エレショップblog

半導体・センサー・マイコン・電子工作キットほか、各種電子部品の専門店「共立エレショップ」から主に電子工作の関連情報をお届けします。 http://eleshop.jp/

記事担当:
ハンダ付け必要-非マイコン系


先週は、ラジコンカーの胴体&足部分になる★「6足ギヤボックス」を作りました。(「電工女子★6足ギヤボックスとMaBeeeで簡単ラジコン、作ります★Part1」)
今週は、このラジコンカーのギヤボックスを動かすため、もうひと仕事しようと思います!!


まずは、モータの端子に電池ボックスを取り付けなければいけません。
右の足と左の足を別々に制御したいので、それぞれのモーターに★「単3(UM-3)×3本用電池ケース」を取付けます。
オカポンはアクリル板で電池ケースを乗せる土台を作りましたが、ダンボールや自由に穴を開けることができるパネルなどを使って土台を作ってもOKです。

土台になる板の加工ポイントは、土台自体ががラジコンカーの足にひっかからないように、板の大きさ(特に幅)を調整することです。
このほか、電池ボックスを2個置けるだけのスペースの確保土台とギヤボックスを固定するためのネジ穴(オカポンは電池ボックススペース確保のために、前方2箇所のネジ穴だけで固定しています)、電池ボックスのリードを通す穴の確保もポイントになります!

この土台が完成したら、まずは土台板とギヤボックスを★「ねじ」(ナベタッピングネジ(+) M3×10)を使って固定します。
6GE81-16GE81-2

次に電池ボックスのリード線を、土台の上から差し込みます。
6GE81-36GE81-4

そして、電池ボックスのリード線を、ギヤボックスのモーターに接続します。
リード線の先端を剥いて予備ハンダ。
モーターの端子にも予備ハンダをしておきましょう。
6GE81-5

あとはハンダゴテで押さえて、リード線とモーターを接続します!
この時、6足ギヤボックスのどっちを前にしたいかで配線の仕方が変わるので注意!!
 ※6足ギヤボックスには前と後の区別がありません。モーターの回転の仕方で前後を決めます。
前方向になるモーターは、上に赤線、下に黒線を。
後方向になるモーターは、上に黒線、下に赤線を接続します。
つまりそれぞれのモーターで逆に配線するってことですね。
6GE81-66GE81-7

間違えてどっちのモーターも同じように配線してしまうと、その場をグルグル回るだけになってしまうので気をつけてくださいね。

そして、電池ボックスの後ろに両面テープを貼って、土台から動かないように接着すれば完成です!!!
6GE81-86GE81-9


ではいよいよ動かしてみます!
そのために電池を入れましょう!!

と、ここで使用する電池ですが、普通の電池のようで普通でない、不思議電池を使用します!
その名も★「MaBeee」(マビー)です!!!
6GE81-10

この電池、すごいんですよ。
説明文を見ると
「おもちゃやライトなど単3形乾電池で動く製品を、スマホ専用アプリ&Bluetooth(BLE)でコントロールできるようになる乾電池型IoT製品です。」
と書いています。
簡単に言うとこの「MaBeee」は、スマホやタブレットで電池から出る電気の強さをコントロールできるスゴイ子なのでございます。
例えば今回のギヤボックスとか、電池式LEDワイヤーとか、単3形乾電池で動く商品に流す電気の強さを変えて、LEDの明るさを変えたり、モーターの速さを変えたりすることができちゃうんです!
今回のギヤボックスだと、各モーターにそれぞれ電池BOXをつなぎましたよね。
なのでその電池BOXに1本づつ「MaBeee」をいれると、それぞれのモーターの速度をコントロールすることができるので、進む方向を変えることが出来るようになるんです!

ということで、それぞれのモーターを制御するために、電池BOXにMaBeeeを入れてみました。
6GE81-116GE81-12
これでラジコンカーの完成です!

さて、MaBeeeをコントロールするには専用のアプリが必要になります。
MaBeeeのHPでアプリをダウンロードしてください。

対応OS(iOS):iPhone4s、iPod touch5以降、かつ、iOS8以降
対応OS(Android):Android OS Version 4.4以降
Bluetooth 4.0 LE / Bluetooth Low Energy に対応している機種
動作確認リストはこちらよりご確認ください。


アプリをインストールしたら早速アプリを開いてみましょう。
スマホに向かって叫んでみたり、傾けてみたり、振った回数レバーでコントロール、などなど色々な操作方法があります。
操作方法を変えることで、いろんな遊びができそうです。

MaBeee」のコントロールは2本同時でもできますし、もちろん1本ずつでもできちゃいます。
今回は2つのモーターを別々に動かしてラジコンカーにするので、1本ずつレバーでコントロールできるように設定しました。
あとは「MaBeee」の出す電気をコントロールしてラジコンカーを自由自在に走らせるんですけど、例えば2人で1本ずつのMaBeeeをコントロールして、二人三脚みたいにして走らせても楽しいですよ。
実際に「MaBeee」のイベントではこの方法でレースをしたんですけど、息を合わせてレバーを操作するのはなかなか難しくて、思うようにまっすぐ進みません。
1人で2本のMaBeeeを制御しても、これはこれで楽しいですけど、少し難しいほうがレースとしては盛り上がるんですよね。
6GE81-13

では、以前作った動画を見ていただきましょう!!



どうですか?面白そうじゃありませんか?
2人でタイムアタックの他に、障害物のたくさんあるタイムアタック、ラジコンカーに腕を付けてボールを集めてみたり…色々と楽しめそうです!
ちょっとしたイベントにもオススメですね!


皆さんも、ぜひ作ってみてください!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は6月21日です!)




★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
6足ギヤボックス WK-GE8 1個 こちらから→
モデラーズニッパー α(グレイ)/クラフトツールシリーズ No.93 ITEM74093 1個
プロユースプラスドライバー DP-44 1個
プロユースドライバー/プラス DP-64 1個
ミニチュアラジオペンチ PS-01 1個
汎用型ピンセット 120mm[RoHS] P-880 1個
単3(UM-3)×3本用電池ケース BH331-3A 2個
ナベタッピングネジ(+) M3×10 鉄 ユニクロメッキ
★受注単位有★(必要数は2コ)
TAP-M310U 1個
MaBeee MB-3003WB1 2個
単4形アルカリ電池4本パック(MaBeeeに入れるため) LR03R/4S 1個
単3形アルカリ電池4本パック(MaBeee以外の電池) LR6R/4S 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。


★キット製作時に使用した道具は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
DASH低価格セラミックヒーターハンダこて15W
はんだ付け入門セット
FX650-84 1個 こちらから→
マイクロニッパー 11295 1個
ラジオペンチ PR-16 1個
電子工作用ハンダ SD-63 1個
ワイヤーストリッパー YS-1 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

記事担当:
ハンダ付け必須-非マイコン系


昨年、シリコンハウスのものづくり工作室で、とある車両キットと不思議電池を使ったイベントを4回行いました。

なにかと言いますと、「作って動かそう!MaBeeeでレース!」のことです。
基本的には左右別々にタイヤが動くラジコンカーを作ってもらってレースをしていたのですが、レースの内容はずっと同じではなく、内容やルールを試行錯誤しながら変更し、イベントを行っていました。

今回の記事は、そのイベントのリポート…ではなく、そこで使われた車両キット不思議電池の紹介をしちゃおうと思います!

まずはラジコンカーの車体(車両キット)★「6足ギヤボックス」を作ります。
これがラジコンカーの胴体&足部分になります。
6GE8-1


では、作ってみましょう!
このキットは、日本語と英語の2種類の説明書が入っています
日本語説明書だけ見ていると分かりにくいところもあるので、英語説明書もあわせて見てくださいね。

まずはキットの部材が全部あるか確認です。
6GE8-36GE8-4

ここで注意!
説明書にも書いていますが、後からでは取り付けられないパーツもあるので、説明書の番号順に組み立てないと、せっかく作ったところをバラしてやり直し、なんてことになってしまいます。
なので説明書をしっかり読んで、手順通りに作ってくださいね!

このキットで使う工具は「ニッパー」「ドライバー(+)1番」「ドライバー(+)2番」の3種類。
このほか先の細いラジオペンチピンセットもあると便利です。

では組立てていきましょう。
まずは、モータの組み立て
と言っても完成品のモーターにギヤをつけるだけ。
6GE8-5
モータは2つあります。右側と左側を別々に動かすためですね!
ギヤを机などに置いて、上からモーターを押し付けるようにすると取付けやすいですよ。

次は、モータ受け台の組み立てです。
ねじは締めながらタップを切るタッピングネジなので、グイグイ力強くしっかり奥までねじを締めましょう!
6GE8-66GE8-7

次はモータ受けの取り付けです。
ココ、結構難しいので要注意です!
難しいポイントは
下のネジ留めするところ。(締めにくいです)
しっかりナットをおさえないと、ネジを回したときにナットが一緒に回ってしまって留められなくなります(これを『共回り(ともまわり)』っていいます)。
下のネジは指が届きにくくて、ナットをうまく押さえられないことがあります。
なのでラジオペンチ等でナットを固定してネジを締めましょう
6GE8-8

ネジを締め終わったら、飛び出たネジにクリアチューブを被せて、余分な部分はカットすればOKです!
6GE8-9
このクリアチューブも、下2箇所は被せにくいです。
ピンセットなどでつまんだほうが、断然作業しやすくなりますよ!工具って偉大!

次はモータを取り付けます。
ここも向きに注意です!
6GE8-10
電極がある方を外側にして設置してくださいね。
そうしないと後で大変なことになりますよ…

次はギヤ受けの取り付け
6GE8-116GE8-126GE8-13

写真通りにネジ締めしましょう。
一番忘れがちなのが「ハトメ」(真ん中の写真の金色の部品)。
固定されている訳でもないので、すぐコロコロ転がってムキーッてなりますし、見た感じ必要無さそうに思いますが、これすっごく大事なので忘れないでくださいね!
ちゃんとハトメを入れないと、うまく動かないくらい重要な部品なんです。

次は、ギヤの取り付け
6GE8-146GE8-156GE8-16
どんどんラジコンカーらしくなってきましたね!
ここも慌てるとよく間違えるポイントです。
ギヤの入れる順番・向きがややこしいので、説明書の図をしっかり確認して組立ててください。
そしてここでも「ハトメ」重要!忘れないでくださいね。

両方作ったら、ギヤシャフト受けの取り付けをしましょう。
6GE8-17
これでギヤが固定できます。

そして、オカポンが出来なくてイライラしたポイントです!!
ギヤシャフト支持パーツの取り付けです!!!
6GE8-186GE8-19

オカポンだけかもしれませんが、このギヤシャフト支持パーツを固定するねじがポロリと落ちてモータの下に潜り込み、なおかつモーター内の磁石にくっついて取れなくなったんですYO!!!
ピンセットでなんとかネジを救出することはできましたが、ハトメはスカスカで落ちるわ、ネジは締められないわ、支持パーツのネジが緩いとギヤが回らないわ、ホント心が折れるかと思いました…
でも頑張る!!!

ということで、次はサブギヤの取り付けです。
ここはそこまで難しくないです。
最初見たとき、どこにどうやって組み込むの?なんて思いましたが、さっきの支持パーツに比べたら、問題なしです!
6GE8-206GE8-21
ギヤがちゃんとあたってればOKです。

サブギヤシャフトを取り付けたら、いよいよ足部分
足は「タイヤ型」と「虫型」に2種類が入っています。好きな方を使いましょう!
6GE8-16GE8-2
足によって作り方は異なりますが、ここまで出来ていれば問題ないです。
組立自体は難しくないです。
ただ、固定するためのタッピングネジの力加減が難しいです。
締め方が足りないとゆるくてタイヤが飛んでいきそうになるし、固く締め過ぎたらパーツが割れそうになるんです。
ネジをある程度締めたあと、軽く引っ張ってみて取れなければ問題なしです!
程々が肝心です。

さーて、完成です!
…と思ったでしょ?
でもこのままだったらただ前に走るだけの車両キットになってしまいます。

実は、ここから今作ったギヤボックスをただの車両キットからラジコンカーにするための作業が始まるのです。
このギヤボックスを自在に操るために、もうひと頑張りしなければいけません

ということで、今週はココまで!


来週も、お楽しみに!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は6月14日です!)



★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
6足ギヤボックス WK-GE8 1個 こちらから→
モデラーズニッパー α(グレイ)/クラフトツールシリーズ No.93 ITEM74093 1個
プロユースプラスドライバー DP-44 1個
プロユースドライバー/プラス DP-64 1個
ミニチュアラジオペンチ PS-01 1個
汎用型ピンセット 120mm[RoHS] P-880 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

記事担当:
[ハンダ付け不要-非マイコン系]


現在開催中の『デジットハッカソン』!!

~公式ページ~
http://digithack.jp/

電子工作で未来をハックせよ!」をテーマとしたハッカソンです。
このハッカソン、開催期間2018/05/19~06/09の、なんと3週間!!
現在、参加者の皆さんは絶賛ものづくり中です。^^ガンバッテクダサーイ!

そんな中、先日「こどもハッカソン in デジットハッカソン」を開催致しました。
デジットハッカソンは小学生は対象外なのですが、
せっかくのデジットハッカソン!小学生にも楽しんでもらおうよ!
ということで企画された、スピンオフイベントでした。

1

小学4年生~6年生の子供達総勢10名が、プログラミングの基礎を学び工作を楽しみチームでピンポン玉入れ競技に参加しました。

電工女子会のメンバーも少しお手伝いさせて頂きつつ、小学生に混じって勉強&楽しませてもらいましたのでリポートしたいと思います。

まずはプログラミングの講義
講師はダイセン電子工業田中先生です。
ダイセン電子工業はプログラミング教育分野の草分け的存在であり、ROBORAVEなどのロボットコンテストや教室などを世界中で開催されています。

23

FUN WHILE LEARNING(勉強しながらたのしむ)」「SHARING(分かち合う)」「TEAMWORK(チームワーク)」
この3つ大事やで!楽しんでやろうな!」というお話から始まりました。

4

ロボットカーiPad一人一台ずつ貸し出して頂きました
ロボットカーはダイセン電子工業さんの『α-Xplorer Bluetooth搭載版』です。
専用のソフトウェア、C-StyleがインストールされたiPadでプログラミングしていきます。

講義は先生の説明を聞きながら、実際にα-Xplorerをプログラミング、実際に動かしていくような感じで、子供達はみんな最初からワイワイ盛り上がっていました。
隣りのお友達と教え合ったり先生に積極的に質問したりとなかなかいい集中力です。

56

プログラミング経験者は9割ぐらい。
でも、α-Xplorerを使ったことがある子はほとんどいなかったにも関わらず、さすがスマホ世代ですよ。
iPadの操作なんか何の問題もないし、「これなんやろ?」って一人でどんどん操作していく子もいて、
隣りで見てた私が「え?今、それ、どうやってしたん?」って質問してしまう始末です。(みんなすごいな~)

7

先生はプログラミングのことはもちろん、α-Xplorerの機構についてもさり気なく色々と教えてくれました。
「これはBluetoothやでー、マイコンはここやでー、これはフォトインタラプタやでー」と教えてもらうこと、一つ一つに興味津々な子供達でした

お昼休憩を挟んで、まずはチーム分け
2人1組のチームを5チームつくって、ピンポン球入れ競争をしました。
まずはチーム名を考えてもらいます。
初対面同士の子供達ばかりなので、話し合ったり、協力し合ったりスムーズに行かなかったらどうしようかな~と
軽く心配していたのですが、取り越し苦労でした!!!
全チーム、30秒ぐらいで決まったかな?みんな仕事が早いです。^^v

8

各チームにα-XplorerとiPadが1台ずつ貸し出されました。
ピンポン球入れのコースとゴールなんですが、こんな感じ。

910

サッカーのゴールみたいにボールを転がして入れるのではなく、車にボールを積んでゴールに運び入れる競技なんです。
バスケットボールのゴールみたいに、ゴールはちょっと高い位置にありますよ。
α-Xplorerの車体はゴールより低いですし、車体をゴールの高さと同じにしても、そこからどうやってボール入れるの?
これ、めっちゃ難しいでしょ。^^;
大人だと理屈ばっかり考えて、なかなか作業入れないパターンになりがちですが、、、

1112

開始いきなり、みんなめっちゃ手動かしてる!!
牛乳パックやカップ麺の容器、ペットボトル、割り箸なんかを切ったり貼ったり挿したりして
α-Xplorerをガンガン改造していきます。
やってみてダメならまたやり直せばいいんですもんね。
そうでした。
こんな時にも子供に色々教えられる大人たちです。

1314

工作時間は約1時間半ほどでした。
工具に慣れている子もいて、グルーガンとかも躊躇なく使っていました。
作っては試走させてみて、ダメだったらまたやり直してを繰り返し、みんなそれぞれのα-Xplorerが完成。

1516

いよいよピンポン球入れ競技会開始です。

1718

制限時間3分以内にゴールに入ったピンポン球の数で加点していきます。
各チームめっちゃ真剣です。
ライントレースの途中でピンポン球が車から落ちてしまったりして、みんな焦る焦る。^^

192021

競技会が終わったら、発表会です。
ここでもチーム毎に分かれて、発表資料を作りました。
チーム名や、ロボットカーの名前も書いて、
苦労したところ楽しかったところ工夫したところなんかを発表しました。

今回、各チームのゴールに入ったピンポン球の数以外に「デザイン」「アイデア」「チームワーク」の項目について、
保護者の方々と関係者で採点していました。

22

総合得点で順位が決まるんですが、スポンサー様のご協力で賞品も用意されていました!

23
---------------------
優勝(ダイセン賞)   『α-Xplorer Bluetooth搭載版』
2位、3位(共立賞)   『工具』
特別賞(子供の科学賞) 書籍『子供の科学★ミライサイエンス プログラミングでなにができる?』
---------------------

豪華です。^^

プログラミングからα-Xplorerのペーパー工作部分のデザインであったり、アイデアであったり。
あとはチームワークですね。
相手の意見を尊重したり、協力し合ったりできていたかどうか。
そして、1+1=2以上の力が発揮できたかどうか、ですよね。
採点する大人達もかなり悩んだようで、採点表には何度も修正した跡がありました。^^


本当に甲乙つけがたく!悩みましたが、、、

23-1

優勝はピンポン玉入れ競争でぶっちぎりの強さを見せた「ロボットチーム」(←チーム名です)に決まりました。

23-2

2位は「ブルーチーム

23-3

3位は「スナイパーチーム

24

そして特別賞は、、、実は全員に頂きました!!
誠文堂新光社」さん、ありがとうございます!!
(「誠文堂新光社」さんは『子供の科学』の発行会社です)

『子供の科学★ミライサイエンス プログラミングでなにができる?』は月刊誌『子供の科学』の新シリーズ、ミライサイエンスシリーズの第2弾で今月発売されたばかりの本です。
今回の本のテーマは「プログラミング」で、参加してくれた子供達にドンピシャな内容でした。
みんな、とても嬉しそうです。^^

10:30~16:15までの長丁場でしたが、子供達はずっと頑張っていたし、
保護者の方々も子供達の様子をじっと見つめておられました

子供達は子供達の世界でしっかり頑張っている姿を見せてくれたことが本当に立派だったと思うし、
笑顔で見守る保護者の方々にも感謝感謝の嬉しい一日となりました。

25


参加してくれた子供達、お疲れ様でした!
ご協力頂いた皆様、ありがとうございました。

(記事:ぐっちさん)
更新予定:毎週木曜日(次回は6月7日です!) 

このページのトップヘ