エレショップblog

半導体・センサー・マイコン・電子工作キットほか、各種電子部品の専門店「共立エレショップ」から主に電子工作の関連情報をお届けします。 http://eleshop.jp/

記事担当:
ハンダ付け必要-非マイコン系


2020年初の工作記事は、サンハヤトから出ている★「ハンダ付け電子工作キット(雪だるま)」を紹介しようと思います!!
esk01a

今の時期にピッタリ!!オカポン的に今一番エモい電子工作キットなのです。
なぜなら初心者にとっても優しい部品点数(14点)、簡単だけど見た目も可愛い!
そしてなにより、あらかじめ電池が入っている!これはとっても嬉しいポイントですね!

では早速、パッケージを開封してみましょう!
SH-yukidaruma-1
基板の雪だるまがとっても可愛いですよね!!
でも、基板にイラストが描いてあるのってホント新鮮。
こういう基板にイラストが描かれてる可愛いキットがもっと増えればいいのに…と思ったり。

そして今回のキットも、ハンダ付けは数回しかしたことが無い「しげぽん」に作ってもらいましたー!

サポートもアドバイスも特にせず、キットだけを渡して作ってもらったので、初心者「しげぽん」がどういうところに躓くのか聞かせてもらいました


まずは、抵抗
SH-yukidaruma-3SH-yukidaruma-4

抵抗って足の根元部分を曲げなければいけないんですが、この曲げる位置を間違えると(根元よりも少し離れた場所で折り曲げたりすると)、抵抗が基板の根元まで入らなくて取り付けにくかったそうです。

KP-ODO602-1-7ta04-7
こんな感じで、ギリギリ根元で折り曲げましょう~!

抵抗、スイッチ、トランジスタを組み込んだらこんな感じ。
SH-yukidaruma-5


次の躓きポイントはコイン電池ホルダ
SH-yukidaruma-7SH-yukidaruma-6

オカポンも今まで何回か経験したことあるんですが、コイン電池ホルダの下に支えるための足があるんですよね。
コレのせいでコイン電池ホルダの本体がカタカタ動いてハンダ付けしにくいんですよねー。
マスキングテープでコイン電池ホルダと基板を固定するか、★「ヘルピングハンズ」★「NEWてだすけ君2 / 2TD-B」を使うと、カタカタを気にせずハンダ付け出来ますよ!
SkyBerryJAM-1-19tedasukekun2-11tedasukekun2-2


もう一つ、躓きポイントは部品を取付ける順番
説明書に順番が書いているようで書いていないので、取付ける順番に戸惑ったようです
慣れている人は「説明書のココ見ればわかるやん!」って思うんですが、電子工作を初めてする人って説明書を上から順番に見る傾向が強い(と、オカポンは思います!)ので、自由な書き方をされると戸惑うんですよ。

一応、背の低いものから順番にハンダ付けしていく、ということで順番は書いてくれているんですが、3番目(3種類目)にハンダ付けする「NPNトランジスタ」の注意点が、6番目に取り付ける「電解コンデンサ」の下に書いてあったりして、こういうところが躓きポイントなんだろうな~と推測。


それでも頑張って組立てくれて…
SH-yukidaruma-8SH-yukidaruma-9

無事完成しましたー!!!

スイッチを入れて、いざ点灯!!
SH-yukidaruma-10SH-yukidaruma-11SH-yukidaruma-12

鼻の黄色LEDが光って、胸元の赤と緑のLEDが交互に点灯します。
ただLEDが光るだけなんですけど基板に描かれた雪だるまのおかげでとっても可愛く見えちゃいます。
やっぱりこういう工夫って大事ですよね。


ここでキットは完成なんですが、「しげぽん」が手を加えてくれました。
実はこの基板、「雪だるま基板」と「回路基板」で切り離すことが出来るんです。
esk01b

分割したあと、別売りの配線材で基板同士を繋げます。
SH-yukidaruma-15SH-yukidaruma-2
もともと繋がってた通りに配線材で繋いでくださいね。
じゃないとLEDがちゃんと光りませんので。

基板をつなげ終わったら基板の裏面同士をくっつけて、もっとコンパクトにして飾りやすいようにします。
ただ、このまま基板の裏面同士をくっつけるとハンダ付けした部分があたってショートしそうですよね。
そこで、以前オカポンが★「音が鳴る貯金箱」を作った時に使った★「絶縁スポンジシート」を使うことにしました!
ta04-3-9ta04-3-11

片方の基板の裏にだけシートをつけて、もう片方にはセロテープや両面テープを貼り付けます。
こうすればショートすることもなく、安心して背中合わせで使えます♪
SH-yukidaruma-16SH-yukidaruma-17

これを、こんな感じで可愛い置物にしてくれました!!
SH-yukidaruma-13SH-yukidaruma-14

瓶の下で光ってるのは★「コイン電池LEDワイヤー/電球色」★「コイン電池LEDワイヤー/緑色」です。
スポンジ(緩衝材)で基板を固定しているので、光が淡く拡散して綺麗ですね。
こんなアレンジがしやすのもこのキットならでは!だと思います。


みなさんもぜひ、光る雪だるまを作ってみてくださいね♪

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は1月30日です!)

記事担当:
イベント関連


今日のブログは先週末に開催した「電子工作でおしゃべりな宇宙人をつくろう♪」のイベント報告をしたいと思います!
このイベント、今まで外部イベントとして2回やってみて大好評だったんですが、ホームグランドの「ものづくり工作室」ではやってなかったという話が電工女子会の中で上がったことと、以前のイベントで参加したかったけど満席で参加できなかった!というお客様の声をいただいたので開催することになりました!
talkingALIEN-1


開催した日は1/11(土)
時間は、午前が10:30~12:30午後が13:30~15:30の2回行いました。
作ってもらったキットは、自分の声を復唱(マネ)してくれるぬいぐるみです!
talkingALIEN-3


シリコンハウス1階で受付を済ませて「ものづくり工作室」に来てもらったら、宇宙人の身体になる靴下(顔部分)・リボン(足部分)・部品パーツ(デコ用)を選んでもらいました
talkingALIEN-2
この靴下にするならリボンはこれかな。じゃあパーツはこれかな、いやでもこっちも捨てがたい!と悩んでいる子がたくさんいらっしゃいました。
どの柄にしようか悩みますよね~!と微笑ましく見ているオカポンなのでした。


参加者全員が宇宙人の素材を選び終わったら、いよいよイベント開始です。
最初の挨拶が終わったら、まずはハンダ付けのレクチャー&練習です。
talkingALIEN-7talkingALIEN-10talkingALIEN-11

ハンダ付けの方法を1つずつ紹介し、手順ごとにスタッフがテーブルで実際にお手本を見せます。
しっかりと練習時間を取ることで「ハンダ付け」に慣れてもらい、自信をつけてもらいました。

ハンダ付けになれてもらった人から、本番のキット製作です!
talkingALIEN-12talkingALIEN-13talkingALIEN-16

キット製作の説明書も、イベントの度に説明文とか流れを見直して作り替えてきました
今回も手を加えた説明書を見ながら作ってもらったんですけど、ちゃんと分かりやすくなってたのかなぁとちょっと不安。本当は説明書だけでスムーズに作ってもらえたら良いんですけど。
いつでもサポートに行けるように心の準備は万端にしていました。

宇宙人の中身の基板が完成したら、次は宇宙人の体のぬいぐるみ作りです。
talkingALIEN-9talkingALIEN-17
みんな楽しそうに宇宙人をデコって「おしゃべり宇宙人」を作ってくれました!


今回は今までとは少し違って、宇宙人が出来たら試してみよう!とこんなお題を用意しました
talkingALIEN-8

(1)宇宙人に話しかけてみよう
 →最長何びょうぐらいの話を宇宙人はおぼえられる!?
(2)宇宙人どうしで会話させてみよう
 →宇宙語でしゃべりだすかも!?


このお題に沿って、みんなそれぞれ完成した宇宙人に話しかけてくれていました!
周りの音がザワザワしているとその音を拾おうとするので秒数は変わってくるんですが、この宇宙人は大体5秒くらい覚えられます♪
みんな目一杯しゃべらせようと話しかける長さを変えたり工夫してました。


お題の(2)、宇宙人同士で会話させる方法は、まず作った宇宙人を「集会場」に持ってきてもらいます。
talkingALIEN-6talkingALIEN-14talkingALIEN-15

その中の1人が、宇宙人に話しかけます。その時、他の宇宙人のスイッチは切っておきます。
最初の宇宙人が話し始める前に、他の宇宙人のスイッチをオンにし、最初の宇宙人が話す言葉を他の宇宙人に復唱させます。
すると伝言ゲームのように宇宙人の話す言葉がおかしくなっていって、それは宇宙人が多ければ多いほど大変なことになっていくんです…(笑)
この宇宙人、近くの話し声をマネしてくれるんですが、そっくりそのままではなく音が高くなって再生されるんです。しかもちょっと不鮮明な音声にって話し出すんですよね。
ということは、どんどんどんどんどん高くなって、聞き取れない言葉(音)が出る、という現象が加速して行って…。
作ってくれたみんなが、楽しそうに宇宙人同士の会話を楽しんでくれて、見ているこちらも楽しくなりました♪

みんな無事完成したら、集まって写真撮影です♪
talkingALIEN-4talkingALIEN-5


初めてハンダ付けを体験してくれる子も多い中、みんな無事完成させることが出来て、とっても嬉しかったです!


みなさん、本当にありがとうございました!


他のイベントやセミナーなども、このエレショップblogシリコンブログで告知しますので、今回のレポートで興味を持った人は是非参加してみてくださいね!

電工女子会だけでなく、共立電子産業は他にもセミナー・イベントを随時行っています。
こちらのページでも情報アップしていますので、イベントに興味のある人は要チェックですよ!


(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は1月23日です!)

記事担当:
イベント関連

明けましておめでとうございます!!!

2016年1月7日にスタートしたこの「エレショップblog」、なんと5年目に突入です!!
昨年も同じことを思いましたが、こんなに長い間途切れさせることなく記事を書き続けることが出来るとは…オカポン自身ビックリです!
これもひとえに皆様の応援のおかげです。
本当にありがとうございます!

さてさて、昨年も沢山のイベントに参加したり開催したりしました。
今回のブログでは、2019年の電工女子が参加したイベントを振り返ってみようと思います。 


まずは2月2日
micro:bitではじめてのプログラミング体験♪-2-
使いやすくて分かりやすくて面白い!★「micro:bit」を使ってイベントを行いました。
アクリルのベースを組立てて、アイロンビーズにLEDをはめてデコレーションしました。
組立が終わったら簡単なプログラミングのレクチャーをして、みなさんそれぞれにプログラミングを楽しんでもらいました。
MBevent2-2-17MBevent2-2-14MBevent2-2-23


3月29日
目指せ、脱Lチカ!超初心者向け、大人のためのArduino講座
このイベントは電工女子会で何かしたわけではなく、シリコンハウス3階のものづくり工作室で行われたイベントに潜入させてもらっただけなんですが。
それにしても女子力炸裂なイベントでした。
「面白い!」「かわいい!」「作ってみたい!」と思わせる要素が満載でした。
電工女子会ではこうはいかないなぁってかなり憧れたイベントでした。
31012


4月20日
micro:bitではじめてのプログラミング体験♪-3-
2019年2回目のmicro:bitイベント。
この時はmicro:bitで音を鳴らすことが目的でしたので、「ユーフォニアム型」のアクリルケースを新たに作りました!
micro:bitで音物は初めてでしたが、みなさんの力作を聞かせてもらい感動しました!
MBevent3-2-10MBevent3-2-15MBevent3-2-19


6月1日
サイエンス・メイト 電子工作教室「きらきらフレンズをつくろう !!」
今回は初めての会場、大阪科学技術館でのイベント!
定員超えで抽選になったということで、電子工作をしたい、興味がある!と思ってくれている子供たちが沢山いてくれたんだなぁ…と嬉しかったです。
作ったキットは音や振動を感知して光る「キラフレンズ」です。
みんな楽しんでくれたみたいで、本当に良かったな!と思えました。
smate-1smate-12smate-23


7月6日
暗闇で光り輝く!LEDの光で表情を変えるレジンアクセサリを作ろう!
春に大好評だった「目指せ、脱Lチカ!超初心者向け、大人のためのArduino講座」の主催者の方々が「まざあ・ぼーど」というグループを結成して、本格的に活動を始められました。
この日も電工女子会は参加者の立場でイベントに潜入させてもらいました。
このイベントではレジンと電子工作を組み合わせたアクセサリーを作っていました
参加者の皆さんも熱心に質問などされて、とても充実したイベントでした。
5813


7月20日、21日
は、電工女子会として3回目のメイカーズバザール!!
初お披露目の「おしゃべり宇宙人」
でワークショップを行いました!
ぬいぐるみの中に電子基板が入っていて、自分のしゃべった言葉を宇宙人みたいな声で復唱(マネ)してくれるんです!
有りがたいことに事前予約だけで席が埋まりまして、当日参加したい~!と言ってくれる方も沢山いらっしゃって、うれしいやら申し訳ないやら…
個性豊かな作品を沢山みることが出来て、びっくりしましたよ!
makersbazaar2019-2-5makersbazaar2019-2-16makersbazaar2019-2-46


8月3日
~夏休みハンダ付け体験会~ 金属探知機で宝さがし♪3
2018年に開催して好評だったイベントのバージョンアップでした。
この時は、電工女子会主催ではなく、「シリコンハウス」主催で女子会はお手伝いをしました。
ランドが小さく、ハンダ付けの難易度が高めなキットなんですが、みんな頑張って作ってくれてました。
完成した後は恒例の金属探知機で宝探しをしてもらいました!
0803kinzoku-eve-40803kinzoku-eve-90803kinzoku-eve-16


8月24日
第2回OITサマーキッズカレッジ 音や振動をキャッチして光る電子工作キットをつくろう!
大阪工業大学梅田キャンパスで開催された『第二回OITサマーキッズカレッジ』に参加させていただきました!
ビックリするほど広くてとっても綺麗な場所でワークショップをさせてもらいました。
製作するキットはおなじみの音や振動を感知して光る「キラフレンズ」です!
前半はハンダ付けのレクチャー、ハンダ付けに慣れて自信がついたら本番のキット製作です。
キット完成後、お楽しみのレジンでデコレーションです!
みんな真剣に楽しんで工作をしてくれました。
81418


9月14日
子供の科学『KoKaスクール電子工作コース ポケデンエントリークラス』
こちらは、見学させていただいたイベントです。
講師は伊藤尚未先生!
必要な電子部品を下の階にあるシリコンハウスに行って自分で集める所から始める本格的な電子工作イベント!
部品表を持って売り場に行き、自分で必要な電子部品を集めていきます。
集め終わったら工作室に戻ってハンダ付けの仕方を教えてもらい、キットを完成させていきます。
完成後は伊藤先生の回路の説明がありました。
さすがKoKaスクール!レベルの高いイベントでした。
2815

11月2日、3日
ATCロボットストリート in 咲洲こどもエキスポ
夏に参加させてもらった「メイカーズバザール」で大好評だった「おしゃべり宇宙人」で参加です!
ありがたいことにこのイベントも事前予約だけで席がすぐに埋まりました!
今回はハンダ付けレクチャーの流れを今までと少し変えました。これで少しでもハンダ付けが分かりやすくなってたら良いんですけど。
レクチャーの後はハンダ付けの練習。自信がついたら本番のキット作りに移ってもらうので、キット製作もスムーズだったんじゃないかな、と思いました!
みんな一生懸命工作をしてくれたので、出来上がったときの満面の笑顔にこちらも嬉しくなりましたよ!
skmEXPO-2-13skmEXPO-2-43skmEXPO-2-46


こう時系列で並べてみると、すごく沢山イベントに参加・開催させてもらっているなぁ…と驚きました!
今年も色々なイベント頑張るぞ~!
電工女子(「電」子「工」作をする「女子」)として、これからも頑張っていこうと思いますので、皆さん2020年も応援宜しくお願い致しますね!

本年も、共立電子産業をどうぞ宜しくお願いいたします!


ということで、ここで2020年電工女子会初!のイベント告知です♪


1/11(土)「電子工作でおしゃべりな宇宙人をつくろう♪」です!
今まで外部イベントで大好評だったんですが、シリコンハウスの「ものづくり工作室」ではやってなかったね!という話が女子会の中で出たのと、参加したかったけど参加出来なかった、参加したかった!というお客様の声が多数届いたので、開催することになりましたー!!
まだ席は若干空いていますので、気になるな、参加してみたいな!と思った方は是非申し込みしてくださいませ~!

しっかりハンダ付けのレクチャーもしますし、スタッフがサポートとしてつきますので安心ですよ♪

皆様のご参加、お待ちしています!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は2020年1月16日です!)

このページのトップヘ