エレショップblog

半導体・センサー・マイコン・電子工作キットほか、各種電子部品の専門店「共立エレショップ」から主に電子工作の関連情報をお届けします。 http://eleshop.jp/

記事担当:
ハンダ付け不要-非マイコン系


先週は★「バスレフエンクロージャー組立キット(2台1組) / WP-SPMF4」の音をレビューするはずが、2種類のアンプの音の違いをレポートする形になってしまいました。
★「電工女子★バスレフエンクロージャーで、音楽を聴いてみます!(ほぼアンプの話)★」

これはこれで分かりやすかったと一部で褒めてもらえたので良しとするのですが、1点「Wonder Pure」の開発担当から記事の訂正依頼があったので、今回はそれを記事にしたいと思います。

wppc33awppc33c

前回の記事ではアンプのセレクターとして使ったんですけど、そもそもこの使い方が間違いだったんだそうです。
「Wonder Pure」の開発担当曰く、「WP-PC33」でセレクトできるのは『音源』の方、つまりin側だそうで、前回の記事で書いた「3種類のアンプを切り替えて一つのスピーカーから音を出すことができます」と言う表現は全くの大間違いでした。

WP-SPMF4-2-51-WP-PC33本来の使い方

「WP-PC3」の後ろを見るとinもOUTも3口あったのですが、切り替えが出来るのはin側の3つのみで、OUT側の3つは常に同じ音が出てるんだそうです。
前回の配線ではオカポンが手動でスピーカーへの接続を切り替えてたので、OUT側が切り替わっていないことに気付かなかったんですね。
そう言えば聞き比べの時、「WP-PC33」触ってなかったような・・・
まぁ家のテレビの配線もしたことないド素人のオカポンにそんな事分かる訳無いんですけどね!
聞き比べしてた時周りに頼れる人が居なかったのが原因ですね。←責任転嫁

と言う訳で、「WP-PC33」はアンプを切り替えてスピーカーを鳴らすセレクターではありません!
自社製品のこともちゃんと理解せずに記事を書いて申し訳ございませんでした!
お詫びして訂正いたします。


さて、ではなんで今回「WP-PC33」がオカポンの所に届けられたかというと、実は音量調節のためだったんだそうです。
前回使用した約6万円の★「高音質ステレオパワーアンプ組立キット / WP-SSA10W」は、インテリアとしても見栄えが良いよう、全面パネルには電源ボタンしか付いていません。
wpssa10wa

電源ボタン以外の必要な物は全部背面に付いています。
wpssa10wc

これ、言われるまで気がつかなかったんですけど、ボリュームも背面にあります。しかも左右それぞれに。
これはド素人のオカポンには使うのが難しいだろうと言うことで、マスターボリュームとして★「パッシブコントローラー組立キット / WP-PC33」を同梱してくれていたとのことです。
「WP-PC33」は全面にボリュームが付いていて、入力した音源の音量を調節することが出来るんです。
つまり「Wonder Pure」開発担当の優しさだったんですね。それを理解できないレベルのオカポン。あぁあ・・・


それにしても、前回オカポンがしたように、複数のアンプを切り替える事が出来るセレクターがあれば、気分に合わせてアンプを切り替えて音楽を楽しめると思うんですけど、そういうセレクターってあんまり無いんだそうです。
2-あったら便利?

「Wonder Pure」の開発担当が言うには、あまりニーズがないせいか、市場にもそういったアンプのセレクター(オーディオセレクターと言うらしい)はあんまり無いんだそうです。
前回たった2台のアンプを聞き比べしただけでもその音の違いに感動しましたから、気分に合わせてアンプを切り替えて音楽を楽しみたいって言うニーズはありそうな気もするんですけど
いろんな種類のオーディオアンプを発売している「Wonder Pure」でも、売れる見込みがないのでオーディオセレクターは開発する予定はないんだそうです。
なのでオカポンと同じようにオーディオセレクターが欲しいという人は「Wonder Pure」までリクエストすると何かしら製品が開発されるかもしれませんよ。
ちなみにエレショップに新商品のリクエストフォームがありますので、そちらをご利用いただいてもOKです。

と言う訳で、初めてのオーディオ関係の記事で早速失敗して、レベルゼロからレベル0.4くらいまではステップアップ出来たんじゃないかと思います。
これからも色々間違いをさらしながらになると思いますが、どうぞエレショップblogにお付き合いくださいませ。

皆さんもぜひ、オカポンの失敗を糧にしてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は10月1日です!)

記事担当:
ハンダ付け不要-非マイコン系

先週は共立電子産業のブランドの一つ「Wonder Pure」から最近発売された★「バスレフエンクロージャー組立キット(2台1組) / WP-SPMF4」を作りました。
WP-SPMF4-2-1

エンクロージャーを作るのは初心者のオカポンには敷居が高いかと二の足を踏んでいましたが、意を決してチェレンジしてみたわけです。
★「電工女子★バスレフエンクロージャーを組み立てます! Part1★」

あ、そうそう。
今日の記事に入る前に一つ訂正が。
前回、吸音材について
「吸音材を入れると、モコッとした音になるそうです。・・・・・もこっ???」
と書いたのですが、違ったようです!
WP-SPMF4-1-31WP-SPMF4-1-32WP-SPMF4-1-33
オカポン的に「モコッとした音」=全体的にこもった(柔らかい)音になるのかなー?と思っていましたが…
Wonder Pure」の開発担当が言うには、吸音材は「高音を吸収する」という働きをするんですって。
逆に低音は吸収できないそうです。
吸音材は、エンクロージャー内部で四方八方に反射する高音を吸収して「高音の量」を調節する役目をするんだそうです。
吸音材を入れないと、女性ボーカルや弦楽器の響きがキツくなっちゃうんですって。
それを抑えて、自然な聴きやすい音にするために吸音材を入れるんですって。
こもった音になる訳ではないんですね~。知らなかった。。

人によってはジャズのライブが目の前に迫るような「シャキーン」というシンバルの響きを追求するために、あえて吸音材を入れないという人もいるそうですよ。


さて、本日のお題。
先週の記事の最後に
・・・どうやって音楽聞くの!?
となったので、そのあたりを紹介していこうと思います。

まず、前回完成した★「バスレフエンクロージャー」だけでは音楽は聴けません。
必要なのは、
・音源
・アンプ
・アンプの電源
・音源とアンプをつなげるケーブル
・エンクロージャーとアンプをつなげるケーブル(2本/左右分)

が必要になります。

で、ですね。
このエンクロージャーを製造した「Wonder Pure」の超おすすめアンプなんですが…
★「高音質ステレオパワーアンプ組立キット / WP-SSA10W」なんです。
wpssa10wawpssa10wcwpssa10wf
お値段なんと!
¥59,400(税込)(2020.09.17現在)
・・・・たかいぃぃ。。。そしてデカい、重いぃぃぃ...(´;ω;`)

エンクロージャーがお手頃価格なのに、アンプがかなり高いんです。
でも今回製作したスピーカーにはこのアンプが一番合うって、「Wonder Pure」の開発担当者が激推ししてくれたので、今回これを試聴させてもらったんですが・・・
いやぁ、びっくりました。
この辺りの説明は後半で。

で、もう少し安いアンプは無いんでしょうか?と聞いてみたところ…
現在開発中のアンプを貸していただきました・・・!!!やっほう!
★「デスクトップアンプ組立キット」という名前で、10月発売予定だそうです。
WP-SPMF4-2-2WP-SPMF4-2-3
サイズも手のひらで持てるサイズ。価格は1万円前後の予定だそうですよ!!これなら手が届く!!!

ということで、セレクター(★「パッシブコントローラー組立キット / WP-PC33」)も貸していただいたので、接続してみます!!(オカポン初セレクター)
wppc33awppc33c
このセレクターは入力を3系統切り替えることが出来ます。
例えば3種類のアンプを切り替えて一つのスピーカーから音を出すことが出来る(間違いでした。すみません!!正しい内容はこちらのブログを見てください★「電工女子★パッシブコントローラー組立キット / WP-PC33 について訂正します★」2020/09/24)ので、曲の特徴や気分に合わせてアンプや音源を切り替えることが簡単にできるようになるんですね。
アンプとかを沢山持っている人はこう言うセレクターで切り替えて楽しむんですね。

では今回の構成。
左から
WP-SPMF4-2-4
★「デスクトップアンプ組立キット」
★「パッシブコントローラー組立キット / WP-PC33」
★「高音質ステレオパワーアンプ組立キット / WP-SSA10W」
となっています。


ケーブルのつなぎ方はこんな感じ。
WP-SPMF4-2-5WP-SPMF4-2-6WP-SPMF4-2-7

エンクロージャーとアンプをつないでいるケーブルなんですが、お好みで揃えてくださいね。
WP-SPMF4-2-8WP-SPMF4-2-9
この辺りは拘りだしたらキリがないポイントだそうなのでサラッと。
オカポンは、簡単な聞き比べをしたかったので、簡単に抜き差しできるこの形がとっても便利でしたよ。

ではいよいよ聞き比べのレビューをしようかと思うのですが。
Wonder Pure」の責任者曰く、こう言った音に関するレビューには知識と経験が必要だそうで、例えばワインの香りを説明するソムリエのような語彙とか表現力が必要になるんだそうです。
でもそんなの関係ない!!
私は私らしく、直感で感じたままを書こうと思います。
その方が私と同じような入門者の人に分かってもらえるんじゃないかと思うので。

ちなみにオカポンは普段はMP3データの音源をスマホとかパソコンで聞く程度のライトユーザーです。
落ち着いた環境でじっくり聞くと言うよりは、ながらで音楽を楽しむことの方が多いです。
よく聞くのはいわゆるオタクよりの曲が多くて、アニソンとかボカロとかそっち方面が主流です。
でもジャズとか洋楽も好きでたまに聴きます。
そんな人間のレビューなので、どこまで参考になるか分かりませんけど...

では二つのアンプを切り替えていくつかの曲を聴いて思った感想をさくっと書いてみますね。
※全部、オカポンの個人的な感想です!


■ジャズ系のピアノ曲
アンプでそこまで音変わるの?私に分かるの?と、疑っていたんですが…
WP-SSA10W」かなり良いです。
お洒落なバーのお店にいるような、ジャズの音に包まれる感じがします。
「未発売アンプ」も良いのですが、「WP-SSA10W」を先に聞いちゃったので、聞き比べ方間違えたな…と思いながら「WP-SSA10W」でずっと聞いていました。
この「WP-SSA10W」との組み合わせ、机の上に置いていたら凄い贅沢スペースの出来上がりですよ。
物理的にスペースを取るのもそうですけど、なによりこの音に包まれて仕事するとか…憧れる!!


■懐メロ(昭和の歌謡曲/女性ボーカル)
「未発売アンプ」は音(歌声)が、かたいイメージ。
WP-SSA10W」はやさしい、柔らかい音に変わった気がしました。
なんでだろう、音が広がって聞こえました。


■VOCALOID™(男女混合)
「未発売アンプ」高い音がとってもきれいでした。合成歌声だからかなぁ…?
WP-SSA10W」こんな良いアンプで聞くなんて、贅沢ーーー!!!やっぱり音が広がって聞こえます。心地よい。


■洋楽(女性ボーカル/1999年のpops)
「未発売アンプ」ハモリ部分(高音)がきれい。
WP-SSA10W」一音一音、はっきり聞こえます。こんなに違うのかと、ちょっと驚きました。


■2.5次元ミュージカル曲(男性ボーカル)
また、先に「WP-SSA10W」聞いちゃいました。感想。
やっば!!!
やっば!!!!!!
やっば!!!!!!!
これしか言えない。この組み合わせでミュージカル見れたら、最高だと思います。最高だと思います!!!(大事なことなので2回言いました)


■個人的に好きな男性ボーカル(声高め、最近の曲)
「未発売アンプ」で聞いてた時疑問に思ったんですが。
綿の詰めすぎ、とかあるんでしょうか…?ボーカルの声が小さいような...
いやでも、低音の吸収はしないって聞いたんですが…。
なんかちょっと籠ってる?感じがしました。音源のせいなのかしらん??

WP-SSA10W」わーーーーーー、これは素敵。自分の周りが歌声で包まれている感じ。そして、今回も音が広がって聞こえます。高音もキレイ。



結論として・・・
★「高音質ステレオパワーアンプ組立キット / WP-SSA10W」超オススメです!
もともとマークオーディオなどメタルコーンスピーカーとの相性を抜群に考えたアンプなんだそうで、だから★「バスレフエンクロージャー組立キット(2台1組) / WP-SPMF4」との相性もバッチリで、こんなにもいい音を出してたんですね。これはぜひ聞いてほしいです。
Wonder Pure」の開発担当者曰く、目の前に歌手がいる、というタイプのアンプでは無いですが、音が広がって聞こえる(包まれているような音の広がり方をする)タイプのアンプなんですって。
まぁこればっかりは好き好きなんですが、オーディオ初心者のオカポンが今まで感じたことのない、音に包まれる感覚で自分の好きな曲を聞くことができるというのは、とっても幸せなことですね。

なんだかスピーカーエンクロージャーのレビューじゃなくてアンプのレビューになってしまいましたが...
皆さんも、ぜひ作って聞いてみてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は9月24日です!)

記事担当:
ハンダ付け不要-非マイコン系


いきなりですが!
共立電子産業にはいくつかのブランド名がついたキットが出ているのをご存じでしょうか?
WonderKit」とか「共立プロダクツ」とか「シリコンキット」「デジットキット」などがあります。

その中でも「ピュアオーディオ」に特化したものを「Wonder Pure」ブランドとして、製造・販売しているんです。
今回のブログでは、そんな「Wonder Pure」の中から最近発売した
★「バスレフエンクロージャー組立キット(2台1組) / WP-SPMF4」を作ろうと思います!!
wpspmf4a


なんだかんだで、こういう自作のエンクロージャーを作るのは、オカポンにはまだまだ敷居が高いかなーと思っていたんです。
オーディオ趣味って値段が天井知らずだったり、専用スペースの決まった位置で聞かなきゃいけないとかもうこだわりだしたらキリがない底なし沼って言うイメージがあったので。
ただ、今回作ってみるキットなんですが、¥7,700(2020/09/10現在)とまだ手が出しやすい価格でして。
サイズ的にもそこまで大きくないので、邪魔になりにくいし、ハンダ付け不要で作りやすい。とのことなので、チャレンジしてみることにしました!!

ということで、さっそく開封の儀から始めます。
WP-SPMF4-1-1WP-SPMF4-1-2
ぼちぼち大きい箱です。
重さは2キロ。
箱の中身にはエンクロージャーに使用する部品やカラーの説明書が入っています。

WP-SPMF4-1-3WP-SPMF4-1-4WP-SPMF4-1-5
一番右の写真がエンクロージャーの正面になる板材です。
こう見るとエンクロージャー小さいですね。

そうそう。とっても重要な話です。
完成させるには、別途用意する必要があるものがあります。
このエンクロージャー、スピーカーユニットがついていません。ホントに箱だけなんです。
今回作るエンクロージャーは「ONTOMO MOOK(8月19日発売)付録のマークオーディオ製スピーカーユニットに対応」しているとのことなので、★「ONTOMO MOOK これならできる 特選スピーカーユニット 2020年版マークオーディオ編 ▲航空便不可▲ / ISBN9784276963115」の付録スピーカーユニットを使います!

あと、絶対必要!なものがあります。それは・・・★「木工用ボンド」!!
これがないと組み立てられないですからね。

工具
プラスドライバー(No.2)
L定規 又は三角定規など直角がみられる定規
ラジオペンチ
が必要です。

あったら便利!
・濡れ雑巾・・・はみ出たボンドを拭き取る用
・吸音材・・・必要かと思っていたんですが、好き好きなんだそうです!


さーて、部材が揃ったので、組み立て作業に入ろうと思います。
説明書がカラーなので、分かりやすいです。

ちょっと迷った所の解説をしますね。
■ボンドの量!
WP-SPMF4-1-6WP-SPMF4-1-7
これくらいでいいそうです。(左写真)
はみ出たボンドは、濡れ雑巾でふき取っておきましょうね。
ボンドは5分もすると固まり始めるそうなので、はみ出た時は手早く拭き取りましょう。
接着面にはみ出たボンドをそのままにすると、固まったボンドのせいで隙間ができちゃうんです。
板材同士に隙間が出来ると音漏れの原因になったり強度が出なくなるので注意が必要です。
固まったボンドはカッターやヤスリなどでカリカリ剥ぎ取るのも手ですが、固まる前に濡れ雑巾でサッとふき取るのが楽ですよ♪


■L定規の必要性!
WP-SPMF4-1-8WP-SPMF4-1-9WP-SPMF4-1-10
このL定規があれば、きちんと90度直角にMDF材がくっついているかが確認出来るわけですよ!
すごく安心!!!定規をあてたときに隙間が出来ればそっとMDF材を動かして修正してくださいね。


というわけで、ボンドをつけて、しっかり位置合わせ。
WP-SPMF4-1-11WP-SPMF4-1-12WP-SPMF4-1-13

WP-SPMF4-1-14WP-SPMF4-1-15

WP-SPMF4-1-16WP-SPMF4-1-17


次は「ターミナル」をつけます。
WP-SPMF4-1-18WP-SPMF4-1-19WP-SPMF4-1-20
ネジ穴の位置がちょっとズレてる…?と思いますが、ターミナルをぐっと動かすとエンクロージャーの穴と合いますのでネジで取り付けましょう!

次は「バスレフダクト」(可変バスレフポート)
WP-SPMF4-1-21WP-SPMF4-1-22

オカポン的に迷ったポイントはこちら!
■この円いスポンジ、何!?
WP-SPMF4-1-23
パッキン」だそうです。(説明書にも記載してました★)
このパッキンはダクトを取り付けた際、エンクロージャーによっては板との間に隙間が出来ることがあるそうで、そう言う場合に隙間を埋めるために付いてるんだそうです。
今回製作しているエンクロージャーは取付時に隙間が出来ないように設計されてるので、使用しなくても問題ないそうです。もちろん使っても問題ないですよ。
ただ、使用する場合ネジ穴がパッキンで塞がれちゃうので、取り付けるときは穴あけをしないといけませんね。オカポンはつけませんでした!

■「カチッ」て音しない…
WP-SPMF4-1-24WP-SPMF4-1-25
説明書にはダクトをジョイントする時、カチッと音がしてはまるみたいなんですが、オカポンが組み立てたダクトは音がしませんでした。
上手く作れていないんじゃないかと不安になりましたが、ロットによってはカチッと音がしないものもあるそうです。
中を触ってみて、段差が無ければ問題無いそうですよ。


ということで「バスレフダクト」を取り付けます。
WP-SPMF4-1-26WP-SPMF4-1-27WP-SPMF4-1-28

WP-SPMF4-1-29WP-SPMF4-1-30


さて、次は★吸音材です。
WP-SPMF4-1-31
最初でも書きましたが、吸音材を入れるか入れないかは好みなんですって。
吸音材って、エンクロージャーの中での音の響き具合を変えるために入れるんだそうで、一度音を出してから入れる入れないを決めた方がいいみたいです。
でもそうなると音を出した後にどこかをバラして吸音材を入れないといけないって事ですよね...メンドクサイ...
吸音材を入れると、モコッとした音になるそうです。・・・・・もこっ???

で、問題発生
説明書に書かれている吸音材の「好みの量」が分かりません!
説明書には「「内部構造写真」のようにふんわりと浮いた状態」と書いているんですが、エンクロージャーの中が見えないから状態が分からないよう!!!(´;ω;`)
そして、初めて吸音材を触るオカポン。
え、どうやってふわふわになるの?そこそこ硬いんだけど。。。。切るの?ハサミ?ハサミなの??
と軽くパニックになりましたが、あ、これ割けるんじゃない?と思って上の方をひっぱってみたところ・・・
WP-SPMF4-1-32WP-SPMF4-1-33
ふわふわになったーーー!!!!
ということで、エンクロージャーの中に突っ込みます。
これで良いのか、とっても不安。まぁ、ダメだったらやり直しましょう。


次は「スピーカーユニット」です。
WP-SPMF4-1-35WP-SPMF4-1-36
ラジオペンチで端子の反りを修正します。

WP-SPMF4-1-34
これね。スピーカーユニットの磁力が強すぎて…すぐラジオペンチがスピーカーユニットにくっつこう、くっつこうとするんですよ・・・・参った参った。
なんとか修正完了です!

で、スピーカーユニットに付属している「パッキン」を取り付けます。
WP-SPMF4-1-37WP-SPMF4-1-38WP-SPMF4-1-39


次に「スピーカーユニット」に「端子」を取り付けます。
WP-SPMF4-1-40WP-SPMF4-1-41WP-SPMF4-1-42
これがなかなか固くって!
ぐぐぐぐっと左右に少しずつ動かしながら、奥まで入れてくださいね。

で、スピーカーユニットをエンクロージャーに入れて、ねじ止めをしたら完成なのですー!!
WP-SPMF4-1-43wpspmf4f

完成して、ホクホクしていたんですが・・・・
・・・どうやって音楽聞くの!?
次週は、そのあたりの紹介をしようと思います。


ちなみに開封の儀からここまでで、撮影しながら・試行錯誤しながらで、だいたい3時間かかりました。かかりすぎ…?


皆さんも、ぜひ作ってみてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は9月17日です!)

このページのトップヘ