エレショップblog

半導体・センサー・マイコン・電子工作キットほか、各種電子部品の専門店「共立エレショップ」から主に電子工作の関連情報をお届けします。 http://eleshop.jp/

記事担当:
ハンダ付け必要-非マイコン系


以前(★「電工女子、WonderKitで遊びます!(第16弾:LEDチェッカー3です)」)で、簡単にLEDを見分けることが出来て、光り方も実験できるキットを紹介しました。★「LEDチェッカー3」(LED-40)

今回製作するものも「チェッカー」なのですが、今回は★「導通チェッカー」(TU-7GL)を作ります!
TU-7GL-1

そもそもテスターの使い方が良く分かっていない私ですが、この導通チェッカーって一体何に使うんだろう…?
分からないことは人に聞こう!と言うことで先輩社員に聞いてみた所、この導通チェッカーというのは配線やハンダ箇所がちゃんとつながっているかを確認するためのテスターなんだそうです。
例えば配線とか、途中で断線してても見た目じゃわかんないですよね。
そういう時にこの導通チェッカーを使うとちゃんとつながっているか断線しているか分かるんだそうです。
作ったキットが上手く動作しないときも、この導通チェッカーを使えばハンダ不良の所が分かるんですって。
そう聞くとなんだか便利そうですね。
使い方はよく分からないですけど、私的はこのお箸みたいな「テストリード」にビビビッときちゃいました!
TU-7GL-2
あぁ、お腹減ったなぁ…

ということで、組み立てていきましょう!

まずは中身の確認です。
TU-7GL-3
部品点数もそこまで多くないですし、簡単そうですね!

今回のキットは基板がとっても小さいことにびっくり!
TU-7GL-4TU-7GL-5
部品点数がそこまで多くないといえど、ここまで小さな基板に集約できるっていうのがすごいですよねぇ…。

では、組み立て説明書の参考図を見ながら、順番に部品を取り付けていきます。

まずは毎度おなじみジャンパー!
TU-7GL-6
ここは0Ωの抵抗を取り付けるんでしたよね!
抵抗は取り付け方向が無いので、好きな方向にさしてください。
TU-7GL-7

ICには取り付け方向があります。
小さくっても関係ないのです!ということで、マークをあわせてくださいね。
TU-7GL-8

同じ名前の「コンデンサー」と言っても、形が違います。
緑色のガムみたいな、つるっとしたのが「マイラーコンデンサ」。
これは取り付け方向が無いので、好きな方向に取り付けてください。

もうひとつの「電解コンデンサー」は取り付け方向がありますので、要注意!
足が長いほうが+になりますよ。

おなじみLEDも極性があるんでしたね。
TU-7GL-9
ちょっとややこしいですが、基板を良く見ると「A」という文字が書かれています。
こちら側が足の長い方(+)になるんですね。

こちらも取り付け方向があるトランジスタをさしこんで…

電池スナップをつけましょう!
これも、もちろん+と-があります。
赤が+で、黒が-です。

トグルスイッチこそ取り付け方向がありそうですが、実はありません。
好きな方向に挿し込んでください。
私の場合、まっすぐに挿し込んでいるつもりでもハンダ付けが終わったら実はナナメになっていた…なんてことは日常茶飯事です。
そんなときも、あわてず騒がず、ハンダ付けした箇所を再度あたためて部品を押し込んで真っすぐにしてあげましょう

さて、ここまできたら次はケース加工に入ります!
圧電ブザーやテストリードがまだ接続されていないと思いますが、大丈夫!
ケース加工してから組み上げていきます。

さぁケース加工するぞっ!と意気込んで説明書を見てみたら…
TU-7GL-10
まさかこんな正確さが求められるような穴あけするなんて…
ま、まぁ、ものさしできちんと測って、きちんとシルシつければ出来ますよね!・・・・ね?
って、説明書をよく見ると「原寸」の文字が…
TU-7GL-11

これって、もしや、説明書を折って…
TU-7GL-12

透明ケースに入れたら…
TU-7GL-13

やったー!!
ものさしで測らなくても穴の位置に印をつけることが出来ました!
TU-7GL-14
オカポン天才!!
説明書を切ってケース中にしまえばもっと簡単な気もしますけど、それは気分的になんとなく嫌なので、折ってみました!ドヤァ


さて穴の開け方ですが、以前(★「電工女子、WonderKitを作ります!(第4弾:電子びっくり箱です)」)でピンドリルと電動ドライバの2種類で穴を開けたことがありましたよね!
そちらを参考にしてみてくださいな。

今回私は、電動ドリルを使いました。
TU-7GL-15
シリコンハウスの3階「ものづくり工作室」には、電動ドリルも色んな種類のビット(削る金属部分)も豊富にあるので、穴あけも簡単です!
是非利用してくださいね★

さーて、ケース加工も終わったし、さくっと残りの部品を取付けていくぞ~!なんて鼻歌まじりに取り掛かったのです。が!

私はココでつまづきました!ポイント…
えっ、ケースにおさまんないよ?!デシタ。。。
穴位置…間違ってない。
TU-7GL-16

え、でも、これ、フタ、するんだよね?スイッチがケースから出ないとダメなんだよね?
あれ???
で、泣く泣く先輩に聞きに行ったら、ケースの向きが反対でした★
TU-7GL-17TU-7GL-18
…。。。

説明書に「ケース 底側」って書いているのを、底側に穴開けたんだから、そりゃ底側に決まってるじゃーん。なんて思ったんですけど、そうじゃなくて「底側から見て、こう配置するんだよ」の意味ですた!ナンテコッタイ!

なので、こういう配置になるってことだったんですね。。。

さて、では気を取り直して。
まずはブザーを取付けます。
ブザーの線をケースの穴に通して、基板にハンダ付けします。

ブザーも極性がないので線の色は気にせずに取付けてくださいね。

次もつまづきポイント、テストリードの取付けです。
まずテストリードに接続線をハンダ付けするんですけど、これどうやってハンダするの!?
TU-7GL-19
困ったときは先輩だ!と言う訳で先輩社員サンに聞いてみた所、まずテストリードの穴にハンダを流し込みます。リードにも予備ハンダをしておきます。
その後接続線を押し付けながらハンダゴテをテストリードに当てて流し込んだハンダを溶かし接続線を押し込む!
TU-7GL-20TU-7GL-21TU-7GL-22

接続線が入ったらハンダが冷えて固まるまでその状態をキープして完成です!
TU-7GL-23
言うのは簡単ですけどやるのは大変でした!
なにせテストリードにハンダゴテ当てたら熱くて持っていられませんから★ヘルピングハンズ必須ですし、熱の伝わり方が悪いのかハンダが全然流れない&溶けないし
ホント大変でした!

でもまぁ色んなハンダ付けの仕方が有るんですね。勉強になりました!
まだまだ知らないことだらけです。

テストリードに接続線をつけたら、接続線をケースに通して基板にハンダ付けします。
TU-7GL-25
これで部品の取り付けはおしまいです。

最後にトグルスイッチをケースに通して固定して、
TU-7GL-26TU-7GL-27TU-7GL-28

電池固定用のスポンジを貼り付けたら完成です!

では早速、★導通チェッカーをチェックしてみましょう!

★9Vの006P型角型電池を付けて、ケースにしまいます。
TU-7GL-1
おぉ!ジャストフィット!
ナニコレ完成度高い!

電池を付けたらトグルスイッチをON!
TU-7GL-29
LEDが光ったら成功です。

次にテストリードの先っちょをくっつけます。
TU-7GL-30
この時にピーッとブザーがなればOK!ちゃんと動作している証拠です。

では、たまたま手元にあったトグルスイッチで試してみましょう。
スイッチって、どの状態がONでどの状態がOFFなのか見た目ではわからない場合がありますよね。
そんな時に導通チェカーで当たると今ONなのかOFFなのかすぐ分かるんです。
TU-7GL-31TU-7GL-32
↑の写真のトグルスイッチの場合、今どの足とどの足がつながっているのかが導通チェッカーで判りますので、基板に取り付ける時迷わなくなりますね。

何より音で導通具合を教えてくれるので、いちいち本体を見なくて良いのも便利だと思いました。


皆さんもぜひ作ってみてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は6月8日です!)


★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
導通チェッカキット TU-7GL 1個 こちらから→
ヘルピングハンズ2爪 3418 1個
006P形アルカリ電池 6LF22EXD/1S 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。


★キット製作時に使用した道具は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
DASH低価格セラミックヒーターハンダこて15W
はんだ付け入門セット
FX650-84 1個 こちらから→
マイクロニッパー 11295 1個
精密ピンセット/逆作用ピンセット 先細 TS-16 1個
電子工作用ハンダ SD-63 1個
ワイヤーストリッピングゲージ BBM-WSG 1個
セラミックヒータータイプ用こて台 FH300-81 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

記事担当:
ハンダ付け必要-マイコン系

★梵天丸についての記事も、そろそろ終わりに近づいてきました。
BONTEN-1

今までの記事を振り返ってみましょう!
梵天丸のタイヤを動かす「モーター部分」(ギヤボックス)を作りました。
★「電工女子★「梵天丸」でHere we go!★ Part1」
梵天丸を完成させました。(基板部分も作りました)
★「電工女子★「梵天丸」でHere we go!★ Part2」
梵天丸に最初から入っている「じゅつ」を使ってみました。
★「電工女子★「梵天丸」でHere we go!★ Part3」
「まきもの」をパソコンにインストールし、サンプルプログラムを梵天丸に書き込んでみました。
★「電工女子★「梵天丸」でHere we go!★ Part4」

さて、では今週こそ「じゅつ」を作ってみようと思います!
(このセリフ、何回言ったものやら…)

と再度意気込んでみましたが、私が知ってるプログラミング言語って、始めたばかりでまだ理解しきれていないIchigoJam BASICだけなんですよね…。
梵天丸の「ひらがなで記述する」という説明に、それなら出来るかも!と思って手を伸ばしたのですが、よくよく考えたら前回のサンプルプログラムの「じゅつ」が表示された時にも「ナニコレ?」な記述があって、とりあえず何も考えずに書き込んでみたら、やった!動いた!な状態だったわけなんです。

と言う訳で本格的に「じゅつ」を作る前に、「じゅつ」の書き方を勉強してみようと思います。

まず、前回梵天丸に書き込んだ「じゅつ」を見てみます。
BONTENMARU-Makimono1-11
**************************************
@右回転します。いつまでも回っています
#れんしゅう1
:1のだん
       みぎまわれ
**************************************

となっています。

「@」の後ろは説明文です。
梵天丸向けではなくて、人間向けに書く文章なので漢字が混じっていますね。
自分で「じゅつ」を作るときもこうしてメモを書いておけば、何をする「じゅつ」なのかわかりやすくなりますね!

「#」の後ろは「じゅつ」のタイトルです。

ここまでは書いても書かなくてもいい部分です。
次の「だん」からがプログラムの部分です。

梵天丸の「じゅつ」は「だん」に書かれたコマンドを順番に行うようになってます。
つまりこの「だん」はIchigoJamのBASICで言う「行番号」だと思えば良いんじゃないかと思います。
この「だん」を重ねていくことで複雑な動きをさせるんですね。
この辺りはIchigoJamと同じですね。

まとめると、前回使った「じゅつ」は「右に回れ」としか命令してなかったんですねぇ…。

ではもう少しコマンドの多い「じゅつ」を見てみましょう!

BONTENMARU-Makimono2-1

**************************************
@右回転します。右のセンサーが感知すると、こんどは左回転します。
#れんしゅう3
:1のだん
       みぎまわれ
       みぎだ:2のだん
:2のだん
       ひだりまわれ
       ひだりだ:1のだん
**************************************

今度は梵天丸の前に付いたセンサーも使った「じゅつ」です。
BONTENMARU-Makimono2-2
センサーが物を感知すると回転が逆になる「じゅつ」ですね。
こうしてみると「だん」を書くには『:●のだん』と『:』の後に数字と『のだん』と入れないといけないみたいですね。
「まきもの」ですから、BASICみたいに数字を書くだけではいけないみたいです。

そして「れんしゅう3」のじゅつで出てきたコマンドが「みぎだ」とか「ひだりだ」という命令。
これは「センサーが感知したら」という意味のようで、「みぎだ」と書けば「右のセンサーが感知したら」となりますし、「ひだりだ」と書けば「左のセンサーが感知したら」となります。
ちなみに左右両方のセンサーが感知した時に行動を起こす場合は「まえだ」と書きます。

「センサーが感知したら」というコマンドを入れたら、「:」で区切ってどの「だん」に行くかを書きます。
こうして次の行動に移っていくんですね。

ちなみに「まきもの」の「へんしゅう」を押すと「じゅつ」の内容を書き換えることが出来ます
BONTENMARU-Makimono2-3
色々コマンドをいじってみるのが上達の近道だと思うので、色々試してみようと思います!

今日のまとめ
  1.「じゅつ」は「だん」の積み重ねでできている。
  2.「だん」にコマンドを書く。
  3.「だん」は「:●のだん」と書く。
  4.センサーが物を感知した時、次の行動に移る時は「みぎだ」など関知するセンサーを選んで
    「:●のだん」と次の行動を書いた「だん」を書く

まだまだこれからな感じですけど、そもそも梵天丸って前に付いた2個のセンサーで何かを感知することと、左右のモーターを別々に動かすことしか出来ないですから、それほど複雑なことも出来ないんじゃないかなー、と思うんです。
つまり「何かを感知」→「タイヤを回して動く」の繰り返しですから、あとはどういうコマンドが有るかを憶えれば簡単に色々できるんじゃないかと楽天的に考えるオカポンなのでした。

しかしこの甘い考えに後悔することを、この時のオカポンはまだ知らないのであった…。

ではでは、今週はここまで!
あんまり詰め込むと、混乱しちゃいますからね!


また次回、乞うご期待!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は6月1日です!)


★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
メカトロで遊ぶ会 梵天丸(基板・車両組立キット) B10/M(Ver5.0) 1個 こちらから→
単3形アルカリ電池4本パック LR6R/4S 1個
メカトロで遊ぶ会 USB梵天丸プログラム書込器(USBライタ) B10/W(Ver1.0) 1個
USB2.0 ケ-ブルA-miniB 1m AB-10H 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。


★キット製作時に使用した道具は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
DASH低価格セラミックヒーターハンダこて15W
はんだ付け入門セット
FX650-84 1個 こちらから→
マイクロニッパー 11295 1個
精密ピンセット/逆作用ピンセット 先細 TS-16 1個
電子工作用ハンダ SD-63 1個
ワイヤーストリッピングゲージ BBM-WSG 1個
セラミックヒータータイプ用こて台 FH300-81 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

記事担当:
ハンダ付け必要-マイコン系


3週にわたって紹介している★「梵天丸」
BONTEN-1

今までの記事を振り返ってみましょう!
梵天丸のタイヤを動かす「モーター部分」(ギヤボックス)を作りました。
★「電工女子★「梵天丸」でHere we go!★ Part1」
梵天丸を完成させました。(基板部分も作りました)
★「電工女子★「梵天丸」でHere we go!★ Part2」
梵天丸に最初から入っている「じゅつ」を使ってみました。
★「電工女子★「梵天丸」でHere we go!★ Part3」

今週は、いよいよ自分で「じゅつ」を作ってみようと思います!
と意気込んだのは良いのですが…さて、ではどうしたら良いのかしら…?

と言う訳で梵天丸の説明書を見てみると、「じゅつ」を作るには「まきもの」が必要とのこと。
BONTENMARU-Makimono1-18
この「まきもの」と言うアプリケーションを使って「じゅつ」を作るんですね。
まずは「まきもの」と「まきもの」の説明書を<ココ>からダウンロードしましょう。
梵天丸本体には付属していないので注意してくださいね。
エレショップの商品ページにもリンクが有るのでそちらからもダウンロードページへ行けます。
ダウンロードしたらファイルを開いて「まきもの」を使えるように設定してください。
BONTENMARU-Makimono1-1BONTENMARU-Makimono1-2

それと、梵天丸に「まきもの」で作った「じゅつ」を書き込むには★専用の書込器が必要になりますので、こちらも自分で用意してください。
BONTENMARU-Makimono1-5

書込器も梵天丸には付属していないのでエレショップで購入してくださいね。


準備が整ったらいよいよ「まきもの」を使いますよ!
まずは「B10_501」フォルダの中から「bon10u.exe」と言うファイルを探してください。
BONTENMARU-Makimono1-3
これが「まきもの」です。
このファイルをダブルクリックすると「まきもの」が開かれるのです。

「まきもの」を開くと「梵天丸」と言うウインドウが開きます。
BONTENMARU-Makimono1-4
ここで「じゅつ」を作っていくんですね。

まずは「じゅつ」を作れるように梵天丸を繋いで準備する必要があります。
梵天丸に書込器をセットして、USBケーブルでパソコンとつなぎます
BONTENMARU-Makimono1-6
この時★USBminiBのケーブル(AB-10H)が必要になります。
このケーブルも梵天丸にも書込機にも付属していないので、これまた自分で用意してください。

ちなみに初めて家で梵天丸とパソコンを繋いだ時、書込器のLEDは光るのにパソコンが梵天丸を認識してくれなくてとても困りました。
BONTENMARU-Makimono1-7
なんでだろう、なんでつながらないんだろうっていろいろ調べた結果、USBケーブルが原因でした。
なんとオカポン、充電専用のUSBケーブルを使っていたのです!!
BONTENMARU-Makimono1-8
多分1本のUSBケーブルでゲーム機とか携帯電話とか色々繋いで充電できちゃうよ!的なケーブルを以前買って、たまたま手元にあったケーブルがそれで、何も考えずにそのケーブルを使ったのが悪かったようです。
充電専用のケーブルですから、USBの電源線しかつながってなかったんですね。
信号線がつながって無ければ通信なんで出来るはずもありません。
みなさんも使うケーブルには注意してくださいね!

と言う訳で、普通のUSBminiBケーブルで梵天丸とパソコンを繋いだら、梵天丸のスイッチをONにします。
あとは右側にある「ていそくギヤ」にチェックを入れたら準備完了です。
さぁいよいよ、じゅつを作りますよ!

と意気込んでは見たものの。
IchigoJamでプログラムをした時も最初は何をしたらいいか全くわからなかったオカポンですから、今回も「まきもの」を前にして呆然としてしまいました。
いくら「まきもの」がひらがなで書くプログラムだからといって、「おちゃいれてきて」とか「てれびのちゃんねるかえて」とか書いても通じるはずがありません
そのくらいのことはわかります。

じゃあ、どうやってプログラムを書けば梵天丸に通じる書き方になるんだろう…

そこでワタシ、思い出しました!
梵天丸にもサンプルプログラムが用意されているのです。
まずはそのサンプルプログラムをいじくって、どうやって「じゅつ」を書けばいいか勉強しようと思います。

梵天丸のサンプルプログラムは、「B10_501」フォルダの「MAKIMONO」フォルダにあります。
今回はその最初に有る「A1.B10」を試してみようと思います。

まず「まきもの」画面の「ファイルを開く」をクリック。
BONTENMARU-Makimono1-9
その後サンプルプログラムを選びます。
BONTENMARU-Makimono1-10
すると「まきもの」の左上の大きい空白に「じゅつ」が表示されます。
BONTENMARU-Makimono1-11
「れんしゅう1」と書かれているだけあってとてもシンプルな「じゅつ」です。
なるほど、命令の内容は「みぎまわれ」だけですね。
この命令にしたがって、梵天丸は右に回り続けるんでしょうね。…カワイイじゃないですか!

ではこの「じゅつ」を梵天丸に書き込んでみましょう。
まずは「まきもの」の「ほんやく」をクリック。
するとひらがなで書かれた「じゅつ」が梵天丸の言葉に翻訳されます。
BONTENMARU-Makimono1-12
うわ、ナニコレナニイッテルノカ、ワカンナ、イ…
こうしてみると人と機械の壁の高さを感じますけど、よく考えたら同じ人間でも外国の文字を見ると全く何書いてるかわかんないですから、同じようなものですね。
そもそも同じ日本人でも江戸時代の本とか現代語に翻訳しないと読めませんからね、ワタシ。
戦国時代を生きた梵天丸の言葉がわからなくても当然ですよ。うん、納得。

翻訳が終わったら「書き込み」をクリック。
BONTENMARU-Makimono1-13
これで梵天丸に「じゅつ」が書き込まれました。

では早速書き込んだ「じゅつ」を試してみましょう。
まずは梵天丸の電源をOFFにして、USBケーブルと書込器を外します。
BONTENMARU-Makimono1-14
コレが付いたままだと自由に動けませんからね~
梵天丸を自由にしたら、広いところで梵天丸のスイッチをON!

BONTENMARU-Makimono1-15BONTENMARU-Makimono1-16BONTENMARU-Makimono1-17

回った!梵天丸が回った!
ちゃんと右にグルグル回り続けてます。なんて律儀!
このままでは電池が切れるまでいつまでも回り続けてしまうので、気が済んだら梵天丸のスイッチをOFFにして止めてあげてください。

なるほど、「みぎまわれ」の命令で延々右に回り続ける梵天丸。
なんだかオカポンにも「じゅつ」が作れそうな気がしてきました!

では次回、いよいよ「じゅつ」を作ります!
乞う、ご期待!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は5月25日です!)


★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
メカトロで遊ぶ会 梵天丸(基板・車両組立キット) B10/M(Ver5.0) 1個 こちらから→
単3形アルカリ電池4本パック LR6R/4S 1個
メカトロで遊ぶ会 USB梵天丸プログラム書込器(USBライタ) B10/W(Ver1.0) 1個
USB2.0 ケ-ブルA-miniB 1m AB-10H 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。


★キット製作時に使用した道具は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
DASH低価格セラミックヒーターハンダこて15W
はんだ付け入門セット
FX650-84 1個 こちらから→
マイクロニッパー 11295 1個
精密ピンセット/逆作用ピンセット 先細 TS-16 1個
電子工作用ハンダ SD-63 1個
ワイヤーストリッピングゲージ BBM-WSG 1個
セラミックヒータータイプ用こて台 FH300-81 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

このページのトップヘ