エレショップblog

半導体・センサー・マイコン・電子工作キットほか、各種電子部品の専門店「共立エレショップ」から主に電子工作の関連情報をお届けします。 http://eleshop.jp/

記事担当:
ハンダ付け必要-非マイコン系

今回は、発売当初から今までのキットとは何か雰囲気違うな~…見た目恰好良いなぁ~・・・・
と思っていた、★「DSP FMラジオ キット / DS-RAD02」を作ろうと思います!!!
dsrad02bdsrad02cdsrad02e


以前★「電子AMラジオキット / KP-MX901A」を作りましたね。
★「電工女子★「電子AMラジオキット」を作ります!★Part1」
★「電工女子★「電子AMラジオキット」を作ります!★Part2」
このキットはハンダ付け不要で、バネを使って部品を取り付けました。

今回作るキットは、ハンダ付けありで、FMラジオが聞けるキットのようです!
でも「DSP」って何だろう・・??
というオカポンですが、張り切って作っていきたいと思います!

まずは恒例のパッケージチェック
DS-RAD02-1-1
紙箱タイプのパッケージは、ちょっと高そうに見えますよね!(オカポンだけ?)

入っている部品はこんな感じ。
DS-RAD02-1-2
そこまで部品点数は多くなさそうです。
ラジオなのでスピーカーが入っているのはわかりますが、基板と同じような形をしたアクリルが入っているのは興味深いですね。

基板は、こちら!
DS-RAD02-1-3DS-RAD02-1-4
思ったよりも大きい!
黒い基板が落ち着いた感じで良いと思います。THEラジオ!ってかんじです。
基板の下側に部品を取り付けていくんですね。


しかし、久々のハンダ付け
もしかたら、今年入って初めてのハンダ付けなんじゃぁ・・・・???な感じで久々です。
ちょっとドキドキ。

説明書を見てみたんですが、赤字が多い!!(P3)
★詳細資料
注意点が多いってことなので、気を引き締めて取り掛かります。

まずは抵抗から。
抵抗の根本は★ピンセット★ラジオペンチで折り曲げると、早くきれいに折り曲げられるんでしたよね!
ta04-7DS-RAD02-1-5

んで。
2.抵抗(誤差1%品) なんですが、これが結構クセモノです。
DS-RAD02-1-6DS-RAD02-1-7
まず、抵抗は全部で6本あるんですが、全部抵抗の値(帯の色)が違うんです。
しかも今まで取り付けてきた抵抗は帯4本だったのに、今回のは5本もある!?!
ちっちゃいのに帯の数が多いとか反則ですよ!
しかもしかも!基板に書かれている部品番号も規則性がありそうでない並びなので間違いやすいんですよ!!
ここ、ちゃんと確認しながら進めましょうね!
鋭い人は↑の写真見て気付いたと思うんですけど、この基板はスルホール基板なのでハンダが表面まで流れて来ちゃうんです。
なので取付を間違えた時、部品を外して付け直すのが超面倒なのでホントにしっかり確認して部品を取り付けてください!!

3.IC
DS-RAD02-1-8DS-RAD02-1-9

4.セラミックコンデンサ
DS-RAD02-1-10DS-RAD02-1-11
この辺はサクサク取り付けていきます。
セラミックコンデンサは取付方向に決まりはありませんけど、ICは取付方向が有るので気をつけてくださいね。

5.水晶
DS-RAD02-1-12DS-RAD02-1-13
これもちょっとよく分からなかったんですが…
「寝かして取り付ける」
「部品の足は細いので、無理に折り曲げて折らないように注意して取り扱ってください。」
って説明書に書いてあるんですけど…
寝かして取り付ける、ってどうやってーーーーー!!!!?(◎_◎;)
で、結局コンデンサのように少し挿し込んでハンダ付けして、横に倒す、という策を取りました。
・・・あってるのかなぁ???

6.積層セラミックコンデンサ
DS-RAD02-1-14DS-RAD02-1-15

7.LED
DS-RAD02-1-16DS-RAD02-1-17
足の長い方が「+」(アノード)でしたね!
基板に「A」と書いているところに、LEDの足が長い方を挿し込みします。

というわけで、こんな感じ。
DS-RAD02-1-18


8.電解コンデンサ
DS-RAD02-1-19DS-RAD02-1-20DS-RAD02-1-21
足が長い方が「+」でした。コンデンサに書いている白い帯が「マイナス」です。
ただ、ここでも基板をよく見て方向を確認してださいね。
プラスの穴位置がいつも同じ方向とは限らないのです。
電解コンデンサは抵抗よりも付け直すの大変ですよ…

9.半固定ボリウム
DS-RAD02-1-22
3つあるんですが、実は抵抗値が2種類あるんです。
部品の側面に書かれている数字をよく確認して、取付場所を間違わないよう気を付けてくださいね。

挿し込む方向もややこしいんですが、半固定抵抗の縦筋が入っている側が基板の下側に来るよう取り付ければ問題ないですよ!
DS-RAD02-1-23DS-RAD02-1-24DS-RAD02-1-25


で、スライドスイッチを取り付けて、表面は完成ですー!
DS-RAD02-1-26
でもこれで終わりじゃありません。
次は裏面。基板の裏側をハンダ付けしたりするんですけど…


ここまでで約1時間30分くらいかかっています。
写真を撮りながらということもあったんですけど、いろいろ確認していたら結構時間が経ってしまいました…。
ということで、今週は一旦ここまで!
ラジオをちゃんと聞けるのか…ドキドキです。


皆さんもぜひ、作ってみてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は10月8日です!) 

記事担当:
ハンダ付け不要-非マイコン系


先週は★「バスレフエンクロージャー組立キット(2台1組) / WP-SPMF4」の音をレビューするはずが、2種類のアンプの音の違いをレポートする形になってしまいました。
★「電工女子★バスレフエンクロージャーで、音楽を聴いてみます!(ほぼアンプの話)★」

これはこれで分かりやすかったと一部で褒めてもらえたので良しとするのですが、1点「Wonder Pure」の開発担当から記事の訂正依頼があったので、今回はそれを記事にしたいと思います。

wppc33awppc33c

前回の記事ではアンプのセレクターとして使ったんですけど、そもそもこの使い方が間違いだったんだそうです。
「Wonder Pure」の開発担当曰く、「WP-PC33」でセレクトできるのは『音源』の方、つまりin側だそうで、前回の記事で書いた「3種類のアンプを切り替えて一つのスピーカーから音を出すことができます」と言う表現は全くの大間違いでした。

WP-SPMF4-2-51-WP-PC33本来の使い方

「WP-PC3」の後ろを見るとinもOUTも3口あったのですが、切り替えが出来るのはin側の3つのみで、OUT側の3つは常に同じ音が出てるんだそうです。
前回の配線ではオカポンが手動でスピーカーへの接続を切り替えてたので、OUT側が切り替わっていないことに気付かなかったんですね。
そう言えば聞き比べの時、「WP-PC33」触ってなかったような・・・
まぁ家のテレビの配線もしたことないド素人のオカポンにそんな事分かる訳無いんですけどね!
聞き比べしてた時周りに頼れる人が居なかったのが原因ですね。←責任転嫁

と言う訳で、「WP-PC33」はアンプを切り替えてスピーカーを鳴らすセレクターではありません!
自社製品のこともちゃんと理解せずに記事を書いて申し訳ございませんでした!
お詫びして訂正いたします。


さて、ではなんで今回「WP-PC33」がオカポンの所に届けられたかというと、実は音量調節のためだったんだそうです。
前回使用した約6万円の★「高音質ステレオパワーアンプ組立キット / WP-SSA10W」は、インテリアとしても見栄えが良いよう、全面パネルには電源ボタンしか付いていません。
wpssa10wa

電源ボタン以外の必要な物は全部背面に付いています。
wpssa10wc

これ、言われるまで気がつかなかったんですけど、ボリュームも背面にあります。しかも左右それぞれに。
これはド素人のオカポンには使うのが難しいだろうと言うことで、マスターボリュームとして★「パッシブコントローラー組立キット / WP-PC33」を同梱してくれていたとのことです。
「WP-PC33」は全面にボリュームが付いていて、入力した音源の音量を調節することが出来るんです。
つまり「Wonder Pure」開発担当の優しさだったんですね。それを理解できないレベルのオカポン。あぁあ・・・


それにしても、前回オカポンがしたように、複数のアンプを切り替える事が出来るセレクターがあれば、気分に合わせてアンプを切り替えて音楽を楽しめると思うんですけど、そういうセレクターってあんまり無いんだそうです。
2-あったら便利?

「Wonder Pure」の開発担当が言うには、あまりニーズがないせいか、市場にもそういったアンプのセレクター(オーディオセレクターと言うらしい)はあんまり無いんだそうです。
前回たった2台のアンプを聞き比べしただけでもその音の違いに感動しましたから、気分に合わせてアンプを切り替えて音楽を楽しみたいって言うニーズはありそうな気もするんですけど
いろんな種類のオーディオアンプを発売している「Wonder Pure」でも、売れる見込みがないのでオーディオセレクターは開発する予定はないんだそうです。
なのでオカポンと同じようにオーディオセレクターが欲しいという人は「Wonder Pure」までリクエストすると何かしら製品が開発されるかもしれませんよ。
ちなみにエレショップに新商品のリクエストフォームがありますので、そちらをご利用いただいてもOKです。

と言う訳で、初めてのオーディオ関係の記事で早速失敗して、レベルゼロからレベル0.4くらいまではステップアップ出来たんじゃないかと思います。
これからも色々間違いをさらしながらになると思いますが、どうぞエレショップblogにお付き合いくださいませ。

皆さんもぜひ、オカポンの失敗を糧にしてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は10月1日です!)

記事担当:
ハンダ付け不要-非マイコン系

先週は共立電子産業のブランドの一つ「Wonder Pure」から最近発売された★「バスレフエンクロージャー組立キット(2台1組) / WP-SPMF4」を作りました。
WP-SPMF4-2-1

エンクロージャーを作るのは初心者のオカポンには敷居が高いかと二の足を踏んでいましたが、意を決してチェレンジしてみたわけです。
★「電工女子★バスレフエンクロージャーを組み立てます! Part1★」

あ、そうそう。
今日の記事に入る前に一つ訂正が。
前回、吸音材について
「吸音材を入れると、モコッとした音になるそうです。・・・・・もこっ???」
と書いたのですが、違ったようです!
WP-SPMF4-1-31WP-SPMF4-1-32WP-SPMF4-1-33
オカポン的に「モコッとした音」=全体的にこもった(柔らかい)音になるのかなー?と思っていましたが…
Wonder Pure」の開発担当が言うには、吸音材は「高音を吸収する」という働きをするんですって。
逆に低音は吸収できないそうです。
吸音材は、エンクロージャー内部で四方八方に反射する高音を吸収して「高音の量」を調節する役目をするんだそうです。
吸音材を入れないと、女性ボーカルや弦楽器の響きがキツくなっちゃうんですって。
それを抑えて、自然な聴きやすい音にするために吸音材を入れるんですって。
こもった音になる訳ではないんですね~。知らなかった。。

人によってはジャズのライブが目の前に迫るような「シャキーン」というシンバルの響きを追求するために、あえて吸音材を入れないという人もいるそうですよ。


さて、本日のお題。
先週の記事の最後に
・・・どうやって音楽聞くの!?
となったので、そのあたりを紹介していこうと思います。

まず、前回完成した★「バスレフエンクロージャー」だけでは音楽は聴けません。
必要なのは、
・音源
・アンプ
・アンプの電源
・音源とアンプをつなげるケーブル
・エンクロージャーとアンプをつなげるケーブル(2本/左右分)

が必要になります。

で、ですね。
このエンクロージャーを製造した「Wonder Pure」の超おすすめアンプなんですが…
★「高音質ステレオパワーアンプ組立キット / WP-SSA10W」なんです。
wpssa10wawpssa10wcwpssa10wf
お値段なんと!
¥59,400(税込)(2020.09.17現在)
・・・・たかいぃぃ。。。そしてデカい、重いぃぃぃ...(´;ω;`)

エンクロージャーがお手頃価格なのに、アンプがかなり高いんです。
でも今回製作したスピーカーにはこのアンプが一番合うって、「Wonder Pure」の開発担当者が激推ししてくれたので、今回これを試聴させてもらったんですが・・・
いやぁ、びっくりました。
この辺りの説明は後半で。

で、もう少し安いアンプは無いんでしょうか?と聞いてみたところ…
現在開発中のアンプを貸していただきました・・・!!!やっほう!
★「デスクトップアンプ組立キット」という名前で、10月発売予定だそうです。
WP-SPMF4-2-2WP-SPMF4-2-3
サイズも手のひらで持てるサイズ。価格は1万円前後の予定だそうですよ!!これなら手が届く!!!

ということで、セレクター(★「パッシブコントローラー組立キット / WP-PC33」)も貸していただいたので、接続してみます!!(オカポン初セレクター)
wppc33awppc33c
このセレクターは入力を3系統切り替えることが出来ます。
例えば3種類のアンプを切り替えて一つのスピーカーから音を出すことが出来る(間違いでした。すみません!!正しい内容はこちらのブログを見てください★「電工女子★パッシブコントローラー組立キット / WP-PC33 について訂正します★」2020/09/24)ので、曲の特徴や気分に合わせてアンプや音源を切り替えることが簡単にできるようになるんですね。
アンプとかを沢山持っている人はこう言うセレクターで切り替えて楽しむんですね。

では今回の構成。
左から
WP-SPMF4-2-4
★「デスクトップアンプ組立キット」
★「パッシブコントローラー組立キット / WP-PC33」
★「高音質ステレオパワーアンプ組立キット / WP-SSA10W」
となっています。


ケーブルのつなぎ方はこんな感じ。
WP-SPMF4-2-5WP-SPMF4-2-6WP-SPMF4-2-7

エンクロージャーとアンプをつないでいるケーブルなんですが、お好みで揃えてくださいね。
WP-SPMF4-2-8WP-SPMF4-2-9
この辺りは拘りだしたらキリがないポイントだそうなのでサラッと。
オカポンは、簡単な聞き比べをしたかったので、簡単に抜き差しできるこの形がとっても便利でしたよ。

ではいよいよ聞き比べのレビューをしようかと思うのですが。
Wonder Pure」の責任者曰く、こう言った音に関するレビューには知識と経験が必要だそうで、例えばワインの香りを説明するソムリエのような語彙とか表現力が必要になるんだそうです。
でもそんなの関係ない!!
私は私らしく、直感で感じたままを書こうと思います。
その方が私と同じような入門者の人に分かってもらえるんじゃないかと思うので。

ちなみにオカポンは普段はMP3データの音源をスマホとかパソコンで聞く程度のライトユーザーです。
落ち着いた環境でじっくり聞くと言うよりは、ながらで音楽を楽しむことの方が多いです。
よく聞くのはいわゆるオタクよりの曲が多くて、アニソンとかボカロとかそっち方面が主流です。
でもジャズとか洋楽も好きでたまに聴きます。
そんな人間のレビューなので、どこまで参考になるか分かりませんけど...

では二つのアンプを切り替えていくつかの曲を聴いて思った感想をさくっと書いてみますね。
※全部、オカポンの個人的な感想です!


■ジャズ系のピアノ曲
アンプでそこまで音変わるの?私に分かるの?と、疑っていたんですが…
WP-SSA10W」かなり良いです。
お洒落なバーのお店にいるような、ジャズの音に包まれる感じがします。
「未発売アンプ」も良いのですが、「WP-SSA10W」を先に聞いちゃったので、聞き比べ方間違えたな…と思いながら「WP-SSA10W」でずっと聞いていました。
この「WP-SSA10W」との組み合わせ、机の上に置いていたら凄い贅沢スペースの出来上がりですよ。
物理的にスペースを取るのもそうですけど、なによりこの音に包まれて仕事するとか…憧れる!!


■懐メロ(昭和の歌謡曲/女性ボーカル)
「未発売アンプ」は音(歌声)が、かたいイメージ。
WP-SSA10W」はやさしい、柔らかい音に変わった気がしました。
なんでだろう、音が広がって聞こえました。


■VOCALOID™(男女混合)
「未発売アンプ」高い音がとってもきれいでした。合成歌声だからかなぁ…?
WP-SSA10W」こんな良いアンプで聞くなんて、贅沢ーーー!!!やっぱり音が広がって聞こえます。心地よい。


■洋楽(女性ボーカル/1999年のpops)
「未発売アンプ」ハモリ部分(高音)がきれい。
WP-SSA10W」一音一音、はっきり聞こえます。こんなに違うのかと、ちょっと驚きました。


■2.5次元ミュージカル曲(男性ボーカル)
また、先に「WP-SSA10W」聞いちゃいました。感想。
やっば!!!
やっば!!!!!!
やっば!!!!!!!
これしか言えない。この組み合わせでミュージカル見れたら、最高だと思います。最高だと思います!!!(大事なことなので2回言いました)


■個人的に好きな男性ボーカル(声高め、最近の曲)
「未発売アンプ」で聞いてた時疑問に思ったんですが。
綿の詰めすぎ、とかあるんでしょうか…?ボーカルの声が小さいような...
いやでも、低音の吸収はしないって聞いたんですが…。
なんかちょっと籠ってる?感じがしました。音源のせいなのかしらん??

WP-SSA10W」わーーーーーー、これは素敵。自分の周りが歌声で包まれている感じ。そして、今回も音が広がって聞こえます。高音もキレイ。



結論として・・・
★「高音質ステレオパワーアンプ組立キット / WP-SSA10W」超オススメです!
もともとマークオーディオなどメタルコーンスピーカーとの相性を抜群に考えたアンプなんだそうで、だから★「バスレフエンクロージャー組立キット(2台1組) / WP-SPMF4」との相性もバッチリで、こんなにもいい音を出してたんですね。これはぜひ聞いてほしいです。
Wonder Pure」の開発担当者曰く、目の前に歌手がいる、というタイプのアンプでは無いですが、音が広がって聞こえる(包まれているような音の広がり方をする)タイプのアンプなんですって。
まぁこればっかりは好き好きなんですが、オーディオ初心者のオカポンが今まで感じたことのない、音に包まれる感覚で自分の好きな曲を聞くことができるというのは、とっても幸せなことですね。

なんだかスピーカーエンクロージャーのレビューじゃなくてアンプのレビューになってしまいましたが...
皆さんも、ぜひ作って聞いてみてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は9月24日です!)

このページのトップヘ