エレショップblog

半導体・センサー・マイコン・電子工作キットほか、各種電子部品の専門店「共立エレショップ」から主に電子工作の関連情報をお届けします。 http://eleshop.jp/

記事担当:
ハンダ付け必須-非マイコン系

今回は実用工作でございます。


仕事を終えて帰宅しますと、外はすっかり日も落ちて暗くなっております。
夏の日の長い時期、外が明るい状態で会社を出るとなんだか悪いことをしている気がする社畜っぷりなのですが、それでも家に着く頃には暗くなっているものなのです。

家に着いてまずするのは門扉横のポストの確認でございます。
内側から扉を開いて中を確認するのですが、外が暗いため当然ポストの中も暗くなっている訳です。
ポストの中は暗い
周囲に光源は有っても流石にポストの中までは照らしてくれません。
これでは中に何が入っているか分からず、目を凝らしたり手で探る必要が有り、なんとも面倒に感じてしまう次第でございます。

と言う訳で本日は。
簡単な電子工作でポストの中を照らす装置を作ろうという記事でございます。

ポイントとしては扉を開けたときだけ明かりが点くようにする点。
常時点灯しっぱなしはエコではないですからね。

で、今回用意した部材は↓でございます。
使用する部品はたった3点
わずか3点。

今回の工作の肝は★マグネットスイッチ リード線タイプ「15-RS07WO」でございます。
このマグネットスイッチはスイッチ部分とマグネット部分に分かれております。
今回の工作の要
このスイッチ部分とマグネット部分が接近したり離れたりすることでスイッチがON/OFFされるという訳でございます。
今回使用する「15-RS07WO」はマグネットが離れた時、スイッチがONになるタイプ。
つまり扉が閉まっている時にスイッチとマグネットが接近するように設置すれば、扉を開けた時にスイッチがONになるという寸法でございます。

では早速工作を始めましょう。
まずは電池BOXにLEDを仕込みます。
私と同じで足が短い
電池BOXの真ん中にLEDをハンダ付けいたします。
今回使用するLED「NSPW500GS-K1」は定格3.1V。乾電池は1本1.5Vなので両端に乾電池を入れると3.0Vになり、このLEDを点灯させるのに丁度良い訳でございます。
実際には新品のアルカリ乾電池は出力電圧が1.5V以上有るのですが、乾電池の内部抵抗やらスイッチの抵抗やらを加味すれば抵抗とか入れなくても問題ないレベルになるそうです。
と言う訳で今回は抵抗もなしにLEDを乾電池に直結させます。

で、ここで問題が。
とにかく明るいLEDをと思い選んだ「NSPW500GS-K1」なのですが、普通のLEDよりも少し足が短くて電池BOXの両端に届きません。
なんだかシンパシーを感じてしまいますがそういう場合ではございません。
仕方がないので下駄を履かせる、と言いますか足を継ぎ足しいたします。

すっかりお馴染みの継ぎ足し
すっかりお馴染みの机の隅に落ちてた抵抗をハンダでつなぎます。
その後抵抗本体を切り落としてハンダ部分を収縮チューブで保護。
ハンダ箇所は収縮チューブで保護
これで私の足長LEDが完成いたしました。
まぁ別のLEDを使用すれば足を継ぎ足さなくても良いので、LEDを選ぶときはそういったところも含めてよく考える必要がありますね。
勉強になりました。

これで電池BOXの両端に足が届くようになったので、早速電池BOXに取り付けてみましょう。
電池BOXの端子にハンダするの大変
電池BOXの金具って、ホントハンダが乗りにくくて困ってしまいますね。
何かもっと良い方法を考えねば。
まぁ今回はなんとかハンダ付けすることができましたので良しといたします。

次に電池BOXとマグネットスイッチを接続いたします。
配線が短いときは継ぎ足ししよう
マグネットスイッチには極性がございません。まぁただのスイッチですから。
なのでプラスマイナスを気にせずに接続できます。
今回は線同士をハンダ付けして収縮チューブで保護いたしました。
収縮チューブは良いですね。ハンダ箇所を保護するだけでなく下手なハンダ付けを覆い隠してくれます。

とまぁ、コレで工作は完了でございます。
早速うまくできているか実験でございます。
乾電池を入れて、スイッチとマグネットを接近させます。
扉が閉まっている時(仮想)
LEDは点いていません。

で、マグネットを離すと・・・
扉が開いている時(仮想)
LEDが点灯いたしました。
大成功でございます。

では持って帰って家のポストに設置してみましょう。

今回は電池交換がしやすいよう、電池BOXの固定は磁石で行うことにしました。
電池交換しやすいように磁石で固定
電池BOXの裏に程々の強さの磁石を両面テープで固定しております。
これをポストの天井にビタン!と。
ポストの天井に固定
うむ、軽く引っ張っても落ちてきません。
かと言って電池BOXを外した時に磁石がポストに残ることもございませんでした。

次にポスト扉横にスイッチ部分を設置。
開閉部にセンサースイッチを取付け
コレは両面テープで固定いたしました。ジャマにならないよう開口部の上部、端っこに取り付けております。

磁石は扉の内側に。
扉の内側に磁石部分を設置
スイッチ部分にぶつからないよう、離れすぎないよう注意が必要です。
スイッチと磁石は密着させる必要はなく、少しくらいなら離れてても動作するのであまり神経質にならなくて良いです。
これも両面テープで固定しております。

コレで設置完了。
コレで設置完了

早速扉を締めてみると・・・
扉を締めた時
はい、バッチリ明かりが消えました。
で、扉を開けると
扉が開いた時
煌々と。
隅々までしっかり確認できます。
コレで暗い中目を凝らしたり手探りで中を調べたりしなくてすみます。

簡単な電子工作でちょっと生活が便利になりました。


皆さんもぜひ電子工作で快適な生活をお送りください♪

(記事:伊東)
更新予定:毎週木曜日(次回は6月17日です!) 

記事担当:
ハンダ付け必須-非マイコン系

先日当ブログでちょっとした改造を記事にしたワンダーキットの★LEDチェッカー3「LED-40」
LED-40-custom2-01

私としては使い勝手も良くなったので満足していたのですが、ブログ記事アップ直後に何人かの人から言われた「もうちょっと見た目どうにかならなかったのか」とか「もっとやりようがあっただろう」という言葉が引っ掛かっておりました。
まぁ実際の話、使ってて思ったのは結構無理矢理な改造でしたから、その内トグルスイッチを取り付けている抵抗の足が金属疲労とか起こしてモゲるだろうなぁとは思っておりました。

と言う訳で本日は。
それならいっちょ改造し直してやるかと思い立ち、「LED-40」の改造リベンジを行いたいと思います。

まずは今付いている不格好なトグルスイッチを外します。
LED-40-custom2-02
トグルスイッチはハンダを温めるだけでポロリと取れるので簡単です。
LED-40-custom2-03

次にタクタイルスイッチを取り外します。
よく考えたらこのタクタイルスイッチ、もう使いませんからね。付けてる意味が無い。
なのでバスッと外しちゃいます。
LED-40-custom2-04
こう言う時に便利なのが電動ハンダ吸取器★「FR301」ですよ。
LED-40-custom2-05

これは一度使うと手放せなくなる工具。
今回も8箇所のハンダ部を1分かからずにキレイにしてくれました。
LED-40-custom2-06
超便利。ハンダ吸取線?そんなのもあったね。って感じです。

これで準備完了。
あとはどんなスイッチを付けるか、です。

アイデアに詰まったら店頭をウロウロするのがオススメ。
今回もシリコンハウス2階のスイッチ売場を物色してみました。
トグルスイッチは意外とかさばったから、もっとコンパクトなスイッチ無いかなぁと舐めるように売場を見ていると・・・

ありました!
LED-40-custom2-07
★NKK スライドスイッチ「SS-12SDP2」です!
基板用なのでタクタイルスイッチの跡地にもフィットしそう。
試しに合わせてみると・・・
LED-40-custom2-09
イイ感じ!
スイッチの両端の端子がピッタリ基板の穴に合いました。
これは真ん中の端子を切り落とせば楽に取り付けできますわ。

と言う訳でこの「SS-12SDP2」を「LED-40」に取り付けていきます。
LED-40-custom2-08

で、今回はしっかり下調べしようと思い、「SS-12SDP2」の端子の配置を調べてみると、困ったことが分かってしまいました。

この「SS-12SDP2」の端子、↓の写真のようになってました。
LED-40-custom2-10-2
真ん中の端子が基点になってて、スイッチを左右に動かすと左右の端子にそれぞれつながるようになってました。
つまり先ほど目論んだように真ん中の端子を切り落としてしまうとスイッチとして成り立たなくなってしまうんですね。とんだ大誤算ですよ。
しかしこのスイッチで行くと決めたので一計を案じました。
LED-40-custom2-11
そう、真ん中の端子と端の端子を繋いでしまえばいい、と。
こうすれば左右の端子がスイッチでつながるので、ON/OFFが出来るようになります。
ちなみ今回も机の隅に転がってた抵抗の足を使いました。
こう言う時に便利なので「多すぎる」とか言わずに抵抗とか袋単位で買っておくと便利ですよ。

一応テスターで導通を確認して、真ん中の端子を切り落として
LED-40-custom2-12
基板に取り付けます。
LED-40-custom2-13
ジャストフィット!ピッタリでした。
これだけピッタリはまるとハンダ付けも簡単。
LED-40-custom2-14

この調子でもう片方もスライドスイッチを取り付けます。
LED-40-custom2-15
これで完成です!
どうでしょうかこの見た目。
トグルスイッチを無理矢理寄生させてた時とは大違いのすっきりした見た目。
まるでこう言う商品のようです(自画自賛)。

では成果の程を試してみましょう。

スイッチがOFFの時。
LED-40-custom2-16

そして。
スイッチがONの時!
LED-40-custom2-17
明るさ変わってないやん!!
またこのパターンか!

なぜだ、なんでこうなった!と基板を調べてみると・・・
LED-40-custom2-18
タクタイルスイッチを外して放置していたランド部分にもパターンが延びていました。
あぁ、ここは空けといちゃいけないところだったんだ・・・

と言う訳で空いたランドにハンダを盛って抵抗の足でジャンパーさせました。
LED-40-custom2-19
これでタクタイルスイッチが付いていた時と同じ条件になったはず。

と言う訳で再度改造の成果を見てみましょう!

スイッチがOFFの時。
LED-40-custom2-20

そして。
スイッチがONの時!
LED-40-custom2-21
やった!LEDが明るくなった!
って言っても実験に使ったLED自体があまり明るくないので分かりにくいですね。
急遽別のLEDを出してきて再実験です。

スイッチがOFFの時。
LED-40-custom2-22

そして。
スイッチがONの時!
LED-40-custom2-23
バッチリです!問題なし!

これで本当に改造完了です。
あとは元通り電池ボックスを組み立てて終了です。
LED-40-custom2-24

今回は見た目も大満足の改造になりました。
やはり現状に満足せずに色々試してみるって大事ですね。
今後も不満点を見つけたら手を加えていこうと思いました。




皆さんもぜひ電子工作を楽しんでくださいませ♪

(記事:伊東)
更新予定:毎週木曜日(次回は6月10日です!) 

記事担当:
ハンダ付け不要-非マイコン系


今週は、先月末に発売になった、シリコンキットの★「集塵機製作パーツセット / SK-DCPS01」を作ろうと思います!!
SKDCPS01f


そもそも集塵機ってなんぞや?
って話なんですが、商品ページの概要欄には「ネイルやプラモデルなどの削りカス等を吸い込むことができます。」と記載されています。
オカポン、たまにネイルするので、あ、なーるほど!となったんですが、ジェルネイルを外す時に、アセトンでジェルを柔らかくして、ヤスリなどでジェルを削るんです。
その時に、細かいカスが出るんですよね。
そういう小さいごみを吸い取ってくれるのが集塵機で、この集塵機パーツセットはその集塵機を手軽に製作することが出来るキットなんですって。

でも、そんなにしょっちゅうジェルネイルをしないし、プラモデルを削ることもないもんなーと思っていたのですが、今のオカポンにピッタリな使い道が判明しました!!!
それは「吸煙器」です!

最近、ハンダ付けするときもマスクをしたまま作業をしているんですよね。こう言うご時世ですから。
で、ハンダ付けするときに発生する「煙」なんですが、今まではフーッと吹いて散らしていたんです。
でも今はご時世的なものもあってマスクをしている訳で・・・フーッが出来ない・・・結果、煙を吸ってしまう。ケムイ・・・・。
ってなってしまって困っていたんです。

吸煙器と言えば、★「卓上はんだ吸煙器 HAKKO FA-400 100V [RoHS] / FA400-01」という製品も販売しています。
fa40001b
こちらはハンダ付けと言えばの白光さんが作っている製品で、専門のメーカーが作っているガチ製品なので静電気に弱い部品を扱うところでもバッチリ使えるスグレモノなのですが、まぁ高いんですよね・・・。

これからの季節的なところで扇風機やサーキュレーターを使って煙を飛ばしてしまうという手もあるんですが、小さい部品とか説明書とかが飛んでいってしまう可能性もあるんですよねぇ。
なので扇風機みたいに風を吹かせて飛ばすんじゃなく、ガチ吸煙器みたいにお高くないと言うところでこの「集塵機パーツセット」の出番となった訳です。
キットを考案した「シリコンハウスの中の人」に聞いてみたところ、煙なんて普通に吸い込むよ!とのことだったので、せっかくだからブログ記事ネタにしてみようと思いました!!

ということで、セットを見ていきましょう。
SK-DCPS01-1SK-DCPS01-2

中身はホントに吸い込むための部品だけで、外側とかフィルターとかは入っていません。
なので収納する為のケースやフィルターは自分の好きなものを用意しましょう!
オカポンは100円ショップで「フタ付き収納ボックス(いわゆるタッパー的なアレ)」を購入しました。
収納ボックスのサイズは「17.3×25×7.2cm」です。
結構大きいかな?と思ったのですが、DCファンが「92mm角DCファン」なので、サイズ的には良い感じ。
SK-DCPS01-3SK-DCPS01-4

ちなみにファンには向きがあります
SK-DCPS01-5
羽根の回転方向が一方向にしか回らないので、風の向きも固定になるんですって。
普通のDCモーターみたいに電源を逆につないだからって逆回転はしないんですね。
なので取付には要注意です!
間違って取り付けたら集塵するつもりがまき散らすことになっちゃいますからね。

では加工をしていきましょう。
まずはケースに穴あけをします!DCファンを取り付けるためのネジ穴をあけます。
取り付ける容器は半透明の方が、印をつけたりするのに楽ですよ。
ファンを2個並べて、油性マーカーで取り付け位置の印をつけます。
SK-DCPS01-6

で、ドリルで穴をあけます。
ドリルの刃サイズは★「ドリルビット 4.0mm[RoHS] / TD-40」が良いらしいです。
SK-DCPS01-7SK-DCPS01-8

ということで、穴あけ完了。
SK-DCPS01-9

次はDCファンの吸込口用の穴をあけるんですが。
ここからオカポン迷走しまくりでしたが、何かの参考になれば嬉しいのでオカポンのやり方を書きますね!
今回は吸込口の形をファンガードの丸い形にしたかったので、「コンパスカッター」を使うことにしました。
オカポン初めて使ったんですが、使い方はコンパスと一緒なんです。
「コンパスカッター」は学校で使うコンパスの鉛筆部分がカッターになったものなんです。
で、コンパスと同じように円の中心に針を刺して、鉛筆で円を描くようにキューッとカッターの刃を回して丸く抜くんですが、オカポンが用意したケースのふたの素材・厚みがなかなか手強くて全く歯が立たず、薄く線が入っただけになりました…。
そもそも小学生の時からコンパス苦手なんですよねぇ…。回してるウチに中心がずれたりするし...

ということで、コンパスカッターで出来た線は下書きの線に利用しました。
SK-DCPS01-10


次に、コンパスカッターで出来た線の内側に、ドリルで穴を開けていきます
SK-DCPS01-11SK-DCPS01-12


で、穴同士をニッパーでカットします。
SK-DCPS01-13SK-DCPS01-14SK-DCPS01-15


これを繋げると・・・

SK-DCPS01-16SK-DCPS01-17
丸い穴をあけることが出来ました。
穴の周りはギジャギジャですが、ひとまず穴があいたのでOKです!!

しかしこのままでは見た目が可愛くないので、穴の縁のバリをニッパーでカットしたり、カッターで削ります。
危ないからね!
SK-DCPS01-18
でも、ある程度の諦めも肝心。キッチリキレイにならなくてもいいんです!
この穴の上にファンガードがつくので、ある程度ガタガタしてても大丈夫なんです!

これでDCファン用の吸込口は完成。
次に、ファンの電源ケーブルを出す穴を作ります。
SK-DCPS01-19
簡単に穴位置をマーキングしただけなんですけど...
・・・・・なんか、見たことあるような顔ですね。メガネザルとか宇宙人とか、何かそんな感じ…。
この穴もドリルとニッパーで何とか四角くあけることが出来ました。


穴をあけ終わったら、次はDCファンを取り付けます。
SK-DCPS01-22SK-DCPS01-21
表側からネジ→ファンガード→ケース→ファン→スプリングワッシャー→ナット、の順でネジ止めします。

ケーブルを出す穴を作った時点で、あ、これ顔だわ。と思ったので、
顔から煙を吸って後ろから出す、という形にしたい!!と思いました。
ので、ファンの取り付けを急遽変更します!
SK-DCPS01-22SK-DCPS01-23
このセットのDCファンは、型番とか書いてある方が風を出す方になっています
なので型番とか書いてある方を裏側にすると、顔の面から煙を吸って、後ろから出す、という事が出来るようになるんです!
DCファンの風を出す方の反対側は、当然空気を吸い込んでいる方になりますからね。


DCファンを取付終わったら、次はDCファンの電源部分の加工です。
まずはDCファンについている電線を途中でカットします。
SK-DCPS01-24SK-DCPS01-25
DCファンにもともと付いているコネクタは今回使わないので、これをカットするんですね。
コネクタをカットして無くしたら、DCファンから伸びている電線をケーブルを出す為にあけた口みたいな穴を通して表に出します。
DCファンの黄色い線は使わないので、今回は根本でカットします。

次に電線にDCジャックを取り付けるための準備です。
赤と黒の線の被覆を8mm剥いてまとめるんですが、オカポン大好き★「工作マット」には簡易スケールがついているので、ここで8mm測って剥きます。
SK-DCPS01-26SK-DCPS01-27SK-DCPS01-28
で、赤線同士、黒線同士でより合わせます。
2台のDCファンの線を1本にする感じですね。

線を寄り合わせたらDCジャックの+に赤線、-に黒線を挿し込み、ねじ留めします。
SK-DCPS01-29
芯線がDCジャックから飛び出したり、+とーを逆に繋ぐとファンが壊れる可能性があるので注意してくださいね。

で、今度はケーブルを出した穴をふさぎます
裏側のケーブルは少し余らせてからふさいだ方が、断線のトラブルが起こりにくくなるそうです。
電線の固定は少し余裕を持って行ってくださいね。
SK-DCPS01-30SK-DCPS01-31
今回電線はオカポン大好きホットボンドで固めました!
赤いラメのホットボンドがあったので、それをモリモリ・・・・バッチリ口みたいになりましたよ!!
目が大きくておちょぼ口って、ベ●ィちゃんみたい…。
裏側もホットボンドで隙間が出来ないように、ふさぎます。
これで電線の固定と穴ふさぎは完了です!

という訳で、こんな感じ。
SK-DCPS01-32
付属の中間スイッチとACアダプタをつなげて、動くかどうか確認してみます。
スイッチON!
動きました!!!


オカポン的には
・煙を吸う機械が欲しい
・キットの厚みはそこまで大きくなくていい
・塵とかごみを吸う予定は無い

ので、作った顔型集塵器には★「L金具 大 / 422B」を取り付けて自立させようようと思います!

用意するのは
★「L金具 大 / 422B」×2個
★「M4平ワッシャ 黄銅 ニッケルメッキ★受注単位有★ / M4-W-NI」×2
★「ナベネジ(+) ネジM4×8/鉄・ユニクロ ★受注単位有★ / M4-8」×2

顔の下部に穴をあけて、
表からネジ→金具→ケース→ワッシャー→ナットの順で取り付けます。

で、金具を少し斜めに倒して、自立するように調整します。
SK-DCPS01-33

集塵機として使うならゴミをためておく後ろ側が必要なんですが、オカポンが作りたいのは煙を吸うだけなので、そこまでしっかりとしたフィルターやゴミを溜めておくスペースは必要有りません。
なので今回は口にゴムがついた袋状のフィルターをフタ周り(顔周り)に取り付けることにしました。これも100均で買ってきた物です。
しっかりとしたフィルターは必要ないんですけど、吸った煙をそのまま後ろに流すのもちょっと抵抗があったのでフィルターをつけました。

ということで、完成はこんな感じ!!
SK-DCPS01-34SK-DCPS01-35


思ったよりも顔っぽい!けっこう可愛いんじゃないですか!?
もうちょっとデコっても良いとは思うんですが、ひとまずこれで完成です!!
ちなみに、暑いときはフィルター取って逆に向ければ、卓上扇風機にもなっちゃうスグレモノです。(笑)



ぜひ、参考にして作ってみてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は5月27日です!) 

このページのトップヘ