エレショップblog

半導体・センサー・マイコン・電子工作キットほか、各種電子部品の専門店「共立エレショップ」から主に電子工作の関連情報をお届けします。 http://eleshop.jp/

記事担当:
ハンダ付け必要-非マイコン系

前回は、★「DSP FMラジオ キット / DS-RAD02」に、オプションパーツの★「スピーカーボックス」を取り付けました。

★「電工女子、WonderKitを作ります!(第27弾:DSP FMラジオキットです)★1」
★「電工女子、WonderKitを作ります!(第27弾:DSP FMラジオキットです)★2」
★「電工女子、WonderKitを作ります!(第27弾:DSP FMラジオキットです)★3」

DS-RAD02-4-1
そうそう、アクリルパネルに取り付けた「紙止め」は↑の写真のように使います
毎年、共立電子産業で配布しているカレンダーがピッタリサイズで止められます。
大きささえ合えばチラシや写真、メモなど色々挟むことが出来るので、ぜひ活用してみてくださいね!

と言ったところで。
無事完成してキチンと音もなったので大満足なのですが、ラジオの音を聞いているとやっぱり気になってきました。

『DSP』ってなんだろう...

今回はその辺を私なりに解説してみたいと思います。

まず『DSP』というのはDigital Signal Processor」の略なんだそうです。
「デジタルシグナルプロセッサー」。つまり信号をデジタルで処理する装置、ってことですね。
ラジオの電波をデジタルで処理すると何がいいかというと、受信した電波の検波や復調とかの面倒な処理が楽になるんだそうです。
ほかにもノイズを少なくできるのもデジタルの利点なんだそうです。
商品説明にドヤァって書いてある『Silicon Labs社製の高性能FMラジオレシーバチップ「Si4831」』がその『DSP』って訳なんですね。
このチップのおかげで簡単に少ない部品で音質のいいラジオが作れると言う訳なのです。

ちなみに普通のラジオは受信した電波の検波や復調を人の手で調整する必要が有るようで、キットなどで自作した際はこの辺りが難しいみたいです。

と、まぁネットで見つけた説明をまとめてみました。

ラジオというと古い機械というイメージがありましたけど、ラジオもちゃんと進化してて、『DSP方式のラジオ』というのは最新のハイテクラジオ、なんですね。


それにしても聴けば聴くほどいい音質です。
改めてラジオの良さを実感してる今日この頃ですよ。
それにラジオは災害時にも便利な情報を得る手段です。
この機会に1台製作してみては如何でしょうか。
DS-RAD02-3-20DS-RAD02-3-19DS-RAD02-3-21


皆さんもぜひ、作ってみてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は10月29日です!) 

記事担当:
ハンダ付け必要-非マイコン系

前回は、★「DSP FMラジオ キット / DS-RAD02」を完成させました。
★「電工女子、WonderKitを作ります!(第27弾:DSP FMラジオキットです)★1」
★「電工女子、WonderKitを作ります!(第27弾:DSP FMラジオキットです)★2」

オカポンがスピーカーの取り付けを勘違いしたり、なんやかんやありましたが無事に作り終えました。
DS-RAD02-2-34DS-RAD02-2-35DS-RAD02-2-36

結構音きれいだなー、とそれなりに満足していたのですが、実はこれで終わりではなく、オプションパーツなるものが発売されているんですよね。
それがこれ!★「DSP FMラジオ専用 スピーカーボックス / DS-SPBOX」
dsspboxadsspboxcdsspboxb


なんとこのスピーカーボックスを、前回作ったラジオの背面に取り付けるだけで、音質がパワーアップするのです!
ほっほーーーん。ほんとに音が良くなるの??
ということで、今回は専用スピーカーボックスを取り付けてみようと思います。

まずは、パッケージ
DS-RAD02-3-1


中身はこんな感じ。
DS-RAD02-3-2
思ってた以上にパーツが少ないです。

さて、説明書…って、最初に驚いたこと。
ハンダで固定するの!!!?
ネジとかで固定すると思ってたので、ちょっと驚きました。

と言う訳で、早速組み立てて行きましょう!
まずは、スピーカー側板をラジオに取り付けます。
あ、そうそう。作業をするときは、必ず「電池を抜いて」くださいね!
電源を切っているから大丈夫~と思っても、微量ながら電気は流れているので危ないですよ!
DS-RAD02-3-3DS-RAD02-3-4DS-RAD02-3-5
側板の銀の部分と、ラジオ本体の銀の部分が重なるように取り付けてくださいね。
この銀の部分にハンダを付けていきます。なので銀色同士がくっついていないとハンダをしても意味が無くなってしまうのです。

で、ここからオカポンの超苦手箇所。
基板の白い線に合わせて、まっすぐになるように取り付けます
板が斜めになっていないか、位置がズレていないかよく確認
きれいに直角
きれいな四角形
キッチリ!キレイに!!なんて無茶ぶり!!!

・・・・・
かなり時間かかりました。はい。
まっすぐ、揃える、の箇所ね。トテモガンバリマシタ。

では苦労の軌跡をご覧ください。
まずはハンダ箇所に一旦ハンダを少し流して仮止めしておきます。
DS-RAD02-3-6


で、微調整しながら板同士がきれいな四角形になるように動かします。
DS-RAD02-3-7DS-RAD02-3-8
ハンダ溶かして、板動かして、ハンダが固まるまで(ハンダ量が多いので、すぐに固まらない)板のポジションを固定させて。上や横から見て直角か確認して、まだ歪んでいたらハンダ溶かして…の繰り返しです!

まぁ、結果的に右側はキレイに底板がハマったんですが、左側はハマらなかったので再調整したんですけどね!!!
それも、底板はめる時って、すべての固定箇所にハンダ流した後なので、微調整がとってもし辛いんです。なので、仮止め段階できちんと直角にしておきましょうね。

ということでこんな感じ。
DS-RAD02-3-9DS-RAD02-3-10
あぁ・・・確かにこう見ると、向かって左側の右板が内側にズレてますね・・・。(写真撮ってる時は気付いてなかった)
こんな少しのズレでも、底板が入らないんですよ…やんなっちゃう。


次の作業は、吸音材を入れます。
半分くらいの厚みになるように、真ん中あたりで割きます。
DS-RAD02-3-11DS-RAD02-3-12DS-RAD02-3-13
で、ラジオのスピーカー内に入れます。
ちょっとはみ出るかもしれませんが、押し込むので問題無しです!

というわけで、底板登場
DS-RAD02-3-14
右側はすんなり入りました。

でもね。左がね…底板の穴に、出っ張りが入ってないよね…
DS-RAD02-3-15DS-RAD02-3-16
ということで、再度微調整して入りましたよ!!ふぅ、頑張った。
一応、少しなら手で押し曲げることも出来るみたいですが、それでも治らなかったので、側板の調整をしました。

最後は、底板の8か所(左右合せて、16か所)をハンダ付けするんですが、全箇所ハンダ付けしないといけないって訳でもないんです。
横側に対角で2ヵ所(左右合せて、4か所)ハンダ付けしてもOKです。
DS-RAD02-3-17DS-RAD02-3-18
吸音材を取り替えたり、スピーカーを取り替える予定がある人は、最低限のハンダ付けで外しやすくしておくのがオススメです!

ということでこんな感じ!
DS-RAD02-3-20DS-RAD02-3-19DS-RAD02-3-21
厚みがある方が格好いいですね!!
しかもカバーの分重心が少し後ろに行くのでラジオ自体が安定したような気がします。

さて、では音がどう変わったか聴いてみましょう!

元々ラジオの音がとっても良いので、トーク系のラジオを聞いてもそこまで差は感じられませんでした。低音・・・・うん、低音きれいになったか、な??って感じ。
ただ、音楽系のラジオだと、オーディオプレイヤーで聞いてるようなきれいな音だと思いました!でも、元が音キレイだからなぁ・・・。

結論!!
専用スピーカーボックスを取り付けるとラジオ本体に厚みが出て、格好良くなる。(オカポンの主観です)
スピーカーも保護されて、ちょっと音が良くなる、で¥990(2020.10.15現在の価格です)
安いと思うか高いと思うかは、アナタ次第です・・・。



今回の作業、約30分くらいで完成しました。
写真を撮りながらということもあったんですけど、それでもコツをつかめば早いですよ♪

皆さんもぜひ、作ってみてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は10月22日です!) 

記事担当:
ハンダ付け必要-非マイコン系


前回は発売当初から見た目が格好いいな~と思っていた、★「DSP FMラジオ キット / DS-RAD02」を作り始めました。

先週は表面のハンダ付けまで終わらせました
DS-RAD02-1-26

今回は、その続き。裏面側の作業に取り掛かります。

11.基板裏面ジャンパー
まずは、ジャンパー箇所にハンダを盛って接続します。
DS-RAD02-2-1DS-RAD02-2-2
ハンダをモリッと盛るとジャンパー出来ますよ。

そしてここ。ハンダを盛る場所が分かりにくかった所です!!
DS-RAD02-2-3DS-RAD02-2-4
「WFM」もジャンパー箇所にハンダを盛るんですが、なぜか基板の文字が白くなくって…
基板に光を当てて左下を注視して、やっと「あ!字がある!!」ってなりました。


12.DCジャック
DS-RAD02-2-5DS-RAD02-2-6DS-RAD02-2-7
毎度の事ながらハンダがもりもりです。

13.φ3.5ステレオジャック
DS-RAD02-2-8DS-RAD02-2-9
ちなみにこの端子はイヤホン用ではなくて、アンテナを挿すためのジャックです。
付属のロッドアンテナを挿します。

全体的にはこんな感じ。
DS-RAD02-2-10


14.電池ボックス
DS-RAD02-2-11DS-RAD02-2-12

電池ボックスの足なんですが、長くて太くて硬いんですよ!
ニッパーで切る時めっちゃ力いりますし、手でカバーしとかないとカットした足が自分の方だったりあらぬところに飛んで行って超危ないです!!!気を付けてくださいね。


15.スピーカーの取り付け
DS-RAD02-2-13DS-RAD02-2-14


はい、オカポンが勘違いして取り付けして、完成させた後で「どうしてこうなった!」ってなった箇所です。あー恥ずかしい。
ちなみにどう間違えたかというと↓
DS-RAD02-2-17DS-RAD02-2-15DS-RAD02-2-16
スピーカーが固定されてなくて、ブランブランしてます。
そう、何も考えずにスピーカーをハンダ付けした結果です。

正しくは・・・
基板の表面からスピーカーを入れて、ハンダ付けするんです。
DS-RAD02-2-19DS-RAD02-2-20
で、アクリルを表面に取り付けて、スピーカーを固定するんですねー。
間違えても後戻り出来る箇所で本当に良かった…。

では、スピーカーの取付方を。
DS-RAD02-2-18
スピーカーの端子部分に0Ω抵抗を取り付けます。
0Ω抵抗の足をある程度短く切ってから取り付ける方法と、足を切らずに長いままハンダ付けして後から飛び出た足をカットする方法があると思うんですが、両方試した結果、オカポンは先に足を切ってからの方がやりやすいなーと思いました。

あと、スピーカーの磁力が思いのほか強くて、コテ先がスピーカーに引き寄せられるんですよ。
めっちゃ怖かったです…。


16.スピーカ止め板の取り付け
ここがね…パーツ名になじみが無さ過ぎて、説明書見ても「どこのパーツのこと?何のこと???」状態になります。2ページ目にパーツイラストとパーツ名が載っているので、そこで確認しましょうね。

アクリルは台紙がついているので、組み立てる前に台紙をはがしましょう!
水をつけるとスルリンっと取れますので楽ですよ!
ということでアクリルの取り付け。
DS-RAD02-2-21DS-RAD02-2-22DS-RAD02-2-23
プッシュリベットの機構が面白い・・・!!!
頭をぐっと挿し込むと、足が開いて真ん中の芯?が出てくるんですよ!これで固定されるようです。
プッシュリベットはあとから外すことも出来ます。そのおかげでオカポンは取付を間違えたスピーカーを元に戻すことが出来たんですよね。


で、説明書5ページ目の上部なんですが、見方が分かりにくくなっています。
DS-RAD02-2-24

まずは、「アクリル樹脂パーツ 紙止め」の準備をします。
紙止めって何よ?と思うんですが、完成後にスピーカーの前(正しくは大きいアクリルの前)に、小さめのカレンダーや写真(L判)を入れることが出来るんです。
前に紙があるとラジオの音が聞こえにくいんじゃないのかなーとずっと思っていたんですが、完成後に実際カレンダーを入れて音を聞いてみたところ、全然影響なかったです!
「アクリル樹脂パーツ 紙止め」と言うのは、その紙をささえる(止める)パーツ、ということですね。
現物はこれ↓です。
DS-RAD02-2-25DS-RAD02-2-26
ただ、さっきのプッシュリベットのようにぐっと押し込んではいけません!
ここでは通すだけにしましょうね。

で、大きいアクリルを基板の上に置いて、基板とアクリルの間にスペーサーを横から入れる、と説明書に記載されています。
DS-RAD02-2-27


でもオカポン、横から小さいパーツを入れるの苦手なんで、スペーサーを4個基板の穴位置にあわせて置いて、大きいアクリルをその上にそっと置きました。
DS-RAD02-2-28

穴位置から微妙にズレても、ピンセットなどで修正すればいいので問題無さそうです。
で、さっき作った「アクリル樹脂パーツ 紙止め」を乗せて、プッシュリベットをグイッと押し込みます。
DS-RAD02-2-29DS-RAD02-2-30DS-RAD02-2-31


17.脚の取り付け
DS-RAD02-2-32DS-RAD02-2-33

+ドライバー(2番)が必要です。
手でしめることも出来るんですが、ドライバーを使った方がしっかり固定できますよ。


ということで、完成ですー!!!!
DS-RAD02-2-34DS-RAD02-2-35DS-RAD02-2-36


シリコンハウス3Fの「ものづくり工作室」で作業したんですが、完成した勢いで本体にロッドアンテナをつけて早速ラジオを聞いてみました。
最初雑音だけでラジオ放送らしい物は何も聞こえなかったんですが、ちょっとラジオを持ち上げたらまだまだ雑音混じりですがラジオ放送を聴くことが出来ました!!
DS-RAD02-2-37

で、作業終了後。
シリコンハウスの入っているビルの5F、普段仕事をしている事務所のデスクで再度聴いてみたんですが、音がかなりきれいで、これまたびっくりしました…。
え、こんなに音違うの?ってなりましたよ。
工作室って、たぶんいろんな電波が飛び交ってるんだろうなぁって思いました。


今回の作業、約1時間くらいかかりました。
写真を撮りながらということもあったんですけど、間違えた分を修正したりして…で、結構時間がかかっちゃいました。合計で2時間30分です。

皆さんもぜひ、作ってみてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は10月15日です!) 

このページのトップヘ