エレショップblog

半導体・センサー・マイコン・電子工作キットほか、各種電子部品の専門店「共立エレショップ」から主に電子工作の関連情報をお届けします。 http://eleshop.jp/

記事担当:
工具関連


今回は、久しぶりに便利工具を紹介しちゃいます!

最近、電子工作キットだけじゃなくて、電線とかコネクタとか、いろんな物にハンダ付けするようになりまして
ハンダ付けする時に、基板を保持するために★「ヘルピングハンズ」を以前はよく使ってました。
tedasukekun2-11tedasukekun2-10

でもシリコンハウスの人から★「てだすけくん2」を教えてもらったんです。使ってみると、これ、すごい便利じゃない!?と思ったんですよ!
tedasukekun2-6

なので今回は「てだすけくん2」を紹介しちゃいます!

この「てだすけくん2」。名前のとおりバージョン2でして、無印の「てだすけくん」もありました。
tedasukekun2-8tedasukekun2-9
無印のてだすけくんはものづくり工作室に置いてあるので、気になる人は使ってみてくださいね。

で、この新しくなった「てだすけくん2」。(新しくなったといっても発売になったのは何年も前なんですけど)
ヘルピングハンズと違うところはと言うと、挟むところが大きいんです。
tedasukekun2-7
金属の取っ手を掴んで引き上げると、アクリルがガバッと開いて結構大きいものをはさんで固定することが出来るんです。


両側についたバネではさむので力も均等にかかりますし、薄い基板も端の方さえ挟まれば、これで固定できてしまいます。
tedasukekun2-1tedasukekun2-2
角度も0から90°まで変えることが出来るので、自分のハンダ付けしやすい角度で保持することができちゃいます!

このほか、はさむ部分に空いたミゾに丸い端子のコネクタをはさむことができて、オーディオ用のコネクタとかハンダ付けする時もとっても便利です。
tedasukekun2-3tedasukekun2-4
こういうのはヘルピングハンズではできないことなので、オーディオコネクタとかモーターとか、板状じゃない物にハンダ付けするには「てだすけくん2」があるのと無いのとでは作業性が段違いです!

細い配線材はさみ跡を付けずに保持できますので、きれいな状態でハンダ付けとかハンダ上げができちゃいます。
tedasukekun2-5
細いコードから太いケーブルまで、いろんな物を固定させることが出来るスグレモノなんですよ!ちょっとお値段高めですが、買う価値ありです!!(2019.3.14現在 ¥8,177)

一見するとヘルピングハンズよりも自由度が低いようにも思えますけど、実際にはいろんな大きさ、形のものをガッチリはさんで固定することが出来るので超便利です。
店頭の人がオススメしてくれるのも分かる気がしました。

基板だけじゃなくていろんな物にハンダ付けする人に強くオススメします♪


みなさんも、是非使ってみてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は3月21日です!)

記事担当:
ハンダ付け不要-マイコン系


本日のブログでは、先日紹介した★「micro:bitスピーカーセット Ver.2」を使って、音楽を鳴らしたいと思います!
microbit-MUSIC1-2

前回紹介した時はmicro:bitに最初から入っている曲を鳴らしましたが、今回は自分で曲を作って鳴らしてみちゃいますよ。

そういえば以前「IchigoJam」でも同じようなことしましたね。
「IchigoJam」では「PLAY」コマンドを使って、音楽を作りました。
音階をアルファベットに変えて、なかなか大変だったのを覚えてます。
IchigoJamPLAY2-18

はてさて、micro:bitではどうやって音楽を作るんでしょうか


と言うわけで、今回も「キラキラ星」を作ってみたいと思います。

キラキラ星といえば「ドドソソララソ」でしたね。
これをmicro:bitのブロックエディターで作ってみましょう。
今回はスイッチを押したら音楽が鳴るようにしたいので、「入力」コマンドから「ボタン【A】が押されたとき」の中に音楽を作っていきます。
microbit-MUSIC2-1

micro:bitで音楽を鳴らすには、「音楽」コマンドを使います
microbit-MUSIC2-2

もう見ただけで親切。わかりやすいブロックが並んでますね。
使うブロックは「音を鳴らす 高さ(Hz)【真ん中のド】長さ【1拍】」です。
microbit-MUSIC2-3

似たようなブロックで「音を鳴らす 高さ(Hz)【真ん中のド】」というのがありますが、音楽を作る時はあまり使わない方がいいです。
なぜかと言うと、この「音を鳴らす 高さ(Hz)【真ん中のド】」は「アイコンを表示」ブロックとかと同じで、後に「一時停止」ブロックを入れて長さを決めたり、ON/OFFを指定してあげないと音を鳴らしっぱなしにしてしまうんです。
なので、音楽を作る時は鳴らす音の長さを簡単に決められる「音を鳴らす 高さ(Hz)【真ん中のド】長さ【1拍】」ブロックを使いましょう

では早速キラキラ星の最初の方をプログラムしてみましょう。
microbit-MUSIC2-4

はい、できました。
とっても簡単ですね!

すごいと思ったのは、音の高さを選ぶとき、鍵盤が出てきてそこから音を選ぶようになってたところ!
microbit-MUSIC2-5

ほんとにピアノを引きながら音を作っているような気がして、プログラムをしてるとは思えませんでした。
ちなみに【1拍】の長さはちゃんと4分音符1個分でした。

では続きを作っていきましょう。
「ドドソソララソ」の後は休符が入るんでしたね。
休符も、そのまんまのブロックがあります。
microbit-MUSIC2-6

「休符(ミリ秒)【1拍】」を使いましょう。
その後は「ファファミミレレド」ですね。
microbit-MUSIC2-7

ブロックを複製していくとホントに簡単に曲ができてしまいます。
音符を並べるようにブロックを積み重ねて曲を作る。
なんだか楽譜もプログラムのように思えてきちゃいますね。

ただ、曲を作るのは簡単なんですけど、音の数だけブロックが必要になるのでプログラムもとても長くなっちゃいます
microbit-MUSIC2-8
たった4小節でこの長さですからね。

それでも楽譜のとおりに音階と拍を入力したブロックを並べるだけで曲になるんですから、ほんとに簡単ですよ。
楽器を弾けないオカポンでも、曲を奏でることができるmicro:bit。


皆さんも、是非遊んでみてくださいね~!

microbit-MUSIC2-9


(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は3月14日です!)

記事担当:
ハンダ付け必要-マイコン系


先月末から、今月頭にかけて、★「栃木工業高校 こどもパソコンSkyBerryJAM 組立キット」を作りました。
電工女子★SkyBerryJAM(スカイベリージャム)、作ります!Part.1★
電工女子★SkyBerryJAM(スカイベリージャム)、作ります!Part.2★

動作確認までして、満足~!となっていたんです。が。
今回は、「SkyBerryJAM」の凄さや、IchigoJamとの違いをもうちょっと掘り下げてみよう!と思います。

ではまず。
「SkyBerryJAM」のおさらいです!
IchigoJam(イチゴジャム)を参考に、独自の回路を追加・拡張して設計・製作した“IchigoJam互換”パソコンなんでしたよね。
栃木工業高等学校が企画・商品化したプログラミング専用の教材向けパソコンなんですよ!(IchigoJam正規ライセンス品です)


栃木工業高校の開発者さんから、またまた教えていただいたのですが、栃木県って「いちご王国プロモーション事業」を行っているそうです。
栃木工業高校がある栃木市には全国唯一の「いちご研究所」(イチゴだけを研究している農業試験場)があるそうですよ!
蛇口がいちごの形って、ここまでいちご推しだったとは知りませんでした…!とってもかわいい。
『SkyBerryJAM』の名前も「いちご研究所」まで訪問して、名前の使用許可を打診したんですって!
熱い想いが込められた名前だったんですね。


さて、では「IchigoJam」といろいろ比較してみたいと思います!
まずは大きさ
SkyBerryJAM-3-1SkyBerryJAM-3-2SkyBerryJAM-3-3

「SkyBerryJAM」は「IchigoJam」に色々載せたマイコンなので、サイズもできることも大きいのですね。まさにスケールがでかい!
ということで、「IchigoJam」用のアクリルベースやケースは使用出来ません!

そうそう。
実は「SkyBerryJAM」の組み立て工程にはスペーサーを取付けるところがあったんです。
SkyBerryJAM-3-5
このスペーサーとネジって、他のキットではあまり付属されていないんですけど、「SkyBarryJAM」では安全にこだわって、基板裏の不意なショートを防ぐためにスペーサーを付属させているんですって。
なので、「IchigoJam」用のアクリルベースが使えなくても安心ってことなのですね!


次に「IchigoJam」には乗っていない部品を見ていきましょう。
まずは「ブザー」。
SkyBerryJAM-3-4

IchigoJamで音を出すには、付属のブザーを使ったり、音量の調節が可能な★「IchigoJam電子工作パーツセット エイリアンスピーカー」を用意しました。
IchigoJamPLAY2-16

詳しくは↓の記事をご参照ください!
電工女子★IchigoJamでレッツラプレイ★
電工女子★IchigoJamでレッツラプレイ Part2★

SkyBerryJAMでは、そのブザーがもう基板に乗っているんですよね。
なので、特に何も用意しなくても音を鳴らすことができます

ちなみにコマンドですが、上記の記事でも紹介しましたが、『PLAY』コマンドを使うんでした。
『PLAY』コマンドは『"』で挟まれた中のアルファベットを演奏するコマンドですね。
昔懐かしい電子音を簡単に作ることができます♪


次に「モータードライバー」用の端子。
SkyBerryJAM-3-6
「SkyBerryJAM」はモータードライバーを搭載しているので、この端子から2個のDCモーターをコントロールすることができます
端子にモーターをそれぞれつなぐだけでいいので組立も楽ちんですね。
2個のモーターをコントロールすることが出来るので、方向転換の出来る車を作ることができます
プログラミングといえば車両キット!ですね。


次は「サーボモーター」用の端子。
SkyBerryJAM-3-7

実は「SkyBerryJAM」はサーボモーターもコントロールできるんです。
端子はサーボモーター1個分しかありませんが、それでもロボットを作る時は重宝しそうです。
ちなみにサーボモーターというのは、指定した角度に動かすことが出来るモーターです。
人間の腕とか足とか、関節って動く角度(範囲)が決まってますよね。
なので人間の動きを模したロボットを作るとき、サーボモーターを使うことが多いんです。


そして「LED」。
SkyBerryJAM-3-8
これが、なんと5つもLEDが乗っているんですよ!すごくないですか?
動作確認で、白のLEDを光らせるLEDを全部光らせる、はやってみたんですが、個別に光らせることはしてませんでした。
どうやって光らせるんだろう…?と思ったんですが、説明書に「初級編 コマンドとプログラム」というものが入っているんです。
その中に「OUTコマンド」として、光らせ方が載っていました!
うまく使えば「SkyBerryJAM」の状態を示すステイタスランプとして使えますね。
単純に電飾としてもキレイです。


ホントはまだまだあるんですけど・・・・
最後に「拡張メモリ」。
SkyBerryJAM-3-9
「IchigoJam」は標準で4個までしかプログラムを保存できないんですけど、「SkyBerryJAM」はこの拡張メモリがあるおかげで、もっとたくさんのプログラムを保存できちゃうんです。
言うなれば共立プロダクツの★「KP-15J-ROM」が標準でついているようなものです。
(★「KP-15J-ROM」は付属ROMが256kbitなので「SkyBerryJAM」の拡張メモリより容量が大きいですが)
作ったプログラムをいっぱい残しておくことができますね。


そんなこんなで「SkyBerryJAM」は、まぁホントに色々な機能が盛り込まれたスゴイヤツ!って事です。
イチゴのスカイベリーはスッキリ爽やかな味わいでしたけど、「SkyBerryJAM」はガッツリ濃いプログラミングボードです!


皆さんも是非作ってみてくださいね~!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は3月7日です!)


★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
栃木工業高校 こどもパソコンSkyBerryJAM 組立キット SkyBerryJAM 1個 こちらから→
工作マット / 350×250mm KP-S130 1個
USBキーボード(ブラック) / IchigoJam ORANGE Pico Orangino対応 SKB-L1UBK 1個
4.3インチ カラー液晶モニター Mon328-AV43-15WI 1個
ACアダプタ DC5V 4A WA-05400X 1個
ACアダプタ用DCプラグ変換ケーブル/2.1mmφ-USB Micro-B #38-MC 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。


★キット製作時に使用した道具は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
DASH低価格セラミックヒーターハンダこて15W
はんだ付け入門セット
FX650-84 1個 こちらから→
モデラーズニッパー α(グレイ) ITEM74093 1個
汎用型ピンセット 120mm P-880 1個
電子工作用ハンダ SD-63 1個
ワイヤーストリッピングゲージ BBM-WSG 1個
セラミックヒータータイプ用こて台 FH300-81 1個
工作マット / 350×250mm KP-S130 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

このページのトップヘ