エレショップblog

半導体・センサー・マイコン・電子工作キットほか、各種電子部品の専門店「共立エレショップ」から主に電子工作の関連情報をお届けします。 http://eleshop.jp/

記事担当:
ハンダ付け必要-非マイコン系


本日は!
2019年の4月に発売されてから、オカポン作ろう思って買ったままずーーーーーっと温めてた超かわいいハリネズミ型ロボット★「とげまる / MR-9108」を作ろうと思います!!!!

一目見た瞬間から心奪われたこのまんまるフォルム!
しかも、前進後退や、でんぐり返し、までしちゃう!この可愛さ!!!!
いやぁ、作らないといけないでしょう。

まぁ、オカポンが紹介せずとも、超人気のキットなんですが。。。
オカポンが作りたかっただけっていう事なんですけどね!

さぁさぁ、ほくほくしながらいつもの箱チェックです。
MR-9108-1-1MR-9108-1-2
あぁー、可愛いですね!
そして今まで裏面をじっくり見てこなかったんですが、目安としての難易度、工作時間、工作に必要な道具などの説明が記載されていました
購入する前に必要なものとかが分かるのは親切で良いですね。足りない物は一緒に買って帰れば良いんですから。
とげまる難易度は4工作時間が3時間(目安)ですって。
難易度4とか工作苦手なオカポンは戦慄を覚えちゃいますけど、それさえも楽しみになるかわいさですよね!

さてさて、開封です。
MR-9108-1-3MR-9108-1-4MR-9108-1-5

さすが、パーツの量が多いですね。
プラスチックパーツは全部でA、B、C、Dの4枚あります。
少し広い場所でパーツを広げながら作業したり、アルファベットの箇所をペンなどでマーカーしておくと、パーツを探す時間を短縮できますよ♪

さてこのキット。
パーツの向き、取付位置など、間違えると「とげまる」が動かなくなる重要ポイントがいくつも出てきます。
でも安心。説明書がイラスト付きでしっかり描いてくれているので、説明書をよく読めば間違えることもなさそうです。
臆せず作りましょうね!

ということで、説明書の手順通りギアボックスから作ります

ここで、オカポン的とっても嬉しいポイントが!!!
説明書に「実物大」イラストが載っているんですー!!!
MR-9108-1-6MR-9108-1-7
このパーツはこれであってるかな…?と不安になっても大丈夫ー!
「実物大」の横に並べて確認することが出来ます。
今回は小さなパーツは少ないのですが、こういう心配りが嬉しいですよね!


説明書に沿って、プラスチックパーツを切り離したり、組み合わせたりします。
MR-9108-1-8MR-9108-1-9MR-9108-1-10
取り付けるギアはよく確認して間違えないようにしてくださいね。
あ、そうそう。
ギア(ギアシャフト)なんですが、同じ袋に入っていません。
分け方に法則があったのかも知れませんが、オカポンには分かりませんでした。
小袋から出すとき、よく確認しましょうね。
MR-9108-1-11

ということで、引き続き説明書通りに組み立て。
MR-9108-1-12MR-9108-1-13MR-9108-1-15
色んな形のギアがあります。
これらが組み合わさっていろんな動きをすると思うとホントに不思議な感じです。

ある程度ギアを組んだら、はい。急に出てきた「電池」。
説明書通りに行くと、ここでいきなり電池を組み込むことになります。
今まで、電池を入れるのって最後にすることが多かったと思うんですが、今回はかなり早めに電池をセットします。
★「単4電池×4本」です!キットを作る時には、新品電池をちゃんと用意しておきましょうね。
MR-9108-1-16

ここで説明書に不思議な指示が。
電池ボックスから出ているコードに、マーカーでしるしをつけます。
なんか新鮮ですね!
説明書に実寸が記載されているので、ここも嬉しいポイント。
MR-9108-1-17
いちいち物差しで長さを測らなくて良いんです。
物差しどこ行ったー!うわー!!ってならなくて助かりました。

で、マーカーでしるしをつけたところが、指定場所にくるようにコードを通します
MR-9108-1-18MR-9108-1-19MR-9108-1-20
それほどややこしい作業ではないのですが、電池BOXのコードの場所を指定して通すとか、そこまでキッチリしたキットって初めてなんじゃないかと。
いかにとげまるが精密な機械かってことなんでしょうね。

これでギアボックスの中身の組立は終わり。次はタッピングネジでフタをします。
今回使用する「ネジ」なんですが、すごく固くて締めにくいです。
それもそのはず。
ネジ溝が無いので、自分でミゾを切りながらしめるネジなんですよね。
固くなったら、少し緩めてまたねじ込む、を繰り返して最後までしっかり締めましょうね。
MR-9108-1-21
ちなみにこのタッピングネジの締め方は説明書の最初の方に書いてるのでぜひ呼んでから作業してくださいね。

さて、ここでドキドキのギアボックス動作チェック~~~~!
完成基板を使って、きちんとギアボックスが動くか、確かめます。
MR-9108-1-22MR-9108-1-23
電池ボックスから出ているコードとモーターにつながっているコードを基板につなぎます。
コネクタのピン数が違うので間違えて挿すこともありません。親切設計です。
上手く組み上がっていればキチンとギアが回るんですが!

・・・・で、ここでオカポン失敗ポイント
まぁ、今までの経験からなんとなく予想はしていたんですが。。。
手元に新品電池が無かったんで、大丈夫だろーと思ってどれくらい使ったか分からない電池を使ったんですよね。
まぁ、想像通り。
動 か な い よ ね !
コネクタを繋ぐと基板のLEDは光るんですが、苦しそうにギヤが一瞬動くだけ
あとはうんともすんとも言いませんでした…。

皆さんは、ちゃんと新品の単4電池×4本を用意してくださいね!!

で。
電池入れ替えるの、面倒だなーと思いつつ、つば付きのタッピングネジ1つを抜いたんですが、なんとも簡単に電池ボックスの入れ替えが出来ました!
MR-9108-1-24MR-9108-1-25MR-9108-1-26
あら、これは便利。
あ、因みに電池を新品に変えるときちんと動きました。
これで無事ギアボックスは完成したのでした。


次は、足部分を組み立てます。
組みあがった足を見て、なるほど、こうなってるのかー!!!と感動。
MR-9108-1-27MR-9108-1-28

MR-9108-1-29MR-9108-1-30
タイヤが回るとそれに合わせて足も動くんですね。

丸裸の後ろ姿。おしりがキュート
MR-9108-1-31MR-9108-1-32


この辺りからさらに引掛ける場所や向きに注意しないといけない箇所が多くなります
よくよく注意してくださいね!
MR-9108-1-33MR-9108-1-34MR-9108-1-35

MR-9108-1-36MR-9108-1-37MR-9108-1-39

MR-9108-1-40MR-9108-1-41

MR-9108-1-42MR-9108-1-43MR-9108-1-44

MR-9108-1-48MR-9108-1-49

MR-9108-1-50MR-9108-1-51MR-9108-1-52

MR-9108-1-54MR-9108-1-55MR-9108-1-56


もくもくと説明書通りに組み立てていくんですが、
どこがどうなって、どこの部分がどう動くのか、全く分からないことに。
なんか阿修羅みたい…。
見る人が見れば分かるのかなー。。。。
MR-9108-1-46MR-9108-1-47
ひとまずこの状態で片面、左側は組み上がりました。
いろんな所にいろんな物が付いててよく分からない状態ですが...

ちなみに、反対側(右側)はほぼ触っていないので、かなり寂しい感じに。
MR-9108-1-45
さてこの状態からホントにあのかわいいとげまるになるんでしょうか。

ちなみに開封の儀からここまでで、撮影しながらですが、だいたい1時間半かかりました。
さーて、引き続きもくもく工作タイム、頑張るぞ~!


皆さんも、ぜひ作ってみてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は4月30日です!)

記事担当:
ハンダ付け不要-非マイコン系


弊社でもクラフトオーディオ向けの商品として「スピーカー」「アンプ」「D/Aコンバータ」など
色々製品を取り扱っていますが本日はオーディオ用「電源ケーブル」を紹介。

ISBN9784276962996a
音楽之友社 音質アップを狙うなら電源環境を改善せよ!
       特別付録:オヤイデ電気製電源ケーブル・キット

ある程度オーディオ機器を揃えていくと次は電源回りのケーブルやコネクターにもこだわってみたくなるものです。こちらはそんな初心者の方におすすめの「電源ケーブル工作キット」です。

部材は東京でコネクター&ケーブルなどを取り扱っているオヤイデ電気製
中の部材を出してみるとこんな感じです。
P1190559
コネクター二つにケーブルとシンプル。

ではコネクターとケーブルを接続していきます。 

P1190562

ネジを2本緩めて開けるとこんな形状。
このケーブルは2芯タイプなんでアース端子の穴は使いません。 
P1190569

ケーブルを加工していきます。
P1190572

ケーブル加工は付属の冊子に書かれているので詳細は割愛しますが、
手順通りに行うと簡単に出来ます。 

P1190576


P1190578
この黒いゴムをカッターで切るの結構大変でした。


P1190580

P1190585

ソケット側も同じ工程でケーブルとコネクターを固定していきます。

P1190590

完成です。

P1190606

なかなか安心感のあるケーブル&コネクターでアンプや電子楽器など音響製品に最適です。注意としてはケーブルの長さが「1.2m」ほどとあまり長くないので、コンセントから機器までの設置距離ご注意ください。

なかなか外で出られない日々が続いている今だからこそ!
週末などはぜひ工作でストレス解消していきましょう。


(記事:ヨジゲン)
更新予定:毎週木曜日

記事担当:共立プロダクツ
ハンダ付け不要-非マイコン系


スピーカークラフトを楽しんでおられる方が増えているようです。
口径6cm~8cmくらいのユニットが扱いやすくて主流になっているのですが、なにせ小口径。
中~高域にまったく不満はなくても、ドラムやベースやパイプオルガンなどの「重低音」はあきらめざるを得ないのが悔しいところ。

で、次のステップとして「重低音」だけを受け持つ「サブウーハー」を追加されることをおすすめします。

サブウーハーを動作させるためには200Hz以下の低音だけを取り出す「ローパスフィルター」が必要になるのですが、音楽之友社が出版している「ONTOMO MOOK」にこのローパスフィルターが付録でついていますので紹介させていただきます。

ムック



ONTOMO MOOK 「これで決まる! 本物の低音力」¥7,700-(税込)
https://eleshop.jp/shop/g/gIAV310/


注) 一般的には「ローパスフィルター」と呼ばれているのですが、ONTOMO MOOKでは「チャンネ
ルデバイダー」と記されていますので、以下この表現を踏襲することにします。

本を開けるとコレが入っています。

付録チャンデバ



手前がFOSTEX製のチャンネルデバイダー本体。
後ろが専用のACアダプターです。

前面はこんなカンジです。

前面



一番「右」のツマミは「CROSSOVER」と記されていますが、カットオフ周波数の調整ツマミです。
サブウーハーに送り込む周波数の上限を30Hz~200Hzの範囲で調整できるようになっています。
いまお使いの小型スピーカーに合わせて調整します。
8cmフルレンジなら100Hz前後が目安になります。

その左となりは「PHASE」と記されていますが、サブウーハーの「位相」切り替えスイッチです。
0度もしくは180度に切り替えできます。
小型スピーカーとサブウーハーから出る音の位相(時間差)を合わせることができます。
音楽を聴きながらスイッチを切り替えて「自然な」「違和感のない」音になる方にします。

その左となりのツマミは「VOLUME」と記されています。
サブウーハーの音量調整ツマミです。
ベースなどの低音楽器を聞きながら自然な音になるように調整します。

後面はこんなカンジです。

後面




左右ふたつの「スピーカー端子」が入力端子。
中央のRCAピンジャックが出力端子です。
と、こんな説明をするよりも全体の「配線図」をご覧いただいた方がわかりやすいと思います。

配線図(写真)

黒い点線で囲ったところが現在使用中の小型スピーカーシステムとします。
赤い点線で囲ったところがサブウーハー用システムになります。
注) MOOKでは「サブウーファー」と記されていますが、当社では「サブウーハー」と呼んでいます
   ので配線図およびこのブログでは「サブウーハー」と記しています。

チャンネルデバイダーの他に、「サブウーハー」2台と「サブウーハー用アンプ」が必要になります。
写真のサブウーハーは共立電子で販売している「完成品」ですが50Hzくらいまで再生できるスピーカーならお手持ちのものでもかまいません。

サブウーハー用アンプも出力5~10W以上のものなら何でもかまいません。

このチャンネルデバイダーは小型スピーカー用の出力を分けて(分岐して)入力しています。
写真のように、小型スピーカー用アンプの出力端子のところで信号を分岐します。
(この分岐によってスピーカーのインピーダンスが変わることはありませんのでご安心ください。)

サブウーハーを追加することで、小口径フルレンジでは聴くことができなかった本物の低音を
体感することができます。
聴きなれた楽曲から「本当はこんな低音が入っていたんだ~」と驚かれることでしょう。
この機会にご検討いただけましたら幸いです。

注) このチャンネルデバイダーは2台のサブウーハーを必要とします。
     サブウーハーを1台だけで済ませる「2.1チャンネル」にはできません。


(記事:OGU)

更新予定:毎週木曜日(次回は4月16日です!)

このページのトップヘ