エレショップblog

半導体・センサー・マイコン・電子工作キットほか、各種電子部品の専門店「共立エレショップ」から主に電子工作の関連情報をお届けします。 http://eleshop.jp/

記事担当:
ハンダ付け不要-マイコン系


みなさん、夏休み&お盆休み、いかがお過ごしですか?
おでかけするのも良いですけど、やっぱり外はまだまだ暑い…
ということで!!
最近、共立プロダクツから発売されたばっかりの凄い基板を紹介します!
それが★「micro:bit用 サーボ&ボイスコントロール基板」なのです!!


…と言われても「基板」なんて言われると「自分の手におえないわ〜」とか「なんか難しそう…」とか思っちゃうでしょ?まぁ、私もそうなんです。
ただ、オカポン、この基板micro:bit&レゴを組み込んだ姿を見たんですが、大興奮ものでして。
なんとレゴで作った恐竜の「目が光って」「首を振って」「鳴く」んですよ!
1枚の基板で、ここまで出来るって凄いですよね?!
という訳で、中を見てみましょー!

パーツ一覧はこんな感じ。
kpmb005a

難しそうなハンダ付けはありません
部品は全て実装済みです。
自分でするのは、サーボモータや基板をネジ止めしたりと、プラモデルチックな組み立てのみ。
あんまり難しくないのが良いですね!
そして、実は1枚の基板ではありませんでした…!なんと、3枚もあったんです。
「目が光って」「首を振って」「鳴く」のも納得です。
そして、それをmicro:bitで制御出来ちゃうんだから、これまた可能性が広がりそうです。

では3枚の基板を順番に見ていきましょう。
まずはLED基板
KP-MB005-1

基板の両端にLEDを取り付けられるようになってます。
この基板を目の部分に使うと、目が光る恐竜になるんですね。
セットには赤LEDが付いているので、標準では恐竜の目は赤く光るという訳です。
赤く光る目は凶暴な怪獣っぽくてカッコイイです!

次はスイッチが3コ付いた基板です。
KP-MB005-4KP-MB005-2

なんとこの基板、音声を録音・再生できる基板なんです。
基板に付いてるマイクから音声を拾って、その場で音を録音するボイスレコーダー基板なので、音があればすぐに録音が出来ちゃうんです。

最後は大きなスピーカーが特徴的な制御基板
KP-MB005-5KP-MB005-6

この基板にmicro:bitを接続して、LEDとかを制御します。
言わば心臓部になる基板です。

で、その3枚の基板を組み上げたらこうなります。
KP-MB005-7KP-MB005-8

なんかこれだけで怪獣っぽいですけど!
組み上がった基板の裏にはレゴに取り付けられるよう穴がありまして、これでレゴに組み込むんですね。
ちなみに録音・再生基板の上に制御基板を重ねて接続します。

ではお待ちかね。
レゴも含めて組み上がった姿を見ていただきましょう!
KP-MB005-12KP-MB005-13

あらカッコイイ!
レゴダイナソーの背中に基板がついてます。
この状態で目を光らせると
KP-MB005-9KP-MB005-10KP-MB005-11

やだステキ!とっても怪獣っぽくなってる!
この他サーボモーターを制御して首を動かしたり
KP-MB005-14KP-MB005-15

録音・再生基板を使って叫び声をあげさせたりと怪獣っぽい事を色々させる事が出来ちゃいます。

プログラムって言うと車を走らせたりLEDをチカチカさせたりって言うのが多いんですけど、こうやってカッコイイ怪獣を動かすためにプログラミングするってなかなか無いんじゃないかと思うんです。
実用とか研究とかには直接結びつかないですけど、ただカッコイイ、ただ面白いと思う事のためにプログラミングをするのも良いんじゃないかと思うんです。
楽しくないと続きませんし、学んだ知識や技術をエンターテイメントに使うのもステキな事だと思うんです。

と言う訳で、楽しくカッコ良さを追求しながらプログラミングが学べる「micro:bit用 サーボ&ボイスコントロール基板」は夏休みの自由研究にもぴったりだと思いました。


皆さんもぜひ遊んでみてくださいね!

(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は8月23日です!) 

記事担当:
ハンダ付け必要-非マイコン系


こんにちは。
電工女子会のぐっちです。

最近はこのブログにもちょこちょこ登場させていただいている私なんですが、実は先日電子工作で大失敗しちゃいまして
もう『電工女子』なんて名乗るのはとても恥ずかしいのですが、これからの電子工作ライフに向けて、自戒の念を込めて、今日はその失敗談語らせていただきます!!

電工女子イチオシの『のらとりえ』さんの電子工作キット『のらぴか』シリーズ
イベントもとても楽しく開催できて、嬉しくて、「もう一個作ってみたい!」という気持ちを抑えきれず、★『紋』も作ってみました。(先月は『刻』を作りました)
1

まずは説明書
23
はい!この説明書大好きです!
部品がイラストで描かれているので、どんな形の部品なのかがひと目でわかるし、
取りつける順番位置、取りつけ方向に注意が必要な部品もこの説明書ですべてが理解できます
この通りに作っていけばノープロブレムなんです!

4
部品点数も『刻』と同じくらいでしょうか。
この部品点数にしては!の完成度の高さを知っているので、ハンダ付けする前からワクワクしちゃいます。

説明書通りにガンガンハンダ付けしていって、
5
足が沢山あって少し難しいICソケットですが、マスキングテープを使って固定して、抜群の安定感でハンダ付けできちゃいました!

写真撮影したり、なんだかんだしながらハンダ付けしてましたが、ここまでざっと30分弱ぐらいです。
6

くぅーっ!もう少しで完成だー!
と思うとニヤけてきちゃいます。 ( ´艸`)
7

で、完成っす!
早速スイッチオーン!
89

さーて、どうやって遊ぶんだろな~♪って遊び方の説明書見てたんですが、、、あれ?なんかドットマトリクスの光り方がおかしい。。
10
光ってるんだけど、なんかモニャモニャした気持ち悪い光り方。。
え?何?ハンダ付け不良?再度、基板に半田ごてあてたりしてくまなくチェックしていきます。

で、気付いちゃったんです。
ドットマトリクスの取り付け方向逆やーん。
マ、ジ、か。。( ゚Д゚;;;)

で、こっから本当に大変でしたよ。
だって、スルーホール基板ですから。。
基板上にドットマトリクスがガッチリ、ハンダ付けされちゃってます。。

説明書改めて見てみました。
11
めっちゃ注意喚起されていました。
--------------
ドットマトリクスは間違えて半田してしまうと二度と外せないので、
特に向きをよく確認してください。
--------------

・・・・・・。ボー然。。。
皆さん、説明書はしっかり読んでから製作してくださいね

で、私の失敗作はというと、ベテランスタッフ達が必死に頑張って修正してくれました。(みんな呆れ顔。ホンマ、ごめんなさい)
本来、本当に「二度と外せない」と言っても過言ではないんです。

みなさん、本当に注意してくださいね。

あと、ショックが大きすぎて失敗した箇所と修正風景の写真撮影忘れてました。
重ね重ね申し訳ありません。m(_ _)m

で、本当に完成!!
12

』はホッケーゲームとかシューティングゲームができるんですよ!
13
ホッケーゲームは2人対戦できるので、友達と暇つぶしに…的な使い方もできるんじゃないかな、と。
コンパクトで持ち運び便利ですし。
いっぱい遊びまーす!\(*´∀`*)/
そして、メッセージ表示もできて、とてもかわいいです。
14

今回は(今回も?)みんなに迷惑かけまくったけど、この反省は未来に生かすとして、兎にも角にも無事完成してめっちゃ嬉しいぐっちでした。


そして、暑い日々が続きますがこんな時こそ涼しいお部屋で電子工作ダッ!
夏休みイベントやります!
先日新発売されたばかりの、ワンダーキットの★「金属探知機」を作る工作会です。
で、作った金属探知機で宝探しして遊んじゃおう!という企画です。
オカポン先生によるハンダ付けレクチャーもありますよ♪

《詳細はこちら→》


「ものづくり」の夏。一緒に楽しみませんか?

(記事:ぐっちさん)
更新予定:毎週木曜日(次回は8月16日です!)


★記事内で紹介した商品は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
電子工作キット版 電子箱庭『のらぴか 紋-mon-』 NORAPIKA-MON 1個 こちらから→
汎用型ピンセット 120mm P-880 1個
ヘルピングハンズアクリルレンズ付2爪 3419 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。


★キット製作時に使用した道具は、こちらから購入できます!★

商品
型番
個数
一括注文
リンク先
DASH低価格セラミックヒーターハンダこて15W
はんだ付け入門セット
FX650-84 1個 こちらから→
マイクロニッパー 11295 1個
ラジオペンチ PR-16 1個
電子工作用ハンダ SD-63 1個
ワイヤーストリッパー YS-1 1個
※個数を記入していますが、リンク先ページ内で変更可能です。

記事担当:
イベント関連


今日のブログは、以前ブログで案内した「のらとりえ 電子箱庭を作ろう!」のイベント報告をしたいと思います♪
noraeve-1

開催したのは、7/28(土)
今回は、開催時間を午前の10:30~12:00、午後の13:30~15:00の2部制にしてみました!

作ってもらうキットは、電工女子メンバーが目をキラキラさせて作った「のらとりえ」さんの「電子箱庭」シリーズ。
参加者の皆さんに『のらぴか 律-ritu-』、『のらぴか 継-kei-』、『のらぴか 刻-koku-』、『のらぴか 紋-mon-』から作りたいものを1つ選んでもらいました。

そして、今回はハンダ付けレクチャーあり、ということで!!
なんと、オカポン、初のハンダ付けレクチャーをしました!(午前の部だけですが...)
すごく緊張しました…!上手く説明できたかな…?とドキドキです
午後は、ブチコさんがハンダ付けのレクチャー係をしてくれました。
noraeve-2noraeve-3


参加してくださった皆さんが、目をキラキラさせて一生懸命聞いてくれたので、頑張ることが出来ました。
本当、ありがとうございます!!

今回、レクチャーの時に使った、抵抗(ぐっちさん作)・ハンダ(ぐっちさん作)・コテ(ブチコさん作)・拡大基板(オカポン作)がありまして。
小物でいつもよりちょっと、女子らしさを演出してみました。フフフ
noraeve-4
ぐっちさん、ブチコさんの抵抗・ハンダ・コテのクオリティの高さには脱帽です。
…オカポンの基板クオリティの低さには、自分で笑いそうになりました。(笑)ほら、手作り感って大事!的な。


さて、ハンダ付けレクチャーですが、基本的なやり方を自作の小物で説明した後、まずは電源を入れずにハンダ付けをしてもらいました。
もちろんハンダ付けはできないんですけど、手順とかをイメージをしてもらえればと思って、まずは形だけやってみてもらいました。
noraeve-5noraeve-13noraeve-14

一通りの流れを体験してもらったら、いよいよ実際に電源を入れてハンダ付けです。
まずはハンダ付けに慣れてもらうために、ユニバーサル基板とハンダを配って練習してもらいました。
noraeve-6noraeve-15noraeve-16

次に実際に基板に部品を入れてハンダ付け
どんどん基板に部品を入れて、いっぱいハンダ付けをしてもらいました。
noraeve-12noraeve-7noraeve-19


部品のハンダ付けにも慣れてきた頃に、では本番!ということで、皆さんに選んでもらったキットの製作にうつってもらいました。
noraeve-8noraeve-17noraeve-18


みんな、最後まできちんとやり遂げて、完成出来ました!
noraeve-9noraeve-20noraeve-21


半数以上の人がはんだ付け初体験だったんですけど、みんなきれいに完成させることが出来て、とても嬉しかったです!
noraeve-10noraeve-11



みなさん、ありがとうございました!


他のイベントやセミナーなども、このエレショップblogシリコンブログで告知しますので、今回のレポートで興味を持った人は是非参加してみてくださいね!

電工女子会だけでなく、共立電子産業は他にもセミナー・イベントを随時行っています。
こちらのページでも情報アップしていますので、イベントに興味のある人は要チェックですよ!


(記事:オカポン)
更新予定:毎週木曜日(次回は8月9日です!)

このページのトップヘ