エレショップblog

半導体・センサー・マイコン・電子工作キットほか、各種電子部品の専門店「共立エレショップ」から主に電子工作の関連情報をお届けします。 http://eleshop.jp/

記事担当:
ハンダ付け不要-マイコン系

気温も徐々に上がってきてなんだか春めいてきた今日このごろ。
麗らかな陽光の中、なにか新しいことを始めたいなぁと言う人も多いのではないでしょうか。

という訳で本日は。
インドア派はもちろんアウトドア派にも楽しめてしまうmicro:bitで遊んでみようかと思います。

以前から紹介しております通りmicro:bitはスマホでもプログラムができますので、場所を選ばずプログラミングで遊ぶことが可能です。
アウトドアと言っても山に登りながらとか斜面を滑り降りながらプログラミングをするというのではなく、例えばソロキャンの時の暇つぶしとか、公園でまったりしながらとか、そういったシチュエーションでも趣味のプログラミングを謳歌できるという感じでございます。

そんなこんなで屋外でも楽しめるmicro:bit。
今回ご用意しました実験キットはこちら。
microbit_サウンドレベルメータ01
こちらはデジットが企画・製造するmicro:bit用実験キットの第2弾でございまして、付属基板で集音した音の大きさをmicro:bitのLEDにバーグラフで表示させようというキットでございます。

セット内容はこんな感じ。
microbit_サウンドレベルメータ02
説明書と基板と接続ケーブル。至ってシンプルな構成でございます。
今回もデジットで制作されたガッツリ目の説明書がいい感じでございます。
1ページ目は入門者やお子様向けにとっつきやすい見た目をしておりますが、2ページ目からは知ってる人にはおなじみの『デジット製作の説明書』となっており、プログラムの説明などかなりしっかりと書かれております。
一人でしっとりとmicro:bitを始めたいという人にもぴったりでございます。

ではmicro:bitと接続してみましょう。
microbit_サウンドレベルメータ03
以前紹介した★「micro:bit サーボモーター / MCB-SERVO」と違ってこちらはシンプルな接続。
接続ケーブルから延びた3本の線をつなぐだけでございます。
これだけで準備完了。
後はプログラムを作るだけでございます。

microbit_サウンドレベルメータ_プログラム
という訳で説明書に沿ってプログラムを作ってみました。
最初に周囲の音を測って、その音の大きさを基準にするプログラムを作ります。
その後周囲から拾った音と基準にした音との差分を算出し、バーグラフとして表示させる内容になっています。
絶対音量を表示させるのではなく、環境音の変化を表示させる辺りこだわりが感じられますね。

では作成したプログラムをmicro:bitにインストールして起動させてみましょう。
microbit_サウンドレベルメータ04
事務所でこの記事を作成しているのですが、やはり環境音にも変化が有り、わずかにバーグラフが反応しています。

ではこの状態でスマホから音楽を鳴らしてみましょう。
microbit_サウンドレベルメータ05
見事に反応しました。
音楽の音の大きさに合わせてバーフラフが変化します。
なかなか面白いですね。
バーグラフの変化量はサンプルプログラムの中の数値を1箇所いじるだけで調整できますので、周囲の音の変化に合わせて簡単に調整ができます。
それこそmicro:bitならその場でプログラムを変更することができるので楽ちんです。

この他、今回は最初しか基準音の設定をしませんでしたが、ボタンを押すと基準音を取り直すようにすれば場所を変えても使用できるようになりますし、表示をバーグラフではなく音の大きさに合わせて人の表情が変わるようにすれば、大きい音には怒りマーク!静かなところではニッコリマーク!とか遊ぶことができますね。

まぁサウンドレベルメーター自体は、マイクとスピーカーが標準装備になった★「micro:bit V2.0」ではこのキットがなくても楽しめるのですが、『音の測定=アナログ入力』と考えると、このキットで学んだことは他のセンサー入力にも応用できるので損はないかと思います。

春眠暁を覚えたくない時、花見の音がウルサイんじゃい!ってなったら、こう言うのを使ってやんわりとウルサイと伝えてみるのも良いかもしれませんね。


皆さんもぜひ遊んでみてくださいませ♪

(記事:伊東)
更新予定:毎週木曜日(次回は3月25日です!) 

記事担当:
ハンダ付け必要-非マイコン系



完成したキラキラポーンはこちら。
KP-OSWPTS1208D-23 KP-OSWPTS1208D-22 KP-OSWPTS1208D-21

今週はこの2つを組み合わせて、センサーが反応したらキラキラポーンが光るようにします!


と意気込んでは見たものの、何をどうしたらいいのかさっぱり・・・
以前★「水位センサキット」(SU-11)を作った時に同じようなことをしたんですけど、今回は色々と部材が違うし・・・

という訳で考え方を整理!
今回は受信側の基板に★「ワイヤレスLED給電ユニット」を繋げる必要があるんですけど。

SY-852_4_01

えい!

SY-852_4_02

コレでどうだ!
ってやってたら先輩社員さんが助けてくれました。


先輩社員さんに説明書をよく読むように言われたのでじっくりと見直してみると・・・
SY-852_4_03
ありました!リレーのところのつなぎ方!
この図で見ると、電球とコンセントの間に受信側基板を入れるような形になってます。
先輩社員さんが言うにはリレーというのはスイッチと同じだから、ON/OFFのスイッチをつなげる感覚でつなげたら良いんだそうです。

それならば早速!
と思ったんですが、今回使うのは給電ユニットACアダプタ
給電ユニットは配線むき出しなのでいいとして、ACアダプタはコネクタをちょん切って電線を出さないといけないの!?
なにそれちょっと怖い・・・と、ニッパーとACアダプタを持ってアタフタしてたら先輩社員さんがいいものを教えてくれました。

SY-852_4_04

このケーブル、DC2.1φのコネクタが付いた短い延長ケーブルのようなのですが、よく見ると電線の片側が切れて配線がむき出しになっています。
SY-852_4_05
なんだか不思議な形をしていますね。
教えてもらったつなぎ方はこう。
SY-852_4_06
むき出しの配線を受信側基板のリレーにつながる端子に取付けるだけ
後はジャック側にACアダプタを、プラグ側に給電ユニットを接続したら準備完了なんですって。

SY-852_4_08
ホントだ!
なんか一気に完成したっぽい感じになりました!
コレでリレーがONになったらACアダプタと給電ユニットがつながって、LEDが光るようになるんですね。
何この便利アイテム。これでACアダプタを加工しなくて済むので楽だし安全だし、ACアダプタも使い回しが利きますね。

ちなみにリレーにつながる端子とのつなぎ方なんですが。
SY-852_4_07
基板に「NO」と書かれた方に接続しました。
この「NO」は「ノー!(ダメダメ!!)」って意味ではなく、『Normally Open(ノーマルオープン)』のことなんだそうで、リレーに電気が来ていない時は接点がオープンに、つまりスイッチで言うとOFFの状態になってるってことなんだそうです。
今回はセンサーが反応してリレーがONになったらLEDを光らせたいので、こちらに接続しました。

逆にセンサーが反応してリレーがONになった時、つないでる機器の電源をOFFにしたい時は真ん中と反対側、「NC」と書かれた方につないでください。
「NC」は「Normally Closed(ノーマルクローズ)」の略なんですって。


という訳で準備ができたので、早速センサー基板に電源を入れて試してみたいと思います!
SY-852_4_09
通過センサーが正常に動作している状態で、送信基板と受信基板を遮ると・・・
SY-852_4_10
光った!LEDが光った!!
ちゃんとセンサーが反応してリレーがONになって、キラキラポーンがキラキラポーンになりました!

大成功です!

あとはこのセンサー基板を通路とかに設置して、受信基板とキラキラポーンを延長ケーブルで伸ばして設置したら
『通過センサの間を誰かが通ったら机の上で何かがキラキラ光る』
の完成です!

コレで不意に人が近づいてきても察知できますね!


皆さんもぜひ作ってみてくださいね♪

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は3月17日です!) 

記事担当:
ハンダ付け必要-非マイコン系


3週にわたって★「通過センサキット2 / SY-852」を作ってきました。
「電工女子、WonderKitで工作します!(第30弾:通過センサキット2 です)★1」
「電工女子、WonderKitで工作します!(第30弾:通過センサキット2 です)★2」
「電工女子、WonderKitで工作します!(第30弾:通過センサキット2 です)★3」

SY-852-2-37SY-852-3-11SY-852-3-12

それもこれも
『目標は、通過センサの間を誰かが通ったら机の上で何かがキラキラ光る、です!』
をやりたいがためでした。

記事も3回目でようやく通過センサキットは完成し、動作チェックも完了しました。
でいよいよ今回は「机の上で何かがキラキラ光る」を作ろうと思うんですが、はてさて何から取り掛かろう…?と悩んでいまして。
まずは「どんなものを作りたいのか」
『オカポン的こうしたい!』理想像をこんな感じで2案考えました。
KP-OSWPTS1208D-1KP-OSWPTS1208D-2


これを作る為に、「何を組み合わせたら近づけるかな?」ということで、エレショップの「照明効果キット」のページを見ていました。
んで、良さげな商品を見つけました!
kposwpts1208dekposwm43w5we

★「ワイヤレスLED給電ユニット / KP-OSWPTS1208D」★「ワイヤレスLED 白色(5個入) / KP-OSWM43-W5W」です。

LEDは、白以外にもこんなにカラーバリエーションがあるんです!

★「ワイヤレスLED給電ユニット」コイル部分にこのLEDを近づけると、LEDが光るそうです。
しかーし、ちょっとクセの強いコなので、先に商品の紹介をしたいと思います。
思っていた感じに光らなかったり、あ、こんなこと出来るんだ!と思っていただけたら良いな!と。

あ、そうそう。
★「ワイヤレスLED給電ユニット」電源用のコネクタが付いて無くて、線がむき出しになってます。
なので電源をつなげるようにコネクタを付けないといけません
今回はACアダプタで使用しようと思うので、DCジャックを取り付けます。
オカポン的にはドライバー1本で簡単に取り付けできる★「φ2.1mm DCジャック - 2P端子台 変換コネクタ / T9-J-N」がオススメです。
t9jd


ということで、コネクタを給電ユニットにつなげるとこんな感じ。
KP-OSWPTS1208D-3KP-OSWPTS1208D-4KP-OSWPTS1208D-5
ちっさいツブツブがLEDです。
これでほんとに光るの???と疑問に思っちゃいます。
動作電圧は、DC5~9Vなので、今回は割とよく机の引き出しに転がってる5VのACアダプタを使うことにしました。

給電ユニットにACアダプタを接続し、コイルの中にLEDを入れてみました。
KP-OSWPTS1208D-6
当たり前だけど…光った!!

ほうほうほう!!
とりあえず、全部入れてみた。
KP-OSWPTS1208D-7
・・・あれ?コイルの真ん中にあるLEDだけ少し暗いような…?

高さはどうでしょう。
KP-OSWPTS1208D-8KP-OSWPTS1208D-9
ピンセットでLEDをつまんで浮かしてみたんですけど、思ったより、低い位置じゃないと光らないみたい。
改めて、商品ページ見ていたら、こんな記述があったのを見落としていました…!!
●誘導距離:10mm(9V時)
10mmってことは、1cmかー・・・。
ということは、オカポン案ではお皿の方で進めようかな。

で、ここでちょっと気になったので、どんな状態でもLEDが光るのかLEDの向きを色々変えて試してみました。
下向き
KP-OSWPTS1208D-11
光っています。

横向き
KP-OSWPTS1208D-10
光ってない!


え、どゆこと???
ということで、共立プロダクツの大先輩に聞いてみました。
・・・・
色々と説明をして貰ったんですけど、正直自分の言葉で説明できない…(人はそれを”よく分からない”という…)
でもどうやら商品ページに書かれてる「電磁誘導」が肝になるようです。
あのチェケラッチョで有名なフレミングの法則とかそう言うの。

ザックリと説明すると、給電側のコイルに電流を流すと磁界が発生します。
その磁界をLED側のコイルが受けて電流が流れてLEDが光るんです。
コイルから発生する磁界は場所によって強さが変わるので、LEDは置く場所によって光り方が変わる、と言うことらしいです。

また、磁界には方向が有るので、LED側のコイルをちゃんと磁界を受けられる方向に置かないと充分な電流が流れなくてLEDが暗くなったり光らなかったりするんですって。
つまりLEDをちゃんと光らせるにはLEDを置く場所とLEDの向きが重要になるんです。

なので、さっきコイルの真ん中でLEDを横向きにすると光らなかったんですが、コイル真上で横向きにすると光るんです。
KP-OSWPTS1208D-12KP-OSWPTS1208D-13

KP-OSWPTS1208D-14KP-OSWPTS1208D-15KP-OSWPTS1208D-16

ホント面白いですよね。
目に見えないエネルギーがコイルの周りにあって、LEDの場所とか向きでその強さを見ることが出来るんです。

学校の勉強、もっとちゃんとやっておけば理解できたのかなぁ…と、遠い目になるオカポンなのでした。

この『でんじゆうどう』の仕組みをちゃんと理解していれば、もうちょっと活用できるのかもしれませんが、そこはトライ&エラーでカバーします!
とりあえず可愛いの作りたい!が頭にあるので、お皿の上にLEDとビーズとかを敷き詰めようと思います。
ただ、このLED、全体的に色が暗い。明るさじゃなくて本体の色味の話ですよ。コイルを覆っている収縮チューブが黒で、基板が緑か…。
よし!こんな時こそレジンでコーティングしちゃおう!!

ということで、100円ショップに行って、
・ラウンドのシリコンモールド
・レジン(クリアピンク、ラメハード、ハード(透明))
・小皿
・ラウンドビーズ
を買ってきました。
(レジンを硬化させるキットは自前)

球体を作りたかったので、ラウンド型にしました。
というとで、シリコンモールドにレジンを入れたり、LEDを入れたり、挟んだり…
KP-OSWPTS1208D-17KP-OSWPTS1208D-18KP-OSWPTS1208D-19

で、完成!

KP-OSWPTS1208D-20
あれ、思ったより素敵じゃないですか…!?
もうちょっと、モールドの中にラメとか入れてみても良かったかもしれない…と思いつつ、5個ともレジンで固めます!

完成したら、お皿の中に、レジンで硬化したLEDと、ラウンドビーズを入れます。
お皿の下には、★「ワイヤレスLED給電ユニット」を敷いておきます。
ということで、完成!!

KP-OSWPTS1208D-21KP-OSWPTS1208D-22KP-OSWPTS1208D-23

かっ・・・可愛い・・・!!(*´Д`)
LEDの光り方が優しいですが、これはこれで有りですね!!
オカポン、めっちゃ満足。


さーて、次のステップは、今回作ったインテリアと★「通過センサキット2」を組み合わせてみたいと思います!
わくわく!!


皆さんもぜひ作ってみてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は3月11日です!)

このページのトップヘ