エレショップblog

半導体・センサー・マイコン・電子工作キットほか、各種電子部品の専門店「共立エレショップ」から主に電子工作の関連情報をお届けします。 http://eleshop.jp/

記事担当:
ハンダ付け不要-マイコン系


本日のブログは、「micro:bitで音を出したい~!」という方に使って頂きたい!
★「「手づくり工作をうごかそう!micro:bitプログラミング」対応micro:bitスピーカーセット Ver.2
の紹介をしていこうと思います!
microbit-MUSIC1-2


実はオカポン、micro:bitイベントに参加したり自分でLED繋いで光らせたりはしたことあるんですが、「音を鳴らす」っていうこと、したことないんですよね。

したことない、には理由がありまして。
根本的な問題なのですが、micro:bitで音(音楽)を鳴らすのに、なにが必要なのか分かんない
ってことだったんです。

そんな中、共立電子産業の通販部門(共立エレショップ)がスピーカーセットを作ってくれていたんですよ!
なんと、オカポンが以前紹介した書籍★「手づくり工作をうごかそう! micro:bitプログラミング」に対応したスピーカーセットなんです!
(書籍については、こちらの記事で紹介しました♪)
★「電工女子★micro:bitと分かりやすい書籍の紹介です★」

なんだかいろいろと部品やらケーブルやらが入っていて、どこにこの部品を繋げるんだろう…?と疑問に思うんですが、バッチリ説明書もあるので接続も簡単です♪

では接続の仕方を解説していきますね。
まずは準備から。
最初にボリュームの軸を左いっぱいに回します。
microbit-MUSIC1-3
ボリュームは左に回すと音量が小さくなります。
これをしないといきなり大きな音が出てビックリしちゃいますから、やっておいた方がいいですよ。
理由はもう一つあるんですけど...それはまた後ほど。

次に、ボリュームにツマミを取付けます。
そのためにツマミについているネジをマイナスドライバーで緩めます。
緩めないと、ボリュームの軸に入りません!
microbit-MUSIC1-4microbit-MUSIC1-5


ツマミをボリュームの軸に入れたら、ツマミのポインターを左斜め下にあわせて、マイナスドライバーでネジを締めてしっかり固定します
microbit-MUSIC1-6microbit-MUSIC1-7
このポインターの位置が『音量0』の位置になります。
今回、というか多くの場合『音量0』の位置は左下になっています。
なので最初にボリュームを左いっぱいに回しておくことで『音量0』の場所が合わせやすくなってるんですね。



いよいよ接続です。
ボリュームコントローラーから出ているミノムシクリップを、micro:bitにしっかり挟み込みます。
ボリュームのツマミを正面に見て、右から出ている線を「0端子」左からでている線を「GND端子」につなぎます。
ミノムシクリップの色はセットによって変わるので注意してくださいね!
microbit-MUSIC1-14microbit-MUSIC1-15


ミノムシクリップをmicro:bitの端子にはさんだら、スピーカーの箱に入っている3.5φステレオプラグ付ケーブル(真ん中がグルグルしたケーブル)をボリュームコントローラーから出ている3.5φステレオソケットに差し込みます
microbit-MUSIC1-16


さて、いよいよここでスピーカーを用意します!
色は5色あるんですが、箱を開けるまでは何が出るかわかりません!
ドキドキしますね♪
ということで、オカポンは紫でした~!やった!初めて買ってもらったゲームボーイカラーと同じ色でした!
microbit-MUSIC1-17microbit-MUSIC1-18microbit-MUSIC1-19
裏が吸盤になっているので、ツルッとした所(机の引き出し棚の裏ホワイトボード)に貼り付けてみましたが、吸着力、結構高いです。
吸盤で固定するので、本体つつくとバインバインッて跳ねてとっても楽しいですよ!

で、その吸盤スピーカーに、さっきボリュームコントローラーに差し込んだ3.5φステレオプラグ付ケーブルの片方を差し込んだら完成です!!
プラグを差し込んだら、スピーカーの本体がボンヤリ光ります。
microbit-MUSIC1-12microbit-MUSIC1-13
こう見えてアンプ内臓のスピーカーなので結構大きい音がなるんですよ。
アンプの電源は内蔵された充電池。
なのでスピーカーの箱に入っているUSB-3.5φステレオプラグ付ケーブルはスピーカーの充電のために使用します。
microbit-MUSIC1-11
スピーカーの電池がなくなったらUSBから充電してくださいね。

これで、接続は完成です!
セットの中には「microUSBケーブル 50cm」が入っているので、これを使ってパソコンとmicro:bitを繋げるも良し。
iOS、Android対応のアプリがあるので、それをダウンロードして使っても良いですね!
microbit-MUSIC1-10

アクリルケースもセットになっているので、micro:bitの保護もバッチリですね!
microbit-MUSIC1-9


さて、では何か音を鳴らしてみようかな…
micro:bitのプログラミング画面を開きながら、これでいけるのかしら…?いや、でも簡単すぎるけど…でも間違ってない、よね?と半信半疑で作ってみたのがこちら。
microbit-MUSIC1-1
Aボタン押したら、「ニャン・キャット」の曲が流れる
ブロックはたったの2つです!

ダウンロードしてみたところ…
できたーーー!!!!
そして、スピーカーからの音、でかっ!!!!!!

シンっとした部屋だったのもありますが、ボリュームの位置、これくらいでいいです。
microbit-MUSIC1-8
(ほんのちょっと、15°くらい回してます)

想像以上に大きい音出ます。
これなら結構賑やかな場所でも使えそうですね!
音量を調節できるので色んなシーンで使えますね。


micro:bitにはもともと流せるメロディと効果音が20曲も入ってるんです!
この他にも、自分で音階を入れて曲を作ることもできるんですよ!


皆さんも、是非使ってみてくださいね~!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は2月28日です!)

記事担当:
イベント関連


本日のブログは、2/2(土)に開催した
micro:bitではじめてのプログラミング体験♪-2-
のイベント報告をしようと思います!

開催したのは2/2(土)
今回は【午前の部】10:30~13:00と、【午後の部】14:00~16:30の計2回開催しました。
場所は大阪・日本橋にある、シリコンハウス 3F「ものづくり工作室です!

イベントは、ふたつのパートに分けて進行しました。
 (1)アイロンビーズを使って、イルミネーションを作ろう!
 (2)micro:bitのプログラミングを学ぼう!
今回もまずは工作をして、そのあとでmicro:bitのプログラミングをする。という流れでした。

今回は入口付近にmicro:bit関連のキットや書籍を用意しました。
MBevent2-2-3MBevent2-2-2MBevent2-2-1
前回と同じく、ツリーも紫、赤、緑、青から選べるようにしました。


今回のイベントでも、ワークショップに入る前にまずは施設の使い方、注意事項などを説明しました。
MBevent2-2-5MBevent2-2-4


簡単な説明が終わればいよいよイベント開始!
まずは、micro:bitのアクリル板を組み立てていきます。
詳しい説明書があるので、それを見ながら組み立ててもらいました。
MBevent2-2-6MBevent2-2-7MBevent2-2-8
もちろん、わかりにくい所などはスタッフがフォローしましたので問題なしでしたよ!


ツリーの組み立てが終われば、LEDをデコレーションする為のアイロンビーズを作ります。
以前のブログで紹介しましたね。
【告知】電工女子★2/2@「micro:bitではじめてのプログラミング体験♪2」★
MBevent2-1-1MBevent2-2-21MBevent2-2-9


「急に作るって言われても分かんない…」という人にも安心してもらえるように、デザイン案も用意していました。
MBevent2-2-10MBevent2-1-3MBevent2-2-14


好きな色やデザインを変えたりしてアイロンビーズを並べてもらい、並べ終わったらスタッフがアイロンを使って固めていきます。
MBevent2-2-13MBevent2-2-11MBevent2-2-12
実はきちんと固めることができるかどうか、ドキドキしていましたよ!


アイロンビーズのデコレーションが完成したら、好きな色のLEDをアイロンビーズにさしこみます。
LEDの差し込みにはちょっとしたコツがいるので、この作業もスタッフが担当しました。
最後は「ウィンターツリー型アクリルケース」にLEDを組み込んで、本体は完成です!
MBevent2-2-15MBevent2-2-16MBevent2-2-17


10分ほど休憩をとって、次はいよいよプログラミングの説明です。
MBevent2-2-18

内容としては、
●micro:bitの初歩的な使い方
●アイロンビーズと組み合わせたLEDを、micro:bitと繋いで光らせるための方法
●スマートフォンやタブレットで作ったプログラミングをmicro:bitにダウンロードする方法
です。


まずは、micro:bitの使い方、アプリ上での見方などの説明です。
MBevent2-2-22MBevent2-2-23MBevent2-2-24


簡単なプログラミングの仕方を説明してもらったら、どういう仕組でプログラムが動いているのか、わかりやすいイメージでレクチャーしました。
MBevent2-2-19MBevent2-2-25


今回のプログラムの完成形は、
(1)micro:bit上にある、25個のLEDでアイコンを表示させる。
(2)アイロンビーズと組み合わせたLED3個を、順番に点滅させる。

 スピードや光らせる順番はお好みです♪

この他にも、micro:bitに表示させるアイコンをメッセージに変えたり、アイロンビーズと組み合わせたLEDの光り方やスピードを変えたり。
micro:bitがゆさぶられた時に光ったり、音楽を鳴らしたり…色んな可能性を秘めているmicro:bitを自由に触ってもらって、プログラミングを楽しんでもらいました
MBevent2-1-7MBevent2-1-9MBevent2-1-8


全員がプログラムまで完成したら、最後にみんなで撮影会です♪
素敵なツリーがたくさん出来ました!
MBevent2-2-20MBevent2-2-26


参加者の皆さんにお渡ししたレクチャー用の資料には「自宅でできる応用編」も入れていますので、お家に帰ってからも楽しく勉強することが出来ますよ♪
自分で応用して素敵なプログラムを作ってくださいね!
みなさんがmicro:bitを自由自在に動かせるようになってくれたらいいな、って思いました。



他のイベントやセミナーなども、このエレショップblogシリコンブログで告知しますので、今回の告知で興味を持った人は是非参加してみてくださいね!

電工女子会だけでなく、共立電子産業は他にもセミナー・イベントを随時行っています。
こちらのページでも情報アップしていますので、イベントに興味のある人は要チェックですよ!

皆さまのご参加、お待ちしております!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は2月21日です!)

記事担当:
ハンダ付け必要-マイコン系


先週は、★「栃木工業高校 こどもパソコンSkyBerryJAM 組立キット」を作ってみようと、途中まで製作していました。
電工女子★SkyBerryJAM(スカイベリージャム)、作ります!Part.1★
今週は「SkyBerryJAM」を完成させて、動作確認までしたいと思います。


と、その前に。
「SkyBerryJAM」のおさらいをしましょう。
IchigoJam(イチゴジャム)を参考に、独自の回路を追加・拡張して設計・製作した“IchigoJam互換”パソコンなんですよね。
栃木工業高等学校が企画・商品化したプログラミング専用の教材向けパソコンなんです!(IchigoJam正規ライセンス品です)


そうそう、栃木工業高校の開発者さんから教えていただいたのですが、栃木県って、50年連続いちご生産額が日本一なんですって!!知らなかった!!
なので栃木県は「いちご王国」として活動しているそうです。凄いですね!
そして「SkyBerryJAM」(スカイベリージャム)の名前は、栃木の新しいブランドイチゴ「スカイベリー」にちなんでいるんですって。
食べてみたい~!と思ったんですが、販売店が関東(東京/神奈川/埼玉/栃木)にしか無いようです・・・残念。近くに行く機会があれば、一度は食べてみたいですね!



さて、ではキット作成の続きに取り掛かりましょう~!
前回は、スライドスイッチまで組み込んだのでしたね。
SkyBerryJAM-1-34

次は、スピーカを差し込みます。
SkyBerryJAM-2-1SkyBerryJAM-2-2
このスピーカも部品自体の足は2本だけなんですが、基板の穴は4つなんですよね。
これもスライドスイッチと同じで4個の内2個は予備の穴なんですって。
今回のスピーカーは外側の穴にさしこむとピッタリはまりました!

さて、次はピンヘッダです。
SkyBerryJAM-2-3
連結されたピンヘッダがキット内に入っていると思いますが、それをニッパーで切って使用していきます
余りピンも出てきますが、気にしなくて良いですよ!
ということで、説明書の通りに切っていきます!
6ピン、3ピン、3ピン、3ピン。
SkyBerryJAM-2-4


って、「P12」は3ピンじゃなくて、2ピンでした!
SkyBerryJAM-2-5
なので、さっき切った3ピンを、1つ2ピンにします。

そしてココ重要!ピンヘッダの取付けには要注意点があります!!!
ここ間違えると、超大変です。
オカポン、1本だけハンダ付けしてから間違えたことに気付いたんですが、それでもやり直すのが大変でした…。
説明書の順番12、ピンヘッダーの「P2(6Pin)」が赤文字になってますよね。
これ、今までのように基板表面から部品をさしちゃいけないんです!!
SkyBerryJAM-2-6SkyBerryJAM-2-7


まず基板を裏返して、準備として「コネクタの固定用パターン」にハンダを流します。
オカポン、流すハンダの量が少なかったので、後々面倒くさいことになってしまいました…。
心持ち多めが良いと思います!
SkyBerryJAM-2-8

で、ヘッダーピンを基板の裏側から差し込んで、表面でハンダ付けします。
ヘッダーピンは足が長い方と短い方がありますが、どちらを差し込んでも問題ありません。
オカポンは基板側に短い方を挿しました。
SkyBerryJAM-2-9


基板表面からヘッダーピンをハンダ付けしたら、次は「USBシリアル変換モジュール」を取り付けます。
「USBシリアル変換モジュール」も写真のとおり、裏返してヘッダーピンに挿してください。
モジュールを挿したらそのままハンダ付けします。
SkyBerryJAM-2-10


「USBシリアル変換モジュール」の取り付けが終わったら、今度は準備として「コネクタの固定用パターン」に流したハンダを溶かしてUSBコネクタとくっつけます
基板の表側から追加でハンダを流し込んで付けるように説明書には描かれてますけど、うまく予備ハンダが溶けない時はUSBコネクタの横から直接ハンダゴテを当ててハンダを溶かしてもOKですよ。
オカポンはそうしました。
SkyBerryJAM-2-11

ちなみにオカポン、準備で流したハンダが少なかったので、ハンダを溶かしても量が足りずにコネクタに流れなくてですね…。
そもそもかなり狭い場所にハンダあててコテで溶かす作業なんていうのは難しく、四苦八苦しましたよ。。。

ここさえクリアできればあとは楽ちん。
残りのピンヘッダを各挿入場所へ入れてハンダ付けしていきます。
SkyBerryJAM-2-12



次は、とまどいポイントのピンソケットです~!
SkyBerryJAM-2-13

こんなやり方をしたことが無かったので、ど、どうしたら?!とちょっと慌てました。

説明書を見ると「ニッパかカッターで切り分ける(下図A)」ってあるんですよ。
SkyBerryJAM-2-14SkyBerryJAM-2-15

ピンヘッダーは切れ目が有るので、ニッパーでパチンと切り分けることができたんですけど、ピンソケットにはそういうミゾ的なものがなんにも無いんですよねぇ…

とりあえず、P4用の「14ピン」を作ろうと思い、ラジオペンチで15ピン目を引き抜きました。
簡単にスポンっ、と抜けます。
SkyBerryJAM-2-16


で、次に抜いた所の上をニッパで切ります
SkyBerryJAM-2-17SkyBerryJAM-2-18

・・・まぁ、こんな風に端が割れちゃうんですけどね!
カッターでやれば、もうちょっとキレイな切り口になったのかもしれないなー…?と思いながら、先に進みます!

ピンソケットは結構硬いので、ぎゅぎゅぎゅ、と部品を基板へ押し込んでください。
SkyBerryJAM-2-19SkyBerryJAM-2-20
隙間が出ないように、ぴったり押し込んでくださいね♪

現在こんな感じです。
SkyBerryJAM-2-21
ここからは大物、コネクタを取付けていきます。

USB Aジャックを取り付けます。
SkyBerryJAM-2-22SkyBerryJAM-2-23


RCAピンジャックを取り付けます。
SkyBerryJAM-2-24SkyBerryJAM-2-25
ハンダ付け箇所は2箇所です。
基板との間に隙間が出ないよう、しっかり押し込んでくださいね。

NPXマイコンは実装済です。
SkyBerryJAM-2-26
安心!

DCモータドライバ拡張メモリはICソケットの上から差し込みます。
SkyBerryJAM-2-27SkyBerryJAM-2-28
向きがあるので注意ですよ!

この時点で、まだ部品が余っています。
説明書を見てみると「外部電源ExPWR(P12からの5V入力)を使用する場合は接続する」って書いています。
SkyBerryJAM-2-29
この外部電源を使うかどうか現時点では分かりませんが、組み立ててしまおうと思います。
スライドスイッチ抵抗LEDですね。
SkyBerryJAM-2-30SkyBerryJAM-2-31
もうこの辺はオチャノコサイサイですよ~

ということで、完成しましたー!!!
SkyBerryJAM-2-32SkyBerryJAM-2-33
思った以上に苦労したので出来上がった時の嬉しさはかなり大きいですね!


さて、ではきちんと組み立てが出来たか、動作確認をしたいと思います。
まずは、IchigoJamと同じようにモニター、キーボード、SkyBerryJAMへの電源を確保します。
SkyBerryJAM-2-34


チェック項目は…
(1)SkyBerryJAMの電源スイッチをONにして、モニターにIchigoJam BASICの起動画面が出るかな?
SkyBerryJAM-2-35

出ました!

(2)SkyBerryJAMのResetボタンを押して、初期画面が再び表示されるかな?
SkyBerryJAM-2-36SkyBerryJAM-2-37SkyBerryJAM-2-38

されました!

(3)キーボードをうって、文字が正しく画面に表示されるかな?
SkyBerryJAM-2-39

表示されました!

(4)「CLS」と入力してENTERキーを押しましょう。画面がクリアされましたか?
SkyBerryJAM-2-40SkyBerryJAM-2-41

クリアされました!

(5)「LED 1」と入力してENTERキーを押しましょう。一番左のLEDが光りましたか?
SkyBerryJAM-2-42SkyBerryJAM-2-43

光りました!
とってもまぶしいです!


(6)「OUT 255」と入力してENTERキーを押しましょう。LEDがすべて点灯しましたか?
SkyBerryJAM-2-44SkyBerryJAM-2-45

全部光りました!
キラキラしてキレイです!

(7)「OUT 0」と入力してENTERキーを押しましょう。LEDがすべて消えましたか?
SkyBerryJAM-2-46

全部消えました!

ということで、基本動作確認も問題ありませんでした!
ちゃんと完成させることができましたよ!

ロボットやセンサと繋いだり、パソコンと連携することも可能な、SkyBerryJAM。
さてさてこれからどうやって遊ぼうかしら!

皆さんも是非作ってみてくださいね~!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は2月21日です!)


★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
栃木工業高校 こどもパソコンSkyBerryJAM 組立キット SkyBerryJAM 1個 こちらから→
工作マット / 350×250mm KP-S130 1個
USBキーボード(ブラック) / IchigoJam ORANGE Pico Orangino対応 SKB-L1UBK 1個
4.3インチ カラー液晶モニター Mon328-AV43-15WI 1個
ACアダプタ DC5V 4A WA-05400X 1個
ACアダプタ用DCプラグ変換ケーブル/2.1mmφ-USB Micro-B #38-MC 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。


★キット製作時に使用した道具は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
DASH低価格セラミックヒーターハンダこて15W
はんだ付け入門セット
FX650-84 1個 こちらから→
モデラーズニッパー α(グレイ) ITEM74093 1個
汎用型ピンセット 120mm P-880 1個
電子工作用ハンダ SD-63 1個
ワイヤーストリッピングゲージ BBM-WSG 1個
セラミックヒータータイプ用こて台 FH300-81 1個
工作マット / 350×250mm KP-S130 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

このページのトップヘ