エレショップblog

半導体・センサー・マイコン・電子工作キットほか、各種電子部品の専門店「共立エレショップ」から主に電子工作の関連情報をお届けします。 http://eleshop.jp/

記事担当:
ハンダ付け必要-非マイコン系

前回は、2020年8月にWonderKitから発売した★「サウンドジェネレータDX【キット】 / DNGR-76」にスイッチを付けたり基板と電池BOXを合体させたりしました。
dngr76aDNGR-76-2-10

次はケース加工してもっと完成品っぽくしてみよう!と思ってたんですけど。
ふとね、思いついてしまったんですよ。

このキット、音が鳴っているときLEDが光ったらめっちゃカッコイイんじゃないだろうか、って。

で、早速ワンダーキットの開発者さんにお願いしてみました。
「サウンドジェネレーターDXを音が鳴っているときLEDが光るように改造してください!」
て。
いきなりお願いしたんで開発者さん エエッ!!Σ(- -ノ)ノ ってなってましたけど、すぐにやり方を教えてくれました。

その方法がこちら。
DNGR_3_01
サウンドジェネレーターDXにはサウンドをもっと大きな音で鳴らせるよう、アンプへ信号を出すための端子が用意されてるんです。
基板に『EXT』ってかかれたところがそれで、ここにLEDをつなげば一応光らせることが出来るんだそうです。
『一応』と書いたのは、ここに流れる電流はとても微弱なので、光らせることが出来るLEDは、DC2Vで光る赤とか黄色とかのLEDで、しかもぼんやりとしか光らないとのこと。
それでもLEDが光るなら!とオカポン挑戦することにしました。

まずは『EXT』の所にヘッダピンを立てます。
DNGR_3_02
このヘッダーピンから線を延ばしてLEDを付けます
次に、少しでもLEDへ送る電圧を稼ぐために、ダイオードの裏にバイパスを付けてダイオードに電気が流れないようにします。
DNGR_3_08
オカポン知らなかったんですけど、ダイオードを電気が通ると抵抗を通るみたいに電圧が下がるんですって。
なので裏側に導線を付けて、ダイオードで電圧が下がらないようにしました。

これで準備完了。
ではLEDを用意しましょう。
DNGR_3_03
今回はたまたま机の引き出しに転がっていた5φ緑色LED★「L-513GT」と、接続用にQIケーブル2S-2S★「311-183」を使いました。

早速基板とLEDをつないで
DNGR_3_04
スイッチON!
DNGR_3_05 DNGR_3_06
やった!LEDが光りました!
確かに光り方はわずかで、真っ正面から見ないと光ってるか分からない感じですけど、たしかに光ってます!
今回はこれで良しとしましょう!

ではここからが本題。
このキットをケースに収めるためにケース加工をしていきましょう!

今回使うケースはこちら。
DNGR_3_09
テイシンの★「TB-54-B」です。
なぜこのケースかというと、これも机の引き出しの中で眠ってたからです。ふふふ。
これも何かの縁ではないかと思って今回使うことにしました。

まずはキット本体を収納するための準備をします。
DNGR_3_10
底板にある基板を取り付けるためのねじ穴『ボス』をニッパーで切り落とします。
これ、刃のところが平らで大きめのニッパー(例えばエンジニアの★「NN-56」とか)を使うと結構キレイに取り除くことが出来ます。
ジャマなボスを取り除いたら、基板と電池BOXの位置決めです。
DNGR_3_11
バッチリサイズで収まりました。

次はケースのフタを加工します
フタに先週作ったスイッチとかLEDを取り付けます。
まずはスイッチの穴位置を決めるために、フタにマスキングテープを貼ります。
DNGR_3_12
ホントは無地のマスキングテープが良かったんですけど、手元にこれしかなかったので...
このマスキングテープの上に穴位置を書いていきます
黒いプラケースに線とか引いてもわかんないですからね。
DNGR_3_13
今回はケースのセンターを基準に18mm間隔でスイッチが並ぶようにしました
穴を開ける場所が決まったらマスキングテープの上からドリルで穴を開けます。
最初は3mmくらいのドリルで下穴を開けて、その後7mmのドリルでスイッチ用の穴を開けました
DNGR_3_14
穴はいびつですけどちゃんとスイッチが通る大きさです。

次はLEDの穴を開けます
今回は5φのLEDを使うので、5φ用のLEDブラケットを用意しました。
DNGR_3_15
LEDプラブラケット5φ用 ★「RTC-52」です。
LEDはQIコネクタに挿しやすいよう足を10mmくらいの所で切りました。
と言う訳でケースには新たにこの★「RTC-52」が入る大きさの穴(だいたい6.5mmくらい)を開けます。
DNGR_3_16
その穴に表からキャップをはめて
DNGR_3_17
裏からLEDを挿し込みます。
DNGR_3_18
その後「RTC-52」のリングを取り付ければ完了です。
DNGR_3_19
これでLEDがケースに付きました。
DNGR_3_20
この勢いでスイッチも全部付けてみました。
DNGR_3_21
どうですか。意外といい感じでしょう!
今回思ったよりも出来が良くてオカポンご満悦です。

と言ったところで1時間と少し。
このあと大仕事の『スピーカーの取付』があるので、今週はこの辺にしておきます。
来週はケース加工と組込みを終わらせてサウンドジェネレーターBOXを完成させようと思います。

皆さんもぜひケース加工に挑戦してみてくださいね♪

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は12月10日です!) 

気がつけば11月ももう終わり。
師走の足音がヒタヒタとすぐそこまで聞こえてきている今日このごろ。

皆様大変お待たせいたしました。
本日より共立エレショップでは、毎年恒例のカレンダーと味マップの配布を始めます。



今年もエレショップで3000円以上商品をお買い上げのお客様に、2021年のカレンダーと味マップを同梱いたします。
ただし、エレショップ会員様限定でございます。
ご希望のお客様は一般・法人どちらでも構いませんので会員登録をお願いいたします。
また、容積等の関係でネコポスをご選択いただいた場合は3000円以上お買い上げの場合でも同梱ができません。
カレンダーと味マップをご希望の場合、配送方法はネコポス以外をご選択頂ますようお願いいたします。

2021ajimap01

それにしても今年の味マップ、ホントに良い出来でございます。
共立社内でも女性社員を中心に人気が広がっております。
じっくりと中身を見て楽しんでいただきたいです。2020年の世相がよく描かれております。

ちなみに今回の2021年カレンダーは、2way仕様となっております。

2021ajimap02

そう、東京オリンピックが開催された場合とされなかった場合の2種類印刷されております。
2021年はオリンピックの有る無しで祝日が変わるためでございます。
6月から11月まではオリンピック開催の場合とそうでない場合が表裏で印刷されております。
なのでご使用の際は少しご注意ください。

という訳で、怒涛の2020年も残すところあと僅か。
なんだかんだで年中行事が少なくなってしまいましたが、共立のカレンダーと味マップは例年通りに配布することができました。
2020年の締めくくりと2021年への心の準備もこめまして、お手にとっていただければ幸甚の至りでございます。

<記事:伊東>

記事担当:
ハンダ付け必要-非マイコン系

前回は、2020年8月にWonderKitから発売した★「サウンドジェネレータDX【キット】 / DNGR-76」を作りました。
dngr76adngr76ddngr76f
わずか30分!で完成するお手軽さに嬉しくなってしまいました。

キットとしては前回で完成しているんですけど、やっぱりこのままでは使いにくいと言うか遊びにくいと言うか。
いちいちジャンパーソケット抜き差しとかするのも面倒だなぁと。

DNGR-76-2-01


という訳で、今回は★「サウンドジェネレータDX【キット】 / DNGR-76」をちょっと改造してみたいと思います。

まずはやっぱりジャンパーソケットですよね。
コレをスイッチに変えたいなぁと。

そういえば前々回、★「16LEDフラッシャー 緑色【キット】 / LED-16LFG」にスイッチを取り付けました。
★「電工女子、WonderKitを作ります!(第28弾:16LEDフラッシャー 緑色【キット】です)★3」
LED-16LFG-3-10

あの時もヘッダーピンに取付けたので、同じ要領でスイッチを付けてみようと思います。

今回用意したのは↓このスイッチ。
DNGR-76-2-02
このスイッチは押している間だけONになるモーメンタリ型なので、スイッチを押してる間だけ音を鳴らすことができます。
何よりスイッチの色が6色あるので、サウンドジェネレーターDXの6つの音に対応させることができちゃいます

では早速加工していきましょう。
使う部材は「16LEDフラッシャー」の時と同じです。
まずはスイッチの端子に予備ハンダをして
DNGR-76-2-03

その後配線をハンダ付け
DNGR-76-2-04

2本の端子に配線を付け終わったらQIコネクタに挿し込んで完成です。
DNGR-76-2-05
今回は配線の数が多くなるので、各スイッチに付けた配線はよじってバラけないようにしました。
2本の電線をよっていると縄でも編んでいるような気になるのは最近稲作ゲームにハマっているせいなのかと思ったり思わなかったり。

では完成した配線付きのスイッチを基板に取り付けてみましょう
DNGR-76-2-06
こんな状態。
★「QI片端圧着済ワイヤー450mm」を切らずに使ったので配線が長い・・・
やはり横着してはいけませんね・・・

スイッチを付け終わったので電池を入れて鳴らしてみました。
バッチリでした!
好きな音を簡単に鳴らすことができるので、やっぱりスイッチ必須です。

ちなみに★「サウンドジェネレーターDX」の使い方についてちょっと解説
DNGR-76-2-07
基板には2個のボリュームが付いています。
左側の『FREQ』と書かれたボリュームはサウンドの周波数を変えることができます
左側に回すと音が低く、右に回すと音が高くなります。
鳴らしながら回すとコレはコレで面白いですよ。
もう一つ、右側のボリューム音の大きさを変えることができます
左に回すと音が小さく、右に回すと音が大きくなります。
音量を最大にしても警報機みたいな大きな音は出ませんので安心してくださいね。


と、ここまで「サウンドジェネレーターDX」で遊んでいて気になったことが。
この基板に空いている2個の穴は何なんだろう・・・

ここでオカポンひらめきました。まさにピコーン!って感じで。
この基板の穴はアレに合わせて開けられているのでは・・・

DNGR-76-2-08
ビンゴ!!
電池BOXの穴にバッチリ合いました!

早速ネジとナットを持ってきて基板と電池BOXを合体させてみました。
DNGR-76-2-09
ネジはM3サイズがピッタリ合います。
という訳で、今回の改造、完了です!
DNGR-76-2-10

ここまで来るとケースに入れたくなりますね。
久しぶりにケース加工とかしてみようかしら。


皆さんもぜひ作ってみてくださいね♪

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は12月3日です!) 

このページのトップヘ