがあるんですが、めちゃくちゃかたくて、ちゃんと挟まっているのかよく分からなかったです。でも、スッ…と入る部分があるので、説明書と現物をよく見て組み合わせてくださいね!

MR-9112-4-8MR-9112-4-9

MR-9112-4-10MR-9112-4-11MR-9112-4-12
前回作った「指の組み立て」と似ていますね。

で!ここに、前回作った「水圧シリンダー」をセットします。
MR-9112-4-13MR-9112-4-14MR-9112-4-15

MR-9112-4-16MR-9112-4-17
うーおー!格好いい!!!!
シリンダーをセットしただけなのに、未来感があって、格好いい!!!!
無駄にシリンダー動かして、関節を曲げてみる。
うーあーーー・・・なにこのサイボーグ感!超テンション上がります!!

ふぅ…ということで「親指の組み立て」完成です!

次は「サポートパッドの組み立て」です。
MR-9112-4-18MR-9112-4-19MR-9112-4-20
作りながら、サポートパッドって何だろう??って思いましたが、ひとまず完成です。(後で分かります!)


さて!いよいよ!!
各パーツの組み込み」に入ります!!ワクワクしますね!!
まず用意するのは「指」と「手のひら」。これを組み合わせます。
MR-9112-4-21MR-9112-4-22

MR-9112-4-23MR-9112-4-24MR-9112-4-25
ねじやパーツの挿し込む順番など、気をつけましょうね!
一回パーツをはめ込むと外すのが大変なので間違えて取り付けると手直しが大変です。

MR-9112-4-26MR-9112-4-27

MR-9112-4-28MR-9112-4-29
格好いいーーーー!!!
おっきいーーー!!!


MR-9112-4-30MR-9112-4-31MR-9112-4-32
次にグリップバーを設置します。
作っている最中は気にも留めていなかったんですが、この黄色いパーツでグリップバーの位置を調節できるみたいです。
だから「お子様から大人の手にもフィットします。(商品説明より)」になるんですね!


そして「最終組み立て(右手にはめる場合)」です。

何に使うのか分からなかった「サポートパッド」をここで使います。
MR-9112-4-33MR-9112-4-34
組み立てて、なるほどー!!!!となりました。
グリップの両隣にこのサポートパッドを設置するんですけど、使う人がこのサポートパッドを調節してグリップ内の幅を調整するんです。
こうすることでサポートパッドが手を横から挟み込む形になるので、手がサイボーグハンドの中で動かなくなるんですね!
なーるーほーどー!

次に、人差し指・中指・薬指&小指で引っ張る為のパーツを設置します。
MR-9112-4-35MR-9112-4-36MR-9112-4-37
うーーーーおーーーー格好いいーーー!!!!

で、最初に作った「親指」を設置します。
MR-9112-4-38MR-9112-4-39
手のひらパーツをよく見ると「L」「M」「R」も刻印があるのがわかります。
そう!「左」「真ん中」「右」ってことですね。
この3ヵ所のどこに親指パーツを付けるかで手の形が決まるんです。
だから「パーツの取り付け位置を変えることで、右手用、左手用のどちらにすることもできます。(商品説明より)」になるんです。

シリンダーも設置して、完成です!!!!
手を挿し込んで、輪っかに指を通します。
MR-9112-4-40MR-9112-4-41MR-9112-4-42
はぁぁぁ・・・!!!!すごい、私の手がサイボーグ!!(語彙力)


あ、そうそう。
なんで、サイボーグハンドの指が4本しかないの?」って話なんですが。(いろんな人によく聞かれるんです)
エレキットさんがツイッターでつぶやいていましたので、引用させて頂きますね。

Q. サイボーグハンドは指が4本しかないけど、小指どうなってるの?
A. 小指は握力がほぼ無いので、また薬指も握力が弱いので、薬指と小指を両方使って、ひとつのシリンダーを操作してます。
なのでサイボーグハンドの指は4本しか無いんですね。

言われてみれば、確かにーーーー!!!!ってなりました。

オカポン的には、親指の操作がめちゃくちゃ難しい(下手すりゃ忘れる(笑))ので、そこも要練習ですね!!


あ、そうそう。
このサイボーグハンド。
実は可動部が結構ありまして。
作り終わった後に「あ、そうなんだ!なるほどね!!」ってなったんですが。

MR-9112-4-43MR-9112-4-44
指(3本)の上下を、ダイヤルで調節することが出来ます。
人間の手で言うところの第三関節の部分です。可動域は約70°もあるそうですよ!

MR-9112-4-46MR-9112-4-45MR-9112-4-47
指3本の横角度も調節できます。
指の開き具合ですね。可動域は内側(約15°)ヨコ(約20°+約20°)

MR-9112-4-48MR-9112-4-49
親指の位置変更はさっき書きましたね。
それとは別に、親指の角度を7段階(約160°)変えることが出来ます。

ということで、初装着、初ペン持ちで字を書いてみた!
MR-9112-4-50MR-9112-4-51MR-9112-4-52
あははははははははは。
指からペンが滑り落ちるし(指角度の問題)、字がブレッブレ・・・・もうちょっと練習したい!!と思ったオカポンなのでした。


今回の作業は、撮影しながらで、だいたい1時間かかりました。
サイボーグハンドを完成させるまで、トータル4時間30分かかりました。
でもとっても楽しかったし、格好いいし、大満足なのです!!

皆さんも、ぜひ作ってみてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は9月3日です!)

このページのトップヘ