エレショップblog

半導体・センサー・マイコン・電子工作キットほか、各種電子部品の専門店「共立エレショップ」から主に電子工作の関連情報をお届けします。 http://eleshop.jp/

記事担当:
ハンダ付け必要-非マイコン系


幾度か私オカポンは★共立電子産業のキット製作体験イベントにスタッフとして参加したことがあります。
そんな中「このキット、人気なんだなー!」と驚いた商品が幾つかあります。
私が思いますに人気な理由として「初心者でもそこまで難しくない(ハンダ付け箇所が少ない)」「お手頃価格である」「作った後も遊べる」「作ってすぐに反応が出る」などが挙げられるかな、と思います。
簡単なもの…といえば、★「LEDキャンドルキット[ロウソク色バージョン]」(CAN-D6B)などがありますが、ハンダ付け点数が少なすぎて物足りない!なんて思っちゃうんでしょうね。

というわけで。
今回はそんなキット製作体験イベントでも人気なキットの1つ、
★「電磁波レベルメータSP」(DN-G8SP)を作ってみようと思います!
身近な電子機器から放射されている電磁波を測れるキットなんですって。
ちなみに型番の最後に付いている『SP』は『スペシャル』と言う意味だそうで、初代からどんどんバージョンアップして今の形になったんだそうです。

完成するとこんな感じ。
DN-G8SP-22

という訳で、作ってみよう!
DN-G8SP-1

まずは基板を見てみましょう。
基板表面(黒い面)には穴が3つだけ空いた大きなスペースがあります。
ここは電池BOXを取付けるスペースです。
無駄なスペースではないので安心してくださいね。
DN-G8SP-2DN-G8SP-3

次に部品を見てみましょう。
思ったより少ないなー。今回、結構簡単なんじゃない?なんて楽天的に思って、後でちょっと後悔するのです…。
DN-G8SP-4

では早速作っていきましょう!

まずはおなじみジャンパー線
今回も使うのは0Ω抵抗。
取り付ける場所によって長さが変わるので、基板に取り付ける実寸が記されています。
足を曲げる時は注意してくださいね。
DN-G8SP-5DN-G8SP-6

次が、ダイオード。今まで見たものと、少し見た目が違いますね!青い。
これも取付ける時は方向に注意してくださいね。
DN-G8SP-7DN-G8SP-8

そして、もう一つとっても要注意なのが、いつもの赤いダイオードです。
基板をよく見てください。
DN-G8SP-9
分かりにくいですが三角マークの方向が反対になってますので、取付ける時はダイオードの方向をしっかりと確認してくださいね!

さて、そして毎度おなじみ抵抗です。
「楽天的に思って、後でちょっと後悔」する、のはこの部分。
今回の抵抗、小型なんです。いつもよりも小さいんです。
そして、カラーコードなんですけど、赤系が多くて!!
確認のためにも分けてみたんですが、あれ!?これ、何色…赤…いや、橙?あれ?みたいなことになりました!!!
DN-G8SP-10
しっかり確認してあげてくださいね。

セラミックコンデンサ
見た目はほぼ一緒なんですが、数字が印刷されているのでよく確認してくださいね。
DN-G8SP-11

ICも向きに注意!
DN-G8SP-13

電解コンデンサは、基板に+が刻印されているので、その穴に長い方のリード(足)を入れてあげてください。
寝かせた状態で取り付けするので奥まで差し込みすぎないように注意してくださいね。
基板の方にぺたんと曲げて、寝かせてからハンダ付けするとキレイに出来ますよ。
DN-G8SP-14DN-G8SP-15

インダクターアンテナも、同じようにペタン。
DN-G8SP-16

ちょっと挿し込む場所に戸惑ったのが、半固定抵抗
写真の向きが正しい方向になります。
DN-G8SP-17

次がLED
今回は赤が5本、緑が1本です。
LEDの足の長いほうが、基板の◯で囲っている場所にくるように挿し込んでくださいね。
DN-G8SP-18DN-G8SP-19

次は、タクトスイッチ
これも、取付方向があるんでした。
DN-G8SP-20

最後に、電池ボックスから出ているリード線ですが、
赤が+(プラス)
黒が-(マイナス)
に挿し込んでくださいね!
DN-G8SP-21

電池BOXを基板の空きスペースにネジで留めて、★電池(単3形アルカリ電池4本パック)を入れたら…完成です!
基板本体も黒で、なかなか格好良いですよね!
DN-G8SP-22


動作チェックですが、タクトスイッチが「電源スイッチ」になります。
押して緑色LEDが光れば、成功です!
やったー!!
DN-G8SP-23DN-G8SP-24


次は、実際に色々な所で電磁波が出ているのかいないのか、試してみようと思います!

是非、チャレンジしてみてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は3月9日です!)


★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
電磁波レベルメータSP DN-G8SP 1個 こちらから→
単3形アルカリ電池4本パック LR6R/4S 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。


★キット製作時に使用した道具は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
DASH低価格セラミックヒーターハンダこて15W
はんだ付け入門セット
FX650-84 1個 こちらから→
マイクロニッパー 11295 1個
精密ピンセット/逆作用ピンセット 先細 TS-16 1個
電子工作用ハンダ SD-63 1個
ワイヤーストリッピングゲージ BBM-WSG 1個
セラミックヒータータイプ用こて台 FH300-81 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

記事担当:
ハンダ付け必要-非マイコン系


さて、今回は★「マルチサイレンキット」(HI-B9)を作成します!
商品ページを見ると「4個のボリュームの調整で、いろんなサイレン音を作り出せるサウンドエフェクト・ジェネレータキットです。」とあります。
色んな音が自分で作れるんですって。なにそれ面白そう!というわけで、作ってみます!
因みに、完成はこんな感じ。

HI-B9-14

こう見ると、そんなに部品点数多くないような感じなんですけどね。

さて、ではいつもの開封からやってみよー!
HI-B9-1

まずは部品チェックです!
最初は基板から。
HI-B9-2HI-B9-3

次に部品達
HI-B9-4

結構多い気がしますね。

いつもの通り、背の低い部品から順に取付けて、ハンダ付けしていきます。
今回、抵抗の種類が多いのと、取付ける箇所が多いのでどこに取り付ければ良いのか、探すのに苦労しました。
HI-B9-6

説明書の番号に沿って、部品を順番にハンダ付けしていきましょう。
抵抗は値さえ間違えなければ良いのですが、ダイオード(D1)、電解コンデンサ(C4,C5)、トランジスタ(Q1,Q2,Q3)、スピーカー(CN2)など方向が決まっているものは要注意です!

今回も、私的戸惑いポイントはいくつかあったので、紹介しようと思います。

ジャンパー線:以前も出ました、ジャンパー線!(★「電工女子、WonderKitを作ります!(第10弾:風鈴キットです)」)
説明書には「10mm」って書いていて、え!?そんなの無い!ってなるんですが、大丈夫。ここにあります!
HI-B9-5
そう、0Ω抵抗です!
このマルチサイレンキットでも、ジャンパー線に切り取った抵抗の足を使うんじゃなくて、0Ω抵抗を使うんですね。
ちゃんと部品表にも抵抗の所に『ジャンパー線(R5)』が載ってました。

ダイオード:足太くて固い。
抵抗に慣れていたので、結構太く感じました。曲げるのにも一苦労。ダイオードは向きがあるので気をつけて!
HI-B9-7
基板に書いてある矢印の先にダイオードの銀色の線が来るようにしてくださいね。

タクトスイッチ:取付方向注意!よく見ると足の間隔が違うので、確認してくださいね。
HI-B9-8

抵抗:今回も足がたくさんあるICが2個もあります。ICには向きがあるので、注意してくださいね。
HI-B9-9

半固定抵抗:5個あるうち、1個だけ103(10K)があるので、よく見てくださいね!

挿す場所なんですが基板に穴が4箇所あるんです。でも、差し込むのは外側の3つだけ。半固定抵抗って容量同じで大きさが違うものがあって、大小どちらでも挿せるように穴がこんな風にあいてるんですって!
HI-B9-10HI-B9-11

DCジャック:以前もやりましたよね。(★「電工女子、WonderKitを作ります!(第10弾:風鈴キットです)」)この大きな穴に、どうハンダつけするのか…
HI-B9-12

こういうやり方もあるんですが、今回は全面流し込むバージョンでやってみました!
これ、コツがあるんですって!★「ものづくり工作室」の先生に教えていただいたんですが、通常ハンダするときに使う糸ハンダってφ0.6mmなんですよね。(ページ下部の一括購入(青い表)では、φ1.0mmハンダをセットにしています)で、この穴を一気に塞げるほどのハンダを流さないといけないんですが、φ0.6mmってちょっと細いんです。その際に使用するのに便利なのがφ0.8mmの糸ハンダ(★「少量巻 模型・電気用ハンダ」(SD-101))なんです!
HI-B9-13
上がφ0.8mm、下がφ0.6mm

φ0.6mmでも大量に流し入れる事は出来るんですが、太い方が沢山ハンダが流れるのでやりやすいんです。
こんな感じになります。
HI-B9-15


これにて完成です!
HI-B9-14

またまた電源がないんですが、DCジャックをつけたので、ACアダプタを挿しましょう!
標準9Vなので、9VのACアダプタ(★「ACアダプタ DC9V 1.2A」(WA-09120X))を使ってあげてくださいね。
※DC4.5〜12Vまで使えます。

接続したら、半固定抵抗を中央付近にセットしてあげてください。
タクトスイッチを押して、音が鳴って数秒後にとまればOKと書いているんですけどね。

確かに音は鳴ったし、止まったんですけど、何か気にくわない
音が、変なんです。ブレブレ。
サイレンの音っぽくないんです。

ということで、いろんな人に助けてもらった結果。
私のハンダ不良、ということが判明しました!ぐすん。

見た目はそこまでおかしくないんですが、「糸ハンダを離すのが早い」「糸ハンダを離した後、コテを心持ち長くリードに当ててハンダを流してあげる」がきちんと出来ていなかったみたいです。
なので、見えない部分でしっかりリード・ランド・ハンダがくっついていなかった為、変な音になってしまったみたいです。

ということで、完成前・完成後の音の違いを聞き比べて見てください!
ここまで変わるものなのですね…と、驚きでした。

※音が出ます


変だな?と思った時は、部品がきちんと指定された場所に(向きも)正しく取付けられているか確認しましょう。
それでもおかしい場合は、ハンダがちゃんと広がっていなさそうな所をハンダゴテで温め直すと上手くいくかもしれませんよ。(コテの当てすぎは部品が壊れる可能性があるので、ホドホドにしてくださいませ)


是非、チャレンジしてみてくださいね!


(記事:オカポン)

更新予定:毎週木曜日(次回は3月2日です!)


★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
マルチサイレンキット HI-B9 1個 こちらから→
ACアダプタ DC9V 1.2A WA-09120X 1個
少量巻 模型・電気用ハンダ SD-101 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。


★キット製作時に使用した道具は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
DASH低価格セラミックヒーターハンダこて15W
はんだ付け入門セット
FX650-84 1個 こちらから→
マイクロニッパー 11295 1個
精密ピンセット/逆作用ピンセット 先細 TS-16 1個
電子工作用ハンダ SD-63 1個
ワイヤーストリッピングゲージ BBM-WSG 1個
セラミックヒータータイプ用こて台 FH300-81 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

記事担当:
ハンダ付け不要-非マイコン系


シリコンハウス店頭のスペースをお借りして、電工女子が作成した作品の一部を展示している、と年始の記事に書きました。(★「電工女子★大阪日本橋シリコンハウス店頭で展示中★」)

12月クリスマス仕様
年が明けてお正月仕様
そして、現在は「冬景色仕様」になっております!

展示場所は今までと同じく、シリコンハウス一階、上りエスカレーターの横(左手)のエリアです。

店頭マップ

じゃじゃーん!現在の様子です!!
1Fwinter-1
飾っている背景部分、黒いでしょう?
これ、お正月仕様の時の背景(障子)に、ぐっちさんが黒スプレーを何回もふりかけて作ってくれたんです!
背景が黒だと、いろいろな電飾の明かりが目立って良い感じですよね!
一手間加えるだけで、こんなに変わるものなのですねぇ。


上部に飾っているのは★「宝玉ガーランド(大) 電球色20球 2m」。コレを2本、使用しています。
とても華やかになったと思いませんか?
1Fwinter-2


そしてそして、この雪の結晶、見てください!
1Fwinter-10

これ、クリアファイルをカット、ステープラーで留めて作ったんです!
クリアファイルのカットがとっても大変でした…。
これも、作る人の性格が大きく反映される出来栄えになりましたよ。
えぇ、もちろんオカポンは「あ、ズレた…あ、油性ペンのインクついちゃった…あ、切りすぎた…」なんてことが、てんこ盛りでしたけどね!

作った雪の結晶に★「コイン電池LEDワイヤー」を巻きつける際にも、みんなでウンウン唸ってアイデアを出し合いながら作り上げました!

私はLEDワイヤーの固定にホットボンドを使ったら目立たなさそうだし、しっかりくっつくから良いんじゃない?(ホットボンド使ってるって所が、女子っぽいし!)なんて思ってやってみたんですが、接着箇所は多いから面倒だし、指にホットボンドついて熱くて半泣きになるし、大変でした。

でもブチコさんがステープラーで留めるやり方を考案してくれまして、おかげで外れることもなく簡単でしっかりくっつけることに成功しました。
1Fwinter-3
分かりにくいですが手前が私が作ったホットボンド留めの雪の結晶
奥の2つがブチコさん考案のステープラー留めの雪の結晶です。
是非店頭で苦労の跡を見てやってください。


ちなみに雪の結晶に巻きつけたLEDワイヤーは、★「Arduino」で光り方を制御しています!
1Fwinter-41Fwinter-5

光り方も自由に変えれたらいいなぁ…と思っています。
Arduinoは未知の世界なので、少しずつ理解出来たらいいなぁ…。
今後の課題ですね。


下部分には、お正月仕様の時に使用した★「コットンボールランプ」に+αして、冬景色仕様に作り直しました。
賑やかさよりも「雪」「冬」を意識した色合いを重要視!
しかし、サンリオキャラクターを刺繍したコットンボールも再度忍ばせています。ふふふ。
1Fwinter-6コットンボール


現在は、「スペースフライ」、★「電子ホタルキット「源平合戦」」(HO-02A)★「ホコリセンサー基板」(KP-DS1)も展示しています。
店頭で販売しているキットを使っていますので、気になる方はチャレンジしてみてくださいね!
1Fwinter-71Fwinter-81Fwinter-9


皆さまのご来店を心よりお待ちしています!



(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は2月23日です!)


★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
宝玉ガーランド(大) 電球色20球 2m HGGR-D-20-L2-WW 1個 こちらから→
コイン電池LEDワイヤー/青色 LDWR-2032BL 1個
Arduino UNO Rev3 A000066 1個
コットンボールランプ 多色混在20個LED 2m
スイッチ付電池ボックス
CB-COLOR 1個
電子ホタルキット「源平合戦」 HO-02A 1個
ホコリセンサー基板 KP-DS1 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

このページのトップヘ