エレショップblog

半導体・センサー・マイコン・電子工作キットほか、各種電子部品の専門店「共立エレショップ」から主に電子工作の関連情報をお届けします。 http://eleshop.jp/

記事担当:
ハンダ付け不要-非マイコン系


本日のエレショップblogは、プレスリリースで発表されたときから気になって仕方なかった★「プログラミング・フォロ for micro:bit」を紹介しようと思います!!
PGMforo-1-1

以前★「6足歩行ロボ フォロ」を作ったことがありました。
★「電工女子★6足歩行ロボ「フォロ」を作ります!★Part1」
★「電工女子★6足歩行ロボ「フォロ」を作ります!★Part2」

今回紹介するコは、以前作った「フォロ」と大きく違う点があります。
それは・・・★「micro:bit」でプログラミングが出来るのですー!!!!
前の「フォロ」は決まった動きしかできませんでしたが、今度の「フォロ」は自分でプログラムして自由自在に動かすことができちゃうんです。
思いのままに動く「フォロ」!考えただけでキュンキュンしちゃいますね!!

ではでは早速、開封してみましょう!
PGMforo-1-2PGMforo-1-3PGMforo-1-4

★「メカフォロ」(以前作ったフォロ。オカポン勝手に命名)は黄色のボディだったんですが、★「ロボフォロ」(今回作るフォロ。オカポン勝手に命名)は白色のボディです!
ロボフォロは顔の部分のデザインも変わって、なんだか宇宙服を着ているみたいに見えます
個人的にはメカフォロの丸っこいデザインの方が好みですけど、その分ロボフォロは顔に表示を出すことができるんです。

さて、今回はこの★「プログラミング・フォロ for micro:bit」を、共立エレショップの中の人、プラモデル工作は2回目(以前作ったのは★「アクア・スパイダー / JS-7902」)の「しげぽん」に作ってもらいましたー!

ロボフォロを工作するうえで必要な工具は...
(1)ニッパー
(2)ドライバー(サイズ:No.1)
(3)単4乾電池×4本
です!
部品の切り離しにニッパーが、組立にはドライバーが、フォロを動かすのに単4乾電池が必要になります。

説明書はページ数もしっかりあって、作り方もイラストで一つ一つの工程を丁寧に説明してくれています。
そんな中、しげぽんからどういうところが迷ったり難しかったか、聞いてみました。

まずは5ページの工程【1】
組立の初っ端ですね。
説明書のイラストと実物の距離感が初心者には分かりにくいんです。
イラストではコンパクトに書かれているんですけど、実物は意外と空間があって「これであってる、の、かしら?」となったそうです。
PGMforo-1-5PGMforo-1-6
これって初心者あるあるだと思うんですけど、オカポンもプラモデル的な説明書に慣れていないのでよく混乱します
キット作りを重ねると少しは慣れてくるんですが、オカポンもまだ慣れてなかったりします。


次も同じく5ページの工程【2】
コード付モーターにピニオンギア(白)を挿し込むところ。
PGMforo-1-7
机の上にピニオンギアを置いて、モーターを上からグイッと挿し込むんですが、これがなかなか硬いんですよね。
まぁ指でキュキュキューと入っちゃうくらい軽かったら空回りするかもしれないので仕方ないんですけど。
確かに初めてピニオンギアを付けた時、やり方分からなかったし、そんなに力入れて大丈夫?!って心配になりました。
ここも誰もが通る道なんですね。


次は、少し進んで8ページの工程【10】
PGMforo-1-8
シャフトにさしたギア(2個)を体の中に入れるんですが、はめ込む位置で混乱したそうです。
組立る時はボディーを横にして作ってるんですけど、イラストは縦向きに書かれてるので方向が分かりにくいんですねぇ。


次は11ページの工程【15】
説明書のイラストでは分からないんですけど、タッピングネジが結構奥まったところで締めないといけなくて、なんだか不安になるんです。
これ、前回オカポンがロボフォロを作った時にも翻弄されたとこなんですが、しげぽんも同じく翻弄されていたようです!(笑)
PGMforo-1-9

ということで、ボディの完成です!
PGMforo-1-10
白いボディがかわいいですね!


次は足部分の製作です。
PGMforo-1-11PGMforo-1-13PGMforo-1-14
工程は多いですが、しげぽんサクサク進めてくれてました。

ちょっと戸惑ったのはページ18の工程【27】
つばなしのタッピングネジをしめるところ。
PGMforo-1-15PGMforo-1-16
イラストはネジを入れる場所に色をつけてくれていたんですが、実物はちょっと奥まったところで締めるんですよね。
11ページの工程【15】と同じ感じで戸惑ったそうです。

もう一つ戸惑ったところは19ページの工程【1】
PGMforo-1-17PGMforo-1-18PGMforo-1-19
足をはめこむのが大変だったみたいです。
これも、力を入れて「パチンっ」と音が鳴ればはまったことになるんですが、ここまで力入れて大丈夫かな?とドキドキしたそうです


ということで、足とボディー、完成ですー!!!
PGMforo-1-20

まだ完成はしていませんが、引き続きしげぽんに頑張ってもらおうと思いますー!
完成が楽しみです!!

ちなみに★「メカフォロ」の時は「胴体→頭→足」の順で作りましたけど、★「ロボフォロ」は「胴体→足→頭」の順になってます。
「ロボフォロ」は頭が平らになってないから逆さに置きにくいので頭よりも足が先になったのかな?とか思いました。


みなさんもぜひ、可愛いフォロを作ってみてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は12月19日です!)

記事担当:
ハンダ付け不要-マイコン系

今回は新発売の「Raspberry Pi 4 Model B」を紹介します!!
(以下ラズパイ4)

RasPi4-09


共立エレショップではラズパイ4単体と「Raspbianインストール済SDカード付きタイプ」をご用意しています。

シングルボードコンピュータ ラズベリーパイ4 モデルB /4GB
Raspberry Pi 4 Model B

シングルボードコンピュータ ラズベリーパイ4 モデルB / Raspbian インストール済SD付(Ver.2019-09-26)
RASPi4-SDST



今回は個人的にRaspbianインストール済SD付きタイプを購入してみました。 
RasPi4-01
このタイプは名前の通りRaspbianが入ったSDカードが付属しているので購入してSDカードを繋いで電源&ケーブル類を接続するだけですぐに使用出来ます。
(Raspbianのバージョンアップは数ヶ月に1回出るので必要時は個別でダウンロード&書き込みが必要です)

おっと!ひとつ忘れてました。
今回のラズパイ4よりHDMIがマイクロに変更になっています。
 RasPi4-02
HDMIケーブル A-D(micro) 1m
https://eleshop.jp/shop/g/gJBM316/

同じHDMIではありますがラズパイ側は「マイクロHDMI」というあまり使うことが無いコネクター形状のケーブルだと思いますのでお持ちじゃ無い方は一緒にご購入ください。 

そして、ケースはこんな感じにレゴブロックで作ってみました。

RasPi4-03

こんなケースや・・・

RasPi4-04
Raspberry Pi 4用 ABSケース (透明)
RPI4-ABSCL
https://eleshop.jp/shop/g/gJBM318/

 こんなのも・・・

RasPi4-05
Raspberry Pi 4用 アクリルエンクロージャーセット (ケース+ファン+ファンガード) 黒
RPI4-ACCASBK
https://eleshop.jp/shop/g/gJBT311/

 取り扱っているのですがレゴ好きなんでラズパイケースは毎度自作しています。

では、電源を入れてブラウザーを立ち上げてみます。
RasPi4-06
「はっ早い!!」

前まで「ラズパイ3 Model B」を使用していたのですが、かなりブラウザーが
もっさりしていたので不満だったのですが、他で使用しているPCと一緒
ぐらいのスピードでブラウジングが出来ます。
これなら十分実用的です。

ではでは次にキーボード周りなど設定。
RasPi4-07
久々なんでQiitaなどを参考にしながら設定。

そして再起動・・・
RasPi4-08
立ち上がるとソフトウェアアップグレードが始まりました。
自宅の回線環境が遅いのか1時間近くこんな状態だったので今日はここまで。

次は色々なアプリを動かした動作状況などをリポートしていきたいと思います。


(記事:ヨジゲン)
更新予定:毎週木曜日(次回は12月12日です!)

記事担当:
ハンダ付け必要-非マイコン系

先週はキラキラの見た目がとっても綺麗で気になっていた★「チップ部品使用 音感知LED10点タワー / KP-SHE001」の組立第3弾をお送りしました。
前回までで基板が完成して、動作確認のあと★「フラックスクリーナー」で基板のハンダ個所を綺麗に掃除しました。
KP-SHE001-3-15kpshe001a
★「電工女子★チップ部品使用 音感知LED10点タワーを作ります!★」
★「電工女子★チップ部品使用 音感知LED10点タワーを作ります!Part.2★」
★「電工女子★チップ部品使用 音感知LED10点タワーを作ります!Part.3★」


残るは、アクリルを組み上げるだけです。
いやぁしかし、これが結構大変でした。

では、実際の作業を見ていきましょう。
こちら↓が使用するアクリルです。
KP-SHE001-4-1KP-SHE001-4-2
四隅に丸穴が開いているアクリルが1枚と、丸穴が無いアクリルが9枚、あります。

アクリルを基板に固定するネジとナットも出しておきましょう。
KP-SHE001-4-3kps130a
ここでもオカポン大好き★「工作マット / 350×250mm / KP-S130」がとっても役にたちました!
左にある小さなくぼみにネジとナットを整理して置いておけるんですね。これがこのくぼみの本来の使い方なんですよ。
よく見ると付属のネジとナットはサイズ違いで2種類ありました
ここできちんと大きさを分けておくと、作業しながら間違えることが無くなります。
マット超大事!です!!
大きい方のネジとナット(M2.6)丸穴がついているアクリルに使用します。
こちらは4個ずつ入っています。キットを立たせるための足として使用します。
小さくて数が多い方のネジとナット(M2)はアクリルを基板に固定するのに使用します。
こちらは20個ずつ入っています。

KP-SHE001-4-4
では組み立てていきましょう。
まずは、アクリルについている薄い紙(茶色の紙)を剥がして、丸穴が開いているアクリルに「M2.6」のネジとナットを取り付けましょう
アクリル自体に向きは無いのですが、ネジの入れる方向は揃えてくださいね。

ここまでは序の口。準備運動にもなりません。
ここからが本番。次からの作業が・・・・大変でした・・・。

いや、工程としては簡単なんです。
KP-SHE001-4-5
(1)アクリルパネルのくぼみにナットを入れる
(2)基板のアクリルパネル取付穴からM2のネジを入れてネジ止めします

手順としてはたったこれだけ。これをアクリル10枚分やるだけ。
言葉にするととってもシンプル、事も無げに書かれてるんですけど...

まず基板のアクリルパネル取付穴ってどこ?って思ったんです。
が、基板をよく見ると両端に丸い穴が開いています。この穴のことでした。
KP-SHE001-4-7KP-SHE001-4-6
この穴にネジを通して、アクリル板合計10枚を基板に固定していこうと、そういった作業なんです。
なんですけど!
何が難しいかって、アクリル板にナットを固定することができない点なんです。
アクリルの切り欠きに入れたナットを固定できないという事は、ちょっとしたはずみでナットが転がっていっちゃいますし、うまくネジがナットを通った後でもネジをしっかり締める前にアクリルがずれるとまたやり直し!ってなってしまってもう!
しかも基板とアクリルが直角になっているんで片手で固定しにくいんです!

と言う訳で、不器用なオカポンがまだ簡単(やりやすかった!)と思った方法をご紹介します。
KP-SHE001-4-8
下準備として先にネジを基板に通して、ナットを軽く留めておきます。

KP-SHE001-4-10KP-SHE001-4-11
そのままアクリルを直角に基板にあてて、スライドさせてアクリルの切り欠きにネジ&ナットを入れます。この時点ではまだネジがきちんと締まっていないのでグラグラです。
すでに右手にはドライバーを持ってネジを締める準備をしているので、頑張って左手で基板とアクリルを支えてください。
基板を体とか机とかに押し当てて固定するのも手段の一つです。★「ヘルピングハンズ」とかもありですね。
とにかくなんとか基板とアクリルを固定して、手早くネジを締めましょう。
オカポンは基板が水平、アクリルが垂直になるように固定して作業しましたが、みなさんも自分がやりやすい状態を探して頑張ってみてください。

そしてもう一つ困ったのがアクリルの間隔。
このアクリルの間隔が狭いのが、もう!!やりにくい!
このくらいアクリルの間隔が狭い方が光った時綺麗なのはわかってるんです!
ただ、ネジをドライバーで回すとき、ナットがアクリル板からこぼれないようにアクリルの切り欠き部分を人差し指と親指で挟んでいたんです。安定するかなー、と思って。
それが案外大変でした。
KP-SHE001-4-9
あ、指が太いせいですね。ぐぬぬ!


あと、もう一つ注意点!!
オカポン、ネジを締めることに夢中になりすぎてやらかしてしまいました!
アクリルの取り付け方向を間違えるっていうね!!
KP-SHE001-4-13KP-SHE001-4-14
作業にてこずっていたの、大体このせいじゃないだろうかと思っているんですが・・・・
全く気付いていなかったんです。
無理やり一番下のアクリルを取り付け終わった後に、これ、ボリュームどうやって回すん・・・?ってふと疑問に思って「・・・・ハッ!!!!!( ゚д゚ )」ってなりました。
アクリルにLEDの穴まであるのに!
まぁ、ネジはどちらからでも通っちゃうんでね…。
KP-SHE001-4-12
皆さんも気を付けてくださいませ!!

ということで!!!
完成したのがこちら!!!!
KP-SHE001-4-15
ふぁーーーー!!!
良いですね良いですね!!!!

明るいところですが、電源入れてみましょう!
KP-SHE001-4-16
ふぉおおおおおお!!!!
アクリルにLEDが拡散されて、とっても綺麗ー!!

では、ボリュームの感度を落として、指パッチンしてみます!!
KP-SHE001-4-17KP-SHE001-4-18KP-SHE001-4-19
ちゃんと反応しています!!!
音の大きさに合わせてLEDがバーブラフみたいに光ってます!
これはスピーカーとかの近くに置いておくと良さそうですね。

今は後ろのマイクから音を拾っていますが、これをライン入力に変えたり、LEDの色を変えたり、裏面の基板剥き出し部分を覆ってみたり…と、色々改造してみたいですね!
出来るかどうか、分かりませんが。。。


皆さんもぜひ作ってみてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は12月5日です!)


★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
チップ部品使用 音感知LED10点タワー KP-SHE001 1個 こちらから→
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。


★キット製作時に使用した道具は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
DASH低価格セラミックヒーターハンダこて15W
はんだ付け入門セット
FX650-84 1個 こちらから→
マイクロニッパー 11295 1個
精密ピンセット/逆作用ピンセット 先細 TS-16 1個
電子工作用ハンダ SD-63 1個
ワイヤーストリッピングゲージ BBM-WSG 1個
セラミックヒータータイプ用こて台 FH300-81 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

このページのトップヘ