エレショップblog

半導体・センサー・マイコン・電子工作キットほか、各種電子部品の専門店「共立エレショップ」から主に電子工作の関連情報をお届けします。 http://eleshop.jp/

記事担当:
ハンダ付け不要-非マイコン系


もうすぐハロウィンですね。街の中も、ハロウィン的な装飾でいっぱい。
せっかくなんで我が家も「なにか飾りたいな~」なんて思っている人も多いんじゃないでしょうか?
最近はいろんなグッズが簡単に手に入るので、それをそのまま飾り付けするのも楽しいんですが、そういったグッズに一手間加えて、オリジナル感を出したものを作ってみませんか?

と言う訳で、今回は共立エレショップのメンバーがハロウィンの飾り付けを作ってくれたので、そちらを紹介したいと思います。
みんなステキな飾りを作ってくれてびっくりしました。
どれも簡単にできるものばかりですので、是非参考にしてみてくださいね!



その1!
パンプキンにニットキャップがマッチしていて、暖かそうですね♪
jack-s2

【使用部材】

・ニットキャップ
・造花(リーフガーランド)
・立体パンプキンバッグ丸型

【作り方】
・立体パンプキンバッグ丸型に、★電池式LEDワイヤー 電球色 5m(LEDWIRE-L5-BAT-WM)をいれる。
・立体パンプキンバッグ丸型にニットキャップを被せる。
・立体パンプキンバッグ丸型の周りにリーフガーランドを配置する。

【製作者コメント】
・電池式LEDワイヤーは丁寧にまっすぐほどく。でないと途中で切れるかも。(立体パンプキンバッグ丸型の中に入れるとき、入れやすくなります。)
・丁寧にほどくのがメンドクサイ方は結びを荒くほどいて、立体パンプキンバッグ丸型の中に合う大きさに丸めて入れてもOK。
・ニットキャップはお好みで。オレンジを使って本当のかぼちゃ型にしてみるのもありかもしれない。
・電池式LEDワイヤーの電池BOXは立体パンプキンバッグ丸型の中がオススメ。(バッグが安定します)



その2!
周りのリースがモコモコしててあったかそうです!
このリースも、クモとコウモリでハロウィン感満載ですね!
jack-s4

【使用部材】

・スパイダー&コウモリ キラキラモール
・ハロウィンフェイスバッグS かぼちゃ

【作り方】
・ハロウィンフェイスバッグに★電池式LEDワイヤー 電球色 5m(LEDWIRE-L5-BAT-WM)を入れる
・スパイダー&コウモリ キラキラモールとハロウィンフェイスバッグを配置。(スパイダー&コウモリ キラキラモールはお好みで)

【製作者コメント】
・ハロウィンフェイスバッグは破れやすい。
・ハロウィンフェイスバッグの形を整えるのが難しい。紙やポリ袋などに電池式LEDワイヤーを巻きつけて丸くし形を整えてから入れると仕上がりがキレイです。



その3!
わー!めっちゃキラキラしてて可愛いー!!!
周りのちっこいパンプキンもコロコロしてます!
jack-y2

【使用部材】
【作り方】
100円ショップでハロウィン雑貨を購入したものや、自宅にあったものを使用しました。
麻袋を敷物にした上に、ガラス製のジャックオーランタンを置きます。
コイン電池LEDワイヤー/電球色は、細いワイヤー製なので、げんこつ大位に丸めてガラス容器の中に置くだけ。
周囲を小物で飾り付けして完成です。

【製作者コメント】
雑貨を並べてるだけで簡単にデコレーションが完成します。 
壁側に置けば、ガラス容器から出るの光の影で、一層雰囲気が増すと思います。
製作費は、コイン型LEDワイヤーx1個・CR2032リチウムコイン電池x2個・雑貨4点を合わせて約1300円です。
製作時間は約3分ほどで完成です。

 

その4!
色んなキャラクターがいて、賑やかなのが良いですねぇ!
ジャックオーランタンの提灯型が可愛いです。
jack-y3

【使用部材】
【作り方】
空の木箱にキラキラモールを敷き詰めて、提灯型のジャックオーランタンを乗せます。
コイン電池LEDワイヤー/電球色は、細いワイヤー製なので、げんこつ位の大きさに丸めて提灯の口から中に入れます。
手前に小物を並べて完成です。

【製作者コメント】
雑貨を並べてるだけで簡単にデコレーションが完成します。 
こちらは玄関に置物としていかがでしょうか?
製作費は、コイン型LEDワイヤーx1個・CR2032リチウムコイン電池x2個・雑貨4点を合わせて約1300円です。
あれこれと試案しながらも、製作時間は約5分ほどで完成です。
 


組み合わせ次第で、こんなにも色々なアレンジが出来るんですね!
飾りはどれも100円ショップで手に入るものばかりですし、何よりコイン型LEDワイヤー汎用性の高さに驚きです。
ビニル製の袋とかガラス容器にLEDワイヤーを入れるだけでこんなにもきれいに見えるなんて、目からウロコでした。
作り方も簡単だし、これからの時期に色んな応用もできそうです。


みなさんも、是非ハロウィンを楽しんでくださいね!

(記事:オカポン 原案:山Pさん・S本さん 写真:山Pさん・S本さん)

更新予定:毎週木曜日(次回は10月25日です!)


記事担当:
イベント告知


昨年参加させていただいた「ATCロボットストリートin咲洲こどもフェスタ2017」。
今年も11月3日(土・祝)、4日(日)大阪南港ATCで開催される「ATCロボットストリートin咲洲こどもフェスタ2018」にワークショップで参加させていただくことになりました~!!

今回もワークショップで参加するのですが、一体どんなワークショップにしようか…と、電工女子会メンバーみんなで悩みました。
どんなことをしたら喜んでもらえるだろう?興味持ってもらえるだろう?
いろいろ考えて話し合った末に…「電子工作」にもっと触れてほしいな!と思いまして。
電子部品を扱っている共立電子産業ならでは!の!

ハンダ付けイベントをしようじゃないの~!ということになりまし!た!

思えば7月から3ヶ月の間に、私たち電工女子会は小学3年生以上を対象としてハンダ付けイベントを三度も行ないました
7/28(土)「のらとりえ 電子箱庭を作ろう!」
8/18(土)「~夏休みハンダ付け体験会~ 金属探知機で宝さがし♪」
9/29(土)「~秋のハンダ付け体験会~金属探知機で宝さがし♪2」
参加してくださった方々のハンダ付けに取り組む真剣な姿や、出来上がったキットを楽しそうに触る姿を見て、もっといろんな人に電子工作の楽しさを知って貰いたいな、もっと多くの人に参加してほしいな!と思ったんです。


ということで、今回のブログは「ATCロボットストリートin咲洲こどもフェスタ2018」のワークショップで作ってもらうキットの紹介をしようと思います♪
SKSM18-1SKSM18-2

(※写真の動物の色はイベントで使用する物と異なります)
かわいい動物の置物、のように見えなくもないですが、実は、音や振動を感知してLEDが光るキットなんです!
LEDは5つ組み込まれているのでとても明るいですし、音楽にあわせてLEDが光るのを見ると、このキットを自分が作ったんだ、と結構感動します


実はこのキットの説明書は、オカポン作っているのですが、まだ完成してません。ヘヘヘ
当日はきちんと完成させた説明書を提供しますので、安心してくださいね!

ではキットの作り方の流れをザクッと紹介します!

部品点数は、今までのキットと比べて少なめです。
SKSM18-4

まずは抵抗を基板に取り付けます。
SKSM18-3

次はトランジスタ
向きがあるので注意してくださいね。
SKSM18-5SKSM18-6

次はコンデンサマイク
基板に差し込む位置が印字されているので、その上に配置してくださいね。
SKSM18-7SKSM18-8

次は、LED
これもプラス、マイナスがあるので組み込み時には注意してくださいね。
足が長いほうがプラス、短い方がマイナスです。
SKSM18-9SKSM18-10

そして、電解コンデンサ
こちらもプラス、マイナスがあるので組み込みに注意が必要です。
SKSM18-11SKSM18-12SKSM18-13

もう一つ注意点が。
基板をよく見てください。
上と下で、電解コンデンサのプラスとマイナスの位置が逆なんです。
向きを揃えてしまうと動かなくなるので気をつけてくださいね!

最後は電池ボックスを接続します。
ここもプラス、マイナスがあります。気をつけてくださいね。
SKSM18-14SKSM18-15SKSM18-16

ココまで部品を取り付けると、基板をひっくり返した時ガタガタしてハンダ付けがしにくくなります。
取り付けた部品の高さがまちまちですから。
なので基板をひっくり返した時、マスキングテープで基板をおさえるとハンダ付けしやすいですよ!


これでハンダ付けは完成です~!

さて、基板が完成したら、あらかじめ選んでもらった「ネコ(紫)」「カエル(緑)」「クマ(赤)」のアクリル板どれか1種類と、さっき作った基板を、電池ボックスのフタにネジ、スペーサーを使って取り付けます。
SKSM18-17SKSM18-18SKSM18-19

最後に、各動物のお腹あたりに丸い円がありますよね。
ここに、ラメやスパンコールを入れて、レジンを流し込んでオリジナル性を出しましょう!
SKSM18-20SKSM18-21


これで完成です!!
ではでは!音楽にあわせて完成したキットが光る様子を動画でご覧ください♪
※音が出ます



いかがでしたか?
オカポン的にはかなり良い感じに出来てると思うんですけど!
このステキなキットを作れるワークショップに、材料費込みの2,000円でご参加いただけます!
もちろん作ったキットはお持ち帰りして頂きますので、お家でも楽しめちゃいます!
ステキなインテリアにもなりますので、持って帰ってみんなに自慢しちゃってくださいね。

そしてなんと今回は、事前予約制とさせていただきます!
時間は両日とも
(1)11:00~12:30
(2)13:00~14:30
(3)15:00~16:30

の3回です。
参加しやすい日時で予約してくださいね♪

申込みはシリコンハウス店頭(大阪・日本橋)か、こくちーずからお申し込みください。

専用ページはこちらから→
【11/3(土)】→「こくちーずPRO」
【11/4(日)】→「こくちーずPRO」




最後にもう一度、告知しますね!大事な事だから2回言っちゃいますよ!

開催日時は11月3日(土・祝)、4日(日)
時間は両日とも
(1)11:00~12:30
(2)13:00~14:30
(3)15:00~16:30
の3回で、事前予約制です。

場所は、大阪南港ATC
内容は、ハンダ付けレクチャー有りの、電子工作体験会となっています!
音(振動)に反応して光るキットとなっています。


お時間がありましたらぜご予約してくださいね!

皆さまのご参加お待ちしております!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は10月18日です!)

記事担当:
イベント関連


今日のブログは、「~秋のハンダ付け体験会~金属探知機で宝さがし♪2」のイベント報告をしたいと思います!
このイベントは8月18日に開催した「~夏休みハンダ付け体験会~ 金属探知機で宝さがし♪」が好評だったので、さらにバージョンアップした内容で行いました。
KZDT2-eve2-1KZDT2-eve2-2

開催したのは9/29(土)
時間は10:30~13:00です。
作ってもらったキットは、もうすっかりお馴染み、共立プロダクツから発売された★「金属探知機2 【キット】 / KZ-DT2」です!
KZDT2-eve-2

今回はサポートスタッフも増え、参加してくださった皆さんにより細やかなサポートが出来たんじゃないかな、と思います!
KZDT2-eve2-3KZDT2-eve2-4


そして今回も、何回やっても緊張するオカポンドキドキのハンダ付けレクチャーをしました!!!
レクチャー部分で、前回と大きく変えたことがいくつか。

・コテの扱い方の説明
・抵抗についてのお話
・抵抗のカラーコードのお話(ここが後ほどの宝探しゲームに関わってくるのです…フフフ)
・みんなで一緒に抵抗のはんだ付けをするための準備
・みんなで一緒に抵抗のはんだ付け


これらを追加しました。

そして前回同様、みんなにはんだ付けの練習をしてもらう前に、オカポンが実際にハンダ付けするところを見てもらいました
やっぱり、緊張しました…。
KZDT2-eve2-5KZDT2-eve2-11KZDT2-eve2-12

オカポンの実演で、みんなはんだ付けのコツとか分かってくれるんだろうか?といつもドキドキです。

レクチャーを聞いてもらった後は、みんなで練習タイムです!
はんだごてに慣れてもらおう、ということで、実際に練習用基板に部品をはんだ付けして、練習をしてもらいました。
KZDT2-eve2-13KZDT2-eve2-14KZDT2-eve2-15


練習してはんだ付けに慣れてもらったら、いよいよキットの製作です。
まずは準備として、抵抗の足をピンセットで曲げます
このキットに付いてる小型抵抗、はんだ付けするのちょっと苦労するんですよね。
小さいし密集してるし全部で10本もあるし。
ということで、練習の後にみんなで一緒に進めることにしました。
KZDT2-eve2-26

抵抗の足を曲げたら、事前に紙のお皿を作っていたので、その中に入れてもらいます
KZDT2-eve2-19KZDT2-eve2-20KZDT2-eve2-21

これ、昔なつかし折り紙の「パクパク(パックンチョ)」なんです。
指を入れて閉じたり開いたり、動かすことの出来る折り紙です。
これを底部分を閉じてマスキングテープで固定しています。
そしてひっくり返すと4つポケットがあるお皿になるんです!
小型の抵抗はカラーコードを見るのがとても大変なので、こうして分類しておくと取付ける時に便利なんです。

ではいよいよ、ハンダ付け開始です!
R1から順番にハンダ付けしていきます。
説明書と基板を見比べながら、該当するところに抵抗を入れてハンダ付けしていきます。
KZDT2-eve2-23KZDT2-eve2-24KZDT2-eve2-25

このキットはランドが小さくてはんだ付けが大変なんですけど、みんな頑張ってハンダ付けしてくれました!

抵抗が付け終わったら、一旦休憩です。
一休みしても良いし、そのままモクモクとハンダ付けしてもらってもOKです。
みんな一生懸命です。

休憩が終わったら、あとは皆さんのペースでキットを製作してもらいました。

さて、今回もイベント用の資料を作成しました。
前回もイベントのために金属探知機用の資料をオカポン作りましたが、今回の資料は前回の資料のちょっと修正バージョンです。
ここから使用することが出来ますよ♪
→PDF(A4:部品チェック&イベント流れ)
→PDF(A3:作り方)

金属探知機でイベントしてみたい子どもたちにハンダ付けを教えたいな~、という方は使ってみてくださいね!
(金属探知機2 「KZ-DT2」組立説明書第1版に基づく内容です)


さて、完成したら、自分で作った金属探知機を使って宝さがし」です!
KZDT2-eve2-10KZDT2-eve2-16

今回は、宝さがしのルールを大きく変えました!
まずは、工作室内にある本棚前に移動します。
古い雑誌(1970年代のトラ技!)から最近の雑誌、本までいろいろ揃っています。

その本の中から、自分の作った金属探知機を使って「宝の地図」を探します
KZDT2-eve2-17KZDT2-eve2-6KZDT2-eve2-18

KZDT2-eve2-8KZDT2-eve2-22KZDT2-eve2-9

「宝の地図」には、色のついた宝箱と、宝箱の鍵を開けるためのヒントが書かれています
そう、ここでレクチャーのときにちょろっと出てきた「抵抗のカラーコード」が関係してくるのです!
地図の宝箱の色=開ける宝箱の番号地図に書かれた3種類の色=宝箱のダイヤルキーの番号、になってるんですよ。
普通にヒントの算数を問いてもらっても鍵の番号は分かるんですけど、せっかくだからカラーコードにも親しんで欲しいな、って思ったんです。
参加してくれた子どもたちが「わ!ほんとだ!!だから紫は7なんだ!」なんてテンション上がってくれた時は、思わずニヤリ、としてしまいました。


みんな楽しそうに自分の作った金属探知機を使って宝さがしをして、問題を問いて、宝箱を開けてくれて、とっても嬉しかったです。

今回のキット、スルーホール(両面)ということもあって、製作には少し難易度が高かったのですが、みんな最終的に無事に完成させることが出来て、とても嬉しかったです!
KZDT2-eve2-7


みなさん、ありがとうございました!


他のイベントやセミナーなども、このエレショップblogシリコンブログで告知しますので、今回のレポートで興味を持った人は是非参加してみてくださいね!

電工女子会だけでなく、共立電子産業は他にもセミナー・イベントを随時行っています。
こちらのページでも情報アップしていますので、イベントに興味のある人は要チェックですよ!


(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は10月11日です!)

このページのトップヘ